2018年07月14日

7月上旬は夕焼けが綺麗な時期!昨日も最高!!そして気になる雲は??



7月の沖縄の特権ですね〜。

綺麗な夕焼け。

8月以降の本格的な真夏になると、雲が少なすぎて空が焼けにくいですが、7月も上旬だとまだ雲が多い時期なので、夕焼けが望める可能性が高いんですよね。台風前後の空もよく焼けるといいますが、それも雲が多いからなんですよね〜。まぁ台風前はそこに湿度の高さも相まって、さらに綺麗なんですよね〜。

しかし綺麗な夕焼けは、日没後の一度暗くなり始めた後に起こるんですよね〜。なので夕日だけ見て退散するなんてホントにもったいない!

日没後30分は粘って欲しいですね。

でも離島の宿で夕食付きだと、モロに夕食の時間と夕日の時間がかぶります。また夕食後のゆんたくもあると、夕日も夕焼けもなかなか望めませんよね。なので最近は離島に泊まる際、あえて夕食なしにしています。まぁもともと夕食はあまり食べない方なので、宿飯でなくても問題ないから私は問題ないんですけどね。。。

そもそも最近、離島の宿にあまり泊まっていませんが・・・(空港がある大きな離島は除く)

ちなみにここだけの話。3日前(水曜)の夜は、某離島の宿に泊まっていました^^ゞ
詳細はのちほど。。。


それはさておき、台風8号も去って天気の安定期に入りつつありますが、マリアナ諸島近海の気になる雲情報。昨日、既に要注意な雲としてレポートしていますが、今朝もまだ残っています。でも昨日ほどの渦は巻いていませんが、まだ消滅していませんし、徐々に台風8号同様の進路で雲が動いていますので、まだまだ要注意です。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/14-07:53 | 沖縄の服装/天気

2018年07月13日

台風8号が過ぎて安定傾向の沖縄?って思ったら・・・



台風8号の影響は、天気的には一昨日までで、昨日は沖縄全域で晴れ模様。といっても台風8号に近い八重山では、まだ影響が残っていたのかしっぽの雨雲群がかかっていましたね。でもそれも午前のみで、午後にはすっきりとした天気だったと思います。

台風シーズンでも、次の台風までは7〜10日は安定期に入るので、しばらく沖縄は良い天気が続きそうですね(天気予報は一切見ていませんがw)。

ちなみに明日から「海の日連休」ですが、ここ近年の中では最も天気に恵まれた連休になるような気がします。この3連休に沖縄旅行を計画の方は、羨ましいぐらいですね〜。私は連休、ほとんど仕事ですので^^;

その代わり、昨日は休暇を取っていて、まぁいろいろ有りましたが(詳細はブログで)、十分やりたいことはできたのでよしとします。何より海の日連休直前で、どこへ行っても空いていたので良かったですね。まぁ台風直後で、根本的に人が少なかったというのもありますからね(行きの便が欠航になって旅行自体をキャンセルした人が多いので)。


しかしその台風のサイクル。台風シーズンピークは9月ですが、この7月で既にそのピークの様相かも?


マリアナ諸島近海の気になる雲。既にこのブログでも台風8号の時でも警戒していましたが、な〜んか徐々に雲が渦を巻いてきているような気がしてなりません。しかもその場所が台風8号が通ったところ。もちろんまだ台風になっていませんし、半日後には消滅している可能性もありますが、な〜んかいや〜な場所にあるのは事実。

さらにフィリピン近海にも気になる雲もあって、この気になる雲の発生頻度が9月の台風シーズンピークって雰囲気です。

明日のこのブログで、この気になる雲を取り上げない記事になっていればいいのですが、もし明日も同じような雲のレポートになると、警戒モードがアップ。

消滅してくれることを祈りましょう(T人T)


ちなみに今日は「13日の金曜日」。


11年前の「2007年7月13日の金曜日」は、那覇市街の半分近くも停電になった(10万世帯超が停電)、台風4号マンニィが本島に直撃した日です。「13日の金曜日」自体はパロディ要素でしか感じませんが、この「7月13日の金曜日」だけは映画以上?に恐怖がよみがえってきます。

でも2012年も「7月13日の金曜日」でしたが、この時は沖縄ではなく本土(九州北部)で猛烈な豪雨だったんですよね。この時も過去の情報を見ると30名もの犠牲者がでたとのこと。といってもこの7月の本土の豪雨での犠牲者は200名を超えたらしいですね。それに比べれば少ないものの、それでも犠牲者が出るほどの豪雨が、この「7月13日の金曜日」には出ていました。

2018年は今のところ、その災害レベルの豪雨は無さそうですが、それでも「7月13日が金曜日の年」は、どうも災害レベルの豪雨が起こる年のような・・・

もちろん、こじつけ感は否めませんが、2007年、2012年、2018年と、7月13日の金曜日近辺で豪雨が繰り返されている事実はありますからね。


「13日の金曜日」自体は何も感じませんが、「7月13日の金曜日」だけは、自分自身の被災体験もあるので、私にとっては映画以上?の恐怖です。


もはやトラウマですね^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/13-09:40 | 沖縄台風/災害情報

昨日のワンシーン!スコールは多かったけど海は綺麗だった!!

いや〜。昨日はスコールに何度もやられました。しかもそのスコールも半端ないレベルで、まさにバケツをひっくり返したかのような豪雨。しかもいつものスコールのように数分では収まらず、結構な時間降られました。

結果・・・ずぶ濡れ^^;

でも昨日は1日外に居ましたが、そもそも濡れても桶な装いでしたので、実際そんなに気になりませんでしたけどね〜。雨が上がればすぐに乾く素材だったし、しかも昨日の大部分は久しぶりにバイク移動だったので、移動ならあっという間に乾燥。さらにその装いも紫外線対策で肌を隠していたので、逆に雨よけになったものも。

何処に居たかは内緒ですが、まぁこの記事やツイッターでのコメントを見れば、おおよそはわかると思いますけどね〜(でも明言しませんw)。

スマホに触る暇もないほど慌ただしい1日でしたが、収穫はかなりあったと思います。

昨日1日で撮影した写真、約450枚。1日の半分以上が移動だったのに、この枚数は凄いです。スコールがあったものの、晴れた時はそのおかげか空気が澄んでいて、景色も綺麗でしたね〜。といってもスコールなので、雨が降った場所と降らなかった場所が明確だっただけですが、雨がなかった場所の海の色は半端なかったです!



やっぱり7月初旬はベストシーズンですね〜。まぁ台風さえなければの話ですが・・・

しかし昨日は台風8号の影響ではなかったのですが、このスコールが多い不安定な天気には翻弄されました。雨に関してはそんなに気にしなかったのですが、まさかの海まで荒れ始め、昨日の朝は海は安定していたのに、日中はスコールとともに海まで荒れ出し、まさかの船の欠航!

といっても私が乗った次の便の話ですが、もし1便予定が後ろだったら、今、那覇にはいませんw

まぁ詳しい話は、先の収穫も含めて、後日レポートしますね。

まずは速報まで^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/13-09:01 | 小 旅行

2018年07月12日

台風情報発信に尽力する理由。それは11年前の7月13日の金曜日

今年もありますね。明日。


「13日の金曜日」


もちろん、毎年1回か2回はあるのですが、でも「7月の13日の金曜日」は、私にとっては一生忘れることができない1日でした。それは11年前の2007年7月13日。金曜日でしたが、この日に沖縄本島南部に最強クラスの台風が直撃。


台風4号「マンニィ」


今年はもう8号でしたが、この時は平年並みの4号。しかしその威力は半端なく、那覇で最大瞬間風速56.3mを記録し、那覇市街でも半分以上が24時間超も停電。この時、私は那覇ではなく南部の東岸に住んでいましたが、最大瞬間風速「49.7m」を記録。まさに「50mレベル」の猛烈な台風でした。自宅でも24時間超の停電で、ここまで長時間の停電を経験したのはこれが初めて。

しかし停電以上に暴風雨が物凄く、さらに住んでいた場所が「南側に海が望める家」だったので、台風接近時は南から猛烈な暴風雨が入ってきて、1階じゃないのに窓か雨水が入ってきて床上浸水。この時はまだ本格的な台風対策をしきれていなかったので、その甘い対策の部分から雨水が入ってきてしまいました。沖縄の台風時は窓を閉めれば雨水はしのげるわけではなく、締めきった窓にビニルテープなどで目止めまでしないと、確実に室内まで雨水が入ってきますね。。。




その後、台風の目に入り異様な静けさが1時間ほど続きました。その後は吹き返しの猛烈な西風になりましたが、台風接近時のような海からの風ではなく、陸からの風になったので少しは楽になりましたね。

しかし台風のあとの光景は、まさに目が点になるものばかり!



車の横転ならまだしも、180度反転する車までありましたね。さらに道路もアスファルトが剥がされていたりと、まさに惨状。

でもあのとき、雨水の浸水も停電も苦労しましたが、最も辛かったのは「情報不足」。停電でテレビは見れませんし、この時代はまだスマホも無かったので、ガラケーでしか上昇収集できませんでした。しかも充電ができないので、もし電池切れになったら万が一の際の連絡手段も断たれることになるので、使うに使えませんでした。固定回線の電話も不通。台風情報を知るすべがありませんでした。

あれは一番のストレスでしたね。

台風がどこにいるのかもわかりませんし、停電範囲がどこまでなのかもわかりませんし、台風の目に入ったときも突然風の音が止んだから気づいたレベル。台風時はこの「情報」が一番重要なのを身に染みて知った次第です。


あんな思いを他の方にしてほしくない。その気持ちもあって、その後の台風情報発信に尽力している次第です。


もちろん現代なら、スマホがあれば情報収集も難なくできるかもしれませんが、台風の時って様々な情報源から情報を集める必要があるので、慣れていないとどこでどの情報を入手できるのかわかりません。それをまとめれば、台風時に役立つと思って、ツイッターFacebookページで配信している次第です。


その11年前と同じ「7月13日の金曜日」まであと1日。


今年はその3日前(7/10)に同じような状況に宮古・八重山がなりましたが、通過型で足早に過ぎ去ってくれて幸いでした。ちなみに11年前の時は旋回型で、沖縄本島最接近している時間は長めでした。


2007年7月13日の金曜日に本島南部を直撃した台風4号の情報(デジタル台風)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/12-06:00 | 沖縄台風/災害情報

2018年07月11日

台風8号通過!風は宮古、豪雨は八重山の結果でした。



台風8号は、もしかすると宮古島に上陸し、島を横断して伊良部大橋を渡り、伊良部島まで進むコースだったかも?それほどまでに島中央を通ったと思われます。しかも伊良部大橋の上を中心が通過したような感じで、大橋開通後の初の強力な台風なだけに、橋への影響よりも橋によって変えられた周辺環境への影響が気になります。

来間大橋の時も、大橋開通後に大きな台風が来たときは、与那覇前浜の砂が一気に持って行かれ、ビーチ沿いの遊歩道が壊滅的な状態になりましたからね。伊良部大橋はそれ以上の周辺海域への影響があるという話なので、特に伊良部島への影響が気になるところです。

しかし台風8号で天気が大荒れになったのは、宮古島よりむしろ八重山。24時間の降水量も宮古島で「120〜130mm」のところ、石垣島では「190mm」とはるかに豪雨。風に関してはさすがに中心が通過した宮古島の方が強かったようですが、八重山でもほぼ同じレベル。

結果、荒れ方が大きかったのは宮古島よりも八重山だったかもしれませんね。

<台風8号による最大瞬間風速>
#宮古空港 45.3m(時速換算163km/h)
#下地島 44.8m
#宮古島市街 43.1m
#西表島西部 42.4m
#西表島東部 40.2m
#石垣島北部 40.1m
#石垣島市街 39.8m
#多良間島 38.1m
#石垣空港 37.6m
#外地島 36.5m
#南城市 33.7m
#那覇市街 30.7m



でも停電範囲ははるかに宮古島の方が広大で、最大で11500世帯近くが停電。全26600世帯なので半分までいかなくてもそれに近い数が停電したことになります。八重山は石垣島で最大4000世帯近くで、宮古島と総世帯数はそんなに変わらないので、停電範囲は1/3だったことになります。

ちなみに今朝6時の段階で、宮古島では6000世帯、石垣島では1500世帯が停電中です。でも今回の台風は通過型で、影響は最小限で済みそうなので、風も落ち着いてくると思います。日中の作業で一気に回復するかもしれませんね。もちろん郊外はやや遅れる傾向ですが、今回のレベルだとそれほど長引かない気がします。

正直、最大瞬間風速40m台なら通常レベルの台風。島の人なら難なくやり過ごせているかと思います。大きな被害報告がないことを説に願っています。


とにもかくにも、今シーズン最大級の台風はなんとか足早に通過。「過ぎ去らない台風はない」ので、半日から1日我慢すればどうにかなりますね。それに引き替え先日のプチ台風は停滞する傾向が強いので、3日も雨が降る羽目になりましたからね。

旅行者にとっては天敵の台風ですが、居住者にとっては一過性のものなので対応しやすいですし、さらに台風のおかげで涼しくなったり、海水温も下げてくれたりするので、特に今回のような通過型の台風は歓迎なんですよね〜。

6月の異常な暑さは、海の環境に甚大な悪影響を与えるレベルだっただけに、この台風8号と先日の台風7号は、まさに環境にいい影響を与えてくれるかと思います。そして水不足傾向だった今年の沖縄としては、この2つの台風と先日のプチ台風で、水事情は一気に改善。まさに台風様々です。

しかし雨や風が大したことがなくても、波は確実に高くなるので、物資の面でここ最近の沖縄は不足傾向。特に本土からの物資に頼っている本土系のお店(ドンキホーテや業務スーパー)は、空の棚が多いですからね。しかも海は台風が通過しても2日は波が残るので、すぐに物流が復旧する訳ではありません。

なので今週中の沖縄は物資不足傾向が続くかな?

幸い、次の台風らしき雲の塊は今のところは明確に現れていませんので、海の日連休の頃は安定した気候、そして海のコンディションになるかな?


あとは宮古・八重山の台風通過後の状況次第ですね。ちなみに本島および周辺海域は、この程度なら問題なし。宮古・八重山の台風後についてわかったらまたレポートします。

これでしばらく台風ブログがお休みできるかな^^ゞ




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/11-06:17 | 沖縄台風/災害情報

2018年07月10日

台風8号は沖縄本島最接近!今回は確実に影響が大きい風台風!



風台風です。

今回の台風8号は、最もイヤな暴風を伴う「風台風」のようです。その証拠に、雨雲群は中心付近のみで、暴風域近くの沖縄本島でも雨はほとんど降っていません。しかし風が物凄く、那覇市街でも最大瞬間風速が30m近くを記録。さらに東風なので、本島でも東岸では南城市で最大瞬間風速は30mを超えています。

雨台風だと、水はけが良い沖縄ではそれほど大きな影響はありませんが、風台風だと風が吹き抜けやすい沖縄の地形では、影響も甚大なものになります。特に「停電」は、雨台風ではほとんど起こりませんが、風台風だと確実に起こります。

さすがに進路から外れた沖縄本島では停電は起きないと思いますが、宮古・八重山ではこのままの進路だと停電するエリアは確実に出てきそうです。

既に宮古・八重山の方はそれを見越して停電対策を行っていると思いますが、旅行者の方はもはや島から出ることはできないと思いますので、せめて強固な建物の宿に移って欲しいものです。台風時はキャンセルも沢山出るので、必ず空きはあります。むしろ「台風特別プラン」的な安価なものも出てくるぐらいなので、もしゲストハウスなど建物の強度に不安がある宿に滞在の方は、是が非でも建物が強固なホテル的な宿に移って欲しい次第です。

ちなみに停電するか否かは、まさに「運」。以前、石垣島滞在時に台風直撃を食らった際も、離島桟橋近くのホテルでは停電していましたが、内陸のホテルでは停電しておらず、宿を早めに移動して難を逃れたこともあります。

宮古・八重山に滞在中の方は、停電する前提でこれから接近する台風8号に備えて欲しいものです。

物資の手配はもう無理かもしれませんが、先の話のように宿の移動はまだ間に合います。強固な建物の宿へ是が非でも移動しましょう!


ちなみに台風8号自体は、スピードアップして西へ進んでいます。現状だと宮古島と石垣島の間を通りそうですが、反面、どちらのエリアにも大きな影響をもたらすということでもあり、今日は一歩も外に出ないぐらいの感覚で備えて欲しいです。決して興味本位で外に出ようとしないでください。扉や窓を開けた瞬間、二度と閉まらなくなる可能性もありますし、扉や窓だけではなく開けた人間まで風に持って行かれますので、とにかく外に出ようとしないこと。それにつきます。

特に雨が降り出したら、台風本体が来た証拠。絶対に外に出るのは止めましょう!


今回の台風8号は宮古・八重山にどこまで影響を及ぼしてしまうでしょうか?停電だけじゃなく、他のライフラインも心配ですし、さらに風台風だと家屋への影響もあるので、町が、島がどうなってしまうか心配でなりません。


台風や停電情報は、できる限りこのブログやFacebookページツイッターで発信できればと思います。




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/10-08:33 | 沖縄台風/災害情報

台風8号最接近中の沖縄那覇。朝焼け凄かった!(風も凄かった!)

台風8号の進路情報などは後ほどレポートすることとして、まずは台風8号最接近中の沖縄那覇のレポート。

台風8号は完全に「風台風」のようで、雨雲は中心に集まっているので、進路から少し離れた沖縄本島まで雨雲はギリギリ届いていません。しかし風が猛烈で、那覇のアメダスがある中心街でも最大瞬間風速「25m」。郊外や吹きさらしの場所だと「30m」はありそうですね。っていうかその30mレベルの風を実感してきました。

朝ラン。雨が降っていなかったのでしてきました。

でも風が強いのを想定して、風の影響が少ない場所を選んで走ってきたので、特に風で前に進めないってことはなかったですが、そこから戻ってくる途中に、那覇でも高台で吹きさらしになっている「那覇新都心」を通りましたが、そこではまさに「暴風」レベル。前に進むのが大変だった瞬間もありました。

といっても暴風を感じたのはそこぐらい。あとは全般的に暑さを和らげてくれる風って感じで、朝ランには助かりました。

そしてその朝ラン中の光景。朝焼け。凄かった!台風前の夕焼けや朝焼けはよく焼けるというセオリーがありますが、昨日の夕焼けはダメだったものの、まさかの台風最接近中の今朝の朝焼けがここまで綺麗に焼けるとは!?

まさに「ピンク色」の朝焼けでした。



場所は某観光名所近くの有名な池の畔。池のおかげで町中でも空が開けるので、絶好の朝焼けポイントです。

そしてその15分後。あえて同じ場所を通りましたが、さらに綺麗なグラデーション!



まさに「早起きは三文の得」ですね。

しかも今朝は遠回りして、普段は絶対に通らない(笑)、とある観光名所にも。ここでも朝焼けがなかなかいい感じでした。



いかがでしょう?

台風って台風自体は暴風などでいろいろ大変ですが、副産物で朝焼けや夕焼けが綺麗に焼けるんですよね〜。しかも今朝は本来なら休養日で走らないところでしたが、いい感じで風が吹いていて走っても暑さをしのげそうと思ってチャレンジしたものの、まさかのこの朝焼け!

あとは台風自体ですけどね〜。

沖縄本島は天気は荒れていないものの暴風が物凄く、町中でも折れた枝や軒先の鉢植えがそこら中で転がっていましたね。

台風情報は後ほど。

まずは朝焼けレポートでした^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/10-07:29 | 沖縄台風/災害情報

2018年07月09日

嵐の前の静けさ?でも台風直前ってある意味ベストシーズン!?



台風はいろいろネガティブな印象が多いけど、実は台風前って台風が周辺海域の雲を全て持って行ってくれるので、とにかく良い天気になることが多い。しかも風も止まるので、ある意味「ベストシーズン」といっても過言じゃないんですよね。

まぁ「台風直前」になると風も波も強くなってくるので、ベストとは言えませんが、台風2〜3日前はホントに最高の気候になることが多い。

昨日の日曜日も、風もなく、海も穏やか。気温も高くて、観光には最高だったでしょうね。まぁ生活する身としては暑くてヘロヘロでしたが、昨日は自転車でお出かけしていたので、風を切って走れて動いている間は気持ちよかったです(信号待ちは地獄だけどw)。

昨日は本来なら内陸の最短ルートを通るつもりでしたが、いい季候でしたし時間に余裕もあったので、海沿いの「あの道」を遠回りして通ってきました。


<旅コラムでも紹介!>
絶景サイクリングに潮干狩り!沖縄新名所「浦添北道路/臨港道路」誕生!!



しかも昨日は海沿いの道だけではなく、新道路(橋)開通後、初めてその先にある、那覇・浦添で唯一の天然ビーチにも足を伸ばしてきました。橋ができちゃったので、どうやって行くのかと思いましたが、まさかの道路下のアンダーパスを通って行けるとはね〜。詳細は別の記事で紹介します。


カーミージー



本島南部の西海岸では数少ない天然ビーチです。しかしビーチの先にモロに橋が見えていて、まるで波の上ビーチの様相でしたけどね。

まぁ景観的にはイマイチですが、海の透明度は相変わらず抜群です。干潮時には広大な干潟ができるのですが、昨日はやや満ち気味だったものの、浅瀬でも透明度は抜群でしたね。ただし、カーミージーは那覇や浦添の業者がはびこっているビーチで、海には水上バイクやバナナボートが置き去りになっていました。ビーチも業者(ショップ)が占拠していましたし、居心地は良いとは言えません。むしろカーミージーまで行かない場所の方が居心地は良いですね〜。



しっかし昨日の沖縄は、レジャーするとしたら最高の陽気でしたね。特に海遊びには、風も波も穏やかで、まさにベストシーズンの様相。

昨日は自転車移動でしたが、自転車も風がなかったので快適。まぁ暑さは強烈でしたが、昨日は信号が少ない道を選んだので「恐怖の信号待ち」もほとんどなくて良かったです。

しかし今日は北風が徐々に強くなってきているので、海も明らかに波が高くなってきていますね。慶良間方面への船も、朝便は通常運航でしたが、午後便は高速艇が欠航、フェリーは時間を早めて繰り上げ運航と、徐々に台風モードになってきています。

そういう意味では昨日の安定した天気は貴重でしたね。

さて、次の安定した天気は何時かな?13日の金曜日かなwww



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/09-11:14 | 沖縄ライフ

台風対策は明日の朝までに!いよいよ明日から台風モード本番!!



ついに大東島に雨雲ではありませんが、台風による雲がかかり始めましたね。

台風8号。

一昨日まではもたもたしてなかなか動きませんでしたが、昨日あたりから急に動き始めました。しかも相変わらず「宮古・八重山」一直線コース。多少のずれはあるものの、ここ数日の予想進路は、多良間島あたりに向かっているものとなっています。

このまま行くと、台風中心の北側がかかる「多良間島〜宮古島」が最も荒れそうです。当初「直撃」が予測されていた沖縄本島は、台風の北側の雲がかかりそうなので、かなりの豪雨にはなると思いますが、大規模停電とまではいかない気がします。

しかし今回の台風は雲の集まり方がとても密なので、その密な部分が少しでもかかると、猛烈な暴風雨になるかもしれません。なので沖縄本島でも北部より南部の方が影響が大きくなりそうです。


本島への最接近は明日の日中か午後か?
そして宮古・八重山へは明日の夜か?


残念ながらこのままだと、宮古では停電は不可避かもしれません。もちろん一部のエリアだけで済むかと思いますが、今日か明日の早い時間のうちに停電対策をしておくのがおすすめです。八重山も台風の南側がかかるので、北側ほど大荒れにはならないかもしれませんが、さすがに台風の目の近くでは宮古同様に嵐になるかもしれませんので、八重山でも停電対策をしておいた方がいいと思います。

ちなみに沖縄本島の那覇でも、当初は直撃の恐れもあったのもありますが、前回の台風7号の時に停電対策をしていたので、そのまま利用できそうです。

既に停電しても食べられる食料はストック済み^^ゞ(パン)

水も明日の朝までにはストックしておこうと思います。

ってことで・・・


明日から台風モード本番!


ちなみに11年前の「2007年7月13日の金曜日」。今も忘れない、沖縄本島南部で史上最大レベルの台風直撃がありました。この時は沖縄本島南部に直撃し、その時住んでいた場所は、モロに台風の目に入りました。那覇でも半分以上が停電し、復旧までも24時間もかかるレベル。完全に都市機能が麻痺。

今回は沖縄本島ではあのときのような状況にはならないものの、宮古ではああなる可能性もあります。西平安名崎の風車、大丈夫かな・・・


でも今回の台風は「通過型」なので、少しはマシです。あの西平安名崎の風車をなぎ倒した「2003年9月の台風14号」は、宮古島近海で旋回し、停滞してしまったのであのような被害がでましたが、今回は半日我慢すれば通過するタイプなので、なんとか持ちこたえて欲しいものです。


明日の夜以降は沖縄全域で停電の可能性がありますので、今日か明日の朝までに停電対策をしておきましょう!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/09-08:19 | 沖縄台風/災害情報

2018年07月08日

平和な島の景色を眺めたい!それほど最近の沖縄は荒れまくり

そーいえば7月に入ってから、沖縄の天気は荒れまくっていますね。その発端は「台風7号」でしたが、台風自体は大した影響も無く通過していきましたが、その前後も天気が不安定。まぁ強い風が昨日あたりから収まっているので、今日なら島へ渡ってのんびりすることもできそうですが、明日以降は徐々に波が高くなり、明後日以降になると離島への船は欠航も出そうですね。

今年の沖縄は、6月が猛烈に暑くて身動きが取れませんでしたし、7月は天気が不安定で身動きが取れず。

5月に島に渡っておいてホントに良かったです^^ゞ

こんな光景を眺めながらのんびりできましたからね〜。

でもこの時の沖縄は思いっきり「梅雨入り発表後」の梅雨まっただ中。でもこのブログでも書いているように、梅雨入り発表前は雨が多かったものの、梅雨入り発表後は急に雨が降らなくなったので、離島行きには良い陽気でした。暑さもほどほどでしたしね〜。

なんかここ最近の沖縄の不安定な天気と、この先の台風8号のことを考えると、この景色が遠い世界のことに思えちゃいますね。


粟国島の光景なのに。


ちなみに粟国島のこの景色が望める場所にあった「風車」も、台風対策ができる「可倒式」に変わっていますし、以前あった2階建ての展望台も1階建てのものに新調されたので、今回の台風8号でも影響はそれほど無いと思います。なにせ島一番の高台の岬で、完全に吹きさらしの場所だけに、台風時は物凄いですからね。

粟国島のこの場所でのんびり景色を眺められるのは、次の週末かな?


粟国島〜マハナ展望台より粟国島〜マハナ展望台より


粟国島〜マハナ下の海粟国島〜マハナ下の海


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/08-07:26 | 沖縄離島ドットコム
ページの先頭へ▲