2018年09月23日

昨日の「中秋の宴」は悪天候で中止?雨もあがって晴れていたのに・・・

昨日は年に数回しかない、首里城の無料開放日。っていうか「中秋の宴」という祭事があり、その際に無料で首里城の有料ゾーンに入れるというだけ。過去に首里城の正殿を見たのは、このイベントの日のみの私^^ゞ

今回は夕方に外出予定があったので、ついでに首里城まで足を伸ばしてみることにしました。

しかし那覇市街から首里城までの標高差は「約120m」。歩きで行く私にとっては、30階建て超の超高層マンションを上るレベル。しかも最短ルートで行ったので、途中の坂が猛烈に急で、階段も多く、まさに超高層マンションを階段で上る状態。

しかも外出前にスコールがあり、湿度が高くて外はサウナ状態。

首里城がある高台に着いたときには、汗だくレベルを超えて、汗がしたたり落ちるレベルでした。単なる歩きでここまで汗かくか?って感じでした。でも開場の5分前に無事に到着。守礼門から入り、西のアナザ経由で、有料ゾーンがある正殿まで行きました。

まずは守礼門。



まさに「中秋の宴」のためのような光景。守礼門の真上に綺麗な月が望めました。まさに最高のタイミング。まだ満月前で完全な丸ではありませんが、守礼門のど真ん中に見える月は乙なものですね。観光客も少なめだったし、最初はいい感じでした。

この先は、本来の順路ならケツメイシのアルバムジャケでも有名な「瑞泉門」経由で正殿方面へ向かいますが、私はいつも「西のアナザ」から入ります。首里城は基本的に好きじゃないですが、この西のアナザからの景色だけは好きですからね。しかも昨日は夕日のタイミングで期待大。スコールのあとだったので、雲が多めでしたが・・・



スコールの雲がいい感じに焼けて、今までの西のアナザからの景色の中では最高でした。まぁ観光客はうじゃうじゃいましたが、でも西のアナザ自体は首里城でも穴場なので、数は少なめ。夕焼けの写真も自由に撮影できました。

そして本命の「中秋の宴」が行われる正殿へ。しかし正殿入口周辺がいつもと変わらない。無料開放の時は雰囲気が違うので、なんかおかしい。するとその入口の前に・・・

「中秋の宴」は、悪天候の為上演を中止致します

えーーーーーーーー!ここまで来て中止ーーーー?しかもHPなどで情報をチェックしてから行ったのに、中止ーーー???しかも悪天候は1時間前の話。スコールはあったものの、雨は完全に上がっていて、舞台も水を掃けば十分開催できたはず。

沖縄のイベントって、平気でドタキャン(土壇場中止)しますよね。観光立県なのに、こういう意識がとても低いです。しかもその判断も適当で、どう見ても開催可能なのに、一度決めたことは絶対に覆さない。

これだから観光客の満足度は他の都道府県にいつまでも勝てないんですよね・・・

結果、正殿や御庭の無料開放も無し。仕方ないので入口から正殿を覗くだけにしました。



でも正殿や御庭を見たいという気持ちはもともとなく、見たところで「おきなわワールド」状態ですからね。張りぼての正殿を見てもなんの感動もありません。そもそも「首里城」は世界遺産ではありません。「首里城跡」が世界遺産。まぁあの張りぼて正殿が世界遺産なわけないですよね・・・

しかし猛烈な暑さの中。120mもの標高差を上ってきて、この仕打ちは辛いです。帰りは下りざかもあって、半ばジョギングスピードで家路に急ぎました。

ちなみに「中秋の宴」は今日も開催予定。スコールがないことを願います。といっても私は行きませんけどね〜。そもそも今朝の朝ラン、首里城近辺がコースでした。といっても首里城には入らないコースでしたが^^ゞ

標高差120mはトレーニングには最適です^^v
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/23-09:38 | 沖縄イベント情報

日本最西端のマラソン大会はいかが?申し込みは9/28まで

2週連続で連休だと、離島へ行きたくなっちゃいますね。といっても逆に連休だからこそ、混雑しているのをわかって行くのも何ですからね〜。那覇在住なら、比較的すぐに離島には行けるので、できるだけ混雑していない時期を選んでいます。

ってことで9月の離島行きは我慢^^ゞ

でも10月は既に泊まりで離島行きが決まっていますし、11月も!?

何時、何処へ行くかは内緒ですが、7月以来の離島なので楽しみです(8〜9月は夏休みや連休で島も混むので避けています)。

でも今年はこの最西端の島にへ行けそうもありません。

<与那国島>


波照間島には7月の時に、台風の影響で行くのを諦めていたところ、急遽船が出ることが決まって行っちゃいましたが、さすがに与那国島は船は週に2便しかありませんし、飛行機で行くにはチケットが高いですからね。

まぁ与那国島には去年、その飛行機で行っているので、今年は無しで来年チャレンジしたいと思います。

ってことで2018年は写真だけで我慢しておきます^^ゞ

そーいえば11月初旬に、与那国島で「日本最西端与那国島一周マラソン大会」がありますよね。過去、1回だけ参加しましたが、とにかく猛烈なアップダウンと暑さだった記憶が。そして与那国島から石垣島に戻る船は、史上最悪の大シケの中の運航だったような・・・


史上最悪の大シケの中のフェリー動画


今年の大会のエントリーは来週末の「9/28」まで。

以前参加したときは、南牧場線はコースではありませんでしたが、最近は南牧場線を走るコースになりましたね。テキサスゲートにマットでも敷くんでしょうね。そもそも前から東牧場はコースだったので、そこを越える際はテキサスゲートがあったと思います。まぁ記憶にないってことはきちんと対策されていたんでしょうね。島一周コースは「25km」ですが、日本最西端の西崎から祖内集落までの「10km」コースもあるので是非!


日本最西端与那国島一周マラソン大会の詳細情報



与那国島〜最西端のビーチ与那国島〜最西端のビーチ


与那国島〜最西端の岬与那国島〜最西端の岬


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/23-08:37 | 沖縄マラソン情報

台風24号スピードダウンの予想?選挙に影響あるかも?



気象予報士も台風24号で騒いでいますね。

予想しにくいって。

でもそれを予想するのが気象予報士で、そのための国家資格じゃないのかな〜?「予測しにくい」の一言で済ませては、プロとしては失格のような気がします。もちろん、このブログは気象予報士でもなければ国家資格ももっていない「素人」の戯言ですが、少なくとも「本土の気象予報士」より「沖縄に住んでいる人(私以外)」の方が、台風の判断は当たっているかもね^^ゞ

ってことで、台風24号は予測しにくいですwww

それでも考え得る進路を予想して、どの進路になっても対処できるようにしておくのが、沖縄で生活するうえでのポイント。最悪の進路も含めて考えるようにしています。


今のところ影響最小の進路は、先の台風22号同様に西に抜けるコースですが、9月の台風は進路を北に変えて北上しやすいので、あくまでこの西に抜けるコースは「希望的観測」です。

最悪の進路は八重山直撃コース。この場合は沖縄全域が台風の東側に入るので、全域で嵐になるまさに「最悪」のコース。さらにそのまま北上すると本土にも接近するので、輪をかけて「最悪」になります。


でも今のところは北上よりも西に抜ける方が確率が高そうですが、ただ気になるのが進路以上にその速度。どうも沖縄の南でスピードダウンしてしまうそうです。スピードダウンすると台風はさらに発達して猛烈になりますし、その影響時間も長くなります。さらに台風がスピードダウンする時は、進路が変わる前触れでもあり、先の最悪のコースの「北上」する可能性もあると言うこと。

さらにスピードダウンすると、当初は「9/27」か「9/28」に沖縄へ影響がありそうでしたが、もしかすると「9/30」の沖縄県知事選当日に影響がある可能性も。

史上最悪のマナーの悪い沖縄県知事選ですが、天気まで最悪になる可能性も出てきました。台風でも投票日(9/30)は変更できませんので、どうなることやら。。。もちろん、期日前投票をすればいいだけなんでしょうが、投票日なら歩いてすぐの所の投票所があるのに、期日前投票だとわざわざ遠い所まで行かないとできませんからね。


今週中に台風の進路から判断して、期日前投票するか否か考えなければいけませんね。


ちなみにその期日前投票で、沖縄では「あり得ない」ことが横行しているらしいですね。記入した投票用紙をスマホで撮影して、誰に投票したか会社に報告させられるとのこと。もはや沖縄には、選挙活動のモラルもなければ、投票の自由もないんですね・・・

ホントに沖縄の選挙って最低です。
(立候補者も選挙活動もそれを取り巻く環境も人も最低)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/23-08:03 | 沖縄台風/災害情報

2018年09月22日

今日/明日の夜は「首里城無料DAY」

正直、首里城でお金を使ったことありませんw

首里城公園へ行くことはあっても、無料ゾーンしか行きませんし、そもそも有料ゾーンの張りぼて「正殿」には興味無し。そもそもあの正殿も、世界遺産ではありません。世界遺産に登録されたのは「首里城跡」で、現存の首里城自体は世界遺産ではありません。世界遺産に登録されたのは首里城の「城壁」や「基礎」で、あの正殿はまさに張りぼて。那覇に住んでいて、お金を払ってまで見たいとは思いませんね〜(東京に住んでいて東京タワーに昇らないのと一緒w)。

でも年で数回、首里城の有料ゾーンが無料開放される日があるんですよね。正殿を実際に見たのも、その無料開放されたときのみ。

記憶の限りでは、中学生以下なら「5月のこどもの日」に無料開放、そしてこの「9月の中秋の宴」では、夜のみですが大人にも無料開放!それが今年は今日・明日の「9/22・9/23」です。

「中秋の宴」というイベント自体は午後6時半から午後9時まで。正殿前の御庭で開催され、無料で観覧できます。つまり本来なら有料ゾーンの御庭に無料では入れると言うこと。結果、正殿などを無料で望めると言うこと!

ちなみに「中秋の宴」自体は、伝統的な演舞などが披露されるもので、とても静かです。演舞時は私語厳禁のレベル(スマホのシャッター音も厳禁)。あまりに静かすぎて、眠くなった記憶が・・・w

正直、演舞は興味ありませんでしたが、無料で正殿を見れると言うことで、友人に付き合って一度だけ行きましたね〜。その時も首里城の後はそのまま那覇市街に戻って食事。首里城ではお金を一切使いませんでした(強いて言えば友人の車の駐車場代のみ)。

首里城は一応「那覇市」なので、行こうと思えばいつでも行けるのですが、いかんせん首里といえば「山の上」。那覇の海の近くから行くには遠いし高低差がありすぎです。同じ那覇でも気軽に行ける感じではないんですよね〜。

しかも今年は夜でも猛烈に暑い沖縄・那覇。

なかなか行こうという気持ちにはなりませんね〜。

でも今日「9/22土曜日」と明日「9/23日曜日」の午後6時半〜午後9時は、確実に正殿を無料で望めますので、この2日間に那覇滞在の方は、首里城まで足を伸ばしてみては?ただ午後6時台は周辺道路はまだ渋滞していますので、モノレールでの往復がおすすめですよ。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/22-13:04 | 沖縄イベント情報

今日/明日は大東島で島一番の祭事!北も南も!!

たまには離島の平和な話題も^^ゞ

今日(9/22)/明日(9/23)の土日は、南北の大東島で「島一番の祭事」が開催されます。


北大東島では「大東宮祭」が開催。
南大東島では「豊年祭」が開催。


どちらも同じ、今日/明日の2日間、島で行われます。しかし船は昨日の9/21に泊港に戻ってきて、次に大東島に発つのが9/23の夕方なので、船でこの祭事を見に行くのは不可能。飛行機限定になりますね。もちろん前乗りして島入りして、9/25の船で帰るなら船でも往来できますが、南北大東島に1週間も滞在することになります。

そもそも島には宿が少なく、この手の祭事の際はさらに宿不足になるでしょうね。

まぁ島では無届け民泊も多いらしいですが、どうせ行くならきちんとした宿に泊まりたいですよね。といっても北大東島には宿は実質2軒、南でも実質5軒(うち2軒は別棟もありもう+2軒)しかないですけどね。もちろん、この手の祭事のときはかなり前から宿を確保している人も多いので、なかなか行くに行けませんね。

でも無法な選挙活動で猛烈にうるさい那覇からすると、大東島は県知事選の雰囲気も感じないほど静かでしょうね〜。那覇から避難したいです!


ちなみに祭事では、南北ともに神輿をかついで「宮」まで練り歩くもので、沖縄よりも本土の祭りの雰囲気。さすが、開拓の島です。

でもわかりにくいのがその「宮」の名前。北大東島は祭事の名前の通り「大東宮」ですが、南大東島は「大東神宮(大東神社)」と、微妙に違います。どっちが大東宮でどっちが大東神宮?って感じで、何度行ってもこの名称だけは毎回どっちがどっちか迷います。場所はどちらも島唯一の集落のやや外れにあるので、まさに島の集落を練り歩く感じなんでしょうね。

波照間島のムシャーマ同様に、島一番の盛り上がりを見せる祭事だけに、一度は見てみたいですが、どうしても「宿」という壁に毎回ぶつかります。

まぁ那覇でも2週間後の10月初旬には「那覇まつり」がありますし、1ヶ月後の10月末には「産業まつり」もありますしね。そして11月には「離島フェア」。台風さえ来なければ今年は3つとも行けそうです。なにせ去年は、那覇まつりこそ開催されたものの、一昨年はその那覇まつりは台風で3日間全て中止。そして去年は産業まつりが台風で3日間中止。ここ2年、3つのイベントともに無事に開催されていません。

となると今年は離島フェアが中止に?

ってことはないと思いますが(離島フェアは11月なのでまず台風は来ない時期)、ここ2年がそういう状況だけに気になります。ちなみに今週末は台風24号はまだ到来前なので、南北の大東島の祭事は問題無さそうです。

逆に来週末の県知事選投票日に影響が出ないと良いのですが・・・



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/22-07:52 | 沖縄離島情報

正式に台風24号へ。沖縄最接近は9/27か9/28か?



とーやく、気象庁の情報でも「台風24号」になりましたね。米軍情報からいつも1日から2日遅れますね。さらにその予想進路も米軍情報ほど当たらないし、正直なところ台風到来の頻度が高い沖縄では、気象庁の台風情報は「中心気圧」の数値しか確認しません。

予想進路も予想到達時期も、米軍情報の方が的確ですからね。

そしてその予想進路。米軍情報は初期の予想でも的確なものが多く、その予想もあまり変わらないんですよね。昨日の予想と比べても進路はほとんど変化無し。ただ予想到達時期が微妙に遅めに。しかしこの「微妙に遅い」というのが問題で、それだけ沖縄近海でスピードダウンするということ。結果、影響が大きくなる可能性が高い・・・

しかも今回の台風24号は、まだ先の予想まで出ていないものの、このままだと沖縄本島方面に来る可能性大。沖縄本島の東を通るにしても、西を通るにしても、沖縄本島はかなりヤバいかもしれません。しかもマリアナ諸島近海で発生した台風は、沖縄近海まで来る際は、猛烈に発達した状態での接近になるので、今回はかなりヤバいです。

もちろん、沖縄近海を通過後は本土へ行く可能性も高いですが、ただ今回の台風は時期的に最も活発なのは沖縄近海で、本土へ接近する頃には少しはパワーダウンしている可能性もありますからね。関空の橋の件もあるので、どうか本土方面へ接近する際は、パワーダウンしていることを願うばかりです。


そして沖縄へ接近しそうな時期は、「9/27-9/28」というのも昨日と変わっていません。ただ先の話の通り、スピードダウンする傾向があるとすると「9/28-29」の可能性も。「9/30」は選挙なので、あまり到達が遅れると影響があるので、すんなり接近して、すんなり通過して欲しいものです。

まぁ「9/28-29」に接近して、「9/30」が一過なら、選挙騒音が少ない状態で投票日を迎えるので都合は良いんですけどね^^ゞ

あとここ最近の沖縄は雨も少なければ風もないので、海も濁りがちだと思いますし、空気もかなり悪い感じ。台風で一気に清浄化して欲しいので、適度な距離感で台風には接近してくれることを願います。まぁそんなに都合良くいかないとは思いますが・・・

とりあえず今週末は平和な気候なので、用事は今週末のうちに済ませ、来週からは買い置きなど、台風対策に入りたいと思います。この早い段階から台風対策に入るのが、台風の際に大きな影響がでない証拠なんですよね。ホント、本土は対策しても「前日」とかですし、全くしない方が多いですよね。

まさに台風は「備えあれば憂い無し」。備えは早ければ早いほど良いですよ。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/22-07:35 | 沖縄台風/災害情報

2018年09月21日

台風24号。間もなく!?



このブログを日々ご覧の方は特に驚きはないと思いますが、マリアナ諸島近海の気になる雲。米軍情報では「台風24号」扱いになりました。昨日の夜まではまだ要注意情報程度でしたが、今朝になって台風情報として登場。予想進路も出ていますが・・・


今シーズン初の沖縄本島最接近?


といっても既に沖縄本島に接近した台風はありましたが、風も雨もほとんどない「単なる雨雲」だったので、あれは無しということで。でもあのときは、台風が沖縄本島にほぼ直撃レベルだったので、台風対策を万全にしたのに、雨も風もほとんどなかったですからね。

しかし今回の台風24号(まだ気象庁では認定されていないけど)。危険な台風になりやすい、マリアナ諸島近海での発生なので、かなりヤバいです。しかも米軍予想も、先の台風22号のように西に抜けるのではなく、沖縄近海で北上をするとこと。先の台風22号の予想も的確だっただけに、今回の米軍予想もこの通りになりそうな予感。

あとは沖縄近海でどこを通るかですね。

沖縄本島の西なのか、東なのか、はたまた直撃なのか?

最接近のタイミングは、旋回するか否かは大きく変わりますが、今の感じだと沖縄本島最接近は9/27〜9/28。沖縄知事選の投票日は通過後だとは思いますが、いろいろな意味で気になる時期ですね。まぁ台風が接近すれば「選挙騒音」もなくなりますが、停電レベルになるとそれどころじゃありませんからね。

でも今回の台風は、既に「停電対策」が頭をよぎるレベル。

沖縄の場合、台風発生と同時にどの程度の影響があるかを、ほとんどの人が理解できるので、台風が接近しても対策は万全。結果、家屋への影響も少ないですし、怪我する人も少ないですからね。むしろ台風接近時に怪我するのは「観光客」。台風接近時に平気で傘を差して外出しようとしますからね(台風時に傘を差す=傘が煽られて転倒=傘が飛ばされて他人に怪我させる)。

もちろんまだ沖縄に接近しない進路になる可能性もありますし、最接近するタイミングも前後する場合もありますが、とにもかくにも「1週間後の沖縄」は要注意です。

ちなみにまだ正式に認定されていませんが、台風24号。

名前は「チャーミー」、ベトナムの言葉で「花の名前」と、名前は可愛らしいです。しかしその進路、威力は、可愛いじゃ済まないことになりそう・・・

さてさて1週間後の沖縄。どういう状況になっているか!?

posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/21-08:09 | 沖縄台風/災害情報

2018年09月20日

今週末の沖縄は泳ぐには最高かも?風無し波無し気温高し

今朝も風が完全に止まっている沖縄です。ここ数日、この夏で最もエアコン稼働時間が長い那覇です。もう9月も20日になるのに、真夏以上の暑さ。なにせ昨日の日中は、那覇空港で沖縄一番の暑さ。ホント、この夏の那覇は、沖縄いちの暑さが延々続いています。

もちろん、最南端の八重山も同じぐらいの暑さですが、逆にこの2つの間にある宮古は意外と気温が低め。昨日も下地島でこそ気温が高かったものの、宮古島の中心街では那覇より2度も低かった模様。ちょっと羨ましい^^;

といっても宮古も八重山も、沖縄本島同様に風がないので、日差しがある場所は猛烈な暑さでしょうね。その分、海は穏やかなので海遊びにはいい状態かもしれませんね。しかも台風22号で一時期海が荒れたあとなので、海の透明度はかなり高め。

今週末も連休でしたっけ?泳ぐには最高のコンディションの沖縄かもしれませんね〜。

私も泳ぎに行こうかな?(連休中はさすがに無理だけど)

<昨日の沖縄各地の気温>

#那覇空港 32.8度
#下地島 32.7度
#石垣島 32.5度
#奄美大島 32.4度
#波照間島 32.4度
#那覇市街 32.3度
#名護市街 32.2度


でも実は沖縄の南の海上を、プチ台風が通過していたんですけどね。驚くことに米軍情報にも掲載(JTWCにはなく海軍系の情報のみ掲載)。といってもほぼ雲は消滅傾向ですし、そのまま台湾に向かったので、沖縄への影響は無かったみたいです。

しかしその背後のマリアナ諸島近海では、雲の塊が徐々に発達中。もちろん米軍情報でも警戒レベルが高めで掲載されていますが、まだ予想進路が出ていないので、すぐに心配はいらないと思います。もちろんこの連休にも影響無し。

ただこのマリアナ諸島近海で発生する台風は、沖縄や本土に接近する確率が高いんですよね。

はたして台風23号になるかな?


あとこの夏は、沖縄よりも本土に台風も、そしてプチ台風もよく行きますね。本土の西に猛烈な雨雲群があって東へ移動中。既に西日本は広い範囲で雨。ホント、この夏の本土は雨が多いですね〜。反面、沖縄はスコールは多いものの、台風接近がないので全般的に雨は少なめ。でもそのスコールがハンパなく多くて激しかったので、水事情は今のところ問題ありません。

海水温も遠くの台風が程よく波を運んでくれて、高温になるのを抑えてくれていますからね。そーいえばこの夏は、海水温の異常がほとんど報じられていませんし、水事情も問題ありませんので、気候的には近年で最高レベルの沖縄だったかもしれませんね。

まぁ台風シーズンはあと1ヶ月は続きますので、今後次第ですが・・・

まずは台風23号のタマゴ。羽化するか否かですね。。。




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/20-07:05 | 沖縄の服装/天気

2018年09月19日

やっぱり今年の那覇は沖縄いち暑い!

風がない・・・

9月に入ってからの沖縄は、とにかく風がない。台風22号が南沖を通過したときも、沖縄本島にも大して風が吹かなかったし、その台風が過ぎ去った後は、空気の動きを感じられないほど風がない。

結果、猛烈な暑さ。

8月よりエアコン稼働時間が長いです。

しかもこの9月は、沖縄で最も暑いのがここ「那覇」。昨日も最高気温こそ石垣島のほうが少しだけ高かったですが、最低気温は那覇の方が高く、平均するとやっぱり那覇が沖縄で最も暑かったようです。

今朝も最低気温で27度台(那覇市街27.0度・那覇空港27.3度)。

8月はまだ常に風があったので、同じ気温でも暑さはそんなでもありませんでしたが、この9月はホントに強烈な暑さです。特に西岸の那覇は、夕方以降の暑さはハンパありません。正直、台風にでも来てもらって、少しでいいので涼しくして欲しいものです。

<昨日の各地の最高気温/最低気温>

#石垣島 32.8度/27.2度
#那覇空港 32.6度/27.6度
#波照間島 32.6度/26.9度
#那覇市街 32.5度/27.2度
#鹿児島 33.7度/24.6度


ちなみに次なる台風はまだ発生しそうな感じじゃないですが、沖縄近海に小さいながらもまとまった雲が徐々に西(沖縄)へ移動中。消滅してくれればいいのですが、まだ確実に雲の塊が残っているので、もう少し警戒したいと思います。

そして問題はマリアナ諸島南東の雲。米軍情報でも警戒レベル「中」までアップ。まだ予想進路は出ていませんが、かなりヤバそうな雰囲気です。さらにその西にも米軍情報にこそないものの、気になる雲もあり、まだまだ予断を許さない状況です。

確かに台風はイヤだけど、恵みの雨ももたらしてくれますし、海水温上昇を抑制してくれますし、何より涼しくなりますからね。

直撃しない程度(飛行機が欠航しない程度)に接近する台風、そろそろ沖縄本島にも欲しいかな?

さて、今日も那覇市街、猛烈な暑さかな・・・




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/19-07:47 | 沖縄の服装/天気

2018年09月18日

台風の心配は今のところ少なし。反面、那覇は猛烈な暑さ!?



ここ最近、夕焼けはあまり綺麗に焼けないのですが、朝焼けはまずまずのものが望めます。っていうか今朝も猛烈の暑さの沖縄で、特に那覇は空港周辺で最低気温が「27.6度」と、沖縄で最も高かったです。たまたまですが、今朝はランニングで空港近くまで行ったので、まさにその暑さを身をもって実感。っていうか暑さもさることながら、あまりの無風でクラクラしましたよ。

ちなみに今朝は、宮古・八重山では最低気温が25度を切って、熱帯夜を脱出したエリアも。那覇の方が2度ほど気温が高かったようです。昨日も最低気温で28度近くもあった那覇。なんか今年は全般的に、沖縄で最も気温が高いのが、ここ、那覇って感じですね。特にこの9月の暑さはハンパなく、体感的には8月上旬。

まぁもともと9月は台風が来ない限り、気温が下がらないので、今年は沖縄本島にまともな台風が1個も来ないので、暑い状態が続いているのかと思います(1個接近したけど単なる雨だけのレベル)。

ちなみにマリアナ諸島西の気になる雲は、徐々に沖縄方面に移動していますが、徐々に縮小化。沖縄に接近する前に消滅していそうです。

その代わり、マリアナ諸島東のチェック中の雲は徐々に西に移動中。そーいえば、台風22号もそんな感じで西に進んできましたね。またマリアナ諸島西の赤道付近にも気になる雲ができて、台風22号が消滅したものの、まだまだ油断を許さない状況です。

もともと9月後半から10月前半は、台風シーズンピークで、毎週のように台風が来るのがいつものことなので、むしろすぐに台風になりそうな雲が無い今日の方がレアケース。

さてさて、今後の台風はどうなるでしょうね。

とりあえず台風情報はアップしますが、台風の表記がないものなので、描く方としても気楽です。ホント進路図をともなう台風図は、かなり神経を使いますからね。なにせ進路によっては生活に直結するので、毎回ドキドキしながら描いていました。でも今朝の台風図はその進路図がないので、ホント気楽です。

しばらくこの程度の情報量の図で済ませてほしいですね〜^^ゞ




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/18-08:05 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲