ページの先頭へ△

2019年12月23日

沖縄は夏のXmas?フィリピンは台風のXmas?

台風29号の情報は、最後に綴るとして、まずは昨日の沖縄。まさに「夏」って感じでした。

<昨日の沖縄・奄美の気温>
#北大東島 26.8度
#南大東島 26.7度
#石垣島 26.7度
#波照間島 26.5度
#多良間島 26.0度
#宮古島 25.8度
#沖永良部島 25.8度
#那覇 25.7度
#久米島 25.7度
#奄美大島 25.7度


夏日でした!

気温的にも高く、そして湿度も夏のように高かったので、特に昨日の午前は6月初旬頃の感覚。その午前に外出していましたが、半袖1枚のみでOKなのはもとより、それでも暑さで汗をかくレベルでした。

でも昨日の午後から急に、湿った南風から乾いた北風に変わり、気温の上昇もストップ。最高気温もこの程度で済んだのかもしれません。ただ雨無しで風向きが変わったので、そういうときは本土が雨や雪になるんですよね〜。まぁニュースとかで大騒ぎしていませんので、大したことはなかったみたいですねw


ちなみに今朝の沖縄。北風に変わっても気温が高いままで、那覇の最低気温は午前7時半で「19.5度」。しかも深夜0時は「21.2度」。今日も今のところ、半袖1枚で問題なく過ごせています。しかし11月末に出した冬服や、12月に入ってから出した掛け布団が、まさに「無用の長物」状態。むしろ昨日は出しっ放しだったサーキュレーターが大活躍。ホットコーヒーもここ2週間は全然飲んでいません。

12月の沖縄は今のところ暖冬傾向。といっても毎年12月はそんなに寒くならず、問題は「年末年始」。何故かこの数日間だけは猛烈な寒さになるんですよね〜。


そして最後に台風29号情報。

沖縄をはじめとして日本海域への影響はないと思いますが、問題はフィリピン直撃モード。その直撃する日が、まさにクリスマス。しかも予想だと、クリスマスイブに最接近し、翌朝に通過とのことなので、キリスト教系の国だけに、タイミングが最悪です。でも勢力的には最も発達しても「990hPa」で、2013年の最悪台風の「895hPa」に比べれば弱いですが、雨雲群の密度は現段階でもかなり高いです。

沖縄はもうしばらく夏模様が続きそうですが、フィリピンは確実に台風モード。


「沖縄は夏のXmas?フィリピンは台風のXmas?」

なんか季節感、めちゃくちゃですねw



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/23-09:24 | 沖縄台風/災害情報

2019年12月22日

冬の与論島。百合ヶ浜は昼に出ません!行くなら3月以降!!!

与論島〜冬行けない百合ヶ浜
与論島〜冬行けない百合ヶ浜


与論島〜冬出ない百合ヶ浜
与論島〜冬出ない百合ヶ浜


沖縄をはじめとして北半球の日本では、冬の潮汐で最も潮が引くのは「深夜」になります。日中は大潮でもあまり潮が引きません。反面、夏はその逆になり「昼」に潮が大きく引いて、深夜は大潮でもあまり潮が引かなくなります。これはマリンレジャーをする上では常識中の常識。まして潮汐情報を調べれば、誰でも分かる情報です。


潮汐は絶対的です!


潮汐は必ず計算で出された数値前後になります。まぁ月や太陽が消滅、ないし地球の自転が止まれば潮汐も変わりますが、それこそ奇跡w(っていうか地球滅亡レベルw)。なので、冬の与論島で日中に、絵に描いたような百合ヶ浜を見たり上陸するのは、地球が滅亡するまで待つしかありませんw

確かに冬でも百合ヶ浜が、ギリギリ出そうな深さになる日もあるかもしれませんが、冬の与論島は常に風が強く、吹きさらしの百合ヶ浜に冷たい海に入りながら行く人はまずいません。そもそもボートも出したがりません。

私は、1月も、2月も、3月も、4月も、5月も、6月も、9月も、10月も、11月も、12月も与論島に行ったことがありますので、リアルに百合ヶ浜の状況を見ています(超繁忙期の7月と8月は宮古・八重山行きが多いので行ったこと無いw)。そもそも冬は出ないことを知っていますので、冬の百合ヶ浜行きは頭にすら入っていませんが、どのみち大金久海岸は見に行くので、その沖に百合ヶ浜が出ているか否かは常に確認しています。もちろん事前に、その日の潮汐情報は確認していますが・・・


冬に出ていたこと一度もない!


ちなみに冒頭の写真は冬の与論島(1月1日)。しかも海の彼方に百合ヶ浜がある場所です。さらに新月明けの潮が最も引く日の干潮時間。それでこの状態。それもそのはず、この干潮時の潮位「67cm」。一般的に百合ヶ浜は潮位が「30cm」以下にならないと出ないとされますので、67cmじゃ出るわけないですよね。ちなみに深夜の潮位は「-1cm」と、まさに新月明けの大潮レベル。しかし時間は深夜2時。誰が百合ヶ浜へ行くか!って感じですww

ちなみに12月1月2月の百合ヶ浜は見るのも行くのも絶望的ですが、3月になるとよーやく潮位も下がってきて望めるようになります。それでも30cm前後なので、出てもごくわずか。まぁ南西諸島で3月はもう「冬」じゃないのいで、とにもかくにも言えることは・・・


冬の与論島で百合ヶ浜は出ません!


これにつきます。百合ヶ浜へ行くなら3月以降がおすすめ。11月までならどうにか望めるかもしれません。反面12月〜2月は無理。とにもかくにも気象庁などの潮汐情報を調べれば、行く日の潮汐は一目瞭然。その際は那覇の潮汐情報でもOK。潮汐は場所が少し変わっても、潮位はそれほど変わりませんからね。

とにもかくにも、与論島の百合ヶ浜は、自ら潮汐情報を調べてから行きましょう。



(追記)


冬でも「百合ヶ浜海域」で砂浜が出るかもしれませんが、それはあくまで「砂浜」であって、一定の場所に確実に現れる「百合ヶ浜」ではないと思います。名前が付くのは「確実」なことが条件だと思います。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/22-12:58 | 沖縄離島情報

冬至なのに台風29号発生?確かに台風シーズン並みの夏模様の沖縄・・・

肌で感じる空気感も、まさに「夏」!今朝の沖縄。さらに風向きも、冬の沖縄では珍しい、湿った南風。気温も夜明け前で20度近くもあるし、さらに湿度は100%。アメダス周辺は雨だったんですかね。

とにもかくにもまるで6月の梅雨時期のような陽気ですが、今日はその逆の「冬至」。

てっきり昨日の12月21日かと思っていましたが、2019年は今日の12月22日だったんですね。まぁこの1日の違いは、特に本土との時差がある沖縄にはあまり意味が無いですし、そもそも沖縄で冬至といっても特にやること無し。強いて言えば「トゥンジージューシー(混ぜご飯)」を食べる程度で、普段から食べているものなので、冬至だからと言う訳ではありません。本土のようにみんなが「ゆず湯」に入ったり、「カボチャ」を食べたり、冬至だから何するってことは、沖縄ではほとんどないと思います。


何より今年は冬至で夏模様w


今日は湯船に入るよりも外で運動しているようが気持ちよさそうですし、ほくほくのカボチャ料理よりも冷え冷えのビールの方が美味しそうな沖縄です。なにせ那覇でこそ20度を下回りましたが、宮古・八重山ではさらに気温が高く23度近くもあるところも。夜中なのに平年の日中以上の気温ですからね。


そして夏と言えば台風情報?


米軍情報では昨日の時点で台風29号のタマゴ扱いで、個人的にも雲の状態から台風になる可能性が高いな〜って、昨日もつぶやきましたが案の定・・・


台風29号認定(涙)


いつものように気象庁の情報は、米軍情報より半日から1日遅いのでまだ台風認定されていませんが、それでも気象庁情報にも警戒情報は出ていますので、台風29号発生はほぼ確実かな?

台風29号「ファンフォン」
・・・ラオスの言葉で「動物」



今のところ沖縄や日本海域への北上の可能性はありませんが、しかし発生場所もその米軍から出されている予想進路も、史上最悪台風といっても過言ではない「あの台風」に非常に近くて怖くなります。


「2013年11月の台風30号」


犠牲者7000人近く、負傷者3万人近く、被災者に至っては1600万人以上ともいわれるあの台風。もちろん進路が酷似しているだけで、勢力はあそこまでは強まらないとは思いますが(あのときは最大瞬間風速105m/s)、それでも沖縄のこの気温の高さからも考えると、あの海域の海水温もかなり高そうなので気になります。さらにフィリピン(セブ島)最接近時期は・・・

クリスマス台風?

フィリピンはキリスト教が中心なので、宗教的にもクリスマスは重要な日。その日に台風が来るかもしれないなんで・・・。どうか台風29号になっても発達せず、そして足早に通過してくれることを切に願う次第です。。。

あと、お暇な気象予報士がバカ騒ぎしないことも願いますw(特にウェザーニュース社w)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/22-05:48 | 沖縄台風/災害情報

2019年12月21日

いつも通り大外れの天気予報!しかし天気より地震が気になる・・・

sky201912215935.jpg

今年の12月の沖縄は、なかなか冬の気候になりませんね。冬の沖縄と言えば、雨の後は必ず猛烈な冷たい北風になるはずも、昨日の雨の後は快適な北風。そして今朝も夜半にひと雨あったあとも、湿った北風で気温も下がらず。

今朝の那覇「気温20度・湿度90%」。

ぶっちゃけ、快適です。運動するには少々暑く感じるレベル。気になる風も平均風速で5m以下、最大瞬間風速でも12mと大したレベルではありません。むしろほどよい風のおかげか、雲が流され青空も望めています。天気予報ではWNIだと「午前大雨・午後曇り」、TenkiJPだと「午前曇り・午後雨」となっていますが、現実の午前8時の空は写真の通り。

まっ、冬の沖縄の天気予報は、現状の天気すら当たりませんからねwww


それよりここ最近の沖縄、っていうか奄美群島以北の南西諸島近海で地震が多い。12/18の沖永良部島近海を震源とする「震度4」の地震には驚きましたが、昨日も朝に種子島近海で「震度2」、夜には奄美大島近海で「震度3」の地震が発生しています。幸い、津波の心配はありませんが、短期間にそれなりの揺れをともなう地震がここまで続くのは、大地震が少ない南西諸島では珍しい。さらにこの南西諸島の地震の合間には、本土では関東で「震度3」、そして青森では「震度5弱」の地震発生。

もちろん関連性はないとは思いますが、なんかイヤな感じがします。

<この3日間の地震>
12/18 沖永良部島近海を震源とする「震度4」の地震
12/18 トカラ列島で小さいながらも地震連発
12/19 朝に関東で「震度3」の地震
12/19 夕方に青森で「震度5弱」の地震
12/20 早朝に種子島近海で「震度2」の地震
12/20 夜に奄美大島近海で「震度3」の地震


沖縄を震源とする地震はありませんが、12/18の地震では那覇でも揺れを感じましたからね。これらの地震で出尽くしてくれて、年末年始は平和に過ごせると良いんですけどね・・・

またツイッターなどでは既につぶやきましたが、マリアナ諸島近海に台風29号のタマゴっぽい雲が、ここ数日うろうろ。米軍情報でも「98W」として警戒レベルがアップ。こちらも何事もなく、平和な年末年始を過ごせるように、消滅して欲しいと願う次第です。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/21-08:33 | 沖縄の服装/天気

2019年12月20日

今朝の沖縄。気温急降下。それでもまだ平年以上?

夜明け前に那覇でもかなり激しい雨があったみたいで一気に気温降下。昨日の寝る前は22度近くもあった気温が、今朝は17度台まで低下。でも室内はまだ昨日の温暖な空気が残っているので特に寒さは感じていませんが、水道水は一気に冷水モードへ。沖縄の水道水って、ほとんどが屋外タンクからの給水になるので、外の気温と水温が直結。外に出なくても水道水の温度で外の気温が分かります。

さすがに風は外に出ないとわかりませんが、アメダスを見る限りも平均風速が昨日の夜に3m/sだったものが、今朝は10m/s。最大瞬間風速16m超。台風レベルの風になっているようです。

まぁ今朝の方が、いつもの冬の沖縄で、昨日までの夏模様が異常なだけだったんですけどね。そもそも12月いっぱいは夏模様になることが多いので、どっかの気象予報士のように騒ぐほどの話ではありませんが、問題は年末年始。大晦日と正月3が日だけは、何故か毎年猛烈に寒くなります。今年もあと10日ちょっとですが、どうなるんでしょうね〜。

ちなみに昨日の沖縄。もしかすると12月として最高気温になるかと思いましたが、幸いにもそれは避けられました。雨雲群到来で、宮古・八重山も気温が上がりきる前に天気が崩れたようで、気温も最高で27度。それでも平年比+4度〜+5度なので、十二分に暑かったと思いますけどね。

<昨日の沖縄各地の最高気温>
#西表島 27.0度
#波照間島 27.0度
#石垣島 26.9度
#宮古島 26.9度
#下地島 26.9度
#多良間島 26.6度
#与那国島 26.6度
#那覇 23.0度


そして今日の沖縄。那覇の天気予報は、「1年ぶりの気温を101年ぶり」と大騒ぎしたウェザーニュース社(笑)も、気象協会のTenkiJPも「1日雨予報」になっていますが、個人的には雨は朝のみで終わりそうと読んでいます。冬に激しい雨になるときは、必ず止む時間がありますからね。なので今日は午前に外出予定ですが、多分傘無しでOKだと思います。ただ今日は雨より風。寒さが気になりますね〜。そもそも風が強いときに雨が降ると、傘の意味が無いですからね。

さて、今日の沖縄各地の最高気温。先の昨日のものとどこまで変わるでしょうか?

ちなみに今朝の沖縄の気温。こんな感じでした。先の昨日の気温と比較。ちなみに沖縄は日中と夜の寒暖の差が1年を通じて少なく、通常でも3度前後しか変わりません。そこにこの7度の差は、やっぱり急降下でしたね。さらに今日は朝の方が気温が高く、最低気温は日中に記録しそうなので、この気温差はさらに大きくなるかも・・・

外出時間も長めなので、まさにリアルに体験してきます。。。

<今朝の沖縄各地の気温>
#西表島 19.6度(-7.4度)
#波照間島 19.6度(-7.4度)
#石垣島 19.1度(-7.8度)
#宮古島 19.2度(-7.7度)
#下地島 19.5度(-7.4度)
#多良間島 20.2度(-6.4度)
#与那国島 19.0度(-7.6度)
#那覇 17.2度(-5.8度)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/20-06:19 | 沖縄の服装/天気

2019年12月19日

2018年12月の暑さ。調べると凄かった!?今年の暑さなんてまだまだ

昨日の那覇は、早朝23度、日中24度、夜22度と1日ほぼ同じ気温。わずかながらの青空と日差しもありましたが、基本的に1日曇っている感じ。でも石垣島など八重山では、またしても夏日を記録。特に石垣島では「28.4度」まで上がり、未だに真夏の陽気が続いているようです。昨日は沖縄全域で北風だったので、石垣島も爽やかな暑さだったかもしれませんけどね。でも昨日の石垣島の「28.4度」、12月の同じ観測点としては、観測史上第2位の暑さだったようです!(1位は2018年12月の29.4度)

<昨日の沖縄各地の最高気温>
#石垣島 28.4度
#西表島 26.9度
#波照間島 26.6度
#与那国島 26.6度
#多良間島 25.9度
#北大東島 25.8度
#南大東島 25.7度
#宮古島 25.3度
#那覇空港 24.4度


しかしその2018年の情報を調べると、そのすごさに驚き!昨日の間抜けなウェザーニュース社の「12月17日は101年ぶりの27度台」は真っ赤な嘘。2018年12月は笑っちゃうほどの記録の目白押しです。

<12月の観測史上最高気温>
1位 31.6度/1952年(南鳥島)…これは除外ですよねw
2位 29.8度/2018年(宮古島/空港)…実質1位
3位 29.7度/2018年(波照間島)
4位 29.4度/2018年(石垣島/空港)
4位 29.4度/2018年(西表島)
4位 29.4度/2018年(久米島)
4位 29.4度/2018年(那覇)
8位 29.3度/2018年(伊是名島)
9位 29.2度/2018年(波照間島/空港)
9位 29.2度/2018年(多良間島/空港)
11位 29.0度/2018年(那覇/空港)
11位 29.0度/2002年(多良間島)
11位 29.0度/1899年(石垣島)


なんと、2018年12月の沖縄の気温が、観測史上最高気温のトップ10ほぼ独占。どんだけ去年の12月の沖縄、暑かったのさ〜!って感じです。でも住んでいる方としては「そんなに暑かったっけ?」って印象。でも記録上はもの凄いことになっていましたね。。。

どこが101年ぶりの暑さだーーー!www(1年ぶりだろ)

なので、今年の12月の気温。高くても上には上がいます。しかも1年前。でも今日は宮古・八重山から徐々に南風に変わってきていて、昨日の気温を上回りそうな雰囲気も。もしかして去年の観測史上最高気温を更新?

そしてお暇な気象予報士が、無理矢理数値をこじつけて騒ぐw

騒ぐ前に、本来の「予報」を出す仕事、してください!って感じですよね・・・

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/19-10:09 | 沖縄の服装/天気

2019年12月18日

夏模様・夕焼け・朝焼け!那覇戻り24時間でいろいろあった!

那覇を離れていた時の話は、急いで綴る話でもないので後日(沖縄の話じゃないしw)。まずは、那覇に戻ってきてからの話。いろいろてんこ盛りでしたが、面倒なので時系列順に綴っていきたいと思います。

気温差「21.6度」を実感!

昨日の朝、那覇へ戻る出発の地は雨。しかも搭乗間際は大雨で、深夜より朝の方が気温が低く、出発の地は「5.9度」。でも空港までの移動も、飛行機への搭乗も特に影響は無いものの、那覇の気温が高くなることが目に見えていたので、気温5度台でも半袖。機内でそんな軽装、他にはいない状態でした。

しかし那覇に降り立った瞬間、その装いは大正解。なんと到着の地、那覇の気温「27.5度」。気温差「21.6度」をリアルの実感してきました。まぁ北海道からなら、気温差30度超でも当たり前ですが、直行便がないですからね。強いて言えば冬の福岡は雪も降るので、直行便があるエリアでの気温差は「沖縄ー福岡」が国内線では最も大きいかな?

でも昨日の那覇の「27.5度」は、去年の12月の「29.4度」に比べれば2度も低いんですよね。しかも昨日の沖縄で27度台になったのは那覇だけではなく、多良間島の27度台は無視。那覇の気温だけを大騒ぎする、ウェザーニュースの気象予報士のレベルの低いこと、低いこと!(バカ騒ぎするウェザーニュース気象予報士の記事

とりあえず去年で12月の猛烈な暑さは体験済みなので、昨日の暑さは特にスルー。むしろ、気温差の方が気になった次第です。

昨日の沖縄各地の最高気温

#那覇市街 27.5度
#多良間島 27.3度
#南大東島 26.9度
#波照間島 26.9度
#西表島 26.9度
#石垣島 26.9度
#与那国島 26.8度
#北大東島 26.7度
#下地島 26.7度
#名護市街 26.6度
#宮古島 26.6度



そしてここからは画像!時系列順なので、昨日の夕焼けからお届けいたします。

夏模様だった昨日の那覇の夕焼け



夏模様で南風だった昨日の那覇!飛行機も那覇市街から



猛烈な暑さだった昨日の午後の那覇。その暑さの原因は「湿った南風」。でもそういう時は、夕焼けが綺麗ですし、さらに那覇空港へ降りてくる飛行機も、この時期としては珍しい那覇市街側(通常は瀬長島側)。なので久しぶりに夕焼けと航空機のコラボ写真も撮影できました。ただ昨日は日中もさることながら、夕時も天気が良すぎて焼ける雲が無く、夕焼け自体はイマイチ。

でも今朝は期待通りの光景が望めた沖縄でした。

夏模様の朝焼けは真っ赤に焼ける!



朝ラン中は曇っていて朝焼けは望める。そもそも時間が早いので難しかったですが、朝ラン後にシャワーを浴び、外を見ると真っ赤に焼けていました。もしかするとシャワー中の方が真っ赤だったかもしれませんが、それでもこの赤さは12月ではなかなか望めません。しかしこの1時間後、スコール的な雨模様に。その雨の後は北風に変わったので、この色鮮やかな朝焼けは、しばらく望めないかもしれませんね(南風限定)。


そんな感じで、那覇戻りからまだ24時間経過していませんが、てんこ盛りでした!!

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/18-11:37 | 沖縄ライフ

南西諸島で震度4の地震発生!体感的には「震度+1」?その理由とは。

今朝のブログ。昨日までの話や、昨日の夕焼けや、今朝の朝焼けや、暑さの話など、いろいろネタがてんこ盛りだったのですが、それ以上のネタが、今日の午前8時35分に飛び込んできてしまいました。っていうか自ら体験していて、Facebookページツイッターでは速報を出していますが・・・


南西諸島で震度4の地震!!!!


「沖縄や南西諸島は地震が少ない」というのは大嘘で、地震そのものは多い沖縄や奄美群島。でも本土に比べて「大きな地震は少ない」には確かです。でも今朝の8時35分、奄美群島近海を震源とする「震度4」の地震発生。那覇市街でも周期の長い大きめの横揺れが10数秒続きました。各地の震度などは以下の通り。

2019年12月18日午前8時35分の地震情報


#震度4 #徳之島 #沖永良部島
#震度3 #請島 #与論島 #国頭村
#震度2 #奄美大島 #加計呂麻島 #今帰仁村 #本部町 #恩納村
#震度1 #名護市 #沖縄市 #うるま市 #南城市 #東村 #読谷村 #座間味村 #中城村

震源は沖永良部島知名町の南西沖約3kmの近海。震源の深さは約40km。マグニチュードは5.0。



那覇は記録無しですが、海の近くの那覇市街平地の建物で「震度1.5」って感じでした(震度1より明らかに大きいものの震度2ほどではない意)。まぁ沖縄・奄美の建物は、地震対策をあまり施していないので、通常の震度よりも建物の中では、揺れを大きく感じる傾向。実際の震度「+1」が体感の揺れになります。

逆に言うと、震度4を記録した徳之島や沖永良部島では「震度5」レベルの体感の揺れってことになるかもしれません。震度4を記録したのは、徳之島北西部の空港がある「天城町平土野」、南部の「伊仙町伊仙」、沖永良部島の空港がある「和泊町国頭」、メインの2つの市街地「和泊町和泊」「知名町瀬利覚」。さらにこの震度はあくまで「地震計がある場所」というだけなので、実際は震源に近い沖永良部島の屋子母海岸とかはもっと揺れが大きかったかもしれませんね。

今のところ余震はないみたいですが、朝早くから大きな地震は不安になります。しかも那覇はスコールの時間と完全に重なっていたので、ちょっとドキッとしました。天変地異とまで行きませんが、自然災害ってタイミングが重なることがホントに多いですね。

とにもかくにもこの地震が何かの前触れでないことを願う次第です。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/18-09:15 | 沖縄台風/災害情報

2019年12月17日

ウェザーニュース社が間抜けすぎる!

気象予報士も、沖縄の偏向新聞社も、どこまでも「間抜け」なんでしょうね。今日のこの2つから出されたニュースで「12月で27度台は101年ぶりの気温」とかぬかしていましたが、去年の12月に「29度超」を記録していますよ。さらに2016年にも12月に28度台が出ていますし、どこが「101年ぶりだよ!」って感じです。

その理由は「12月中旬以降として」だそーですwww

ばからしい!!!

んじゃ「12月17日としては史上初の27度台」っていうんかい!!!って感じです。沖縄の新聞社は元々頭がおかしいので、どーでも良いですが、問題は民間気象情報会社の気象予報士。よくもこんなくだらないことを語れますよね。

ウェザーニュース社!

「年の瀬なのに那覇で27度1918年以来の高温」
2019/12/17 14:02 ウェザーニュース
https://weathernews.jp/s/topics/201912/170185/


そのうち「12月17日の午後2時としては史上最高気温」と言いそうな気がしますwww


最近の気象予報士や気象情報会社からの発言って、単に目立ちたいだけのものばかり。肝心な予報情報皆無ですからね(当たらないし)。特に「○○年ぶり」とか「○○年に一度」とか、「過去の数値」ばかり並べます。肝心の天気「予報」はどこだよ?ってものばかり。

これで肩書き「気象予報士」w

もう「気象予報士」という名前を止めて「気象解説士」に改名して欲しいものです。過去のことなど、誰でも分析できます。資格なんて必要ありません。

あまりに間抜けすぎる気象予報士。

たまにはまともな「当たる予報」を語ってください。

12月の那覇の過去最高気温ベスト3

2018年12月4日「29.4度」
2016年12月4日「28.2度」
1914年12月1日「28.0度」


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/17-19:08 | 沖縄の服装/天気

今日、那覇戻り!気温差、強烈っす・・・

今回の那覇を離れる用事は、実質「丸2日」のみで、あとは移動だけって感じでした。なので今日はその最後の移動のみ。っていうか今週末以降は、宿や航空券が「年末ぼったくりモードw」に入るので、先週末までがねらい目だっただけなんですけどね。

しかし昨日までの沖縄。あまりに気温が高すぎて、「初夏」を通り越えて「真夏」のレベル。まぁずっとその気温の中に居れば、慣れるので問題ないのですが、なにせ今いる場所と那覇との気温差「最大20度超」。もちろん、同じ時間帯ならもう少し気温差は小さくなりますが、それでも今日、出発する時の朝の気温と、那覇に到着したときの昼との気温差は、まさにその最大気温差近くになっているかも?その結果は、那覇に戻って落ち着いたらレポートしたいと思います。

その前に、その気温差の原因ともなっている沖縄の暑さ。週末も気温が高かったですが、週明けの昨日はさらに気温上昇。もはや12月後半の気温ではありませんね〜。

<昨日の沖縄の最高気温>
#石垣島 26.9度
#波照間島 26.6度
#下地島 26.5度
#多良間島 26.2度
#与那国島 26.1度
#北大東島 25.7度
#宮古島 25.6度
#南大東島 25.5度
#西表島 25.4度
#那覇 25.0度



しかし上には上があるもので、なんと去年(2018年)の12月は、12月の観測史上最高の「29.4度」を記録。12月4日と初旬の話ですが、それでも昨日とは2週間しか変わりませんからね。さらに最低気温もその前日の12月3日に「24.7度」とあわや「12月なのに熱帯夜」状態。ちなみにこの猛烈な暑さだった2018年のその日は、NAHAマラソンの翌日。実はそのNAHAマラソン当日も、12月の観測史上第7位の最高気温「27.1度」。

なので昨日の「24.9度」で騒いじゃだめですよね〜w

ただ去年はその暑さのまっただ中に居たので気になりませんでしたが、今回は見事に那覇より20度も気温が低い場所からの帰還。体調を崩さないように気をつけます!

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/17-06:00 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲