ページの先頭へ△

2021年09月21日

空模様は平和な沖縄。むしろ朝晩だから平和なのかもね…

moon202109211279.jpg

まさに「満月」

今朝の沖縄。西の空にまん丸な満月。特に今回は夜明け前の満月は月齢がちょうどいいみたいで、全く影っている(欠けている)部分がなく、輪郭がくっきり。夏の朝晩の沖縄はとかく雲が多いので、さらに満月のタイミングでの雲なしはかなりレアなものなんですが、今朝はホントにいい感じの月。

でもあまりに満月が明るすぎて、その方角で星空設定のまま、夜空を撮影するとこんな感じになっちゃいました。

sky202109217746.jpg


まっ、これはこれで月と星のアンバランスさが楽しいですけどね。月と星空は別々で見るのがよろしってことですからね〜。

そして夜明け後。今度は朝焼けですが、相変わらず雲一つない晴天で、濃淡がほとんどなくてイマイチ。でも東の空にわずかながら濃淡がある場所を発見!

sunrise20210921s7747.jpg

西に満月。東に朝焼け。朝から視覚的に贅沢ですね。でも朝日自体は全く興味ないですし、そもそも西岸の那覇だと朝日が見える頃にはかなりの高さになっていて、写真映りもイマイチ(首里の高台を越えないと朝日が望めないので)。実は夕日もあんまり興味ないんですけどね〜(西向きの那覇なので望めますが)。

やっぱり空全体が色づく朝焼けと夕焼けが最高です。でもここ数日は快晴ばかりでちょっと面白みがないですけどね・・・

先の月でも書いたとおり、真夏の沖縄は朝夕に雲が多いので朝焼け・夕焼けには最高なんですが、どうも最近の沖縄空模様は既に夏は終わって、徐々に夏シーズン終盤の空模様に変わってきているようです。その分、湿度が低めて、生活するには徐々に快適になってきていますけどね。

とはいうものの今朝は南風に変わり、湿度も昨日より10%上昇(昨日は70%台も今朝は80%台)。過ごしやすい陽気ももう終わりかな?

その予兆なのか本土には西から雨雲群接近中。そこに向かって南風が沖縄にも流れ込んでいるのかも知れませんね。まぁ台風やプチ台風ほど発達していませんが、本土近海に雨雲群があるということは、そこに向かって南から湿った空気は入りますからね。

本土の日本海側はその雲の直接的な影響を受けそうですが、沖縄にもこの先間接的な影響がありそうです。クールダウンになるスコールは歓迎ですが、蒸し暑いのはそろそろ解放して欲しいものです。

(中央上の雨雲群が今後の懸念事項)
nowc_hrpns_20210920223000_20210920223000.png
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/21-07:32 | 沖縄ライフ

2021年09月20日

離島ドットコム宿情報更新!コロナ禍で沖縄本島以北限定…

週末の2日間をかけ、ホムペこと「離島ドットコム」を大幅更新!といっても【宿情報】のみですが、それでも新規追加だけでも「61宿」。既存宿で写真や文章などを更新したのは「200宿前後」。全部で1500宿ぐらいあるので、かなりの頻度で更新いたしました。

でも更新したエリアはコロナ禍もあって「沖縄本島以北限定」。宮古・八重山は更新対象外です。。。

そもそも今回の更新は「2020〜2021年分」で、完璧にコロナ時期。この1年半で宮古・八重山へは仕事で行った八重山の1回のみ。しかも5日間滞在で5日間全て雨(冬)。なので新しい情報を集めることはもとより、既存情報の確認さえままならない状況でした。2019年までは2ヶ月に1回のペースで宮古・八重山(実際はほとんどが八重山)へ行っていたのにな・・・

ってことで今回の更新は沖縄本島から船と飛行機行ける離島と、奄美群島のみとなります。沖縄本島と橋繋がりの離島は、コロナリスクが高いので1年半で一度も行っていない次第です。。。

でもこのほとんどが2020年内に行ったもので、2021年は世界ワーストレベルの沖縄コロナもあって「奄美の離島のみ」。結果、更新情報も奄美が多いですが、耳寄りの情報をいっぱい集めましたので、2022年以降のコロナ禍が落ち着いた際にはご活用下さい(2021年は既に捨てています)。

ちなみにビーチやお店など【観光情報】は、宿より遙かに情報が多いので、もうしばらく更新には時間がかかりそうです。さらに地図に至っては、観光情報を更新してからじゃないとできませんので、さらに時間がかかりそうです。

でも例年なら早く更新しないと次行ったときの情報と錯綜して訳わかんなくなるのですが、当分どの島にも行けそうもないのでその点楽です。あとは更新する人間(私)の気持ちがどこまで持つか・・・(既に限界寸前)

まずは「8つの離島の新規宿情報」をご紹介させていただければと思います。

2022年は宮古・八重山方面へ行けるかな・・・

■座間味島+8宿


ロビンソンクラブ

阿真ビーチ キャンプ場

民宿ぽかぽか

島 stay holoholo

カーヌスバ ザマミ

コテージうふうなが

オーシャンビュー吉田

ザマミ・ベース


■渡嘉敷島+3宿


渡嘉敷村青少年旅行村キャンプ場

Guesthouse Air

STAY IN ALOHA


■久米島+5宿


シンリ浜キャンプ場

民宿糸数

素泊宿ワシントン家

民宿よしむら

民宿つるみ


■久米奥武島+1宿


奥武島キャンプ場


■奄美大島+34宿


ホテルウエストコート奄美II

アマミホシゾラビレッジ ヤドリ浜

ヤドリ浜キャンプ場

リゾネッチャヴィラ・イン・嘉鉄

ゼログラヴィティ・清水ヴィラ

ゲストハウスminami

堺ゲストハウス奄美

結の海 簡易民宿

民宿やどかりの宿 シーサイドハウス

やどんコテージいちのいち

レンタルゆうなぎ

素泊荘 宮前

島の宿うらら

旅館たつみ荘

みんなのいえ

民宿中村荘

小浜キャンプ場

奄美ラッキーライフ1

いも〜れ奄美民泊村

まっちゲストハウス

波音/hanon

Miru Amami(旧nest amami)

LeGRANDBLEU

a bee coco

伝泊 The Beachfront MIJORA

HOLLY CAMP

ゲストハウス奄美ロングビーチ

奄宿

アマテラス

奄美カメハウス

ソル・エ・マール/Sol e Mar

ヒエン浜ゲストハウス

ゲストハウス フクギの宿

荒波のやどり


民宿さんご(大幅更新)

■加計呂麻島+7宿


加計呂麻の宿 ひらら

加計呂麻ユースホステル

すずめのお宿

ゲストハウス川

貸別荘 芳天

奄美の宿ぐっど・ぐりーん

レンタルハウス373


コーラルのみしゃん(大幅更新)

■与路島+1宿


ささやかなおうち奄美与路/村内原


■喜界島+2宿


ココネドコ喜界島

ウィークリーハウス潮風

posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/20-08:50 | 沖縄離島ドットコム

5月ぶり?今朝の那覇は雨なしで熱帯夜から解放!!

何十日ぶり?

イヤ、何ヶ月ぶり?

今朝の那覇は雲一つ無い良い天気なものの、最低気温がなんと「24.5度」。熱帯夜から解放されました!でもコンクリートにもアスファルトにも熱が溜まっていて、気温ほどの快適さはありませんでしたけどね。それでも通常の状態で最低気温で24度台は何時ぶりだろ?確かに豪雨直後に瞬間的に25度を下回ることはあったかと思いますが、雨もないのに24度台は5月以来かも?

そういえば5月のときもそうでしたが、2021年の沖縄は全般的に「1ヶ月先の季節感」で、5月中旬から毎晩熱帯夜でしたしね。もしかしてこの9月も1ヶ月先を行っているとすれば、今朝の空気感は10月中旬なら合致します。

まぁそんなに都合いい季節感になってくれるとは思っていませんけどね・・・(どのみち日中は30度超の真夏日は続きそうだし・・・)

ちなみに今朝は西の空にいい感じの月。たまたまですが、朝ランでまさに「月に向かって走る」感じ。気温が下がったのも相まって、かなり気持ちよかったです。でも祝日もあってか街灯が消えまくっていて、超〜真っ暗でしたけどね。写真でも補正をかけて、どうにか道路が見える程度です(月も落ち気味で月灯りもなし)。

moon20210920044038.jpg

ちなみに今日のの月齢は「13.1」。満月は明日っぽいですね。拡大すると月の上が少しだけ欠けているような感じだし、明日も良い天気を期待して満月を楽しみたいものです。

moon202109201269.jpg

明日も今日の広域な雲の感じからすると沖縄の天気はよさそう。マリアナ諸島西に気になる雲はずっとありますが、今のところ渦も巻いていませんので近々のリスクは少ないかと思います。まぁ今朝の沖縄は無風でしたので、沖縄は夏の高気圧の中心近くにあって天気も風も海も安定しているんでしょうね。

嗚呼、離島日和なのに・・・

ってことでこの週末(連休)はコツコツと離島情報更新。既に公開設定していますので、お気づきの方もいるかもしれませんが、更新情報については次の記事でレポートいたします。といっても更新したのは宿情報のみで、観光情報はまだまだ当分時間がかかりそうですし、地図の更新についてはさらに時間がかかりそう・・・

でも離島情報を更新していると、やっぱり島へ行きたくなってしまいますね。。。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/20-08:02 | 沖縄ライフ

2021年09月19日

1年前もコロナ禍ピークも平和だった沖縄…離島にも行けたし…

GoTo2022〜南大東島を発つ
gotodaitoairnorth2020.jpg


GoTo2022〜南大東島へ
GoTo2022〜南大東島へ


そういえばちょうど1年前の9月は、飛行機に乗って離島へまだ自由に往来できていたな〜。なにせ1年前の9月は、1日数人の感染者レベル。まぁ連休前の話ですけどね。連休後は1日30人とは40人とか一気に3〜4倍。2021年も沖縄は「連休バカ」を繰り返しそうで怖いです。なにせ母数が去年の20〜30倍ですからね…(1日200人前後ってことはまた1日600人とか700人とか…)

まぁ嘆いても始まりませんので、何時ものごとく「沖縄は自己防衛(自己防疫)」につきる次第です。

でも2020年はなんだこうだ言って、飛行機や船で沖縄の離島へはちょくちょく行けていましたね(4回6島)。しかし2021年、実は「一度も沖縄の離島へ行けていません」。リアルに「0回」です。行けたのは沖縄以外で、沖縄県内の離島へは宮古・八重山はもちろんのこと那覇から気軽に行ける離島でさえ一度も行くことができないばかりか、橋や海中道路で繋がる離島さえ一度も行っていない…(あの瀬長島さえ一度も足を踏み入れていない…)

まぁ橋や海中道路で繋がる離島へは、用がない限りあまり行きませんが、船で気軽に行ける沖縄の離島へ一度も渡らない年は近年記憶にないかも。もちろん今年もあと3ヶ月半弱残っていて、状況次第ではまだ行けるかもしれませんが、沖縄コロナの状況が全く改善しないこともあり、正直なところ沖縄の離島へ行くのは半ば諦めています。さらに11月以降の冬シーズンは積極的に離島へ行かなくなるので、残り3ヶ月半で沖縄の離島へ行く可能性は低そうです…

6月末に沖縄ではありませんが離島へは行くことができていますので、今のところ禁断症状はありませんが、本来はベストシーズンの10月に離島へ行くことができないとなると、かなりヤバいかも…

爆発?

そうならないようにがんばりますw(こういう写真を選ぶこと自体が爆発目前?)

GoTo2022〜南大東島を発つGoTo2022〜南大東島を発つ


GoTo2022〜南大東島へGoTo2022〜南大東島へ



posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/19-10:40 | 沖縄旅行/離島旅行

不幸にもこの連休の沖縄は最高の季節感になりそう?気が重い…

毎回感じますが、朝ランするとリアルにその日の空気感が分かりますね。

今朝は完全に秋の空気感。

といっても今朝も最低気温25度超の熱帯夜でしたが、台風直後は最低気温28度も今朝の最低気温は26度ちょっと。汗の書き方が雲泥の差ですので、数値的な気温はあとで確認も空気感はまさにその「2度の差」を肌で感じ取った次第です。ただ無風(風速1m/s)。途中で立ち止まると汗が滝のように一気に溢れ出してきます。でも走っている間は、無風の時は自ら風を切っていられるので、意外と涼しい(時速12km/hで走れば常に風速3〜4m/s)。

とはいってもまだまだ外で運動するには暑すぎる沖縄ですが・・・

まぁ今朝は台風の恩恵でこのような空気感になっているだけで、またすぐに真夏の空気感に戻りそうですけどね。

その台風は本土を抜けて東の海域まで出たようで、昨日の本土がどうだったかわかりませんが、よーやく台風が日本海域から遠ざかってホッとしています。なにせ台風14号は9月4日から警戒モードで、沖縄最接近が9月12日、そして本土通過が9月19日ともなると「16日間」も警戒モードだったわけですからね。通常なら長くても10日間というところなので、この16日間はかなり長かったです。

まぁ九州西の海域での迷走もありましたからね。

gms202109190600.png

ちなみに台風後の日本海域は夏の空気に覆われているようで、特に台風が通った沖縄〜九州、そして太平洋側沿岸は夏の空気の中っぽいです。沖縄はそのど真ん中だったので、無風になっている訳です。本土も夏の空気の範囲内に入るので、今日は太平洋側を中心に気温が上がりそうですね。なにせ今日の予想最高気温は那覇が31度なのに、今回の台風で最も豪雨になった高知では最高気温32度とのこと。でも高気圧の縁なので、程よい風も吹いていい陽気っぽいですね。

ただ台風一過で良い陽気も、感染抑制には逆効果。なにせ今回のウイルス大津波も、そのきっかけは「海の日連休」。この秋の連休もまた大津波のきっかけになりそうで怖いです。特に沖縄はここ最近の感染者減少で完璧にノーテンキ状態。今日の朝ランでも外で見た人は「100%マスク非着用」。日中でも以前は半数がマスク非着用も、最近は7〜8割はまともにマスクしていません。

未だ「全国ワーストコロナまん延沖縄」を理解できない沖縄県民だらけです。

ちなみに台風14号以降の気になる雲。1つは米軍情報で「98W」の警戒レベルになっていますが、100%沖縄には影響無いエリアのものなので問題ないでしょう。あと2つほど個人的に気になる雲はありますが、どちらも渦を巻いているわけではありませんので、この先1週間は問題ないと思います。

なのでこの連休の沖縄は不幸にも「最高の季節感」かもしれません。

本土からバカがいっぱいウイルス持って来そうですし、沖縄県内でもアホがいっぱい各地でウイルス感染拡大活動をしそうです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/19-08:30 | 沖縄ライフ

2021年09月18日

台風14号。本土は想定内の嵐。沖縄は想定外の無風。暑そう…

typhoon20210918-no14.jpg

台風14号についてはメディアと気象予報士がウザいほど情報(予想では無く状況)を垂れ流ししているので、ここでは多くを語りませんが、まぁ昨日の予想通りの結果になっていますので、今後も「太平洋沿岸で北に山があるエリア」はご注意くださいませ。台風の机上の中心がどこを通ろうと、このエリアの豪雨は変わらないと思いますので・・・
  • 紀伊半島南部
  • 東海エリア(愛知東部〜静岡全般)
  • 駿河湾エリア
  • 神奈川県西部


ってことで台風14号本体(本土)の話はこれで終了w

沖縄は昨日から夏は台風以外では吹かない「北風」もほぼ無風。乾いた北風による涼をもたらしてくれる感じではありません。今朝も蒸し蒸しの朝を迎えています。また宮古・八重山からは台風のしっぽによる雨雲群は消えましたが、沖縄本島海域にはまだ残っているので、沖縄本島はもうしばらくスコールには注意が必要かな。でも台風のしっぽは動きがほとんど無いので、日中は消滅しているかもしれませんけどね。

なので沖縄は比較的良い天気の連休を迎えそうです。
っていうか世間ではこの先は連休モードだったんですよね・・・

個人的にはもちろん離島行きはもちろんのこと外出さえも「自粛」しますが、我慢も自粛もできない自己中沖縄県民だらけですからね〜。せっかく落ち着きつつある沖縄コロナも再燃確実。あ〜あ!って感じです。でも沖縄では土曜日は平日扱いなので、今日はまだギリギリ連休前って感じ。なので明日以降は「恐怖」でしかないので、週1回の買い出しも今日1日に集約していろいろ回りたいと思います。その途中で景色がいいところでも寄り道できたらいいな・・・

ちなみに今朝の那覇はほぼ快晴。逆に天気が良すぎて朝焼けも変化が無くてあまり面白くなかった。朝でこの空模様と無風だと、今日も暑くなりそうだな〜。

嗚呼、離島へ行って泳ぎたい!

<今朝の沖縄の空>
sunrise20210918w7723.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/18-06:46 | 沖縄の服装/天気

2021年09月17日

台風14号はセオリー通り!太平洋沿岸で北に山がある地域は超警戒!

typhoon20210917-no14.jpg

台風14号は、まぁ予想通りですなw

セオリー通り台風がどこを通ろうと南から湿った空気が入るので、「太平洋沿岸で北に山があるエリアが猛烈な豪雨になる」というパターン。今朝の段階では「高知県」がまさにその地形も相まって、猛烈な豪雨になっているようですね。でも予想通りもあって「きちんと対策」していれば特に問題無い・・・はずなんですけどね・・・(何故に本土は台風に対して学習しないのか謎)

そして同じような地形なのが「紀伊半島南部」「東海エリア(愛知東部〜静岡全般)」で、今朝の高知と同じような状況になるので、対策や対応をして欲しいものです。特に危険なのは南向きに湾状になっている「駿河湾エリア」かな?同じような地形の相模湾は、北側に高い山があるエリアは限られますので、警戒が必要なのは「神奈川県西部」って感じかな?

どっちにつけ沖縄には直接的な影響がない台風14号なので、詳細情報はリアルタイムで追いかけませんけどね。

でも今朝の沖縄は台風14号の間接的な影響で、宮古・八重山ではかなりの雨になった時間帯もあったみたいです。まさに「恐るべし台風のしっぽ」って感じですね。でも那覇はそのしっぽから離れていて、雨なしどころかキレーな朝焼けでしたけどね。



ってことで他人事で申し訳ありませんが、本土の皆様、特に太平洋側沿岸の皆様。がんばってください!でも台風は自ら予測できますので、とにもかくにも今日・明日は「雨雲レーダー/ナウキャスト」をリアルタイムに確認し、雨雲群の動きをチェックしてみましょう。気象庁などの机上の空論でしかない台風進路図なんて見ても無意味ですので、リアルな雨雲分布を見て、豪雨の直前はそれにみった対策と対応をしましょう。

台風は自ら予測できます!むしろ自ら予測すれば確実に難を逃れることができます!!気象庁や気象予報士の情報はスルーしましょう!!!



でも沖縄も今日は台風のしっぽ次第かな。昨日の夜から今朝にかけて宮古島にしっぽの雨雲群がかかっていたってことは、台風14号が東へ移動すればしっぽも東へ移動するわけなので、今日は那覇など沖縄本島がしっぽの雨雲群に要警戒かな?(既に朝の段階で第一波来ていますが…)まぁ台風14号が順調に東へ進んでくれれば、沖縄も西から徐々に台風のしっぽから解放されるんですけどね。

っていうか沖縄は次なる台風リスクへの警戒。なにせ9月は台風シーズンですので・・・

でもここ数年。台風が沖縄本島にパワーがある状態で接近することが無いな〜。まぁ那覇在住の身としては停電しないで済むので助かりますが、せかっくの停電対策グッズもたまには使いたいという気持ちも・・・w(でもやっぱり停電はイヤですけどね)

本土は停電よりも水害に超警戒です!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/17-08:11 | 沖縄台風/災害情報

2021年09月16日

台風14号が超パワーアップ!本土近海の海水温が赤道状態?



1週間近くダイヤが乱れていた、沖縄物流の中心となっている「鹿児島〜沖縄航路」が、ついに復活したみたい。今朝の那覇港、久しぶりに大型フェリーが着岸していました。なんかホッとしますね。ニュースでは昨日から鹿児島〜沖縄航路再開となっていましたが(昨日再開だと着岸は今夜のはず)、あれはマリックスラインの話で、マルエーフェリーは1日早く再開したようです。

といってもマルエーもマリックスも、まだ沖永良部島、与論島、沖縄本島の本部港は「条件付き運航」で、海の状況次第では島をスルーする「抜港」になるとのこと。なにせ台風14号は移動せずに徐々に再発達していることもあり、海も全く収まりませんからね。まぁ沖縄への物流としては、鹿児島〜奄美〜沖縄さえ着岸してくれればどうにかなりますが、沖永良部島と与論島は抜港されると物資不足に直結しますので、足早に台風14号は日本海にでも本土にでも進んで欲しいものです。

でも今朝の那覇港に船がいたってことは、今日から物流再開。明日には空だった那覇のお店の商品棚も徐々に埋まってくることでしょう。我が家もとある商品在庫がヤバくて困っているので、早く沖縄の物流再開を願う次第です(とある在庫=100%果汁飲料…沖縄では製造できない)。


しかしその台風14号。どんどん雲が巨大になっています!

昨日、その途中経過をツイッターでレポートしましたが、今朝はさらに巨大に!?

typhoon20210916no14time.png

そもそも、本土近海で台風が発達するって、どんだけ海水温が高いのさ!?って感じです。

台風の発達は基本的に海水温の高さによって決まり、一般的に本土近海だと海水温は低めなので台風は減衰するのですが、今回の台風14号はモロに本土近海で発達中。まるで沖縄近海のような海水温の高さなのかもしれませんね。

でも雲が大きくなるだけならまだしも、その雲が渦を巻いてきているなんて、通常の本土近海ではあり得ない状況です。もちろん雲が集まれば猛烈な雨になりますし、渦を巻くということはそれだけ暴風になる証拠。

さらに米軍予想では「そこかよ!」って感じの、本土には最悪の予想進路になっています。




「台風14号西日本から東日本まで完全縦断」

もちろん予想のレベルでさすがの米軍情報でもこの通り行くとは限りませんし、そもそも台風14号が停滞せずに移動すればの話。でも米軍情報は当たるからな・・・

そして「気象庁の机上」で台風扱いにならない場合(熱帯低気圧や温帯低気圧)、この進路は一切非公開になっちゃうんですよね(米軍情報は完全消滅するまで情報公開してくれます)。ホント、毎度のことですが日本の台風情報はまったく役に立ちません(だから毎回被害が大きい)。

机上で台風消滅も、雨雲群が消えるわけではないので、本気で日本のこの台風情報の扱いは止めて欲しいものです(消滅しても情報提供して欲しいものです)。

なにはともあれ、今後は台風14号が「何時東へ移動開始するか」がポイント。とっとと日本海でも本土縦断でもいいので、足早に移動してくれることを願います。移動してくれないと沖縄海域のシケは延々続いて奄美の離島が枯渇してしまいますので・・・

でも一番影響が大きい「大東海運(南大東島/北大東島)」は昨日から運行再開していますけどね(本土近海には行かない航路なので)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/16-09:11 | 沖縄台風/災害情報

2021年09月15日

本来なら多良間の豊年祭「八月踊り」だったんだよな〜

hachigatsuodori2019DSC07692.jpg

昨日の9月14日「旧暦8月8日」から3日間、多良間島で本来なら島が最も盛り上がる「八月踊り」だったんだよな〜。祭事を見に行ったことはないけど、波照間島のムシャーマに匹敵する、離島での大きな祭事。なにせ1976年に国指定重要無形民俗文化財の指定を受けた、400年近くも続く祭事ですからね。

多良間島の集落西の「土原ウガム゜」と集落東の「ピトゥマタウガム゜」で島を上げて豊年祭の祭事が行われる「はず」でした。

多良間島としてはコロナ感染者は1年半でたったの3人、しかも2021年9月2日のたったの1回しか確認されていませんが、祭事はそれ以前に中止決定。確かに島の人は問題なくても、この手の祭事を開催すると世界最悪コロナだった宮古島からも大量の人が来てしまいますからね。多良間島のみならずどこの島の祭事も、その島自体は問題ないものの、祭事のために来島する人が大問題になるので、離島の祭事は結局軒並み中止になっている次第です。

那覇ハーリーとかビアフェストとか、営利目的の祭事は中止になって構いませんが、伝統的な祭事は島外から来る人を全てシャットアウトすれば可能なので、どうか島の人のためにもやってほしかったものです。ハーリーと違って豊年祭はそれほど密になりませんし、そもそも屋外での開催ですからね(さらに多良間島なら沖縄で最も感染者がいる可能性が低い島ですし)。


っていうか、多良間島行きたい!


でも多良間島へ行くには船でも飛行機でも世界最悪コロナだった宮古島を経由しなければなりません。そもそも多良間島の人にとって、那覇から来る人は「害悪」なのは分かっていますので、自分の意志だけで行くことはできません。でも2020年だけを我慢すればいいと思っていたのに、まさか2021年がここまで悲惨になるとは・・・

2019年までにマラソンついででしたが、多良間島へ行っておいて良かったです。

taramamarathon2019DSC07529.jpg

ちなみに那覇でも既に5月「那覇ハーリー」、8月「全島エイサー」、10月「那覇まつり」の中止が決定。まぁこの3つは営利目的要素が強いので個人的にはどうでもいいですが、秋の産業まつりと離島フェアは情報源でもあったので2年連続で実質中止は厳しい次第です。

ちなみに10月の「産業まつり」と11月の「離島フェア」もオンライン開催はあるものの、ハッキリ言って「どっちらけ」。Amazonで買えばいいじゃん!レベルです。リアル開催も制限付きでありましたが、こちらもハッキリ言って「最悪レベル」でしたしね。やっぱり沖縄の物産を一堂に会した「奥武山公園」で開催しないと意味がありません。

那覇だと奥武山公園が盛り上がる日が復活するのははたして何年後か…(今の沖縄の危機感無さだと一生復活できない雰囲気)


その前に、祭事の有無に関係無く「島行きたい」・・・・・・・・・・・・・・

posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/15-13:39 | 沖縄離島情報

沖縄は未だ台風のしっぽの影響あり!そして本土はダブル台風状態?




すでにツイッターではアップ済みですが今朝の東の空。那覇は夜明け前に猛烈なスコールがあったようで、路面はずぶ濡れどころか池になっているような状態でしたが、夜明け時間になると北東の空が晴れていて、キレーな朝焼け。逆に南西の空は真っ黒で、今にも雨が降りそうな感じ。でも日の出後は南西の空も晴れてきて、よーーーやく台風14号のしっぽから解放されたかも?

しかし雨雲群の動きが「西から東へ」ということは、沖縄はまたしても台風の内側に入ってしまった可能性あり。台風14号は未だに沖縄の北の海域に停滞しているので、沖縄も当分は台風のしっぽに振り回されそうです。今朝も那覇は夜明け前のみのスコールで済みましたが、宮古・八重山は夜明け後も局地的な雨が降ったり止んだりと超不安定。まぁ実際に雨が降っている時間は短いので、天気を読めば雨はそんなに気にならないものの、台風のしっぽは読みにくいので今週はもうしばらく台風のしっぽに翻弄されそうです。

その台風14号。動きませんな〜。むしろ停滞したため、消えかけていた雲が復活して、台風としてもふたたび発達しているような・・・(机上の数値は知りませんが雲を見る限りは明らかに発達中)。でも本土は台風14号の間接的な影響で、四国南に別のプチ台風が出現しつつあるんですよね。

本気で本土、大丈夫かな・・・(台風14号よりプチ台風の方がヤバそう・・・)

でも沖縄も別の意味で他人事ではない状況になりつつあるんですけどね。台風14号のしっぽはいつものことなので慣れっこですが、9月と言えば台風シーズンピーク。そしてその年の台風は同じ場所で連続して発生して、同じような進路を通ることが多くなるのですが、まさかの台風14号発生ポイント近くに昨日から気になる雲あり!米軍情報にはまだありませんが、昨日の夜でヤバそう状況で、今朝になっても消えずにさらにヤバそうな感じになっています。

台風15号になるか否かはわかりませんが、沖縄としては本土近海の台風14号よりも、フィリピン近海の気になる雲の方を警戒した方がいい状況になりつつあります。さらに東の沖に気になる雲もありますがので、今週末以降は台風14号はそっちのけで、この気になる雲2つをチェックしたいと思います。

とにもかくにも本土は実質「ダブル台風」状態なのでご注意くださいね・・・(他人事で申し訳ない)

typhoon20210915-no14.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/15-07:55 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲