ページの先頭へ△

2022年07月15日

小旅行中止!常識的に今の沖縄は移動制限すべきレベルなので…

実は今日明日で1泊のみですが小旅行する予定でしたが、沖縄コロナが悲惨な状況で、どこへ行っても嫌われる「沖縄からの来訪者扱い」になりますし、何より全国的にもコロナが爆発的に感染拡大していることもあって、昨日中止を決定しました。まぁ「今行かねばならない」訳ではありませんので、この夏は諦めて秋以降にリトライしたいと思います(海の日連休〜夏休み期間は無理なので)。

ってことで今週末は超暇!360度動画の編集でもやってようかな〜?

でも沖縄県民って「ねばならない」ではなく「したい」だけで行動するから、日本最悪コロナになるんですよね。沖縄に長年住んでいると、リアルにこの傾向が分かります。中でも無能沖縄県知事はこの日本最悪コロナになっている状況で、平気に沖縄県外へ出張しますからね。フツーなら、この事態を考慮して出張を取りやめますが、「出張したい」だけでこの暴挙に出ますからね・・・

なのでせっかくのオフの週末も、外出は怖くてできませんので、やっぱり映像編集するしかないかなw

でもおかげで?時間があるから今日の朝ランの際も、時間をかけていろいろ撮影してきました。満月、サガリバナ、朝焼けと、早朝から画像てんこ盛り。まぁできれば旅先で撮影しまくりたかったですけどね・・・。ただ今回の小旅行中止も、2022年前半にそこそこ旅できているので、今回の旅も「したい」けど「ねばならない」訳ではありませんからね。

photo20220715x9.jpg

ってことで個人的な2022年の夏は、小旅行中止で終わりました。なにせ海の日連休以降は混雑もさることながら、沖縄コロナが地獄レベルまで拡大すること必至。そして9月は台風シーズン。自由に行動できるのは10月以降ですね。その頃までに沖縄コロナが落ち着いていればの話ですが・・・

はぁ・・・

posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/15-07:42 | 小 旅行

2022年07月14日

水中360度撮影に浮力調整器「STAYTHEE」必要?0円で同じことでけた!(かも)



リコー、水中で浮く360度カメラ向け浮力調整器「STAYTHEE」--魚の浮袋の原理にヒント
- CNET Japan https://japan.cnet.com/article/35190386/



昨日、こんなニュースがありましたが、ちょうど水中360度撮影をしたばかりで、まさにリアルタイムな話題。しかしこの「STAYTHEE」、1個5万円とカメラ本体より高い!カメラ本体に水中ハウジングも含めて買った日には、13万円とか15万円もします。そもそもこの「STAYTHEE」、水中での浮力(浮き沈み)は調整できても、波の流れ(位置)は調整できません。なので常に波や流れがある海だと全く意味が無い気がします。

実はほぼ0円で似たようなことをできることを既に実験済み!その方法とは・・・

カメラに重しを付けるだけ!

実際にやってみたのでリアルな話です!

正確には水中ハウジングにストラップを取り付け、そこに重しを付ける方法。浮力で浮き上がらず、波でも流されないように重しを付けて実験してみました。その結果は、この「STAYTHEE」のような撮影ができていると思います。

ただし流れが強めな日だったので、重しを起点にストラップが大きく揺れてかなりゆらゆらした映像になってしまいました。酔いそうなレベル。さらにカクレクマノミのコロニー近くに設置も、防水ハウジングで影になる部分にクマノミコロニーがかかってしまい、カクレクマノミを見るにはかなりいらつくアングルになってしまいました。といっても自然の波なので揺れを調整できるわけもなく、カクレクマノミを見る上ではイマイチかもしれません。でも水中での臨場感は十分味わえると思います!
(カクレクマノミコロニーは映像正面の左下)

ちなみに「STAYTHEE」は自分の泳ぐ姿を撮るため的な使い方を推奨していますが、私は逆に映り込みたくないので、今回の実験では「自分消しのモザイク処理」を苦労して全編に施しました。

とにかくカメラがゆらゆら動いてアングルがちょこまか変わるので、モザイク位置もそれにあわせて変えなければならず、しかも不規則な波による動きなのでどこへ動くか予想ができなくて編集が大変でした。当初は水中でも映り込まない場所に隠れればいいかな?って思っていたものの、水中には意外と隠れる場所がない。さらに隠れられたとしても、逆にカメラをチェックできないので、万が一でも流されたらと思うと、結果的に映り込まざるを得ませんでした。でもモザイク処理前では自らの映り込みはバッチリ撮影できていて、自撮りしたい人にはおすすめかも?

ってことで結論!

浮力撮影は「STAYTHEE」なしで0円で可能!

でもこの撮影。実際はかなり苦労しましたけどね。素潜りの短い時間で「海底から重しを拾い→ストラップを取り付け→狙った場所に置く」をしなければならず。まぁ撮影している間は水面で呼吸ができるものの、設置までは水中深くに潜り続けなければならないので大変でした。逆に回収は重しを取っちゃえば意外とスムーズ。その設置までと回収部分も実際は撮影されていますが、もちろん編集でフルにカットいたしております。

設置も回収もそれほど大変ではなかったものの、重し探しが大変でしたね。次回はウエイトを持参して行った方が無難かな?(その次回が何時あるか否かが問題ですが・・・)

実際に360度カメラに重しを付けて撮影したもの


(カクレクマノミコロニーは正面左下・正面右上モザイクが撮影者w)




posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/14-11:15 | 360度画像/動画

心地よい満月も空気感はイマイチ。沖縄本島エリアは暑すぎる・・・

moon20220714.jpg
今朝は正真正銘の満月。といっても夜の月ではないので、月の模様は天地逆ですけどね(早朝満月派なので個人的にはこれが何時もの光景)。実は昨日の夜もチャレンジしたものの、ちょうど建物の影に隠れてしまって断念。早朝だと西の空に月が望めるので、西岸の那覇だと早朝の方がいい感じの月が望めるんです。天気にも恵まれて、約1ヶ月ぶりの月を望めた次第です。

ただ今朝は気温も湿度も高めで、空気感は1年で最も暑い8月頃の感覚。那覇で最低気温28度超は本気で勘弁して欲しいものです(平年は27度台)。さらに今朝は湿度も高めで90%超のじめじめ。風もないし、夜明け前から重々しい空気感の沖縄。

そもそも昨日の日中も、那覇で今年最高の「33.5度」。平年より1.6度も高いです。さらに昨日は久米島では「34.0度」まで上がり、なんと沖縄全体で最も気温が高かったとのこと。こちらは平年より2.1度も高く、7月としてはあり得ないほどの気温だったみたいです。ちなみに沖縄の観測史上最高気温は下地島の36.1度で、那覇だと35.6度なので、いかにこの34度台とか33度台が高いものか分かります(観測史上最高が40度だとすると実質38度レベル)。

そしてこの夏の暑さの傾向からすると、なんか2022年は「観測史上最高気温」を記録しそうな気がしてなりません・・・
(そーいえば梅雨時期に「2022年は冷夏」という話もあった気がw)


とにもかくにも暑さもさることながら、ここ最近の沖縄はクールダウンになるスコールすらないですね。まぁ夏の沖縄は基本「クールダウンは台風のみ」なので、通常のスコール程度では気温が下がらないばかりか逆に湿度が上がるだけ。その台風もマリアナ諸島南近海に気になる雲はあるものの、米軍情報にもないものなので、当分は期待できそうにありません。

そーいえば7月初旬の台風4号の時は、大した勢力ではなかったものの、いいクールダウンになったな〜(丸1日エアコン使わず)。

ただ台風もスコールも全然なく、そして気温が平年より高いとなると、「海水温の上昇」が気になるところ。海で泳いでも涼しさを感じられなくなるばかりか、海水温の上昇によって珊瑚が死滅。先日の水中遊泳の際は、まだ海水温が上がっていない時期だったので珊瑚も生き生きしていましたが、この夏が猛暑になって台風も少なくなると、海への影響が気になります。まぁそれを見越して早めに泳ぎに行ったのもありますけどね。

まぁこの先の沖縄は海水温上昇以前のレベルですが・・・(世界最悪レベルの沖縄コロナ)

そもそも夏休み期間(海の日連休〜8月末)は一切泳ぎに行くどころか海にも近づかないようにしていますが、個人的に泳ぎシーズン再開の「10月後半」までに、はたして沖縄コロナがどうなっているやら・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/14-05:45 | 沖縄ライフ

2022年07月13日

綺麗な月!しかし早朝しか安心して外の空気が吸えない今の沖縄、いや南西諸島…

moon20220713041417.jpg

そーいえば2022年は月の半ばが満月だった。

朝ラン中の光景。まだ満月前だけど、月が滅茶苦茶キレーでした。しかし朝ラン中なのでスマホしか持っておらず、この程度の撮影しかできなくて残念。黄色い月がホントにホントに綺麗でした。しかも今朝はたまたま那覇でも西岸まで行くコースで、街中だったら気づけなかった水平線近くの満月も望むことができた次第です。

しかし相も変わらず超〜暑い沖縄。昨日の夜なんか午後9時で「30.0度」もあって、なんの?ってぐらいの気温でした。でも昨日は1日空気が乾いていて、気温こそこの夏一番のものでしたが、空気感的には風さえあれば快適。今朝も風がある場所では心地いい空気感も、ランニングでは向かい風あれば追い風あり。追い風の際はほぼ無風状態になるので、ランニング以上に暑さで息苦しくなる状態でした。

でもその最中にあの月を望めると、いろいろな意味で気持ちが楽になりますね。

なにせ昨日の沖縄コロナ。過去最悪どころか、それまでの「2702人/5月11日」を3割(734人・東京人口比5千人)も上回る「3436人/7月12日」でしたからね。「き・ち・ん・と」防疫しているのがバカらしくなる危機感皆無の沖縄県民にウンザリ。正直、今の沖縄で最も安全なのは「観光客」と言っても間違いありません。もしかすると今の沖縄で最も安全・安心なのは「観光スポット」「ホテル」じゃないのかな〜?(どちらも地元は滅多に行かない場所)

まぁ那覇は「東京人口比17293人」でまだマシですが(それでも昨日の東京コロナ11511人を遙かに上回る)、石垣島・竹富町の離島コロナが究極に悲惨。なんと1日で「東京人口比17万人の感染者」レベルです。

東京で「1日17万人の感染者確認」と聞いてどう思いますか?

それが今の石垣島や竹富島・西表島などの状況です!

それでもマスクすらまともにしない沖縄県民!

石垣島コロナ327人・東京人口比64704人
八重山の離島コロナ45人・東京人口比104625人



また奄美群島でも過去最悪コロナで、沖縄ほどじゃないですが「1日東京人口比14000人レベルの感染者」となっています。ちなみに昨日の沖縄コロナは「1日東京人口比25000人レベルの感染者」ですけどね。何度も書きますが、昨日の東京コロナは「11511人」なので、南西諸島のコロナパンデミックがいかに悲惨なのかわかると思います。

那覇での買い物も、地元系のスーパーより国際通りの方が安全だったりしてw(国際通りは地元の人がまず行かない)

今週後半はどうやって沖縄生活していいのやら・・・(リアルに泣きたい)

それでも具体策を一切しない無能沖縄県知事!

ウンザリ・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/13-05:53 | 沖縄ライフ

2022年07月12日

暑い夜はあの場所へ行きたくなる!夜明け前にあの名所へ行ってきた!!

昨日も那覇の平均気温「29.954度」と限り無く30度に近いレベルで、朝晩問わずに猛烈に暑かったです(ちなみに東京は28.116度・熊谷でも29.287度)。まぁ石垣島だと平均気温「30.575度」とゆうに30度を超えていますけどね。

そんな猛烈に暑い朝(夜明け前)は、やっぱりあの場所に行きたくなります。今朝はさらにあの名所まで行って、あの香りを楽しんできました。夜明け前でまだ真っ暗でも、まさに香りに誘われて花が咲いている場所までたどり着けますね。

「サガリバナ」

もちろん那覇の名所といえば「瑞泉通り/馬場通り」

sagaribana20220712040753.jpgsagaribana20220712041002.jpg

通りの至る所からあの独特の甘い香りを感じることができました!

ただ例年ならこの7月中旬は満開レベルのはずも、今シーズンは花付きがあまりよろしくなく、咲いている花も点在している印象。瑞泉酒造前の「サガリバナトンネル」は今シーズンまだ一度も見れていません(もう終わっているのかも?)。

それでも狭い道の両側にサガリバナ並木があるのは圧巻。那覇中心街でもサガリバナ並木がありますが、道幅が広い場所にしか並木はないので、どうしても片側だけの印象。でもこの瑞泉通り/馬場通りは車がギリギリすれ違うことができる道幅しかないので、道の両側にあるサガリバナ並木も近くて絵になります。

ただ残念なのはサガリバナは暗い時間が最盛期。暗い時間に行っても両側の並木を感じる景色はなかなか望めないかもしれませんね。まぁ夜明け直後に行けば良いだけなんでしょうが、その時間になるとどうしても人が増えるので、コロナ対策で夜明け前にならざるを得ない次第です。

できれば石垣島の「たふく農園」「平久保」、西表島の「東岸熱帯雨林」などのサガリバナの名所にも行ってみたいものの、今の石垣・竹富は「日本最悪コロナ」なので、絶対に見に行けませんからね。特に石垣島と西表島は究極に悲惨なので、サガリバナは那覇市街のもので我慢します。それでも花だけなら十分那覇市街でも楽しめますよ〜!

<那覇市街のサガリバナが望める場所>
  • 首里:瑞泉通り/馬場通り
  • 新都心:黄金森公園高台部分
  • 新都心:リュークスタワー前南側
  • 新都心:公園緑化センター前
  • 新都心:天久交差点〜真嘉比交差点(特に佐川前)
  • 安里:安里川沿い崇元寺近く
  • 牧志:マックスバリュ前交差点
  • 旭橋:モノレール駅前図書館側
  • 浦添那覇境界:ナウラ橋公園内


那覇でも他にあるかもしれませんが、個人的に分かる範囲ではこんな感じです。

ちなみに市街地にあるサガリバナの開花時期は長く、5月から9月ないし10月までどこかしらで望めます。そしてピークはまさに今こと「7月中」です。今月中に沖縄で那覇滞在の場合は、少し早起きして上記の場所まで足を伸ばして欲しいものですね。午前6時ぐらいから散り始めますが、午前7時台までならどうにか望めると思います。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/12-05:46 | 沖縄ライフ

2022年07月11日

夏の沖縄はキャンプに不向き。その理由は朝晩でも30度もあるから…

とにもかくにも昨日の沖縄・那覇は暑かった。実際に昨日の那覇はこの夏一番の最高気温(32.8度)でしたし、最低気温も記憶の限りではこの夏一番の暑さ「28.5度」。さらに昨日の久米島は最高気温も最低気温も「沖縄いちばん」の暑さ。最高気温は「33.6度」で、最低気温は「29.4度」でなんと7月の観測史上最高気温。

那覇・久米島など沖縄本島エリアの暑さは、記録的にもこの夏いちばんだったみたいです。

まぁ最高気温は本土に比べれば全然かもしれませんが、平均気温からすると昨日の久米島は明らかに30度超(30.64度)でしたし、那覇も「30.05度」と平均気温が30度を超えていました。ちなみに昨日35.4度を記録した熊谷でも、1日の平均気温は「28.84度」と久米島より1.8度も低いんですよね。この平均気温の高さが沖縄の暑さだと思います。ホント、朝晩でも30度近い気温は生活するにはキツいです(あと湿度も高いのもキツイ)

なので夏の沖縄はキャンプには向いていませーーーん!(リアルにやったことあるので実感)

本土でのキャンプなら朝晩は25度を下回るので、寝るには問題ないと思いますが、沖縄でのキャンプは朝晩でも30度近くあるので、熱気がこもるテント内はもちろんのこと、屋外でも寝苦しく感じるレベル。しかも屋外だと真夏の沖縄は虫だらけなので、別の意味で眠れませんしねw

なので沖縄では真夏のキャンプは避けます!(まず眠れない)

本土の「高原キャンプ」は快適でしょうね〜。ちなみに離島でもこの暑さは変わりませんし、そもそも離島でキャンプ可能なところは数えるほどしかありません。基本、沖縄では自治体などが運営するキャンプ場以外では100%キャンプ禁止ですしね。ビーチや森で勝手にキャンプするのはNGですので注意しましょう(島民に確実に通報される)。

<沖縄でキャンプ可能な離島(記憶の範囲)>
  • 石垣島
  • 西表島
  • 多良間島
  • 宮古島(可能だがしにくい場所)
  • 久米島/奥武島
  • 粟国島
  • 座間味島
  • 渡嘉敷島
  • 伊江島
  • 南大東島


むしろキャンプは奄美の方がいろいろな意味でしやすいですね。気温も沖縄より低めになりますし、何よりほとんどの島にキャンプ場あり。といっても暑いことにはかわりませんので、やっぱり南国は夏のキャンプに不向きですね。。。

10月以降の台風シーズン明けなら暑さも和らいでキャンプしやすくなるものの、あとは沖縄も奄美もコロナ次第ですが・・・

キャンプ自体はコロナだからこそのものなんですが、その島へ行くこと自体が島の人に申し訳なくて抵抗がありますので。2022年も今の状況(沖縄奄美コロナは史上最悪レベルへ一直線)では、今の真夏はもちろんのこと、秋も厳しいかな・・・

camp2020DSC04778.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/11-05:52 | 沖縄旅行/離島旅行

2022年07月10日

水中360度映像公開!バーチャル水中遊泳を楽しもう!!

20220706-dR0010884_ers.jpg

無事にテスト撮影できた「水中360度映像」。ついに公開できるまで編集が終了。まずは水中360度動画1本と、水中360度画像2本を公開いたしました。もちろん360度動画は、スマホで「この360度動画のみを見る」を開けば、端末を向けたアングルに変更可能。まさにバーチャル水中遊泳を楽しめることでしょう。

っといっても素潜りなので息がそんなに続く訳もなく、潜りはじめはカットしているのもあって長さとしては「25秒」と短め。それでも透明度の高い海と豊かな珊瑚礁を、水深1m〜2m部分で水中遊泳できると思います。フィンなしでの水中遊泳なので、スピードもそれほど速くないですし、何よりフィンで海の中をかき乱すことがないので、映像的にもそもそこいい感じだと思います(基本水中遊泳はフィンなしのバタフライ的ドルフィンスタイル)。





ちなみに動画では自分の映り込みを消すことができませんでしたので、怪しげなモザイク処理しておりますw(アングルを後方に向ければモザイクMe)

その代わり水中360度の静止画は、上手い具合に映り込みを消すことができましたが、まずは地上同様に「RITOUCOM」のべた塗りマスクをかけたものを2つ公開。1つは水面から撮影したもので、もう1つは海底から撮影したものです。

なので海底からのものは地上と同様に画像の「下」にべた塗りマスクがかかっていますが、水面からのものは地上とは逆の「上」にべた塗りマスクがかかっています。もちろんそのべた塗りマスク部分に撮影者が映り込んでいる次第です。

そしてよーーーく見ると海底から撮影しているものには、空気の泡がぶくぶく出ている様子がうかがえます。まさに「ソコ」に撮影者がいるというのがわかりますねw









ちなみにクマノミなどを撮影した他の360度画像は、360度カメラのハウジング(防水ケース)が、うまい具合に撮影者を隠してくれていて、べた塗りマスクが要らない映像になりそうです。なのでカクレクマノミやハマクマノミの映像も、べた塗りマスクもモザイクもなしで公開できそうです。

ただし動画になるとべた塗りでも補正でも撮影者を隠すのは無理で、どの動画もモザイク処理は必須になりそうです。モザイク処理のソフトウェアを持っていないので、かなり苦労して水中360度動画にモザイク設定中。それでも今回公開した遊泳動画よりはモザイク範囲も少なめなので、ご期待下さいませ。


とにもかくにも離島ドットコムの360度画像は、水中でもいろいろ展開できるようになりました。あとはいかに島などへ行って撮影できるか否かですね。今の沖縄では撮影そのものよりも撮影場所へ行けるか否かの方が困難ですからね・・・(沖縄本島も離島もコロナ悲惨)。個人的な水中360度映像も、今回のもののみにならないことを切に願う次第です!




posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/10-14:39 | 360度画像/動画

離島ドットコムの360度映像。ついに水中へ!?

Let’sGoIsland〜カクレクマノミx2
letsgodiving2022kakure2.jpg


Let’sGoIsland〜カクレクマノミx3
Let’sGoIsland〜カクレクマノミx3


今週の光景。ついに・・・

水中360度映像!!!

テスト撮影してきました。

無事に撮影できたものの、家に戻るまできちんと撮れているか否か分からないのが辛いところ。なにせ初めての水中360度撮影なので全く想像つきませんでしたが、無事に公開できるレベルのものも撮影できました。っといっても全体の7割は失敗で、ピンぼけとかはなかったものの、撮影する瞬間に魚たちが逃げてしまい、味も素っ気もないものばかりでした。でもクマノミなら同じ場所から逃げないのでどうにかいい感じの光景を撮影できた次第です。

しかも今回は予想外の「カクレクマノミ」を発見。最初の写真は360度補正前のものですが、360度動かせないものの普通の静止画としては魚眼アングルがいい感じ。クマノミの360度映像は後日公開しますが、まずは360度カメラでの水中撮影に成功した旨ご報告いたします。


でも今回は新調したばかりの360度カメラを水中で使うのは怖かったので、先日地面に落として致命的な傷をレンズに付けてしまったものを試しに水中で利用。風景だと気になる傷も、水中だとほとんど気にならなかったので結果オーライ。どのみち傷は修理不能(修理するぐらいなら買った方が安い)もあって、メルカリでたたき売りするしかないなって思っていたものだけあり、新たな使い道が見つかって良かったです。

もちろん今回の写真もそのレンズに傷有り360度カメラで撮影したものですが撮影者本人が見てもわかりませんw

ただ360度映像に補正すると「あれ?」って感じの部分もありますが、どのみち水中だとマットな色合い(均一な色合い)はほとんどないので、カメラの傷なのか水の濁りなのか判別しにくいので、今後も傷つき360度カメラは水中専用で使っていきたいと思います。


ちなみに360度映像は、まだ整理も編集も終わっていませんので、終わったものから徐々に公開できればと思います。また今回の360度映像は、静止画のみならず動画にもチャレンジ。様々な持ち方をしてみたので、ある意味いろいろな映像を楽しめるかと思います。水中360度の静止画も動画も、早ければ今日にも最初のものを公開できればと思います。

そして個人的に360度撮影で気になる「自分の映り込み」。自分の部分をモザイクで隠そうと思っていましたが、静止画については上手くモザイクなしで補正できそうです。ただ動画は全フレーム補正するのは不可能だったので、撮影者部分のみモザイクかかっていますが、基本的に映像の後方部分なので、視点を180度変えない限り気づかないレベルです。


7月後半以降の沖縄はおそらく「史上最悪コロナ」になるので、せめて映像だけでも夏の沖縄をお楽しみいただければと思います。もちろん地上部分の360度映像も順次公開して行きますのでご期待下さいませ。

Let’sGoIsland〜カクレクマノミx2Let’sGoIsland〜カクレクマノミx2


Let’sGoIsland〜カクレクマノミx3Let’sGoIsland〜カクレクマノミx3



posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/10-05:32 | 沖縄離島ドットコム

2022年07月09日

今朝の那覇はこの夏一番の暑さ!涼を求めて水中へ行きたいものの…

・・・がんばって平静を装います。

今朝の沖縄。那覇の気温。今年一番の暑さです(多分w)。今夜になって朝よりも気温が下がるかもしれませんが、今朝の那覇の最低気温はついに28度台。日中は体温レベルまで気温が上がる本土の方が暑いかもしれませんが、朝晩は21度とか22度とかまで下がるだけまだマシです。沖縄は朝晩の最も低い気温でこの28度とかですからね。

でも那覇の観測記録は2017年が凄くて、最低気温で30度近い日が連発。7月でも最低気温29.4度とかでしたし、1年で最も暑い8月には最低気温29.7度と「もう30度じゃん」的な暑さだったのようです。そもそも2017年は那覇の最低気温ベスト10のうち8つを記録。2022年はそれに近い暑さになりそうな気がしてなりませんね(冷夏の噂はいずこへ?)。

あとはクールダウンの台風次第ですが、この暑さになっても気になる雲が少ないので、今年はその台風も少なそうな気がします。それもあって今年は日中も記録的な暑さになりそうな予感がするんですよね。

那覇の観測史上最高気温は2001年8月10日の「35.6度」、沖縄としての観測史上最高は2016年7月5日の下地島で記録した「36.1度」でしたが、ついに沖縄も体温レベルの気温が普通に記録されそうな気がします。確かに沖縄は山がないので本土の猛暑の原因となるフェーン現象が発生しませんが、それでも2022年は記録的な暑さになりそうな気がしてなりません。

やっぱり少しでも涼しい海の中へ行くしかないかなw

ただあまりに地上が暑いと、2017年の時もそうだったのですが、水中もそんなに涼しくならないんですよね。この7月はまだ涼しさもあるかもしれませんが、この暑さが続くと海水温も異常上昇。海なのにお風呂に入っているかのような感覚になっちゃいます。とかく遠浅の海は顕著で、波照間島のニシ浜なんて広大な天然露天風呂状態。ただドロップオフのところまで行くとヒンヤリ感があり、素潜りして深い部分まで行くと心地いい水温ですけどね。

あと流れがある海は海水が滞留しにくいので海水温も低めで心地いい反面、流されるので泳ぐのも大変で体力使う分、涼しさを感じないかもしれませんけどね。

<2017年のリアル波照間島ニシ浜=温かった…>
hateruma2017DSC01541.jpg

ってことで今週末は水中360度映像テストのため、どこかの海の中へ。もう行ったかもしれませんし、これから行くかもしれませんが、結果は明日にでもレポートできればと思います。実際の海水温も含めてお話できればと思う次第です。

ただリアルタイムなモチベーションは超サゲサゲ。無意識に背中が気になってしまいます。。。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/09-05:23 | 沖縄ライフ

2022年07月08日

もはや8月の空気感の沖縄!朝焼けも真夏の色合い

sunrise20220708x1861.jpg

今朝の沖縄。夏の色濃い朝焼け。

しかし空気感は7月上旬ではなく8月の真夏のもの。那覇の最低気温は28度前後。湿度92%。そして何よりキツイのが「無風」。窓を開けても空気が全然循環されません。まぁそれ故に(真夏の空気感故に)色濃い朝焼けになったんでしょうが、とにもかくにも暑いです。

既に8月の気候とすると、もはや気温が下がるのは台風接近時のみ。といっても当分台風は来ないと思いますが、先日の台風4号時はホントにいい空気感で快適だったな・・・

この先、10月中旬の台風シーズン終了まではこの暑さが続く沖縄。3ヶ月もこの暑さが続くと思うとゾッとします。もちろん日中の気温は本土の方が高いですが、朝晩の気温は沖縄よりマシですよね。電気代が気になりますが、この夏は我慢せずにエアコンをできる限り利用して乗り切ることとします。

そーいえば以前、電気代節約のためにネカフェへ行って仕事していたな〜。今考えると、ネカフェ3時間で1000円としても、家でエアコン1日点けっぱなしで100〜200円程度。バカだったな。。。まぁ私が行っていたネカフェは「ソフトクリーム食べホ」だったので、それ目当ての感もありましたけどね(それなら3時間1000円でもお得)。

ホント、先日も書きましたが、今の沖縄で最も快適なのは「水中」ですね。陸上もエアコン効いた建物なら快適のように思われますが、とにかくどこへ行っても寒いレベル。その状態の中にしばらくいて外に出ると、あまりの温度差で気分悪くなるレベルです。程よいエアコンの状態の場所って今の沖縄ではないですね。そういう意味でも安定した水温の水中はホントに快適。

でもその水中も快適なのは今だけ。台風が来ないでこの暑さが続けば海水温は徐々に上昇。今月中にも海水温30度超もあり得ますね。しかも海水温は一度上がると台風が来ない限り下がることはないので、まさに快適な水中は「今だけ」。

早く泳ぎに行って「水中360度映像」の実験したいな・・・

ちなみに水中360度映像は静止画だけではなく動画も実験予定。ただ撮影以上に撮影後の編集に問題点多し。陸上と違って撮影者が隠れることができないので、姿バレしたくないだけにどうやって補正したものかと。。。

モザイク?画像補正?

あとは撮ってみないとわかりませんが、少なくとも通常では味わえない映像を楽しめると思いますので、ご期待下さいませ。まずは海へ行かねば・・・

ちなみに現在の沖縄海域の海水温。宮古・八重山は既に30度超も、沖縄本島近海は、久米島が30度近いですが他は28度前後。奄美に至ってはもう少し低めって感じです。なので宮古・八重山の水中はもうぬるま湯風呂ですが、沖縄本島近海は心地のいい水風呂って感じかも?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/07/08-06:06 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲