ページの先頭へ△

2020年09月24日

産業まつりも離島フェアも中止。無意味なオンラインで代替って…

event2020DSC05454.jpg
沖縄の秋のイベント。10月後半開催の「沖縄の産業まつり」は早々と中止決定。そして11月後半開催の「離島フェア」は、検討中だった開催はやっぱり中止。2月の「花と食のフェスティバル」も中止でしたので、沖縄の「三大グルメイベント」は全て中止決定。

「那覇ハーリー」「那覇まつり」は、どーでもいいので中止でも構いませんが、この3つのグルメイベントの中止は本気で痛いです。

産業まつりでは、揚げたてサータアンダギーと、オキハムの美味しい肉製品を楽しみにしていましたし、何より発売前の新商品を吟味できるいい場所でした。離島フェアも島でしか手に入らないものを、一堂に会して見ることができ、さらに島の人と直接話ができるので、離島情報収集にも役立っていました。


どちらも「オンライン開催」で代替するとの話ですが、全く意味がありません。オンラインで現物見れますか?試食できますか?


そもそもそのオンライン。特設ホームページを作って代替するとの話ですが、そんな急場しのぎの、セキュリティ皆無のホームページで買物なんてしませんよ。そもそも買っても正規の送料かかりますよね。メルカリでもAmazonでも、最近のネット通販は沖縄でも送料がかからないものが多いのに、正規の送料だと小さなものでも600円とか1000円もかかります。産業まつりも離島フェアも単価が低いのに、そのバカ高い送料で誰が買うのさ・・・

そもそもそんなホームページ作らずに、Amazonや楽天にイベント運営団体が「出店」すれば済む話。無駄なホームページに何百万円、何千万円かける意味ありません(どのみち運営団体の癒着業者への発注でしょ?)。それ以前に、オンライン開催なら通年/常時やればいいだけ。イベントじゃありませんよ・・・


ってことで、ままごと(オンライン開催)は勝手に開催してくださいませ。興味ゼロ。


でも産業まつりの県内各地の特産品を一堂に集めた“離島フェア”的な「ありんくりん市」は、大型商業施設(メインプレイス?ライカム?)や観光施設(てんぶす?パレットくもじ広場?)などでリアル店舗での分散開催もするとのこと。開催は10月24日/25日の午前10時〜午後6時。でも本来の奥武山公園に比べて狭い場所での開催になるので、完璧に通常開催より「密」になること必至。

以前、国際通り入口の“パレットくもじ”で、マスクを無料配布する際、密にならないように事前告知をしなかったものの、長蛇の列ができて超密になりましたよね。今回も明らかにそれに近いものになりかねないような気がしてなりません。


密回避なら、通常開催する方がよっぽど確実だと思うんですけどね・・・(会場が広いから)

土日開催を止めて、平日のみの開催にすれば完璧に密は避けられると思うのですが・・・(従来の金土日開催で金曜は圧倒的に空いている)


とにもかくにも、オンライン開催はマラソン大会同様に無意味なのでスルー。ありんくりん市のリアル開催だけ、何処で行われるかを今後はチェックしたいと思います。


沖縄の産業まつりのガイド



離島フェアのガイド



posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/24-12:51 | 沖縄イベント情報

台風シーズン終了の雰囲気?(希望的観測)

typhoon20200924-no12.jpg

台風12号は予想よりはるか沖に進路を変えて、まずはひと安心ですね。あとこの後北上したとしても、台風中心の西側は比較的荒れないので、気象予報士が騒ぐほどの状況にはならない気がします。まぁ今回は雨台風っぽかったので、接近しなければ影響も最小限。まずは安心モードではないでしょうか?でも気になるのは台風の影響がなかった九州。なんかプチ台風的な台風レベルの雨雲群が直撃しているような・・・


気象予報士は気にする必要がない台風12号の情報ばかりを出しているので、ここでは九州直撃中のプチ台風のお話。

気象衛星でリアルな雲を見ると、中心は九州南部になりそうな雰囲気。特に種子島/屋久島の雲が厚くてかなりの豪雨になっているような気がします。またその雨雲群のしっぽが奄美まで伸びていて、特に東岸の喜界島では激しい雨の時間もありそうです。でもこの雨雲群は徐々に東へ移動しているので、あと少しの辛抱かな?問題は九州南部ですが、奄美に比べて雨は長く続きそうなものの、移動性の雨雲群なのでこちらも少しの辛抱(といっても半日とか今日1日)で済むかもしれませんね。

といってもこのまま東へ移動すれば、西日本の太平洋側や東日本でもその影響が出るかもしれません。台風だけを気にするのではなく、西から来る雨雲群にも警戒して欲しい次第です。どっちにしても沖縄への影響は少なそうですが・・・


でも沖縄も台湾北に気になる雨雲群があるんですよね。九州直撃中の雨雲群同様に、西から東へ進むとなると、沖縄本島海域まで来る可能性も!?まぁその前に消滅する可能性もありますが、現段階では沖縄海域で最も警戒する必要があるのは確かです。

ただ他にも気になる雲はいっぱいあるものの、近々に台風のタマゴになりそうなものは、沖縄海域にはなさそうです。日付変更線付近の「95W」もずっと居座っているものの、発達はしていないので、今のところは大丈夫。

そして沖縄は台風の影響がないのに北風のまま。なんか1ヶ月先の10月後半のような空気感。9月後半で台風が近海にいない状態で4日連続でエアコン使用無しは奇跡w

もしかして台風シーズン終了?

もちろん希望的観測ですが、でも今の沖縄が北風なのもさることながら、台風12号が東へ進路を変えたことも含めると、日本海域は秋の気候になっているのかもしれませんね。まぁ沖縄には秋という季節感はありませんが・・・

台風シーズンが終われば暑さも和らぎ、生活しやすくなりますからね〜(泳ぐには寒さを感じるかもしれませんが)。まぁぬか喜びで終わりそうな気もしますが・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/24-09:06 | 沖縄台風/災害情報

2020年09月23日

台風12号。沖縄なら今日/明日は自動休業/自動休校!しかし本土は…

typhoon20200923-no12.jpg

本土の気象予報士もマスゴミも「台風12号」で大騒ぎしていますね。

沖縄からすれば「何を今さら」って感じですが、正直なところ「時既に遅し」。

台風は雨が降る前に全て対策をするのが沖縄では鉄則。本土は既に台風の雨雲群がかかっているので、台風対策をするにはもう遅すぎです(外部回りの対策に制限が出る)。もちろんまだ可能な対策もありますが、完璧な対策をするにはもう手遅れなエリアも多いです。それ故に台風情報はより早い必要があるんですよね。

でも「米軍情報」では、台風12号の進路は本土直撃は避けられそう。房総半島の近海を通過との予想になっています。

といっても、そもそも気象予報士が騒ぐ「台風の上陸」は無意味。

中心から少し離れた方がど真ん中より影響が大きい現実。つまりこの房総半島スレスレの進路だと、逆に房総半島は猛烈に荒れると言うことにもなりかねません。そー言えば、去年の台風15号でも影響が最も大きかったのが千葉だった気が・・・(ゴルフ練習場鉄塔倒壊も千葉)。

また中心の「北側〜東側の90度の範囲/0時から3時の範囲」は、中心から離れていても猛烈な豪雨になるので要警戒。特に本土は河川の増水や土砂災害の可能性があるだけに、この範囲で河川や崖が近い方は、今日明日は高台などに避難した方がいいかと思います。

昨日のブログでも書きましたが、今回の台風12号は「雨台風」のような雰囲気なので、暴風よりも豪雨に警戒が必要な気がします。雨台風の場合は雨雲レーダーで豪雨の範囲をほぼリアルタイムで確認できますので、無駄な気象予報士の御託は無視して、自ら雨雲レーダーで情報収集をして欲しい次第です。

台風の雨の範囲は個人でも予測できます!

台風の雨雲群は台風の移動に伴ってそのまま動きますので、現在の雨雲群と1時間前の雨雲群の位置をチェックすれば、1時間後の雨雲群の位置も自ら予測できます。またおおよそなら、半日後ぐらいの雨の状況も予測可能。

「過去の情報」ばかり垂れ流して不安を煽るだけの気象予報士の言葉は無視して、自ら予測し自ら対策をしましょう!

でもこの状況なら、沖縄だと今日の午後から会社も学校も休みになります(午前は様子見)。そして明日は問答無用で1日休み。しかし本土は「無理して出社/出席」するのが美徳とされていますよね。あれってホントに問題だと思います。台風を舐めすぎです。本土でも沖縄のような「台風時は自動休校/休業ルール」を適用して欲しいものですね。

#午前6時のニュースで公共交通機関が運休なら午前休業休校
#午後0時のニュースで公共交通機関が運休なら午後休業休校

これなら連絡を取り合わなくても自ら判断可能です。でも今日は連休明けだけに、無理しても出社出席する人が多いんだろうな〜。なんで無理して会社や学校へ行くのが美徳とされるのか、今となっては本気で謎ですね。無理して行っても仕事も勉強も効率が悪いだけですし、往復の移動の時間もいつも以上にかかるだけで無駄の嵐。


コロナ禍では在宅勤務で、台風では無理して出社って間違ってませんか?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/23-08:14 | 沖縄台風/災害情報

2020年09月22日

よーやく台風12号認定!雨台風?でも去年の台風15号に似ている気が…

typhoon20200922-no12.jpg

昨日の午前は「日本海域に台風はありません」だった気象庁、午後になっていきなり「台風12号」認定。米軍情報では昨日の早朝の時点で台風認定しており、この半日以上の情報の遅さは台風対策する側としては致命的。台風情報は早ければ早いほど効果があるので、早い段階で出してくれる米軍情報で沖縄はかなり助けられています。

といっても今回の台風12号、沖縄への直接的な影響はありませんけどね。進路が大東島の東沖なのはもとより、既に沖縄本島の緯度まで北上済み。沖縄としてはあとは遠ざかるだけです。むしろ沖縄は台風の西側になるので、北から涼しい空気が入り、ここ数日はエアコン無しで過ごせています。天気も比較的安定し、沖縄旅行する人にとってはちょうどいいんじゃないかな?ただ海はかなり荒れ模様なので、なるべく海に入らないようにして欲しいものです。


しかし台風12号。当初からの米軍予想通り、本土直撃っぽい雰囲気。特に東海から東日本にかけては、かなりヤバそうです。


ただし、沖縄から見ると、今回の台風12号は「雨台風」っぽい。雨雲群の密度はもの凄いですが、渦の巻き方が明確ではないので、暴風より豪雨がメインな台風っぽいです。もちろん今後の発達次第でどうなるかわかりませんが、雨台風なら停電リスクが低いので、「沖縄だったら」楽です。本土の場合は、雨台風でも河川の増水や土砂災害が頻発するので、風台風よりも雨台風の方が被害が大きくなるかもしれませんからね。


なんか去年の台風15号に似ている気が…


2019年台風15号ファクサイ。関東で近年まれに見る大被害をもたらした台風。でもあの台風の時は、台風情報があまりに遅くて、ほとんどの人が「まともな台風対策」を怠った結果であるのは否めません。沖縄から見るとあり得ないほどの甘い対策。その結果がアレですからね…(ゴルフ場のネットを張ったままで鉄塔倒壊とか)。

でも去年の15号は風台風。雨台風と風台風とでは対策方法が異なります。

雨台風だととにかく「水害対策」が全てだと思います。河川の近くや海抜0m地帯では「1階は水没前提」で対策した方がいいと思います。沖縄ならすぐに海に流れる雨水も、本土だとそういう訳にいきませんので「今のうち」にできる限りの対策を施しておくことをお進めします。台風はまさに「備えあれば憂い無し」。常に最悪を考えて準備して欲しいものです。

ちなみに風台風でも意味が無い「養生テープ」は、雨台風だとさらに無意味!

雨台風の場合はやっぱり「土のう」でしょうね。でも土のうは個人で手配できるものではないので、こう言うときこそ「行政」が積極的に動いて欲しいものです。動きが遅い行政だけに、いかに台風情報が少しでも早い段階でもあった方がいいのかが分かると思います。連休明けの水曜日に何処まで準備できるかですね…


ただ、大変申し訳ありませんが、今回の台風12号は沖縄への影響がほぼ無いので、細かい情報は特に追わない予定。お暇な本土の気象予報士が必要以上に騒ぐと思いますが、恐怖を煽る情報は無視して、自ら情報を集めて自ら判断願いたい次第です。雨雲レーダーを常にチェックするだけでも、気象予報士の無駄な情報以上の価値があります。台風時はとにかく雨雲レーダーの情報をリアルタイムにチェックして、雲の動きを把握することが一番の台風対策。

気象予報士と養生テープは無視しましょうw


posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/22-08:20 | 沖縄台風/災害情報

2020年09月21日

米軍情報では台風12号認定!連休明けの本土がヤバイかも?

typhoon20200921-no12.jpg

いつものことですが、米軍から出される台風情報は、実際の雲の動きを反映したリアルなもので、ホントに正確で助かります。それに引き替え気象庁の台風情報は、役人の都合で決められた杓子定規のいい加減な情報ばかりで呆れます。

その結果、2020年の台風情報。米軍では既に14号まで認定しているのに、気象庁ではまだ11号。

この3個の差は、台風情報の精度の差だと思います。机上で台風の規定に乗らなくても、荒れた気象になるのは変わりませんので、気象庁もいい加減に机上の空論ではなく、リアルな雲の動きを反映させたものを出して欲しいものです。まぁ沖縄では多くの人が米軍情報を参考にし、気象庁の台風情報はほとんどアテにしていませんけどね。


気になる台風のタマゴ。米軍情報では台風認定。米軍では14号も、情報が遅い日本では認定されても台風12号扱い(といってもこの台風12号も気象庁の役人が認めない可能性もありますが…)。

台風12号「ドルフィン」
香港の言葉で「白いるか」〜香港を代表する動物の一つ



昨日までの自己分析では、大東島や奄美方面に来そうでしたが、米軍分析ではどうやら本土方面に行きそうとのこと。さらにその本土に今ある別の雨雲群と干渉する可能性もありますね。本来なら西から東へ抜ける本土の雨雲群が、台風12号?の影響でなかなか動けずにいるかと思います。この本土の雨雲群が北上すれば台風12号?と合体したことになるかもしれませんので、本土の方も気象庁の情報はアテにせず、警戒レベルになった方がいいかと思います。

逆に沖縄は台風12号?の西側に位置するので既に北風。乾いた空気が入って今朝は過ごしやすい空気感です。さらに周辺の雲も持って行ってくれているようで、今朝はまさに雲一つない晴天。昨日の豪雨が嘘のような穏やかな陽気です。

しかし天気は良くても台風12号?が近いので、海はシケ気味。沖縄本島海域でも3m前後の波になっています。フェリーなら問題ありませんが、高速艇はギリギリレベル。運行しても大揺れ必至でしょうね。

また北からうねりが入ってきているので、北向き(北西・北東含む)のビーチでは泳がない方がいいと思います。阿嘉島のニシ浜は特に流れが速そうですので、避けて阿嘉ビーチやヒズシビーチで泳ぐことをおすすめします。座間味島と渡嘉敷島には北向きのビーチはありませんが、流れが速い場所では泳がないでいただきたい次第です。


まぁ今回の台風12号?の沖縄への影響は波だけで、特に気にするレベルではなさそうです。問題は本土なんですが、何故に気象庁が一切の警戒情報を出さないのか謎。机上で台風か否かではなく、危険な雨雲群が徐々に本土方面に向かっているのは事実。この情報の遅さが、本土の被害の拡大に繋がっているのは歴然なのに、何故に学習できないんでしょうね…

といっても本土の話。このブログでは沖縄・奄美への影響は追うものの、本土への影響は追いませんので、気象庁などの遅すぎる情報を頼りにしてくださいませwww

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/21-07:50 | 沖縄台風/災害情報

2020年09月20日

今週は北で大東宮祭、南で豊年祭りがある大東島。93Wが気になる…

毎年9月22日/23日は南北ともに大東島が最も盛り上がります。いわゆる「豊年祭」が北大東島と南大東島で同時開催。

北大東島「大東宮祭」
南大東島「豊年祭り」


今年はコロナが気になるものの、今のところ中止などの話はありませんので、無事に開催されると思います。そもそも大東島は入域する手段が限られますので、他の沖縄の離島よりも密になりにくいので、問題なさそうですからね。(島民だけの密なら感染者未だ0なので無問題)

でも連休と重なることもあり、島へ訪れる観光客もいるには居そうですが…

それ以前に気になるのが台風のタマゴ「93W」。タイミング的には豊年祭の前には接近して、当日には影響なさそうな雰囲気ですが、台風のタマゴは動きが読みにくいので、まだどうなるかわかりませんからね。加えてどのタイミングであっても海は荒れる傾向。大東島への船便に影響がありそうです。豊年祭のために島に戻る人もいれば、物資の輸送もあるので、今週の大東島への船がどうなるか気になるところです。

無事に運行してくれると良いのですが…(予定では9/22那覇出航)


StopTravel2020〜南大東島
stop2020goto2021daitosouth.jpg


GotoTravel2021〜南大東島
GotoTravel2021〜南大東島




posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/20-11:15 | 沖縄離島情報

93Wヤバイです。台風にならなくても台風レベルの影響あるかも?

typhoon20200920-puti.jpg

昨日のブログでも書きましたが、米軍情報で再認定される台風のタマゴはヤバイというセオリー通りになってきそうです。

気になる雲こと「93W」

消滅どころか明らかに渦巻く雨雲群に発達。しかもイヤなことに、奄美・大東島がある西寄り進路へ。まだ那覇はほぼ無風ながらも南風ですが、もしこれが北風に変わったら、確実に93Wの影響が来ている証拠。既に大東島は北風に変わっていますので、既に影響が出てきている証拠。

さらに西から猛烈な雨雲群。

沖縄本島北部もその雨雲群がかかりそうですし、奄美は直撃の恐れあり。つまり奄美については西から猛烈な雨雲群、東からは台風のタマゴ「93W」が接近と、完全にサンドイッチ状態。まぁ先に西からの雨雲群が来て、その後に台風のタマゴの影響という感じでタイミングはずれると思いますが、今日以降の不安定な天気は確実。

連休ですが、この先の天気にはお気をつけを。海も複雑な流れになり、明日以降は大荒れになるとのこと。また無謀で無茶な観光客が事故を起こしそう…。この連休での沖縄・奄美の海はできれば泳がず、見るだけにして欲しいものです。

とにもかくにも今後の沖縄・奄美は「風向き」に要注意!北風に変わったらヤバイ証拠。

でも沖縄に住んでいる身からすると、台風でも台風のタマゴでも良いから、クールダウンの雨が欲しいところもあります。なにせ最近の沖縄、特に那覇はほとんど雨が降っていませんので、町中に熱がこもっている状態。昨日の夜明け前にスコールはあったものの、中途半端なもので気温下がらず湿度のみ上昇。

せめて平年並みまで気温を下げて欲しいものです…(昨日の最高気温32.2度/平年29.8度)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/20-06:31 | 沖縄台風/災害情報

2020年09月19日

台風のタマゴ91Wが93Wとして再認定!でもそれ以上に怖いのが…

typhoon20200919-puti.jpg

米軍情報で台風のタマゴが再認定されるときって、その後台風になる可能性が高いんですよね・・・

このブログでは既にチェック済みのマリアナ諸島近海の「91W」。昨日、一時的に米軍情報から削除も、徐々に雲が集まり昨日の夕方にはかなり渦巻く雲になり、そして今朝は「93W」として再認定されてしまいました。ただ93Wに認定されると同時に、雲が一部切り離されて停滞。北上している93Wは少し小さくなりましたが、反面、気になる雲が2つになってしまいました。

はたして93Wは今後どうなるか!?
(なんか本土方面へ?)

さらに日付変更ライン近くの気になる雲も「92W」に認定。こちらもチェック済みでしたが、図の外側にあるものなので描くに描けずにいました。でも米軍情報で警戒レベルになったので、続けて警戒していきたい次第です。

でも今のところ気になる雲はどの雲も小さめなので、そのまま消滅って可能性もあるから気が楽です。逆に沖縄海域は雲が全く無く、とにかく暑い。今朝も風速1m/s台とほぼ無風ですし、深夜にスコールがあったみたいで(路面が濡れていた)、今朝の那覇は湿度94%と超蒸し蒸し。

なんか8月の方が風があった分、まだ快適だった気がする最近の沖縄。まぁ今日から連休なので、沖縄へお越しの方には都合が良い暑さかもしれませんが、かなりヤバイ暑さなので熱中症対策は万全にしてお過ごしください。そしてできれば沖縄の地元の人が集まる場所に、観光でお越しの方が来ないで欲しい次第です(地元系スーパーとか)。

まぁ感染率からすると、沖縄の人の方が危険なんでしょうが…

せめて観光客は「沖縄でも常時マスク着用」を切望する次第です。なんで本土では常時マスク着用で、飛行機内でもマスク着用で、飛行機を降り立った瞬間にマスクを外すのか、未だに理解できません。沖縄へのウイルス持込もさることながら、感染率の高い沖縄でマスクをしないことはジサツ行為でもあるのですが…

沖縄の全国ワースト感染レベルの原因は、海の日連休前後での本土からのウイルス持込であることは明白。この4連休で第三波が起こる可能性もあるので、本気で「沖縄でも常時マスク着用」を切望する次第です。

マスク着用がイヤなら沖縄に来ないでください!!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/19-08:28 | 沖縄台風/災害情報

2020年09月18日

4連休の沖縄はヤバイぐらい暑いかも?台風の心配は…

昨日の夕焼け

sunset20200917.jpg

今日の朝焼け

sunrise20200918.jpg

連日、空の色がとっても濃かった沖縄。昨日の夕焼けも、今日の朝焼けも、彩度が高いいい色でした。赤やピンクや変化も楽しく、ついつい外に長居してしまいます。

しかーーーし、昨日も今朝も、沖縄の暑さが半端ない。
見ているだけで汗ダラダラ・・・

本来、1日で最も気温が低い早朝で、那覇と宮古島では28度、石垣島では29度超もあって、1年で最も暑い8月レベル。まぁその暑さのおかげで、夕焼けも朝焼けも綺麗に色づいているのですが・・・

そしてこの暑さの原因。

台風11号ではなく、本土を通過中の猛烈な雨雲群によるものだと推測。なにせ本土にある雨雲群は、もの凄い巨大。そこに南から湿った空気が入るとなると、南西諸島でも広範囲で気温が上昇。今日もこのままだと、1日中猛烈な暑さになりそうな沖縄です。

ちなみに台風11号は既に大陸(ベトナム)上陸直前のようで、さすがに沖縄でもその影響はほぼ皆無。フィリピン近海に気になる落とし物はありますが、これも西に抜けているので特に気にするレベルではないと思います。

そして最も気になっていた「91W」はやや減衰傾向。まぁ台風のタマゴは一度減衰後に一気に発達することもありますので、まだまだ油断はできませんけどね。明日の時点で消滅傾向なら安全モード、発達なら危険モードって感じかと思います。

ただ、気になるのはこの91Wのみで、他の雲は今のところ気になるレベルのものはなさそうです。

なので91W次第ですが、明日からの4連休の沖縄は、比較的天気は安定するんじゃないかな?そして暑さもそのまま続きそうなので、まさに真夏の沖縄って感じかもしれませんね。といっても、連休が故に観光客が怖いので、人が集まる場所には行くに行けませんが・・・

でもその連休は外した来週末は少しお出かけの予定あり。詳細は内緒ですが、91Wの影響がなければ、久しぶりの場所へ行く予定です。

デジタルデトックスしてきまーす!




posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/18-08:24 | 沖縄の服装/天気

2020年09月17日

台風11号&プチ台風の影響で超暑い沖縄!



昨日の夕焼け。

昨日は比較的雲が多めの1日で、夕時も雲が多くて色づくか否か微妙でしたが、西の空だけは雲が切れていたので、夕焼けを期待も期待通りに焼けました。でも昨日は日差しが強くて、ピンク色の淡い夕焼けではなく、金色に輝く感じ。まぁこれはこれでいいですが、いかんせん昨日も、そして今朝も、最近の沖縄は超〜暑い!

とにかく風がなく、窓を開けても全く涼を得られません。

おそらくフィリピン西の台風11号と、九州南部に直撃中のプチ台風の影響で、風が相殺されちゃっているんでしょうね。さらにその風も2つとも沖縄としては湿った南風もあって、沖縄は異常な暑さになっているのかも。なにせ石垣島では9月も後半になるのに、最低気温が29度台。真夏の気温です(このままの気温だと9月の観測史上第5位)。

まぁ台風11号は西に進んでいるので影響はそれほど無いと思いますが、問題は本土直撃中のプチ台風。この本土の太平洋側は、ここ数日猛烈な雨雲群の通り道になっていますが、今朝は九州南部にプチ台風直撃。秋雨前線なんて甘っちょろいものではなく、もはや台風レベルの猛烈な雨雲群。でもプチ台風は豪雨のみで風がないから、沖縄だとさほどの影響はないものの、本土だと河川の増水や土砂災害になるので注意した方が良いと思います。

またマリアナ諸島近海の気になる雲が、ついに米軍情報で「91W」に認定。今週末の連休には影響無いと思いますが、来週後半は沖縄でも雲の動きに注意しないといけなくなりそうです。さらにその背後にももう1個気になる雲がありますしね。

まぁ今の日本海域の気象は、沖縄が最も好天で安定しているのかと思いますが、未だに沖縄旅行でウェルカムできる雰囲気ではありません。今週末の連休もあまりに恐怖なので、できる限り観光客が来そうな場所は避けたい次第です。

なにせ沖縄へ来る観光客は、本土と飛行機の中ではマスクするのに、沖縄に降り立った瞬間にマスクしませんからね。あれは恐怖以外の何者でもありません。まぁ今の沖縄の全国ワーストレベルの感染率だと、逆に本土の人の方が被感染しそうですが・・・

typhoon20200917-no11.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/17-08:12 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲