ページの先頭へ△

2020年05月18日

台風1号消滅も残った雨雲群直撃中の沖縄!油断大敵です

typhoon20200518-puti.gif



米軍の台風情報って毎度のことですが、ホントに凄いですね。台風1号消滅も、それ以前に出された予想進路通りに残った雨雲群が進んでいます。先の台風1号の進路図も特に修正することなくそのまま使えました。

ちなみに宮古・八重山近海は既に通過も、台風のしっぽが宮古島にかかっていて、今朝は猛烈な豪雨だったみたいです。宮古島の東部では1時間に40mmもの豪雨でしたし、市街でも1時間に30mmの猛烈な雨。でも既に雨雲群の中心が遠ざかっている八重山では晴れているようなので、宮古島もこの豪雨のあとは梅雨明け状態に戻って、また晴れるかもしれませんね。

むしろ今日は本島が要注意!

既に今朝もスコールレベルの激しい雨になっていますが、今日は元台風1号の雨雲群が接近するので、激しい雨が降ったり止んだりを繰り返しそうです。しかも日中に気温が上がれば雨雲群もさらに発達する可能性があるので、今日の沖縄本島はあまり外に出ない方が良いかもしれませんね。しかしこの本島の雨もあくまで「元台風1号」の雨雲群の影響で、明らかに梅雨の雨の降り方ではありません。

むしろ本土(西日本)が週末も含めて梅雨では?

気象衛星の画像をチェックすると、どう見ても本土の南岸に梅雨前線らしき雨雲群が連なっているんですけどね。週末の豪雨も含めて、少なくとも「九州南部」は梅雨入りしているのでは?もちろん沖縄は既に梅雨明け状態のところも多く、この台風1号の雨雲群が抜けたあとに安定して夏模様になれば正式に梅雨明けかもしれませんね〜(机上の梅雨入り発表からまだ1週間ですがw)。

ちなみに今朝の雨は台風1号の雨雲群によるものですが、この公な梅雨入り発表してからの1週間で雨が降ったのは、今日を含めて「2日のみ」。残りの5日はほぼ雨無しで晴れている日ばかり。梅雨入り発表前の方が確実に雨が多かったです。

まぁこれも毎度のことですがw

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/18-07:37 | 沖縄台風/災害情報

2020年05月17日

滝巡りは雨の時期がおすすめ!でも今年は梅雨入り前の方が良かった?

西表島〜梅雨のピナイサーラ
rainyiriomotepinai2016.jpg


西表島〜梅雨のゲータの滝
西表島〜梅雨のゲータの滝


公な沖縄地方の梅雨入りが発表されると、毎年恒例になりますが急に雨が少なくなるんですよね。今年も見事に気象庁や気象台は的中いたしましたw

梅雨入り発表されてから、雨がまともに降ったのは1日のみ。今朝も台風1号の影響はあるものの、今のところ那覇では雨無し状態です。まぁ昨日は本島でも中北部ではひと雨ありましたが、あくまで一過性の雨で「梅雨」と呼べるレベルではありません。

でも梅雨入り発表前に記録的な雨が多かったので、一時期懸念された水不足はどうにか解消。現在は平年並みのダム貯水率に落ち着いています。

ただ雨が少ないと、沖縄や奄美の滝の水量が少なくなり、水落がイマイチ。といっても現在の沖縄はまだ滝などの観光名所も自粛中になるので、見に行くことができませんが。なにせ森の中を進んで行くので、ツアーなどでは完全に「密」になりますからね。フリーで行っても他のツアー客などと遭遇すれば密になるので、もうしばらくは厳しいかな?

でもフリーで行ける滝なら、早朝などツアーが無い時間を狙えば、密にならずに見に行くことはできそうですが、そもそもその滝がある離島へ行くのが厳しいですからね。現段階では、島の滝はその島に住む方のみが楽しむためのものかと思います。でも、滝も島も逃げたりしませんので、焦らず機会をうかがいたい次第です。

西表島に行きたいな〜

もちろん沖縄本島にも滝は各地にありますが、どこも観光化されていますのでどうしても密になりますし、そもそも時間などの制約があって自由に行くことができません。そういう意味では西表島や奄美大島の滝は観光化されていないので自由に見に行くことができて良いんですよね〜。

まぁ奄美大島の滝は、コロナショック直前に見に行くことができたので良かったです。

落ち着いて離島へ行けるのは何時になるのやら・・・


西表島〜梅雨のピナイサーラ西表島〜梅雨のピナイサーラ


西表島〜梅雨のゲータの滝西表島〜梅雨のゲータの滝




posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/17-12:39 | 沖縄離島情報

台風1号消滅も雨雲群は徐々に沖縄方面へ!

typhoon20200517-no01.gif


台風1号は数値上は消滅。といっても雨雲群が消えたわけでは無く、徐々に台風1号にともなっていた雨雲群が北上中。八重山の南の近海まで来ています。今日はまだ大丈夫かと思いますが、今夜ないし明日以降は強い雨に要注意です。沖縄本島近海にも雨雲群はまだ残っていますので、今日も場所によってはひと雨あるかもしれませんね。

それ以上に今朝の沖縄は超〜暑い!

特に沖縄本島。那覇の最低気温がついに26度台。沖縄本島も宮古・八重山に続いて梅雨明けモードの空気感になっています。空気が肌に張り付く感じで、不快指数がかなり高い。昨日の続いて今日も5月中旬ではあり得ないほどの暑さになっている沖縄です。

そもそも梅雨入り発表後の沖縄。雨が降ったのは1日のみ。あとは雨無しどころか晴れる日が多いです。まぁ毎年のことですが、今年は梅雨前線の存在すら確認できない状態です。むしろ昨日本土に大雨をもたらした雨雲群が本土近海に停滞しており、本土が梅雨では?って状態にしか見えないんですけどね・・・

今後も台風1号の雨雲群が北上するに伴い、本土近海の雨雲群も北上すると、リアルな梅雨が本土に到来しそうな感じです。でも本土の梅雨入りは6月以降という決まりがあるので(笑)、どんなに雨が多くても5月中の梅雨入り発表はないと思います。強いて言えば九州南部のみ5月末に梅雨入り発表される場合もありますが、この5月中旬だと役人の都合で出されることは無さそう。

沖縄も本土ももはや「梅雨」という季節感自体がありませんけどね・・・

さて、そんな梅雨真っ最中の「はず」の沖縄ですが、今日は週1回も買い出し巡り。基本、自力移動なので雨だといろいろ大変ですが、今日も目立った雨は無さそうです。ただ雨以上に気になるのが、緊急事態宣言解除後の週末ということ。危機感の低い沖縄の人が多いので、このコロナショックでも無意味な家族連れでの買物客が多くて本気で困ります。特に「子供」は買物には不要なので、連れてくるのは構いませんが店内まで連れてくるのは止めて欲しい次第です。

なので今日も混まない時間を選んで買い回り。読み通りに混雑を避けられることを願う次第です。

とにもかくにも今日の沖縄は強烈に暑いので、コロナ対策だけじゃなく暑さ対策も万全にしたいですね。マスクが汗で使い物にならなくなるのが困るところですが・・・

タグ:梅雨 台風1号
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/17-06:34 | 沖縄台風/災害情報

2020年05月16日

昨日は驚きの3大ニュース!本土復帰記念日は多くの県民が無関心

正直なところ、沖縄県民の多くは昨日の「沖縄本土復帰記念日」に関して無関心。騒ぐのは、それを利用して自己陶酔したい人(政治家)のみ。昨日も自己陶酔している団体、ならびに昨日は違法選挙活動でそれを悪用する輩も多く、日中の那覇市街はノイキャンイヤホンしてもストレス溜まるレベルでした。

ちなみに無能沖縄県知事も昨日は自己陶酔していましたね。本土復帰と全く関係ない話を無理矢理結びつけて自己陶酔。そんなことする暇あれば、「具体的なコロナ対策/経済対策しろ!」って沖縄県民の多くは思っていることでしょうね(未だに具体的対策ゼロの沖縄県)。


ってことで昨日の本土復帰記念日は個人的にもスルー。それより昨日は、コロナ関連で3つの衝撃的なニュースがありましたしね。

  • レナウン破綻
  • 夏の富士山閉鎖
  • 夏の甲子園中止へ


3つとも今回のコロナの中でもトップレベルの驚きのニュース。

レナウン破綻

最初のレナウンも、もともと経営状態があまり良い企業では無いものの、一応「東証一部上場企業」。いわゆる大企業で、アメフト好きには社会人アメフトチーム「レナウンローバーズ」でも認知している企業でした。なにせアメフト社会人選手権を6連覇しましたからね。まぁそのチームも2003年に解散されちゃいましたが、それでも日本のアパレルとして「レナウン」の認知度は高かったと思います。

それがいきなりの破綻。といっても民事再生に入ったので、完全な倒産ではなく再生への道筋を見いだそうとしている段階です。支援企業が出てくれば再生もできそうですが、今のコロナショックの状態ではなかなか厳しいですね。ちなみにアメフトでは「オンワードvsレナウン」のライバル関係がありましたが、オンワードも業績が悪いものの、いろいろ対策を打ち出してがんばっていますね。

renownbankruptcy2020KC3X015.jpg


夏の富士山閉鎖

世間では緊急事態宣言が解除されつつあり、沖縄でも既に「密」なパチンコ店が営業再開しており、あのウザいネオンが目立つようになりました。しかし本土ではなんと「富士山」まで閉鎖になるとは。しかも「現在」ではなく「夏の登山シーズン(7月と8月)」の閉鎖決定。富士山の場合、五合目までの道路を閉じれば閉鎖可能ですからね。昨日発表があったのは山梨県側の吉田ルートのみですが、静岡側の富士宮ルート・須走ルート・御殿場ルートも追随必至。この夏は富士山に登ることすらできなくなる次第です。

でも富士山は五合目まで車で行かなければ、登山ルートは複数あるので、閉鎖を無視して登山する輩は多そうですけどね。しかも山小屋は全て閉鎖されるので、トイレも補給もできない状態での富士山登山はまさに無謀。またどっかのバカ同様に遭難騒ぎが起こりそう。ただこの富士山閉鎖は、他の山への波及もしかねないのが心配です。夏に海はダメ、キャンプもダメ、登山もダメとなると、アウトドアで何をすれば良いのか悩んでしまいます。

ちなみに沖縄のビーチは、現在閉鎖のものはありますが、どこも夏休み以降は通常解放との予定。富士山は閉鎖で、沖縄のビーチは解放と、なんだかコロナ対応がちぐはぐな感が否めません。正直なところ、沖縄県民としては沖縄のビーチも閉鎖したまま夏を越えて欲しいんですけどね。まぁこちらも管理されていないビーチだと、誰でも泳げちゃいますが・・・

mtfujiclose2020IMGP9562.jpg


夏の甲子園中止へ

個人的にはなんの影響もありませんし、そもそも興味もないですが、高校野球・春のセンバツに続き、夏の甲子園も中止の方向で検討されているらしいです。ニュースになった以上、中止はほぼ決定なんでしょうけどね。甲子園での大会自体は無観客とかで開催可能なものの、甲子園の場合は「予選」が問題。あれを全国で開催するとなると、感染者がいたら全国各地でパンデミックなんてことになりかねませんからね。箱根駅伝みたいに一発予選会というわけにはいかないですからね。

高校野球自体には興味は無いものの、高校3年で最後の大会に参加すらできない選手はいたたまれない次第です。中には甲子園が就活になる選手もいるので、今後の影響が心配になります。夏にこだわらずに秋に開催とかすれば良いのでは?って思うんですけどね。そもそもプロ野球はどうなったんでしたっけ?w(6月開催の話が出たような・・・立ち消えになったような・・・)

koushienstop2020IMGP1886.jpg



ってことで昨日は、沖縄の本土復帰記念日なんか豆粒レベルで、大きなニュースがてんこ盛りでした。それより沖縄でも非常事態宣言緩和のおりで、様々な施設が再開され、不要な外出をする人も急に増えて困っている次第です。今朝のランニングの際も、人が居ない場所と時間を選んで走っていたのに、無意味にたむろする夜遊び集団が居残っていました。

夜のお店の再開はまだ時期尚早だと思うのですが・・・(それを制限すらしない無能沖縄県知事)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/16-11:12 | 沖縄ニュース

台風1号接近の沖縄よりプチ台風直撃の本土の方がヤバくない?

typhoon20200516-no01.gif



昨日の台風情報でも書きましたが、今は「台風1号接近中の沖縄」よりも、大陸から流れてきた「プチ台風直撃中の本土」の方がヤバイと思います。


まずは本土のプチ台風。

すでに昨日の時点で雨雲群は九州北部にかかっていて、今朝は九州にまさに「直撃」。大陸から徐々に南東方向へ進んでいるので、今朝は九州ど真ん中の阿蘇あたりを中心に、猛烈な豪雨になっているようです。さらにプチ台風の特徴で動きが遅く、一度豪雨になるとなかなか収まりません。

沖縄ならすぐに海に流れるので影響は少ないプチ台風も、本土の場合は山も川もあるので影響は甚大。特に下流域では河川の氾濫も懸念されるレベルです。

今後のプチ台風は徐々に東へ移動しそうなので、九州の次は四国での豪雨に要警戒。その後も太平洋側をなめる感じで移動しそうなので、今週末の西日本は沖縄以上の大荒れになりそうです。でも本土が豪雨の場合は、沖縄と違って正確な気象情報が出されますので、どうか災害レベルになる前に避難などの対策を行って欲しいものです。


そして台風1号。

フィリピン縦断中ですが海上では無く陸上を移動したため、中心気圧が「998hPa」のギリギリ台風レベルまで勢力ダウン。フィリピン海域を抜けて沖縄へ接近する頃には、数値上は台風消滅しているかもしれませんね。

しかし数値上の台風が消滅するやいなや気象情報が一切出されなくなるのは、毎回疑問に感じます。あくまで机上の台風として消滅するだけで、雨雲群が消えるわけでは無く、警戒情報を出す意味でも台風情報出し続けるべきだと思うんですけどね。なのでここでは台風消滅後でも台風ブログは更新していきたい次第です。

ただ今回の台風1号は、勢力がそれほどではないものの、雨雲群の範囲は猛烈に広いのが特徴。台風の中心に向かって流れる雲が沖縄近海にも広がっており、宮古・八重山ではその一部がかかって局地的な雨になっている島もありそうです。今後は台風ないし元台風の接近に伴い、沖縄全域でスコールの頻度が高くなってくるのかと思います。

でも台風として消滅してくれれば、豪雨の懸念はあるものの、海のシケはある程度避けられるのは助かります。なにせ今の沖縄は航空便の減便の影響で、物流が完全に「船頼り」。シケて船が欠航になれば物流が完全に停止してしまいますので、どうか海はシケずに雨だけにして欲しいものです。

ちなみにマリアナ諸島近海の気になる雲。昨日、米軍情報でも「97W」に認定されて警戒レベルがアップしたものの、今朝になって雲の範囲はかなり縮小。こちらも完全に消滅してくれることを願うばかりです。


まずは台風1号接近中の沖縄より、プチ台風直撃中の本土・西日本で水害が懸念されるエリアの方は、すぐに影響が及びにくいエリアへ避難しましょう。そしてできる限り外に出ないようにしましょう。コロナで外出自粛でも避難は別物だと思いますので、西日本の方は豪雨への警戒をコロナ以上にしていただきたい次第です。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/16-09:32 | 沖縄台風/災害情報

まるで真夏の朝焼け!暑すぎる那覇は熱帯夜

今朝は台風1号の情報の前に、この朝焼けをご覧頂きたい!

<朝ランの時系列順>


sunrise20200516run053011.jpg



完全に真夏の空の色でした!8月の離島で朝に見るような色鮮やかな空の色。それもそのはず、今朝の那覇の最低気温「25.6度」の熱帯夜。湿度「94%」でもちろん夏の南風。カレンダー見なければ、今朝の沖縄は1年で最も暑い「8月」だと思えるほどでした。しかしもちろんまだ5月のしかも中旬。まぁ観測記録では2016年に「最低気温27.4度」ということもあって、今朝はそれに比べれば大したことありませんが、ただその記録は実質的に梅雨明け後の5月末の話。5月中旬でここまで気温が高いのは珍しいです。

昨日の夜は冷房を使うか否かギリギリのレベル。なにせ夜になっても室温は「31度」とかでしたからね。窓を開けて空気を流れるようにした状態でどうにか就寝できた次第です。

この沖縄の暑さの原因は台風1号ではなく、昨日もチェックしていた本土にある活発な雨雲群による影響です。台風の影響なら北東の風になるはずが、今朝は南風なので本土の雨雲群に流れ込む湿った空気による影響だと思います。沖縄がこれだけ暑いと言うことは、本土の雨雲群が猛烈な証拠。現在九州に直撃中ですが、正直なところ災害レベルの雨雲群のようなので、水辺に近づかないことはもちろんのこと危険を感じる方は早めに高台に避難することをおすすめします。

ちなみに台風1号は徐々に北上中で、外側の雨雲群の一部が与那国島まで到来。ただまだ南風なので台風による直接的な影響はまだ無いみたいです。また沖縄本島は台風1号と本土の雨雲群の中間に位置するので、不安定な天気ながらも雨のリスクは少なめ。

明日以降は台風1号の影響が徐々に出てきそうなので、今日は最後の洗濯のチャンスかなw

そーいえば沖縄の梅雨は行方不明ですwww
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/16-08:23 | 沖縄の服装/天気

2020年05月15日

台風1号はパワーダウン傾向?しかし台風2号の予兆も!?

typhoon20200515-no01.gif



今日は台風情報から!(沖縄本土復帰記念日については今日の状況次第…)

昨日、フィリピン南部に上陸し、雲もかなり小さくなってこのまま消滅?って期待もしましたが、今朝になって復活し勢力戻ってしまいました。でも今後もフィリピンに再上陸しそうなのでこれ以上の勢力アップは無さそうで、沖縄近海に来る頃には台風としての勢力はなくなっているかもしれませんね。

といっても雲が消滅するわけではありませんので、来週以降の沖縄は荒れ模様なのは必至。コロナ同様に台風も見た目の数値に騙されないようしないといけませんね(油断大敵)。とりあえず2011年5月の20万世帯が停電した台風のようにはならなそうなので、少しは気分的にも楽になりましたね。


しかーーーし、既に梅雨明け間際の沖縄ということもあり、次なる台風になりそうな雲が発生!


マリアナ諸島近海に気になる雲が徐々に大きくなってきています。まだ米軍情報にも登場していないので、まだ大丈夫だとは思いますが、雲のサイズが大きいのでかなり気になります。しかもその海域は台風のタマゴが多く発生する場所で、さらにこの海域で発生した台風は沖縄に接近しやすいこともあって、今後もかなり警戒する必要があると思います。

その2011年5月も台風1号は今年のように大したことは無かったものの、同じ5月に発生した台風2号が沖縄直撃して20万世帯の停電になりましたからね。どうしてもその記憶が今年はよみがえる次第です。台風1号が消滅してもこの台風ブログはしばらく続きそうな予感・・・


あと沖縄には関係ないですが、本土の日本海側にも別の活発な雨雲群が徐々に東へ移動中。既に九州北部や中国地方に一部がかかっていますので、今週末の本土は日本海側での悪天候に要警戒です。

ちなみに今週末の沖縄は夏の空気が北に張り出し、沖縄本島でも30度の真夏日になるとの予報も出ています。既に今朝も宮古・八重山では最低気温26度の熱帯夜でしたし、那覇でも24度台とあと一歩で熱帯夜レベル。


今週末の沖縄は気候的にも台風到来としても「梅雨明け後の真夏」って感じになりそうです(でも離島行きはまだ自粛します)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/15-08:00 | 沖縄台風/災害情報

2020年05月14日

5月の台風は珍しくない!2011年は2個接近、1個は20万世帯の停電!?

typhoon20200514-no01.gif



本来、梅雨時期の台風は大した勢力にならず、さらに北上することも滅多にないのですが、現在の沖縄は梅雨明け状態の気候もあって、台風シーズンの時のような状態になりつつあります。

まずは進路。

真夏の台風のように北上し、沖縄へ接近することはもはや不可避の状態になりつつあります。しかもちょっとの進路のズレで、沖縄のどこかへ直撃なんて可能性さえ出てきました。一番ヤバイのが大東島ですが、沖縄本島も宮古・八重山も猛烈な雨雲群が伴う「台風の北側」がかかる可能性もあります。沖縄の危険日は「5月18日」かな・・・

そして勢力。

数値的にも既に「965hPa」まで発達しており、このあとも「950hPa」まで発達。例年の梅雨時期の台風だと発達しても980hPaとかで、ここでも梅雨明け後真夏の状態になりつつあります。さらに気象衛星でリアルな雲の動きをチェックすると、周辺海域の雲を中心に集めてきており、密度が高い雲の塊になりつつあります。もしかすると台風の目が発生するほどの勢力が強い台風になるかも?もはや梅雨ではなく台風シーズンピークの時のような状況です。

さらに影響範囲。

沖縄への接近は不可避っぽいですが、進路次第では本土の太平洋側への影響もあるかもしれません。台風の進路の北側には発達した雨雲群を広範囲に伴うことが多く、本土の沿岸部分を通過しても陸地への影響もあるかもしれません。沖縄の危険日は5月18日ですが、本土も太平洋側のエリアでは「5月19日」以降は警戒した方がいいと思います。

まぁ本土へ接近しそうなら、「SNSで注目されたいだけの気象予報士」が「何年ぶり」とか「何十年に一度」とか連呼して大騒ぎしそうなので、このブログで本土への影響は最低限のみ触れる程度としますw(つきあいきれない)。ここではとにかく「沖縄への影響」に絞って今後もレポートできればと思います。

問題は沖縄への影響。

台風って南から接近する台風は直撃でも一過性の影響で済むのでそれほど気になりませんが、今回のように西から東へ移動する台風は影響する時間が長くなるのが気になるところ。影響する時間が長ければ長いほど「停電」リスクが高くなるので、今回の進路は沖縄としてはかなりイヤな感じです。

ちなみに5月の台風接近はそれほど珍しいものではありません。特に2011年がすごくて、台風1号が5月上旬に発生し、勢力こそ大したことなかった(990hPa)ものの、沖縄本島直撃(直撃とともに消滅)。さらに5月下旬に台風2号も発生し、沖縄を縦断した際は沖縄全体で・・・


「20万世帯が停電」


今回はそこまで猛烈なものではないとは思いますが、2011年は東日本大震災の後もあって印象が強く残っています。そして今年はコロナショックの渦中での台風1号接近。イヤな予感しかしない2020年台風1号です・・・


2011年台風1号の詳細情報(デジタル台風)


2011年台風2号の詳細情報(デジタル台風)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/14-09:12 | 沖縄台風/災害情報

梅雨入り発表後は良く晴れます!昨日も今朝もいい天気過ぎ

sunset20200513s1517.jpg
<昨日の沖縄>

昨日の夕時撮影した写真。たまたま撮れたショット。意外と良い感じでした。そもそも梅雨入り発表2日後にこの光景って・・・w

昨日の夕時は、とにかく晴れすぎて雲皆無。色づく雲が無いから夕焼けはイマイチでしたし、夕日もあまりに強烈だったので、ゆっくり望めませんでした。まぁよくよく考えればあと1ヶ月ちょっと先が「夏至」なので、日の高さからすると7月後半や8月初旬頃の夕日なんですけどね(2020年の夏至は6月21日)。

とにもかくにも天気が良すぎた昨日の沖縄。気温も八重山で29度台、那覇でも28.0度まで上がってふたたび真夏の陽気になりました。でも風が北寄りで、乾いた空気が入り梅雨入り発表前より快適。

なんか梅雨入り発表前の方がよっぽど梅雨っぽかったな〜w

そして今朝の沖縄。相も変わらず梅雨入り発表後はよく晴れます。しかも空気感も爽やかで、梅雨入り発表前の方がよっぽど梅雨の空気感でしたね。梅雨入り発表前は雨が降っていなくても朝の湿度が「98%」とかだったのに、今朝は朝から「70%台」。そして日中も梅雨入り発表前は常に80%以上だったものが、昨日なんかは40%台。

・・・どっちが梅雨なんでしょうねw

おそらく台風接近までは晴れる日が多くなり、台風接近とともに「梅雨」ではなく「台風」による雨になると思いますが、その後はちょっと読みにくいですね。台風接近が梅雨明けを告げることも多いのですが、いかんせん机上の梅雨入りが3日前なので、わずか1週間で梅雨明け発表はないですからね〜ww

ちなみに台風1号。詳細情報は別の記事で綴りますが、米軍情報では沖縄としては最悪コースっぽい。さらに本土への影響も出てきましたので、そろそろ本土の「SNSで目立ちたい気象予報士」が大騒ぎしそうですwww

ここでは淡々と台風情報はお届けしたいと思います。今日の台風情報はしばしお待ちを!

<今朝の沖縄>
sunrise20200514s1522.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/14-07:46 | 沖縄の服装/天気

2020年05月13日

昨日の石垣島。梅雨末期によくある記録的豪雨!観測史上最多

それにしても昨日の石垣島の雨は凄かったですね。なにせ5月としてではなく、1年を通して観測史上最多の雨でしたからね。猛烈な台風よりも激しい雨が、昨日の石垣島では降ったらしいです。といっても「1時間あたりの降水量」ですが、たったの1時間に降った雨は・・・


「126mm」


降った雨のみで、1時間で島全部が足首までの水位になるってことですからね。さらに石垣島には「川」があるので、河川の水量はさらに猛烈なものになっていたのかと思います。でも昨日の豪雨は石垣市街のみで、川平では1時間に「63mm」、北部の伊原間で「29mm」と、石垣島でも豪雨になったのは南部限定のようです。でもそうなると石垣市街と近いエリアにある、竹富島とかはどうだったんでしょうね・・・(竹富島に降水量計/アメダス無し)

まぁ竹富島は集落が少し高台にありますし、舗装路も少ないのでそのまま地面に浸透しそうですし、川も無いですから大丈夫かな。ちなみに八重山の島だと、川が無い島は集落が高台にあるところがほとんどですし、川があったりしても集落は海の近くだったりして、水害は受けにくい構造だったと思います。逆に宮古は山も川もないので治水がかなり悪く、少しの大雨でもすぐに至るところで道路が冠水する傾向。まぁどっちにしても離島なので、本島に比べれば治水は良いとは思いますけどね。

昨日は那覇でも1時間に30mmの雨でしたし、本部では40mm近い雨だったので、本島でも猛烈な豪雨でしたけどね。まぁ机上の梅雨入り発表前の「5月3日」には、渡嘉敷島で5月の観測史上最多の雨がありましたけどね〜(24時間で198.5mm)。

昨日の1時間あたりの降水量(括弧は24時間)

#石垣島 126mm(170mm)
#渡名喜島 51mm(107mm)
#西表島 43mm(61mm)
#宮城島 43mm(82mm)
#久米島 41mm(74mm)
#本部 38mm(99mm)
#那覇 32mm(62mm)



ちなみに沖縄の梅雨末期にはこのような豪雨は毎年あります。逆に梅雨初期にはスコールは多いものの、昨日のような豪雨はあまりありません。その理由は、昨日のような豪雨は夏の空気が沖縄近海まで来ているときに起こるもので、その夏の空気が安定して沖縄にかかれば梅雨明けというわけです。

そしてその夏の空気がもう1つ影響するのが「台風の進路」。

さてさて台風1号の進路はどうなる?


posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/13-12:32 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲