ページの先頭へ△

2019年12月30日

12月30日の朝は夏の沖縄!っていうか梅雨?

12月も今日で30日。もちろん時期的には「冬」。なのに今朝は暑さで目が覚めましたw

まぁ雨モードなので、湿度の高さもあったのでしょうが、朝から21度超・湿度は100%近い沖縄。そりゃ冬用の布団や装いでは暑いですよね。しかもまだ南風なので、高い気温はしばらくそのまま。この風が北風に変わると気温も一気に下がると思いますので、今日の沖縄はその風まで夏模様(梅雨模様)。

今年もあと2日ですが、この冬(12月)の沖縄は、ホントに気温が高い日が多かったです。昨日も南大東島で25度超の夏日でしたし、那覇でも空港エリアで24.0度と、夏模様。反面、八重山は昨日から雨モードなので、沖縄の中でも一番気温が低め。それでも天気が悪いのに、日中の気温は23度とかありましたからね。まさに夏の雨って感覚だったと思います。

12月29日の沖縄は東高西低気温?

#南大東島 25.2度
#北大東島 24.7度
#宮古島 24.1度
#那覇 24.0度
#下地島 24.0度
#多良間島 23.9度
#名護 23.6度



ただし、八重山は最大瞬間風速15m/sの暴風レベルの北風に変わっていますし、宮古も夜半に猛烈な豪雨になったようなので八重山同様にこの後は猛烈な北風に変わると思います。沖縄の天気っていうか正確に言うと気候は、西から半日ズレで徐々に変わりますので、読みやすいです(八重山→宮古→本島→大東)。

ってことで今日の沖縄本島は昨日の八重山同様の天気になりそうなので、基本的に「1日雨」?

でも本島エリアは広いので、久米島・那覇など南部・名護など北部では天気も変わりそうです。那覇は雨雲群の境界線なので、かなり読みにくいですね。止む時間もあるかもしれませんが、運が悪いとずっと雨の場合もあるかも?沖縄の冬の雨は、必ず止むタイミングがあるのですが、今日はかなり読みにくい次第です。

でもそれは既に想定済み!

外出予定(特に遠出)は昨日のうちに全て済ませています。今日は近場の用事のみなので、暴風になる前に外出しておけば、傘も役に立ちますからね。沖縄の冬の雨のあとは、必ず暴風になりますので、外出は雨序盤にするのが無難です。雨が上がりそうなタイミングだと必ず暴風モードになるので、傘は危険ですからね。ビニール傘だと一発で破壊されるレベルw

あとは雨雲レーダーで雨の弱いタイミングを読むこと。コレに尽きます!

そういう意味で、今日は午前の早い時間に用事を済ませるのが無難かな〜?特に年末だからといって買い出しとかするつもりはないですし、まして公設市場なんて沖縄に住んでいて一度も用がないです(そんなところで買わなくても他で買える)。そもそも旧正月がメイン(2020年1月25日)の沖縄なのに、この新暦の年末に買い出しって必要?スーパーも元日は通常営業ですし、特に困ることはありませんからね。

強いて言えばそのスーパーで売っているものが、正月ぼったくり価格なことだけ(笑)。

早く正月モードが終わって、通常の品揃えに戻って欲しいものです・・・

今朝は雨だけど昨日は夕焼け&下弦の月




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/30-06:02 | 沖縄の服装/天気

2019年12月29日

多良間島の朝日の名所は「普天間港」。超穴場です。

多良間島〜朝日名所の桟橋
多良間島〜朝日名所の桟橋


多良間島〜普天間港は名所
多良間島〜普天間港は名所


今年もあと3日。この3日間は、沖縄での初日の出の話題を、綴っていきたいと思います。まずは毎週日曜更新のおすすめ写真。多良間島の朝日の名所「普天間港」の光景です。離島では朝日の名所はいろいろあるものの、個人的にはアクセスしやすく、そして絵になる場所としては、この多良間島の普天間港はかなりおすすめです。

竹富島の西桟橋の逆バージョンで、沖に防波堤はあるものの、滅多に使われない桟橋なので気ままに朝日を眺めることができます。そもそも多良間島の集落から離れていることもあり、ここまで朝日を見に来る人がほとんどいないのがメリット。桟橋上で大の字になっても無問題。なにせ竹富島の西桟橋は、夕時にもなると満員列車のごとく人口密度。ここは始発電車というか回送電車のような感覚で朝日を楽しめます。

離島で朝日の名所となると、どこもアクセスが大変な場所になっちゃうけど、ここなら集落から離れているものの、真っ平らな多良間島なので、自転車があれば楽々アクセス。私は散歩がてらに行きましたが、歩いて行けるのもメリットですね。

なにせ他の離島だと、石垣島だと玉取展望台、宮古島だと東平安名崎と、行くまでが大変。沖縄本島でも知念岬やニライカナイ橋は、那覇から遠いですしね。まぁ多良間島も、そもそも「島まで行く」のが大変ですけどねw

そーいえば最近「離島で」初日の出は見ていないな〜。逆に「離島へ行く途中」に初日の出は見ていることも多かったりww

その初日の出のリアルな情報は、後日紹介したいと思います。

まずは多良間島の朝日の名所「普天間港」の光景をお楽しみくださいませ。
(時期は11月後半のものなので初日の出の時期とそんなに変わりません)


多良間島〜朝日名所の桟橋多良間島〜朝日名所の桟橋


多良間島〜普天間港は名所多良間島〜普天間港は名所




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/29-10:45 | 沖縄離島ドットコム

気温も下げ止まり快適な沖縄。今年最後の日曜。いざ外回り!

sunset20191228.jpg昨日の朝はそれまでの気温から一気に7度も下がった沖縄でしたが、寒さのボトムは昨日の朝までで、今朝はまたしても平年の日中並みの気温に戻っています(今朝19度・平年の日中20度)。でも昨日までの冷たい空気、っていうかコンクリートやアスファルトに貯まった冷気が残っていて、今朝はまだ寒さも感じる沖縄。

でも昨日もそうでしたが、今朝も風がほぼ無風なので、日中の天気が良ければ一気に気温も上昇。今日はおそらく初夏の陽気まで気温が上がりそうな気がします。予報でも今日は沖縄各地で最高気温「23-24度」になっていますしね。

今年もあと3日ですが、この12月は完全に「暖冬」の沖縄。っていうか「冬」というより「たまに寒い初夏」って感じでしたね。

12月の平均気温としては、昨日までで那覇は「19.9度」。平均的には「18度」ぐらいなので、あと3日ありますが平年より高めで終わりそうですね。でも上には上がいるもので、去年(2018年)は12月にもかかわらず29度台を記録したこともあって、平均気温で「20.4度」さらに2016年は、観測史上最高の平均気温「20.5度」を記録。なので今年の冬の沖縄は温暖だったものの、気象予報士が騒ぐレベルではないので、ひと安心です(ウザいのでw)。


ただ、気温が高い時は強い雨が多くなる傾向。さらに今の沖縄は風がないので、この風向きが東風や南風に変わると確実に雨になります。那覇はまだ北風ですが、宮古・八重山は東風。既に八重山では一部の島で雨になっているようですしね。

那覇も昨日の夕時に、綺麗なうろこ雲が望めたので、確実に天気的には下り坂。でも今日はまだ雨は無さそうなので、今年最後の日曜日だけあって、いろいろ外回り予定。バイク(自転車)で爆走してきますw

ちなみにこの時期の天気は、雨だと3日サイクル。雨が2日降ったらその後は晴れる傾向です。那覇は明日・明後日が雨なら、元日は晴れの可能性あり。ただし初日の出は、その雨と晴れの境界線なので微妙ですが、なにせここ6年の初日の出を調べたら、那覇では毎年初日の出が望めていますからね〜(それ以前は私は那覇を離れていたりしてデータ無し)。

今年も無事に初日の出が望めるよう、期待しましょう!

昨日(12/28)の芸術的なうろこ雲の夕焼け





posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/29-06:00 | 沖縄ライフ

2019年12月28日

着々と進む正月準備。やっぱり「沖宮」が一番おもしろい?

okiguu20191227102029.jpg

沖縄で初詣と言えば、一番は奥武山公園の「沖縄県護国神社」で、その次に波之上ビーチ隣の「波上宮」という印象。前者が個人参拝者が多く、後者は法人参拝者が多い印象です。他にも那覇には出雲大社の分社がありますし、さらに琉球八社の内、先の波上宮を含めて「六社」もあるんですよね〜。

波上宮・沖宮・天久宮・安里八幡宮・識名宮・末吉宮

でもその中でダントツで垢抜けているのが、先の護国神社の裏にある「沖宮」。護国神社とは奥武山公園プールを挟んで「100m」しか離れていないものの、相互の道のりは「600m」も離れている、近くて遠い2社です(ショートカットもあるけど)。でも私もそうですが、初詣はこの沖宮と護国神社をセットで行く人も多く、くそまじめな護国神社に対して垢抜けた沖宮との楽しいです。

なかでも参道までの演出が全然違います。

護国神社は特に演出はなく、強いて言えば参道両側に、沖縄のマンネリテキ屋が出ている程度ですが、沖宮と言えばピンク色の提灯がトンネルのように並ぶあの光景が有名。何故にピンク?って感じですが、そもそも冬の沖縄はピンク色の印象があるので、個人的には納得。冬前半はピンク色のトックリキワタが満開だし、冬後半はカンヒザクラが満開ですからね。その両方の花は奥武山公園内でも望めますので、ピンク色は納得ですが実際の理由は知りませんw

ちなみにこのピンク色の提灯トンネルは、奥武山公園駅から壺川駅方面まで約500mも連なっています。特に夜は綺麗なんだろうな〜。

奥武山公園駅から沖宮へ






また大晦日から正月3が日まで、沖宮では普通の神社とはひと味もふた味も違うイベントを開催。大晦日にはラジオの公開生放送をするらしいですし、さらに年越しでダンスパフォーマンスコンテストを開催。年越し後にはお笑いライブなど、他の琉球八社ではあり得ないほど、バラエティに富んだ企画の目白押し。さらに元日には「甘酒」、2日には「黄金餅つき(餅)」、3日には「ぜんざい」が振る舞われます。ホント、沖縄で沖宮だけは「特別」って感じですので、是非とも沖縄・那覇で初詣は沖宮へ行って欲しいものですね〜。

沖宮では大晦日ら年始まで様々なイベント開催





さらに沖宮には小さな神社もいくつか併設していて、さらに山上り(階段有り)までできちゃいます。もしかするとその山の上からなら初日の出も望めるかも?(モノレールの高架次第)。

沖宮は小さな神社も併設





沖宮自体は、モノレールの奥武山公園駅(徒歩5分)からでも壺川駅(徒歩8分)からでも歩いてアクセス可能。もちろん護国神社にも合わせて行けますので、いろいろな意味で沖縄・那覇の初詣ではおすすめです。

ちなみに沖宮以外で、モノレールの駅からアクセスしやすい社はありません。車でアクセスしやすい社はありますが、駐車場がないものが多く、実質歩きでのアクセスが多くなります。中でも「末吉宮」は完全に登山レベルで、誰が正月からあの山昇るか!ってレベルですw(安里八幡宮も猛烈な坂の上)

そういう意味でも沖宮は一押しなんですよね〜。

お帰りは壺川駅へ!帰り道も演出





ちなみに私は、正月に朝ランする際に近くは通りますが、初詣はしたことありません。さすがに本土の地元ならしますが、沖縄の社ではしたことないです。やっぱり初詣は生まれ育った場所でしたいですからね〜。

来年も、初詣スルーして、見学だけにとどめたいと思います。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/28-13:22 | 沖縄イベント情報

2020年の初日の出は沖縄で望めるか?

Facebookページで書いた、台風29号の落とし物も、どうにか消滅傾向になったので、これでよーやく安心して年末年始を迎えられそうです。12月後半に発生した台風29号にも驚きましたが、まさかの落とし物もあってハラハラ。台風情報再開は来年のできれば遅い時期にして欲しいものですねw(冬は勘弁)

ちなみに台風のタマゴが消滅傾向になったのは、沖縄まで冬の空気が南下したのも原因の一つかと思います。なにせ昨日の那覇は、深夜0時台に昨日の最高気温「19.4度」を記録し、その後の気温は右肩下がり。日中でも18度台でしたからね。一昨日(12/26)までは連日25度超の夏日だったので、いきなり気温急降下。でもこれでよーやく平年並みです!

しかし昨日はこの気温急降下に加えて、猛烈な暴風が吹き荒れていて、那覇でも最大瞬間風速「17m/s」、与那国島では「20m/s」という、台風強風域レベルの暴風が吹き荒れていました。風が強ければ海も大荒れで、一部の離島行きの船も欠航したでしょうね。

でも今年の冬の沖縄は、寒さも暴風も1日のみで終わることが多く、今朝も気温こそ16度台まで下がりましたが、風は完全に収まっています。天気的にも朝はまだ雲が多いものの、徐々に雲がとれてきているので、日差しがあればポカポカ陽気になるかも。

そして気になる年末年始の沖縄の天気。今のところ12月30日に雨予報が出ていますが、まぁ冬の沖縄の雨は局地的なものが多いので、多分、気にならないレベルかも?

年末年始は、予報は当てにならないものの、今のところ雨の心配はなく、正月に至っては連日晴れ予報。なにせここ6年間の「個人的な初日の出写真」を調べたら、那覇は毎年初日の出が望めていました(それ以前は正月に沖縄を離れていることが多かったのでデータ無し)。その話は大晦日にでもブログにまとめたいと思いますが、とかく当たらない沖縄の天気予報ですが、正月の天気はこのまま予報通りになって欲しいものですね。

大晦日/元日の沖縄天気予報(WNI・Tenkijp・気象庁)


12月31日 曇り ・ 曇り一時雨 ・ 曇り

01月01日 晴れ時々曇り ・ 曇り時々晴れ ・ 曇り時々晴れ


また来年の元旦も、初日の出目的の朝ラン予定ですが、まだコースは未定。那覇市街でも東側の景色が開けている場所も多いですが、朝ランだと結構な場所まで行けますからね。家からでも見れますが、やっぱり初日の出はそれなりの景色がいい場所で見たいですからね〜。那覇市街だと奥武山公園に近い「漫湖公園」が、地元では初日の出鑑賞で人気スポット。毎年多くの人が見に来ています(私もよく行きます)。

できればニライカナイ橋まで見に行きたいですが、朝ランレベルじゃないですからねw(片道21km・往復でフルマラソンw)。

ニライカナイ橋で見た冬の朝日(写真は2月)





posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/28-08:51 | 沖縄の服装/天気

2019年12月27日

冬の気候になるも平年以上の気温!沖縄の暖冬はまだ続く?

昨日の夕方。晴れ渡っていた空が一気に真っ暗になり、夏のようなスコールがあった那覇。それまで沖縄に夏模様をもたらしていた南風が180度変わって北風に。その風も平均風速で2m程度のほぼ無風だったものが、一気に10m近い暴風レベルに。気温も一気に7度ぐらい下がってしまいました。

それでもまだ平年以上の気温。さらに夕方まで晴れていたので、建物(コンクリート)の中に蓄積されている熱は残ったままだったので、室内は意外と暑かった。半袖1枚で十分過ごせましたが、さすがに今日は長袖必須ですね。

<昨日(12/26)の沖縄の最高気温>
#石垣島 27.0度
#波照間島 27.0度
#宮古島 26.3度
#多良間島 26.3度
#久米島 26.0度
#西表島 25.9度
#南大東島 25.9度
#那覇 25.6度
#粟国島 25.6度
#奄美大島 25.6度
#下地島 25.5度
#北大東島 25.5度



そして今朝の那覇。気温は先の話のように平年よりまだ高いものの、これまでがあまりに夏模様だったので、数値以上に寒さを感じます。さらに最大瞬間風速15mという、台風接近時並みの風もあって、朝ランお休み(ヘタレ)。まぁもともと今日は休養日でもありますし、何より実質的に今日が今年最後の平日で、いろいろやることも多いので結果オーライ。

しかし急激に風が強くなるときは、必ず海も大シケ。今日の沖縄は全域で3〜4mの高波で、離島への船も一部で危ういでしょうね。まぁ冬の沖縄ならいつものことなんですが、ホントこの冬の沖縄は、気候も海も夏模様だっただけに、そのギャップの激しさに戸惑っている次第です。

でも暴風・高波状態でも、いつもの冬のようなどんより曇り空ではなく、晴れ間も期待できそう。まぁ風が強いので、雲の流れも速そうですしね。今日は仕事納めのところも多いので、大掃除にはほどよいかも?ただ沖縄は新暦の正月より旧正月の方がメインなので、どうしてもこの年末年始のお休みに違和感ありますが・・・(旧正月も休みになる沖縄)。1月1日は祝日なのでわかりますが、1月2日と3日が休みになるのは、旧正月も休みなだけに疑問多し。

都合のいいように、旧暦と新暦を使っている沖縄ですw

今朝の沖縄の空模様(暴風w)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/27-07:44 | 沖縄の服装/天気

2019年12月26日

2019年の台風情報、やっと終了!



特に沖縄にも影響無かったですし、フィリピンにも人的影響はなかったようですが、おそらく2019年最後になりそうなので、冒頭から台風情報。今年は、っていうか今年も、沖縄よりも本土の方が台風の影響が多かったですね。

これは確実に「温暖化」の影響で、沖縄海域に台風がいるときはまだ発達前だったことがほとんど。なので沖縄への影響はここ数年少なめ。反面、沖縄を通過後、本土に接近時に急速発達し、猛烈な状態で本土上陸ってパターンが多かった気がします。沖縄ならまだその発達後でも台風慣れしているので、大きな被害にはなりませんが、本土は台風慣れしないないばかりか、台風を甘く見る傾向があり、その結果があの被害に繋がりましたからね。

今年の台風は「天災」というより「人災」がほとんどだったと思います。某ゴルフ練習場の鉄塔倒壊も(台風前にネットを外さなかった)、某タワマンの大規模停電も(浸水対策の不備)、沖縄ならどっちもあれほどのパニックにはならなかったと思います。

でもこれで2019年の台風もおそらく終了。といってももう12月も残り1週間を切っちゃっていますが、はたして2020年はどうなるんでしょうね。特に2020年の本土は、台風シーズンの夏に、オリンピックが開催されますからね。気象だけは人的にどうすることもできませんので、あとは祈るしかありませんねw


ちなみに2019年最後の台風29号。当初の予想通り、フィリピンのクリスマス休暇に直撃。人的被害こそなかったようですが、キリスト教圏の国だけに、多くの人がクリスマス休暇で移動。沖縄同様、島で構成されている国なので、その船移動にモロに影響が出たみたいです。ニュースによると、約2万3千人が何かしらで足止めになったようで、さらに鉄塔が倒壊したり、通信網が遮断されたり、被害はあったようですが、人的被害が今のところはないみたいで、2013年11月の最悪台風のようにならずに済んで何よりです。


そして今朝の沖縄。台風が発生するほどの夏の空気感。今朝の那覇では空港近辺で最低気温「21.7度」と、平年の昼の最高気温以上です。さらに今朝は夏の空気が北上し、奄美群島まで夏の範囲内へ。徳之島の西部では、最低気温「21.3度」と、こちらは平年比「+7.9度」という、とんでもない気温になっています。ただ今朝は本土でも九州など南のエリアでは、平年比+10度なんてところもあるようですが、反面「雨モード」のようです。

ちなみに昨日の日中も、沖縄では夏モードで、特に本島エリアの気温の高さが顕著でした。なにせ昨日は宮古・八重山より、沖縄本島エリアの方が気温が高かったですからね。っていうか沖縄は各地で25度超の「夏日のクリスマス」。

「南半球かよ!」って感じでした。

はたしてこの夏模様はいつまで続くんでしょうね。予報では夏模様は今日までで、「金・土」が冬の気候「日・月」が夏の気候、そして年末年始は冬の気候と、コロコロ気候が変わりそうです。ちなみに年末年始の天気予報は、相変わらず予報期間によって180度違うものが出されているので、参考にすらなりませんが、ここ6年の沖縄での初日の出を調べたら、全部望めているんですよね〜。

その詳細情報は年末にでも、別の記事で綴りたいと思います。

昨日/クリスマスの沖縄各地の最高気温

#石垣島 26.2度
#久米島 25.8度
#粟国島 25.7度
#那覇 25.7度
#宮古島 25.4度
#外地島 25.4度
#西表島 25.3度
#波照間島 25.3度
#多良間島 25.2度
#名護 25.2度


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/26-08:40 | 沖縄台風/災害情報

2019年12月25日

今年のクリスマスの沖縄は「夏」・・・

クリスマスって「冬」ですよね。。。

今年の12月の沖縄。「冬」って感覚がほとんどありません。確かに12月の5日〜8日の4日間のみ、最高気温が20度を下回るレベルでしたが、それ以外は20度を超えるどころか夏日の25度前後になるほどの気温。その12月初旬の寒いときに出した、ストーブや冬服が、その後使われないまま寂しがっています。しかも夜の最低気温も12月後半は高めで、常に20度前後もある状態。平年なら昼の気温です。

そして今朝も那覇の最低気温、今のところ21度台。平年の日中でも「20.2度」までしか上がらないので、今朝は早朝でもはるかに上回っています(平年の最低気温は15.4度)。

北半球のクリスマスなのに、南半球のような半袖で過ごせるXday。まぁ昨日も、日中は波照間島で「27度台」、那覇でも「24度台」と、まさに夏の陽気のクリスマス前日。しかも昨日も今朝も南風。湿度も高めなので、空気感も完全に「夏」って感じです。

<昨日の沖縄各地の最高気温>
#波照間島 27.1度
#多良間島 26.3度
#西表島 26.0度
#下地島 25.9度
#与那国島 25.7度
#石垣島 25.6度
#宮古島 25.6度
#那覇 24.1度
#北大東島 24.1度



しかしさすがの夜明け時間は、冬だけあって遅いです。午前6時台は常に真っ暗。午前7時になって少しずつ明るくなるものの、日の出は午前7時15分前後。西岸にある那覇に至っては、午前7時半ぐらいが日の出の感覚です。先日、本土にいた際は、日の出の早さに感動しましたね〜。反面午後4時台で暗くなるのには戸惑いましたがw(沖縄は午後6時台でもまだ明るい)。

そーいえば今年もあと1週間なので、初日の出も今朝と同じような感覚かと思いますが、本来の冬の沖縄は曇りがちで、初日の出が望める可能性はもの凄い低いです。ただここ最近は、温暖化の影響なのかいい天気のことが多く、今年もいい感じの初日の出、っていうか初朝焼けが望めました。さてさて来年はどうなるかな?


<今年の初日の出/初朝焼けは朝ラン中>


ちなみに最後に台風29号情報。

まさにクリスマスイブの夜に、フィリピン・セブ島に直撃。中心気圧も975hPaと少し強くなりましたし、雨雲群も渦を巻いている状態。リゾート地のセブ島は、まさに「クリスマス台風」になってしまいましたね。どうか大きな被害がないことを願う次第です。またそれとは別に、マリアナ諸島南東の赤道付近に、超巨大な雨雲群がありましたが、もともと南半球に中心があったので徐々に東へ移動。大きな陸地がないエリアなので、どうにかなりそうです。なにせ、そのサイズ、日本だと北海道から沖縄まで全て覆ってしまうほどのものでしたからね。昨日はそのサイズを見てびびりました。(Facebookページに投稿した画像




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/25-06:49 | 沖縄の服装/天気

2019年12月24日

沖縄のクリスマスツリーは意外なところに?Xdayイブ!Xmas前夜?

nourenplaza20191223061802.jpg沖縄には米軍基地があるので、てっきりクリスマスはアメリカナイズされているかと思っていましたが、実際はクリスマスの雰囲気すらあまりありません。もちろん、多少のライトアップは行われますし、スーパーでもクリスマス用の食材ばかりが売っていますが、本土のような「バカ騒ぎ」は沖縄ではありません。その分、クリスマスはどうでもいいと考える人にとっては、普段通り過ごせるので快適でしょうねw

でも国際通り入口のスクランブル交差点にある広場に、毎年クリスマスツリーが飾られます。ただこのツリー、年々小さくなってきていて、今年は街路樹より小さいサイズになってしまいました。その分、本数が増えているものの、「しょぼい」感じは否めません。まぁ沖縄でのクリスマスの盛り下がり具合を反映させているサイズかもしれませんけどね・・・

パレットくもじ前のクリスマスツリー



しかし今年は、意外なところにクリスマスツリーを発見!ツリー自体は大したことないのですが、それと合わせて別のものもライトアップされており、全体としていい感じでした。その場所とは・・・

「農連市場」

えっ?あのボロい市場で?って思われるかもしれませんが、今の農連市場は再開発され、豪華な「箱物」に変わっています。その無駄な箱物の中核となる「のうれんプラザ」の軒先にクリスマスらしくて沖縄らしいクリスマスツリーとイルミネーションを発見しました。

ツリー自体は既存の街路樹をライトアップしただけなんですが、それに合わせて「雪だるま」「熱帯魚」「ウミガメ」のイルミネーションがありました。雪だるまは、沖縄だと違和感マックスでしたが、熱帯魚とウミガメは沖縄らしくていいですね。ともに泳いでいるように中に浮いた形でライトアップされていますし。


しかし、箱物自体には用なし。ライトアップだけ見て回れ右。このイルミネ向かいの大平通り商店街へ。そもそも箱物「のうれんプラザ」は、撮影のために一度入ったきりですけどね。この写真の時も、たまたまこ通りかかっただけで、のうれんプラザがあることすら忘れていました。

農連市場/のうれんプラザにクリスマスツリーが!?




あとは那覇で思いつく場所だと、那覇新都心の「メインプレイス」の2階にありますが、こちらもかなりしょぼいレベル。写真は去年のものですが、今年の国際通り入口のものとサイズは変わりませんね。でも屋根がある半分屋内にあるものなので、これが限界なんでしょうね。

去年のメインプレイス2階のクリスマスツリー




しかし、本土のクリスマスツリー。ホントに凄いですね。先日用事があって本土に数日滞在していましたが、狭いエリアだけでも色とりどりのクリスマスツリーがありました。まぁどのエリアかは写真で分かっちゃいますが、まぁ首都ではないあの場所ですw

前者は室内なのに巨大なツリーでしたし、後者は天然の木を使ったクリスマスツリーで、どちらも沖縄ではお目にかかれないサイズと装飾でした。もちろん、たまたま通りかかっただけでしたが、それでも沖縄では味わえないものを望めてラッキーでした。

本土のクリスマスツリー(っていうかY浜)






今夜はXdayイブ(笑)。個人的には年末で、毎年それどころじゃないですが、のうれんプラザのイルミネが見れただけでも良しとします。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/24-17:58 | 沖縄イベント情報

Xday前日は「下弦の月・朝焼け・朝日」ショーの沖縄!






ホントは別のネタを綴る予定でしたが、朝にこんな景色を見ちゃうと、こっちの話題を書きたくなっちゃいますね。


下弦の月朝焼け、そして朝日


下弦の月は、朝ラン中にも見ながら走っていたの、いい感じなのは分かっていましたが、走り終わった直後にあんな朝焼けまで望めるとは予想もしていませんでした。紫の朝焼けに映える下弦の月が良い感じ。

ちなみに下弦の月も太陽も朝だと東に出ますが、今日の那覇は東の空がほぼ快晴。西に少し雲があったものの、その雲のおかげで逆にいい感じの朝焼けになりました。太陽が出る方向(東)に雲が無く、逆方向(西)に雲があるのは、朝焼けでは最高の状態ですからね。まぁ、今朝の那覇は気温こそ高いものの、空気感は冬の乾いたものなので、夏のように真っ赤になりませんでしたが、それでも十分満足できる空模様でした。

そしてシャワーを浴びてから外を見ると、今度は朝日タイム!

那覇は西岸なので水平線から昇る朝日は望めませんが、首里や識名の高台から昇る朝日も悪くないです。幸い、この時期の朝日は高い建物がない場所から望めるので、今朝の朝日はとてもいい感じでした。朝からこれだけの光景が望めると、今日の景色はもう満腹。そーいえば今日って「Xday」前夜でしたっけ?(Xmasね)

そのためのネタもあったのですが、それはまた別の機会で。

そして最後にバーターで「台風29号」情報w

ここで書かないと他に書く機会が無いので、写真との抱き合わせでレポートいたします。台風29号は北上することなく西に進んでおり、既に外側の雲が一部フィリピンにかかり始めています。この様子だと今日・明日にかけて台風の影響がありそうなフィリピン。勢力的には最も強くなっても「985hPa」なので、大きな影響はないと思いますが、それでもかなり密度の高い雲がフィリピンを通過するので、大雨になる可能性はありそうです。

フィリピンはキリスト教圏なので、クリスマスが重要な日だと思いますが、まさかの台風到来。何事もないように、まさに「祈ります」。




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/24-09:41 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲