ページの先頭へ△

2020年05月24日

沖縄には「梅雨」は無い!もはや「雨季」ですね

それにしてもこの3日間の沖縄各地で降った雨は凄かった。いわゆる「梅雨」の長雨という印象は一切無く、赤道直下の猛烈な雨が続く「雨季」のような感覚の3日間でした。なんと沖縄各地で5月として観測史上最多の降水量を記録。那覇でももう雨は見たくない!というレベルでした。

3日間で降った雨の量

#南大東島 316mm
#北大東島 308mm(5月の記録更新)
#宮古島 234mm
#西表島 223mm(5月の記録更新)
#石垣島 214mm
#下地島 211mm
#多良間島 210mm
#渡嘉敷島 144mm
#南城市 115mm
#那覇市 87.5mm


ただ3日間ともに「1日中雨」ということはなく、何故か早朝と夕方以降は雨が降っていなかったんですよね。日中も午前か午後のどっちかが雨という感じで、実際に降っていた時間は1日の「1/4」程度。それでもこの降水量には驚きです。

その理由は雨雲が渦を巻いて中心付近で猛烈な豪雨になる「プチ台風」が連続して沖縄を縦断していったから。まさに八重山から宮古、本島南部を経由し大東島へ連日進んで行った感じ。結果、そのエリアの累積降水量は記録レベルでしたが、そのラインからわずかに外れたエリアでは雨は少なめ。宮古エリアはモロにそのライン上で全ての島で豪雨でしたが、八重山エリアでは宮古に近い石垣島や西表島では豪雨だったものの、与那国島や波照間島では3日間の累積で「60mm」前後と、まさに局地的豪雨。

もはや「梅雨」ではなく、「雨季」の印象が強かった3日間でした。

そもそも沖縄には本土で言う梅雨のような季節感は無いんですが、無理矢理、気象庁や気象台が「梅雨」と呼んでいるだけのような気がします。沖縄の梅雨時期は、スコールや集中豪雨が多くなるだけで、いわゆる梅雨のような長雨の印象はありません。むしろ長雨は冬の話で、夏は完全に「雨季」って感じです。

雨は激しいが降っている時間は限定されますので、その雨の降っている時間を読み切れば、意外と傘不要。なにせこの3日間、朝ランは毎日できましたし、夕時の外出も傘無しで移動できる時間もありましたからね(日中は外出自粛が功を奏した結果)。

そして今日は台風一過の沖縄になるか否か!?

<昨日の那覇。豪雨モード終了の瞬間>
sunset20200523w1594.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/24-06:00 | 沖縄ライフ

2020年05月23日

徳之島で震度4の地震!雨ばかりに気を取られて油断していた・・・

20200522193719495-23043315.png

午前4時33分、沖永良部島西方を震源とするマグニチュード4.9の地震発生。震源の深さは50kmとやや深く、揺れた範囲も広かったようです。なので最も震度が大きい「震度4」を記録したのは、震源に近い沖永良部島ではなく少し離れた徳之島で記録。その分、北は奄美大島北部から南は沖縄本島南部の南城市まで揺れを観測したようです。

2020年5月23日午前4時33分の地震情報

#徳之島 震度4
#沖永良部島 震度3
#与論島 震度3
#辺戸岬 震度3
#今帰仁村 震度2
#恩納村 震度2
#名護市 震度1
#南城市 震度1
#那覇市 観測無し


<震源>


ちなみに那覇では震度の観測はなく、我が家でも揺れは感じなかったみたいです。しかし南西諸島で震度4の地震はかなり珍しく、特に実際にそれを体験した徳之島の方はまさに「たたき起こされた」のかと思います。同様に震度3でもたたき起こされるレベルだと思いますので、沖永良部島や与論島の方も、今日は無理矢理早起きになってしまったのかと思います。

最近、本土で群発地震(岐阜や東京湾)が多かったので気にはなっていましたが、まさかの南西諸島で大きな地震があるとはね。特にここ数日はプチ台風レベルの猛烈な雨雲群が連日南西諸島を通過しているので、雨に気を取られて地震は警戒していませんでした。まぁ雨と違って地震は全く予測できませんので、警戒しようがありませんが・・・

ちなみに津波の心配はありませんのでまずはひと安心です。

しかし大地震が少ない(地震自体は多い)南西諸島で、震度4レベルの地震が発生すると、地震対策をあまり施されていない建物への影響必至。本土の場合は、常に大地震を想定した建物の造りになっていますので震度4の地震では何も影響ないのですが(本土の設計では常に関東大震災・東日本大震災以上の地震に耐えられるように計画)、沖縄や奄美の建物は建築士から見ても明らかに「地震に弱い」ものが多いです。

正直、これはあり得ないだろ?って建築物も多いです(大地震が来たら一発で倒壊レベル)。

震度4を記録したのは徳之島空港や平土野港がある徳之島西北部。ヨナマビーチやムシロ瀬があるエリアです。あのエリアは崖が多いので、建物以外も気になるところです。そしてその建物も平土野港周辺は、正直かなり老朽化した建物が多いのでかなり気になります。

取り越し苦労であることを願うばかりです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/23-07:26 | 沖縄台風/災害情報

2020年05月22日

巨大なうず巻き発生!今日の雨は梅雨によるものではなかった

typhoon20200522-puti.gif



梅雨にしてはあまりに局地的な雨で、さらにエリアによって風向きが全く違う今日の沖縄。気象衛星と雨雲レーダーから雨雲の流れを分析すると、なんと八重山近海に中心がある巨大な渦巻き状の「プチ台風」によるものであるかもしれないことが判明!

現に那覇は強い東風(最大瞬間風速18m/s)、宮古島は南東の風(最大瞬間風速13m/s)、そして中心に近い石垣島では南西の風で最大瞬間風速は23m/sと、まさに台風レベル。そりゃ雨も激しくなりますし、風も強い訳です。

作図してみてビックリ。ここまで巨大だとは思いもしませんでした。

特に東西方向に巨大で、東は硫黄島、西は台湾どころかベトナムまで雲が伸びています。もちろん現在が最大で徐々にちぎれたり小さくなったりするかもしれませんが、午前の段階でこの雲の範囲には驚きです。

もはや最近の沖縄に梅雨(梅雨前線)はありませんね。完全に「雨季」って感じです。

ちなみに台風同様、中心付近には雲が少ないものの、雨雲群があるエリアの雨は活発。正午前の段階で中心は八重山の北の沖で、中心に近い八重山の島々では激しい雨。中心の東側に位置する宮古島でも強い雨になっているのかと思います。

そして沖縄本島は中心から離れているので雨は激しくないものの、降ったり止んだりを繰り返す状態。でも午前の那覇は雨はあまりなく普通に生活できましたが、午後は湿った空気が入ってきてかなりの大雨になるかもね。

それにしてもデカイうず巻き雲です。下手すると本土の太平洋側まで到達する可能性も?

タグ:プチ台風
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/22-11:50 | 沖縄台風/災害情報

珍しく梅雨のような雨になりましたw

amagumorader20200522.jpg

昨日の沖縄。とにかく雨・雨・雨って感じでしたが、それでも午後は小康状態で外出できる状態。なんだこうだ言って沖縄の雨は止むタイミングが必ずあるんですよね。そもそも昨日の朝は普通に朝ランできましたし、結果的に雨だったのはアメダスでも午前9時〜12時と、午後5時〜7時って感じで「期間限定」だったみたいです。むしろ昨日は宮古島海域に活発な雨雲群が停滞。昨日の日中だけで「100mm近い雨」になったみたいです(那覇は10mm程度)。

また今朝は気温が「20度」まで下がり、数日前の熱帯夜続きの気候から一気に冬の空気感へ。コロナ以前にこの大きな寒暖の差に体調管理が大変です。なにせ連日の熱帯夜(最低気温で26度とか)でリネンも掛け布団も片付けてしまい、インテリアは完全に夏仕様。昨日の夜はあまりに寒くて、冬用の長袖を急遽出してしのぎました。掛け布団は圧縮収納してしまったので、さすがにすぐに出すことはできませんので服装で調整するしかないです。

さらに昨日、瞬間的ではありましたが、那覇市街でも真冬よりも寒い「日中で18度台」。外に出なかったから体感的にはわかりませんでしたが、5月後半で日中に18度台は珍しいです。なにせ先週末の日中は「30度前後」の真夏の陽気が続いていただけに、この日中の10度以上の気温降下はきついです。しかも昨日は、辺戸岬でまだ夕方なのに「14度台」、渡嘉敷島で「15度台」という真冬より低い気温を記録。冷房フル稼働の気候から一気に暖房利用の気候になってしまいました。ちなみに先週末の辺戸岬の日中の気温は「29度」。わずか数日で15度の気温差となった次第です。

そして今朝。夜中にまた雨だったようですが、夜明け前後は雨も上がって一時的に良い感じの空模様。無事に朝ランも雨無しでできました!

しかし今日も南西諸島全域に雨雲群があり、特にまとまった雨雲群が奄美にあって、今日の奄美は強い雨が長引きそうです。さらに宮古・八重山近海には雨雲自体は断片的ですが、1個1個が猛烈なものが点在。その突然の激しい雨に要注意です。反面、沖縄本島は多少の雨はあるものの、あくまで一時的な雨で済みそう。

気になるのは週末の天気ですね。どの予報機関も「金・土・日全て雨予報」になっており、中でも今日の金曜日は「大雨」との表現の予報機関も。しかし実際は先の話の通り、沖縄本島の雨は大したことは無さそうで、むしろ止む時間の方が多そうな感じです。なので土日の雨予報も、実際は「いつも通り」大外れする可能性も高そうですね〜w

土日は買い出しものあるので、雨だと行動範囲が狭くなるから、できればいつも通りの天気予報通りに大外れしてくれることを願う次第ですwww

ちなみに今週末中には天気情報ページのモバイル対応版を公開できそうなので、梅雨時期に役立てばと思います(先行して雨雲レーダー情報システムは完成していますが)。

<雨雲レーダー組み込みシステム>

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/22-08:16 | 沖縄の服装/天気

2020年05月21日

梅雨時期の沖縄は花盛り!昨日の外出中の光景

昨日は1日良い天気で、気温もほどほどで外出するには最適。といってもまだまだ外出自粛中なので、外に出ている時間は最小限。それでも那覇市街の至る所で、キレーな花が咲き誇っていましたね。ホント、沖縄のいわゆる「オフシーズン」的な冬とこの梅雨時期は、どこへ行っても花盛りです。

まずは5月ならではの「月桃/ゲットウ」の花。




まさに至る所で咲いていました。何気ない歩道の片隅から、高架脇の空き地まで、どこへ行っても良い感じの花を咲かせていました。特にゲットウは自生しているものが多いので、時期が合えばどこへ行っても楽しめます。でもやっぱりゲットウと言えば大東島で、この時期島へ行けば島の至る所でゲットウの香りを感じることができますが、来島自粛中なので今年は我慢。

そして5月の花と言えばやっぱり「テッポウユリ」




見頃は5月初旬までなので自生ものは減ってきましたが、軒先に植えてあるものは見頃のものが多かったです。しかも自生ものと違って手入れされているので、真っ白な花が綺麗でした(自生ものは汚れが目立つ)。花の咲き方も良い感じで、まるで「星」のように花開いているものもありましたしね。

そして梅雨の高木の花と言えば「ホウオウボク」



同じオレンジ色の花を咲かせるカエンボクは既に終わりつつありますが、梅雨真っ盛りの時期は街路樹としても多いホウオウボクにオレンジ色の花が咲き誇ります。まだ咲き始めで花は少ないですし、高木なので花が遠くて撮影しにくいですが、天気が不安定なこの時期に咲く鮮やかなオレンジ色の花は、那覇市街でも目立ちます。

そして昨日は真っ白な「スパティフィラム」も!?



個人的に栽培していたこともある馴染みのある花。時期的に今なのか否かわかりませんが、独特の形の真っ白な花がいっぱいでした。しかもこれが咲いていたのは何気ない駐車場の脇。さすがに自生では無いと思いますが、スパティフィラムは同じ場所で毎年必ず咲くので、一度植えて放置したままのものかもしれません。

最後にとっても綺麗なピンク色の花!

flower20200520094540.jpg

あまりに綺麗な色合いだったので見とれてしまいました。最初はなんの花かわかりませんでしたが、5枚の花びらと長いおしべとめしべからすると「ハイビスカス」なんでしょうね。でもハイビスカスの花びらはしわしわのものが多く、ここまで輪郭がくっきりしているものは珍しいので、何の花か分からなかった次第です。何より鮮やかなピンク色のものは沖縄でも珍しいかも?それを何気ない那覇市街で望めるのは、やっぱりこの時期ならではなんでしょうね。


ちなみに海や山などの景色よりも、個人的にはこの「花」を見るのが好き。季節毎に様々な花がありますし、場所によっても変わるので、特に沖縄だと花探しはホントに楽しい。そして5月後半以降はいよいよ「サガリバナ」の時期だな〜o^o^o
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/21-08:29 | 沖縄ライフ

プチ台風が定期的に来るのが梅雨時期の沖縄!

ここ近年、沖縄には「梅雨」という感覚は完全になく、プチ台風的な猛烈な雨雲群が定期的にやって来ます。先日の台風1号直後もまさにそんな感じで猛烈な雨になりましたが、今日もまたそんな感じになりそうです。

プチ台風的な雨雲群は石垣島で1時間に40mm(3時間で60mm)、宮古島で26mmもの猛烈な豪雨をもたらしました。そしてその雨雲群は徐々に沖縄本島方面は向かってきており、朝の段階では那覇は雨無しも、雨雲レーダーを見ると絶望的。朝の状態で今日の沖縄本島で雨が降らなかったらまさに「奇跡」です。

雨雲レーダー表示システム導入!



でもプチ台風の雨は台風同様に「一過性」なので、朝ランも無事にできましたし、もしかすると夕時には雨も収まり、一昨日のような奇跡の夕焼けも望めるかもしれませんからね〜。

ってことで今日は1日出不精予定ですが、雨雲レーダーを常にチェックして雨に備えたいと思います。なにせ降る時は猛烈な雨になるので、ちょっとでも窓が開いているだけで室内がずぶ濡れになってしまいますので。


ちなみに先の雨雲レーダーをページに組み込むシステム。いろいろ調整してよーやく導入にこぎ着けたのですが、しかし完成するや否や、そのサービスが「2020年10月まで」と判明!わずか半年の命のシステムになってしまいました(ToT)

でも別ページで表示させる方法は残るので、今後もピンポイントな場所の雨雲レーダー情報をお届けする際に活用したいと思います。

とにもかくにも今日の沖縄本島は突然の豪雨に要警戒です!

202005210700-00.png
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/21-07:08 | 沖縄の服装/天気

2020年05月20日

昨日は奇跡の夕焼け!熱帯夜からも解放されました



昨日の午後の那覇は梅雨でも珍しいぐらいずっと雨でしたが、夕時もまだ雨が残っていたものの、何故か西の水平線近くだけ真っ赤な夕焼けに。確かに雨雲群があと少しで沖縄本島を抜けるタイミングでしたが、まさか夕焼けが望めるとは思いもしませんでした。しかも周辺が暗くなり始めている中に、鮮やかな赤色の夕焼けは良いコントラストでした。まぁこの色の濃さが「真夏」って感じでしたけどね。

でも昨日は梅雨入り発表後8日目で、よーやく梅雨らしい気候になり、特に午後はずっと雨だったこともあって気温も降下。昨日の夜から今朝にかけて、よーやく平年並みの気温になって快適に過ごすことができました。なにせ梅雨入り発表後は急激に「梅雨明け後」の気候になり、那覇でも連日に最低気温25度超の熱帯夜。まさかの5月中旬で夏ばての一歩手前って感じでしたからね〜。

しかし連日の最低気温25度超から、いきなり21度まで気温が下がると、本来の気候でも寒く感じます。まぁ日中の気温は今日も大して変わらないかと思いますので、朝晩の気温だけの話っぽいですけどね。

それにしても公な梅雨入り発表になってから今日で10日。雨が降ったのはわずか2日のみ。今日晴れれば、晴れた日は6日と、梅雨入り発表前の方がよっぽど雨が多かったですよ〜。毎年公な梅雨入り後の天気をチェックしていますが、ホントに毎年見事に晴れる日の方が多くなりますw

でも今朝は残念ながら朝日も朝焼けも無理っぽいですが、天気的にはまだ雲が多いものの切れ間も多いので回復傾向。平日唯一の外出予定なので、爽やかな陽気の中をいろいろ回ることができればと思います。この時期らしい花が見れたらいいな〜(市街地メインなので厳しいですが・・・)。

sunset20200519x1577.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/20-06:29 | 沖縄の服装/天気

2020年05月19日

全島エイサー中止!ビアフェストも中止?2020年沖縄イベントは…

17E15ABA862245AD81EE0EA555BA871A_M.jpg

毎年旧盆の1週間後の週末に開催される「全島エイサー」

2020年の旧盆は「8月31日〜9月1日」なので、1週間経過後の週末となると、2020年の全島エイサーは「9月11日〜13日」。初日の9/11は道ジュネーなので町中を練り歩く祭事のみですが、9/12と9/13の土日はコザ運動公園で大規模なイベント開催。さらにその土日は同時開催で「オリオンビアフェストinコザ」もあって、コザ運動公園が1年で最も盛り上がる時期でした。

しかし予想はしていたものの、やっぱりこういう結果に!?

「2020年全島エイサーまつり中止」

過去に台風で延期になったことはあっても、完全に中止になったことは無かったらしいです。でもエイサー演舞自体は、各地の道ジュネーで普通に望めるとは思いますけどね。旧盆時期なら、特に離島や本島でも郊外だと、夜な夜な道ジュネーでエイサーの太鼓の音が鳴ったりしています。

今回もあくまで「イベント」としてのエイサーまつりが中止になるだけで、各地でのエイサーを禁止しているわけではないと思います。エイサー演舞自体も、演舞だけあって人と人との距離は離れているので問題無いとは思いますが、イベントの場合はその前の「練習」がなかなかできないというのもありますし、何よりイベント会場に訪れる人が「密」になるので、この中止は決定前から予測されていたことで驚きはありません。

しかし全島エイサーが中止になれば、同時開催されるオリオンビアフェスト中止も必至ということになります。さらに全島エイサー前に開催される石垣島と宮古島のビアフェストも中止は決定的でしょうね。

2019年のオリオンビアフェスト

  • オリオンビアフェストin石垣 7/6(土)→2020年は7/4?
  • オリオンビアフェストin宮古 7/27(土)→2020年は8/2?
  • オリオンビアフェストinコザ 8/24(土)・8/25(日)→2020年は9/12・9/13



2020年の沖縄のイベント。「那覇ハーリー」「糸満ハーレー」も中止ですし、「オリオンビアフェスト」「全島エイサー」も中止となれば、秋以降のイベントも開催は厳しいのかな?まぁ10月初旬の「那覇まつり/大綱挽」はしょっちゅう台風で中止になりますし、那覇市民としては興味もないのでどーでもいいのですが、10月末の「沖縄の産業まつり」と11月の「離島フェア」がどうなるか気になるところ。既に2月の「花と食のフェスティバル」は中止でしたし、2020年のイベントはもう全て諦めた方がいいのかな・・・(涙)

「産業まつり」は屋外開催がメインなものの、企業主体のイベントだけに、自己陶酔の「自粛ポリス」の影響で出店するとイメージダウンに繋がりかねないおそれもあって、「密」以前に開催を見合わせる可能性もありそうです。そして最も楽しみにしている「離島フェア」は、メイン会場が「屋内」ということもあって、開催はかなり厳しそうです。

離島フェアは個人的にも離島情報元にもなっているので、中止はかなり痛い。さらに産業まつりもそこでしか手に入らないものも多いですし、あの激旨の「沖縄製粉・揚げたてサータアンダギー」が食べられないのはきついです。

本来なら2020年はオリンピックの年でもありましたし、個人的にも本島近海の離島に多く足を運ぶ予定でしたが、東日本大震災の年より寂しい1年になりそうです(大震災のあとは応援もかねてあえて東北旅行へ行きました!)

5月の航空券を10月に振り替えたものの、それも危ういのかな?

スカイマークのみ未だにネットからの振替要望に対応してもらえていませんが・・・(LCC/JAL/ANAはネットで振替完了)

<産業まつり 沖縄製粉のサータアンダギー/もちもちポンデQ>

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/19-12:48 | 沖縄イベント情報

気候は梅雨明け後でも花はこの時期らしいものが咲き誇る沖縄!

プチ台風的な猛烈な雨雲群が本土の東日本を通過中ですが、本土の気象情報はここではスルーして、実は台湾北部にもプチ台風に近い雨雲群が発達中。既に宮古・八重山の一部までその影響が広がっていて、一部の島では雨になっているようです。沖縄本島はその雨雲群から距離があるので、今の空気感からすると雨の心配はありません。

しかし昨晩も熱帯夜の25度超の気温で、梅雨入り発表後以降はとにかく暑い。本来の沖縄の梅雨はある程度気温が抑えられて快適な気候なんですがこの1週間は完全に梅雨明け後の気候で暑い日が続いています。

でも花々はこの時期らしいものが各地で咲いていて、今朝はこの時期に真っ赤な花を咲かせる「ラッセリア(ハナチョウジ)」が何気ない道ばたで咲き誇っていました。



ただ夜明け前の光景なので、周辺がまだ暗くて上手く撮影できませんでした。それでもこの真っ赤な花は目立っていましたね。朝ラン中の光景ですが、この赤色に気づいて反対車線まで渡って撮影。できれば日中に行きたいものの、なかなか普段は行かない場所だけにこれで我慢です(不要な外出自粛中)。

でも那覇でラッセリアがここまで咲き誇るのはこの写真の場所ぐらい。他でも望めますが、花の多さはここが一番。しかし街路樹の雑草扱いなので、花が満開でもすぐに刈られてしまうんですよね・・・

<超正確な場所をプロットした地図>


<ストビューでもラッセリア咲き誇る>


でもラッセリアといえば個人的には西表島の「崎田橋周辺」。車ではなかなか気づけませんが、最近の西表島では自力移動が多いので、毎回ここで立ち止まって真っ赤な花を眺めています。夏シーズンならいつでも真っ赤な花を望めるものの、やっぱり今時期が一番綺麗でしたね。ただ今年は西表島どころか石垣島にも行くことができないので、ラッセリアは那覇市街のもので我慢するしかありません。

離島へ気軽に行けるようになるのは何時になるのやら・・・

overlay-iriomote-ir44-0.jpg

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/19-08:08 | 沖縄の服装/天気

2020年05月18日

実は離島の船も大幅減便中!

このブログでは特に書きませんでしたが、実はコロナの影響で航空便だけではなく船便も大幅減便中の沖縄。なので離島行き自粛以前に、そもそも気軽に往来できない状況になっています。基本的には島の人のための必要な船は出し、観光客のための船は減便傾向なので、まさに最低限の船のみでの運行になっているようです。

離島の場合、空港が無い島だと、この船さえ何とかすればコロナ対策になりますからね。観光で島へ行くのは難しいですが、どの島も「来島自粛」ないし中には「来島中止要請」も出ていますので、離島への観光はこの船ダイヤが通常に戻るまで控えましょう!

inarea1280x160_yaeyama.jpg

  • フェリーざまみ 毎週火曜運休
  • 高速船クイーンざまみ 毎週火曜日1.5往復のみ運行
  • 座間味村内航路みつしま 全便運休
  • フェリーとかしき 繰り上げ運行(日帰り不可能)
  • マリンライナーとかしき 全便運休(5/31までの予定)
  • フェリー粟国 偶数日運休(5/18まで運休・以降未定)
  • 久米島へのフェリー 1日2便→1便(5/17まで・以降未定)
  • 伊江島へのフェリー 1日4便→3便(5/31までの予定)
  • フェリーたらまゆう 週6便→火木土3便(5/31までの予定)
  • 竹富島への高速艇 1日13便→3便(5/18以降・終了時期未定)
  • 小浜島への高速艇 1日13便→3便(5/18以降・終了時期未定)
  • 西表島上原への高速艇 1日9便→3便(5/18以降・終了時期未定)
  • 西表島大原への高速艇 1日13便→3便(5/18以降・終了時期未定)
  • 鳩間島への高速艇 1日4便→1便(5/18以降・終了時期未定)
  • 黒島への高速艇 1日6便→2便(5/18以降・終了時期未定)
  • 波照間島への高速艇 1日4便→1便(5/18以降・終了時期未定)




今は島の経済よりも、島の人の健康を第一に考え、不要な離島行きはお控え頂きたい次第です。

そして船のダイヤが通常に戻ったら島へ行って、いっぱい経済活動しましょーーー!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/18-10:56 | 沖縄離島情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲