ページの先頭へ△

2020年03月14日

今日は八重山の海開き!しかしコロナの影響で式典のみ

昨日は沖縄全域で大雨だったものの、八重山では朝のうち、宮古では午前、そして那覇でも正午には雨も上がって天気も回復。しかも雨のあとは北風に変わらず、温暖な気候のまま今朝を迎えています。なにせ那覇でも夜明けまで20度近く、宮古・八重山では22度とかありますからね。先日までは朝で13度とかザラだったので、まさに夏シーズンの気候になりつつあります。

といっても3月の沖縄は日替わりで夏と冬が入れ替わるので、明日はどうなるかわかりませんけどね。でも今のところ今日は夏の空気感。なにせ今日は沖縄で最初に行われる公式な海開きイベントがありますからね。

日本最南端!八重山の海開き

ホテルなどで勝手に海開きを行うところもありますが、公式な海開きとしてはこの八重山の海開きが最初です。でも日本で一番早い海開きは、小笠原で行われる元旦の海開き。まぁあれは正直、無理矢理海開きって感じなのであまり祭事的な意味合いはありませんので、実質日本で最初の海開きはこの八重山の海開きになると思います。

しかも八重山の海開きは、毎年違う島(自治体)で行われ、今年は石垣島での開催(他の竹富町と与那国町)。この毎年違うビーチで行われるのも良いですよね。

そして今年は石垣島の「底地ビーチ」で開催。

yaeyamaumibiraki20200314.jpg



しかし沖縄では感染者が2月20日以降出ていないのに加えて、離島ではまだ1人も出ていませんが、ここでもあの忌まわしい「新型コロナウイルス」の影響が出ています。

海開き自体は開催されるものの、行われるので式典のみ。一般の人を集めて行われる各種イベントは全て中止らしいです。沖縄の海開きと言えば、式典はおまけで、メインは一般の人が参加するイベント。多くの海開きでは、海の中にサザエなどの海産物を仕込んで「宝探し」的なイベントが開催され、地元の子供たちには人気。それが一切なくなるのは残念です。

さらにこの沖縄で公では最初に行われる海開きイベントだけに、今後の他のビーチや島での海開きにも影響必至。八重山の海開きに習う感じで、どの海開きも式典のみになりそうな気がします。まぁ式典だけなら人も多く集まりませんので、感染リスクも少ないですからね。

ただそうなると、海開き以外のイベントへの影響も必至。

4月の「琉球海炎祭」
5月の「那覇ハーリー」


どちらも何万人単位のイベントだけに、中止は必至でしょうね。まぁ開催したら開催したで、イベント主催者がSNSなどで袋だたきになるだけかもしれませんしね。もはや最近のイベント中止は「コロナウイルス感染防止」という建前で、実際は「SNSなどからの批判回避」の意味合いの方が強いですからね。

正直、この夏の東京五輪も「2021年開催かな?」って思いつつあります。
(どのみち見に行く気は無いけど)

4月以降の大きなイベントの開催可否は、週明け以降に一斉に発表されるようですが、正直あまり期待しない方が良いかもしれませんね。2020年はイベントに依存せず、自ら楽しむ過ごした方が必要かもしれません。まぁ個人的にはイベントは秋以降しか参加しませんので、そこまでにコロナが落ち着いてくれることを願うばかりです(最近はビアフェストも行かないので)。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/14-05:35 | 沖縄イベント情報

2020年03月13日

雨の13日の金曜日でも前向きに!

今日は「13日の金曜日」。といっても7ヶ月ぐらいに1回はあるので、年1回ないし2回は確実にある日(2020年は11月も)。さらに仏教系の日本には特に気にならない日ですけど、今日の沖縄はちょっとイヤな感じの朝を迎えています。

豪雨

沖縄全域でかなり強い雨になっています。でもエリアによって降り方が異なり、沖縄本島エリアでは雨の激しさは大したことないものの延々雨が降り続く感じで、宮古・八重山では一過性の雨で済むものの猛烈な豪雨。でも全般的に言えるのは「冬の雨ではなく夏の雨」の印象。夏シーズンの足音が聞こえてくる雨って感じ。

何事も前向きに考えれば、雨でも13日の金曜日でもいい1日になりますよね。

しかし本物の夏シーズンはまだまだ先のようで、日曜以降の沖縄は天気こそ良いものの、気温は真冬よりも寒いとの予報になっています(沖縄の天気予報は気温と晴れ予報だけは参考になる)。

週末以降の那覇の予想気温(WNI)

土曜日 20度/20度(曇り時々晴れ)
日曜日 17度/13度(晴れ時々曇り)
月曜日 18度/14度(曇り時々晴れ)
火曜日 20度/13度(晴れ時々曇り)

ちなみに平年だとこの時期の那覇は「22度/17度」なので、特に日曜日は平年より5度も低くなりそうです。でも日曜日はどの予想機関も「1日晴れ」となっているので、日差しがあれば気温以上の温暖な陽気になるでしょうね。なので日曜日は外出して、日差しをたっぷり浴びてきたいと思います。もちろん人混みは避けて・・・

その前に今日の雨。先の話のように宮古・八重山は一過性で済みそうなので、特に雨は気にしなくて済みそうですが、沖縄本島の雨は長引きそうなので、午前はずっと雨かな?あとは午後のどの程度の時間に上がるかですが、さすがに広範囲の雨は読みにくいです。

ちなみに今日の沖縄海域の雨雲群は本土への影響はありませんので、本土は雨の心配なく13日の金曜日を過ごせそうですね。まぁ本土は雨よりコロナが徐々に拡大し、いろいろ大変だとは思いますが・・・

それでも検疫がザルの欧米に比べれば、日本はホントに感染を抑制できているかと思いますので、こちらも何事も前向き考えて過ごしたいものです。沖縄も欧米並みのザル検疫なのに、2月20日以降の感染者確認はされていませんからね。このまま収束して、日本の中でのモデルケースになればと思う次第です。

202003130530-00.png
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/13-05:34 | 沖縄の服装/天気

2020年03月12日

宮古・八重山は夏模様。週末は石垣島で海開き!しかし・・・

sunrise202003121112.jpg

気温こそ、真冬並みの13度台まで下がった今朝の那覇でしたが、昨日まで吹き荒れていた暴風が収まり、意外と快適な気候。特に運動するには最適で、良い感じで朝ランしてきました。そして徐々に夜明けも早くなってきており、今までは走り終わっても真っ暗だったものが、今朝は朝焼けの中をゴール。ただまだ気温が低く、冬らしい淡い色合いの朝焼けでした。

空気も乾いているので、今日は好天が期待できるかな?(天気予報でも晴れ)

しかーーーし、なんと沖縄本島の西の海域に雨雲群有り。既に久米島近海まで接近しており、今日は予報とは違った天気になる可能性もあります。ただ雨雲群はあくまで沖縄本島以北にあるだけなので、宮古・八重山は心配要らないと思いますし、むしろその雨雲群に向かって南風が入り、宮古・八重山は夏模様になるかもしれませんね。沖縄本島もその雨雲群が北上すれば南風に変わって夏模様になるので、今日の沖縄は「風向き」が要チェックです。本島も微風ながらも北風が南風に変われば、雨のリスクも下がるかと思います。

今日は沖縄本島が雨か、奄美群島が雨か!?

とにもかくにも宮古・八重山の天気は安泰っぽいので、一足早い夏シーズンって感じになりそうですね。なにせ今週末の2020年3月14日(土)「日本最南端!八重山の海開き」が石垣島の底地ビーチで開催されますからね。



とりあえず海開きの祭事自体は開催決定も、イベントとしては中止で、関係者のみで式典が行われる程度になるらしいです。まぁ予測の範囲内ですし、そもそも沖縄の海開きは「式典」がメインなので、特に問題無いと思います。なにせ沖縄の海は基本的には365日、何時でも泳げますからね。

多分他の海開きも、この八重山の海開きに習った形になると思いますので、中止こそないものの式典のみって感じっぽいです。もちろんその式典を見に行くのはOKだと思います。那覇だと波之上ビーチで4月上旬に行われると思いますので、チェックしに行くかな?(多分4月5日の日曜日)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/12-08:08 | 沖縄イベント情報

2020年03月11日

コロナリフレッシュに沖縄・奄美の離島はいかが?

昨日は早朝まで猛烈な豪雨でしたが、日中は日差しもあってかなりの高温多湿。梅雨の空気感でしたね。半袖で歩きたかったものの、いかんせん離島旅行での大怪我がまだ完治しておらず、腕を出すと血がにじんだ包帯が露出してしまうので、我慢して長袖。ちょっと遠出をしたのもあって、かなり汗ばみました。

そして今朝は北風が強く、空気も乾燥して今度は冬の空気感。まぁ3月の沖縄は夏の空気感と冬の空気感が日替わりで来る時期なので、今日は冬の沖縄って感じになるかな?でも天気的には今朝は朝から晴れて日差したっぷり。天気が良ければ気温も下げ止まるので、日中のポカポカ陽気を期待してます。

それにしても朝ランしてきたのですが、早朝の交通量がまるで日曜日レベルの少なさ。もちろんその理由は「コロナショック」です。

早朝は那覇空港に到着する国際便からの客が乗る、タクシーとバスで那覇市街の道が溢れかえっていたのですが、今はどちらもほぼ皆無。朝ランするには違法駐車するバスや、信号無視するタクシーが居ないので助かりますね。反面、今までは誰一人走っていない道に、いかにも「にわか」ランナーがポツポツ出てきたこと。おそらく、日中の人が多い時間を割けた結果なのかもしれません。


あと昨日立ち寄った、3/6に開業したばかりのドンキホーテ壺川店も、店内ガラガラ。いるのは出勤前の地元民のみで、インバウンド客は皆無。広い店内がかなり寂しい雰囲気でしたね。沖縄のドンキホーテはかなりインバウンド客に依存しており、特に那覇の店舗はおそらくインバウンド客無しでは成り立たないかも?ちょっと今後の経営が心配になりますね。24時間営業もあっという間に止めちゃいそうな気がします・・・

それとニュースでは国際通りが閑古鳥が鳴くレベルとの話が出ていますが、そもそも地元民はあそこには用無し。既に免税店は閉店に追い込まれたものもあるようで、今後はインバウンド客に依存しているお店が閉店しそうですね(具体的にはドラッグストア)。仮設の公設市場も、完全にインバウンド依存の傾向なのでかなりヤバイらしいです。

でも地元民がメインで利用するスーパーなどの店舗は、ごくごく普段通りです。客入りも変わりませんし、品揃えも今まで通り。トイレットペーパーとマスクはどうかしりませんが、納豆は普通に売っていますw


なので「沖縄全般」としては特にコロナショックの雰囲気はありません。なにせもう3週間も新規の感染者が出ていませんので、徐々に安心感も出てきています。花粉症対策も含めて、この3月・4月に沖縄や奄美へ一時的にでも避難するのはおすすめかも。

なにせ今の本土は猫も杓子も「コロナ」状態で、感染リスクがなくてもストレスでどうかなっちゃいそうですからね。沖縄も先月まではそれに近い状態でしたが、私自身も奄美に1週間滞在してかなりリフレッシュできた次第です。

コロナリフレッシュに沖縄・奄美の離島へお越しくださいませw

特に奄美は鹿児島県としても感染者ゼロもあって、コロナを全く気にせずに過ごせるから良かったですよ〜!(実体験済み)

amami202002280009.jpg
<先日の奄美行きの飛行機から見た加計呂麻島と奄美大島>
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/11-08:35 | 沖縄旅行/離島旅行

2020年03月10日

せっかくの夏模様の沖縄なのにね。

今朝は本土(西日本)の方が天気的には大荒れだとは思いますが、沖縄も確実に「夏の雨」の様相で、猛烈な豪雨だったみたいです。特に本島の南西部では猛烈で、久米島で1時間に43mm、那覇でも1時間で26mmという猛烈な雨だったみたいです。

昨日の夜から今朝までの1時間当たりの降水量

屋久島 60mm
久米島 43mm
那覇 26mm
奄美大島 26mm
喜界島 24mm
沖永良部島 23mm
渡嘉敷島 22mm


でも本島海域の雨雲群は既に東へ通過しており、気温も高い状態で空気感的には6月頃の夏模様。昨日はあまりに気温が高かったので、布団無しで寝ちゃいましたしね。このまま夏シーズンに入っちゃうかな?

もちろん雨のあとは北風に変わっているので、気温は深夜より日中の方が低くなるかと思います。それでも室内なら朝までの夏の空気が残っているので、今日は室内の方が快適な気候かもしれませんね〜(コンクリートに熱が残っているので)。

まぁ明日は冬の気候(最高気温20度未満)に戻るらしいですが、その翌日はまた夏模様と、日替わりで冬と夏がやってくる3月の沖縄らしい気候のようです。この冬の沖縄の気候はめちゃくちゃでしたが、この3月に関しては例年のような感じに戻っています。なので4月以降の夏シーズンも例年通りの感じになりそうですね。といってもここ数年の4月の沖縄は完璧に「梅雨」ですが(気象庁はかたくなに認めませんがw)、それでも気候的には確実に夏。

さてさて今年のGWはどんな気候になるんでしょうね。といっても今年のGWはコロナの影響が残っていると思いますので、とても静かな沖縄になりそうです。那覇ハーリーも中止かな・・・(まだ決まっていませんが今までも悪天候などで中止は何度もあります)。

ちなみにマラソン大会は、4月の「あやはし海中ロードレース」も「古宇利島マジックアワーRUN」も中止になり、今シーズンの主要な大会はこれで終了。5月以降は梅雨ですし、そもそも夏シーズンなのでマラソンには不向きな気候。はたして10月以降の来シーズン、どうなっているんでしょうね。まぁ10月の大会でも中止になるレベルなら、この夏の東京五輪も無理な状態でしょうけどね・・・

あと沖縄だと3月以降は海開きが開催されますが、これも気になるところ。でも海開きは人を集めて行う「イベント」ではなく、あくまで「祭事」扱い。また各地でハーリーが開催される旧暦5月4日の「ユッカヌヒー(ハーリー・海神祭)」は、2020年は「6月24日」なので、まだ時間はありますし、こちらも「祭事」なので問題無いかな?5月の那覇ハーリーだけは祭事ではなく人を集める「イベント」の感覚なので、中止になりそうですけどね。

沖縄は3人目のコロナ感染者が出た「2月20日」以降、もう20日も感染者が確認されていませんので、本土よりは確実に安心なんですけどね・・・

でも、ほーーーんとに1週間滞在した奄美群島は、コロナとは無縁で快適でしたよ〜。特にメンタル的に。那覇に戻ってからはニュースはコロナばかりですし、中止や自粛の嵐で気が滅入っちゃいますからね。本土の方も息が詰まりそうになったら、是非とも「奄美へ」お越しくださいませw(実体験済み)

豪雨の前触れ?昨日の夕焼けと暴風動画




posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/10-05:52 | 沖縄の服装/天気

2020年03月09日

離島の旅ネタバレ!「奄美群島」1週間滞在

ritoutravel202002280189.jpg

既にこのブログでも、「どこかにマイル南の島」で奄美大島行きの航空券Get!なることを綴っていましたので、隠すまでもなかったことでしたが、今回の1週間の離島の旅は「奄美群島」へ行っていました。もちろんメインは空港がある奄美大島ですが、滞在したのは実質3日間。残り4日はその先の離島へ行っていました。

計画では奄美大島から4つの離島へ足を運ぶ予定。しかし実際はハプニング続きで1つの離島には行けず、3つの離島になってしまいました。それでも奄美大島を含めると1週間の滞在で4つの離島巡りをしたわけで、かなり充実した離島の旅を過ごせた次第です。今回は2月末から3月上旬という、天気が不安定な時期もあって、景色はあまり期待していませんでしたが、奄美なら雨でも楽しめますからね。

中でも西表島以上の熱帯雨林。今回もイヤと言うほど楽しんできました(意味深w)。最初の写真も普通の舗装路でこの状態ですからね。ヘゴが道路まで突き出している状態。ここまで強烈な光景は、奄美ならではでしょうね。



さらに奄美は水が豊富なので、滝巡りもいろいろしてきました。特に今回の滞在中も雨が多かったですが、そのおかげか滝の水量がどこも凄かったです。しかし今回はあまり冒険的なことはせず、滝も下から見るだけ。今回はサバイバル生活のためキャンプ道具が多かく、荷物を減らす意味でマリングッズなどを一切持ってこなかったので、滝の遡上もできませんでした。



また新緑の時期でもあったので、とにかくどこへ行っても緑が豊かで空気が美味しかった。世間はコロナでパニック状態だったところ、マスク無しで美味しい空気を楽しんできました。っていうか到着直後は那覇でのマスク姿のままでしたが、しばらく島で過ごしてみると、誰もマスクをしてないので恥ずかしくなりマスクを取ってしまいました。その後1週間、マスクせずの生活。そもそも奄美も、鹿児島県としてもコロナ感染者は1人も居ませんでしたし、そもそもアクセス方法が限られる離島もあって、安心感も強かったですね。

離島の旅の前は、この天気が不安定な時期に離島の旅はどうなのかな?って思いましたが、行ってみると空気も美味しく、とてもいいリフレッシュになった次第です。飛行機も1時間の短距離便でしたし、船も最長で2時間なので気にならないレベル。乗客も少ないのでコロナリスクも低かったですからね。

しかしツイッターでもつぶやいたとおり、今回の離島の旅は「ハプニング」と「トラブル」続きで、とにかく大変でした。具体的にもネタばらし。

  • 持って行った自転車が5回パンク/5回修理(飛行機で1回目のパンク?)
  • 4回目のパンク後に転倒し流血の大怪我(治療できる病院がない離島にて)
  • レンタバイクでこの旅最大の豪雨(30分間滝の中を移動レベル)
  • レンタカーで人生初の大ハプニング発生(最もヤバイ場所でトラブル発生)
  • まさかの乗船直前に帰り便欠航を知り島へ渡れず(乗ったら帰れなかった)
  • まさかの乗船直前に出発港変更を知り顔面蒼白(早朝でさらに焦る)



つまりのところ「移動」に関するトラブルが全て。それ以外は無難に過ごせたものの、移動に関するものは何から何までダメダメ。強いて言えば那覇〜奄美の飛行機のみ無問題。まぁこの飛行機で何かトラブルあったら命に関わりますからね・・・

それでも移動以外はトラブルなし。景色も宿泊も食事も特に問題なし。ホントに「移動」のみハプニングとトラブル続きって感じでしたね。しかしどのハプニングもその後にできすぎなぐらいのいい巡り合わせがあり、全て無事にクリア。まぁ怪我と多大な出費は残りましたが、無事に那覇には戻れた次第です。

さてさて、そのジェットコースターのような離島の旅。どのようにレポートするか悩んでいます。でもその前に、旅ブログで個別に離島情報を発信していく予定。もちろんまだ1文字も書いていませんが、情報ピックアップはおおよそ完了。ネタ的には40個ほどw

まぁこの3月はコロナもあってあまり外出しない予定なので、書く時間はありそうですけどね。ご期待くださいませ。

↓こちらで気長に綴っていく予定↓
http://trip.ritou.com/

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/09-08:28 | 沖縄旅行/離島旅行

夏シーズンの空気感の沖縄。3月は良い時期なのにな・・・

moon20200309055405.jpg

朝ラン中のスマホ撮影なのでわかりにくいですが、今朝っていうか夜明け前の満月はキレーでした(写真中央ロゴ右上)。しかもオレンジ色の月で幻想的。月齢も「14.5」なのでまさに満月ですね〜。高性能のデジカメがあれば、もっと良い感じのオレンジ色の月が撮影できたんだけどな〜。でも今朝の那覇は雲が多めで、この満月も最初は街灯かと思えるほど。写真でも月の色と街灯の色が同じですからね〜。

そして今朝の那覇は夜明け前でも20度超。湿度90%で南風。夏シーズンの空気感です。まぁ3月の沖縄は基本的には冬シーズンの扱いですが、海開きも開催される時期もあって、空気感的には夏シーズンの日も多くなる時期。しかもここ数年は4月以降は完全に「梅雨状態」なので、ここ数年はこの3月がベストシーズンって感じの沖縄です。

しかし今年の3月は、沖縄旅行どころの状況じゃないですからね。残念です。

でも沖縄県内ならびに奄美群島までの移動ならリスクも低いので、沖縄在住の身としては沖縄に来れない方に現地から情報発信できればと思う次第です。先の離島の旅もしかり、そして今後もあえて積極的に島に足を運びたいものですね。またマラソン大会は沖縄でも大きなものは全て中止になってしまいましたが、海開きイベントは多分開催されそうな気がしますので、レポートできるものがあれば夏を先取りした映像をお届けできればと思います。

今の沖縄からできることは、沖縄旅行を中止せざるを得なかった方へ、沖縄の生の情報をお届けすることかな?

まずは先日の離島旅行の光景。今日から徐々に公開できればと思います。まずはどの離島へ足を運んだかのネタバレからかな?まぁ隠すほどでもありませんし、半ばバレバレの書き方をしているので、今さら感もあるかもしれませんがおつきあい頂ければと思います。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/09-07:43 | 沖縄ライフ

2020年03月08日

ヨロンマラソン中止も綺麗な海は何時でも!

本来なら今日の与論島は、1年で最も島に人が集まる日だったかもしれませんね。

ヨロンマラソン開催予定日

しかし2020年大会は、コロナウイルスパニックになる前に中止決定。でも今の本土の状況を考えると正解でしたね。もちろん島でコロナ患者は1人も報告されておらず、そもそも鹿児島県としてもまだ感染者は1人も出ていませんので、むしろ今の与論島は安心で安全です。逆に本土は誰が感染しているかわからないレベルで、そんな本土からマラソン参加のために島に来るとなると、島としてもいろいろ大変ですからね。

まぁ今回は第29回大会で、来年が第30回の記念大会なので、2021年は2年分盛り上がることを期待しましょう!

でも先の話のように、今の島自体は安全で安心して過ごせますので、マラソン無しでの来島は問題無いと思います。もちろん来島の際は熱がないことを確認してからの話ですが、この時期は徐々に百合ヶ浜も出る時期になってくるので、いろいろ楽しめるかと思います。

しかもマラソン大会中止で来島者が少なければ、こんな絶景スポットを独り占めできる可能性大!

与論島〜マラソン中止も海あり
与論島〜マラソン中止も海あり


与論島〜マラソン中止も島へ
与論島〜マラソン中止も島へ



・・・まぁ夏シーズンでも平日なら独り占めできますけどね(超穴場なので)。

ちなみに今日の与論島。夜明け前まで雨だったみたいですが、夜明け時間には雨も上がり、気温も高いままなので天気も回復傾向かも。晴れるか否かはわかりませんが、気候的には初夏の良い陽気になりそうな雰囲気です。那覇も今朝は半袖でも平気なほどの良い陽気。マラソンするには少し気温が高いかもしれませんが、島でのんびり過ごすには良い1日になりそうですね。

はたしてマラソンが中止になっても来島をする人はどれだけいるか?もし私ならマラソン大会が中止になっても行っていますけどねw(そもそも今回はエントリーもしていませんが・・・)

でも先の話の通り、鹿児島県ではコロナ感染者が1人も出ていませんし、与論島行きで多くの方が経由する沖縄も、3人目の感染者以降は17日間も新たな感染者が出ていませんので、本土よりは確実に安心して過ごせるとは思います。なにせ本土は基本的に陸続きなので、どこから感染するかわかりませんが、沖縄や鹿児島の離島なら、飛行機と船でしかアクセスできませんので、感染経路も限定されます。

本土の室内にこもっているよりも、離島でコロナからの避難、良いかもね。

まぁ島へ行くまでの本土から飛行機に乗るまでの移動の方が、心配かと思いますが・・・

与論島〜マラソン中止も海あり与論島〜マラソン中止も海あり


与論島〜マラソン中止も島へ与論島〜マラソン中止も島へ



posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/08-05:39 | 沖縄マラソン情報

2020年03月07日

離島の旅レポート!徐々に公開予定

ritoutravel202003.jpg
1週間の離島の旅。その間、撮った写真は「約3000枚」。しかも2月末から3月上旬と言えば、正直「あまり晴れない時期」なんですが、それでもこれだけの撮影してきました。実際のところは1週間のうち、晴れたのは「2日のみ」。でも雨は「半日+半日」のみで、雨が少なかったのが幸いでした。しかしその雨の半日は猛烈な豪雨で、しかもそのタイミングに限ってバイク移動(涙)。まさに泣きそうでした。

しかしその豪雨の中の移動の先には、温かい五右衛門風呂と美味しい料理(写真左下)が待っていたので、がんばれましたけどねw

また中央の夕焼け写真は、人生初の大事件発生の最中のもの。この夕焼けものんびり眺めていたわけではなく、絶望の気持ちで眺めていました。でもいろいろあったけど、全体的な歯車自体は上手くかみ合い、無事に那覇に戻った次第です。さらに不安定な天気ながらも、その晴れた2日間は、ちょうど絶景巡りの日の当たったのもラッキーでした(雨は移動日がメイン)。

離島の絶景スポットいろいろ!



この光景を見てどこの離島か分かる方はかなり凄いです。私自身もこの写真だけではどの離島か分かりません。しかも今回は初めて行く場所だったり、10年以上ぶりだったり、かなり新鮮な気持ちで絶景を楽しめましたね。まだ冬の気候もあって、海の透明度抜群。特に左右の写真は高台から見た景色なので、さらに海が綺麗です。

離島の朝日/夕焼け/星空



今回はサバイバル、っていうか明確に言うと「キャンプ」が多かったので、特に夜は暇。毎晩、星空を楽しんでいました。特に旅前半の夜は天気が良い日が多く、市街地から離れたキャンプ場では、まさに満天の星空を望めました。しかも三脚無しでもデジカメで撮影できるとは知らず、試しに撮影すると良い感じ。朝日の写真は天気的にはイマイチでしたが、その薄曇りが朝日には良い影響で、いい感じの写真。そして夕焼けは・・・詳細は別にレポートします(涙)

離島グルメいろいろ



今回はキャンプ主体だったので、グルメはそんなに楽しんでいませんが、この旅唯一の民宿の食事は凄かった。料理も美味しかったし、雰囲気や宿の人も「古き良き離島の宿」って感じで心地よかったです。この宿は絶対に皆様にも泊まって欲しいものです。必ず詳細レポートを書きますので、それまでお待ちあれ。

フレンチトーストは、離島でも僻地にあるカフェのもの。しかし絶品で、カフェ自体も居心地いい。しかしこのカフェの1時間後にあの夕焼け大事件が・・・このカフェで食事をしたのも、ある意味ラッキーでした(飢えずに済んだw)。そして最後の写真はある意味「ネタバレ写真」。これでどの離島か分かりますよね。グルメもその離島ならではのものなので、完全にネタバレですね。

離島の旅 まとめ

とにもかくにも今回は「1週間の滞在」と、久しぶりの長い期間の旅でしたが、それ以上にハプニングやトラブル続きでてんこ盛り。普通なら疲労で参っちゃうレベルも、逆にそれを楽しんできました。ここまで毎日トラブルやハプニングばかりだと、逆に笑っちゃうレベルww

でもそのハプニングもトラブルも、上手く歯車がかみ合っていたのも凄かったです。あの絶望の夕焼けも、普通ならもっとヤバかったものも、どうにか乗り越えられた次第です。そして旅最終日にも大きなハプニングが発生。先の大事件とは違った意味で顔面蒼白ものでした。でもこれもあり得ないぐらいのタイミングが噛み合ってクリア。無事に那覇まで戻ることができました。

詳細は徐々にレポートいたします。

↓多分、こっちで公開↓
http://trip.ritou.com/
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/07-15:26 | 沖縄旅行/離島旅行

3月は夏シーズンの序章!しかしこの夏の沖縄・奄美。どうなる?

怒濤の1日が終わりました。

一昨日の夕方に「1週間の離島の旅」から那覇戻り。しかし昨日はその1週間分の仕事などがあって、1日バタバタ。まさに怒濤の1日でした。まだ多少のタスクは残っていますが、かなり落ち着いて過ごすことができそうです。

ってことで1週間ぶりの朝ラン。運動するには良い空気感で快適でした。しかし離島の旅での流血事件の痕はまだ癒えておらず、ランニングというよりジョギングレベルでしか走れませんでした。なにせ膝と肘に包帯グルグル巻きですからね〜。といっても包帯は患部の固定とかではなく、キズパワーパッドの液漏れ対策w(分かる人には分かる!)

まぁ離島のお話は小出しでレポートすることとして、まずは今の沖縄。

那覇の朝は晴れていますが、同じ本島でも北部では雨みたいです。でも南風で雨雲群は徐々に北上。北部も早い時間には雨は収まっていそうです。逆にその雨雲群が北上する奄美は雨が長そうですね〜。

なんかここ最近、っていうか3月以降の沖縄・奄美はすっかり「梅雨」って感じですね。気温も高めでも雨も多く、5月頃の空気感。その証拠に、5月の梅雨に開花するホウオウボク/カエンボクが花盛りですからね〜。もちろん、まだ桜も咲いていますが、基本的にはほとんどが葉桜状態。さすがに3月にもなると、沖縄の桜は終わりっぽいですね。



ちなみに1週間滞在した離島でも、まだ桜は残っていましたが葉桜が多め。緑が濃くなってきていて、徐々に夏の雰囲気に変わりつつあるようです。

しかし今年の夏シーズンの沖縄・奄美。どうなっちゃうんでしょうね・・・

コロナウイルス。

沖縄は3人目の感染者のあとは2週間以上経過しても新たな感染者は現れず。奄美に至っては感染者の報告無し。どうやら島だと閉め切った空間で過ごすことが少ないこともあって、本土ほどの感染拡大には至っていない状態です。確かに沖縄生活でも、窓を開けた状態で生活することが多いですからね〜。

しかし本土は電車や地下街など、閉め切った空間で過ごすことが多く(特に冬は)、感染拡大しているエリアも多いとのこと。沖縄や奄美が安心で安全な状態でも、その本土から移動することができない状態。さらに移動できても、本土からの渡航者は、沖縄からするとK国やC国からの渡航者と同じ感覚。一概に「沖縄や奄美へ避難してみては?」とは、安易に言えないのが苦しい次第です。

この夏の沖縄・奄美は経済的には「冷夏」確実でしょうね・・・

3月は夏序章の沖縄・奄美。この夏はホントにどうなっちゃうんだろう。リーマン級、東日本大震災級の冷え込みになりそうな予感です。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/07-09:21 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲