2018年09月12日

台風22号は強力!23号は無問題。他にも気になる雲だらけ!?



いつものことですが、米軍からでる台風予想って、ホントに凄いな〜って思います。

気象庁の予想は全然当たらないし、しかも毎日コロコロ予想進路を変えるけど、米軍予想はかなり先の予想まで出るし、当たるし、何より予想がぶれない。つまりそれだけ的確ってことなんですが、昨日の朝と、今日の朝の段階での予想進路。全く同じってのも凄いです。進路も、台風の予想位置も全く同じ。なので台風の進路図をまとめる側(私w)にとっては助かります。

でも昨日、正式に台風23号が気象庁でも認められたので、昨日は「23号?」って便宜上の表記にしていましたが、今朝は「23号」にしたので、いろいろ調整も必要でしたけどね^^ゞ

備忘録的に台風23号の情報も。


#台風23号 #バリジャット
米国の言葉で「風や波の影響を受けた沿岸地域」だそうです。


しかしそれ以上にいろいろある日本海域の雲の分布。

まずは台風22号。台風の目が滅茶苦茶くっきりしています。それだけ強力な台風である証拠で、接近しなくても高波は入ってきそうです。反面、強い台風が遠い海域を通過すると、周辺の雲を全部持って行ってくれるので、天気は良くなる傾向。なので台風22号は沖縄にとっては良い天気をもたらしてくれるものになるかもしれませんね。反面、高波は入ってくるので、海は荒れ模様。今日・明日は2〜3m、明後日の9/15以降は3〜4mの波になるらしいので、特に八重山では欠航便も出そうです。今週末の連休は、波照間島行きは避けた方が良さそうですね。


さらに台風22号。なんかイヤな雲の塊を残していった感じがあります。マリアナ諸島近海に次の台風のタマゴ的な雲が残ったまま、台風22号は移動。もしかすると台風24号?って感じですが、まぁそのさらに東にも気になる雲もあるので、台風シーズンの9月だけに仕方ないかな?


さらに本土近海には、またしてもプチ台風的な雨雲群が2つ。1個は既に本土の南近海にあって九州南部から四国・近畿の太平洋側に雨をもたらしています。さらにその西にもまとまった雲があり、それが東へ移動すると南西諸島でも北部に影響があるかもしれません。沖縄も北に位置する沖縄本島も、今後注意が必要ですね。


でも今日の沖縄は、久しぶりに雨の心配が要らない空模様で、スコールを気にすることなく過ごせそうです。ホント、最近の沖縄は毎日必ずスコールがありましたからね〜。今日は雨を気にすることなく外出できそうです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/12-08:32 | 沖縄台風/災害情報

2018年09月11日

間もなく台風23号?でも心配無用!むしろ今朝はメリットあり?



台風23号(まだ認定されていないけど)の影響なのか、昨日も今朝もスコールが多い沖縄。でも今朝の那覇市街。その恩恵で綺麗な虹が望めました。しかも朝焼けとのコラボや、ダブルレインボーまで望めて、朝からいい感じ。しかも今朝は朝ランお休みだったので、無事にこの虹を楽しめました。

ちなみにその原因となる雲。気象庁の情報でも、米軍情報に1日〜2日遅れで台風のタマゴ扱いになり、雲の塊もそんなに大きく無いものの台風っぽくなってきたので、もしかすると今日中に台風23号に正式に認定されるかもしれませんね。

といっても、この雲は既に西に進み始めていますし、沖縄の不安定な天気も徐々に回復傾向。今後、台風になっても影響は無いと思います。

また台風22号も、米軍予想が2日連続でほぼ全く同じ進路だったので、おそらくこの通り西に抜けるでしょうね。沖縄への接近は避けられそうですが、やだ微妙な進路のずれで八重山へ影響が出てくるので、今後もチェックは必要です。

そもそもこの海域の台風は、沖縄全域に高波をもたらすので、中でも八重山の南航路(波照間便)には影響あるでしょうね。北航路の西表島上原便や鳩間便は接近する度合い次第って感じかな?慶良間便は台風から遠いものの、接近時に北南方向の波になると、東西航路なので横波をモロに受け、高速艇は微妙かな?勢力が大きい台風だけに、雲のサイズがコンパクトになっても、波の影響はとても広くなります。



しかし個人的に気になるのは、その台風22号の背後。さらに大きな奴が控えています。まだ図の中に入っていませんが、かなり気になっています。台風22号と同じ雰囲気ですが、進路が22号と同じになるとは限りませんので、台風ブログもその雲が消えない限り、しばらく続きそうです。。。

ちなみに本土に大雨をもたらしたプチ台風は勢力を弱めて東へ抜け去りました。本土はよーやく安定傾向になるかな?

反面、沖縄・奄美は台風23号?の影響で雨雲群が広範囲に点在。でも昨日同様、降っても局地的ですし、台風23号は西に移動しているので沖縄本島エリアから徐々に安定傾向になってくるかな?まぁその安定する前に台風22号が来そうなので、不安定な空模様は今週は続きそうです。

台風22号は、直接的な影響はなさそうですが、高波は入ってきそうなので、9/14以降は要警戒かな?船の運航状況もさることながら、海も東岸は波が入ってくるので要注意。海遊びするなら西岸か北岸がおすすめです。東岸や南岸は波がモロに入ってくるので注意しましょう。

とにもかくにも台風22号も、まだ認定されていない台風23号も、沖縄にも本土にも接近しなそうなので、特に本土はひと安心です。

あとは台風24号のタマゴかな・・・^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/11-08:07 | 沖縄台風/災害情報

2018年09月10日

本土はプチ台風、沖縄近海は台風23号の素、その後は台風22号?



とりあえず、台風22号の予想進路はここ数日、安定してきました。どうやら沖縄の南岸をそのまま西に通過しそうです。北上は今のところは予想にはありませんが、沖縄でも最も南の八重山はまだまだ警戒が必要です。そもそもこの海域を通過する台風は、沖縄に接近しなくても南から湿った空気を送り込んできて天気が不安定になりますし、もちろん波も入ってくるので欠航便が出る可能性もあります。

接近しないからといって、台風22号からの影響は油断できません。特に波照間便への影響は9/15前後は必至かな?

あとは台風の影響範囲がどの程度の広さになるかですね。台風自体が発達すると、中央に雲が集まるので意外と影響範囲は限定されますが、発達しきらない場合は広域に影響を及ぼすので、9/15前後は要警戒です。


そして沖縄近海にあった台風のタマゴ。米軍情報では台風23号扱いになっています。


でも雲の塊がそんなに密では無く、渦も明確に巻いていないので、このまま台風に認定されないまま西に抜ける可能性が高そうですね。

しかし本土のプチ台風、沖縄近海の台風23号のタマゴと、沖縄・奄美はこの2つの厄介者に挟まれて、全く予測ができない空模様になっています。昨日も沖縄本島ではまとまった雨は無かったものの、不安定な空模様でスコールが頻発。私自身も宜野湾に買い物に行っていて、買い物中でしたが猛烈なスコールがありました。ただ宜野湾でも北谷に近い北側ではスコールがあったものの、那覇に近い南側では雨が降った形跡すら無し。

今日も昨日のような感じで、超局地的なスコールが多そうですね。

といっても沖縄本島近海でも本島には雨雲群はなくても、西の久米島や東の大東島には雨雲群があったり、さらに北の奄美大島や徳之島ではかなりの雨になっているところも。さらに同じ沖縄でも今朝は宮古島は雨なしですが、八重山は多くの島で雨模様。

まぁ宮古・八重山も時間によって大きく天気が変わりそうですが、この様子だと台風22号が完全に通過するまでは安定した天気は期待できなさそうです。

台風シーズンだから仕方ないかもしれませんが、でもこの不安定な空模様は8月から延々続いていますからね。


いや、6月末から続いていました^^;(台風ブログを確認したら6月末からずっと図を描いていた)


おかげで今年の沖縄は異常な気温の高さになることは少なかったですが、しっかし雨が多い。なにせあんだけ水不足傾向だった沖縄本島が、今では平年以上のダム貯水率(88%・平年81%)。一時期は平年75%の貯水率の時期に45%とかでしたからね。台風が実質1個も接近していないのに、この貯水率の高さ。雨が多い証拠です。

逆にこの夏の晴天率は悪いんだろうな・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/10-08:06 | 沖縄台風/災害情報

2018年09月09日

荒んだ沖縄の選挙!沖縄県知事選を前にしてあり得ないことが!?

自前ブログにこの内容をアップできるものが無かったので、「離島に関係ない」内容ですがアップさせて頂きます。

前代未聞の、候補者が公示前に有権者に投票を促す郵便物の送付。

そしてその宛先の個人情報が、候補者とグルになっている現役那覇市長から漏洩?



ビックリしました。

昨日、まだ公示の1週間も前なのに、郵便受けを見たら、某沖縄県知事選候補者から郵便物が届いていました。もちろん公示前なので「候補予定者」ですが、それでも正式に出馬表明している人から、投票前に個人宛に郵便物がDMではない形で届いたのは人生でも初めて。そもそも公示前でも公示後でも、有権者に郵便物を送るのは違法では?


っていうか、その個人情報。何処から仕入れたの?


しかもその住所も名前も、沖縄県ないし那覇市など行政にしか出していない、戸籍上の正しい漢字や表記で来た。戸籍上の表記が面倒なので、普段の生活では略語や略称を使っており、郵便物も行政から以外は略したもので届くのですが、その候補者からは、正式な表記のもので届いた。そもそも郵便物は仕事場に届くようにコントロールしており、自宅には行政からの郵便物以外、DMすら一切届かないようにしているはず。なのに・・・


恐怖!


っていうか、その個人情報。那覇市など行政から抜き取ったもの?もしくは那覇市など行政が名簿を売った?まさか那覇市(那覇市長)がその候補者とグル??さらにその候補者から届いた選挙違反郵便物と一緒に、選挙の投票ハガキも届いた。郵便局までグル?もしくは選挙管理委員会もグル??


公な沖縄県知事選なのに、那覇市など行政が特定の候補者に有権者名簿などの個人情報を横流ししている・・・


だからか〜。

「オール沖縄」の候補が、公示前なのに思いっきり選挙活動をしても、一切取り締まられないのは。だって選挙管理委員会(沖縄県)もグルだとすると、納得できます。逆に対立候補が一切選挙違反しないのは、行政とグルじゃないからか〜。


沖縄の選挙ってどこまで荒んでいるんだ!!!


もはや「選挙(民意)」じゃないじゃん!こんなの。さらに新聞社やテレビ局もグルでしょ?

何時代だよ?って感じです。


最低の #オール沖縄

#NomoreAllOkinawa


このままでは(この方達では)、沖縄は一生時代遅れのままです。

選挙違反の郵送物。有権者の個人情報は那覇市長から漏れていた可能性大!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/09-11:50 | 沖縄ライフ

嗚呼、大東島グルメが今年は那覇で食べられなかった!

去年は、台風で10月の「産業まつり」が3日間とも中止。11月の「離島フェア」は無事に開催されたものの、予め予定していた本土出張と3日間全部バッティングして行けず。でも9月初旬開催の「とまりんフェスタ」は、2年連続で無事に開催され楽しめたので、今年も期待していたものの・・・

とまりんフェスタ2018中止。

っていうか開催見送り。そもそも開催するか否かの広報を一切していないので、それを知るすべがないんですよね。中止の事実を知ったのは、とまりんの運営会社の事務所に行って確認したから。せめてとまりんのHPに、イベント中止の一報ぐらい出してくれても良いのに・・・(とまりんに貼り出しもしていない)。

そもそも渡嘉敷村のHPでは、この「9/7-9」にとまりんフェスタ参加なるスケジュールが書いてあり、離島としてはやる気満々だったんですが(久米島町HPでも日程は未定だったものの明記してあった)、まさかの広報・告知なしの中止。

渡嘉敷村の平成30年度年間行事予定表

このイベントの目玉でもある「島ごはんグランプリ」は、本気で楽しみにしていて、ここでしか頂けないグルメが毎回出てくるので、特になかなか行けない「南大東島」と「北大東島」のグルメは本気で楽しみにしていたんですけどね〜。まぁ北は毎回同じメニューで、ちょっと飽きていましたが、南は毎回「おーー!」って感じのメニューでしたからね。今年は何か楽しみにしていたのに・・・

また同時に、あのイベントでは離島の最新情報も入手できるので、ホントに助かっていました。

正直、離島フェアは物販ばかりで、グルメも情報収集もあまりできないので、ホントにとまりんフェスタは助かっていました。特に粟国島や渡名喜島や南大東島や北大東島のように、情報がなかなか入りにくい島はホントに助かっていました。

それが今年は無しとは・・・

せめて、とまりんHPに「とまりんフェスタ2018中止」の一言でもいいので書いて欲しかった(書いてあるのは2階のマグロ食堂閉店のみw)。

2018年一番に「あーあ」でした(/_;)

さて、10月初旬の「那覇まつり」、10月下旬の「産業まつり」、11月中旬の「離島フェア」。こちらは告知なしで中止はあり得ませんが、問題は台風ですね・・・


南大東島〜波立つプール南大東島〜波立つプール


南大東島〜平穏なプール南大東島〜平穏なプール


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/09-06:44 | 沖縄イベント情報

台風22号の前にプチ台風と台風のタマゴに挟まれた沖縄!



9月が台風シーズンピークなのはわかっているものの、まだ9月上旬だとそこまで「ピーク」って感じじゃないはずなんですが、現在の日本の南の海域はあまりに派手。

その筆頭は台風22号ですが、その他にも米軍情報では沖縄の南の近海に台風のタマゴを認定していますし、本土にはプチ台風なる雲の塊が直撃中。その2つの間の沖縄は、両方の雲からの干渉で、物凄い不安定な天気。といっても運が良ければ晴れることもありますが、運が悪いと猛烈な雨になることもありますからね。

特に宮古・八重山は台風のタマゴに近いこともあって、さらに不安定な天気かも?しかも台風になりきらない状態だと、動きが遅いので、宮古・八重山では一度雨が降り出すと激しい雨が長くなることも!?

まだ沖縄本島は影響は少ないですが、本島は本島で今度は本土のプチ台風の影響が強くなると、こちらも激しい雨が降る可能性も。

今日の沖縄の天気は読みにくいな〜。

でも沖縄本島だと、午後より午前の方がまだ無難かな?

しかし台風のタマゴやプチ台風の影響がなくなっても、今度は台風22号の到来がありそうな沖縄。予想進路も昨日より沖縄方面に向かいやすいものになりましたし、相変わらず猛烈な勢力になりそうな雲なので、最接近時にはかなりの影響が出てきそうです。

予想到達時期も、北上しない分、早まりそうで、「9/15-16」って感じでしょうか?どのみち今週末の連休に影響が出ることにはわかりませんが・・・

あとは沖縄接近時に北上するか否か?

でも北上せずにそのまま西に抜けても、台風の北側は猛烈な雨雲群を伴うことが多いので、天気も波も連休には影響がありそうです。また北上した場合は、危険な台風の東側が沖縄にかかるので、さらに影響は大きなものに!?

どのみち、この様子だと今週の沖縄は台風対策の準備に追われそうです。

ちなみにこの3連休(9/15-17)に沖縄旅行にお越しの方の場合は、台風22号がそのまま西に抜ければ飛行機への影響は少ないものの、海は大荒れなので海遊びは止めた方がいいと思います。台風が遠くにあってもうねりが入ってきて、見た目以上に流れが速くなります。さらに南の海上を通過する台風は、南から猛烈な高波を沖縄全域にもたらしますので、飛行機はOKでも船便は欠航が多く出そうです。

先日の台風21号は、沖縄の東の海域を通過したので、波が入りにくく船の欠航便もそれほど出ませんでしたが、南の海域を通過するものは波が入りやすいので欠航便でも出やすいです。もちろん北上して沖縄に接近すればさらに影響は大きくなりますので、どっちにしても今度の3連休への影響は不可避。

3連休(9/15-17)に沖縄旅行を計画されている方は、海遊び以外のスケジュールで調整した方が良いかも?もちろん泳がなければ問題ありませんし、台風前の海は見るだけならとっても綺麗ですからね。ただしいくら綺麗でも海に入るのは危険なので、この3連休では海は見るだけにしましょう。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/09-06:38 | 沖縄台風/災害情報

2018年09月08日

台風22号はかなりヤバい!その理由は遠い場所での発生!!



たった2日でしたか。台風ブログをお休みできたのは。

しかし実質、昨日の時点で台風22号が発生するのはわかっていたので、昨日のうちに台風ブログが再開した方が良かったのですが、さすがに疲れちゃいました。なにせあの台風21号でしたので、進路をチェックしているだけで胃が痛くなるレベル。もちろん、今なお関西には大きな爪痕も残っていますし、今なお停電しているエリアもあるとの話なので、できればもう少し台風ブログは休んでいたかった次第です。

しかし台風22号発生。


台風22号「マンクット」
・・・タイの言葉で「マンゴスチン」


果物の女王様ですか。今度の台風の名前は。

でも今回の台風。女王レベルに強くなりそうです。

その理由は、沖縄や日本から遠く離れた場所で台風になったこと。つまり日本や沖縄まで来るまでに時間がかかるわけで、その間に猛烈に発達する可能性が高いから。最近の台風は沖縄近海で発生するものが多かったので、沖縄に接近時はまだ発達前で、特に今年は直撃しても影響がほとんどありませんでした。逆に本土は、台風が接近するまでに時間があったので、発達した状態での接近となり、台風による影響が大きくなった次第です。

でも今回は日付変更ラインも近い、東経170度近辺での台風発生。沖縄は130度近辺、台風が多く発生するマリアナ諸島は東経145度近辺。

つまり通常のマリアナ諸島で発生する台風だと、沖縄までは経度で-15度の移動ですが、今回は沖縄まで来ると経度で-40度と3倍近い距離を移動するかもしれないと言うこと。つまり3倍発達する可能性があるということ。

まだ進路は沖縄方面に来るのか、はたまた本土方面に行くのかわかりませんが、どっちにしても猛烈に発達した状態で接近する可能性が高いです。


9月の台風ってホントに危険なものが多いんですよね。


今の感じだと沖縄か本土に接近するのは「9/17」前後?連休の時期??さらに9/17は旧暦「8月8日」では?それって、多良間島で島一番の祭事「八月踊り」がある日では!?

もーーー、勘弁です。

もちろん沖縄方面に来ない場合もありますが、本土に行っても先の21号の影響もまだ残る状態。可能性は低いですが、一切北上せずにそのまま西に抜けてくれることを願うばかりです(T_T)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/08-08:22 | 沖縄台風/災害情報

2018年09月07日

なんと!とまりんフェスタ2018は中止になっていた!

島ごはんグランプリ開催!秘密の沖縄イベント「とまりんフェスタ」

毎年9月初旬の週末に、泊港で開催される「とまりんフェスタ」。といっても去年で「第3回」と、まだ日は浅いものの、会場となっている泊港の「泊緑地」はかなりの盛り上がり。今年も、渡嘉敷村のホームページでは、今日・明日・明後日(9/7-9)に「とまりんフェスタ参加」という表記もあって、間違いなく開催されると思っていました。

しかしイベント前日の昨日、なんかイヤな感じがしたので、泊港へ寄り道して見ると、泊緑地はイベントの設営も全く行っていない様子。前日で設営をしていないのはおかしい!と思ったものの、とまりんには案内所も運営事務所もないので、聞くことができず。

ちょっと離れたとまりんアネックスに「泊ふ頭開発」なるところがあったので、そこに行って聞いてみたら・・・


「今年は諸事情で開催見送りになりました」


オーマイガッ!


旅コラムも書いたし、今日からのイベントでも、あの「島ごはんグランプリ」は超楽しみにしていたのですが、それが今年は無し・・・。2016年も2017年も開催され、すっごい楽しかったのに、残念過ぎます!!

明確な理由はわかりませんが、台風21号の影響で、北大東島と南大東島からの船が往来できないことも原因なのかな?そもそも収支的に厳しかったのかな〜?超ローカルイベントながら、離島好きには超満足度が高いイベントだっただけに、残念過ぎます!

でも今年は離島フェアは行けますので、そっちで挽回。

なにせ去年は離島フェア開催の週末は、全て本土に出張で1日も行けませんでしたからね。今年は11/23-25の3連休に開催されますので、多分、例年になく混雑しそうです。ちなみに秋は注目のイベントが目白押しの沖縄・那覇。

とまりんフェスタはその先陣でしたが、中止になったので、次は10月初旬の「那覇まつり」ですね。そして10月後半には去年、台風で全部中止になった「産業まつり」で、そして11月後半の「離島フェア」。

この悔しさをこの3つのイベントで挽回します。

なので台風来ないで〜(/_;)


<10月以降の沖縄・那覇で開催する注目イベント>
10月06日〜08日 那覇まつり&オリオンビアパラダイス
10月19日〜21日 沖縄の産業まつり
11月23日〜25日 離島フェア



ちなみに10月の那覇まつりですが、大綱挽は興味なしですが、オリオンビアパラダイスでは誰が来るか話題になっています。先日、美容室で美容師さん(離島出身)と延々「ビアパラダイスに誰が来るか談義」していましたw

結論は・・・


「ダパンプ/DA PUMP」(希望)


あのダサダサ歌詞をみんなで歌って踊りたい!それが結論でした。もちろん「希望」です^^ゞ


でもオリオンビールがメインスポンサーなので、オリオンビールに関係ないアーティストは出演しないので厳しいかな?でも2018年の沖縄で最も旬なアーティストは、やっぱり「DA PUMP」でしょう!期待しています。オリオンビールさん!!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/07-06:47 | 沖縄の服装/天気

2018年09月06日

久しぶりに台風情報お休み。しかし今度は地震が・・・

気になる雲はまだあるけど、あまりに立て続けの台風情報に疲れ、今日は台風関連の図解はお休みさせて頂きます。台風21号は消滅し、米軍情報にあった気になる雲も消滅傾向なので、少なくとも今日1日は台風情報を発信しないでいい状態っぽいです。

・・・でもフィリピン近海と、マリアナ諸島近海にまとまった雲の塊はありますが・・・

しかし台風21号が過ぎ去ったと思ったところに、なんと最大瞬間風速40mを記録した北海道では、今度は「震度6強」の地震発生とのこと。今日の午前3時8分、札幌もほど近い北海道南西部でマグニチュード6.7の大地震です。

まさに台風21号は通過したばかりの所に大きな地震。

台風に耐えきった建物に、この地震でさらなる追い打ちがかからないと良いのですが・・・

そしてその後も震度3レベルの余震が続いているようで、関西に続いて今度は北海道が深刻な状態になっているようです。


それにしても、日本全土が平穏に戻るのは何時になるんでしょうね。本土も台風の爪痕が大きく残り、すぐに復旧できそうにないですし、北海道もかなり影響がありそうですし、そういう意味でも今後も新たな台風が発生しないことを切に願うばかりです。

まぁ気になる雲がないわけじゃないのですが、とりあえず私自身も台風情報に翻弄されて疲れたので、今日だけは台風情報をお休みさせて頂きます。


ちなみに沖縄。

沖縄本島でも昨日は那覇で、1時間に40mmという猛烈なスコールがありましたが、正午前の1時間だけって感じで、午後は晴れていました。宮古・八重山も基本的には晴れていましたが、スコールが何度もあったみたいですね。

結果、沖縄各地ではかなりの「高温体質」で、まだまだ8月のような真夏の気候が続いています。

さらに今朝の那覇は朝焼けがとっても綺麗。ほぼ無風で超暑いけど、でも穏やかな気候って感じです。本土の今の状況を目の当たりにすると、ちょっと申し訳ないです・・・




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/06-06:22 | 沖縄ライフ

2018年09月05日

「大阪湾台風」という名称。確実?

関西国際空港や和歌山市で、最大瞬間風速60mにせまる暴風をもたらした台風21号。まさに大阪湾を進んで、大阪湾に面する各地に甚大な被害を与えてしまいました。

この進路、その影響から見ると、2018年9月の台風21号は・・・


大阪湾台風


という名前が確実に付きそうですね。

でも本土の台風は今回もそうでしたが、移動速度が速いので対策をしっかりしていれば、半日待てばやり過ごせますが、いかんせん本土の場合は台風にあまり慣れていないので、その対策が十分できなかったかもしれません。

沖縄の場合、台風が来る前に今回の台風がどのレベルか、ほとんどの人の耳に入るので、前日までに台風対策は万全。結果、スーパーの特定のコーナー(パン、水)が空になっているのですが、それは台風対策が万全である証拠かもしれません。

本土の場合、この迫り来る台風の情報が耳に入りにくいと思いますし、入ってもその対策を「具体的」になにをすれば良いのか慣れていないので戸惑ったかと思います。でもそういう時は行政が主導して、台風の事前対策を促して欲しいものですが、どうもその行政の動きが遅い、っていうか動きがないようですね。

ニュースとかで台風接近時の「外で被害に遭った」って話を何度も聞きましたが、そもそも台風接近時の外に出ている方が疑問。お店や施設を全て閉鎖していれば、その外出もないわけで、行政や企業が台風を甘く見ている感が否めない気がします。


台風は「接近時は“一切”外に出ない」。それが必須です。


今年はことごとく本土に台風が向かっているので、これからの台風シーズンピークにもなると、同じような台風が本土にまた行く可能性があるので、どうか今後はしっかりと事前対策できるように、行政も企業も動いて欲しいものです。


ちなみに台風21号は、宗谷岬沖を抜けましたが、まだ台風の勢力を保っています。北海道は台風に向かって南風が入り込むので、もうしばらく要警戒です。他のエリアは台風一過になって真夏の陽気に戻るとのことですが、台風直後は様々な場所が水浸しになるので、放っておくとカビやサビになるものもあるので、今日は仕事の前に台風の後始末をするのがおすすめです。沖縄でも台風直後の後始末が、台風前の対策よりも重要ですからね〜。まぁ沖縄の場合は、台風による「塩害」があるので、その塩を綺麗にする必要がありますからね。

ただ台風21号が通過して、しばらく安泰と言いたいところですが、このブログでは既にヤバい雲の塊をレポートしていますし、そのヤバい雲がついに米軍情報にも登場。まだ予想進路は出ていませんのですぐに台風にはならないと思いますが、他にもマリアナ諸島近海にも新たな雲の塊もあり、今後もまだ油断できそうになりません。

なにせ台風21号の進路の脇に、その2つともありますからね・・・気になる雲の塊・・・

まぁ9月はそもそも「台風シーズンピーク」なので、10月までは油断できませんが、今年の台風はな〜んか本土方面へ行く傾向があるので、今後もどうなることやら・・・


posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/05-08:13 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲