ページの先頭へ△

2020年11月25日

連休中のコロナ対策(出不精)。奄美の離島に思いをはせる

今日は真冬の気候の沖縄。冬の沖縄は全く晴れませんが、昨日もまさに冬の空模様。そういう時は明るい写真で心を安らげましょう!



連休中のコロナ対策による出不精もあって、ここ最近は2020年の離島情報はいろいろ整理。写真を見るとやっぱり「また行きたいな〜」って思っちゃいますね。でも見ているだけでも今は満足。中でも奄美大島のこの内緒の場所は、最高です。

この写真だけで奄美大島のどこか分かる方は相当凄いです。でもこの手の写真って日差しの長さや角度で方角がわかりますし、その方角と景色からその島のおおよそどの当たりかは予想できるんですけどね。本土なら無理でも、1つの離島ならかなりの確率でその場所は特定できちゃいます。まぁ特定されても何一つ困りませんので、いろいろご想像してくださればと思いますw

ちなみにこの写真は2020年更新分として、多分2021年に新規公開情報。現在のホムペには無い情報です。今回の更新はコロナ前に唯一行った奄美群島の情報が多いです。沖縄があのザマ(コロナ蔓延/無対策)の今となっては、現在の南西諸島の中でももっとも安心して楽しめるのが奄美かもしれませんね。与論島のコロナ集団感染も完全収束させましたし、他の奄美の島の感染者もすぐに収束。ホント、今回のコロナ禍で奄美の人の対応力には感服いたします。


それに引き替え沖縄は知事が無能でバカだからどうにもなりません…


本気でこのコロナ禍になってから、沖縄から奄美に移り住みたいな〜って思う日々(仕事の関係で簡単にできないし、島の人に申し訳ないですし)。もともと奄美は「島」がどうかという以前に「人」がホントに良い。特に今回のコロナ前の旅行では1週間という長期でしたし、いろいろあって奄美の人にはいろいろお世話になり、いろいろお話ができたこともあってますます魅力を感じた次第です。


でも奄美で唯一難点なのは「物価が高いw」


本土への移動はLCCが就航したので問題無くなりましたが、いかんせん島の物価が全般的に高め。沖縄本島と比べても高いですし、沖縄の離島から見ても高め。その分、住宅相場は安いのかもしれませんが、生活するには結構大変かも(ドンキホーテも無いしw)。

でも奄美は1つの島で宮古島のような綺麗な海もあれば、西表島のような大自然もあれば、写真のような絶景ロードも至る所にあって、ホントに1週間でも足りないほど。まぁこのときの奄美は、奄美大島だけじゃなく、喜界島・加計呂麻島・与路島にも行ったので1週間じゃ足りませんよね〜(請島も行く予定も欠航)。

次回は奄美大島と加計呂麻島だけに絞って、もう少しのんびり巡りたいものです。来年は気軽に島へ行けるかな〜?(船で行くのはまだ無理かな・・・)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/25-07:25 | 沖縄離島情報

2020年11月24日

2020年の連休はこれにて終了!連休の沖縄は「恐怖」の一言

いきなり冬の空気感。今朝の沖縄。那覇の気温「21.0度」(昨日の朝は24度前後)。そもそも昨日1日の最高気温はその朝だったんですけどね。比較的1年を通して温度の上下が少ない沖縄で、この3度の急降下はかなりのもの。しかしこれでもまだ平年以上の気温。なにせ平年のこの時期の朝は20度未満ですからね。

おかげで今朝はのんびり朝日を眺めていたかったもののの、あまりの寒さに写真を撮るだけ撮ってすぐ室内へ退散。まぁ半袖半ズボンのみで外に出ていたからだけなんですけどね〜。でも今朝は雲は多かったものの、変化があって楽しい空模様でしたが、寒さには勝てませんでした(長袖着に戻るのが面倒だっただけ)。

sunrise20201124.jpg

でも運動するには今の沖縄の空気感は最高かも。特に今朝は風が弱かったので、何もしないと肌寒く感じるものの、運動するとちょうど良い感じ。まぁ泳ぐのはもう無理だと思いますが、ジョギングや散歩には今の沖縄は最高ですね。ただ本格的な冬シーズンになると沖縄は雨が多くなります。さらに風も常に強くなるので、運動にいい気候は今限定かな?(12月まで)

結局2020年の夏の沖縄は、コロナ禍直撃もあって、個人的にも泳ぎゼロ。一度も水着を着ませんでした。海に入ったのは撮影のために足だけ。まぁここ数年は大怪我もあって海で泳がない年も多かったものの、去年からマリングッズも新調して泳ぎを再開したんですけどね。2021年こそは水中写真も復活できることを願う次第です。まぁ今年もコロナピークを外して島へ行けていたので、潜ろうと思えば潜れたのですが、なんか気分的にね…

2021年は満を持して水中撮影込みで離島巡りしたいものです。

diveintokashiki2020.jpg

とりあえず鬼門の3連休は終了。でもこの連休は本気でコロナ蔓延がヤバイ沖縄だけに、恐怖でまともな外出を一切できず。出たのは連休初日の朝(観光客もまだ来ないタイミング)と、夜明け前の朝ランのみ。あとは完全出不精で連休を過ごした次第です。

でも2020年はもう連休はありませんよね〜。12月も天皇誕生日が変わったので今年から祝日はなくなりましたし、次の鬼門は年末年始。初詣はもともとする気は無いのでどーでもいいですが、初日の出は見たいものの良いスポットはどこも混雑。まぁ家から見ようと思えば見れるので、リスクを負ってまで見に行くことは無いかな?

コロナ禍が始まったのが実質3月以降なので、まだ年末年始は迎えていないわけなんですが、どんな年末年始になるんでしょうね。まぁ沖縄の場合、危機感が麻痺している人ばかりなので、忘年会など変わらず馬鹿騒ぎしていそうな気がしますが・・・

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/24-08:40 | 沖縄ライフ

2020年11月23日

恐怖!コロナ蔓延期に観光客も沖縄県民もうじゃうじゃ…

また真夏。朝ランすると空気感、一発で分かりますね。夏の空気感だと汗のかき方が半端ないので。朝ラン中も肌にポツリと来て、「あれ雨?」って思ったら自分の汗でした。なにせ今朝も那覇は最低気温で24度近くもあるし、湿度も85%前後と超蒸し蒸し。でも風は微風ながらも北風。まぁ南風だったら湿度90%超は確実ですからね。

でも今日の沖縄は西から雨雲群が接近中。既に夜明け前に宮古・八重山ではちょっと強めの雨。沖縄本島海域でも慶良間あたりまで雨雲群が来ていますが、でも本島海域のものは小さい雨雲群ばかりなので、運が良ければ雨無しのエリアもあるかもしれませんね。そしてこの雨の後は北風が強くなると思いますので、夏模様は朝までって感じかな。

それでも今年の11月はここ最近では最も暑い1ヶ月です。むしろ10月が寒くて常に長袖着用していたのに、11月はずっと半袖のみ。完全に10月と11月の季節感が逆転している2020年の沖縄です。逆に言うと閑散期のこの11月がまさに「ベストシーズン」の気候。

嗚呼、離島へ行きたい…(コロナ配慮で行くに行けない…)

この連休は2020年の離島情報整理をしていて、島の風景を1日中見ることになることもあって、なおさら「島行きたい」気分がアゲアゲ。那覇からなら気軽に行ける分、余計にストレス溜まります。まぁ島の人はマスクすらしない観光客が押し寄せて、さらなるストレスになっていると思いますので、せめて私1人だけでも島へ行かないことで島の人のストレスを軽くできればと思う次第です。

でもこの連休。沖縄は観光客でうじゃうじゃっぽい。実際に人が多く集まる場所には近づきさえもしませんので実情はわかりませんが、少なくともホテルの客室照明の数が夏より多いです(夏はコロナピークで激減でしたが)。この客室照明の数が観光客の数に直結するので、明らかに今朝の那覇は観光客でうじゃうじゃです。羽田空港も酷かったようですが、今日の那覇空港も酷いんでしょうね…(コロナ感染拡大無視して沖縄旅行した人だらけ)

ただこの連休を乗り切れば、年末まで連休がありませんし、さらにオフシーズンもあって平和な沖縄に戻りそう。ただ今の沖縄は観光客もさることながら、危機感が未だに皆無の沖縄県民の方が「コロナ感染源」。今朝も酔っ払いだらけで、どの集団も4人よりも多いですし、何より100%マスク非着用。しかも夜明け前まで飲んでいたということは完全に2時間超。

10月26日発令
沖縄県コロナ警報
飲食は4人以内
2時間以内



まぁこれを出した沖縄県の職員が6人で4時間も会食して集団感染する有様ですからね。ホントに沖縄県民の危機感の低さ、バカさ加減に嫌気が差す沖縄生活です。正直ものはバカを見るのは本気で止めて欲しいものです。まぁ沖縄県知事があそこまでバカなので、類は友を呼ぶんでしょうね(県知事が嗚呼だから県民も同レベル)。

感染率が高くても、まだ首都圏の方が安心して過ごせそう。

沖縄は感染率が全国ワーストなのはさることながら、沖縄県民の危機感の低さ、未だコロナ無策の無能沖縄県知事、そしてGoToで本土からの感染リスクの集中砲火と、全国で最悪の状況。

マジメに住む人間には地獄の沖縄です・・・

2019nCoV-200130monos_niid.jpg

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/23-07:46 | 沖縄ライフ

2020年11月22日

離島行きはタイミングが重要!今は行くべきでは無い!!

StopTravel2020〜南大東島
daitoskyshioya202009.jpg


GotoTravel2021〜南大東島
GotoTravel2021〜南大東島


手前味噌になりますが、2020年の離島行きのタイミングは読みが良かったと思います。泊まりがけで行ったのは3回のみでしたが、その3回とも見事にコロナの大波直前。

2月の奄美群島は3月のコロナ第一波直前。
9-10月の大東島/久米島は現在も続いているコロナ第三波直前。

まぁ10月の沖縄は完全にコロナ第三波状態でしたが、それでも今現在に比べるとまだマシな時期。でも島の人の気持ちを考えて、島では宿に泊まらずキャンプ。さらに食事も自炊して、島の人にイヤな気持ちになってもらわないように努力を怠らなかったと思います。もちろん常時マスク着用(キャンプ場所でもテント内以外は着用)。

離島行きの場合、行った先がどうかではなく、自分がどこから島へ行ったかが重要なのを理解して欲しいものです。

とかく沖縄旅行に来る観光客は、沖縄に到着するやいなや「マスク非着用」の暴挙に出る輩が多い。まぁ沖縄本島の場合は、本土以上に悲惨なコロナ感染率なので、その行為は「ジサツ行為」にしかなりませんが、離島の場合はほとんどの島で感染者ゼロのところに、感染者だらけの本土や沖縄本島から行くと、島の人は良い気分じゃ無いですよね。

特に久米島へ行った際、島の人から直接聞いたあの言葉が今も心に刺さります。

「本土からの直行便は恐怖でしかなかった」

久米島は基本的に沖縄本島から船と飛行機で行きますが、真夏の時期だけ羽田から久米島への直行便が就航。2020年の直行便はまさにコロナ第二波の最中。島の人には来る人全員が恐怖でしかなかったとの話でした(直行便はほぼ100%が本土からの観光客)。でもあの時期も本土より沖縄本島の方が感染者は悲惨(東京人口比で感染者数最大1138人相当/1日)でしたが、それでも本土から来る人が最も恐怖だったと言っていました。

逆に大東島は本土から直接の往来ができないので、久米島ほどピリピリしていませんでした。それでも那覇より明らかにマスク着用率が高かったです(沖縄本島の人の危機感の無さが酷すぎる)。大東島では公式には今のところ感染者は出ていませんが(大東島は南部保健所の管轄で南部管轄内での感染者は出ていますが)、それでも離島では沖縄本島や本土以上の危機感を持って過ごされています。そこに感染者が多い地域から行くことの意味、考えて欲しいものです。

コロナ第三波の今。感染者が出ていない離島には、できる限り行くべきではありませんよね。

でも個人的に仕事で行かざるを得ない12月の石垣島行き。悩むところです。私1人だけなら延期したものの、本土から島で合流する仕事関係者がいるので、延期することができません。石垣島の感染者は一時期よりは落ち着きましたが、那覇の感染者はワーストレベル。そこから島に行くのは心苦しい限りです。

さすがに仕事で行くのでキャンプは無理ですが、せめても外食はしないようにしたいと思います。問題は仕事ついでの石垣島から先の島行き。行きたいものの、先の話のように島の人の気持ちを考えると行くべきではありません。泊まりがけで行くのはもっての他かもしれませんね。行ったとしても島の人があまり利用しないフェリーや貨客船を使おうかな?通常便は島の人が普段の移動に使うので、できる限り避けようと思います。

やっぱり小さな島行きは2021年になるまで我慢ですね(2021年もまだ分かりませんが…)

StopTravel2020〜南大東島StopTravel2020〜南大東島


GotoTravel2021〜南大東島GotoTravel2021〜南大東島




posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/22-07:45 | 沖縄離島情報

2020年11月21日

国道330号線はトックリキワタ街道(大平〜沢岻)

tokkurikiwata20201121.jpg

分かる人にしか分からない、いや、地元の人でも気づいていない人も多いかもしれない。

国道330号線「大平〜沢岻」はトックリキワタ街道!

わかりにくい理由は歩道を通る人が滅多に居ないから。

確かに車でもトックリキワタの花が咲いていることを確認できるでしょうが、いかんせんこの区間は「バイパス」。信号が一切無いので脇を見ている余裕は無いと思います。まして歩道の上がピンク色で埋め尽くされていることは、歩道にいないとわかりませんからね。

そもそも「沢岻」って読めます?

まぁそのままなんですが「たくし」と読みます(沢=たく+岻/氏=し)。国道330号線で西原ICから那覇方面へ行って最初の信号が「沢岻交差点」です(5km信号無し)。地元の人だと「業務スーパー交差点」ないし「ジスタス交差点」と言えばすぐ分かりますよねw

「大平」は那覇や浦添の人ならすぐわかると思いますが、立体交差がある「大平IC」のことで、やんばる急行バスなどの「大平バス停」もあるので、比較的認知されている名前だと思います。

そんな国道330号線の2つの交差点の間には、何故かトックリキワタの木が多い。特に上り側(那覇方面行き)には多く、今日はそれを狙って宜野湾方面から那覇へ移動する際に、あえて遠回りして通ってきました!


ルートを別ページで見る(googlemap)

R330大平バス停周辺



宜野湾方面から南下したので、まずは那覇から最も遠い「大平交差点」。実際は立体交差なので「大平IC」。そのやや那覇寄りにある「大平バス停」が最初のトックリキワタ。本数は少ないものの花が多いので見応えがありますし、何より歩道が広いのでのびのび見ることができます。バイク(自転車)移動だったので、基本は車道走行も、トックリキワタがある場所だとバイクを持ち上げて歩道で鑑賞。大平交差点は5〜7分咲きって感じでした。

R330小湾川架橋周辺




大平ICから那覇方面へ向かうと最初は下り坂で、下りきった先はまた上りとなります。その谷底あたりが特にR330でトックリキワタの木が多い場所。谷底は小湾側に架かる橋となっていて、さすがに橋の上にはトックリキワタの木はありませんが、その両端に花盛りのトックリキワタの木が望めます。歩道の上が一面のピンク色に染まる場所。まさに自力移動ならでは楽しめる光景です。

R330沢岻ジスタス周辺



そして那覇と浦添の市境付近にある「沢岻」交差点付近。那覇方面に向かって右に「業務スーパー」、左にスポーツジムの「ジスタス」がある交差点です。のジスタス側にトックリキワタの木が多い。本数が多いので花を望める期間も長いですし、古島駅からもそれほど遠くありませんし、何より業務スーパーでの買物ついでに見に行くことができる(笑)

R330全般的にはまだ5分〜7分咲き程度。開南交差点のような満開レベルのものは無かったです。

R330は朝ランでたまに通るけど、夜明け前がほとんどなので、通っても真っ暗なので花が咲いているか否かも確認できません。今回のように意図的に昼に来ない限り、開花状況をチェックできませんね。なにせ住所的にも「浦添市」で那覇ではありませんので、なかなか行く機会がありません(大平になるとなおさら行く機会無い)。

なのでR330のトックリキワタ昼レポートは今回きりかな?まぁ以前のような「夜桜」ならぬ「夜トックリ」ならレポートできそうですけどね〜。





posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/21-13:38 | 沖縄ライフ

北風なのにあわや熱帯夜って・・・

昨日の夜も超寝苦しかった沖縄。11月後半でここまで連日暑いのは、沖縄で暮らしてから初めてかも(もちろん本土でも経験ありませんが)。特に昨日の夜は、午後に那覇でもひと雨あった影響で蒸し蒸し。ここ最近の中でも那覇は最も暑く感じられ、リアルにエアコン使うか否か悩む暑さでした(結局、夏用サーキュレーターでしのいだ)。

でも昨日のひと雨以降は冬の北風に変わったので、暑さも和らぐと思ったんですけどね。

まぁ北風なので日中の気温は昨日までのような30度近いレベルにはならないと思います。この連休はほどよい気候になることを期待。といっても沖縄も酷いですが本土も悲惨レベルのコロナ感染拡大につき、外出はできる限り自重する予定。その代わりに2020年の離島情報の整理や、最新離島レポートを整理出来ればと思います(公開までは無理ですが…)。

でも今日は連休も初日なので、午前ならまだ本土からの観光客も来ていないタイミング。それを狙って買い出しも兼ねてちょっと外出予定。できれば今満開の「トックリキワタ」を見て回りたいですね。そもそもトックリキワタがある場所は、人が通らない場所ばかり。並木ですが観光客はまずいない場所ばかりですし、地元の人も基本は歩かない場所が多いので、他の人を気にせず見ることができそう。

無事に戻ってこれたらこのブログでレポートできればと思います。

でもやっぱりこの連休はコロナが気になるな〜。なにせ全国的に記録的な感染者数になっていますからね。沖縄もまだ8月の100人超の感染者(東京人口比1000人レベル)まで至っていませんが、問題は減ってもいないこと。ずっと東京人口比で200人とか300人レベル。それが逆に「慣れ」になってしまっているのが恐怖です。今年の沖縄コロナは完全に「連休後に急増」しているので、この連休以降の11月終盤の数値がリアルに気になります。

第二波の8月初旬、東京人口比1000人レベルの感染は「海の日連休」が発端。第一波の4月コロナも「春分の日連休」が発端。GWだけは第一波(緊急事態宣言)のおかげで乗り切りましたが、10月以降、今なお続いている第三波も「秋分の日連休」が発端。

どう考えても今週末の連休がさらなる感染拡大の発端になってしまいそうです。

「北海道があの状態なのでキャンセルして沖縄へ来る」という発想は、ぜっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっったいに止めて欲しいものです。この連休は越境せずに近場をお楽しみ下さい。個人的にも越境こそしないものの、離島行きを我慢中。

離島の写真整理して、離島気分を楽しむこととします(T_T)

<今年行った島の一つ(コロナピークの狭間)>
minamidaitopoolgate2020a.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/21-06:54 | 沖縄ライフ

2020年11月20日

沖縄の真夏の陽気は今日まで?

sunrise20201120.jpg



まさに夏色の朝焼け。ここ最近の沖縄は天気良すぎて焼ける雲が全くありませんでしたが、今朝は夏のようなうろこ雲があって、良い感じに色づきました。

夏だね〜(11月も終盤だけど…)

ちなみに今朝の那覇は昨日より2度も低いものの(それでも23度弱)、その代わりに湿度が高く95%。さらに無風なのもあって、昨日より暑く感じる朝。11月で連日のこの暑さは沖縄でもかなり珍しい。しかも今朝は那覇だけ気温が低かっただけで、他は各地で熱帯夜。何なんでしょうね〜、この暑さ

<今朝の最低気温>
#北大東島 25.7度
#与那国島 25.6度
#石垣島 25.4度
#南大東島 25.4度
#久米島 25.0度


でもこの暑さの原因は、本土を通過中の前線に向かって吹く南風によるもの。本土は昨日が九州、今朝は近畿がかなり激しい雨になっていて、今夜にも関東に到達。そこに向かって流れ込む湿った空気が沖縄に入ってきていて暑くなっているようです。

そして沖縄・奄美もその雨雲群の末端がかかるエリアもあって、その「峠」が通過するまではさらに暑くなるかも?昨日も日中は30度こそ超えなかったものの、波照間島・西表島・久米島で29度台。今日は30度を超えるエリアが出てきそうな予感・・・

<昨日の最高気温(平年比)>
#波照間島 29.3度(+4.0度)
#西表島 29.2度(+4.6度)
#久米島 29.0度(+5.0度)
#那覇 28.6度(+3.6度)

ただその「峠」以降は、よーやく平年並みの気温になりそうですけどね。峠通過の際に雨が降るか否かはエリア次第ですが、今夜あたりに沖縄でもその峠はあるかな?なので連休は真夏の陽気ではなく、この時期らしい陽気になりそう。泳ぐにはちょっと辛いと思います(そもそも11月の沖縄は泳ぐ雰囲気ではない)。

しかしコロナ感染が日本全域で最悪レベルでの連休。北海道は危機感があってキャンセルも多くなっているようですが、沖縄は危機感皆無で連休に多くの人が来そうで恐怖です。まぁ観光客のウイルス持込以上に、危機感のない沖縄県民が県内移動する方が恐怖ですけどね。

離島に行くには最高の週末なのに、島の人に申し訳ないので我慢します(/_;)

来月の仕事も兼ねた石垣島行き。はたして行けるのだろうか・・・(宮古・八重山はこの3日間感染者が出ていませんのが唯一の救いも、那覇の感染者は東京人口比860人相当と悲惨・・・)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/20-08:01 | 沖縄の服装/天気

2020年11月19日

暑すぎる11月。下地島で最高30度!今朝も各地で25度超の熱帯夜!?

sagaribana20201119.jpg

昨日、冬の花「トックリキワタ」満開の記事を書きましたが、その翌朝は真夏の花「サガリバナ」がほどよく開花。なんか季節感が滅茶苦茶な11月の沖縄です。しかも今朝は那覇でもあわや熱帯夜の最低気温「24.3度」。久米島に至っては「25.0度」の熱帯夜。さらに宮古・八重山では多良間島、石垣島、西表島、与那国島で25度超の熱帯夜以上の暑さ。

そりゃサガリバナも真夏と勘違いして開花しますよね〜(トックリキワタは10月が寒かったので開花が早まった模様)。

那覇も気温こそ熱帯夜は避けられたものの、湿度90%でほぼ無風。朝ランの際の汗は半端なかったですし、サガリバナ撮影時はランニング中だったこともあってポタポタ汗が地面に落ちるレベル。さらに撮影中にまさかのこの時期に蚊に食われまくる事態に。さすがの沖縄でも11月だと蚊はほとんど気にしなくて済むはずなんですが、ここ最近の沖縄の暑さが半端ないので蚊も活発に活動しているみたいです(サガリバナの木の近くはもともと蚊が多い)。

さらに昨日はついに下地島で最高気温「30.0度」を記録。真夏日だったようです。他にも多良間島と波照間島で29度台、那覇でも28.5度と猛烈に暑かったです。なにせ最高気温も最低気温も平年比4〜5度のレベル。久米島に至っては平年比「+5.5度」はいくら何でも暑すぎでしょ?って感じ。

今朝の沖縄の最低気温(平年比)

#石垣島 25.5度(+4.7度)
#多良間島 25.4度(+4.5度)
#与那国島 25.2度(+4.6度)
#西表島 25.1度(+5.1度)
#久米島 25.0度(+5.5度)
#那覇 24.3度(+4.7度)


昨日の沖縄の最高気温(平年比)

#下地島 30.0度(+4.5度)
#多良間島 29.5度(+3.9度)
#波照間島 29.2度(+3.8度)
#石垣島 28.6度(+3.1度)
#名護 28.5度(+4.4度)
#久米島 28.5度(+3.9度)
#那覇 28.5度(+3.4度)
#西表島 28.4度(+3.7度)
#与論島 28.0度(+4.1度)


でもこれらの数値を見て気づいた人もいるかもしれませんが、何故か「宮古島」だけは最高気温も最低気温も他の地域ほど高くないんですよね。っていうか今年の気候全般にその傾向。本島と八重山だけ気温が高いんですよね。でも実際は八重山は平年通りで、沖縄本島海域だけ異常に気温が高いので、結果的に宮古島だけ気温が低めに見える次第。沖縄本島は下手すると八重山以上の暑さになることも多かった2020年。この11月もその傾向が続いているだけかもしれませんね。

11月も後半になると常時長袖着用の時期も、ここ最近の沖縄は半袖でも暑く感じるレベル。週末に離島で泳ぎに行きたくなりますね〜(でも沖縄コロナ悲惨が故に離島行きは申し訳なくてできませんが・・・)

しかし今週末の沖縄、そして本土もどうなっちゃうんだろうね。

コロナ第三波。完璧に大津波が来ています。なのに「GoTo何ちゃら」で感染助長。国民・県民(都民/府民/道民)に死ねと?特に沖縄県は県庁舎で会食人数制限無視して集団感染する始末。沖縄県庁7人の集団感染は東京人口比で50人相当の感染。さらに昨日発表された密室カラオケで15人の集団感染は東京人口比で100人超レベルの感染

離島の人は沖縄本島(特に那覇)から来る人は恐怖だろうな・・・

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/19-08:08 | 沖縄の服装/天気

2020年11月18日

那覇トックリキワタ開花状況x3(開南交差点/壺川交差点/松山公園)

午前中に那覇でいくつか用事があっていろいろ移動。そのついでにちょっと遠回り。那覇市街でトックリキワタが咲き誇る場所を巡ってきました。場所は「開南交差点」「壺川交差点」「松山公園」の3ヶ所。どこもローカルな場所でも那覇市民でも近所じゃ無いとどこかも分からないかもしれませんね。まぁ松山公園は繁華街(夜の街)の近くなので、観光客でも知っている人も多いかもしれません。

ちなみに松山公園から国際通りを横断して約1.5kmで開南交差点、開南交差点から裏通りを1km進むと壺川交差点って感じで、3ヶ所はそれほど遠くありません。



開南交差点→満開




ローカルアーケードの「サンライズ那覇」の先にある開南交差点。そのバス停のすぐ脇にあるトックリキワタの1本木は完全に満開状態。少しバス停側が新緑になっていましたが、それでも広葉樹全体にピンク色が広がっていて綺麗でした。ただトックリキワタは開花後にすぐに散っちゃうので、今週末まで持たない気もします。まさに「今」が見頃かもしれませんね。

壺川交差点→3分咲き



高台の泉崎/城岳から壺川へと下る坂道。ハーバービューホテル裏通り。ここはトックリキワタの並木道になっていて、タイミングがいいとピンク色のトンネルになることもあります。ただ今回はまだ3分咲き程度。しかもここの並木は超高木で花が咲いている場所が高すぎ。花の写真もさることながら並木の写真も他の木に隠れて上手く撮影できず。今月中は何度かチャレンジしたいものです。

松山公園→5分咲き





那覇の桜の名所でもある「松山公園」。でも桜があるのは公園南側で、公園北側にはトックリキワタが広場の回りに何本もあります。那覇の桜の名所が「与儀公園」なら、トックリキワタの名所は「松山公園」といっても過言ではありません。でも例年なら12月以降が見頃なので、ちょっと早いかな?と思いましたが、無事に満開状態の木も見ることができました。満開の木と全く咲いていない木が極端だったものの、その分、花見できる期間は長そう。でも場所が場所だけにあんまり何度も行きたくないんですけどね・・・(コロナ集団感染を何度も発生させている松山の繁華街の中にある公園)


そんなこんなで那覇市街のトックリキワタの開花状況はこんな感じ。でも個人的に最もトックリキワタが楽しめるのは国道330号線の浦添エリア。朝ランでたまに通るものの、早朝なので綺麗に望めないのが残念(先日の夜トックリキワタはまさにココ)。那覇で生活していると、浦添にはなかなか行きませんからね。でも週末に宜野湾方面に行く予定があるので、遠回りしてでも浦添のトックリキワタを見に行きたいものです。

もちろん他のエリアにもトックリキワタはいっぱいあると思いますので、今が見頃ということもあって、あのトックリ型の幹を探してみてはいかがでしょう?(離島にあるか否かはわかりませんが)

tokkurikiwata20201118x0821.jpg
(水飲み台がお猪口/オチョコのようで面白い光景)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/18-14:02 | 沖縄ライフ

しばらくは夏の沖縄!平年より4度前後も高い状態が続く…

sunrise20201118.jpg

しばらくは夏の沖縄!平年より4度前後も高い状態が続く…

朝焼けはキレーでしたが、この色合いは確実に夏色。

今朝も暑すぎる沖縄。っていうかちょっと暑すぎ!

さすがに冷房は使いませんでしたが、この時期にまさかの夏用の大きめのサーキュレーターを常時使用。今朝は気温が高いだけではなく、これまで吹いていた風もないので窓を開けても全然空気が流れず、室内に暑さがこもる感じ。衣替え不精で出しっぱなしで良かったw

でも那覇はまだマシ。八重山ではあわや熱帯夜の暑さが毎晩続いているようです。八重山だとエアコン使っている人も多そうだな〜(今朝の石垣島の最低気温24.8度とか)。

日中は30度まではどうにか気温上昇しないものの、昨日も波照間島では28.7度ですからね。ちなみに平年の石垣島の最高気温は「25.2度」、最低気温は「20.6度」。平年より4度も高い状態のようです。まぁ那覇も今朝の最低気温は23.5度で昨日の日中も27.3度と平年より3〜4度高いですけどね。

昨日の沖縄各地の最高気温

#波照間島 28.7度
#多良間島 28.4度
#下地島 28.4度
#与那国島 28.3度
#石垣島 28.3度
#久米島 27.7度
#那覇 27.3度

※平年は23-24度前後

今朝の沖縄各地の最低気温

#石垣島 24.7度
#多良間島 24.1度
#与那国島 23.9度
#波照間島 23.8度
#西表島 23.8度
#奄美大島 23.6度
#那覇 23.2度

※平年は19-20度前後

ちなみにこの先の天気もずっと晴れ予報。沖縄の天気予報はアテになりませんが、晴れ予報だけは的中率が高め。気温もずっと平年より高い状態。台風シーズンが終わるやいなや夏の陽気に戻るのは珍しいです。平年ならこの時期は冷たい北風になって肌寒さも感じるはずなんですが、ここ最近の沖縄はずっと生暖かい東風。今日も半袖1枚でも汗ばむ気候なんだろうな・・・

11月以降の衣替えでせっかっくだした長袖が用無し(でも10月は肌寒い日が多くフル活用)

今日は長めの外出予定ですが、半袖1枚なのはもちろんのこと、汗ふきタオルも必須。日焼け対策もしっかりして用事を済ませたい次第です。その途中で1ヶ月早い満開になった「トックリキワタ」も望めたら良いな♪
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/11/18-07:50 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲