2017年05月07日

衝撃のニュース!南大東島のお気に入りの宿が廃業・・・(T_T)

偶然なのか必然だったのか、泊港に停泊している「フェリーだいとう」を見て、GW終わったらあれに乗って大東島に行きたいな!って思っていた矢先、ホムペのクチコミ情報に衝撃のニュースが!?


「民宿金城 廃業」


えーーーー!あまりの衝撃に頭が真っ白になりました。というのも、南大東島ではこの民宿。定宿はもちろんのこと、他の宿には一切泊まりたくないレベルだったんです。ここ最近もここしか泊まったことがありません。そもそも大東島には北も南も宿が少なく、1つ廃業するだけでかなりの影響がありそうな気がします。

まぁ北大東だと2つしか宿が無いので、1つが廃業したらさらにすごい影響がありますが、南大東でも両手で数えられる宿しかないですし、さらに南大東では民宿らしい民宿はこの金城さんだけ。他はホテルや素泊まりや安宿のみで、純粋な食事も提供される民宿はここぐらいだったんです(よしざとさんの民宿もあるけどホテル併設なので民宿はかなりおざなり)。

しかもこの金城さんの女将さん。すっごいいい人なんです。以前、宿泊した際に那覇の話で大盛り上がりしました。

今年もGWが終わったら大東島へ行こうと思っていたところに、この衝撃のニュース。

民宿のホームページにもこう書いてありました。


「感謝 廃業のお知らせ」


泣きそう(/_;)


今まで、離島の宿でも数多くの廃業を目の当たりにしてきましたが、今回のこの民宿金城さんの廃業は離島旅行で最大の衝撃!

ちなみに営業は5月末までとのことですが、食事提供はもうしないらしいです。食事のおいしさもこの金城さんの魅力だったので、もうあの食事を味わえないとなると残念でなりません。しかもその5月末。なんとタイミングが悪く、船がドック入り。実際は「5/26〜6/8」までドック入りなんですが、もともと週に1〜2便しか運行していなかった船なので、5月の最終便は5/20那覇新港発の5/23泊港着。ちなみに5月の残りの運行は以下の通り。


・5/07那覇新港発〜5/10泊港着(北先行)
・5/11泊港発〜5/14泊港着(南先行)
・5/15泊港発〜5/18泊港着(南先行)
・5/20那覇新港発〜5/23泊港着(北先行)


民宿金城さんが営業している期間に船で大東島まで行けるのは。ちなみに船だと那覇から往復1万円ちょっとですが、飛行機だと往復割引を使っても往復3万強。この2万の差は大きいですね。しかも船だと那覇を夕方発で大東島朝着ですし、帰りも大東島夕方発で那覇朝着なので、非常に便利なんですよね。まぁ船の中で2泊するので、船酔いしやすい人にはかなり厳しいですが、個人的には「寝ている間に移動」ができるので、飛行機よりも船の方が好きです。

しかも私事ですが、この運行期間中の後半の2便は、他の予定もあって島へ行くのは無理。となると今月前半しか、民宿金城さんに泊まりに行けなーーーい(T_T)

もちろん飛行機で行けば今月末でも泊まりに行けますが、先の話のように船移動が好きですし、何よりあのクレーンによる上陸。あれがないと大東島に来たって感覚が無いですからね^^ゞ

しかし予定が急すぎる!!!

民宿のブログでは3月末にはこの廃業話が出ていたので、もう少し早く情報を確認していれば4月中にでも行ったのですが・・・

さぁどうする(;_;)

何より問題なのは、この金城さんがなくなったあとの大東島での宿泊場所。他は考えられません。強いて言えば最も怪しい「ピットイン新城w」さんは気になりますし、最近、離島フェアにも新城さんは出店していて、何度か話もさせていただきましたからね。ただ新城さんは空港滑走路近くで、市街地からかなり遠い。無難なのは「よしざと」さんなんでしょうが、どうもあそこのオーナーか従業員か分かりませんが某男性の威圧的な態度が・・・(以前、自転車を借りたときのあの対応はちょっと・・・)

近々も、今後も、大東島行きをどうするか、ひじょーーーに悩ましい限りです(ToT)

そして今日、久しぶりに大東島行きの船が出ます。

さぁどうする^^;;;




posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/05/07-10:24 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2017年04月29日

今日からGW!ゴールデンウイークにおすすめの離島は?

いよいよGW突入。っていうか昨日、何かありましたっけ?^^;;;

まぁ盛り下がりどころか、その存在すら忘れ去られている昨日の話は放っておいて、いよいよ今日から実質的な大型連休が始まりますね。沖縄のその連休に合わせたかのように、今日は最高の天気。空気は乾燥しているし、気温も今朝は珍しく15度台まで下がったものの、午前8時には20度突破。日中は夏日前後の、まさに「ベストシーズン」の陽気になりそうです。

明日も同じような心地のいい陽気みたいで、GW序盤の沖縄はここ数年で「最高」かも?

でもこの土日はあくまで普通の週末的な印象が強く、本当の大型連休はやっぱり5/3以降の5連休でしょうね。今のところ参考にもならない沖縄の天気予報ですが、5/3以降は晴れマークも出ていますね〜。その間の5/1と5/2は雲マークが多く、TenkiJpでは雨予報も。まぁ沖縄のこの特に「雨予報」は本気でアテになりませんので、もし予報に傘マークがあっても気にしないことです。

雨予報でも全く降らないこともザラですからね〜^^ゞ

でもこの先の天気予報はかなりいい感じで、久しぶりにGWに本来の「ベストシーズン」を体験できそうな沖縄です。

今からでも遅くない!GWは沖縄へ是非www

ちなみにGWにこれからふらっと沖縄へ行くとしたら、最近、航空会社の株主優待券が暴落していると聞きますので、フルキャリアの航空会社の方が無難かもしれませんね。なにせLCCでも5/3の航空券なんかだと、成田〜那覇で3万円以上もしますからね〜。もはやスカイマークの正規運賃レベル。

でもLCCなら5/5になると1万円前後で済むことも。

連休全部を沖縄って感じではなく、連休終盤から連休明け1日までぐらいで沖縄へ行くのが、この間際でも安く沖縄旅行できるかもしれませんね〜。

ちなみにGWの沖縄は、確かに水族館とか渡嘉敷島とかの離島も混雑しますが、沖縄本島内でもニライカナイ橋や知念岬公園などの穴場なら、快適に過ごすことができますよ。また離島でもあまりメジャーじゃないところを選べば、本島よりはるかにのんびり過ごすことができると思います。おすすめは久高島と津堅島かな?

あの2つの離島は認知度があまり高くないけど、船で行きやすいので、のんびりするにはいいですよ〜♪

逆に離島でもこのGWは避けた方がいいのが、先の渡嘉敷島と、あと翁wは穏当で橋で繋がっている島。古宇利島と瀬底島はぼったくり業者が山ほど出てきますので、行っても「通過」のみがおすすめです。逆にそのおすすめではない離島の近くの、伊江島や水納島はおすすめですよ〜。特に伊江島は「ゆり祭り」も始まっていると思いますので、あの「島に降りたらゆりの香りがお出迎え」という感覚を味わって欲しいものです。

ってことで最後にこのGWおすすめの離島。勝手にランキングw

1位 伊江島
2位 久高島
3位 津堅島

ちなみに宮古・八重山はどの離島もおすすめなので、このランキングの対象外でーす^^ゞ


<伊江島の旅コラム>
島に入るとゆりの香り!GWの沖縄・伊江島で日本一早いゆり祭り開催!100万輪のテッポウユリを楽しもう

posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/04/29-09:05 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2017年03月07日

祝!奄美群島国立公園・誕生!!!

2017年3月7日は、南西諸島の離島で歴史的な日になりました。

といっても沖縄ではなく、鹿児島の奄美群島の話ですが、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島が、国立公園に指定されましたーーー!



この地図では便宜上、与論島は沖縄本島エリアに入れているので表示されていませんが、でも沖縄同等に注目している奄美群島が、しかも全て国立公園入りしたのは嬉しい限りです。ニュースでは加計呂麻島・請島・与路島は入っていませんが、国立公園マップを見るときちんとこの3つの島も入っています。厳密には与路島は入っていませんが、その周辺の海は入っています。

中でも与論島の海域公園地区に指定されたエリアは、百合ヶ浜から皆田海岸・黒花・寺崎・宇勝・メーラビ・品覇まで至る超広範囲の指定。同じ海域公園に指定された奄美大島の用海岸と大浜海岸の範囲に比べると桁違いの大きさですね。

奄美群島国立公園マップ(環境省・PDF)

すごい!すごい!すごーーーい!

でもこの国立公園指定。あと数日早ければヨロンマラソンでも発表できたんでしょうけどね。といってももともと3月7日に国立公園指定されるという話は、3月3日には公表されていたんですけどね^^ゞ

個人的にも最近は特に注目している奄美群島だけに、この国立公園への正式指定は嬉しい限りです。そして次は沖縄も含めた「世界自然遺産」への登録!

旅コラムでも誰も書かない奄美群島の記事を、ひたすら投稿してきたのも、これで報われます(笑)。

早速、奄美群島としての旅コラム、書こうかな〜?

ちょうど今回の国立公園指定された島が5つなだけに、コラムも5段落まで書けますのでちょうどいいしね。先の加計呂麻島などは奄美大島と同じ段落で扱えばいいし、さてさて、どうしましょうか^^ゞ(今思いついたので何一つ準備していないw)

とにもかくにも・・・


奄美群島国立公園、誕生です^^v


奄美群島国立公園誕生!のリリース(環境省)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/03/07-11:39 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2017年02月17日

フェリーとかしき2/17-3/4運休。高速艇は3/13-16運休。要チェックです。

告知が遅れてしまいました。

今日から渡嘉敷島へのフェリーがドック入りのために運休です。しかも3月4日までとやや長期間。でもヨロンマラソン開催後(3/5)には乗船可能(笑)。実を言うと、初のヨロンマラソン参加後に、渡嘉敷島に初上陸したんですよ〜。そういう意味ではこのタイミングは、ちょっと面白く感じてしまいました^^ゞ

あと高速艇はドック入りまでしませんが、エンジンメンテナンスのため、3月13日から16日までの4日間、運休です。もちろん、高速艇とフェリーが同時運休になることはありませんので、その点はご心配なく。まぁ海が荒れれば否応なしに両方運休になりますが^^;;;

ちなみにフェリーがドック入りしている2/17〜3/4の間、2/21(火)、2/24(金)、2/28(火)、3/3(金)だけは代船で運行するらしいです。多分、フェリーざまみかな?

とにもかくにも今日から慶良間航路の船便は、運行予定を事前に確認しましょう。

ドック入りやエンジンメンテナンスになる渡嘉敷島への船だけじゃなく、その代船になるかもしれない座間味島・阿嘉島へのフェリーも要チェックです。

渡嘉敷島への船の運航情報
座間味島・阿嘉島への船の運航情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2017/02/17-09:57 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2016年11月02日

新造船「フェリーざまみ3」。無事出港!?



2016年11月1日。沖縄本島・那覇と慶良間諸島の座間味島・阿嘉島とを結ぶフェリー。新造船が無事に就航、そして座間味島へと向かいました。

「フェリーざまみ3」

昨日は北風が強くて海も大荒れで、高速艇は軒並み欠航。フェリーもかなり危うい海の状況でしたが、無事に昨日の午後0時30分。那覇の泊港から阿嘉島経由で座間味島へ向けて、新造船が出港しました。昨日は那覇を出航後、阿嘉島経由で座間味島まで行き、そのまま座間味島に停泊。そして今日の午前に那覇に戻る予定でした。

しかーーーし、今朝の泊港。フェリーざまみ3。居る^^;

理由は海が大シケなので、今日の午前に座間味島から那覇まで戻る予定だったフェリーが欠航しそうだったので、繰り上げ運航したみたいです。っていうか本来なら昨日の午後は確実にフェリーでも欠航レベル。でも新造船就航ということもあって、かなり無茶な運航だったことがうかがえます(間際で運行スケジュールを変更することはまず無いので)。

でもまぁ無事に那覇に戻ってきたので良かったですね。なにせ新造船の初航海だったので、式典で関係者がいっぱい乗船。もし今朝の便が欠航して戻れないとなると、困る人も多いので、昨日のうちに繰り上げての運行だったんでしょうね。

ちなみに昨日は泊港で新造船就航の式典があったみたい。でも私が泊港に着いたときは完全に終了〜。くす玉も傍らに片付けられていました^^ゞ



でもフェリーざまみ3が無事に出港する様子は望めたので良かったです。しかも出港するタイミングは、天気が良くて日差しが刺さるほど暑かったです。風は確かに強かったですが、泊港から見る限りは荒れてはいるものの、どうにかフェリーなら運行できそうな状態でした。

そしてこの初出港を見送ったあとに自転車で宜野湾まで行ったのですが、常に向かい風だったので地獄でした。風が凄すぎ!!!(でも帰りは超快速)

ちなみに新造船を間近で見ましたが、どうやら1階も2階もイス席でしたね。座敷席は1階後方のみって感じで、全体的にイス席になっていました。まぁ座敷席で横になるのは地元の人がメインなので、そういう棲み分けをした結果かも知れませんね(私もほとんど座敷席w)。

あと先の式典の写真にもあるように、泊港でのフェリーへの乗船するためのスロープ。かなり特殊なものになりましたね。他のフェリー乗り場では見たことがない「L字型」の乗船橋。なんでその形にしたのか理由は分かりませんが、でもあれってかなり場所を取りそうな気が・・・

もちろん泊港での話で、阿嘉島や座間味島であの乗船橋が導入されている可能性は低いと思いますので、なんで泊港だけあれになったのか謎。しかも大きくなれば移動も大変のはずで、しかも乗船橋って人力で移動させるでしょ?大丈夫なの?って感じです。しかもL字型ってカーブがあるから人の流れが悪くなるので、上下船の効率が悪くなる。正直言って何一つメリットが無いあの形。謎です・・・

同じく3年前に新造船になった渡嘉敷島への「フェリーとかしき」は逆に素晴らしく、乗船橋が船に取り付けられているんです。そのまま電動で乗船橋が降りてきてそのままスロープになる仕組み。確かに海の干満によって傾斜がかなり変わりますが、何よりスロープが広い。通常1mにも満たない乗船橋が、この渡嘉敷島へのフェリーは2mぐらいありますからね。ホントに渡嘉敷島へフェリーで往来する際の上下船はスムーズです。

今後、新造船になったフェリーざまみ3ですが、船内は快適だとは思いますが、上下船がかなり不安。しかも就航が夏シーズンが終わったあとなので、ピークの真夏に人をさばききれるかどうか・・・

とにもかくにも無事に初運航を果たした新造船「フェリーざまみ3」。これからは欠航リスクも多い時期ですが、快適な船旅を提供してくれることを願うばかりです。はたして私の初乗船はいつになるかな〜?(正直、初物とかのこだわりが一切無いのでかなり後になるかも?)





posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/11/02-09:56 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2016年11月01日

新造船「フェリーざまみ3」就航日ですが海が大シケ!どうなる?初運航!?

昨日の朝はかなり涼しく感じたけど、日中は結局29.0度まで上昇。まだ平年より2〜3度も高いです。そして昨日はその気温がなかなか下がらず、夜になってもやや蒸し暑く感じるほど。毎晩、寝る前に軽い筋トレをするのですが、その際の汗のかき方でその日の暑さが分かりますが、昨日の夜は夏モードの汗でした。

室内での筋トレですが、汗をぬぐわないとしたたり落ちるほど。一昨日の夜は全くそんなことを気にせずに済んだんですけどね〜^^;

気温的には大した変化はなかったのですが、昨日のは全般的に風が止まりましたからね。その分、日中も夜も気温が高く感じたのかと思いますが、ただ今後の予報では徐々に風が強くなってきそうです。特にその影響で海が荒れそうで、本島近海では「3mのち4m」宮古・八重山では「3mのち5m」とかなり大荒れ。今夜が波のピークのようで、明日は本島で「4m」、宮古・八重山では「5mのち3m」ということなので、今日・明日の沖縄各地の船便の運行には要注意ですね。

特に北からの波なので、八重山の西表島上原便・鳩間便は北航路なので厳しいでしょうね。っていうか既に昨日から欠航していますけどね^^;

でも今日は各地で波が高くなりそうなので、この2航路だけじゃなく、他の航路でも欠航便が出そう。中でも慶良間航路は、なにせ今日から座間味島・阿嘉島への新造船「フェリーざまみ3」就航。それがいきなりの大シケとなるとどうなんでしょうね・・・

まぁ本島近海が「3m」の波のままなら、フェリーはどうにか運航可能でしょうが、ただ「5m」になるとかなり厳しい。もちろん、高速艇は今日は無理っぽいですけどね。せっかくの就航日当日で海が荒れたら新造船はどうするんでしょうね。就航日に欠航というのはさすがにちょっとね。まぁ先の話のように「3m」の波ならギリギリ往来できそうですし、今日のフェリーは那覇から座間味島・阿嘉島への片道運航。うまく波が高いタイミングを外して運航できるといいですね。

でももし運航しても、北から強い波なので、通常の前島などの北回りルートではなく、阿波連崎経由の南回りになりそうな気がします。南回りに何度か乗船したことがありますが、あれって通常よりかなり時間がかかるんですよね。

そもそも今日の新造船初の通常運行。無事に出港できるか否か。それが一番の問題ですが・・・

ちなみにこの沖縄海域の海の荒れる原因は、おそらく現在本土を通過中の前線によるものだと思います。本土は天気が大荒れですが、沖縄は天気は比較的安定傾向なので、間接的な影響で風と波の影響が出ているっぽいです。

しかーーーし、南の海上にもヤバイ雲があるんですよね。せっかく台風シーズンが終わってこのブログでもしばらく台風情報を追わなくてもいいと思っていたのですが、な〜んかヤバそうな感じ。

しかも気象庁の予想天気図では明日には台風発生!?

といってもこの時期に南の海上で発生する台風は、そのまま西に移動し、沖縄や本土などへ北上することはまずないので心配はしていません。しかし前線が通過し、ようやく海が安定しそうなところに、台風の間接的な影響というのは勘弁。

まぁ台風になっても南の遠方を通れば間接的な影響もないのかもしれませんが、まずは現在のこの大荒れの沖縄海域。新造船「フェリーざまみ3」が無事に運航するまで落ち着いていてもらいたいものです。

ちなみに初の通常運行は今日の午後0時30分に那覇の泊港発。

無事な出港を祈ります(T人T)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/11/01-05:57 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2016年10月27日

朗報!!明日で最後だった渡名喜島日帰りが今年は12/2まで可能に!?

明日は10月最後の金曜日。

那覇から渡名喜島への日帰りは、4〜10月の夏シーズンの金曜日しかできないのですが、まさに明日がその最後の金曜日。正直、渡名喜島へ明日が無理しても日帰りしたいな〜って思っていました。でも今朝の泊港に停泊していたのが古くて遅い「フェリーくめしま」。船内は狭いしスピードも遅いので、もう1隻の「フェリー琉球」に比べて、那覇に着く時間が40分も遅いんですよね。

もし朝の船が「フェリー琉球」なら明日は渡名喜島へ迷わず行っていたのですが、遅い「フェリーくめしま」だとかなり悩んでいました。

迷いに迷っていた矢先、フェリー運営会社のホムペを見たらこんな告知が!?


「フェリーくめしまドック入り(11/19〜12/2)」


これ自体は夏シーズンが終わる11月以降、よくある話なんですが、その詳細を見ていい意味で驚き!2隻ある船のうち、古くて遅い「フェリーくめしま」がドック入りするので、新しくて速い「フェリー琉球」のみでピストン運行するのですが、その運行スケジュールが素晴らしい!!!


那覇08:30→10:15渡名喜10:30→11:50久米島14:00→15:20渡名喜15:35→17:20那覇


つまり、例年は4月から10月の金曜日のみしか日帰りできなかった渡名喜島が、今年は11/19から12/2まで毎日できちゃうんです!!!しかもフェリー琉球なので速度が速く、渡名喜島での滞在時間も長い。最大で「5時間20分」も島に滞在可能。小さな島ですし行動範囲もそれほど広くないので、5時間もあれば十分です。

11/19〜12/2は渡名喜島へ行くしかない(笑)。

ちなみに最近、旅コラムで渡名喜島のことを綴りましたが、まさかこんな延長話があるとはね^^ゞ(コラムでは10月までしか日帰りできないと綴りましたが・・・)

わずか2週間の猶予ですが、それでも今まで夏でも金曜しか日帰りできなかった渡名喜島が、曜日に関係なくできて、しかも船は新造船で快適なフェリー琉球確約なので云うことありませんね。(もう1隻のフェリーくめしまはあまり乗りたくない船なのでなおさら)


渡名喜島へ行くなら2016年は「11/19〜12/2」が狙い目でーーーす!!!


でも旅コラムはどうしましょ?この手の新着情報。追加した方が良いのかな?(自分で更新できないので面倒だけど・・・)

フェリーくめしまドック入りの情報&フェリー琉球の運行情報


旅コラム『10月までしか日帰りできない沖縄・渡名喜島!でも泊まりで行くとメリットも多い島!!』


posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/10/27-09:56 | Comment(0) | 沖縄離島情報

座間味島・阿嘉島へのフェリーは今日で最後!11月からはついに新造船!!

今日も快晴ですね。那覇。

そして相も変わらず無風状態。今朝は久しぶりに熱帯夜から解放され、最低気温は「24.3度」まで下がったものの、それでも平年比「+2.7度」。結局この10月は常に「真夏」の状態だった沖縄です。

しかも明日の予想気温は最低でも「27度」。

日中も今日・明日ともに「31度」と、もうやんなっちゃいますね^^;

おかげで本来心地よく走ることができる朝のランニングは、今朝も猛烈な汗で途中何度も「汗絞りタイム」で止まる羽目に。

でも来週の予報は「最高28度/最低24度」と少しは暑さもマシになるかも?といっても平年より3度前後高い状態なのは変わりませんので、本来、沖縄の夏シーズンは10月までなんですが、今年は確実に11月も夏シーズンでしょうね。

ホントに涼しくなるのか、少し不安になっている今日この頃です。

まぁ石垣島だと明日は「最高33度/最低27度」と、暑いレベルを超えていますね。しかも那覇だけじゃなく石垣島も宮古島も無風状態。10月末なのに完全に「真夏」ですね。普段はこの時期になるともう積極的に泳がないのですが、この週末もこの暑さなら「泳ぎ締め」的な感じでどこか行こうかしら^^ゞ

仕事次第ですが、都合がつけばそれも有りかな?

産業まつりも終わってしばらく余裕があるので、どこかの離島まで行きたい次第です。


ちなみに座間味島・阿嘉島へのフェリー。11月から新造船になるので、今朝は泊港に古いフェリーがいませんね。今日は「フェリーとかしき?(けらま?)」による代替輸送がありますが、明日10/28から10/31までフェリーは運休。でも代替船は10/29も運行とのこと。

そして11月1日からついに新造船です\^o^/

でも11/1から11/6までは不規則な運行なので、注意しましょう。11/7以降は通常運行になりますので、この先2週間で座間味島や阿嘉島へフェリーで行く予定の方は運行スケジュールを要チェックです。

まぁ高速艇はほぼ通常運行なので、高速艇での往来なら問題ないですけどね。

ちなみに渡嘉敷島への高速艇。故障でずっと運休していましたが、一昨日の10/25から運行再開したみたいです。そのおかげで座間味島への代替フェリーの運航も可能になったのかな?

今月中の慶良間航路はまだ不規則な運行になりそうですが、11月以降は座間味への新造船が就航しますし、渡嘉敷島への高速艇も復帰したので、通常運行が期待できそうです。先の話のようにこの様子だと11月も確実に「真夏」モードっぽいので、11月の慶良間はまだまだ泳げそうですね。

はたしてこの真夏モードはいつまで続くかな〜???
posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/10/27-08:15 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2016年10月24日

八重山だけですが宿情報更新&宿表示で画像拡大可能なシステムに変更(一部)

特にアナウンスはしていませんでしたが、ホムペやモバイル版の離島宿情報。八重山だけですが更新しました。データの更新は土曜日には完了していましたが、その土日でシステム側をいろいろ調整していて、アナウンスが月曜になってしまいました^^ゞ

まずは八重山の新規追加、ならびに大幅更新した宿情報一覧。


<新規追加宿>

民宿イラヨイ(石垣島)

れと宿/れとや(石垣島)

ちいさなお宿 NEST/ネスト(石垣島)

す〜じIshigaki(石垣島)

セブンスターズリゾート石垣/The Seven Star Resort ISHIGAKI(石垣島)

ゲストハウス アンシー/guest house annsea

グランヴィリオリゾート石垣島ヴィラ/ルートイン石垣舟蔵コテージ(石垣島)

素泊まりの宿 藍(石垣島)

ホテルエメラルドアイル石垣島(石垣島・旧プラザホテル)

アイランドヴィレッジ石垣島(石垣島)

民宿星立荘(西表島)



<大幅更新宿>

まるま荘(西表島)

カンピラ荘(西表島)

すどまり館(石垣島)

民宿あしび島(石垣島)



今回は八重山で定期便がある離島全てに足を運んだ際の情報でしたが、新規情報はかなり絞ったので「+11宿」だけ。あと更新した宿情報も、大幅だったものが4つだけですが、調整した宿情報はかなりいっぱいあります。写真だけ更新したものもありますし、宿の名前が変わったりして、内容を調整したり、まぁ相変わらずいろいろです^^;

でも今回は新規追加した宿情報と、写真を更新した宿情報で、システムに少しばかり調整。

今まで小さな写真のみで、拡大できたらいいな〜って個人的にも思っていましたが、いかんせん写真の元データを探すのが困難が故になかなか実現できませんでした。でも今回の更新分は、その元データを残してサーバにアップ。

パソコン版でもモバイル版でも、写真の右下に虫眼鏡マークが出ているものは、大きな写真が表示できるようになりました^^v

といってもあまりに大きすぎると通信料的にも画面的にも迷惑になっちゃうので、「640×480pixel」というほどほどの画像が表示されます。上記の新規追加分と大幅更新分については、まさに写真を拡大可能!今後は写真更新するものについては、拡大画像もサーバにアップしておくようにしますし、可能なものは元画像を探して拡大画像分だけアップできればと思います。

まぁ無難なのは、写真を全て更新しちゃえば良いんですけどね^^ゞ

まだ観光情報は更新していませんが、こちらも同じように新規追加分と、写真情報更新分は同じように拡大画像が表示できるようにしようと思います。




ちなみに今後の離島情報更新は、いつもは一括して全エリアを更新していましたが、今後は今回のように「八重山」とかエリア分けして更新していこうと思います。一括だと作業の負担が猛烈に重くなるので、作業量も多くなりますし、時間もかかって更新前に最悪の場合「閉店」なんてこともありましたからね。なのでエリアを区分けすれば更新スピードも早くできると思いますので、そういう方針にする予定です。

まずは八重山。次は奄美かな?本島かな?宮古は事情があって一番最後になりそうです^^;;;

なので地図更新も適宜離島情報が更新できれば修正したいと思います。

先は長いけど・・・^^;;;;;;;;
posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/10/24-06:01 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2016年04月24日

実を言うと座間味・阿嘉から渡嘉敷島の阿波連&ハナレ島への日帰りは楽!


新しい旅コラム
が公開されましたが、今回は慶良間3島を巡る唯一の船「みつしま」の話題。

単なる離島間航路のように見えますが、実を言うとこの船はもの凄いんです。なにせ今まで座間味島・阿嘉島といった座間味村の島から渡嘉敷島へ行くのに、一度那覇に戻らないと往来できなかったものが、この「みつしま」なら直通。しかも時間もわずか30分ちょっとで、その那覇経由で往来すると乗り継ぎなどを含めると丸々1日かかりますからね。しかも運賃が「みつしま」なら700円ですが、那覇経由だと最安でも5000円以上。

まさに離島巡りのための船なので、この船を活用して慶良間の離島を全て巡って欲しいですよね〜。

ちなみにこの旅コラムの写真。渡嘉敷島の阿波連港を出港してハナレ島の横を通ったときのもの。正面に見えるのがハナレ島です。朝の便の時のものですが、海の色がめちゃくちゃ凄かったです。なんか渡嘉敷島を発つときはこの海の色を見ちゃうので、後ろ髪が引かれましたね。

阿波連ビーチはいつも混雑するので好きじゃないですが、ハナレ島は島に行っても周辺の海でも良いですよね〜。

ってことで今週の壁紙はハナレ島の海。しかもハナレ島の山に登って見た海の色。凄かったです。

でもこの壁紙のときは、まさに「南国リゾート」をやっている人がいたので、山の上から見ていてうらやましかったです。こんなことをできるのもハナレ島のいいところですね〜。

ちなみに「みつしま」を利用すれば、座間味島や阿嘉島から渡嘉敷島のまさに阿波連&ハナレ島に日帰りできるんですよ。「みつしま」の渡嘉敷航路はオンデマンド運航なので、予約があったときのみ往来するのですが、その時間が朝便と夕方便なので、まさに阿波連で1日遊んで戻れるスケジュールです。

でもこの壁紙や旅コラムのときは、渡嘉敷島に1泊して翌朝に「みつしま」で阿嘉島に渡りました。その後、阿嘉島に1泊して、最後は座間味島経由で那覇に戻る感じで、慶良間3島を巡りましたね。

まだ梅雨入り前ですが、完全に梅雨明け状態なので、そろそろこの慶良間の離島巡りもやりたいな〜って思っちゃう気候ですので。

まぁ天気はまだ不安定ですけどね^^ゞ(梅雨明け間際も不安定な天気が多いw)

渡嘉敷島・阿嘉島・座間味島を結ぶ「みつしま」の旅コラム


渡嘉敷島〜ハナレ島の休日


渡嘉敷島〜ハナレ島の海


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/04/24-05:08 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2016年04月22日

沖縄らしい町並み?個人的な感覚だとこうなる。

「古き良き」とか「もっとも沖縄らしい」という表現を竹富島に使っている文章を見て、どうしても「?」に感じてしまいました。あくまで個人的な印象ですが、竹富島は「古き良き」ではなく「古く見せた」町並みのイメージがあります。要は建物は新しいけど、見た目だけ古っぽくしている感じです。意外と竹富島って離島の中でもスクラップアンドビルド(建て替える頻度が高い)なので、実際に古い建物はそれほど多くないような気がします。

しかも竹富島の道って車が通りやすいように広いですし、何より沖縄らしいフクギ並木がない。沖縄の古き良き町並みというとフクギ並木があって、それによって家屋が守られている感じがあるのですが、竹富島にはそういう場所があまりありませんからね。

赤瓦を使っているという意味では「沖縄らしい」かもしれませんが、「古き良き」ではないような気がします。しかもその文章には「もっとも」という表現が使われていて、それは違うな〜って感じてしまいました。

個人的には「もっとも沖縄らしい」&「古き良き」町並みは「渡名喜島」ですね。まぁこちらは重要文化財になるほどの町並みなので、公的にも認められているのかもしれませんけどね。あとそれと同レベルな町並みが、沖縄ではないものの南国奄美の離島「与路島」。この町並みもすごい良いんです。何度か島に行きましたが、何故かほっとするんですよね〜。

あと意外なところで波照間島の裏通り。ちょうど勝連荘と照島荘の間あたりのエリア。あれが良い雰囲気なんですよね〜。フクギ並木と石積みがあって、特に真夏のあの木陰の雰囲気はすごい良いです。

それと沖縄本島でも金城の石畳はいいですね。観光化されているようで、実際に町並みは昔のままだし、まさに「古き良き」を残していると思います。あとフクギ並木という意味では備瀬と並んで今泊の町並みもいいですね。

他にも小浜島も意外と古き良き沖縄家屋が残っていますし、粟国島も集落奥まで行くと良い雰囲気の町並みにが残っています。しかし竹富ファンの方には申し訳ありませんが、竹富島の町並みは個人的にはトップ10にも入らないんです。冒頭でも綴ったとおり、どうしても「造られた感」が強すぎて。

琉球村のようなものが「沖縄らしい」という人もいるとは思いますが、少なくとも「古き良き」ではないと思います。

やっぱり「古き良き」は本当に古い建物じゃないとだめですよね。そういう意味ではヨーロッパの建物はまさに「古き良き」ですよね。そういう意味でもやっぱり「もっとも沖縄らしい古き良き町並み」は渡名喜島だな〜。

まぁ与路島は沖縄じゃないですからね(笑)。

1位 渡名喜島の町並み


2位 沖縄じゃないけど奄美 与路島の町並み


3位 波照間島の勝連荘の裏あたりの町並み


4位 那覇の金城の石畳の町並みはずっと良い感じ


5位 北部の今泊の町並みも備瀬に負けないいい感じ

(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/04/22-09:00 | 沖縄離島情報

2016年03月25日

旅コラムでも書きましたが、本気で5月の伊江島には行って欲しい!

今まで何度か伊江島に行きましたが、GW時期に行ったことはほとんどありませんでした。でもここ数年、何度かGW期間中はさすがに行きませんが、GW明け直後に何度か行きましたが、本気で感動できます。

ゆりの時期なので、島の北側にある「リリーフィールド」の一面のテッポウユリもおすすめですが、旅コラムでも書きましたが、あの伊江島行きの船から下りた瞬間の感覚。明らかに沖縄本島や船の中とは違うあの香り。

島中がゆりの香りにホントに包まれているんです。

でも私も最初は、船を下りた瞬間はその匂いの元が分からず「何?この香り」って思いましたが、その足でそのままリリーフィールドに行って、その香りの理由が分かりました。船を下りた瞬間の感覚が、リリーフィールドに着いて再現されたのですから。

つまり船を下りた瞬間は、今まで無臭だったところにゆりの香りを感じたのでわかりやすかったですが、島に上陸するとその匂いに慣れて気づかなくなるものの、たくさんのゆりが咲き誇るリリーフィールドへ行くと、その香りがさらに強くなるので、同じ感覚になるんでしょうね。

正直、旅コラムでは文字数の制限もありますし、何より写真しか使えませんので、匂いの表現をなかなかうまくできませんからね〜^^ゞ

しかもこの感覚を味わえるのは、多分「5月の伊江島限定」。

それ以外の時期に行っても、そんな感覚はありませんでしたが、5月はほぼ確実にこの感覚を味わえそうな気がします。

他の離島や沖縄本島でも4月後半や5月はユリが咲き誇りますが、島中やエリア一体がゆりの香りで包まれるのは、伊江島以外記憶にありません。ホント、香りって文字じゃ表せないからなかなかお伝えにくいですが、とにもかくにもGWを含めて5月の伊江島。足を運んでみる価値は十二分にあります。

ちなみに旅コラムでも説明していますが、伊江島って那覇空港や那覇市街(県庁前やとまりん)から直通の「やんばる急行バス」が本部港まで出ているので、レンタカー無しでも気軽に行けるんですよね。どうもこの「やんばる急行バス」って、沖縄の他の路線バスやモノレールから仲間はずれにされているようで、あまり広報されていませんが、実を言うと超便利なバス。しかも運賃支払いに沖縄のバスで唯一「Edy」が使えるし(suicaはさすがに使えませんが)、途中、高速道路を使うのでかなり早い。しかも路線バスより実を言うと安い!

沖縄に住んでいる私個人も、年間何回か利用します。確かにレンタカーやレンタバイクを借りた方が安いですが、何より運転しないで伊江島や水族館や今帰仁まで行けますからね。しかも折り畳み自転車を持って行けば(やんばる急行バスはハイデッカーなので、路線バスと違って荷物を積むスペースが十二分にある)、パークアンドライドじゃないですが、バスアンドサイクルというスタイルができます。

つまり本部港まで行って自転車を持って伊江島に渡って伊江島巡りもできますし、本部港から水族館まで自転車だと意外と簡単に行けます。また1日あれば本部半島を一周して最後に名護まで行って、帰りのバスに乗ることもできますからね。ちなみに名護から乗ると水族館や今帰仁から乗るより500円近く安くなるんですよね〜^^ゞ

まぁ折り畳み自転車は無理としても、本部港や水族館まで那覇空港や那覇市街から直通で行ける「やんばる急行バス」はホントにおすすめです。

それ以上に5月の伊江島。あの島を降りた瞬間の香り。絶対に感動できます(多分w)。GWも含めて5月の伊江島は是非とも行ってください!!!

伊江島のゆりの旅コラム


伊江島の情報

posted by 離島ドットコム管理人 at 2016/03/25-07:20 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2015年07月08日

瀬長島が変わりつつあります!いい意味で。

昨日、「Facebookページ」や「ツイッター」で速報的にお伝えした瀬長島の情報。

今回は詳細とまで行かないものの、写真を含めた概要をお伝えしたいと思います。

以前のあの状態を知っていると変わったな〜って思いますが、でもあくまで肯定的な印象。なにせ以前は本気で「何も無い」場所で滅多に行きませんでしたからね。ホテルが出来ても寒い冬場しか温泉目当てで行かないので、夏場は全く足を運んでいませんでした。

でもこの状況なら夏でも行きたいな〜って思いました^^v



まずは瀬長島の開発マップ。こんなことに現在はなっていたんですね。

でも完成しているのは丘の上のホテルと温泉だけでしたが、最近その丘の南東側に配されている公園も出来ていたんですね。あとその公園とホテル入口に周回道路からアクセする階段も。ただホテル南西の民間施設(店舗群)はまだ工事中でオープンにはまだまだ時間がかかりそう。最初はコテージ風の宿泊施設かと思ったら店舗だったんですね。ギリシャ風の白い外壁の間を階段でつなぐ感じ。詳細は後ほど。



まずは空港側からホテル入口に直接アクセスできる階段。周回道路からはカフェや遊戯施設先の駐車場奥から上る階段で、まさにホテルや温泉の入口までたどり着けます。また上からは那覇空港の滑走路を一望できるのでその手前の海も含めてなかなかの光景でしたね。



そして島の南側からの階段。こちらは最近海岸線がキレイに整備されていましたがその豊崎側から上ることが出来ます。上った先はホテルではなく公園の一番上の部分に至ります。階段先には展望スペースもあってなかなかの光景が望めます。でももう1個のホテル前の階段までは少々距離があるのでまぁ散策にはいいかもしれませんが、真夏だとかなり暑そう・・・(階段の上り下りもあるし日影が皆無)。



南側の階段を上ったところの風景。豊崎側を見ますがこれがかなり良い。遊歩道の先に芝生があってベンチも良い感じですが、何よりこの緑とその先の青い海とのコントラストが良い。まぁ今は整備されたばかりでキレイですが、今後は雑草との戦いになるでしょうね(笑)。この手の公園的スペースはちょっと放置するとベンチが雑草で隠れますからね^^ゞ



そして最後に公園最南端部分、海中道路側から見た景色。まさに那覇空港の滑走路を望めますので、瀬長島側に発着する航空機も望める場所。残念ながら夏は南風なので瀬長島側は離陸機のみなのであまり近くに望めませんが、冬場など北風の時は瀬長島側から航空機が降りてきますのでかなりダイナミックな光景が望める場所かも?

何より以前は何も無かった瀬長島の丘の上がこうもキレイで、そして景色が開けるなんて想像も出来ませんでしたね。ホテルや温泉開業時も丘の上は未整備で景色なんてあまり望めませんでしたが、ここまでポテンシャルがあるとは!?

乱開発は好きじゃ無いですが、この瀬長島の丘の整備はかなり良いと思います。

以前はほとんど誰も来ない場所でしたが、今は周辺の人が散策に来ていたりして観光客だけじゃなく地元の人(といっても瀬長島に居住者はいないので海中道路先の那覇南部や豊見城の人)が訪れるのはいいことですね。

あとは整備中の店舗群がどうなるかかな?これはちょっとやり過ぎのような気がしますので・・・


posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/07/08-09:56 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2015年05月02日

4月の離島巡りで集めた「離島小ネタ」。始めました^^ゞ

既にFacebookページツイッターでは適宜お知らせしていますが、4月の離島巡りで集めた離島情報「小ネタ」をアップし始めました^^v

島や場所、ネタは無作為にアップしていますが、特に先にお知らせしたいものを中心に綴り始めています^^ゞ

といってもあまりに一気に綴ると、ブログ一覧の最新記事情報が全てこの「小ネタ」になっちゃうので、ほどほどの数にしています。昨日は以下の6つのネタをアップしました。

【与那国島】軍艦岩/サンニヌ台展望台復活!そしてサンニヌ台は行けるかも?
【鳩間島】「ゆみさんち」は体調不良で休業。でも回復次第再開するらしい。
【鳩間島】「ポッポ」は「あだなし別館」に!?
【波照間島】ニシ浜で「ドローン」を使って騒音をまき散らす輩出没。
【宮古島】某リゾート内にスキーリフト?「シギラリフトオーシャンスカイ」
【伊良部島】ゲストハウス「びらふやー」が閉館予定?

特に宿やお店の営業情報は今日から始まるGWでも大切な情報かと思って優先的にアップしましたが、でも中でも波照間島のニシ浜の情報。宿やお店じゃないけどこれはホントに迷惑千万だったのでいち早くお伝えした次第です。

あの静かな波照間島のニシ浜で自分勝手な観光客がうるさいモーター音を響かせてドローンを飛ばす事態。

元々波も静かで観光客が居てもそんなにうるささを感じないニシ浜で、あの騒々しいドローンのモーター音がしかも継続的に響き渡る。

まったくをもってのんびり出来る状態じゃなかったです。

小ネタにも書きましたが「2015年4月26日午後2時台」。操作していたのは男性。白いTシャツを着ていたような気がしました。おそらく何人かのグループの一人でニシ浜入口の大きな岩の前でドローンを操っていました。

とにかく音がうるさくて、最初は「ニシ浜にハエでも大量発生したのか?」ってくらい「ぶーーーーん」って音が延々鳴り響いていました。ヘリコプターほどの爆音ではありませんが、でもハエが耳の近くで飛ぶ音が延々ニシ浜でするという状態。

想像出来ますよね。非常に不快に感じます。

しかもドローンを飛ばすだけじゃなく、おそらくカメラも設置しているとなると、あれって「盗撮?」かもしれませんね。人が居ない場所だけを飛行すればいいのかもしれませんが、確実に人が映る場所を飛行しますので、音以外でも問題多いですね。

もしかしてニシ浜だけなく本土のビーチでも同じような輩が出ているのかもしれませんね。沖縄本島や他の離島でもこういう輩が居るのかな〜?

とにかく騒々しくて目障りですね。

本人は心地良いかもしれませんが、もう少し周りの人のことも考えて欲しいものです。とかく来島者は最南端の波照間島まで1時間以上も船に揺られて苦労して来たのに、静かで綺麗なニシ浜であの騒音をまき散らすのは心地良いとは思えません。

「2015年4月26日午後2時台」に波照間島のニシ浜でドローンを操縦していたあなた。二度と沖縄や離島の海、いや公衆の場所でドローンを操作するのは止めていただきたいものです。やるなら民有地か公共の場所なら関係省庁の許可をきちんととってお願いします。

ドローンが墜落して他の観光客に怪我をさせたり海を汚したりする可能性を少しは考えましょう。

少なくともドローンが出す騒音が他の人がどう感じるかを考えて欲しいものです。


話が1つの話題だけになってしまいましたが、その他にも宮古島のシギラのスキーリフトの笑える話、与那国島の軍艦岩やサンニヌ台展望台復活のうれしい話、伊良部や鳩間の宿の話などなど個別のネタは旅行ブログを今後も要チェックです。

1日5〜6本を目処に今後もアップできればと思います^^v

(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/05/02-07:45 | 沖縄離島情報

2015年03月19日

今日の最高気温はなんと!あの島???

いや〜。今日は沖縄各地で今年最高の気温を記録したらしいですね。那覇でも「25.3度」と夏日を記録し、そして沖縄では今年に入ってからの特徴なんですが、与那国島が特に気温が高く、今日も沖縄で最高の「27.1度」を記録。

こりゃ全国でも一番気温が高いかな???

・・・って思ったら、なんと!あの離島で与那国島を上回る気温を今日は記録しました。


奄美大島の名瀬で「27.4度」

まさに「何故(笑)?」


しかも奄美大島と沖縄の間の奄美各島では25度前後だったのに、名瀬だけ27度オーバー。

まぁ名瀬の地形は山に囲まれた盆地のようなものなので、熱がこもりやすくて夏場でも沖縄よりも暑く感じることもありますからね。逆に冬はその盆地形状のために強烈に寒くなりますが、その地形的な影響もあって奄美・沖縄で最高気温を記録したのかもしれません。

27.4度もあれば泳ぎたくなるね^^;

ちなみに今日の各地の気温は以下の通り。


・奄美大島名瀬 27.4度
・徳之島 25.2度
・沖永良部島 25.1度
・与論島 25.0度
・本島北部名護 25.3度
・久米島 25.4度
・本島南部那覇 25.3度
・北大東島 26.4度
・南大東島 26.4度
・宮古島 25.3度
・多良間島 25.9度
・石垣島 26.1度
・西表島 26.6度
・波照間島 26.5度
・与那国島 27.1度


夏ですね〜。うりずん(初夏)ですね〜。

でも今日のこの暑さは湿った南風によるものなので、継続的にこの暑さになるとは考えにくいかな?

予報でも明日までは気温が高いものの、明後日以降はまた気温が下がってきそうですね。

ってことは個人的な話ですが、泳ぐなら明日かな^^ゞ

さすがに素潜りの道具は持ってきていませんが、水着やマリンシューズは持ってきていますので、海に入るぐらいならできますからね。

そしてまた海に半分だけ浸かって水面の写真を撮るのもいいかな〜?(最近、あの写真にはまっています^^ゞ)


とにもかくにもいいタイミングで離島での休暇になったので、明日はこの高い気温を利用したいねo^o^o

まぁ特に島で何する予定は無いので、気ままに過ごします^^v
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/03/19-18:00 | 沖縄離島情報

2015年03月06日

八重山の離島航路。夏シーズンのダイヤが発表!

もう3月になって何日も経過しているのに、4月以降の八重山航路の夏ダイヤが発表されずにやきもきしていました。なにせ4月は毎年恒例の「離島巡り?」をしたかったですし、それにスカイマークの夏シーズンからの離島便撤退により、まだ4月はスカイマーク対抗料金が残っていますが、本格的な梅雨明け以降の真夏シーズンにその料金が残っているとは限りませんからね。

なのでこの4月からGWにかけては久しぶりに広範囲にいろいろな離島へ足を運んでみようと模索中だったのです。

なのに八重山航路に至ってはいつまでたっても夏シーズンの船のダイヤが発表されないのでやきもきしていました。

そして昨日(実際は一昨日の夕方?)。ようやく八重山航路の2015年4月以降の運航ダイヤが発表されました。


安栄観光の2015年4月以降のダイヤ
八重山観光フェリーの2015年3月までのダイヤ(参考)


とはいうものの、実際はそんなに大きな変化は無いのですが、でも波照間航路と鳩間航路は冬シーズンと夏シーズンでは運行便数が違うので、たった1便だけの話ですがどちらも日帰り観光するには大きな意味があるんですよね。

波照間便は石垣発が通常の「8:30」「11:50」「15:30」の他に「10:30」ができますので、とても利便性が上がると思います。一見、大したことが無いかと思いますが、この10時30分の便だと他の離島から朝一に石垣に戻って乗り継ぐことが出来るんですよね。8時半の便だと竹富などの超早朝便がある航路以外からの乗り継ぎは難しいのですが、この10時半の便だとほぼどの離島からの便でも乗り継げます(貨客船やフェリーは除く)。もちろん従来の11時50分便なら問題無いのですが、そうすると波照間島での滞在時間が短くなりますし、何よりこの11時50分の便は西表島の大原経由(要予約)になると1時間半も波照間までかかりますので、さらに島での滞在時間が短くなります。

そういう意味で石垣10時半発の意味って特に夏シーズンは大きいんですよね。

同様に鳩間も石垣発が通常「9:30」「15:30」しかなかったところに「10:50」も追加されますので、これも波照間島同様の効果があります。もちろんどちらの離島もその島に宿泊するなら何時の便でも良いのですが、最近は島の宿になかなか泊まれない(特に波照間)ので日帰りで行く人も多いですからね。

そういうことでこの夏ダイヤになって最も大きい変化はこの「波照間航路」と「鳩間航路」の10時台の便かと思います^^v


あとは4月以降はそんなに大きな変化は無いと思いますが、7月〜9月になるとさらに様々な航路で追加便が出ますので離島巡りには便利になりますね。

でも微妙に出発時間が3月までと4月以降でずれていますので、乗り継ぎがギリギリの場合には要注意。特に3月までは西表島への始発は上原も大原も「7時10分」だったものが、4月以降は「7時ちょうど」になるので、わずか10分かもしれませんが乗り継ぎなどではその10分が重要になってきますので、4月以降に八重山で離島巡りをする方は時刻の再確認をした方がいいと思います。

その際は7〜9月か否かも含めてチェックしてくださいね。よくある話は7〜9月の便も含めてGWの離島巡りを検討して計画通りに回れないということなので、時刻表に穴が開くぐらいきちんとチェックしましょう!

ちなみに私も昨日は時刻表に穴が開くぐらいチェックしました^^ゞ(ネットでデータを見ているので穴は開きませんがw)


とにもかくにもようやく4月以降の八重山の船のダイヤが発表されましたので、夏シーズンに向けて離島巡りを本格的に計画しましょう^o^/


ちなみに宮古は大神島と多良間島以外は定期便がもう無いので、特に気にしないでいいかな^^ゞ

あと八重山でももう1社、航路がありますがあちらは個人的に乗らないのでノーチェックです。昔からあの安栄さんと八重山観光さんには恩がありますので(スカイマークへの恩義同様)。いくら時間に便利な便があっても恩を仇で返すようなことはしません^^v


安栄観光の2015年4月以降のダイヤ
八重山観光フェリーの2015年3月までのダイヤ(参考)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/03/06-07:03 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2015年01月18日

島の地図を修正していて衝撃的な事実が!?(超個人的w)

ツイッターでは既につぶやきましたが、ホムペの情報追加も終わっていよいよ地図の修正に着手しており、どうにか与那国島までこぎ着けたのですが、そこでちょっと試しに地図にプロットしたもので衝撃の事実が判明!


蜃気楼の丘が消滅!?


与那国島がドラマ「Dr.コトーの診療所」のロケ地であったことを知っていてドラマを見たことある人ならこの「蜃気楼の丘」が何かはご存じかと思いますが、ドラマでコトー先生がこの丘を越えて往診した設定になっていて、その頂上部分に「往診の道すがら見ししんきろう」という歌碑が設置してありました。

もちろんドラマ後はその石碑(セットはスチロールのハリボテ)は撤去され本来の野原になっていましたが、この場所は与那国島西部を一望するとても良い場所で、久部良集落からもよく見える丘なんです。

そこに・・・


自衛隊基地施設の一部が!?



南牧場じゃないじゃん!!!しかもなんで久部良集落からよく見えるあの場所に自衛隊施設を造る???まぁ言いたいことはわかりますが、久部良集落からよく見えるということは逆に丘から集落越しに海を一望できるという意味で監視施設やレーダーなどの機能が設置されるのかと思います。でも今までの話では集落からは自衛隊基地の存在を感じない造りだと聞いていましたが、久部良集落を監視されるような計画だったとは思いもしませんでした。

とかく与那国島には船で往来することが多いので、この場所はその都度目に付くかと思います。

そこに自衛隊の施設が来るとは・・・

南牧場線だけなら上手く道路際を整備すれば隠せると思ったので、この与那国島への自衛隊基地整備も致し方なしかと思ったものの、この蜃気楼の丘に基地設備ないし施設を造るとは・・・

あとインビ岳の監視施設もきになりますが、あちらは集落からは見えることは無いので、おそらく与那国島の3つの集落から見える唯一の自衛隊機能になるのかもしれません。

何より蜃気楼の丘が・・・

加えて久部良から比川集落へ南牧場線以外で抜ける「久部良岳麓の道」の上を南牧場の敷地とその蜃気楼の丘の施設を結ぶ「オーバーブリッジ」的なものがかかる計画。


ちっとも存在感が消えていないじゃん!!!


正直、今回の自衛隊基地計画を地図にプロットしたのも南牧場のどの範囲まで利用されるかを確認するためだったのですが、まさが久部良集落側に拡張して集落から見える「蜃気楼の丘」まで伸びているとは思いませんでした(/_;)

昨今の与那国島では住民投票する権利を地元の中学生にまで与えるとかの話がありますが、しかし工事はとっくに始まっていますので、今更中止という訳にはいかないと思います。既にお金が島に落ちているとなるとなおさら。

しかしこの蜃気楼の丘の消滅は、島に何度も訪れている人だけではなく、Dr.コトーのファンの人も悲しんでしまうかもしれません。

少なくとも私はその両方なので、衝撃的の他の何者でもありませんでした(T_T)

「知らぬが仏」とはよく言ったもので、今回の地図メンテをしなければ多分完成するまで気づかなかったと思います。

自衛隊基地計画が南牧場線とインビ岳だけじゃなく、まさか久部良からもよく見える蜃気楼の丘まで拡張されているとは・・・

自衛隊基地の要不要の件もあると思いますが、せめて集落からは見えない場所での計画にして欲しかった次第です(/_;)


(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2015/01/18-12:00 | 沖縄離島情報

2014年10月01日

マルエーフェリー東京航路が12月7日より休止。再開は厳しいかな?

掲示板への書き込みで知りました(情報提供ありがとうございます)。

マルエーフェリーの東京航路こと「東京〜志布志〜那覇」航路が2014年12月7日より休止することになりました。「休止」といっても再開の可能性は限りなく低く、今後は大阪航路と鹿児島航路が残されただけになるかと思います。

といっても旅客の話で、貨物に関しては新造船「琉球エキスプレス2」が新たに東京〜志布志〜那覇に就航するので、物資の面では問題ないみたいです。どのみち旅客に関しては今後のニーズの伸びは期待できないと思いますし、何よりこれまでの東京航路はかなり古い「飛龍21」の船舶を利用していましたので、燃料効率が悪かったのかと思います。ただ個人的にこの「飛龍21」は沖縄移住する際に乗った船ですし(乗船したのは旧有村産業で大阪からですが)、またたまに奄美大島の名瀬経由便があって、那覇から名瀬まで直通で行けたので、移住後もたびたび利用していました。

そういう意味では寂しい限りですが、昨今の原油高や船舶業界の状況を見ると致し方なしかもしれません。

要は今後の船舶業界は「旅客」ではなく「貨物」に集中させるってことなんでしょうね。「旅客」はLCCなどの飛行機利用が多くなって今後の伸びが望めませんが、「貨物」に関しては飛行機では限界があるので今後もニーズがありますからね。琉球海運も旅客を止めて貨物に専念していますしね。

でも新造船の「琉球エキスプレス2」には乗ってみたかったな〜(基本貨物船なので多分乗れない)。

もちろん現在の多くの旅客が利用する鹿児島〜沖縄航路は存続しますし、当面、阪神航路(大阪・神戸〜奄美諸島〜那覇)は残ります。特に後者の阪神航路はヨロンマラソンのあとによく利用されるので、無くなるとかなりの影響があり、旅客の存続を今後もお願いできればと思います。


それにしても民間船舶はホントに厳しい状況ですね。

沖縄は物資の面でこの船舶業界に支えられているので、将来的にも心配になります。物資が飛行機や鹿児島航路だけからになると、確実に沖縄での流通には大きな打撃が出てしまいます。飛行機で運べないものも多いですからね。

ただ今回はあくまで「旅客」の話で「貨物」に関しての心配は今のところ無さそうですけどね。

「琉球エキスプレス2」

期待しています(といっても乗れないと思うけど^^ゞ)

マルエーフェリーのニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/10/01-09:22 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2014年08月23日

宮古諸島の旅レポート。9つアップ!

アップ済みですが、旅行ブログに宮古島をはじめとする宮古諸島の情報を9つアップ。

でもとらえ方によってはややネガティブな情報が多いのですが、オススメ情報もありますので、今後、宮古エリアへご旅行の方は参考にしてみてくださいね。

特に大神島の食堂&宿の情報と、伊良部島の宿の情報。

さすがに大神島に宿泊するのはなかなか出来ないかもしれませんが、大神島に日帰りしても食事するところが今までありませんでしたが、港のすぐ近くに食堂が出来たので是非、活用してくださいね。っていうか大神島にもみなさん、足を運んでみましょう!

あと伊良部島の宿ももうすぐ橋がつながってしまうので、今がチャンス(笑)。

橋がつながるまでなら朝晩は人も車も少ないので、のんびり出来ますよ。橋がつながると24時間宮古島から往来できちゃうので、あれも少し考えものですよね〜。

ちなみに他の情報。

閉店情報有りの、開発の情報有りの、うずまきラスク有り〜の(笑)。

まずは以下のリンクからチェックしてみてくださいね^^ゞ


<宮古諸島の旅レポート>
【伊良部島】ハンモックの宿。カサデアマカ。
【伊良部島】三和大衆食堂。前はカラオケ屋。その前はなかやすみ食堂。
【伊良部島】伊良部ヴィラホテル?
【伊良部島】佐良浜エリアのお店。あっという間に閉店。
【伊良部島】佐良浜港の大きな建物。無くなっていました。
【大神島】おぷゆう食堂。民宿もいいね。ロケーション最高!
【大神島】プナイパーの浜への道のりは険しかった
【宮古島】うずまきラスク。
【宮古島】宮古琉家テノヒラ?クマザリゾート???
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/08/23-15:50 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2014年08月14日

グルメブログ、旅行ブログ南大東島情報をアップ!

旅行ブログに関しては1つ1つの情報を短めに綴っているので、こまめにアップできていますが、グルメブログに関しては店内の様子やメニュー、食事などの情報など、事細かにレポートしたいが故に、綴るのに時間がかかってしまいましたが、久しぶりにアップしました。

グルメは本島南部の東岸。「まんまるカフェ」。

まさに絶景のカフェです。

あと旅行ブログはなかなか沖縄の離島の中でも足を運びにくい南大東島の情報をいろいろと。

グルメ情報に関しては那覇ステイの際に気軽に行けますし、また那覇空港へ往来する場合にも2時間もあればレンタカーや観光タクシーで行くことも出来るお店なのでオススメかもしれません。まぁカフェのためだけにそこまでするのはもったいないので、記事にも書きましたが、周辺のスポットも含めて行くと満足度も高いと思います。

なので今回紹介するカフェはカフェ単体というより、その周辺のスポットも含めておすすめって感じかな?

詳細は記事を読んでくださいね^^ゞ


そして南大東島。

他の離島に比べて変化はそんなに多くないのですが、でもなかなか行くことが出来ない島なので、個人的にも未体験の場所もまだ多い島なんですよね。なので変化もさることながら発見というか経験というか、ホムペにはまだ無い情報もいろいろと。

特に「民宿金城」は良い意味で衝撃的でしたね〜。あのコストパフォーマンスの良さ。

ここ最近の宿代は設備やサービスは大したこと無いのに上がる一方の中、この金城さんはホントにすごいです。

っていうか宿を続けて欲しいから値上げして!って思えるほど(笑)。

他にも南大東島の情報もいろいろレポートしましたので、この夏シーズンならびに冬シーズンでもかまいませんので、この記事をきっかけに南大東島や北大東島へ足を運んでくれる方がいるといいな〜って思います。


まずはグルメブログ、ならびに南大東島情報をアップしましたので、興味がある方は目を通してみてくださいね。

誤字脱字、表現が意味不明(笑)な部分もあると思いますし、内容が偏っているものもあるかと思いますが、多少は目をつぶってくださいね^^;

あくまで個人の意見ですので^^ゞ

グルメレポート「まんまるカフェ」
【南大東島旅行ブログ】島で本格的なお好み焼き。「光食堂」
【南大東島旅行ブログ】民宿金城は見た目以上に充実!
【南大東島旅行ブログ】島のスイーツ有り。「太陽ぬ家」
【南大東島旅行ブログ】本場海岸の「ハート岩」的な感じ
【南大東島旅行ブログ】第3のプール。「本場海岸」
【南大東島旅行ブログ】地底湖などのツアーが独立。便利になりました
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/08/14-05:43 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2014年08月09日

西表島の2014年、最新情報を旅行ブログにアップ!

ホムペの更新は地図作成などもあって簡単にはできないので、基本的に大幅な更新は年に1回か2回程度。

なので情報が一部で古いままになってしまうものもありますので、最近はこの「旅行ブログ」を使って出来る限り適宜最新情報をアップするようにしています。

そして今回は西表島。

そんなに大きな変化は感じられませんでしたが、それでも部分部分で変化もありましたし、ホムペで特に抽出していないお伝えしたい内容もありましたので、今回は8個も情報をアップ!

・・・大した情報じゃないものもありますが^^ゞ

個人的には大原のあずま旅館をリニューアルオープンさせた「島時間」が注目でしたね。大原港がすぐ近くで、インターネット接続もできる素泊まり宿で、久しぶりに「ゲストハウス」らしい宿って感じでしたね〜。最近の宿はどうも中途半端な「ホテルライク」のものが多かったですが、ここは古き良きゲストハウスのイメージがありましたね。まぁ詳細はホムペで綴りたいと思いますが、まずは速報(笑)。

他にもいろいろな西表島情報がありますので、このお盆休みないし夏休みやそれ以降に八重山旅行にお越しの方は参考にしてみてくださいね。


【西表島】東部の新しい居酒屋。でも大原からはやや距離がある大富集落
【西表島】大原のゲストハウス島時間。旧あずま旅館。
【西表島】やっぱり最高!無人販売所のアイスパイン
【西表島】パーラー美々の新しい建物
【西表島】ピナイサーラより険しかったユツン(ユチン)の滝への道
【西表島】船浮パン「イリオモテヤマネコ」バージョン(ヤマネコパン)。
【西表島】船浮のみんしぐけーがかまどまの素泊民宿に?
【西表島】船浮唯一の商店が閉店していた・・・


離島ドットコムの「西表島」情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/08/09-15:50 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2014年08月04日

沖縄の名前がなかった島にも名称が??

日本領海の名称がなかった158離島名発表」というニュースがあったので、沖縄にもそういう島が多いからチェックしてみたら、かなり「?」な部分が多かったです。

既に島の名前、あるじゃん・・・

渡嘉敷島南の「ウン島」なんて既にそれが島の名前かと思っていたら、何故か「フカヌシー」という名前にされてしまいました。既にあるんだからそのままでいいじゃん!

あと座間味島西、阿嘉島北にある「久場島」も既にしっかりした島の名前があるのに訳のわからない「ヘーカニジ」または「カキセ」ってなってしまっています。

まぁどちらももともとの地元の呼び方だったのかもしれませんが、沖縄のローカルマップには「ウン島」も「久場島」も表記されているのに、今更なんで変える必要があるのか謎。

さらに南大東島のはるか南の海上にある「沖大東島」をわざわざ「西南西小島」に変える必要は無いと思う。だって「沖大東島」じゃん!!!


多分、メインはあの諸島で、他はおまけみたいなものなのかもしませんが・・・

ちなみに今回発表された命名された離島で沖縄にあるのは以下の通り。


・フカヌシー(渡嘉敷島沖 ウン島)・・・<ここ
・ヘーカニジ/カキセ(座間味島沖 久場島)・・・<ここ
・西南西小島(北大東島沖 沖大東島)・・・<ここ
・南東小島(尖閣諸島 南小島)・・・<多分この近海
・南西小島(尖閣諸島 南小島)・・・<多分この近海
・東小島(尖閣諸島 久場島)・・・<多分この近海
・南東小島(尖閣諸島 久場島)・・・<多分この近海
・西南西小島(尖閣諸島 久場島)・・・<多分この近海
・白保東小島(石垣島 白保沖)・・・どこ?
・新川鼻東小島(与那国島 近海)・・・どこ?
・馬鼻崎南西小島(与那国島 近海)・・・どこ?

全158離島名一覧

・・・名前っていうか方角ばかりじゃん。


むしろチービシ(ナガンヌ/クエフ/神山)とかコマカとかを正式名称にして地図に明記して欲しいですね。まぁ正式に名前が付いているのかもしれませんが、今回のこの名前の決めごとがどの範囲まで包括しているか不明なので、なんかよくわかりません。

あくまで某諸島のために他もついでに命名した感が否めませんからね。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/08/04-14:06 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2014年07月25日

2014年上半期の離島小ネタ。始めました^^ゞ

ツイッターでは既にお伝えしていますし、ホムペのトップにも適宜リストアップされていると思いますが、2014年の上半期で集めた離島の小ネタ。ブログにアップし始めました。

っというのも一気にアップするのではなく、1個1個、写真を大きくして説明を簡潔にした形で今回はリリースすることとしました^^ゞ

これなら思いつきですぐに綴れますし、アップも気軽にできますからね。

でも小ネタ・・・

「60個」以上あります^^ゞ

一気にたくさんの小ネタをアップしても良いのですが、そうするとホムペのトップページにその小ネタばかりがずらりと並んでしまいますので、ある程度小分けにしてアップしていく予定です。

詳しくはこちらを!
2014年上半期の離島の小ネタを掲載したブログ

ちなみに小ネタは今回アップする以外にもいろいろありましたが、大きな変化があったり、ホムペでいち早く公開したい情報を抜粋しています。

たった半年ですが、結構行った島は多いですからね〜。

波照間島、新城島、小浜島、浜島、西表島、石垣島、伊良部島、下地島、宮古島、来間島、大神島、瀬長島、渡嘉敷島、瀬底島、与論島、徳之島、加計呂麻島、奄美大島などなど。

意外と慶良間など本島離島には冬に渡嘉敷に行ったっきり、船で行っていないんですよね。

まぁ本島をベースに行ける島は那覇からなら気軽に行けるという感覚があるので、どうしても優先順位が下がっちゃいますからね^^;

でも夏休みシーズンは飛行機で行く島は予約も取りにくくなるので、本島周辺離島がメインになるかもね。

その情報は2014年下半期ということでまた秋にでも紹介できればと思います。

その前にホムペの更新になっちゃうかもしれませんけどね^^;;;

まずは2014年上半期の離島の小ネタ。今後もご期待くださいね。


2014年上半期の離島の小ネタを掲載したブログ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/07/25-20:27 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2014年07月06日

南西諸島で今のところ一番好きな滝^^v

正直、この滝のためだけにこの島に今回行ったとしても過言じゃないほどお気に入りの滝です。

っていうか今回の滝がある島。

正直、行き止まりがあまりに多くて、正直、島巡りをしている際はストレスが溜まりまくっていたんですよね〜(/_;)しかも他の島ではバイク移動だったのでUターンも気軽にできたものの、この島ではレンタバイクがレンタカーと同じような料金だったので、暑さもあってレンタカーにしたのが裏目に出てしまいました(T_T)

バイクなら一瞬で終わるUターンも、車だと何度も何度も切り返す必要があるので、一度ならまだしも何度も転回する場所があったので、島巡り前半でくたくた。しかも道もわかりにくくて、カーナビには道の表示がないのは当たり前で、しかも集落に入ったものの至る所で工事による通行止めや迂回路で、ある集落を出るのに30分以上かかってしまいました。来た道を最初に戻っていれば5分もかからなかったのに・・・

なので島巡りの後半は正直やっつけ(笑)。写真だけとって足早に巡ってしまい、気が付けば予定より3時間近く早く島を回ってしまいました。

ってことで、もともと翌日の朝にでも行こうと思っていたお気に入りの滝に午後の良い時間に行くことにしました。

正直、海を巡った方がきれいな景色を望める時間帯だったので、滝に行くにはちょっともったいないかな?って思いましたが、でも行ってみてホントに良かったです。お気に入りの滝という以上にとにかく気持ちよくて何時間でも居れるような涼しさ。

まさにマイナスイオンいっぱいの空間でした。

ちなみにこの滝は既にホムペには掲載していますが、基本的に全く観光化されておらず、ましてツアーで行く人もいないような穴場の滝。もともとこの滝の存在を知ったのは島の人といろいろ話をして「子供の頃によく遊びに行っていた滝」という話から。でも明確な場所は島の人に聞いてもわからず(子供の頃の話なので)、とりあえず川の上流にあるということだけはわかっていたので、できる限り上流まで行ってあとは川を遡上(笑)。

初めて行ったときは本当にその先に滝があるのか否かもわかりませんでしたし、あったとしてもどの程度の先にあるのかもわからず不安でした。もしかすると滝はあっても途中に難所があってたどり着けない可能性もありましたからね。でもそのときは無事に今回の滝にたどり着けましたので、今回は再チャレンジしてみることとしました。

初めて行ったときはどのような難所があるかわからなかったので「完全装備(笑)」で行きましたが、さすがに今回は勝手がわかっているので、軽装備。

なにせ川を遡上していってもルートをきちんと選べば最大でも膝下ぐらいの深さが無いですからね〜。

岩場も最後の滝壺近くに行くときだけなので、基本的に軽装備でもかなり近くまで行くことが可能です。でも今回は滝壺まで行ってきましたけどね^^ゞ

本来ならものすごい暑さだったので、そのまま滝壺に飛び込んでしまおうかと思いましたが、滝の近くまで行くとそんな気持ちが失せるほど超涼しくて快適。特に滝壺近くの大きな岩が滝のおかげかとてもひんやりしていて、しかも良い感じのリクライニング(笑)。

そこに横になって滝をのんびり眺めているだけで幸せな気持ちになりましたよo^o^o

でもその心地よさを写真でも動画でも表現できないのがつらいですね〜。まさにこの場所まで来てその岩に寄っかからないとわかりませんからね。

岩の冷たさ、水しぶきのマイナスイオン、そして滝の音などなど。

まさに自分にとって最高の場所だな〜って思いましたね。おそらく南西諸島の中では今のところ一番好きな滝だと自負しています。水落の豪快さ、滝壺の広さと深さ、緑の豊かさ、岩場の快適性、滝まで至るルートなどなど。正直、西表島の滝を遙かに上回る満足度。

最高です!^-^!

でももともとこの島は西表島に比べるとかなりマイナーで、しかもこの滝はガイドにも地図にも載っていないので、基本的にその存在を知る術がありません。まぁホムペでは紹介していますが、それでもなかなか気軽に行ける滝ではないですからね(ハードという意味ではなくわかりにくいという意味で)。

しかも今回はここ数年の豪雨で近いが少し変わったみたいで、この滝に至る途中にも新しい滝ができていたのが見えていたのかわかりませんが、良い感じの滝がありました。

川の遡上もせせらぎを歩いている感じで気持ちよかったですし、この滝に行くまでのストレスがこの滝と至るルートで全て消えて無くなりましたからね。

滝から戻った直後はこの滝に行くためだけに島に言ってもいい!と断言できるほどの状態^^ゞ

もちろん本土からだとこの滝だけのために島に来るのは大変ですしもったいないので、きちんと島巡りをした上で行ってほしいですが、とにかく最高の滝です。

正直、この滝のそばなら1日中居てもいいな〜って思えました。

もちろん、トイレもなにも無い場所ですけどね^^;

海がきれいな与論島も良いけど、奄美諸島の川がある島はホントに楽しいです。川の先に滝がありますので、これからも滝巡りというか滝探しに島に行きたいものです。

ちなみにこの記事ではどの島かはいっさい明言していませんが、まぁ察してください^^ゞ(半ばバレバレですが)

最後にそのお気に入りの滝の動画。お楽しみください^^v



滝の動画を別ページで見る(Youtube)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/07/06-08:14 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2014年03月25日

シンガーソングランナー。ヨロンマラソンお馴染みの曲。

今日の沖縄の新聞で知りました。

ヨロンマラソンでお馴染みの与論島出身で現在那覇在住の「川畑アキラ」さんの歌。

ヨロンマラソン完走パーティでは定番中の定番になっている歌。


「シンガーソングランナー」


2月26日にシングルカットされて発売していたんですね。

知らなかった^^ゞ

っていうかヨロンマラソン直前にシングルカットされたらしいのですが、この曲はヨロンマラソン完走パーティでは何年も前から耳にしていたので、てっきり既にシングルカットされて販売されているのかと思っていました。


嬉しいね〜。


しかもamazonでも楽天でも販売していて、送料も無料なので、是非是非、ヨロンマラソンに参加してこの曲を耳にしている方から、まだ聞いたことがない方もこの曲はなかなかなので是非聞いてみてくださいね。あとiTunesなら1曲単位で購入できますしサンプルも聞けます。


amazonで購入〜シンガー ソング ランナー


楽天市場で購入〜【送料無料】シンガー ソング ランナー [ 川畑アキラ ]

iTunesならサンプルを聞けます〜シンガーソングランナー(川畑アキラ)


〜最初は静かに聴く〜
♪しんが〜そんぐ、らんな〜♪
♪しんが〜そんぐ、らんな〜♪
♪走り続けていく人たちに歌い続けたい〜♪
〜踊り開始〜
♪好きな場所にいて好きな人に会う〜♪
♪それがええじゃないか、流れる雲のように〜♪


今年も踊りました^^ゞ(でも今年は屋内だったけど)


iTunesで欲しいところだけど、最近、音楽はAndroid端末でも聴くので、CDで買ってMP3化してiOSとAndroid両方に登録するかな〜?

っていうか4月以降消費税が8%になるので、今月中に買わねば!(でもiTunesなら4月以降も250円かな^^;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/03/25-11:39 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2014年02月13日

BSデジタルで宮古島のグルメ特集やってた^^v

基本的にテレビはほとんど見ない、ないし見るというかつけている番組はほとんど「WNI(ウェザーニュース)」ぐらいで、テレビに見入ることはほとんど無いのですが、昨日、たまたま夕食時にテレビをつけていたら見慣れた光景が目に飛び込んできたので、ついつい見ちゃいました。


日本うまいもん紀行〜宮古島

サブタイトル「大自然美ら海の恵み 極上の島料理食べ歩き」


要は宮古島のグルメ食べ歩きという番組でした。

BS-TBSで1時間番組。

島のグルメを紹介する人はよくわかりませんでしたが、映像で出てくるものは知っているところばかりでかなりおもしろかったです。

といってもこの番組。その前は「久米島」、その前が「石垣島」と離島グルメで、さらにその前には沖縄本島のグルメを紹介していたらしいです。さすがにBSデジタルの番組はチェックしていなかったので、見逃してしまって残念。でも昨日の宮古島だけでも見ることが出来たのでかなり楽しかったです。

でも途中からしか見ていないので、最初の1軒目はわかりませんでしたが、その後は「味のみやこ」「ユートピアファーム」「すむばり食堂」「津嘉山荘のおいしーさー」が出てきましたね。その途中に「池間島海底観光」が出てきたり、池間大橋たもとの「海美来」が出てきたり、離島好きにはなかなか楽しい番組でした。

そう考えるとその前に「久米島編」と「石垣島編」も見たかったな〜。

探せばYoutubeなどにありそうですが、日本の放送も過去の番組をネットで視聴できるようなシステムにしてほしいものですよね〜。ホント、日本のテレビ局って閉鎖的っていうかコンテンツの独占的を感じますよね。


ちなみに昨日の宮古島グルメ。

確かに番組でも取り上げた「すむばり食堂」「津嘉山荘のおいしーさー」は外せないと思いますが、個人的には「古謝そば」は宮古そばを語る上では入れたいですね。あと沖縄おでんという意味で「おでんのたから」も入れたいですし、あと宮古島じゃないけど伊良部島の「うずまきパン」はもはや宮古グルメでは欠かせないですよね〜。

そして超個人的には「まるこちゃん」(笑)。

あのディープな雰囲気もさることながら宮古島の特徴でもある24時間営業の喫茶店としても紹介したいですし、あの雰囲気なのにグルメは種類が多くて味もなかなかですからね〜。

ちょうど昨日の番組も流行のカフェではなく、ディープな島のならではのグルメが多かったので、まるこちゃんは合致すると思うんですけどね〜。

まぁテレビとして絵的にはちょっとかもしれませんけどね^^ゞ


そういう意味でも石垣島編と久米島編が見たかったな〜。


ちなみにこの番組。昨日の宮古島編までは7回連続で沖縄のグルメだったので、次週も!と期待したら次は長崎でした。残念。

でも沖縄シリーズ7回分の最後の最後だけでも見れて良かったです。

まぁ最近のテレビなら番組検索で「沖縄」や「離島」などのキーワードを登録しておけば自動的に録画してくれるのですが、見る時間がなかなか無いですからね。やっぱりテレビって昨日のような偶然の出会いのような感じで見る方が楽しいですからね〜。

そういう意味では昨日はたまたまですがBSデジタルを見て良かったと思います。

現在、ヨロンマラソンを控えていて減量中だからグルメは楽しめませんが、この週末にどこかの離島にまた行きたくなっちゃいましたね〜。

宮古島や石垣島もスカイマークのおかげで気軽に行けるようになりましたが、まぁ那覇基点なら選択肢は多いですからね〜。日帰りじゃなくても土日1泊も考慮すればもっと選択肢は広がります。

幸い、この週末の沖縄の天気はなかなか良さそうなので、時間があれば行きたいですね〜(でもヨロンマラソン前で週末は走り込み予定・・・)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2014/02/13-16:37 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2013年10月25日

石垣島のアビアンパナ、11月5日で閉館(T_T)

既に一部の人からはこの情報をいただいていましたが、石垣島のアジアンチックなインテリアで女性にも人気の「ホテルアビアンパナ」が2013年11月5日をもって閉館してしまいます。

以前はスーパーホテル系列でしたが、最近FCを抜けて独立的な経営になったので安心していましたが、11月5日で閉館が決まってしまいました。

理由は経営状態ではなく、単に施設の契約更新が出来なかったからということらしいです。

正直、今朝まで石垣島に居ましたが、その石垣行きの目的のうちの一つがこのアビアンパナのことを聞くためでしたからね。

今回は他の宿に泊まっていましたがアビアンパナまで足を運んで、いつもの明るいフロントのお母さん(お姉さん?)と話をしてきました。正直、このお母さんの存在はとても大きかったのですが、11月6日以降はもう会えないと思うと残念でなりません。

その契約更新の話もそのお母さんから直接聞いたのですが、石垣島でも気に入っている宿だっただけに残念というか悲しくなります。

お母さんを初めとするスタッフもいい人が多いし、1階のロビーは広々していて無線LANでネットも出来てのんびりできるし、客室の床がフローリングで暖かみがあるし、シングルルームにもソファがあって狭いながらも居心地はとてもいい宿でした。特にソファに座って足をベッドに投げ出してくつろぐのは個人的に最高でしたo^o^o

しかも宿泊代もそんなに高くないし、離島桟橋まではやや距離がありますが、新石垣空港になってバスターミナルまで行くには意外と近い立地。

新空港になってからは何度も利用したいと思っていた矢先のこの閉館のニュース。

でも今回は別の宿に宿泊していましたが台風の影響で延泊する必要があったので、思い切って宿を移ってアビアンパナに泊まることにしました。

最後の奉公じゃないけど、次回、石垣島に来たときは泊まれないかと思うといてもたってもいられなくなりましたからね。そういう意味では今回は台風27号で石垣島滞在を延長して良かったです。

でもお母さん曰く、契約更新が出来なかっただけで他の事業者と契約して再開する可能性もあるとのこと。

確かに施設として再開できて、お母さんがいないと個人的にはちょっと物足りない、っていうか本当のアビアンパナじゃない!って感じさえしてしまいます(/_;)

あの明るくて親切丁寧な話し方が好きだったんですけどね。

しかもまだ別の宿に宿泊している私にいろいろ話をしてくれましたし、話し終わって宿を出る際にも宿泊していない私に「ありがとうございました」の言葉をかけてくれて、外に出て泣きそうになりましたよ。

ホント、今までお会いした離島のホテルスタッフでアビアンパナのお母さんが一番だと言い切っても良いぐらいの方でした。

でも閉館したあとに他の事業者によって別の宿になると、お母さんが復帰するということは無さそうなので、ホント、残念っていうか悲しいっていうか寂しい限りです。

ただ今回、台風の影響で延泊することになり、アビアンパナに宿泊できてホントに良かったです。

1泊だけだけど、やっぱり好きでした。

アビアンパナ。

是非とも今のスタッフのまま復活して欲しい次第です。

ホテルアビアンパナの情報/口コミ


閉館直前のアビアンパナの外観

閉館直前のアビアンパナの中庭と廊下

閉館直前のアビアンパナの客室
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/10/25-12:00 | Comment(6) | 沖縄離島情報

2013年07月02日

2013年上半期で集めた離島情報「小ネタ」は別のブログで^^ゞ

本格的な夏休みシーズン前に、2013年の上半期で集めたまだホムペに反映できていない離島情報の「小ネタ」を綴りたいと思います。

でもこのブログだと他の記事もあるので小ネタが埋もれてしまいそうなので、別の自前のブログシステムで綴っていきたいと思います。こちらなら旅行関係だけのブログにしているので、今回のような離島旅行で集めた小ネタ掲載には都合が良いですからね。

ちなみにこの上半期で行った離島^^ゞ

こんな感じでした(順不同・一部島じゃないエリアも含む)。


渡嘉敷島
座間味島
阿嘉島
久米島
奥武島(久米島)
オーハ島(久米島)
はての浜(久米島)
瀬長島
浜比嘉島
津堅島
瀬底島
屋我地島
古宇利島
与論島
百合ヶ浜(与論島)
沖永良部島
宮古島
来間島(宮古島)
池間島(宮古島)
伊良部島
下地島
石垣島
竹富島
小浜島
西表島
船浮(西表島)
波照間島


まぁ半年でよくもまぁここまで巡ったものですね^^ゞ

しかも今度の海の日連休をからめた離島巡りではここに上がっていないところに行くかもしれませんからね〜。

でも基本的には大きな変化が少ない離島なんですが(それがいいんですけどね)、いろいろ変化もありましたので、それを別のブログで綴っていきたいと思います。

あまり長文にはならないように簡潔に綴りたいと思いますが、まぁいろいろ書きたいこともあるもので^^;;;

本格的な夏休みシーズンに入る前にできる限り綴っておきたいと思いますので、この旅行ブログは要チェックです!


2013年の離島旅行で集めた小ネタはこちら(旅行ブログ)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/07/02-17:32 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2013年06月25日

この夏行きたいNo.1ビーチって?ちょっと違う気が・・・

某旅行クチコミサイトが「この夏行きたいNo.1ビーチは?」的なものを昨日、発表したらしいですが、なんか実情と違う気がします。っていうか他にもっといいビーチがあるのに何故そこ?って感じでしたね。まぁ大手サイトなので細かいビーチまで目が行き届いていないのかもしれませんし、単純に「行きやすいビーチ」としてのランキングなのかもしれませんね。

なにせ沖縄でナンバーワンビーチといえばホムペだけじゃなく、離島巡りをしている人ならまずこのビーチが出てくると思います。


波照間島のニシ浜



今まで沖縄から奄美にかけて様々な離島のビーチを見てきましたが、総合的には波照間島のニシ浜に勝てるビーチは他に無い気がします。もちろん水中ならココとか、海の色ならココとか、別に候補もありますが、海の色も砂浜も海の中も含めた総合的なものとすると、やっぱり波照間島のニシ浜がナンバーワン!

・・・それが沖縄ナンバーワンビーチが竹富島の「コンドイビーチ」なんてね(/_;)

確かにコンドイビーチはきれいですが、干潮時はかなり干上がるのでいつ行ってもきれいという感じではないですし、何より海の中はダメダメ。超遠浅なので時間によっては海水浴もままならないですし、満潮時でも珊瑚も魚も皆無。しかも外から見るだけなら他の離島のビーチの方がもっときれいだと思います。

単に石垣島から簡単に行けるからナンバーワンになっただけじゃないのかな〜?観光客もわんさか来るし。

だってビーチのきれいさなら宮古島の「与那覇前浜」の方が断然きれいですし、水中の楽しさも含めると阿嘉島の「ニシ浜」もいいですし、他にも久米島沖の「はての浜」や与那国島の「六畳ビーチ」など、コンドイビーチよりきれいなビーチはあげたらきりがありません。

現にホムペのビーチランキングでは竹富島のコンドイビーチは13位。1位はもちろん波照間島のニシ浜ですしね〜^^ゞ


あともう一つ納得いかなかったのが九州エリアでのナンバーワンビーチが奄美大島の「ヤドリ浜」って、これは確実に他の方がきれいだと思います。

そもそも奄美大島が九州としてランクインするならきれいなビーチといえばやっぱり与論島でしょう。

与論島ならどのビーチを出しても奄美大島のヤドリ浜よりきれいだと思います。中でも「百合ヶ浜」は与論島ナンバーワンなので九州・奄美でナンバーワンでしょう〜!



与論島は鹿児島県ですよ〜。海は奄美諸島で最もきれいだと思いますし、下手すると沖縄よりもきれいですよ〜。

まぁこれも「行きやすさ」から奄美大島のビーチがナンバーワンになっちゃったのかと思いますが、そうなら今回のこの某クチコミサイトのランキングは・・・


「気軽に行けるご当地No.1ビーチ」じゃないの???


とりあえずこのブログやホムペを見ている方なら、今回の沖縄ナンバーワンが「コンドイビーチ」で九州・奄美ナンバーワンが「ヤドリ浜」っていうのは納得できませんよね〜^^;


あと関東出身として、関東ナンバーワンが由比ガ浜というのもちょっと納得いかないですね。正直、外房に行けばもっときれいなビーチはいろいろ有りますよ。外房なら砂も海も由比ガ浜のように黒くなく、砂は白いし海も青々しています。個人的には勝浦エリアの某穴場ビーチが砂も白くて海も青くてお気に入りです。

他のエリアはちょっとわかりませんが、おそらく沖縄や九州・奄美同様に「行きやすいビーチ」ないし「観光客がわんさか来るビーチ」としてのナンバーワンなのかもしれませんね。

少なくとも表題の「この夏ぜったい訪れたい、国内人気ナンバーワンビーチ」では無いような気がします。

まぁこういうランキングは実情とかなりかけ離れていて、毎回このような記事を綴っている気もしますが(笑)


とりあえず沖縄でナンバーワンビーチは波照間島のニシ浜で・・・間違いないでしょう!!!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/06/25-12:48 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2013年06月06日

新石垣空港になってから懸念されたことが・・・

石垣島の空の玄関口が真栄里の空港から、遠く離れた白保北の盛山に変わってから早3ヶ月。

私も利用したことがありますが、やっぱり離島桟橋など石垣市街から遠さはネックですね。なにせタクシーなどの車でも25分〜30分かかりますし、バスになると場合によっては50分もかかります。もちろん徒歩では無理(笑)。

以前の真栄里の時は普通に空港〜離島桟橋を歩いていましたからね〜(1時間近くかかるけど途中いろいろ見れて楽しかった)。

ちなみに新空港になってから自転車で何度か行きましたが、不可能な距離じゃないもののやっぱり遠いですね。

特に一番単純な国道を利用するルートは、自転車で通るとものすごいスピードで通行するレンタカーが超恐怖(T_T)

まだ私の場合は空港に行くときだけの話なのでいいのですが、この国道周辺の住民の方がこの猛烈なスピードで通るレンタカーの恐怖に直面しているかと思うと心配でなりません。しかももともとそんなに交通量が多い道ではなかったですし、信号も少ないことから、国道を横断する際は特に横断歩道を渡らない習慣になってしまっているので、今後、この猛烈なスピードのレンタカーなどとの事故が懸念されます。

しかも国道の交通量が一気に増えたので、国道上にある横断歩道の白線が消えかけている事態になっているらしいです。

そしてこの国道周辺には学校も多く、しかも国道を渡らないと通学出来ないものもあって、子供達への影響も心配です。そのために信号を設けると今度は渋滞の原因になるし、歩道橋を設けるほど道路にスペースはないし、離島桟橋など市街から新空港までのアクセスには問題がとても多いと思います。

そもそも新空港に合わせてアクセス道路も計画されていたのですが、空港はできてもアクセス道路の計画は遅れに遅れているらしいです。

空港までのインフラができる前に空港をオープンさせてしまうのはどうかと思います。

インフラがあってこその市街から遠く離れた新空港なのに、今の状態でこの先の夏休み期間の繁忙期を迎えてしまうと恐怖を感じてしまいます。

せめて国道を使わないルートで新空港まで行って欲しいのですが、いかんせんカーナビで空港までを検索すると国道利用になってしまうようで困ったものです。

現に地元の人の多くは国道を使わないルートにしていますが、それはあくまで島の地理や状況を理解した人だけ。カーナビ頼りの観光客ではそういう状況を理解することなく、カーナビに言われるままに国道を通ってしまいますからね。


その国道利用は周辺住民への危険性があるだけじゃなく、信号も多くて集落内を通るので運転にも神経を使うと思いますので、結果的に時間がかかると思うんですけどね。
国道ルート(14.6km)

けど実際のところ、観光客以外は国道以外のルートを通っているようで、その道なら集落は通らないし、信号も少ないので結果的に時間短縮になると思います。ただ右左折が多くてしかも慣れないと分かりにくいので、気軽に利用出来るとは言い難いですが、でも地元の人の車についていけばこのルートになることが多いかも?
内陸ルート(14.2km)

でもこれ以上に最短で行けるルートがあって、このルートで石垣市街から新空港まで自転車で行きましたが、距離の短さ以上に車の往来が少なかったので楽でしたね。でも一度空港の先(北)まで出て戻るルートなのでロスがありそうに感じますが、道のりとしては他のルートより1kmほど短いので、自転車のみならず車でも最速のルートになるかも?
ただこのルートは先の地元ルート以上に分かりにくく、自転車なら通り過ぎることもないと思いますが、車だと曲がるところを通り過ぎてしまいそうですけどね。まぁ一度慣れればこのルートが一番速いし楽だと思いますし、何より国道沿いの集落を通らないので安全だと思います。
内陸変則ルート(13.4km)


しかし国道以外の推奨ルートがあっても、結局のところカーナビが案内する国道ルートになっちゃうので、レンタカーの交通量は変わらない気がします。このためにカーナビのシステムを変えることはできませんので、悩ましいものですね。

あとは国道でスピードを出せないように道路を整備するか、結局のところ、空港までのアクセス道路を整備するのが一番なのかな?

とにもかくにも現状は新空港まで国道を通行する車が多いと思いますので、集落内ではスピードを落として周辺住民へ配慮した運転をして欲しいものです。

この夏に石垣島に行かれる方はお願いいたしますm(_ _)m

石垣島の新空港までのアクセス道路の危険性のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/06/06-11:18 | Comment(11) | 沖縄離島情報

2013年04月26日

今年も慶良間村内航路「みつしま」が運行!

去年、慶良間旅行で念願だった「慶良間村内航路」こと「みつしま」が試験的に運行して渡嘉敷島と阿嘉島や座間味島との往来が劇的に楽になりましたが、今年も4月27日から運行することになったらしいです。

ニュースとしてはかなり前からこの情報はあったのですが、いよいよGWも本番にさしかかってきたので、慶良間に行かれる方には朗報かと思って記事にしました^^ゞ

まぁもっと以前にアップしても良かったのですが、この4月はいろいろな意味で慌ただしかったので、こんなGW間際になってしまいました^^ゞ

ちなみに運行期間は2013年4月27日(土)からですが、計画では2014年の3月31日まで運行とのことなので、もし利用者が定期的に望まれるならこの航路も定期船化するかもしれませんね。

といっても去年の試験運行時同様に、今回の運行も「完全予約制」なので、利用者が居ないときは運行しませんので、利用したい方は事前に予約しないとダメなようです。

完全定期化は無理としても、予約すれば運行してくれるなら問題ないと思いますからね。

とかく座間味島と阿嘉島は同じ「座間味村」なので通常の村内航路があるので往来は自由ですが、渡嘉敷島は「渡嘉敷村」と別の自治体なので、座間味から渡嘉敷まで行くには一度那覇に戻らないといけませんでしたが、この慶良間航路があれば時間的にもコスト的にも気軽に相互往来できると思います。

ちなみに慶良間内航路の運賃は渡嘉敷から座間味側(阿嘉島・座間味島)との往来は700円。

これまでの一度那覇に戻ることを考えればものすごい安くなりますよね。

予約は前日の午後5時までに座間味村公営企業課(098-987-2614)で受け付けるようなので、比較的間際でも乗船可能なようですね。

この慶良間内航路の「みつしま」は小さな船なので定員は12名で団体予約は不可。

あくまで個人利用者に限るようですので、そういう意味では個人旅行の方には気楽に利用できるかと思います。

運行スケジュールは1日2便で以下のような予定になっているらしいです。


・座間味島08:30→08:45阿嘉島08:45→09:05渡嘉敷島阿波連09:05→09:25阿嘉島09:25→座間味島09:40
・座間味島15:30→15:45阿嘉島15:45→16:05渡嘉敷島阿波連16:05→16:25阿嘉島16:25→座間味島16:40


つまり座間味島ないし阿嘉島から渡嘉敷島へ日帰りすることも可能ということで、その逆の渡嘉敷島から阿嘉島や座間味島への日帰りも可能と言うことになりますね。

これができれば慶良間により長く泊まりたくなると思いますので、観光振興という意味でも効果があると良いですね。っていうか効果はきっとあると思いますので、継続的な利用を可能にして欲しいです。

詳しい話は渡嘉敷村からのプレスリリース(PDF)を参考にしてくださいね^^ゞ

慶良間内航路「みつしま」運行の情報


私自身、最近の慶良間は日帰りしかしていなかったので、この慶良間内航路を利用して宮古や八重山のように長い期間滞在して、慶良間の島々を楽しみたいものですo^o^o

ただ慶良間の宿ってネット環境があまり普及していないので、仕事の関係でネットが必要だと宿選びには苦労するかもしれませんけどね^^;

まぁ探せば座間味島も阿嘉島も渡嘉敷島にもネットができる宿はあると思いますので、是非とも2013年はこの慶良間内航路を利用して久しぶりにのんびり長い期間慶良間諸島に滞在して、島巡りをしたいと思います^^v

GWに慶良間へ行かれる方は、是非ともこの慶良間内航路「みつしま」を利用していろいろな離島に行ってみてくださいね^o^/

慶良間内航路「みつしま」運行の情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/04/26-12:00 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2013年03月10日

ヨロンマラソンから1週間。でも今回はマラソン時期もこんな海でした^^v

早いものでヨロンマラソンが終わってからもう1週間が経ったんですね。

今回もあまりに満足度が高くて、昨日のことのように覚えていますし、今回は天気にも恵まれて良い景色もいろいろ楽しめました。

大会当日は曇りがちでしたが、マラソン自体は曇っている方が走りやすいですからね。

でも今回はとにかく強風による体力消耗が激しく、きつさはかなりのもの。

個人的にもレース中にま〜たお腹を壊してトイレへ行くこと3回。

あと暑さからなのかレース中に5回も痙攣して足を止めてしまいましたので、タイム的には故障無しなのにここ数年でかなり悪いものでした。

でもヨロンマラソンはタイムや順位より、大会そのものを楽しむものなので、それは十二分に堪能出来たと思います。

しかも今回は大会前日ではなく、2日前に与論島入りしてカヌーを少々楽しんじゃいましたからね。

今回の壁紙は去年のGW明けのものですが、海の色はその時期となんら変わらなかったと思います。

ただ波がかなりインリーフにも入り込んでいたので、カヌーで百合ヶ浜へ行こうと思ったものの途中で挫折。

なんたって風上にカヌーの進路が全くとれず、常に横波を受けるハードなコンディション。

マラソン前に体力を消耗しても仕方ないですし、何よりここで怪我や故障をしたら意味がないですからね。

ってことで出来るだけ沖には行かずに、港からそんなに遠くない場所でカヌーを楽しみました。

それでも今回の壁紙同様の海の色が望めるのが与論島の良いところ。

もちろん来年も参加しますし、今度も良い天気になってくれれば、今度こそカヌーで自由に百合ヶ浜周辺を巡りたいですね。

まぁ潮の干満の運もありますが、来年もマラソンだけじゃなく、カヌー、そしてこの与論島の海を楽しみに行きたいと思います。

やっぱり綺麗な海は癒されますね〜o^o^o


与論島〜皆田海岸沖北向き


与論島〜皆田海岸沖西向き


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/03/10-09:03 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2013年03月02日

ヨロンマラソン直前の与論島^^v



今回は島ネタ。

第22回ヨロンマラソン直前の与論島よりお届けいたします^^/

さすがに今回はマラソンではなく島ネタにすることとします^^ゞ

まさに「与論島なう。」です。

今日の与論島はとにかく風が強くて、真冬の陽気に逆戻りしています(/o;)

昨日までは沖縄も真夏の陽気でしたが、昨日の夜にものすごい土砂降りが降ったあとは、急激に気温も下がり、風も温かい南風から冷たい北風に変わって、体感的には真冬よりも寒い感じになってしまいました。

でも雨はその夜だけで済みそうで、これからの与論島ならびに沖縄の天気は曇りベースで推移しそうですね。

まぁ風は気になりますが、天気が大崩することはないかもしれませんね。

その代わり、風が強くなると海が大荒れしますので、海遊びはもちろんのこと、移動の船も要注意かも?っていうか今日、ヨロンマラソンに参加される方の多くが与論島入りすると思いますが、マラソン前日にあの揺れる船に乗るとなると、明日への影響が気になりますね(/o;)

でもこういう時の波や風は峠を越えると徐々に落ち着くので、明日の大会当日はせめて風だけでも落ち着いて欲しいですね。


ちなみに今の与論島は風は強いけど、島の雰囲気は相変わらずのんびりしています。

ヨロンマラソンのコースでもあるこの道も島っぽくてのんびりしていますからね。

島の良いところはこういう雰囲気があることだと思いますので、明日はこの雰囲気を楽しみながら島を走りたいですね。

焦らず、急がず、マイペースで島を走り抜け、そして完走パーティで一気に盛り上がり(笑)。

でもどうにか少しでも晴れてもらって、せっかく与論島に来た方に島のきれいな景色を見て欲しいですね。少しでも晴れれば与論島のきれいな海を望めると思いますからね。

まぁ今日は強風吹き荒れる陽気なので、天気の回復はちょっと厳しいかもしれませんが、明日の大会当日は風が落ち着けば晴れ間も期待できるかも?

そうなればヨロンマラソンのコースから青い海が望めますので、前だけじゃなくたまには横を見て、島の景色を楽しんで欲しいですね。


とりあえず島の雰囲気はいつものようにのんびりしていますので、時間に追われず、普段の生活から解放された時間と雰囲気を味わって欲しいと思います。

それが離島の良さだと思いますからね^^v
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/03/02-12:00 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2013年02月23日

またしても沖縄関係のランキング記事発見!?

なんか続きますね。

沖縄関連のランキング記事。

もうすぐ春休みシーズンに入るからかな?

しかも今回は八重山の人気ホテルトップ10だってさ。

・・・民宿やペンションやプチホテルは除外だよ(/o;)

正直、ホテルよりも小規模な民宿やペンションの方がホスピタリティがあると思うんですけどね。ホテルの場合、大規模なだけでサービスはイマイチなところが多いし、どのみちこのランキングも規模が大きいから(宿泊客のキャパが多いから)ランクが上位に来るんでしょうね。そもそもこのランキングを見る限り、要は「ツアーに組み込まれる率が高いホテル」って感じですね。

そんなランキングに意味があるのでしょうか・・・<人気ランキング=ツアーに組み込まれる頻度が高いランキング


ちなみにうちのホムペのランキングはそういう要素は排除して、純粋に好まれている宿という意味でランキングをしています。

まぁ私個人のランキングになるとまた別ですけどね^^ゞ


■<沖縄八重山列島 人気ホテル TOP10>(2013/2/15付)
01位 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート (石垣島)
02位 石垣リゾート グランヴィリオホテル (石垣島)
03位 フサキリゾートヴィレッジ (石垣島)
04位 はいむるぶし (小浜島)
05位 かりゆし倶楽部ホテル石垣島 (石垣島)
06位 ホテル日航八重山 (石垣島)
07位 ベッセルホテル石垣島 (石垣島)
08位 ホテル イースト チャイナシー (石垣島)
09位 クラブメッド・カビラビーチ (石垣島)
10位 ラ・ティーダ西表 (西表島)
沖縄八重山列島の人気ホテルトップ10


■ホムペの八重山エリアの宿ランキング
01位 うるま家(波照間島)
02位 民宿泉屋(竹富島)
03位 民宿たましろ(波照間島)
04位 素泊まりハウス美波(波照間島)
05位 小浜島ビーチ&リゾート はいむるぶし(小浜島)
06位 星野リゾート リゾナーレ小浜島 オーシャンサイド(旧小浜島リゾート&スパ ニラカナイ オーシャンサイド・旧ラグーンスイートヴィラ アラマンダ)(小浜島)
07位 石垣シーサイドホテル(石垣島)
08位 民宿けだもと荘(波照間島)
09位 ヴィラたけとみ(竹富島)
10位 嶺本館(竹富島)
ホムペの八重山エリアのホテル/民宿人気ランキング


いろいろ意見を書きたいけど、まぁ双方に根拠はあると思いますので、どちらも参考まで^^ゞ


ちなみに順位は付けられませんが、また泊まりたいと思う八重山の宿で最初に頭に浮かぶのは意外にも小浜島の「パナパナ」なんですよね〜。なかなか行けないけど、あそこで西表島とヨナラ海道を見ながらのんびりするのが好きです。

まぁ食事とか買物とか多少のネガティブ要素もありますが、あれだけのんびり出来る場所はなかなか無いですからね。観光客もあまり来ないですし、何より規模が小さい宿なので宿そのものものんびりできますし。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/02/23-09:25 | Comment(4) | 沖縄離島情報

2013年02月22日

ビーチランキング?某航空会社の出来レースかも・・・^^;;;

昨日、こんなニュースというか情報がありましたね。


日本のベストビーチに沖縄が上位にランキング


まぁ毎年出されているような気がしますし、その都度、今回のように反応して対抗ランキングを書いているような気がしますが、また今回も^^ゞ


ちなみに海外というかアジアでのビーチランキングは以下の通りだそうです。正直、海外はあまり詳しくないのでどんなものかわかりませんが^^ゞ


■アジアのトップビーチ
01位 ホワイトビーチ/ボラカイ島(フィリピン)
02位 アゴンダビーチ/ゴア(インド)
03位 ライレイビーチ/クラビ(タイ)
04位 ラドハンガービーチ/アンダマン諸島(インド)
05位 プラナンビーチ/クラビ(タイ)
06位 ナイハーンビーチ/プーケット(タイ)
07位 カベロッシムビーチ/ゴア(インド)
08位 オートレスビーチ/シアヌークビル(カンボジア)
09位 シークレットラグーンビーチ/エル ニド(フィリピン)
10位 ヤパックビーチ/ボラカイ(フィリピン)


そして日本のビーチランキング。

いつものごとく沖縄が多くランクインされていて、特に離島のビーチは多いですね。

宮古島、久米島、渡嘉敷島、竹富島、水納島などなど。

でも毎年波照間島が入っていないんですよね。

まぁ波照間の場合は気軽に行ける島じゃないイメージなので、接する機会が少ないからなんでしょうね。なにせホムペでは波照間島のニシ浜が人気ビーチで断トツナンバーワンですからね。私自身もあのビーチに勝てるところは他には無いような気がするぐらい。

なのにこの記事でのランキングには10位内にすら入っていません。

ってことで、その記事の中の日本のビーチランキング。


■日本のトップビーチ
01位 与那覇前浜ビーチ/宮古島(沖縄県)
02位 はての浜/久米島(沖縄県)
03位 阿波連ビーチ/渡嘉敷島(沖縄県)
04位 白良浜海水浴場/白浜町(和歌山県)
05位 ニライビーチ/沖縄本島・読谷村(沖縄県)
06位 コンドイビーチ/竹富島(沖縄県)
07位 砂山ビーチ/宮古島(沖縄県)
08位 水納ビーチ/水納島(沖縄県)
09位 奥間ビーチ/沖縄本島・国頭村(沖縄県)
10位 千里浜なぎさドライブウェイ/羽咋市(石川県)


なんでニライビーチとオクマビーチが入っているか謎ですね^^;どっちもかなり人の手が入っているビーチなのに・・・

おそらくこの2つは、アリビラとプライベートリゾートというJAL系のホテルがあるからじゃないのかな?

このランキングを出しているトリップアドバイザーはJALとマイルなどで提携していますからね。


・・・ってことでこのランキングは出来レースかも(笑)


ちなみにホムペの沖縄全域におけるビーチランキングは以下の通りです。


■沖縄全域のビーチ 人気ランキングランキング TOP10
01位 波照間島「ニシ浜(北浜)」
02位 瀬底島「瀬底ビーチ」
03位 古宇利島「古宇利ビーチ(トゥンヂ浜)」
04位 石垣島「米原ビーチ」
05位 宮古島「新城ビーチ(新城海岸)」
06位 座間味島「古座間味ビーチ」
07位 水納島「水納ビーチ」
08位 阿嘉島「ニシ浜」
09位 西表島「星砂の浜」
10位 渡嘉敷島「阿波連ビーチ」
情報元のホムペのビーチランキングTOP30


波照間島のニシ浜が断トツでトップですね。2位の瀬底はリゾート開発する前の人気がそのまま残っているだけで、今現在の魅力とするとトップ10からは外れてしまうと思います。まぁ瀬底も古宇利も沖縄本島から車で気軽に行けるという意味で人気なんでしょうけどね。

あとホムペのランキングは基本的に「泳げる」ないし「シュノーケリングが楽しめる」という要素が人気に影響しているので、先のJAL系のランキングでトップだった宮古島の与那覇前浜はホムペのランキングには入っていないんですよね。

なにせ前浜は砂しかないので、泳いでもそんなに楽しくないですからね。

そういう意味で、波照間島のニシ浜ってすごいんですよね〜。

海は素晴らしくキレイだし、砂浜も最高だし、そしてシュノーケリングまで出来る!

やっぱり波照間島のニシ浜に勝てる日本のビーチはないかもね(個人的に)。

ちなみに今回は個人的なビーチランキングはやめておきます^^ゞ

なにせ最近はホムペでも紹介出来ないビーチもいろいろあるもので・・・

心の中だけでランキングしておきます^^v

波照間島「ニシ浜(北浜)」
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/02/22-11:19 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2013年01月10日

新石垣空港、別名「南ぬ島石垣空港」のあれこれ^^;

昨日、石垣島の新しい空港に関するニュースが2個ありました。

1個はまぁ期待できる話なんですが、もう1個はがっかりする話。

まずは期待できる話(笑)。


「新石垣空港へバス30分間隔で乗り入れ」


いよいよですね。2013年3月7日の新石垣空港の開港に向けて具体的な話が出てきました。今回の新空港は石垣市街から猛烈に離れた場所にあってアクセス面では今の空港とは雲泥の差なぐらい悪くなりますからね。

タクシーだと3000円もかかると言いますし、せっかくスカイマークが新石垣空港に就航してもこのアクセス面の悪さから出費がかさんでは意味がありません(/o;)

そこに石垣島のバスを運行している東運輸が新空港への乗り入れを申請しているとのニュース!^-^!

しかも30分に1本間隔で運行させるとのことで、現在の空港へのバスよりもしかすると多くなるかも?現在は飛行機の運航に合わせているので便数は少なめ。新空港になれば便数も増えるのでバスも増えると想定されますからね。

ちなみに離島桟橋など石垣中心街からは片道45分前後。料金は現在500円台で申請しているといいますが、ニーズも多いと思われますし、また支払しやすさから個人的には「500円」のワンコインを熱望しますo^-^o

「520円」とか「550円」とかだと支払も面倒ですし、何よりバス会社側でのおつりの準備が大変ではないでしょうか?とかく本土のように電子マネーが使えるわけでもないので、このおつりの手間を考えると「500円」のワンコインの方が労力的にもメリットがあると思いますが・・・(いかがでしょ?東運輸さん^^ゞ)

とりあえず以前もブログで綴りましたがやっぱり新空港へのバスは500円が上限だと思いますね。それ以上だと先のおつりの手間以上に「高い」というイメージがありますが、「500円」ちょうどならまぁこんなものかな?って印象がありますからね。もちろん「480円」とかになると安いイメージもありますが、やっぱりおつりの手間を考えると「500円」ちょうどが一番だと思います。確かLCCのための成田→東京のバスも片道1000円ジャストにしたりしていますからね。

いかがでしょう?東運輸さん(笑)<新石垣空港へのバス運賃500円ジャスト


話は変わりますが、新石垣空港の正式名称は「南ぬ島石垣空港」って言うんですね。「ぱいぬしま」って別に付けなくてもいいような気がしますが・・・


そしてもう1つの新空港の話題。がっかりする話題です(/o;)


「スカイマークの新石垣空港への就航延期」(リンクはPDF)


おいおいおいおいおいおい〜!(`´メ)

4月20日から那覇〜石垣便の就航って先日(2012/12/28)リリースしたばかりじゃん。それがもう延期って、どういう計画してるんでしょうね。っていうか空港側との調整不足?こういう重要なリリースは空港側やその他のことをきちんと調整してから行って欲しいものです(/_;)

スカイマーク曰く「当社施設確保等において調整に時間を要すことが判明」だってさ。

要は空港施設との調整ができていないってこと。先日の那覇空港と同じ状態・・・。なんでこういう初歩的なことを繰り返すんでしょうね。スカイマークは。どうもスカイマーク内の現場と経営サイドの調整が出来ていないんでしょうね。

せっかく4月20日からの就航ならGWにも間に合うと思ったのですが、この延期の話が出るともしかするとGWには使えないかもしれません(ToT)

しかも沖縄のさらに南に位置する石垣島ではGW以降は実質「梅雨入り」。

一気にニーズが落ちるので、GW以降の就航では経営的にもメリットは少ないと思います。やっぱりGW前に就航して大々的にアピールするのがベストだと思いますが、4月20日からの延期となると1週間で済む話じゃないと思います・・・

ホント「おいおいおいおいおい〜!」って感じですね。


そんな感じで昨日は新石垣空港の話題が2つ立て続けに入りましたが、なんか新空港になっても喜べませんね。そもそも那覇からだと今でもそんなに不自由していませんので、どっちかというと本土からの直行便や国際線の方のメリットがあるので、那覇からだとそんなに新空港のメリットはありません。唯一のメリットだった安い運賃が期待できるスカイマークがあの様子だとなおさらです(/o;)

そういえばあと2ヶ月もしないうちに新石垣空港が開港なんですね。

バスの運賃もさることながら、スカイマーク石垣便の就航時期など、まだまだ心配な要素が多いです(;_;)


南ぬ島石垣空港(新石垣空港)の情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/01/10-09:09 | Comment(8) | 沖縄離島情報

2012年12月30日

2012年に最も台風の影響を受けたであろう島の話。

事後報告です^^ゞ

クリスマス連休中に行っていた離島。


与論島でした^^/


でも最初は宮古島へ行く予定だったのですが、間際にスカイマークのチケットを抑えようと思ったら時期が時期だけに片道5800円(ToT)

片道2800円とか3800円に慣れてしまうと、この「5800円」でも高く感じてしまいますね^^ゞもちろん競合するJALやANAならそれ以上の価格なんですが、それでも一度あの激安運賃を経験すると倍近いこの料金はちょっとね。


ってことで、予約もほぼ無しで乗れて、料金もスカイマーク以下の本島から船で行ける離島に行くことにしましたo^o^o


候補は渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、粟国島、渡名喜島、久米島、与論島があがりましたが、慶良間は10月に行っているので今回はパス。粟国島も10月に行ったし、渡名喜島と久米島も梅雨時期に行ったのですが、与論島もGWに行ったものの、この2012年の台風のあとにはまだ行っていなかったので、島の状況を確認する意味でも与論島へ行くこととしました。

おそらくこの2012年、南西諸島の中で最も台風の影響を受けたのが与論島だったと思いますのでとても心配でしたし、ヨロンマラソンのエントリーが開始になっているので、その状況をチェックできればと思って行くこととしました。




ちなみにこのクリスマス連休の与論島は超天気悪かったです(笑)。でもそもそも何もする予定は無かったので、特に天気は気にしていませんでした。まぁ雨だと全く外に出ることはできませんが、とりあえずこの連休中は雨が降っても一時的なものだと推察できましたので行くこととしました。

連休初日は気候も温暖で蒸し暑いくらいでしたからね。

とりあえず島ではランニングこそしたものの、それ以外は宿からほとんど出ないでのんびり過ごしていました。ホントは宿で仕事もしようと思って行ったのですが、実際のところ仕事は全くしませんでした^^ゞやっぱり島ののんびりした雰囲気の中に入ると仕事モードにはなりませんね。

結局、新しいタブレット端末をいろいろ試してみたり、のんびりテレビを見て過ごしていました。

こういう時って時間があっという間に過ぎますね^^ゞ


それはさておき、そんなランニングの間に島をいろいろチェックしてきました。全部が全部チェックはできませんでしたが、主要なところには足を運べたと思います。ただ台風シーズンが終わってからもう2ヶ月以上経過しているので、すでに修復されているところも多かったのですが、それでも台風の爪痕がそのまま残っているところも目にしました。

特に空き家になっている家屋はもろに台風のあとのままの状態で放置されていましたね。こればかりは仕方ない話なんですが、台風からの被害と空き家になっているということの両方で心が痛かったです。

とりあえず島で気づいた範囲。箇条書きで綴ります。


・屋根が飛んでなくなっている家屋が多かった。
・屋根も壁も無くなって基礎のコンクリートと水回りだけ残ったものもあった。
・島の木々がことごとく塩害によって切られて景色が変わっていた。
・百合ヶ浜(大金久海岸)の防砂林がほとんど無くなって、景色が開けていた。
・食堂の屋根が飛ばされたと聞いていた某民宿は復旧済み(屋根のみで天井が残っていたので被害は少なかった)。
・多くの宿やお店の看板が飛ばされて無くなっていた。
・某リゾートホテルのコテージも被害が多かった。








おそらく台風直後はもっと影響を受けていたと思いますが、2〜3ヶ月経過してこの状態というのもいかに2012年の台風の影響が大きかったが分かります。ブログやツイッターで島の状況はある程度目にしていましたが、実際に行ってみると全然違いますね。現実はもっと厳しいものだと思い知らされました。

でも島の人は強い。

話を聞いても明るく話してくれますし、とにかく前向き。

ちょっと安心しました。

逆にこういう時だからこそ島へ行った方がいいですね。島の経済のためにもなりますし、島の人も話をすることで気持ちも楽になるかもしれませんからね。


ちなみにヨロンマラソンのコースは特に影響は無いように思えました。もちろん沿道の建物で被害を受けたものもありますし、百合ヶ浜を初はじめとする沿道の木々もほとんど無くなってしまって吹きさらしになっている場所も多いですが、コースそのものには特に影響は無さそうでした。逆に木々が無くなったので、今までとは違った景色になっているかもしれませんね。

島のためにも、是非とも今年もヨロンマラソンに参加するために与論島へ来て頂きたいですね。

ちなみに今年のヨロンマラソン開催時期はナント!百合ヶ浜が現れる時期に重なっていて、大会前日の土曜日も夕方近くに現れるので、もしかしたら島に到着してからでも百合ヶ浜へ行けるかもしれませんよ。





こういうときだからこそ、是非是非、与論島へお越しくださいませ^^/


ヨロンマラソン2013の詳細/エントリーはこちら(2013/01/18まで)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/12/30-16:21 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年12月27日

瀬長島の琉球温泉「龍神の湯」レポート!

行ってきました。瀬長島ホテル。っていうか併設されている琉球温泉「龍神の湯」。

とりあえず瀬長島まで車やバイク以外の交通機関で行ってみましたので、それも含めてレポートしたいと思います


■瀬長島までバスで行くには?

瀬長島ってレンタカーやバイクなどの自力手段で行くのがメインですが、今までの瀬長島には特に施設もなかったので目的意識をもって移動するって感じではなく「寄り道」的な感じだったと思いますが、今回の瀬長島ホテルと琉球温泉がオープンしたことにより、目的意識をもって島へ行く人も出てくるかと思います。そういう場合はレンタカーやレンタバイク以外での移動手段も検討したいですよね。

ちなみにホテル宿泊者の場合は空港までの送迎バスはあるらしいですが、時間帯が絞られるのであまり便利じゃないですし、琉球温泉をビジター入浴する人にはその送迎バスは活用できないと思いますので、タクシー以外での公共交通機関でのアクセスを考えてみました。

とりあえずモノレールは瀬長島ではなく空港側へ行っちゃうので論外ですが、バスなら瀬長島まで行かなくても国道331号線の瀬長島入口まで来る路線バスが2系統有ります。

・9番「小禄石嶺線」
・11番「安岡宇栄原線」

どちらも那覇市街を経由して瀬長島入口の「具志営業所」まで行くことができ、その営業所から瀬長島ホテルまでは海中道路を経由して片道約1.5km。徒歩にして20分ほどでしょうか?でもその間の海中道路では那覇空港を離発着する飛行機を望めますし、島へと向かう道はなかなか良い感じですので、そんなに遠くは感じないと思います。しかも那覇市街からはどこから乗っても「220円」で行けるのでかなりリーズナブル。しかも那覇市街の路線はsuicaなどの交通系電子マネーは使えませんが、ドコモのiDは使えるようです。あと一般的な郊外路線のバスは乗車時に乗車切符をとって後精算ですが、この那覇市街の220円均一路線は先のiDや現金で前精算ですので注意しましょう。





■車での入口は島の西側だけど徒歩なら東側の最短ルートでアクセス

瀬長島にはもともと島の内部を東西に貫通する道路がありましたが、今回のホテルと温泉はその貫通道路の中に完成しました。でも基本的に貫通道路は島の西側から東側への一方通行なので、車やバイクでアクセスする場合は一度ホテルの前を通り過ぎて島の西側まで行ってから貫通道路に入ることになります。

でも徒歩や自転車の場合は海中道路から最短でアクセスできるファミリーランド脇の東側の口からアクセスできます。歩きの場合は西側の入口は結構な回り道になってしまいますので、是非とも最短ルートでアクセスするのをおすすめします。





■外からの入口には別の魅力もあります

ホテルも温泉へも入口は同じで、貫通道路の坂の一番上がまさに入口となっています。その入口周辺には駐車場も完備されていますし、簡易的なものですがバイクや自転車などの駐輪スペースもありました。もちろん温泉のみのビジター利用も可能ですし、そもそも駐車場の入口は特に機械などでは管理されていません。強いて言えば東側の入口は一方通行なので逆送を防ぐために警備員がいるくらいでした。

ちなみにこの駐車場は高台にあって景色も開けているので、そこからの景色はなかなかのものです。瀬長島近海の海を望めるだけでなく、那覇空港も一望できるので特に北風の冬場は瀬長島側から飛行機が降りてくるので、まさにより近い場所から飛行機の着陸する姿を望むことができます。今までは海中道路から見上げる感じでしたが、この駐車場からなら目線から飛行機を望めるかもしれません。

温泉もホテルにも用が無くても、ここからの景色を見るためだけの人も多くいた感じでした。有る意味、この瀬長島ホテルの駐車場は瀬長島の新しい観光名所になるかもしれませんね。できれば安全面も考慮して展望デッキてきなものを作って欲しいと思います。





■温泉の入口はややわかりにくい
瀬長島ホテルと琉球温泉の入口は同じで、入口自体はやや小さめ。まぁ大人数が訪れる施設という想定ではないのでしょうが、もしこの温泉が人気が出てしまうとこの入口の形態ではキャパを越えてしまいそうです。

しかも入口はややわかりにくく、外から入る風除室の二重扉の1枚目の右に温泉入口があります。どうしても二重扉に入ると2枚目の扉も開けてしまいがちですが、琉球温泉は1枚目の扉を開けたらすぐに右に進みます。正直、最初はそれに気づかずそのまま2枚目を越えてしまい、ホテルのフロントまで行ってしまいました。ちなみにフロント横にも入口はありますが、基本、2枚目の扉から先はホテルという位置づけだと思いますので、行かれる方は1枚目の扉からすぐに右に行きましょう。





■最初は下駄箱ですがいろいろ問題有り・・・
スーパー銭湯などでもおなじみですが、入口を入ってすぐに靴を脱ぐスペースがあり、下駄箱に靴を預けてその鍵を温泉の受付に渡すシステム。その下駄箱も100円硬貨を入れて鍵をかけ、靴を出すときには100円が戻ってくるシステムなんですが、両替機はあるものの1000円札しか対応していません。500円玉やそれ以上の紙幣は対応していないのでかなり困りました。というのも下駄箱から受け付けまではものすごい長い廊下を歩かされるので、両替するだけでかなり歩かされます。この両替機はせめて500円玉にも対応して欲しいものです。1000円札オンリーでしかも受付まであれほど距離があると、温泉には入る前にちょっと興ざめしてしまいます。

あと細かいところで靴を履くためのベンチはあるものの、靴べらが無かったです・・・。


■料金は後払いシステム。Edyも使えます。
その長い廊下を進むとようやく受付があって、そこで下駄箱の鍵を渡して脱衣所の鍵を受け取ります。ちなみに料金は後払いですが、その脱衣所の鍵を受け取る際にバスタオルとフェイスタオルを貸して頂けます。つまり料金はタオル代込みなので手ぶらで入浴できるってことですね。

しかも支払いにはEdyも使えるようなので、とかく電子マネーが普及している沖縄ならではだと思います。でも受付と支払いが同じカウンターで行われるので、とにかく流れが悪い。沖縄の人は受付で世間話を延々とする人が多いので、そうなると支払いだけの人は長い時間待たされることとなります。せめて受付と支払いは分けて欲しいものですね。あと受付カウンターもかなり狭いので、今後、もし人気が出たらここでもキャパを越えてしまいそうな気がします。少なくとも団体対応は無理かな^^;


■朝風呂だけもある料金設定
最初は「平日1300円」「休日1500円」はちょっと高いかな?って思った料金設定でしたが、バスタオルとフェイスタオル付きですし、あとお風呂のロケーションを一度経験するとこの料金は有りかな?って思います。しかもその料金設定には「朝風呂のみ」のものもあって、午前6時から午前9時まで受付、午前10時までの入浴で「平日800円」「休日1000円」なのでこれはかなりお得かも?

まぁ北谷のちゅら〜湯の朝風呂の「500円」にはかないませんが、まぁこのお風呂のロケーションからすると「800円」はかなりお得だと思います。何より那覇からアクセスしやすい場所にありますし、那覇市街の温浴施設は1000円前後しますからね。


■お風呂は男女入れ替えだけどあまり変化無いかも?
浴室は2つあって男女入替式。今回体験したのは男性が「金龍の湯」でしたが、もう一つは「銀龍の湯」なのかな?案内図を見る限りはサウナが「アロマサウナ」か「塩サウナ」が違うのと、金龍の露天風呂が「岩風呂」だったのに対し、銀龍は「寝湯」という以外の違いは無さそうです。どっちにつけジェットバスやジャグジーなどの浴槽はありませんでした。

でもどちらも瀬長島の西側の海を望むロケーションですし、湯船も大半は同じタイプなので、どっちでもそんなに変わらないように感じました。

というのも、お気に入りの湯船はどちらにも同じものがありましたからね。詳細は後ほど^^ゞ


■脱衣所はやや狭めでこっちはお金の必要なし
下駄箱は100円硬貨が必要でしたが、脱衣所は必要ありませんでした。まぁロッカーの鍵はフロントでもらうシステムなのでそれならロッカーでの100円硬貨は必要ないかもしれませんけどね。ただロッカーはかなり狭い場所に配置されている感があって、特にドライヤーなどをかける洗面台周りはさらに狭く感じました。

先の入口や受付同様に、あまり多くの人が来ることを想定していないんでしょうね。今回は平日に行ったので問題有りませんでしたが、寒い日の休日になるとどうなるかちょっと心配。

ちなみにロッカーは小さいサイズで旅行で使うような大きなカバンは入らないかもしれません。あと洗面台にはドライヤー、綿棒、ガーゼ的なもの、ヘアトニック剤などがあって一通りそろっている感じでした。

それと脱衣所には牛乳の自販機だけはありました。清涼飲料水の自販機は受付と脱衣所の間の廊下にあって、1本100円のものもありました。





■脱衣所からはまずは内風呂へ
この琉球温泉は海を望む外風呂が売りかと思いますが、もちろん内風呂もあります。脱衣所から入ってすぐにあるのが内風呂で、こちらは中庭を望む感じで入浴可能です。またその内風呂からは洗い場に行くことができて、内風呂とは別の空間になっています。シャワーとカランがあって、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープは常備されています。また内風呂側にはタオルや自前の入浴セットを置く棚があるので、まさにスーパー銭湯と同じレベルで活用できると思います。

ちなみに内風呂は浴槽は1つですがかなり広めで、中は深いものと浅いものの2つに区切られていますが、お湯は一緒です。あと掛け湯があるので入浴前には必ず掛け湯をするか、その近くにあるシャワーで体を流しましょう。

また内風呂と脱衣所の間には給水器と洗面台がありますので、水分補給もきちんと行えます。





■外風呂はかなり素晴らしい!
内風呂はそこそこでしたが、外風呂はかなりの充実。サウナも外から入るようになっているので、まさにメインは外風呂なんでしょうね。

今回は金龍の湯でしたが、サウナは「ドライサウナ」と「アロマサウナ」の2種類で、アロマはいわゆる「ミストサウナ」の位置づけ。あと湯船はサウナ近くに水風呂があって、あとは桶風呂が3つ、岩風呂、そして注目なのが最も奥にある「立湯」です。ミストサウナからは外は望めませんが、ドライサウナからは外風呂越しに海が望めますし、桶風呂からの望めます。岩風呂は外側にあるものの、湯船から立ち上がらないと海は望めません。しかし立湯はまさに海を見ながら入ることができるお風呂で個人的にも超お気に入りでした。


■金龍の湯のドライサウナ
いわゆるサウナですが、中に邪魔な柱があってやや狭く感じましたが、逆にその柱が良い感じでプライベートスペースを作っていて、その横にある窓からは外湯とその先の海まで望めます。

ただサウナには温度計とテレビはあるものの、12分計や普通の時計はありませんので、時間を計るすべがないのが辛かったです。


■ミストサウナのアロマはなかなか良いね
普段、あまりミストサウナには入らないのですが、今回の金龍の湯のものはアロマで匂いに誘われて入ってしまいました。っていうか外から見てもドーム状の形だったので、空間的にも興味がありました。中はドーム状で座る場所は外側に配置されていて、中央にまさにアロマが設置。

いい香りを出していました。

あと気に入ったのが照明で、多分LEDだとは思いますが、時間ごとに色が変化して匂いだけでなく視覚的にも和ましてくれました。赤燈黄緑青藍紫と変化している様子を見るだけで和めました。とりあえずサウナに長居はできない方なんですが、この色の変化が一周するまでは我慢して入っていました。





■桶風呂は外風呂でもやや高い場所にあります
最近のスーパー銭湯などでもお馴染みの桶風呂は一人用のみで一般的なものよりやや小さめ。でも外風呂の中でもやや高い場所にあるので、他の風呂越しに海を望むことができます。大浴場が苦手な人には一人用の桶風呂は良いかもしれませんね。

でもあくまで一人用なので、大人と小さな子供ぐらいなら一緒に入れるかもしれませんが、大人二人や子供でも小学生以上にもなるとちょっと一緒に入るのはきついかも?





■岩風呂はちょっと惜しい
海側に配置されている岩風呂なんですが、露天風呂ですし、海のそばなので位置的なものはとても良いのですが、いかんせん湯船に浸かるとせっかくの海が全く望めません。湯船から立ち上がるとようやく海が望めますが、それじゃあまり意味がないような気がします。なので私が行ったときも岩風呂ではほとんどの人が湯船に浸からず立って入っていました。確かに外から覗かれるリスクを考えると仕方ないのですが、せめて外壁部分を水平ルーバー(ブラインドのようなもの)にすれば遠くの海ぐらいは望めたのかと思いますが・・・

でもこの岩風呂から景色を望めない理由は次の湯船で分かった気がしました。





■ついつい長湯をしてしまう立湯は最高!
岩風呂の隣に水深1.2mとやや深い湯船があるのですが、正直最初はその存在に気づきませんでした。下手するとその存在に気づかないままで終わってしまう人も居るのでは?と言うぐらいアピール度が少ない湯船。でもこの湯船が最高なんです。

水深1.2mということで立って入る湯船と言うことで「立湯」と呼ばれていますが、立って入るおかげで外からの目隠しになっていて、岩風呂のような壁がないのでまさに海が一望できます。ちょうど瀬長島の西側の海が一望できるので、もしかすると沖縄のお風呂の中でも最高のロケーションの湯船かもしれません。正直、今までは「湯処さしきの(現・猿人の湯)」が最高のロケーションかと思っていましたが、この琉球温泉の立湯はそれを確実に越えたと思います。

しかも露天ではないものの屋外風呂なので外の空気を感じながら入れるのが良いですね。逆に屋根があった方が海がより際だって見えるので良かったのかもしれません。

加えてこの立湯の床には丸石が敷き詰められていて、立湯だけに足のマッサージもできます。また壁側には半身浴、足湯だけをできるように段が設けてあって、様々な入浴方法ができました。でも一番は海側の縁に肘をついて寄りかかって海を見ながら入るスタイル。もうこのスタイルならいくらでもお風呂に浸かっていたくなります。

でも基本「半身浴」なので、長湯するとものすごい汗をかいてしまいますね。なので気が付くと汗だくになっていたりするので、この立湯での長風呂には要注意かもしれません(笑)。

しかしこの立湯のロケーションは最高で、もしかすると沖縄としてだけではなく、日本全国としてもロケーション&この入浴システム(立湯・座り湯などが自在なシステム)は最上級かもしれません。

とにかくこの立湯に入るだけでも十分満足できると思いますので、是非とも琉球温泉へ来て欲しいと思います。ちなみにこの立湯は男女ともに同じ形のものがありますので、浴室は男女入替式ですがどっちになっても体験できます。入口が奥の奥でしかも口が狭いのでわかりにくいですが、とにかく必ず入って欲しい湯船だと思います。

ちなみに瀬長島から西を向いて入浴するので、海が見えるだけではなく、その先に渡嘉敷島の島影も見えるので、そういう意味でもいいロケーションだと思います。また時期によっては夕日を眺めながら入浴も出来るので、まさに西側にある瀬長島ならではの景色を望めると思います。







■泉質はpH7.5の弱アルカリ
琉球温泉はきちんと地下1000mから温泉を掘り出したもので、泉温50度の塩化物強塩泉の高張性・弱アルカリ・高温泉。pHは7.5で湧出量は毎分510L。無臭で無色透明。強い塩味とのことでしたが、実際はそんな塩っぽい感じはありませんでした。いわゆる弱アルカリのちょとだけぬめっとする感じでしょうか?

効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進ということなので、まさにNAHAマラソンの後にはいいかもしれませんね(笑)。それと飲用では慢性消化器病・慢性便秘ということですが、飲むための設備は見あたりませんでした。まぁ基本は入浴するためのものだとは思います。





■入浴後はあまりのんびりできないかも?
浴室や脱衣室には簡易的な椅子はあるものの、ゆっくり休めるところは無さそうです。また浴室と受付の間に和室スペースがあってそこで休憩は出来そうですが、かなり狭めでしかも壁に囲まれていて閉鎖的。普通にベンチや椅子でゆっくり出来るところは無さそうです。

また受付前からすぐにアクセスできるレストランも、午後3時まではランチバイキングしかないのでカフェのみでの利用は出来ません。またカフェタイムあとのディナータイムもカフェ的に利用できるか否かわかりませんので、相対的にお風呂のあとにゆっくり出来るスペースは無いものと考えた方が良いかもしれません。ホテルのロビーも狭いですし、正直なところ、入浴後はホテルを出てそのまま坂を下りてファミリーランド周辺のパーラーやカフェへ移動した方がいいかもしれません。

まぁホテルがメインなので入浴者関連のスペースが少ないのはわかりますが、先の立湯のようにお風呂自体には人気が出る可能性があるだけにやや残念な感が否めません。そもそも入浴関連の施設もホテルそのものも少々キャパが低い気がします。どちらも団体が来たらロビーや受付がパンクしそうなのが気がかりです。





■入浴後は湯冷ましに駐車場から那覇空港見学?
先の話のように入浴後に館内でゆっくり休むスペースがほとんど無いのですが、逆にホテルを出れば下にパーラーやカフェがありますし、またホテル駐車場も高台にあってちょうど那覇空港側に向いていますので、湯冷ましがてらに駐車場から那覇空港を見ることが出来ます。冬場などの北風の時はまさに瀬長島側から飛行機が降りてくるので、いつもとは違った角度から那覇空港への飛行機の離発着を望むことが出来ると思います。

ただ時折自衛隊機の発着もあって、その際は猛烈な爆音だけじゃなく振動まで伝わってくるので、お風呂だけならまだしも、宿泊する方には自衛隊機は迷惑きわまりないかもしれません。しかも自衛隊機は土曜日を含めて平日の朝から日没までやっていますので、日中にホテルでのんびりしたい方には問題が多そうです。

とりあえず入浴だけなら我慢できるレベルかもしれませんので、入浴後はすぐに外に出て那覇空港や瀬長島周辺の海を眺めながら湯冷ましすると良いかと思います。





■お風呂と立地は最高!休憩スペースとアクセス面に問題あり
とにもかくにもお風呂は最高だと思いますので、特にあの立湯は実際に体験して頂きたいものです。個人的にもあまり長湯はしない方なんですが、この立湯だけは何十分も入ってしまいました。まぁ天気次第の面もありますが、それでも遮るものが何もないロケーションなので、天気がイマイチでも十分楽しめる温泉施設だと思います。

ただ問題なのは、先の休憩スペースの不足と、最も難儀なのがアクセス面。自家用車やレンタカーがあれば良いのですが、それ以外の移動手段は先のバス停からの徒歩以外は無さそうです。あしびなーのように那覇空港とのシャトルバスがあればいいのですが、現状ではホテル宿泊者のための送迎バスがあるだけで、空港からは予約制で随時、空港へのバスは1便が09:15発/2便が10:15発/3便が11:15発となっていてその他の時間も随時対応してくれるようですが、これらのバスはあくまで「瀬長島ホテル」としてなので、温泉施設利用者が乗れるか微妙なところです。

せっかく温泉施設としてのポテンシャルを持っているのに、アクセス面で難があるのはもったいないですね。また先のバス停から那覇空港へ直接行くバスは無いので、空港との往来はかなり困難だと思います。ちなみに瀬長島から公共交通機関のみを使って行くには具志営業所から9番でも11番でも「奥武山公園駅前」まで行き、そこからモノレールで那覇空港まで行くこととなります(バス220円+モノレール260円)。

ちなみにタクシーだと瀬長島ホテルから那覇空港までは約5kmですので1000円ちょっとだと思います。まぁ人数がいればタクシーでも往来可能だと思いますが、ただ瀬長島ホテルにタクシーが待機しているか否か微妙なところなので、那覇空港へ行く際は事前にタクシー会社の連絡先を調べておくか、ホテルのフロントにお願いすると良いかと思います。

がんばって自力で那覇空港へ行く場合は片道5kmですが、常に那覇空港の脇の歩道を通ることになるので、実質信号無しで空港まで行けます。途中、坂がありますが大したレベルではないですし、沖縄としては珍しく広い歩道が空港まで整備されていますので気持ちよく散歩できるかもしれません。まぁ普通は歩いて空港まで行こうとは思わないですが^^;;;


■総合的には合格点!アクセス面さえどうにかなればリピしたい施設
とりあえず沖縄に住んでいるなら瀬長島までは自転車で十分行けますので、個人的にはリピ有りの温泉施設だと思います。特に瀬長島は普段のランニングコースの中にありますので、逆に瀬長まで行ってこの温泉施設を起点にランニングして、終わったら温泉に入るというのは良いかもしれませんね。まだ受付してからランニングなどで一度外に出るのがOKなのかは確認していませんが、基本かなりゆるい受付だったのでなんとかなるかもしれませんね。ランニングシューズ以外を下駄箱に預けて、ロッカー用の鍵を持って走ればOKだと思います。基本、下駄箱の鍵は受付に預けますので、ランニングシューズは荷物として持っていく必要はあると思います。

何より朝風呂があるので、朝のランニングには良いですね。もちろんランニングに関係なく朝風呂を入りに行くだけでも価値は十分あると思います。朝の6時からやってくれるならその後朝の飛行機に乗る方でも十分立ち寄ることが出来ますよね。

アクセス面と休憩スペースの面で難がありますが、それは自力や他の手法でどうにか対処できると思いますし、何よりあのお風呂からの景色は申し分無いので、総合的には合格点の施設だと思います。

まぁ自衛隊機の爆音や振動はありますが、お風呂に入るだけならそんなに気にならないと思います。

でも平日で1300円、休日で1500円はややお高いので、個人的には平日の朝風呂(800円)を狙いたいですね。ちなみに回数券もあるらしいですが、さすがに冬がメインで毎週のように行くことはないと思いますので、今後は寒い時期の平日に朝風呂を狙ってまた行きたいと思います。

とりあえず「立湯」。

一度入ったらやみつきになります。是非、沖縄へお越しの際はこの「立湯」を体験してみて下さい!!!




瀬長島の琉球温泉「龍神の湯」の詳細情報/クチコミ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/12/27-08:22 | Comment(8) | 沖縄離島情報

2012年12月20日

とりあえず、2012年の離島情報をアップ!でも地図がまだ・・・

どうにか2012年中にアップしようと思っていた離島情報を更新できました。

宿情報から先行して、奄美や沖縄本島、宮古、八重山、そして最も島が多い本島周辺離島の情報をアップできました。


全部で238ヶ所の情報^^v


しかも上記の数値はあくまで「新規」のもので、既に掲載済みのものの写真や情報更新もありますし、また建物は同じだけど全く別の宿やお店になったものもありますので、実際に更新したのは300以上。いや400以上?

とにかく今回もかなり多くの情報を更新しましたので、年末年始や春休みシーズン、そして4月以降の夏シーズンに離島旅行を計画される方はこれらの情報を含めてホムペを活用して下さいね^^ゞ


ちなみに今回の全体的な傾向としては、宿については先にも綴りましたが、沖縄本島だけじゃなく離島も含めて貸別荘が多いですね。もともと自分のための別荘として建てたものをそのまま宿にしていたり、移住したはいいけど結局本土に戻って建物だけを貸別荘にしたものなどなど。そこまで貸別荘のニーズが沖縄にあるのか疑問に感じるほど、各地に多かったですね。

あと安宿でもレベルの高いものもあったり、超高級ホテルがオープンしたりと、宿については全体的に「2極化」が進んでいますね。まぁ沖縄だけの話じゃないのですが、そういう雰囲気を沖縄でも感じた次第です。


観光情報に関してはとにかく飲食店などのお店の閉店が多い。

結局、安直に始めたお店で経営が思ったようにいかずに止めてしまうという感じのものが多く感じました。特に飲食店などは先の貸別荘とは違って、もともと賃貸でお店をやっているものがほとんどなので、始めるのも簡単ですが撤退も簡単。

そういう意味で、今回の更新でも新しいお店はあまり積極的に掲載しない方針にしています。以前からあるお店は今後も継続していきそうですが、いかにも新しいお店はその「撤退」があるので掲載は消極的かもしれません。


あと今回は今まで天気運が悪くて良い写真が撮れなかった島の情報も大幅に更新しました。

喜界島」^^;;;

以前行ったときは滞在期間全て雨でしたからね(/o;)

今回はいい感じで晴れてくれましたので、大部分の写真を撮り直しました。

やっぱり晴れているときの方がイメージがいい写真になるので、離島のイメージも良くなりますからね。


あとその奄美では与路島と請島にかなり長い時間滞在して、あまり踏み込まない場所にも範囲を広げました。同様に渡名喜島も島の北側の山に登ってその様子をアップしていますし、他にも西表島の滝や船浮のグルメなどなど。

新規追加情報以外にもいろいろ更新しましたので、まずは以下の詳細情報からチェックしてみて下さいね。


全エリア宿情報 +69ヶ所
奄美&本島エリアの観光情報 +44ヶ所
本島離島エリアの観光情報 +61ヶ所
宮古エリアの観光情報 +22ヶ所
八重山エリアの観光情報 +42ヶ所


でも情報こそアップできたものの、それにあわせた地図情報がなかなか進みません(/o;)

今回更新した離島の数が数だけに、地図の修正もかなり膨大。

正直、年内は厳しいかもしれません(;o;)

でも可能な限り年内には地図情報を更新して「離島.book」も新しいバージョンにしたいんですけどね〜。

まぁ「離島.book」は無理としても、せめてホムペの地図だけは今年中に今回の情報と整合性をとらせたいですね。


まずは離島情報の更新は終わったので、一区切り。

週末はどこかの島へ行ってリフレッシュして、そして本格的に地図修正に入りたいと思います。

その前に年賀状を書かねば^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/12/20-08:26 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年12月19日

ついに本島周辺の離島の観光情報もアップ!あとは地図・・・

どうにか沖縄本島周辺の離島の観光情報も更新できました。

今回の更新は宿こそ全エリア一括更新だったので「69ヶ所」もありましたが、観光情報は奄美/本島/本島離島/宮古/八重山の5エリアに分けて更新しましたが、その中でも本島離島が一番多かったです!


・宿情報(全エリア)+69ヶ所
・奄美エリア +43ヶ所
・本島エリア +1ヶ所
・宮古エリア +22ヶ所
・八重山エリア +42ヶ所
・本島離島エリア +61ヶ所


しかも上記の内容はあくまで「新規追加」であって、情報の変更や写真の更新なども含めると、実際はもっと多くの情報が追加になっているんですよね。しかも新規が多ければ多いほど、変更も多かったりするので、そういう意味でも本島離島の情報は一番苦労しました^^ゞ

でも問題は今後の地図への反映(ToT)

基本、情報はあまり減らずに増える一方なので、果たして今の地図の中に今回の情報を全て収めることが出来るかが今後の課題。とかく石垣島や宮古島は既に情報で溢れているので、どうしたものかと・・・

でも今のままだと地図上の情報と表示される情報が食い違っちゃうので、早くメンテナンスしないといけないんですけどね。

今度の連休でやるかな・・・でも島へ行くとなるとさすがに作業はしたくないし、そもそもロースペックのノートPCしか持っていかないので作業は出来ないような気が・・・^^;;;

まぁどのみち、地図に関しては年内はかなり厳しいので、気長にお待ち下さいませ。

それまでは地図と情報が食い違いものもあると思いますが、こういう事情なのでご理解頂きたい次第ですm(_ _)m

まずは本島離島で新規追加した情報。以下の通りです。

今後の離島旅行にお役立てくださいませ^^ゞ


■阿嘉島のスポット
ビーチハウスAKA

■座間味島のスポット
レストラン ラ・トゥーク
喫茶とお土産の店 なぎさ/座間味鮮魚店
パーラーとしちゃん
カフェアンドバー かふーし堂
ぼくの店 おじさん
座間味ツアーオペレーション(無人島渡し)

■安慶名敷島のスポット
安慶名敷島の南側
安慶名敷南のビーチ
安慶名敷島の山
安慶名敷北東のビーチ
安慶名敷島沖の海の色
安慶名敷島の水中ベストスポット

■嘉比島のスポット
嘉比北西の海の中
嘉比島灯台/桟橋
嘉比島沖の海の色
座間味島と嘉比島の間の海
嘉比島北のビーチ

■渡嘉敷島のスポット
阿波連港
シーサイドカフェGAKIYA

■粟国島のスポット
特産品直売所 とび吉(粟国漁業組合)
島あしび館/粟国村観光協会
丸三飯店
粟国漁港
村民牧場
西ヤマトゥガー
西集落の洞窟

■渡名喜島のスポット
村道1号線/フットライト
西森園地/西森(標高146m)
西森園地遊歩道
西森園地展望台
サカシ散策道
ワタンジ崎
水田(みふーだー)
島どうふ/島豆腐屋
チキシ
渡名喜村多目的活動施設/映画「群青」資料館
居酒屋 南風原(映画「群青」ロケ地)
仲村家(映画「群青」ロケ地)

■久米島のスポット
旅の駅 久米島(レンタサイクル)

■瀬底島のスポット
オレンジサンセット

■古宇利島のスポット
食事処あだん
ハートロック テーヌ浜
古宇利島シエルタワー

■屋我地島のスポット
食の駅 藕花(Cafeぐうげ)

■伊計島/宮城島/平安座島のスポット
ぬちまーすファクトリー ぬちうなー(工場/売店)
ぬちまーすカフェ たかはなり(カフェ/レストラン)
伊計島共同スーパー

■瀬長島のスポット
琉球温泉 龍神の湯
空の駅 瀬長島物産センター タカエス
パーラー瀬長島
ビーチカフェAnjina(アンジナ)
瀬長島スポーツパーク

■奥武島のスポット
大城てんぷら店
テルちゃん鮮魚店/いまいゆ市場
奥武島海産物食堂
軽食と雑貨の店 まいむ
みなとストアー
奥武島海底観光グラスボート

■与論島のスポット
百合ヶ浜へのカヌー
砂美地来館(サビチラカン)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/12/19-17:23 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年12月18日

実を言うと宮古の観光情報も更新していました^^ゞ

結局のところ、範囲(島)も多くて情報の変化も多い本島離島と八重山を除いて観光情報も更新済みだったんです^^ゞ


今回は宮古の観光情報をアップ!!!


最初は宿情報のみをリリースして、その後は奄美と沖縄本島、そして今回は宮古の観光情報の更新をリリースします。まぁ宮古は他のエリアに比べて島がそれほど多くないですし、島の規模の他に比べて小さめなので更新した情報のチェックにもそんなに時間がかかりませんでしたからね。むしろ奄美の方が範囲も広いし、更新した数も多いのでいろいろ大変でした^^;

でも八重山や本島離島は範囲も広くて変化も激しいのでなかなか一筋縄ではいきません(/o;)

なのでこの2つはもう少し時間がかかると思いますので、今回は宮古の島の観光情報をリリースします^^v


宮古は他の八重山や本島離島に比べて変化はそれほど多くないので、更新した情報もそんなに多くはないんですけどね^^;

強いて言えば今回「真謝海岸」の水中情報も含めてアップしたとか、あとは多良間島にも久しぶりに足を運んだことによる更新かな?でも宮古島も多良間島も新規こそ少ないものの、写真の更新などはいろいろやっています^^v


特に多良間島はここ最近何故か行くたびに天気が悪くていい写真が撮れませんでしたが、今回はいい感じの天気でいろいろ写真を撮ることが出来ました。まぁ多良間は変化はそれほど大きくないので、更新した箇所は少ないですが、貴重な情報も手に入ったので、今回は多良間まで足を伸ばして良かったです。


今更かもしれませんが、多良間島の港。変わったんですね^^ゞ


今までは集落から遠い島の東岸の「普天間港」だったものが、集落にもほど近い島北側の「前泊港」に変わっていたんですね。気づかないで船に乗っていて、さぁ集落までがんばって自力移動するか!って思ったら集落がすぐ近くでした(笑)。

でも今回の多良間は島滞在2時間半の超ハードスケジュールだったので、この集落に近い港到着はまさに「渡りに船」で助かりましたけどね^^v

ちなみに多良間島行きはここ3年で毎年チャレンジしていたものの、何故か行こうと思っている日は3回連続で船が欠航ないし運休(ToT)。なので情報がちょっと古くなってしまっていたので今回は島へ行くことが出来て情報を更新できて良かったです!^-^!


そんなわけで宮古の観光情報も更新いたしました。スカイマークが就航して沖縄本島から行きやすくなった宮古なだけに、情報を有効活用して頂ければと思います。


■宮古島のスポット
おうちショップ ぬか〜ぬか
パーラーKUMAZA(クマザ)
クマザ海岸
春おばぁの店 食堂んきゃどり家
真謝漁港/ビーチ
真謝海岸
真謝海岸インリーフ
真謝海岸アウトリーフ
与那覇前浜の海の色
池田橋
マジャーランド宮古島

■伊良部島のスポット
カフェとごはんSHIMABOW(島ぼー)
食堂ゆかい屋
Pizza&Caffe BOTTA(ピザ&カフェ ボッタ)

■多良間島のスポット
多良間島まもる君
ゆがぷう商店
池城商店
レンタカーあだん
丸宮レンタカー/レンタサイクル
多良間島観光サービス
郷土マリンサービスジョーズ(JAWS)
マリンサービス島心(すまぐくる)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/12/18-14:30 | Comment(0) | 沖縄離島情報

ちょっとマイナーな情報が多いけど奄美の離島の情報更新!

昨日は全てのエリアの宿情報の更新をお伝えしましたが、観光情報になるとさすがに情報量が多すぎて一度では更新できません^^ゞ

ってことで、まずは情報の変化がそんなに大きくなかった奄美エリアから更新いたしました^^v

でも変更は少なかったものの、2012年は奄美大島のさらに先の小さな離島までいろいろ足を伸ばしたので、新規に追加した情報は多かったんですけどね〜。特に奄美大島の南の加計呂麻島のさらに先の与路島・請島は、今までなかなか踏み込めなかったエリアまで足を伸ばせたので、新規情報は多いです!

・・・そもそもその島まで行くのが大変ですけどね^^;

なのでその島へ行くためというよりも、こんな島があって、こんな場所があるってことを多くの方に知ってもらうための更新だったのかもしれませんね。もともとホムペもなかなか行けない島へ足を運んで、その情報を発信するのが中心だったので、マイナーな島の情報こそホムペやこのブログで紹介する意味はあると思いますからね〜^^v

そしてその情報を見て実際にいってくれる人が1人でもいれば嬉しい限りですo^o^o

ちなみに今回更新した情報の中で喜界島に関しては、以前写真を撮影したときはずっと大雨だったのでイマイチな写真ばかりで、今回そのかなりの場所を撮影し直しました。なので「新規追加」という情報にこそ載らないものの、写真更新という意味ではかなり変わったと思いますので、新規情報以外もチェックして下さいね^^ゞ

っていうか、2012年の奄美は奄美大島や徳之島や沖永良部島なで沖縄から比較的行きやすい島よりも、与路島や請島や喜界島のように行きにくい島々をいろいろ巡ったので、先の話のように行きにくい島の情報をいろいろ集めましたので、ホムペでバーチャルトリップをして頂ければと思います^^/


ちなみに沖縄本島の情報も1ヶ所だけ新規追加(笑)。こちらは情報変更メインでしたし、沖縄本島はちょっと「離島」って感じじゃないですからね^^;もちろん本島周辺の離島の情報は今後更新していきますが、こちらは新規も変更も多いのでもうしばらくお待ち下さいませ。


まずは奄美と沖縄本島の情報。

今年は無理としても2013年の離島旅行にお役頂ければと思いますm(_ _)m


■奄美大島のスポット
道の島交通本社営業所(バス起点)
みちのしまループ橋
知名瀬周辺の海
大和村周辺の西側の海
エコー奄美グリルハウス(焼肉)
レストラン マリンテラス
レストラン フォレスト
とうふ総菜兼食堂 島とうふ屋
AiAiひろば
奄美エースレンタカー 奄美空港店
奄美エースレンタカー 古仁屋店
奄美エースレンタカー 市内店

■加計呂麻島のスポット
加計呂麻うどん・ラーメン やどかり

■請島のスポット
石川道展望台
石川道への前半の道
石川道への後半の道
石川道の浜
大山登山口への道
池地大山展望台 夜明台
池地大山展望台 夕日台
ヤンマ崎降り口
大山ミヨチョン岳昇り口
大山ミヨチョン岳登山道
大山ミヨチョン岳頂上
計良治崎への道
計良治崎

■与路島のスポット
大縄/ナブリュウ崎への前半の道
与路集落展望場所
大縄/ナブリュウ崎途中の見晴台
大縄/ナブリュウ崎への後半の道
ナブリュウ崎近くの浜
大縄/ナブリュウ崎
大縄/ナブリュウ崎の奥の道

■喜界島のスポット
七十七曲り(九十九曲り)
ヒメタツナミソウ自生地/公園
スギラビーチからの朝日と夕日
空港通りの壁画
手久津久公園
塩道長浜公園
仁じん ji-ji 炭焼きよた
地下ダムトンネル/水管理センター
喜界町農産物加工センター
戦闘指揮所跡


■本島北部のスポット
備瀬の桟橋


大部分で写真更新した喜界島の情報
※写真更新した場所(喜界空港/でこ/スギラビーチ/ナガラ海岸/さんぼ苑/荒木海岸/荒木遊歩道/花良治海岸/珊瑚の石垣/トンビ崎/ハワイ/小野津海岸/小野津公園/シュガーロード/百之台展望台/百之台公園/七島鼻/中西公園/浦原の展望台/池治ビーチ)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/12/18-12:58 | Comment(0) | 沖縄離島情報

最近の離島というか沖縄の宿って・・・

昨日、2012年分の宿情報のみ、先行して公開しましたが、一般的に宿の「二極化」が進んでいると言いますが、沖縄もまさにそうですよね。那覇市街の明治橋近くの「リーガロイヤルグラン」や北谷の「ヒルトン」が良い例だと思いますし、また南部の玉城には「百名伽藍」という宿もできましたね。

でも沖縄の場合、高級ホテルだからといって綺麗な海が望めるという話ではなく、民宿や安宿でもオーシャンビューのところもありますからね〜。

しかも最近は宿泊代は安いのに、設備やサービスが良い宿が特に離島では多くなりましたね。

1泊3000円台なのに、素泊まりでバス・トイレ付きとか、部屋は古い民宿レベルなのにWiFiが繋がるとか、まぁ最近の安宿も侮れないですよね^^;

ただ最近気になるのがやたらに「貸別荘」なるものが多いこと、多いこと。

特に離島にその手の宿が多く感じます。

結局のところ、所有者が自分で住もうと思っていたものの、実現できずにもてあましたものを貸別荘にしているものが多いんですよね。そういうものに限って宿としてのクオリティが低くて、いかにも「以前住んでいました」的な感じが多く残っているような気がします。

「居住」と「宿泊」とでは設備や使い勝手が全然違いますからね。住んでいたままのものを宿として提供するだけじゃダメだと思います。

ちなみにその貸別荘が多いところは、沖縄本島では美ら海水族館周辺が顕著で、あと本島から橋や道路でつながっている離島にも多いですね。離島だとジェット機が離発着できる大きな島にもその手の宿は多く、石垣島には特に多いですからね。中には以前はカフェをやっていて、そのカフェをやめて宿として貸しに出しているものまでありますね。いかにも離島に移住してカフェしながら生活したかったけど、うまく行かずに貸別荘にしている感じですよね〜。

しかもそういう貸別荘の多くは、不動産として売りに出されていたりします^^;;;

そういう情報はなかなか表には出てきませんが、不動産関連の仕事に携わっているとどうしてもそういう情報はすぐに入って来ちゃいます。さすがにどの宿が売りに出されているかここでは書けませんが、売りに出されている宿に宿泊するのはちょっとね^^ゞ完全に閉館しているものが売買されるのはいいのですが、売出中にもかかわらず宿としても営業しているのはなんかね^^;

さすがに今回新規追加したものの中にはそういう宿は無いのですが、過去に掲載していたものでそういう状態になっているものは結構あります。そういう宿はいつ閉鎖になるかわからないので、ちょっと困りますね^^ゞ


また宿だけじゃなく飲食店でもそういうものが最近多いですね。先のカフェを止めて宿にしているならまだしも、安易にカフェを開いて1年もしないで閉店なんてこともよく目にします。

今回や宿情報の更新だけだったので、まだその手の飲食店情報はアップしていませんが、実を言うと飲食店でも結構そういうお店が多いんです。安易な開業で経営が上手くいかずにすぐに閉めてしまうものが・・・

さすがにカフェだともともと賃貸で営業しているものが多いので、その物件が売りに出されていることはあまりありませんが、中には結構人気のカフェで今も結構賑わっているものが売りに出されているところも。


・・・そうこうしている内に、今回追加した宿の中にも1軒、売出中のものを発見してしまった(ToT)


やれやれですね^^;


でも売りに出されていてもオーナーチェンジだけで済んでくれればいいんですけどね〜。まぁ宿名が変わる可能性もありますが、宿として残ってくれればこちらも助かります。

まぁ宿に関しては賃貸ではなく物件を所有している方が多いので、カフェほど安易に開業する人は多くはないのですが、それでも先の貸別荘もさることながら宿でも安易に開業してすぐに止めてしまうところも多いんですよね。


継続は力なり。


せっかく夢見て始めたものなら出来る限り長く続けて欲しいものですね。そのためにも宿でもカフェでも開業するなら、きちんとした事業計画を立ててから行動して欲しいものです。箱だけ造れば人が来るという安直な発想は止めましょう!

どっかの政治家のように^^;;;<公共事業ばらまき政策


昨日更新した宿情報の詳細
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/12/18-07:17 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年10月22日

「島ラン」。離島はランナーにはかなり良いかも?

ヨロンマラソンに参加してからもう何年も経っていますが、島の大会って意外と数あるんですよね。島って結局海に囲まれているから、その周囲を回ればマラソンコース!

まぁ中には与那国島や渡嘉敷島のように猛烈なアップダウンがあるものもありますが^^ゞ

でも基本的に島には「周回道路」的なものがあるので、それを上手く利用すれば気軽に島でランニングできちゃいます。もちろん島の雰囲気や景色などを眺めながら走れますし、何より島には信号が少ない(笑)。

都心や那覇でもとにかく信号が多いので、ランニング時は信号は厄介ですからね。

そういう意味でも島でのランニングってとても快適だと思います。

私もマラソンのオンシーズン(沖縄の冬シーズン)に島へ行くときは島をできるだけ走るようにしていますが、普段と違った環境で走るのはとても気持ちいいものです。とかく旅行時って朝は意外と時間があるので、ランニング道具さえ持っていけば意外と気軽に走ることができると思います。まぁ必要なのはGPS機能が付いている携帯かスマホとランニングシューズがあれば十分ですけどね。服装は沖縄での軽い服装なら十分ランニングぐらいならできると思いますし、半袖・短パンなら持っていっても荷物になりませんからね。

ちなみに今まで走った、ないしおすすめの島を走るとこんな感じかと思います。


・与那国島24km
・波照間島9km(周回道路のみだと)
・多良間島17km
・伊良部島/下地島28km
・渡嘉敷島14km(阿波連/トカシク/渡嘉敷)
・久米島21km(空港へは行かない周回道路のみ)
・伊江島20km
・与論島21km


この中でも与論島に関しては1周21kmとまさにハーフマラソンコース。しかもヨロンマラソンを毎年開催しているので、コースには案内表示&距離表示も1kmごとにあります。

夏は夏で海や自然をテーマにするのもいいですが、与論島は「マラソンアイランド」というテーマにしても良いような気がします。

確かにアクセス面では那覇まで来て、そこから船で片道5時間はちょっと大変かもしれませんが、ああいう長い船旅もたまには良いと思いますし、いい意味でリラックスできると思います。船の中は快適ですし、甲板から沖縄本島を眺めながら移動できるので、意外とその5時間もあっという間かも?もちろん大広間があるので寝て過ごすこともできますので、そういう意味でも船移動の時間はそんなに気にならないと思います。


他の島でも景色を楽しみながら走ることができるところが多いので、この冬シーズンは島の景色を楽しみながら「島ラン」してはいかがでしょう?とりあえずシューズさえあれば何とかなりますよ^^v

ちなみに実際に走って一番楽しくそしてコースもわかりやすかったのは、やっぱり多良間島かな?なにせアップダウンが全くないですし、旧空港部分以外はまさに島を周回するって感じで走れますからね。先の与論島は一度走れば慣れますが、初めての人だと何度も曲がるので意外とわかりにくいコース。波照間島は空港近くでちょっとわかりにくいものの基本的には周回コースなんですが9kmとやや短め。他の島々はアップダウンが強烈なのでかなり覚悟を決めないときついかもしれませんね^^;

那覇だと久茂地や明治橋からなら空港方面へ向かって瀬長島まで行って往復するのがおすすめです。空港脇の歩道はしっかり整備されていますし、信号も比較的少ないので走りやすいと思います。何より空港や自衛隊基地脇を走るので側道から突っ込んでくる車(沖縄特有の歩行者が居ない前提で突っ込んでくる車)が少ないので、その点でも走りやすいと思います。


とかく秋以降は本土はかなり寒くなると思いますが、沖縄は冬でも十分半袖で走れますので、ランニング目的で冬の沖縄へ来るのも良いと思います。


「島ラン」


沖縄のみならず他の離島も含めてこの言葉が広がると良いですね。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/10/22-09:00 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年10月08日

フェリーはてるま。2012年10月6日から復活!



波照間海運の営業停止してから、石垣島と波照間島を結ぶフェリーが運休していましたが、この連休の初日の10月6日から安栄観光によって再開されたらしいです。

とかく観光客は高速艇で波照間島へ往来するかとは思いますが、このフェリーは島への物資、特に燃料関係の運搬には非常に重要だったので、この再開は何より島の人にとっては朗報だったと思います。

もちろんより安く波照間島へ行くのにもこのフェリーは重宝しますし、またバイクや原付などを島へ持っていきたい場合は高速艇は無理だったので、このフェリー再開は嬉しい限りですね。

しかも安栄観光はこのフェリーはてるまがやや老朽化していることから、新造船も計画しているとのこと。

様々な意味で波照間島の方にとっても観光客にとっても朗報になるこのニュース。

とかく最近の沖縄ではあまり良いニュースがなかったですが、この情報はとても嬉しく感じる次第です。

安栄観光にてフェリーはてるま再開のニュース


ちなみにフェリーは週3日、火木土の運行で、火曜と木曜は午前11時に石垣島発で、土曜日は午前8時半に石垣島を発ちます。波照間島まではおおよそ3時間強の航路となり、帰りは火曜と木曜日が波照間島を午後3時発、土曜日は午後2時発になっています。

詳細は以下の通りでしばらくは運行してくれるみたいです。


火曜日 石垣11:00→波照間14:15〜波照間15:00→石垣18:00
木曜日 石垣11:00→波照間14:15〜波照間15:00→石垣18:00
土曜日 石垣08:30→波照間11:30〜波照間14:00→石垣17:00


ちなみに料金は片道大人1500円、子供750円、往復割引だと大人2850円で子供1420円になるらしいです。

また折りたためない自転車は600円、原付1000円、その他自動2輪が1300円とのこと。一応カーフェリーですが、自動車については個別に船会社に相談しないと料金などは分からないようです。


ちなみにこのフェリーはてるまは、私自身も何度かお世話になりましたが、フェリーにもかかわらず定員は高速艇よりちょっと多い50名なので、船内はかなり狭いです。確かに船内の客室は広間がちょっとあるだけで、それ以外は甲板にいるしかなかったと思います。

なので3時間の船旅にはちょっとキツイかもしれませんが、もともとメインは島への物資輸送なのであまり人は乗っていませんでしたけどね。

ただ波照間便は高速艇だと片道3000円、往復で5700円と船便の中ではかなり高いイメージがありますので、このフェリー利用だとかなりリーズナブルになるので、船内の居心地は多少我慢する必要がありますけどね。

でも波照間島までのフェリーは前半は八重山の他の島々を長めながら航行するのでそんなに飽きません。後半も外洋に出てしまって揺れがややきつくなりますが、それでもそんなに遠距離航路じゃないので遠くに波照間島や八重山の他の島も見えますので、甲板で3時間のんびり過ごすのもいいかもしれません。


とにもかくにも波照間島へのフェリー復活。


嬉しい限りです!^-^!

安栄観光にてフェリーはてるま再開のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/10/08-09:52 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年09月07日

タッチアンドゴーが望めるのもあとわずか?

ついに日経にこんな記事がアップされていました。


航空マニア、悲鳴の顛末〜下地島から全航空会社が撤退か


既にこの話題はこのブログでも何度か綴りましたが、日経に記事としてアップされていると、さらに現実味を帯びてきたような気がします。

この発端は言わずとしれたJALの合理化による下地飛行練習場からの撤退。

今までJALとANAで折半していた飛行場使用料が丸々半分無くなってしまいました。

反面、JALは過去最高益とか再上場とか言っているし、なんか解せませんよね。

でもこの記事にもあるようにANAもフライトシュミレーターの発達により、この下地飛行練習場での訓練の必要性が薄れつつあると言っていますので、あながちJALだけの話ではもう無いのかもしれません。


しかしこの下地飛行練習場におけるタッチアンドゴーはもはや伊良部島および下地島の観光名物になっていますので、これが無くなるとかなりの集客ダウンになってしまうのは必至。

もちろん伊良部島には渡口の浜や佐和田の浜などの観光資源がありますし、下地島にも中の島や通り池などがありますが、でもこのタッチアンドゴーを目当てに島に訪れる人は最近多いと思います。

あの真っ青な海から白い機体が迫ってくる光景は、沖縄のみならず日本各地でもなかなか望めないと思いますからね。


加えてこの飛行練習場での使用料はかなりの額らしく、この費用で観光振興をもくろんでいたという話もありますので、全て撤退されてしまうとなるとその観光振興も足踏み状態になってしまうかもしれません。

さらに現在、宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」が建設中で、観光資源としての下地飛行練習場もさることながら、この使用料を見込んでの振興策があったりすると、全て白紙になってしまう可能性もあります。

橋を架けてもその先での振興策無しなんてことも・・・

まぁその振興策というかカジノやF1サーキットのような妄想に近い計画もありましたが、それ以前に空港存続そのものが危ぶまれると、空港での雇用も失うわけで、まさに「何も残らない」事態に陥ってしまうかもしれません。


でも実際のところ、JALの撤退はもはや決定的ですし、ANAの撤退も時間の問題かと思いますので、この下地島でのタッチアンドゴーが見れなくなることも現実味を帯びているのは事実かも知れません。

逆に存続する可能性の方が低いような気さえします。

まさに下地島でのタッチアンドゴーが見れるのもあとわずかなのかもしれません。

果たして伊良部大橋が開通するまでこの下地島での飛行訓練が行われているか否か・・・

冗談抜きに微妙なタイミングかもしれません。


それを見越して、下地飛行練習場が閉鎖になった場合の観光振興策もきちんと考えた方が良いかと思います。

正直、伊良部島には隠れた穴場(ツアーでしか行けない場所)も多いので、それをもう少し開拓して宮古島には無い魅力を見いださないと、伊良部大橋も造っただけになってしまうかもしれません。

訴訟とかJALやANAの引き留めに時間やお金を使うより、自力振興できる未来を検討して欲しいものです。


まずはJALが希望する通り、従量加算による訓練の存続を確立し、飛行場の使用料に依存しない観光振興を検討してはいかがでしょう?ゼロより数は減ってもタッチアンドゴーが残ることに意義はあると思いますので。


日経の下地飛行練習場についての記事
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/09/07-12:00 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2012年07月21日

日本一美しいビーチは波照間島のニシ浜?

離島ドットコムのビーチランキングでも1位でしたが、日本全体としてもあのビーチが美しいビーチとして1位になったんですね。


波照間島のニシ浜。
波照間島のニシ浜



確かにそうかもしれませんが、今までは全国1位は宮古島の前浜だったんですね。離島ドットコムでは18位ですが、まぁホムペの場合は見た目の海だけじゃなく、海の中まで含めてのランキングなので、ニシ浜ならシュノーケリングも楽しめるので1位でしたが、前浜はシュノーケリングはほとんどできませんからね。

ちなみに全国3位ははての浜でしたが、こちらもシュノーケリングはほとんど期待できませんので、ホムペでのランキングは低めでしたね^^ゞ

4位は竹富島のコンドイビーチとのことですが、こちらもシュノーケリングはほとんど期待できないのでホムペでのランキングも低め。

5位にようやく岩手県の海が出てきますが、全国20位のうち12個は沖縄の海なんですね。


<トリップアドバイザーの日本のビーチ Top 20>(URL
01位 波照間島のニシ浜(ホムペでは1位)
02位 宮古島の前浜(ホムペでは18位)
03位 はての浜(ホムペではナカノ浜内陸が29位)
04位 竹富島のコンドイビーチ(ホムペでは14位)
05位 岩手県宮古市の浄土ヶ浜
06位 本島中部のニライビーチ(ホムペでは172位)
07位 渡嘉敷島の阿波連ビーチ(ホムペでは10位)
08位 石川県羽咋市の千里浜なぎさドライブウェイ
09位 阿嘉島のニシ浜(ホムペでは8位)
10位 宮古島の新城海岸(ホムペでは5位)
11位 宮古島の砂山ビーチ(ホムペでは19位)
12位 東京都大田区の城南島海浜公園
13位 石垣島の米原ビーチ(ホムペでは4位)
14位 屋久島の永田いなか浜
15位 瀬底島の瀬底ビーチ(ホムペでは2位)
16位 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場
17位 千葉県九十九里町の九十九里浜
18位 福岡県福岡市のシーサイドももち海浜公園
19位 高知県高知市の桂浜
20位 伊良部島の佐和田の浜(ホムペでは81位)


まぁこのランキングが実情とどの程度の差があるかはわかりませんが、とりあえずホムペのビーチランキングでは先の話のように「海の中」も含めてのビーチランキングですので、その点違いが大きいんでしょうね。特に座間味島の古座間味なんかは先のトリップアドバイザーのランキングには入っていませんが、ホムペのランキングでは堂々の「6位」ですからね〜。

まぁホムペの場合は離島を中心にしているので、その点も差が有るのかもしれませんね^^ゞ


ちなみに個人的な沖縄の離島限定ですがランキング(笑)

01位 阿嘉島のニシ浜(ホムペでは8位)
02位 与那国島の6畳ビーチ(ホムペでは92位)
03位 波照間島のニシ浜(ホムペでは1位)
04位 与論島の百合ヶ浜(ホムペでは39位)
05位 石垣島の米原ビーチ(ホムペでは4位)
06位 来間島の長間浜(ホムペでは11位)
07位 渡嘉敷島のトカシクビーチ(ホムペでは20位)
08位 宮古島の前浜(ホムペでは18位)
09位 奄美大島の崎原ビーチ(ホムペでは87位)
10位 はての浜(ホムペではナカノ浜内陸が29位)


参考までにホムペのビーチランキング100位まで^^;;;

1位 ニシ浜(波照間島)
2位 瀬底ビーチ(瀬底島)
3位 古宇利ビーチ(古宇利島)
4位 米原ビーチ(石垣島)
5位 新城ビーチ(宮古島)
6位 古座間味ビーチ(座間味島)
7位 水納ビーチ(水納島)
8位 ニシ浜(阿嘉島)
9位 星砂の浜(西表島)
10位 阿波連ビーチ(渡嘉敷島)
11位 長間浜(来間島)
12位 吉野ビーチ(宮古島)
13位 白保の海(石垣島)
14位 コンドイビーチ(竹富島)
15位 底地ビーチ(石垣島)
16位 大泊ビーチ(伊計島)
17位 仲本海岸(黒島)
18位 与那覇前浜(宮古島)
19位 砂山ビーチ(宮古島)
20位 トカシクビーチ(渡嘉敷島)
21位 阿真ビーチ(座間味島)
22位 イーフビーチ(久米島)
23位 池間ロープ/カギンミヒダビーチ(池間島)
24位 インギャーマリンガーデン(宮古島)
25位 船浮 イダの浜(西表島)
26位 サンセットビーチ(石垣島)
27位 阿嘉ビーチ(阿嘉島)
28位 池間ブロック/フナクスビーチ(池間島)
29位 ナカノ浜内陸(はての浜)
30位 保良泉ビーチ(宮古島)
31位 米原ビーチキャンプ場側(石垣島)
32位 明石海岸(石垣島)
33位 中の島(下地島)
34位 伊計ビーチ(伊計島)
35位 フサキビーチ(石垣島)
36位 渡口の浜 西(伊良部島)
37位 ヒズシビーチ(阿嘉島)
38位 倉崎海岸(奄美大島)
39位 百合ヶ浜(与論島)
40位 アンチ浜(瀬底島)
41位 星砂の浜(竹富島)
42位 阿波連ビーチパナリのビーチ(渡嘉敷島パナリ)
43位 はいむるビーチ(小浜島)
44位 新原ビーチ(沖縄南部)
45位 毛ビーチ(波照間島)
46位 トゥドゥマリ浜(西表島)
47位 ペー浜(波照間島)
48位 ペムチ浜/ベムチ浜(波照間島)
49位 パイナガマビーチ(宮古島)
50位 トゥマールビーチ(小浜島)
51位 アイヤル浜(竹富島)
52位 真栄田岬ビーチ(沖縄中部)
53位 カイジ浜(竹富島)
54位 後原ビーチ(阿嘉島)
55位 土盛海岸(奄美大島)
56位 シンリ浜(久米島)
57位 阿波連ビーチの穴場(渡嘉敷島)
58位 ウッパマビーチ(沖縄北部)
59位 トンナハビーチ(宮城島)
60位 ヤドリ浜(奄美大島)
61位 水納港横のビーチ(水納島)
62位 南風見田の浜(西表島)
63位 シギラビーチハウス(宮古島)
64位 ナーマ浜(与那国島)
65位 豊崎美らSUNビーチ(沖縄南部)
66位 中野ビーチ(西表島)
67位 屋我地ビーチ(屋我地島)
68位 マエザトビーチ(石垣島)
69位 前浜(阿嘉島)
70位 アンチ浜手前のビーチ(瀬底島)
71位 ダンヌ浜(与那国島)
72位 ロマンスロードのビーチ(久高島)
73位 ジョン万ビーチ/大度海岸(沖縄南部)
74位 ナカノ浜とメーヌ浜の海峡(はての浜)
75位 ナーラサ浜(竹富島)
76位 西の浜(黒島)
77位 カモメ岩のビーチ(水納島)
78位 島仲浜(鳩間島)
79位 屋良浜(鳩間島)
80位 古宇利大橋東の海(古宇利島)
81位 佐和田の浜キャンプ場/ふれあい広場(伊良部島)
82位 ムスヌン浜(来間島)
83位 まるまビーチ(西表島)
84位 用安海岸(奄美大島)
85位 ホノホシ海岸(奄美大島)
86位 メーヌ浜東(はての浜)
87位 崎原海岸(奄美大島)
88位 オクマビーチ(沖縄北部)
89位 メーヌ浜西(はての浜)
90位 三畳ビーチ/波多橋先のナンタ浜(与那国島)
91位 トマイ浜(津堅島)
92位 六畳ビーチ(与那国島)
93位 大浜海浜公園(奄美大島)
94位 残波ビーチ(沖縄中部)
95位 ニシ浜北のはずれ(阿嘉島)
96位 瀬底ビーチ南(瀬底島)
97位 クウラビーチ(宮古島)
98位 トウマの浜(座間味島)
99位 万座ビーチ(沖縄北部)
100位 クロワッサンの内海(水納島)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/07/21-09:42 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年06月26日

南大東島は宿x9、観光スポットなどはx90も追加!

南大東島は見所がいっぱいありましたが、いかんせん自転車による観光だったのでかなりきつかったです。

島の中央は平坦でサイクリングには心地良い道が多いのですが、島の外側は全て高台になっていて、海まで出るのに必ず坂を越えないと行けません。しかも海まで下りると帰りは必ず猛烈な登り坂(ToT)

島もそこそこ大きいので、南大東島はレンタバイクかレンタカーによる観光がオススメです^^ゞ

でも島の道、風景ともにサイクリングには最高だったんですけどね。しかも途中でシュガートレイン時代のレールがあったり、離島とは思えない景色が広がったり、とにかくいろいろ巡るのが楽しかったです。

中でも鍾乳洞。

定番の「星野洞」と秘境の「地底湖」は最高でしたね。しかもこの2つはどちらも屋内(洞窟内)なので天気に左右されることなく楽しめますので、晴れた日は島内をサイクリング。天気がイマイチの時は鍾乳洞探検というのがおすすめかと思います。

まぁ詳しい情報は以下の一覧からいろいろチェックしてみて下さいね。

とかく大東島の地図情報はなかなか良いものがなかったので、今回新規に描いたこの地図を今後の大東島旅行に活用して頂ければと思います。

多くのクチコミ投稿待ってます^^ゞ

南大東島
---宿---
ホテルよしざと(吉里会館)
民宿よしざと(吉里会館)
民宿金城
プチホテルサザンクロス
民宿きらく(きらく家グループ)
喜楽別邸(きらく家グループ)
村営バンガロー/キャンプ場
---スポット---
南大東空港/売店/観光プラザ
南大東集落
石造りの倉庫
南大東村役場
南大東郵便局
シュガートレイン/ふるさと文化センター/離島振興総合センター
南大東島西側の道
フロンティアロード
塩屋プール/展望台
フロンティアパーク/開拓百周年記念碑/金毘羅宮
ミレニアムパーク/長屋橋/ボロジノパーク
西港(南大東港 西地区)
南大東村役場港湾業務課/見晴らし塔(船のチケット販売)
旧ボイラー小屋
上陸記念碑
夕日の広場
大東ゴルフ倶楽部/銀ちゃん
南大東漁港
異人穴
北港/レインボーストーン(南大東港 北地区)
バリバリ岩
ノエビア南大東島海洋研究所
海軍棒プール/南大東島東海岸植物群落
南大東島東側の道
亀池港/可倒式風力発電
日の丸山/日の丸展望台
2号ポイント・レール
旧東レール
グレイスラム/旧南大東空港
スパーク南大東/島まるごと館/ミュージアム/ビジターセンター
池之澤レール
大東神社/ダイトウオオコウモリのねぐら
権蔵池
大池
大池のオヒルギ群落
大池展望台/東水門
新東レール
双子のビロウ
秋葉神社/秋葉山/忠魂碑
秋葉神社参道
秋葉山脇の道
豊作池/霞池/見晴池/鴨池
瓢箪池/月見池/月見橋
風呂営業団跡
機関車庫跡
リュウキュウマツ並木
大東製糖工場/石造りの倉庫(大東糖業)
南大東小中学校
夫婦松
星野洞 入口/管理施設/マップ
星野洞(お気に入り)
星野洞 前半(1番〜6番)
星野洞 後半(7番〜14番)
星野洞 最深部
山羊道(ヤギ道)
ビロウコロニー
南大東診療所
配水棟ツインタワー
北のドリーネ/ダイトウオオコウモリの生息地(北の1)
地底湖 入口
地底湖 鍾乳洞
地底湖 鍾乳石
地底湖 大
地底湖 中
地底湖 小
南大東村闘牛場跡
フクギ/テリハボク並木
南のドリーネ/ダイトウオオコウモリの生息地(南の1)
玉置半右衛門記念碑
南大東の夜の繁華街
Cafeみらく〜る/南大東島観光案内所
元祖大東そば いさ食堂/伊佐商店(冨士食堂)
ケンちゃんストア
大盛商店/ディスカウントショップ大盛
割烹 喜作
酒の台所 ちゃんぷるー亭
大衆居酒屋 ちょうちん
ガーデンテラス いちごいちえ
手作り工房 太陽ん前(てぃだんめー)
仲程商店
与儀商店/コインランドリー
Aコープ南大東店/コインランドリー(乾燥機)
大松そば
お食事処 光
YSレンタカー(ホテルよしざと)
サザンクロス/プランニングエム
奥山レンタカー/奥山モータース
大東レンタカー/KMレンタカー/大東観光商事
島まるごと館 地底湖ガイド
ピットイン新城/ソーカの故里 佑(体験宿/月桃の宿/エコファーム)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/06/26-13:53 | Comment(0) | 沖縄離島情報

北大東島は宿x2、観光スポットなどはx39を追加!

南大東島に比べてシンプルでのどかな離島「北大東島」。まさに南大東島の弟分という感じかな?

でもこちらも島の中央は平坦なんですが、島の外側へ行こうとすると必ず登り坂。もちろん海まで出ると一気に下る代わりに、島の中央に戻る際もまた登り坂。

北大東島も自転車で巡りましたが、アップダウンが多くてとてもきつかったですけどね。でも南大東に比べると島はそんなに広くないですし、坂も南大東ほどじゃないのですが、いかんせん宿は坂の上にあって島中央の集落まで買物するのに坂を下ってまた上らないとならないので、買物一つも大変でした^^ゞ

こちらもレンタバイクかレンタカーによる観光がオススメです^^;;;

北大東島は南のような行きやすい鍾乳洞は無いけど、北には古き良き建物が多くて楽しかったです。特に西港周辺には定番の「燐鉱石貯蔵庫跡」や「乾燥工場跡」。その他にも西港周辺には「石積の建物」がいろいろあって、建築に携わっている人や建物好きにはかなり楽しめると思います。

あと北大東には「長幕」と呼ばれる島を取り囲むようにそびえ立つ岩肌が凄かったです。南の場合は同じような島の形状ですが単なる盆地のような感じでしたが、北に関してはお椀の中にいるような感じ。

こればかりは実際に行ってみないとわかりませんね^^ゞ

まぁ詳しい情報は以下の一覧からいろいろチェックしてみて下さいね。

とかく大東島の地図情報はなかなか良いものがなく、特に北大東島に関してはほぼ皆無だったので、今回新規に描いたこの地図を今後の大東島旅行に活用して頂ければと思います。

多くのクチコミ投稿待ってます^^ゞ

北大東島
---宿---
ハマユウ荘うふあがり島
民宿二六荘
---スポット---
西港(北大東港 西地区)
北大東村役場港湾業務課(船のチケット販売)
レストランはまゆう
ハマユウ荘展望台
北大東村人材交流センター/北大東村民俗資料館
北大東島の集落
JA北大東島売店/スーパー
北大東村役場
北大東総合運動公園/地域スポーツセンター/離島振興総合センター
大東宮/大神宮/大神宮の森
北大東島製糖工場/北大東製糖
赤池
宮城行枝商店
シュガートレインレールっぽい場所
潮見橋
北大東小中学校
北大東診療所
長幕/屏風岩/崖壁及び崖錘の特殊植物群落(国指定天然記念物)
北大東島灯台/第二大隊守備記念碑/豪
北大東郵便局
浅沼商店
玉置半右衛門の碑
西港近くの石積の建物群
燐鉱石貯蔵庫跡
燐鉱石の乾燥工場跡
北大東島西地区緑地/国標
海水淡水化施設/海水プール
北大東島西側の道
上陸港跡/上陸公園/北大東島開拓百周年記念碑
江崎港
沖縄海への道
沖縄海/沖縄最東端之碑
秋葉神社/天狗岩
北大東空港
北港(北大東港 北地区)
北大東島北側の道/黒部岬
中野のビロウ林
大池
ハマユウ荘レンタサイクル/レンタバイク/レンタカー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/06/26-13:52 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年05月23日

祝「出張!なんでも鑑定団inヨロン島」放映o^o^o

沖縄ではリアルタイムに放映されませんが、首都圏では昨日が「なんでも鑑定団」の放送日です。

しかも昨日は4月29日に与論島で収録された「出張!なんでも鑑定団inヨロン島」の放映日。もちろんテレ東の番組なので沖縄はもちろんのこと与論島でも放送されないのですが、私はどうにか技術を駆使して(笑)ほぼリアルタイムで見ることができました^^v

いわゆるメディアサーバーからネット経由で見たという感じ^^ゞ

・・・っていうか普段はそこまでして本土のテレビは観たいと思わないので活用したことは無かったですが、さすがに昨日の鑑定団は実際に収録を観覧しに行ったのもあったので、是が非でも見たかったですからね。無事に見ることができて良かったです!^-^!


ちなみに収録は2時間半近かったですが、放送はわずか10数分^^;

しかもその一部は松尾伴内がシュノーケリングしているシーンだったり、あと与論民俗村だったり、実際の収録とは異なるものも序盤は多かったですね。そういう意味でもかなりカットされているかと思ってドキドキしながら見ていました。

でもね。実際に収録をしたのは6名の方だったのですが、その6名ともにきちんと放送されていましたね。もちろん部分部分でカットされているものはありましたが、出品者そのものは誰一人カットされていなかったので良かったです。

まぁ順番はかなり入れ替えられていたのですが、最後の大幅ダウンのおばちゃんだけは実際も最後でしたし、放送も最後でしたね。確かにあのおばちゃんは最後にはふさわしい鑑定結果&リアクションでしたからね(笑)。

しかし、昨日はその最後のおばちゃんのシーンで私自身が落ちてしまい、最後の最後だけ見逃してしまいました^^ゞ

まぁ実際に会場で見ているのでだいたいは想像できますがちょっと残念(/o;)


とりあえず首都圏では放送されたものの、ディレイされる地方ではいつに放送されるんでしょうね。特に与論島ではいつになるんでしょうね〜。もちろん沖縄もテレ東の放送局はないのでディレイされますが、いかんせんこの鑑定団はBSも含めると週に3回ぐらい放送されていて、実際のところどれが最新のものかさっぱり分かりません^^;;;

多分、週末に地上波でやっているものがディレイされていても最新だとは思いますが、さて、いつに放送されるやら・・・

特に与論島ではいつになるんでしょうね〜。まぁ島は島で放送されるという情報がすぐに入ってくるし、情報が入れば多分島内放送で「今夜放送があります」的なものが流れるから大丈夫だとは思いますが、沖縄だとその情報もなかなか入ってこないので厳しいかな?

そういう意味で昨日にほぼリアルタイムで見て良かったかもしれません。

録画するほどじゃなかったのでそのままスルーしちゃいましたけどね^^;


ちなみに観客席は何度か映っていましたが、まぁ私自身はどこかにいたでしょうね(笑)。意外と人が多かったのでその中に埋もれていたとは思いますし、特にテレビに映りたい的なことは考えていませんでしたからね。

とりあえず、島の人の温かい雰囲気はテレビで伝わったと思いますし、収録当日は大雨でしたが、テレビクルーは事前に与論島入りしたようで、ヨロンの綺麗な海や景色も放送されていましたからね。

これをきっかけに島に来てくれる人が増えると嬉しいですねo^o^o

もちろん私は今年も何度も島に足を運ぶと思いますからね〜。

・・・既に2012年はヨロンマラソンを含めて「3度」足を運んでいますが^^ゞ

あとは沖縄と与論島でいつ放送されるかですね〜^^ゞ

気長に待っています♪
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/05/23-06:17 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2012年04月01日

今日は宮古島で海開き!もちろんこの場所で^^v

宮古島と言えば与那覇前浜。トライアスロンのスタートもここですし、そして今日、開催される海開きもまさにここからスタート!!!


宮古島〜とっておきの前浜


宮古島〜前浜に佇む女性

離島ドットコムの壁紙コーナー


・・・といっても宮古島のみならず沖縄の海は、特に海開きをしようがしまいが1年中泳げますけどね〜。あくまで1つのイベントとして海開きがあるだけなので、今日開催される海開きも「お祭り」と考えると良いでしょう。


ちなみに今日、宮古島の与那覇前浜で開催される海開きイベントはこんな感じのものになるらしいです。


10:00〜 海開きイベント開始/アトラクション整理券配布/ぞうり飛ばしエントリー
10:30〜 海の安全祈願
10:50〜 オープニングライブ(ちびっこらんど・エイサー)
11:10〜 開会式
12:05〜 初泳ぎ
12:15〜 宝探し/車エビのつかみ取り
12:40〜 ウォータースライダー/ウォーターボール/シーカヤック/ジェットスキー
12:45〜 パニパニJr ライブ
13:10〜 島ぞうり飛ばし大会
14:05〜 宮古島クイズ ハイ&ロー
14:35〜 ビーチクリーンアップ
※あくまで予定ですので詳細は現地で要確認


・・・盛りだくさんですねo^o^o

しかも初泳ぎに参加するとその証明書がもらえるらしいです。まぁ既に八重山や本島南部では海開きをしていますが、それでも本土に比べれば一足早い初泳ぎになりますからね〜。

ちなみに与那覇前浜には駐車場が限られており、前浜まで車で行くのは難しいと思いますが、ちょっと離れた下地球場に大きな駐車スペースが確保されており、そこから与那覇前浜までシャトルバスが出ているらしいです。なので参加される方はまずは下地球場へ行ってシャトルバスで会場へ向かうのがオススメです。下地球場は前浜から来間大橋側へ行ってエメラルドコーストゴルフ場のすぐ近くにあります。


八重山が先週に海開き、そして今回は宮古。そして4月には本島や本島周辺離島で多くの海開きイベントが企画されていると思います。基本、GW前に海開きはしていますからね。

もしGW前に沖縄旅行にお越しの方は海開きイベントの情報をチェックしてみると良いかもしれませんね。ローカルイベントですが結構楽しいですよ^^v
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/04/01-04:36 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2012年03月22日

八重山の離島。観光客数が大幅減少。でも波照間は・・・

2011年の竹富町、いわゆる八重山の離島への観光客の数が発表されましたが、いかんせん去年は震災の影響もあって沖縄だけじゃなく各地で観光客の数は減っているかと思いますが、観光立県沖縄だけに気になる数値。


「2011年の竹富町への観光客、2010年比で12%減」


「12%」ってかなりのものですよね。1年で「11万人」近く減ったらしいです。

しかし石垣島と与那国島以外の八重山の離島で何故か波照間島だけは前年比で上昇。船の欠航が多いですし、船の揺れも激しいので船酔いしやすい人はなかなか行けない島なんですが、前年比で11%(+3000人)の増加になったらしいです。

確かにここ数年の波照間島はとにかく観光客が多いですよね。昔(10年以上前)は真夏の時期でもニシ浜に多くて数人しかいなかったのに、最近は1年を通してニシ浜には人が常にたくさん居て、吾妻屋に座れないこともしばしば。

最南端ということもあるのかもしれませんが、やっぱり「ニシ浜」の存在は大きいかな?

ホムペでも明言こそしていませんが、私も一押ししていますしね^^ゞ


しかし増加したのは波照間島だけで、他の八重山(竹富町)の島々はかなりの減少。

△波照間島11%増(+3000人)
▼西表島16%減(-5万人)
▼小浜島20%減(-2.8万人)
▼竹富島7%減(-2.7万人)
▼黒島9%減(-2800人)
▼鳩間島39%減(-3400人)

新城島や嘉弥真島の統計もありますが、母数が少ないので今回は割愛させて頂きました。この2つはツアーでしか基本的に行けないので、あまりこの数値は参考にならないと思いますからね。

ちなみに竹富町以外の八重山の離島への観光客数の増減は以下の通り。

▼石垣島9%減(-6.5万人)
−与那国島2%減(-600人)

ここでも最西端の与那国島が検討していますね。海路は片道4時間もかかってとてもハードですし、飛行機はあるものの便数がそれほど多くないにもかかわらず、前年とほとんど変わらない数。

やはり最西端とか最南端とかいわゆる「末端」に人は導かれるのでしょうかね。

まっ、私自身もそうでしたけどね^^ゞ(最東端/最北端へ行ったあとに沖縄巡りを始めた)


とはいうものの、2011年は震災の影響がとても大きかったので、一概に「前年比」という比較はできない気がしますけどね。逆に今年の数値も「前年比」というのもちょっとね。

テレビなどで「この3月の売上は前年比○○増」とか言っているものもありますが、それって震災直後のものと比較しての話。

2012年の数値を比較するならその前の2010年のものと比較すべきですよね。


とにもかくにも2011年の数値はそんな感じで嬉しいものではなかったですが、逆にそれがボトムだと思えばあとは上昇するだけ。この数値に悲観的にならないで、より上を目指して欲しいですね。とかく離島は最近、様々なメディアに取り上げられていて、秋の連続ドラマ小説では「宮古島」が舞台になるらしいので、以前の「ちゅらさん効果」の小浜島のようになることを願いたいものです。

ちなみに宮古の離島の集計は、宮古島市の統計が何故か「年」ではなく「年度」のものしかなかったので、観光客数の統計で比較できるものがありませんでした。でも宮古も基本「減少」でしたが9月と10月だけはスカイマーク効果なのか上昇ないし平年と同じ数になっていました。

スカイマーク効果&連ドラ効果で宮古島は盛り上がりそうですね。

あとは八重山や本島離島ですが、八重山に関しては新空港待ちということになりそうですが、本島離島に関しては打開策がないので先の「離島宿泊補助」というものが出てきたのでしょうかね。


あとは適材適所じゃないですが、その島の規模や自然に合わせた人が来る、ないし受け入れるのがベストだと思います。


何事も「ほどほど」が一番ですからね^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/03/22-08:08 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2011年12月30日

離島がロケ地だとなんか嬉しいo^o^o

昨日、途中しか見なかったけど、テレ朝系で放映されている「黄金伝説」の企画で、与那国島と沖永良部島が出ていましたね。どちらももちろんホムペで紹介していたのでなんか嬉しかったです。

でもその島の紹介部分の時系列がおかしいので笑っちゃいましたけどね^^ゞ

与那国島の場合、新川鼻から久部良岳になって、そのあと立神岩ビューポイントになり、最後にティンダハナタ頂上。えらい移動距離ですね^^ゞ

しかもティンダハナタという名称を「女酋長サンアイイソバ」と勘違いして雄叫びしているし、その雄叫びしている場所もティンダハナタではなくそのさらに上の牧場だし・・・^^;

まぁいいけど^^ゞ

チュートリアルが黄金伝説でロケをしていた与那国島の情報


あと沖永良部島の方はまさにホムペで使っている写真のままの光景がテレビに映っていましたね。

カルスト地帯

中でもよゐこの浜口と土屋アンナが使っていた屋根がない建物がこのカルスト地帯の紹介で使っていた1枚目の写真にモロに映っていましたね。ホムペのものはちょっと小さいので分かりにくいですが、拡大するとこんな感じ。



あとドラム缶風呂のシーンで浜口が水を運んでくる様子の背景にも、カルスト地帯でお気に入りの穴が空いた岩も見えていましたね。普通の人は単なる岩場にしか見えないかと思いますが、知っている人が見るとなんか嬉しくなりますね。

よゐこの浜口と土屋アンナが黄金伝説でロケをしていた沖永良部島の情報


でもまさか南西諸島の離島が2つも同時に番組で使われているとは思いもしませんでしたよ。

っていうかそもそも黄金伝説は見ていなかったので、まさにたまたま見ただけ。これも巡り合わせなんでしょうかね〜。まぁこの黄金伝説は6時間近くも放送が続くので途中で見るのは断念しましたけどね^^ゞ

でもどっかの大物芸人の番組とは違って、この程度のロケでの利用なら良いのかもしれませんね。特にどこの島かを強調していないので島への変な影響は無さそうですからね。

まぁこの黄金伝説では西表島なんかはよく登場しますけどね^^;


個人的には沖永良部島がメインの2人のロケ地になったことが一番嬉しかったですね。しかもお気に入りのカルスト地帯だったので、昨日はさらに嬉しかったですo^o^o
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/12/30-06:00 | 沖縄離島情報

2011年11月03日

奄美の豪雨。まさに記録。

今日も熱帯夜の沖縄。最低気温が25度をなかなか切りません。しかも湿度は80%以上あって夜も朝も蒸し蒸し。

っていうかこの11月に入ってから暑いと言うより、本来は多少は北に位置する那覇の方が宮古や八重山より気温が低くなるのですが、今年は宮古や八重山と同等、ないし下手すると那覇の方が気温が高いこともしばしば。

まぁ那覇は市街地なので熱がこもりやすいというのもありますが、それでも例年なら多少は気温が低めなんですけどね。

今年はその北にあるメリットも少なく、暑い日々が続いています。

ちなみに風はやや強めなものの、基本的に南風なのでこの様子だとこの飛び石連休も泳げそうですね。私はもう今シーズンの泳ぎは終了したので泳ぐ機会はないと思いますが、この飛び石連休に沖縄にお越しの方は是非とも泳ぐ準備をして行きましょう!


それはさておき昨日奄美を襲った豪雨。

結局、奄美大島では1時間当たりの降水量としては昨日が観測史上最高だったらしいです。アメダス上では1時間当たり「139.5mm」でしたが、実際は「143.5mm」だったそうです。この降水量は全国としても観測史上第9位のレベルだったらしく、いかに昨日の奄美の豪雨がすさまじかったかが伺えます。

その結果、奄美大島の大動脈でもある国道58号線が18ヶ所で通行止め。

奄美大島ってこの国道58号線が使えないと基本的に交通網は麻痺してしまいます。確かにこの国道を整備する前の旧道や西側の海岸線の道もありますが、旧道は国道以上に山の中なのでおそらく状況はさらに悪いと思いますし、西側の海岸線の道はリアス式海岸のようなものなのでものすごい長い道のりになります。

一般的には北部の中心街「名瀬」と南部の「古仁屋」を往来する場合、この西側の海岸線は使いませんからね。国道58号線頼りなので、この18ヶ所にも及ぶ通行止めは奄美大島の動脈を寸断させてしまっていると思われます。

まぁ名瀬と古仁屋の間には定期便の船があるのでこの2つの町に関しては問題ないと思いますが、心配なのはこの国道58号線に面する他の集落。特にこの通行止めの渦中にある集落は物資の面でとても心配です。

去年、大きな被害が出た奄美中部の住用もまさにこの区間にあると思われ、少しでも早い国道の全面開通を願うばかりです。


でも今回の豪雨は今のところ人的な被害は出ていないようです。今後もまだ警戒が必要な状況かと思いますが、何事もないままでいて欲しいです。そして少しでも早い交通網や土砂災害からの復旧を願うばかりです。

しかし去年の10月もさることながら、何故奄美ばかり?

ここ数年、奄美大島には毎年行っていますが、行くたびに地形が変わっていることに心を痛めています。今年も足を運んでいましたが、来年行くときに地形がまた変わっているような気がして心が痛むばかりです。

どうかしばらくは奄美にこんな記録的な雨がないことを切に願います。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/11/03-06:25 | 沖縄離島情報

2011年10月29日

宮古まもる君ウォッチング〜おみやげ編

すっかり宮古島では人気者になった「宮古まもる君」。

そのグッズがいろいろ出ていると聞いたのですが、西里通りのおみやげ屋さんの軒先ではあまりその存在感を感じなかった。店舗内に入ればあったのかもしれませんが、どうしてもおみやげ屋の店舗内に入るのは気が引ける・・・。

基本的におみやげ的なものは一切買わないので、見るだけで店内に入るのは小心者の私にはきつすぎる^^;

でも先の話の通り軒先だけに関しては「宮古まもる君」のグッズを売っている感じはしなかったんだよな〜。

結局いろいろ軒先だけを見ていたけどそれらしい雰囲気は無し。

う〜ん、ホントに盛り上がっているのか否かちょっと謎でした。

でもコンビニのドリンクコーナーにこんなものがありました。

宮古まもる君ドリンク385円

「宮古島まもる君・アロエサプライコラーゲン+飲料」

・・・でも価格は「み・や・こ」こと「385円」と鬼のように高い!!!

いくらまもる君でもこの価格は高すぎじゃない?っていうか価格に語呂合わせの必要はないでしょ?(笑)

買う人いるのかな〜?1本385円のドリンク剤。しかも効用がホントにあるのか謎・・・。

まぁお金に余裕がある人はネタ的に買ってみるのも良いかもね。っていうか飲むと言うよりお持ち帰り用かな?


とりあえず平良市街はあまり期待でき無さそうだったので、空港に行けばあるかも?と思って帰り際に空港のおみやげコーナーをいろいろ見てみると・・・

ありました!

特に空港の中でも搭乗ロビー内のおみやげコーナーが一番充実していましたね。

宮古まもる君グッズは空港搭乗ロビーが充実

外の店舗はグッズのみで種類も店舗ごとにまちまちでしたが、この搭乗ロビー内のものはその店舗ごとにあったものを全て集めて売っていた感じ。しかもそれに加えてグッズ以外の食べ物も売っていたので、まさに「宮古まもる君」グッズを買うなら帰り際の宮古空港搭乗ロビー内のお店がオススメでしょう。ここなら手荷物検査も終わったあとなので大きな荷物になっても関係ないですからね。

でもグッズならわかりますが、食べ物にしてたとえば同僚に配っても誰も分からないでしょう〜?単に「キモキャラ」と言うだけであまりうれしくないような気が・・・。

まぁ搭乗ロビーで購入できるので、帰り際に時間とお金に余裕のある方は是非(笑)。

搭乗ロビーならクッキーなどの食べ物も有り

個人的には食べ物やストラップには興味がありませんでしたが、実用的な「光るボールペン」にはちょっと興味有り。搭乗ロビーで420円で売られていました。


でもこの宮古まもる君グッズ。

宮古島に行ったことがある人ならいいですが、それ以外の多くの人の場合は反応は期待できないでしょうね〜。だから自分用には良いですが、おみやげとしてはちょっと考えちゃいます。

結局何も買わないまま搭乗してしまったのは言うまでもありません^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/10/29-12:00 | 沖縄離島情報

2011年10月28日

宮古まもる君ウォッチング〜警察署編

テレビで衝撃を受けた「宮古まる子ちゃん」の実物を見るために宮古警察署まで行ってきました。

最初は宮古まもる君とまる子ちゃんの2体だけあるのかと思って行ってみたのですが、あの光景に驚かされました。っていうか笑いましたo^o^o

宮古警察前のまもる君&まる子ちゃん

「何体いるんだい!^^ゞ」

さすがにまる子ちゃんは1体だけでしたがまもる君に至っては全部で4体。しかも3体並んで立っているし・・・。しかも3体とも微妙に高さが違うし、いかにも「手作り」って感じですね。

っていうか全部で5体も警察署の前にあってどうすんの?って感じですよね。町に出て交通安全を守って欲しいものです。特に来間島や池間島にはまだ無かったと思いますので是非!(笑)


それはさておきお目当て?の宮古まる子ちゃん。やっぱり強烈〜。

実物も怖かったまる子ちゃん

この白塗りの顔はかなり怖いって・・・。

まだ昼だから良いけど、夜に見たらさぞかし怖いだろうな〜。まもる君は愛嬌があるけど、まる子ちゃんはなんか怖い・・・。

まる子ちゃんに関しては是非ともこの宮古警察署だけの配属にして欲しいものです^^;

それにしてもこの宮古まもる君は今や宮古島では人気者ですね。今回のたった2日間の滞在でも町中にあるまもる君の前で何組も記念撮影していましたし、実を言うとこの宮古警察署前でも記念撮影をいろいろ撮っていた人が居ましたね。

私はこの数枚だけ撮影してそそくさと後にしましたが、中にはまもる君の肩に手を回したりして撮影していたり・・・

ちょっと過剰に盛り上がっていない???

まぁ宮古島の交通安全を守るだけじゃなく、こうして宮古島の観光振興に一役買ってくれているのかもしれませんけどね。

でもなんでこんなにブームになったんでしょうね。

以前から宮古島を訪れている人にとってはもはや当たり前のもの(人)だったので、急にここまで盛り上がるのには戸惑いも感じてしまうかもしれません。そうなると先日のようなまもる君への傷害事件(笑)も起きてしまいますからね。

そっと見守ってあげて欲しいものです(見守ってくれているだけに)。

まもる君&まる子ちゃんツーショット
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/10/28-12:00 | 沖縄離島情報

2011年10月27日

宮古まもる君ウォッチング〜道路編

すっかり宮古島のヒーローのみならず全国区?になった「宮古まもる君」。正確には「宮古島まもる君」ですが、伊良部島にもいるので個人的には「宮古まもる君」と呼びたいと思います。

先日のスカイマーク宮古便を利用した宮古行き。

基本的には「泳ぎ」など海がメインでしたが、どうしてもまもる君が気になっちゃいます。

でも以前に比べてずいぶんまもる君を目にするようになりましたね。配属人数が増えたのでしょうか?さすがに「まる子ちゃん」は宮古警察署の前にしか配属されていないようですけどね^^;


個人的には平良市街北部にあるこのまもる君が好きです。

まもる君&シーサー



ここのまもる君はまもる君以外にも隣にシーサーが一緒にいる他とはちょっと違ったもの。

なんか上野の西郷さんみたい^^ゞ

平良市街から池間島方面へ行く途中で見かけることができると思いますので、宮古島へ行かれる方は是非!でも逆の池間島側からだと死角になってしまうので見つけられないかも?

あと迷惑駐車にならないように見学の際は注意しましょう!でもここなら平良市街から自転車でも十分行ける距離ですけどね。砂山ビーチと合わせて自転車でのんびり見学しに行くのがおすすめかな?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/10/27-10:01 | 沖縄離島情報

2011年09月26日

週間人気離島ランキング1位に異変有り!?

驚きました。毎週月曜日に更新される人気離島ランキングの1位がついに交代してしまいました。今までニュースなどに取り上げられて瞬間的に1位になった離島(オーハ島など)以外では初めてかも?

ランキング開始以来ほとんどトップだった「石垣島」に変わってトップに立ったのは・・・


宮古島


実を言うと、某大物芸人(元)がやっていたテレビが打ちきりになって、逆にランキングが下がるかと思っていたらなんとアップ!もちろん年間ランキングでは1位は石垣島ですが、週間ランキングだけでも石垣島を超えるとは思いませんでした。

ちょっとうれしいかも?
週間人気離島ランキング
年間総合ランキング


ちょうど今月からスカイマーク那覇・宮古島便が就航したからなんでしょうかね。それも含めてより多くの方が宮古島に足を運んでくれるとうれしいですね。

是非現地で「宮古島まもる君」を見てください(笑)。

さて、私もそろそろそのスカイマーク宮古島便を利用して宮古島にも足を運ばないとね^^ゞ

スカイマーク宮古島便の空席確認/予約
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/09/26-11:42 | 沖縄離島情報

2011年04月04日

週末は離島の海へ癒しを求めて・・・



週末は離島へ行ってきました。「ツイッター別館」では文字情報のみでしたがその状況をリアルタイムにお届けしていましたが、土曜日に行ってきました。

震災前にマラソン大会参加のために行った与論島以来の離島行きでした。

毎週金曜日に悩まされている強いストレスを土曜日の離島行きで随分軽くできたと思います。


離島には癒しがいっぱいあります。


どの離島へ行ったのかは明言はしませんが、写真を見ればほぼ分かると思います。あくまで日帰りでしか行けませんでしたので、結果的に那覇からだと選択肢が少ないですからね。でも天気にも恵まれて、そして気温も初夏の陽気で、島での移動は人力移動だったのですがかなり汗をかきました。

でも人力移動だとその道の途中でいろいろ楽しめて良いですね。何気ない道でも新しい発見もありますし、ある意味、余計なことを考えることなく移動が出来るのでリフレッシュにはとても良かったです。

日帰りでも泊まりでもやっぱり「旅」っていいものですね。日常の生活を少し離れるだけでもいいリフレッシュになります。昨今の「自粛ムード」でしていない人も多いかと思いますが、ストレスに押しつぶされる前に近くの場所でも良いのでたまには日常を離れてみてください。1日だけでも情報から離れることで気分転換にもなると思います。

その気分転換ができればまた今週もがんばれるという気持ちになり、その結果日本に活力が戻ってくると被災地の活気にも繋がると思います。「旅」や「外食」や「娯楽」などは活力を生み出します。「自粛」は何も生み出しません。

是非とも「今まで通りの生活」に戻し、被災地やその周辺に、そして日本に活力を戻しましょう。


とりあえず近場でも良いので日常を離れてみる。

そんな小さなことからでも良いので普段の生活を取り戻すために動き出しましょう!「自粛」という何もしないことに逃げずに、この困難へ正面からぶつかっていきましょう。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/04/04-06:23 | 沖縄離島情報

2011年03月29日

奥武島の中本鮮魚店のてんぷら値上げ?

口コミ情報で知りました。奥武島の中本鮮魚店のてんぷらが再び値上げになるらしいです。そういえば那覇に移ってからは全然足を運んでいませんでしたが、3年ぶりの値上げとのこと。

正確な値上げ後の価格はわかりませんが、今までの流れからすると従来の「60円」から「70円」になると思われます。


2004年ぐらい 40円
2007年4月以前 45円
2007年5月1日 50円
2008年6月1日 60円
2011年4月1日 70円?


正直、「70円」になるとスーパーよりも高くなります。一般的なスーパーや惣菜屋では「60円」ですし、私が那覇に移ってからよく行く呉屋に関しては未だに「50円」。栄町市場に関しては2011年は確認していませんが以前は「40円」でしたからね。


このの差はかなり大きい。


確かに中本鮮魚店のてんぷらは具材の味がしっかりしていますが、呉屋もそんなに悪くないですよ。確かに栄町市場のてんぷらは具材がかなり小さくて衣が多かったですが、価格が「40円」なら納得。そういう意味でも呉屋のコストパフォーマンスは最も良いような気がします。

しかも呉屋なら那覇なので気軽に行けるし、個人的にはこの価格差になるとわざわざ中本鮮魚店まで行かなくてもいいかな?ってなおさら思ってしまいます。

特に1個「40円台」の時代を知っているだけにさらに気が引けます。


確かに燃料代や材料代の高騰による値上げはわかりますが、でも他のお店ってほとんどこの数年値上げしていないんですよね。。。

そういえばキングタコスのタコライスも値上げしていないですね。いつも食べる普天間店のテイクアウトだけの「タコライスチーズ野菜の小」が未だに350円ですからね。「小」といってもてんこ盛りでどう見ても普通サイズのタコライスが350円。


タコライス350円。
呉屋のてんぷら7個で350円。
中本鮮魚店だと5個で350円。


この差はちょっと大きいかもしれません。


う〜ん。。。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/03/29-11:07 | 沖縄離島情報

2011年01月20日

お気に入りの伊江島「角切りピーナッツ黒糖」が!?

マラソンシーズンに入るとお菓子が食事制限で食べられないので、最近はその代わりに黒糖をよく頂いています。黒糖は名前の通り糖分補給ができるだけでなく、ミネラルとビタミンの補給もできるので、まさにマラソンで疲れた体にはぴったり!しかもそのミネラルの中でもカルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウムなども含まれたまさに栄養食品!

でも黒糖のみだとさすがに甘すぎて苦手なものもありますが、最近はその黒糖にピーナッツなどを混ぜたものも多いですからね。

中でも伊江島の「角切りピーナッツ黒糖」は個人的にも一番大好き!黒糖の中にピーナッツが入っているものは多いですが、この伊江島のものはそのピーナッツが細かく砕かれていて、見た目は普通の角切り黒糖なんですが、その砕かれたピーナッツが黒糖の甘さを抑えてくれてまさに「いい味」を出しています。

ピーナッツの味もしつこくないし、黒糖といいバランスだと思います。




でも伊江島の黒糖だけに那覇でもなかなか手に入りませんが、国際通りのてんぶす1階の「離島共同市場」でいつでも手に入ります。しかも最近、ようやく「Edy」にも対応してくれたのでより気軽に購入することが出来ました。

ちなみにスーパーでも同じ伊江島のピーナッツを砕いていないものならどうにか手に入るお店もありますが、さすがにこの「角切りピーナッツ黒糖」はなかなか手に入りません。


しかし、たまたま寄った新都心にある「サンエー那覇メインプレイス」のスーパーになんとこの商品を発見!

えぇぇぇぇーーー。ここで売っているならわざわざ国際通りまで行かなくてもいいじゃん!!!

しかもこのメインプレイスのスーパー内には「角切りピーナッツ黒糖」のみならず、伊江島の黒糖商品がほぼフルラインナップ。まるで伊江島港の売店のような品揃えでしたよ。

そういえばスーパーで黒糖コーナーなんて滅多に行かないですからね。黒糖自体も沖縄に住んでいるとほとんどもらい物ですし、先の「角切りピーナッツ黒糖」も先日の離島フェアで購入したものが残っていましたからね(それが切れたので離島共同市場へ行きました)。

まさかよく行くスーパーにあるとは思いもしませんでした^^ゞ

っていうかその新都心のスーパーは旅行で沖縄にお越しになったからに「お土産を買うのにおすすめ!」と良く言っていたのに、まさかここまで品揃えが良いとは思いませんでしたよ。

ちなみに同じように沖縄でも大きな店舗を誇る小禄の「那覇ジャスコ」には伊江島の黒糖はピーナッツを砕いていないものしかありませんでした。やっぱりこの新都心のスーパーが一番品揃えが良いみたいですね。

まぁ空港からはちょっと離れていますし、モノレール「おもろまち駅」からも微妙に離れていますが、駐車場はかなり台数が停められるので、是非とも沖縄旅行のお土産をリーズナブルに購入するなら、那覇新都心のサンエー那覇メインプレイス内のスーパーがおすすめです!

でもその周辺道路は特に土日は超大渋滞!要注意です^^ゞ


サンエー那覇メインプレイスの情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/01/20-17:16 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2010年11月17日

島の可能性。

瀬戸内海の直島などで行われた「瀬戸内国際芸術祭」に関係する記事。詳細は会員じゃないので読めませんが、この中で良い言葉がいくつかあったのでこのブログで綴りたいと思います。

この記事はベネッセ会長でもある「福武總一郎」氏へのインタビュー形式のもので、そもそもこの「瀬戸内国際芸術祭」はこの方が仕掛けたものらしいです。なんと目標の30万人集客に対して80万人も「島」へ訪れたらしいです。

しかもこのイベントを開催するに当たって、行政や経済界とは一切話をせず、島の人とだけ話をして進めたらしいです。


素晴らしい!


やはり島のことは島の人の意見が一番です。行政や経済界などは結局「お金」でしか動きませんので、島の人と話をして話がまとまった段階で事務的に行政や経済界に話をする程度が一番かと思います。

しかも今回のイベントはもともと直島などでは芸術のために島に来る方が多く、島で島民の方と一緒になって創作活動をしていたので、今回のようなイベント開催にもそれほど抵抗がなかったのかと思います。いきなりイベントだけを持ってきても、島の人にとっては困惑もありますし、結局そのイベント期間だけの「一過性」のものになりかねませんからね。

そういう意味でもこの瀬戸内海の離島での試みは評価されると思います。

ただ人集めのために行うのではなく、これまでの積み重ねを活かして、島の人にも抵抗無く受け入れてもらえる環境作りが重要なんだと思いました。


そしてこの福武さんが言っていたことでいくつか心にしみた言葉がありました。


「島に来るとみんな人が変わる。優しくなる。そして優しくなった人同士が対話し、交流する。」

まさにそうですよねo^o^o

沖縄の離島でもそれを感じることが多かったです。島に行くと俗世間から離れることが出来るので、都会でのストレスから一気に解放されますからね。人はもともと優しい生き物なんだな〜って実感します。その優しさが人と人との交流を促しているのかと思います。


「島は孤立しているから都会や都市から邪魔者が入りにくい。車によって異物が入り込まない。だから島に橋を架けるのは絶対に反対!」

沖縄の行政に聞かせたい言葉ですね。なんでもかんでも橋を架けようとする土木建築依存の行政。結局、橋を架けることで便利になるかもしれませんが、都会から邪魔なものがたくさん入り込んで、結果的にそれまであった島独特の雰囲気を壊し、そして魅力を失うことになるかもしれません。確かに橋が繋がることで観光客の流入は増えるかもしれませんが、流入しても滞在時間は短くなり、結果的に島への経済効果も減る可能性もあります。なんでもかんでも橋を架けようとする日本の行政・・・。いつまでたっても土木建築依存の体質は変わらないようですね。今回のこの福武氏の言葉を少しでも良いので耳に入れて欲しいものです。

そういう意味でも現在まさにその「橋」をかけようとしている伊良部島の将来がちょっと不安です。


「過疎地(離島)を観光地化すれば地域が良くなるという単純な発想こそが日本をダメにしている。」

まさにその通り。観光地化しても一時の潤いは持たされても永続的なものにはなりにくいと思います。観光立県沖縄としても観光だけじゃダメなんです。なのに今の沖縄の行政は観光地化ばかりを推し進めて、昔からあった原風景を壊していく結果になっていると思います。なんでもかんでも橋を架けたり、道路を整備したり、箱ものを作ったりすればいいものではないと思います。まして埋め立てなんで言語道断!海は海のままで残すのがあるべき姿だと思います。


「島は近代社会の中である意味、最も忘れられた人であり忘れられた場所。そこにこそ宝がある。可能性がある島、夢がある島、他人がうらやましがるような島として。」

いいですね〜。「可能性がある島」「夢がある島」「他人がうらやましがる島」。まさに離島はそういう要素が満ちあふれていると思います。一過性の観光に依存するのではなく、サスティナブル(持続可能)なものを島で構築する必要があると思います。

そのためには沖縄の離島の場合、もう少しその可能性を求めて移り住むことができる環境が欲しいものですね。本島でも移り住むことに対していろいろ障壁がある沖縄ですが、離島だとなおさらだと思いますので。


島の可能性を見いだすためにも、もう少し沖縄もオープンにした方が良いのかもしれませんね。


福武氏のインタビュー記事(全文を読むには要会員登録)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2010/11/17-11:53 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2010年08月16日

私も加計呂麻島は一押しです^^v

昨日の夜。TBS系だったかな?「となりのマエストロ」という番組でまさに「離島」がいろいろ紹介されていましたね。その紹介者は日本全国各地の島を巡っている方で日本の有人島のほとんどに足を運んだことがあるという方(行ったことがないのは2島で南鳥島と何故か宮古の水納島)で番組では「島のマエストロ」と呼んでいました。その方が日本の島の魅力についていろいろ語っていた番組だったと思います。

結局、昨日のその番組内で大々的に紹介されたのは南大東島、新島、屋久島だったかな?でもその島のマエストロさんが日本で一押しの島としてあげたのがなんと!私もつい最近足を運んでいた「加計呂麻島」でした。

これはかなり嬉しかったですo^o^o

私個人としても加計呂麻島は大好きな島なのでまさに番組を見ながら頷いちゃいましたからね。でも番組内ではほんのちょっとしか紹介されませんでしたが、まぁ穴場の島と言うことで情報は最小限で良かったかも知れませんね。鹿児島奄美の離島ですが、沖縄の離島とも全く違った雰囲気があってとにかく「のんびり」するには一押しの離島だと思います^^v

何もないですけどね〜^^ゞ

この島は大きな集落は無いものの、海(砂浜)があるところには必ずと言って良いほど集落があり、個々の集落で独立している感じです。その集落がとにかくのどかでいい雰囲気。その目の前の海と共存している感じがまた味があっていいんですよね〜。

しかもその集落と集落を繋ぐ場所には山が多くて緑が豊か。中にはその集落と集落とを結ぶ道のすぐ脇に滝が望めたりしますからね。

反面、ものすごいアップダウンがキツイので自転車など自力移動で島巡りをするのはとても困難です。私自身も最初は自転車を持ち込んで島巡りにチャレンジしたものの、2日目以降はレンタカーに変更。そして先日はそのアップダウンの激しさを熟知していたのでバイクを持ち込んで島巡りをしました。

なので加計呂麻島を楽しむには移動手段が必要になりますが、まぁあまり多く動かずのんびりするのもいいかもしれませんけどね。特に宿泊するならその集落には先の話の通り、海がすぐ近くにありますのでのんびりするには十分ですからね。

こんな感じで^^v



ちなみにこの加計呂麻島へは奄美大島から船で行くことになりますので、まずは奄美大島まで行かないとたどり着けません。しかもその奄美大島の中でも最も南の集落「古仁屋」からしか船は出ていませんので、空港や島一番の市街地「名瀬」がある北部から南部まで移動しないとその船にも乗れません。

なので島に行くまでにかなりの移動を強いられるのですが、その価値は十二分にあると思います。

あと島には港が2つあり、その奄美大島の古仁屋からの船もその2つの港に交互に船が出ていますので、島の行きたい側の便に合わせて乗ると効率的。加えてその船はフェリーなので車もバイクも載せることができますし、何よりバイクを載せてもわずか+260円(人の運賃は260円か350円)。車の場合はさすがに+3000円以上かかってしまいますが、このバイクの料金はめちゃくちゃ激安。しかも古仁屋にはレンタルバイクもあるので、日帰りで加計呂麻島へ行く場合は古仁屋までバスやレンタカーで行って、古仁屋でバイクを借りて船に乗せて行くのがおすすめかも?もちろん加計呂麻島内にもレンタカーはありますので車の場合はフェリーに載せないで島で借りた方がいいかもしれませんね。

でも先の話のように島には大きな集落がないのでレンタカー屋さんも少ないですし、商店もかなり少ない。食事処はあるものの営業しているのかいなかいまいちよく分からないお店も多く、利便性の面では沖縄の離島と比べるとややあるかも?

まぁその不便さがまた良いんですけどね。

ちなみに島には港が2つありますが、港があるからと言って集落が栄えていることはこの島ではないようです。むしろ港がある集落の方が小さいかも?でも2010年からその港の待合所に無線LANの「FreeSpot」が開通したのが驚き。まぁそれまでは島全般にブロードバンド回線もままならなかったのですが、今年ぐらいから宿などでもネットができるところが増えてきたらしいので利便性はアップしたかも?

でも集落ののどかさは相変わらず変わっていませんけどね^^ゞ

とりあえずこの加計呂麻島に関しては実際に行ってみないとその良さはなかなか分からないかな?波照間島のニシ浜や慶良間の海の中のように目に見えたものがあるわけでもないですし、沖縄本島のマリンレジャーや観光スポットがあるわけでも無いですからね。

なんだろ?空気っていうかあの雰囲気。独特のものがある島なんです。

島に行くまではいろいろ大変ですが、島好きの方には是非とも訪れて欲しいですね。とにかく島でのんびりしたい人にはまさに「一押し」の離島です。私自身、今回久しぶりに島に行きましたができれば毎年行ってのんびりしたいな〜と思うほどでした。最近だと宮古や八重山の離島だと人が多くてなんかのんびりできなくなっちゃいましたからね。

そういう意味ではこの加計呂麻島は何度でも足を伸ばしたいものです。

ちなみに今回はその加計呂麻島にも奄美大島の古仁屋から船で行ける与路島請島にも足を伸ばしましたが、こちらはさらにのどか。加計呂麻島に比べて島の規模も小さいですが、雰囲気は同じ感じだったと思います。まぁこの2つの島は船の便数が少なく、しかも運行している時間が曜日によって大きく異なってかなり難しい。

なので加計呂麻島ほど気楽に行ける感じではないですが、この2つの島もなかなか良いかもしれません。特に個人的には与路島はかなり好きですね。加計呂麻島に行って気に入った方にはさらにおすすめの島かもしれません^^v

沖縄の離島だけじゃなく奄美の離島も良いですよ〜。



加計呂麻島の情報
奄美の離島情報与論島のみこちら)>
posted by 離島ドットコム管理人 at 2010/08/16-08:04 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2010年07月10日

奄美。

今朝の「奄美」ネタ。
・・・沖縄ではありませんが^^ゞ

でも「離島」というカテゴリーには奄美も入っていると思いますので、特に鹿児島だからといって違う見方はしていません。なにせ与論島だって県としては鹿児島ですが、島の雰囲気や自然の豊かさなどは沖縄に匹敵するレベルですからね。加えて奄美大島になると西表島並みの豊かな自然があるし、南西諸島の中でも奄美までは一つの「離島群」だと思っています。

・・・さすがに屋久島や種子島は違う気がしますが^^ゞ
本土からの直通便(船)がありますので、南西諸島と言うよりも九州南部という感じがします。
その屋久島・種子島と奄美大島の間のトカラ列島も本土からの船があるのでどっちかというと九州南部^^;

よってホムペ(離島ドットコム)でも今のところ北は奄美まで網羅しています^^v


そんな奄美へ2010年は久しぶりに上陸します。沖縄各地の離島には数多く繰り出していましたが、奄美は過去に1回行ったっきり。といっても長い期間滞在したので1回でも満喫できましたが、メインは奄美大島だったので今回はその先の離島に重点を置いて行こうかと思います。とはいうものの、島の大きさは圧倒的に奄美大島が一番大きいので、結局使う時間は奄美大島が長くなりそうですね。アクセス面としてもまずは奄美大島入りしないと他の離島へも行けませんので、結果的に奄美大島が一番滞在時間が長くなりそうですし。

でも前回は奄美大島のほぼ全ての海岸線の道、ならびに内陸の山道もかなりの部分を網羅しましたので、今回はある程度絞れると思います。その分、1回目よりは楽かな?1回目はとにかく移動が辛くて大変でしたからね。特に奄美の海岸線はリアス式のように入り組んでいて道のりがめちゃくちゃ長かったので。

なので今回は奄美大島の幹線道路でもある国道58号線(沖縄と同じ国道番号です)からあまり外れないようにしようと思っています。メインはその先の離島なので^^ゞ

ちなみに奄美大島から行ける離島って結構あるんですよね。そのどこへ行くかは内緒ですが、まぁ1つは既にばらしちゃっていますが「加計呂麻島」です。「かけろまじま」って読みます。奄美大島の中心街「名瀬」から車で約1時間。南の集落「古仁屋」からフェリーで25分で行ける島です。奄美大島を小さくしたような雰囲気で、とにかく自然が豊か&アップダウンが激しい!なにせその前回は無謀にも自転車を持ち込んで自転車移動してえらい目に遭いましたからね。結局島の北半分は根性で自転車で巡ったものの、南半分はその北半分で懲りてレンタカーを借りちゃいましたからね。今回はまぁ自転車は持っていかないと思いますので、久しぶりに文明の利器で島巡りをする予定。

奄美大島のみならず奄美周辺の離島も含めて奄美の島々はアップダウンが厳しいので自転車移動には辛いですので^^;

もちろん奄美大島もバイクでいろいろ巡れればと思います。前回はレンタカーでしたが、バイクなら細い道も入っていけますのでいろいろ巡ってきたいと思います。

奄美は海この沖縄にはかないませんが、自然の豊かさは沖縄以上かもしれません。またその海もさすがに沖縄のような白い砂浜は期待できませんが、沖縄よりも海の透明度は高いように感じましたので、チャンスがあれば泳ぎたいですね〜。しかも奄美の宿って名瀬や古仁屋市街以外は海のすぐ近くにあるものが多いので、朝夕に泳いだりもできると思いますので。あくせく移動せずに、宿の近くの海だけを泳ぐ方がいろいろ余裕があっていいかもしれませんからね。

でもメインは大自然を楽しむことなので、泳ぎは二の次かな?むしろできるだけ自然の中を歩いたり走ったりしたいですね。トレイルまで行かなくても奄美の場合、舗装路でもかなりのアップダウンなのでトレイルっぽい体験ができるかもしれませんからね。


しかしここ数日の奄美の雨は強烈でしたね。例年なら6月28日が梅雨明けなのでもう2週間も梅雨明けが遅れています。

昨日も名瀬では24時間で66mm程度の雨でしたが(それでも多い)、北部の空港がある笠利では24時間で140mmの大雨。しかも夜半の2〜3時間で120mmぐらいの雨が一気に降ったらしいです。いくら自然が豊かで保水率が高い奄美でも、昨日の大雨はキャパを超えてしまっているのでは?と思います。2〜3時間で100mmの雨って想像を絶するレベルだと思いますので。深夜だったので飛行機の運航には影響なかったと思いますが、土砂災害が心配になるレベル。

その後はこの集中豪雨ほどにはならなかったものの、結局昨日は雨ばかりだった奄美。

でも沖縄でもそうなんですが、こういう記録的な豪雨があると梅雨明けって感じになることが多いので、来週あたりに奄美の梅雨明けを期待したいものですね。あまりアテにはなりませんが、週間天気予報もこの週末以降は奄美も沖縄も晴れ予報なので、もしかしたらこの週末から来週にかけて奄美もようやく梅雨明けするかもしれませんね。


平年より2週間から3週間の遅れか〜。


沖縄こそ例年より梅雨明けは早かったものの、奄美がこのレベルだと本土の梅雨明けも例年より遅くなりそうですね。というのも沖縄の梅雨明けが早かったのは、もともと宮古や八重山が梅雨入りしたものの半ばすでに明けているような感じだったので、沖縄本島は梅雨入り直後から梅雨明け間際のような状況でしたからね。結果、集中豪雨が多くていつのまには水不足だったダムも貯水率が100%近くに!

なのでスタートラインが先島ではなく、沖縄本島周辺と考えると沖縄の梅雨明けが早かったのも頷けます。逆に本土は奄美がこの梅雨明けの遅さだとかなり遅くなりそう・・・。


まっ、本土の梅雨明けが遅ければ沖縄の台風シーズン入りも遅れるのでその部分だけはひと安心なんですが、7月も中旬になって未だ台風が1個しか来ていないのはちょっと変です。

今後も気になりそうな雲の無さげですし、今シーズンの梅雨明けの遅さもさることながら、台風の到来もいつもの年とは違った感じになりそうですからね。


今年はとにかく天候が読みにくい1年になりそうですね。例年通りとはいかないことがほとんどですので^^ゞ

旅行計画には苦労しますが、まぁ先のことは誰も予測できませんので、あとはなるようになれ!と思うだけですね。行く前から天気のことを心配しても天気を変えることはできませんので。あとは現地でその日その場所その天気を受け入れ、楽しむことを忘れないことでしょう。

・・・まぁ台風が来ると船が欠航したりしちゃうかもしれませんが^^;

何事も前向きに考えるしかないですね。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2010/07/10-07:21 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2010年07月06日

西表島に電動レンタサイクル「eチャリ」登場

やりました!西表島観光に朗報です。

オリックスレンタカーが西表島で電気自動車のレンタカー導入に続いて今度は電動アシスト自転車のレンタルを開始。


その名は「eチャリ


2010年7月8日から西表島で開始するらしく、店舗も大原店と船浦店の2店舗になるので、もしかしたら乗り捨てもできるかも?(要確認)。とかく西表島の道は坂が多くて通常の自転車での観光は非常に困難なので、この電動レンタサイクルの導入は西表島観光にメリットは大きいと思います。もちろん環境面でも自転車なので優しいですし、なにより自転車による観光はレンタカーなどで行うより、より細かいところに目がいくので西表島の良さをもっと知ってもらえるかと思います。

私自身も自転車で島を何度も巡った経験があり、その都度新しい発見をしてきましたからね。

でも西表島の道はとにかく坂が多く、上原〜白浜間の西部ならまだしも、上原〜大原間の坂は強烈。特に由布島〜大原まではしゃれにならないほどの坂です。原付バイクでさえも上るのが一苦労な坂なので、この電動自転車でもどうなのかな?とも思えますが、基本的に自転車を利用される方の場合はのんびり観光する方がほとんどだと思いますので、その点は逆にのんびりできていいのかも?

でもフル充電かつエコモード時で走行距離が30kmということなので、上原〜大原間(35km)の移動は無理なのかな?といっても電池が切れてもその後は普通の自転車としても使えますし、この30kmというのもアシストできる区間のことかと思いますので、ギリギリ大原〜上原間は行けるかな?

どのみち、その上原〜大原間の移動よりも、上原を基点として西部観光(上原〜白浜間)、大原を基点として東部観光(南風見田〜由布島)するのには最適かもしれませんね。特に西部観光で難関になっている星砂の浜へ行くのにもこの電動サイクルなら全然オッケーですよね。もちろん浦内川河口までも気軽に行けると思いますので、この西表島での電動サイクルのレンタルは西表島観光の幅をとても広げてくれると思います。


久しぶりの「一押しの情報」かと思います^^v


ちなみにその電動自転車のレンタルの利用料金は3時間で980円6時間で1500円12時間で3000円で以後追加1時間ごとに+300円なので、一般的なレンタサイクルともそんなに大差はないのでは?でも最初に保証金を3000円払う必要があるのですがもちろん保証金は自転車返却時には戻ってくると思います。あと借りる際には会員登録が必要で、その際の入会料が315円かかるらしいです。でもすでにオリックスのカーシェアリングの会員になっている方は特に登録の必要はないらしい。

あと電動アシスト付き自転車ですが基本的に身長142cm以上という規定がありますので小さなお子さんは不可。おそらく補助席もないと思いますので、基本的に大人ないし大きなお子さんが利用できる感じになると思います。レンタルできる自転車はパナソニックの「リチウムビビ・ラッテ」らしいので、これだとさすがに小さなお子さんは無理ですよね^^ゞ

それとレンタルは基本的に当日返却。日をまたぐことはできないらしいです。なので西表島へ日帰り観光される方は便利ですが、宿泊される方にはちょっと面倒かな?もちろん大原や上原集落に宿泊すればそれでも問題ないと思いますが、離れたエリアだとちょっと使いにくいですね。でも路線バスとこの電動サイクルをうまく利用すれば、レンタカー無しでも西表島を存分に楽しめるかと思います。


やっぱり一押しですo^o^o


ちなみにこの電動サイクルのレンタルは本土ではすでに行われていて、東京駅八重洲口店、浅草駅前店、西葛西駅前店、池袋西口店、吉祥寺営業所、府中駅前店、港北センター南店、京都駅前店、京都駅前七条店、二条店、西本町店、野田阪神駅前店、松江駅前営業所があるらしいです。確かに京都なんかは自転車観光の方がいいですからね。でも島根の1店舗はなんで?って感じですが宍道湖観光と出雲大社までの移動にも利用できるのかな?さすがに出雲大社までは無理かな^^ゞ

でもよく見ると店舗数も多くて東京や大阪などの首都圏でも利用できるのはいいですね。先の電気自動車のレンタカーもそうですが、このオリックスの取り組みは評価できるかもしれません。もともとあまり好きではない企業でしたが、ここ最近の電化への取り組みやカーシェアリングへの取り組みは評価できると思います。


この夏、西表島へお越しの方はこの「eチャリ」の利用は本気で考えてみてはいかがでしょう?でも台数に限りがありますので、予約は必須だと思いますので、事前にオリックスレンタカーの各営業所に電話をしてから行きましょう!上原も大原も港から徒歩圏内に営業所はありますので、気軽に借りにに行くことができると思いますよ。


西表島の電動アシスト付きレンタルサイクルのニュース
オリックスレンタカーの電動アシスト付きレンタルサイクルの情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2010/07/06-08:35 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2010年01月25日

離島宿泊で1000円の商品券。その名は「しーぶん」

なんか座間味村が振興策でこんな企画をするらしいです。

阿嘉島や座間味島など座間味村に宿泊すると1000円の商品券をプレゼント。

システムは簡単で、泊港で船のチケットを購入する際に行きと帰りが違う場合に商品券を渡すという感じ。

商品券の名前は「しーぶん」といい、座間味の方言で「おまけ」の意味らしいです。

でも商品券といっても当然「地域商品券」なので、座間味村の中でしか使えないみたいですが、でも阿嘉島にも座間味島にも商店もありますし食堂もありますからね。もちろんマリングッズのレンタルや宿泊代にも使えるようで、座間味村商工会加盟店の中で104事業所で使えるらしいです。

2010年4月から商品券の配布は行われるようで、先着5000人までとのこと。なのでGWまでは保たないような気もします(保たない方が島にとっては観光客が多い証拠なので良いのかも?)。

ちなみに商品券の対象は6歳以上なので、小学生以上の子供連れにはかなりお得かもしれませんね。

まぁ効率を考えると1泊だけするとかなりお得になりますが、できれば2泊・3泊して、この商品券をきっかけに島をいろいろ楽しんでほしいですね。特に座間味村の場合は村内航路で座間味島と阿嘉島を往来できるので、座間味で1泊、阿嘉島で1泊なんて感じにするとかなり楽しめると思いますからね。

私もできれば宿泊しに行きたいですが、どうしても日帰りになっちゃいますからね。なのでこの「しーぶん」という地域商品券を見るのはちょっと無理かな〜?それに4月は先島諸島のどこかへ行っている可能性が高いですし^^ゞ

座間味村の地域商品券「しーぶん」のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2010/01/25-17:35 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2009年12月25日

西表島で電気自動車(EV)のレンタル開始

驚きです。やってくれます、オリックスレンタカー。

確かに自然豊かな西表島にはガソリン車よりもEV(電気自動車)の方がいいですよね。しかも西表島の場合は島は大きいものの、道は基本的に1本だけなので走行距離もそんなに伸びないので電池切れのおそれも少ないですからね。加えて西表島にはオリックスレンタカーの営業所があるので、EVの実験的導入には最適なのかな?

でも塩害が気になりますが・・・(電気自動車は精密機械なので)。

とりあえず2010年2月から西表島のオリックスレンタカー営業所でEVのレンタルを開始するらしい。車種は三菱のアイ・ミーブ。まぁ他に市販車ベースの電気自動車は無いですからね。あのコンパクトな車です。

レンタル料金は1日9700円で中型ワゴン車と同レベル。スモールカーに比べると割高ですが、おそらく給油は必要ないので(途中充電はできないので)ガソリン代はかからないんじゃないかな?西表島のガソリンは結構高いので、その分を考えるともう少し安くなるのかもしれません。

導入台数は最初は6台ですが、今後は西表島に現在あるオリックスのレンタカー車両の半分にあたる20台までのばすとのこと。


電気自動車が自然に優しいのはさることながら、なかなか乗る機会がない電気自動車だけに、「体験」として乗ってみるのも面白いと思います。

私個人としても西表島は原付バイクか自転車移動がメインなんですが、この電気自動車は機会があれば乗ってみたいと思いますね。


もともと沖縄本島でさえそんなに広くはないので、沖縄には電気自動車はとても合うと思います。那覇から水族館まで行っても片道100km弱。EVの走行距離が160kmということなので、行った先に充電ができればEVでも十分事足りると思います。この充電ステーションが問題になるかもしれませんが、沖縄本島なら那覇と名護あたりに1つずつあればこの走行距離160kmで十分だと思います。

もちろん、今回の西表島に始まって沖縄の離島の中で1周160kmもある島はないので、島一周したとしてもEVで十分事足りるはず。

なので今回は西表島をテストケースにするようですが、できれば今後は他の離島にも広げて、将来的には沖縄全域にEVによるレンタカーを広げて欲しいですね。自然が豊かな沖縄だけに環境面でもEVはきっといい効果をもたらすと思います。


加えてレンタカーだけでなく、オリックスならカーシェアリングも行っているので、沖縄でもカーシェアリングを開始して欲しいですね。もちろん環境に優しいEVで。

個人的に車は持っていますが、できることならカーシェアにして今の車は手放したい気持ちもあります。長年乗り慣れている車ですが、あまりに乗る機会が少なくなっているので、費用の面もさることながら何より車が傷んでしまって申し訳ないので。


今回の西表島でのEV導入。

これを起点に沖縄全域にEVが普及して、観光立県ではなく環境立県として沖縄のブランドを確率して欲しいものです。そのためには行政も無駄な道路や埋立ばかりしていないで、こういう環境面での補助を行って欲しいと願うばかりです。


個人的にオリックス自体は金融関連なのであんまり好きになれなかったのですが、今回のEV導入に踏み切ったことでかなりイメージは変わりました。正直、今まで様々なレンタカー会社を利用してきましたが、大手ではオリックスだけは避けていましたが、このEVがあれば利用してもいいかな?って思ったりしています。


2010年2月以降に西表島へ行かれる方はご検討してみてはいかがでしょう?


2010年2月からオリックスが西表島で電気自動車(EV)を導入!のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2009/12/25-08:04 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2009年10月05日

変革期にある慶良間

この週末にいろいろなニュースがあった沖縄本島西岸の慶良間諸島。中でもエコツーリズム推進法に基づくダイバー規制には驚かされました。確かに悪質なダイビングショップの無秩序なアンカーの投げ入れなどによるサンゴの破損、ダイビング船からの汚水排出などの悪質行為は横行していますが、それを抑制させるためにダイバーを半減させる方向で調整中とは・・・。

「ダイバー半減=ダイビングショップへの影響」

島の経済がちょっと心配になりますね。

でも長い目で見たらサンゴが無くなることによるダイバーの敬遠よりも、サンゴを保全することによって継続的なダイビング客の来島の方がメリットはあるかもしれません。確かにこの規制が行われる予定の2010年4月からは来島者も減少するかもしれませんので、2009年とのギャップはかなり大きいかと思いますが、それを乗り越えれば将来的には良い方向へ向かうかと思います。

ちなみにこの「ダイバー半減」というエコツーリズム推進法による総量規制は、水深30mより浅い海でのダイビングには座間味村・渡嘉敷村の承認が必要とすることによるもの。渡嘉敷村では1日上限550人、座間味村は700人に限定されるらしいです。基本的に許可は個々のダイバーに対してではなくダイビングショップにかかるもので、過去にオニヒトデ駆除など環境保全活動などを踏まえて自治体がショップに許可を与えるもの。

しかしこの許可についても実際の所、きちんとした根拠で与えられるのか疑問が残ると思います。ダイビングショップによっては政治的な繋がりがあるショップもあるらしいので、その点がちょっと気になります。とかくダイビングについては沖縄観光の中でもダントツで単価が高いので、動くお金も多く、お金が絡めば政治も絡む。他の健全なショップのためにもこの「許可」については透明性を保って欲しいと願うばかりです。お金で許可を買うようなことにはならないように・・・。

しかし個人的にはこのダイビングについてもさることながら、シュノーケリング客のマナーの悪さも問題かと思います。サンゴの上で平気で立つ輩が未だに多いですからね。水深の浅い部分では圧倒的にこの「シュノーケリング客」のマナーの悪さで破壊されています。しかしダイバーとは違ってシュノーケリング客はショップを通さない人がほとんどなので、なかなか規制はできないのかもしれません。

以前は座間味村で入島税(環境目的税)なるものを取る取らないって話がありましたが、そのことも含めて海外のように入島時にはレクチャーを受けさせて、シュノーケリングを含めて島で過ごす際のマナーやルールをレクチャーする必要もあると思います。その際に誓約書を書かせるだけでも一定の効果はあるかもしれません。今のままでは慶良間の浅瀬のサンゴは壊滅してしまうと思います。実際に5年前に比べても阿嘉島のニシ浜の珊瑚礁は半分以下になっていると実感しています。地球温暖化による海水温の上昇やオニヒトデへの被害もありますが、どう見ても人が踏んだことによるサンゴの破損が目に付くのが実際の所。できれば今回のダイバー規制に合わせて、シュノーケリング客規制(実際は入島規制)も考えて欲しい次第です。

長くなりました最初のニュースはダイバー規制についてのことでした。早ければ2010年4月から30mより浅い部分を潜るダイビングショップには許可が必要になるらしいです(1日上限渡嘉敷村550人/座間味村700人)。
慶良間でダイバー規制のニュース



続いては水不足関連。昨日はかなりの雨が座間味村でも降りましたが、それでもまだまだ水不足が続く慶良間。ようやく「海水淡水化設備」導入への検討が始まったらしいです。っていうか遅すぎ。しかもあくまで淡水化設備の借り入れ。正式な導入ではないらしいです。

しかも座間味村は現在財政破綻寸前の「早期健全化団体」扱い。1基借りるのに月100万円かかり、実際は2基は必要とのこと。村の財政事情でこの月200万円は非常に厳しいと思いますが・・・

無駄な道路を造らなければ月200万円などあっと言う間だったはず!

阿嘉島の集落〜ニシ浜の山越えの道(総工費不明)。座間味島の座間味集落〜古座間味の坂道(総工費約5600万円)。この2つの道路整備にいったいいくらをかけたのでしょう。しかも両方とも老朽化こそしていたものの、特に崩落して通行不能だったわけでもなく、キレイに整備しただけ。

こんなことをやっているから早期健全化団体になると思います。

なのに村議員は「電気は本島と平等に供給されるのになぜ水は平等に供給されないのか」という県や国に不満を漏らす人も居たらしい。そういうことを言う前に自分たちがこれまでにどれだけ無駄なお金を使ってきたかを検証して欲しいものです。先の道路だけじゃなく、ランニングコストのことを考えないで作った焼却設備など。それらの額に比べたら月200万円など小さなものです。こういう発想だから財政破綻するのかと思います。早い話、議員数を減らせばこの月200万円などすぐに捻出できると思います。与那国町では座間味より人口は多いけど議員数は少ないですからね。あと1〜2人は削減できるはずかと思います。

自分のクビを守りたいのはわかりますが、今のままだと確実に夕張市のあとを追うことになるかと思います。結果、破綻すれば議員数は削減されるはず。ならば今のうちに減らしておく方がいいのではないでしょうか?

海水淡水化設備を1基100万円/月で借り入れ方針のニュース


(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2009/10/05-11:50 | 沖縄離島情報

2009年06月27日

前浜ロケはジョッキ生「夏のポスター篇」^^v

ようやく放送されました(っていうか今日にようやく見ました)。先日の宮古島の与那覇前浜でロケが行われていた海の家のCM。所さんだけにやっぱりジョッキ生でしたね。

まさに写真の通りの光景のCMでしたよ^^v
・・・ちょっと嬉しかった♪
でも最後の花火は確実にCGだな〜(笑)
CMセットがある前浜の写真入りの記事

ちなみにこのCMはネットでも公開されていますので、以下のページから見てみましょう!まさに宮古島の与那覇前浜でしたよ。もしかして撮影当日に行っていたらCMの序盤の背景に映れたかも(笑)。まぁ背景の人々もエキストラだとは思いますけどね^^ゞ

ジョッキ生CM「夏のポスター篇」の動画


こういうCMも見ちゃうと「ビール」というか「ジョッキ生」そのものを飲みたくなりますね〜。でも週末は基本的にアルコールを飲まないので、今夜は我慢します。特に今日の土曜日は、翌日の朝にランニングすることが多いのでなおさら飲めませんからね(アルコールで水分バランスがかなり乱れるので)。

まぁ最近はすっかりノンアルコールビールで満足していますので、ジョッキ生は我慢することとします^^ゞ

とりあえずテレビの大画面で実際にこのCMを見た瞬間にジョッキ生を飲むのは無理だと思いますので、この動画を見ながら宮古島の前浜を想像しつつ、ビールを飲んでみてはいかがでしょう?

ジョッキ生CM「夏のポスター篇」の動画


やっぱり知っている場所(特に沖縄の離島)がCMに使われるとなんか嬉しいですね☆しかも今回はまさにそのロケの光景(実際はロケ前日)を見ていたのでなおさらかもしれません^^v
posted by 離島ドットコム管理人 at 2009/06/27-18:39 | Comment(4) | 沖縄離島情報

2009年06月22日

鳩間島の小中学校が廃校の危機に!?

八重山列島の西表島の北にある小さな離島「鳩間島」。この小さな離島に小中学校が1校あるのはドラマ「瑠璃の島」の舞台にもなったように知られているかと思いますが(知らない人もいると思いますが)、その学校が廃校の危機に直面しています。

というのも生徒数がついにゼロ!?

今まで小学生2人、中学生2人が在籍していたのですが、この4人は全て兄弟。そしてその母親は石垣市内に住んでいるのですが体調を崩したらしく、母親の近くで暮らすために4人全員が今月19日に鳩間島から転出したらしいです。

現在の鳩間小中学校の在校生はついにゼロ。

里子制度などで子供を集めて学校を存続させてきていたのですが在校生がゼロになったのは初めてらしいです。今回の話も18日に転出届を出して19日には島を離れたと言うらしいので突然のことで島の方は戸惑っているらしいです。

そして今回の転出で島の人口はついに50人を割り込み、鳩間小中学校が廃校になれば10人の学校職員も転出を余儀なくされ、人口はさらに減少する可能性を秘めています。

どうなる?鳩間島。瑠璃の島。

沖縄の中でも他の離島に比べて人口が少ない離島だっただけに、今回の転出の衝撃波とても大きかったと思います。だからといってすぐに転入していただける人が見つかるわけもなく、今週からはすでに休校状態。

一度廃校になると元に戻るのは不可能に近いので、今回の在校生ゼロという事態はとても深刻かと思います。また学校とは地域コミュニティの中心的な役割をもっていますので、それが無くなると島の過疎化が一気に進むことになるかもしれません。

コミュニティとしての学校の存続。

鳩間島の将来を占ううえでも重要なことかと思います。ただし簡単に存続させることもできないので、この問題はすぐには解決できないような気がします。

かなり心配なニュースなのでした。


鳩間小中学校廃校の危機のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2009/06/22-12:40 | Comment(5) | 沖縄離島情報

2009年06月10日

人工繁殖のサンゴが阿嘉島で産卵!

昨日の夜に阿嘉島でサンゴの一斉産卵があったみたいですね。昨日の午後10時過ぎにあたり一面がピンク色になったらしいです。さすがに夜なので狙って見に行かない限り目にすることは出来ないかもしれませんが、昨日阿嘉島でこのサンゴの一斉産卵を見ることが出来た人はホントにうらやましい限りです。

・・・でも昨日の午後10時といえば私はすでに爆睡(笑)。

しかも今回のサンゴの産卵は人工繁殖させたサンゴの産卵で、この人工のものでは世界でも例がないみたいです。人間のせいで破壊されたサンゴが、こうしてまた人の手で再生できているのは嬉しい限りです。

あとはこの新しい命を消してしまわないように、私たち人間がもっと環境のことを考えて生活していきたいものです。沖縄を訪れる観光客のマナーもさることながら、沖縄で生活する人も環境のことを考えて、自分たちは自然に生かされているという認識で暮らしていきたいものです。


とにかく沖縄の海で泳ぐ際は「海で足を着かない」「サンゴなど海のものには触らない」「干潮時は泳がない」の3つは切にお願いしたい次第です。


阿嘉島でのサンゴの産卵のニュース
阿嘉島の情報モバイル)>

(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2009/06/10-10:39 | 沖縄離島情報

2009年03月26日

宮古島が某バラエティーのロケに・・・

昨日の某バラエティーで宮古島ロケが行われたと言うことでドキドキしながらチェックしてみました。というのもこのバラエティーのMCを担当している某MCは八重山であまり評判が良くないですからね。島を荒らすとまでいかないですが、かなりやりたい放題って話ですからね。それが今度は宮古かよ!って思ってドキドキしながら見ていました。どうか穴場の場所には行かないでくれ!って感じで祈るようにして見ていました。

ちなみにこのバラエティー自体は嫌いじゃないんですが、最近はこの某MCがまたいい気になって歌を連発して半ば「歌番組?」ってレベルになっていましたからね。正直その歌の部分(番組終盤)はもちろん他のチャンネルに変えていますけどね。


それはさておき宮古島ロケの状況。
・・・一安心しました^^ゞ


まぁもともとこの番組で宮古島でロケをするとなると間違いなく「東急リゾート」かな?って思って見ていたらやっぱりそうでしたね。宮古島で多数の芸能人やスタッフが宿泊できるホテルでビーチが目の前というロケーションになると東急しかないですからね。芸能人としてはシギラの方が良かったのかもしれませんが目の前がゴルフ場ですからね〜。ゴルフ場じゃロケはできませんし。あとブリーズベイという可能性も考えましたがいかんせんホテル前のビーチがあれじゃね・・・^^;博愛ビーチまで移動すれば多少は広くなりますが、でもビーチの綺麗さや広さのうえではやっぱり前浜がベストですからね。

そういう訳で東急になると思っていました。

あとゴルフ場に関してもおそらくホテルから近い同じ東急系のエメラルドコーストだろうな〜?って思っていたら正解でした。まぁゴルフ場に関してはシギラの方が絵的にはいいのかもしれませんが宿泊場所が東急系列なので必然的にこちらになったのでしょうね〜。

でも意外だったのは東平安名崎でロケが行われたことかな?しかも一部では保良漁港のあの小さなビーチも出てきたのでちょっと驚きでした。この保良漁港のビーチは超穴場でしたがそれ以外の場所はほとんど定番中の定番だったので、某芸能人に荒らされなくて一安心。

結局、その東平安名崎以外はホテルかゴルフ場だけだったので、他の場所にむやみに行かなかったので一安心でしたよ。来間島とか池間島とか伊良部島に行かれたらどうしよう?って思って見ていましたからね。でも定番の砂山ビーチに行かなかったのはちょっと意外でしたね。あの砂山の坂を使ってなんかゲーム的なものでもやるんだろうな〜?って思っていましたからね。


でもバラエティーそのものとしてはマンネリな部分も多いですが、でも個々のキャラで笑わせてもらってので見ていて楽しかったですよ。特にドッキリの場面での「里田まい」のリアクションには大笑いでしたよ(≧∀≦)。ドッキリなのでその人の「素」の部分が出るのかと思いますが、その「素」の部分であのリアクションは最高でしたね。正直、昨日はそのリアクションで全てを持って行かれた感じでしたね。


それはさておき今回は宮古島でしたが、なんか次回は石垣島久米島あたりになりそうな気が・・・。最初は本島のカヌチャで行われていましたが、今回が宮古島でしょ?となると同じような条件のホテルがある離島は石垣島(全日空シーサイド)か久米島(イーフビーチ久米アイランド)になりますからね。でもこの2つの離島にはゴルフ場がないのであるとすると石垣島の先の小浜島パナアラマンダはいむるぶし)の方が可能性は高いのかな?

でも飛行機のみで往来できて、ビーチが目の前にあるホテルがあって、ゴルフ場がある離島となると、必然的に「宮古島」になったのかもしれませんね。


まぁ昨日の放送程度じゃあまり観光客が増えそうな感じじゃなかったので、以前の黒島のようなことは無いかと思います。でもやっぱりドキドキしながら見ていましたけどね^^ゞ


でも最近は沖縄のみならず南西諸島の離島はよくテレビに出てきますね〜。ドラマもさることながら特番などで出てくるシーンをよく見ますね。嬉しい反面、島の一部しか紹介しない偏った紹介になることも多々あって、やっぱり複雑な気持ちになりますね。どのみちドラマロケに使われても特番に使われてもその効果は長くて2年ぐらいしかないですからね。その後の継続的な経済効果は正直見込めませんからね。

しかも昨日のニュースでもありましたが日本への観光客の激減というのが現状ですからね。しかも沖縄への外国人観光客はなんと前年比の70%減という事態らしいです。国内観光客も前年比13%減という事態だったらしいです。とかく沖縄では「捕らぬタヌキの皮算用」で観光客は右肩上がりで増えるものという楽観論がメインなので、この「減少」という事態は予想外だったかと思います。本来のビジネスとしてはこの「減少」も考慮したプランを立てるのが普通なのですが、どうも沖縄のビジネス感って・・・^^ゞ


それはさておき昨日の某バラエティー程度なら島も荒らされることはなかったと思いますのでまずは一安心でしたよ。あとは4月以降の夏シーズン、そしてGWで前年に比べてどの程度の観光客数で推移するかですね。まぁ昨今の経済状況だと2009年は前年割れは仕方ないのかな〜?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2009/03/26-07:32 | Comment(8) | 沖縄離島情報

2009年02月12日

昨日の離島は新しい宿ラッシュ?

今日の沖縄は相変わらず4月の夏シーズン一歩手前のような温かい陽気でしたよ。例年、冷たい北風が吹き荒れて寒いはずの2月は今年はどういう訳?って感じです。まぁ天気がいいのは嬉しいですが、ここまで異常気象が続くと水不足以外にもいろいろ生態系などへの影響が心配になりますね。まぁ遊ぶ分にはいいかもしれませんが、残念ながらこの週末は冬型の気圧配置が強まりそうですね。

今週末は久しぶりにコタツの登場かな〜?

そういえば我が家のコタツ。正直、年始の帰郷から帰ってきてから1週間ぐらい使ったきりで、それ以降は4月のような陽気が続いているので全然使っていません。そろそろコタツ布団を片づけてテーブルとして利用するかな?って思いつつある感じでしたからね。でも今週末以降はちょっと微妙ですね。天気というか風次第で気温はかなり左右されますからね。


そういう意味で昨日は離島へ行って良かったですよ。綺麗な景色もさることながらいろいろな情報も手に入りましたからね〜。


まずは渡嘉敷島でレンタルバイクってやっていたんですね。今までレンタカーしかなくていろいろ不便だったのですが、渡嘉敷港近くの宿「かりゆし」さんがレンタルバイクを始めたようですね。レンタルサイクルもあるらしいですが、アップダウンの超激しい渡嘉敷島で自転車は厳しいでしょうけどね。その分、バイクは一人旅の方にはちょうど良いかと思います。まぁ私の場合は本島で乗っているバイクをそのままフェリーに乗せて行っちゃうことが多いですけどね。

民宿かりゆしの連絡先
電話 098-987-3311
原付 1時間1050円/2時間1575円/3時間2100円/当日返車2625円
自転車 3時間735円/当日返車1050円


それと一部の方に人気?だった「とかしきーーーーーチェック!(笑)」。渡嘉敷島限定の電子マネーです。渡嘉敷港近くの島のコンビニ「新浜屋」さんに行ってみたのですが、1年前の導入時はカードリーダーがあったのですが今年は見事に無くなっていました^^;。やっぱり普及はしなかったみたいですね。結局導入後半年で電子マネー「とかしきチェック」は期限が切れるのでそれを気に「終了〜」って感じだったのかもしれませんね。当初は永続的な電子マネーに「とかしきチェック」から代替させる話だったのですが、あまり使われていなかったみたいですね。

とかしきチェックの過去のニュース


そして宿情報。今まであったシーフレンドさんの3階建てのペンション部分もなんか改修工事をしているのか仮囲いのネットで覆われていましたね。それとすでにホムペにも掲載していますが、渡嘉敷島の阿波連集落には最近新しい宿が一気に出来ましたね。ケラマテラス、ハーフタイム、ニライカナイの3つ。ケラマテラスは阿波連集落には今まで無かったややグレードが高めの宿で、ハーフタイムはダイバー御用達の中庭を囲む形の宿。そしてニライカナイはなんか工事が遅れているようで未だに何か工事をしていましたが、正直阿嘉島の「すまいる」?って感じのイメージでしたよ。特にあの水色なんかはモロ「すまいる」じゃん!って感じでしたね(すまいるの方が微妙に青が濃いけど)。


同じ設計者なのかな〜?^^;


でもこの「すまいる」さん、もとい「ニライカナイ」さんは阿波連集落の中心部、新垣商店の隣にあるので利便性は抜群。しかも阿波連集落では数少ない3階建てなので3階なら景色も開けているのかもしれませんね(でも3階は部屋の設定がないかも?)。正直、渡嘉敷島は昨日のようにいつも日帰りだったのですが、この「ニライカナイ」さんはちょっと興味がありますね。しかもこの「ニライカナイ」さんは無線LANが使えるらしいので、PCも持って行けますからね。


・・・でも離島としてはやや宿泊代が高めの設定ですが^^;(1泊2食付きで8500円〜)


沖縄本島に住んでいると渡嘉敷島ならフェリーで往復しても日帰りで十分楽しめますからね。阿嘉島や座間味島だとフェリーで往復すると滞在時間が短すぎるので泊まりで行きたくなりますが、渡嘉敷島だとどうしても日帰りになっちゃいますね。しかも1泊8500円ともなるとなかなか・・・^^ゞ

本島に住んでいて渡嘉敷島で1泊8500円・・・。かなりの贅沢かもしれませんね^^;。片道フェリーで1時間ちょっとなので、東京で考えると東京都心に住んでいて鎌倉あたりに1泊する感じですからね。なかなかできませんよね〜。


ってことでみなさん。2009年に渡嘉敷島へ行かれる場合は是非この「ニライカナイ」さんに泊まってみてクチコミ投稿お願いします(笑)←他力本願。

渡嘉敷島の宿の写真を微妙に更新♪
posted by 離島ドットコム管理人 at 2009/02/12-17:35 | Comment(4) | 沖縄離島情報

2009年02月10日

座間味島で午後8時〜午前8時まで給水制限

今夜(2月10日)から座間味島で夜間給水制限が開始されます(午後8時〜午前8時まで)。座間味島のダムの貯水率が40%を割り込んだために給水制限が行われる模様です。ちなみに給水制限の解除は貯水率が50%以上になったときとのことなのですが、冬の沖縄はそれほど大量の雨が一気に降るのは考えにくく、この給水制限は下手するとかなり長い期間になるかもしれません。


ですのでこれから座間味島へ行かれる方は、シャワーなどは午後8時までに必ず済ましましょう。


それ以前に給水制限の時間内であろうと無かろうと、離島にとっては限りある水資源なので、節水には常に心がけて欲しい次第です。むやみに水道を出しっぱなしにしたりせず、こまめに水を止めましょう。

ちなみに沖縄本島もダム貯水率が60%を割り込みそうな状況ですので、かなり危険区域に入っているかと思います。平成6年から続いている給水記録を終わらせないように雨を期待したいものです。


しかし現実はやっぱり梅雨まで待つことになるのかな〜?(5月初旬)。でも3月から4月にかけても移動性低気圧が通過してくるので、その際には雨も期待できますけどね。


沖縄旅行される方には晴れている方が良いのかもしれませんが、ここまで雨が少ないと住んでいる身としても水不足が心配になってきます。こんなに雨が少ない(天気が良い)冬の沖縄は正直初体験かもしれません。これもまた地球温暖化の影響なのかな〜?


せめて2009年こそはきちんとした梅雨が来るのを期待したいものです(2008年は空梅雨で全く雨が降らなかった)。


とにかく座間味島のみならず沖縄の離島、いや沖縄本島も含めて全域で節水をよろしくお願いします。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2009/02/10-18:58 | Comment(4) | 沖縄離島情報

2008年09月09日

黒島マリンビレッジが9月10日で閉鎖?

離島でまた残念なニュースです。たまたま黒島マリンビレッジのHPをチェックしたら、このコメント。

「経営合理化の一環として平成20年9月10日で黒島マリンビレッジを閉鎖」
閉鎖メッセージが掲載されているHP

やはり黒島の規模としては施設が大きすぎたのでしょうか?黒島の宿は民宿がほとんどなので、この貸別荘感覚の宿はご家族連れなどには重宝していたかと思います。ここ最近だと後継者不足などで小規模民宿を閉めるところはありますが、これほどの規模の宿がしかも経営合理化のために閉鎖という話はあまり聞いたことがなかったのでとても残念です。

気になるのが同系列の「南来(なんくる)」ですよね。HPはマリンビレッジの中にあったので、今回のHPと一緒に情報は消えてしまっていました。

でもこのメッセージの「合理化」というのが、「南来」への経営集約と考えても良いのかな?って前向きに見ています。どうか「南来」だけは残って欲しいと願うばかりです。黒島にはもともと宿が少ないですし、数少ない港近くの宿ですし、しかも食堂やレンタサイクルもありますので、この3つは残っていることを願うばかりです。

ちなみにマリンビレッジと同じ場所にある「黒島研究所」はもともとマリンビレッジとは関連性はないと思いますので、問題ないと思います。今後もライフジャケットの無料レンタルや、ウミガメ観察などに期待しています。


けどマリンビレッジのあのコテージは今後どうなっちゃうんでしょう?あのログハウスは壊しちゃうんでしょうか?それとも売却されるのかな〜?それとも施設群を丸ごと売却されて別の経営者になるのかな?

とにかく「小浜ビーチリゾート」のようにたらい回しにならないことを祈ります。なにせ小浜ビーチリゾートの前の「サンゴ倶楽部」破綻後にはコテージが完全に牛の住処になっていましたからね。黒島だと孔雀の住処にならないことを願うばかりです。


この9月に黒島に行かれる方、マリンビレッジの情報はさることながら、南来が今後どうなるかなどの情報お待ちしております。

黒島マリンビレッジの情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/09/09-10:48 | Comment(3) | 沖縄離島情報

2008年08月21日

津堅島新フェリー「くがに」就航

沖縄中部の東岸に浮かぶ津堅島。ここへ行くには那覇からだと与勝半島の先の平敷屋港まで行ってからさらに船に乗らないとならないので、島に行くまでもかなり時間がかかると思います。その平敷屋港も高速ICからはかなり離れていて、那覇からだと車で1時間強はかかると思います。

でも沖縄中部からだと意外と気楽に行けますし、正直海中道路でつながっている伊計島よりはまだ気軽に行けそうな感じです(伊計島は海中道路から先が長いこと、長いこと・・・)。しかも津堅島には比較的綺麗なビーチがありますし、しかも無料だし(笑)、広いし。沖縄中部東岸の海なら津堅島はかなりおすすめかもしれません。あとニンジンも美味しいですからね^^v。なにせキャロットアイランドですので^^ゞ


そんな津堅島への船(フェリー)がこのたび新しくなったらしいです。その名は「フェリーくがに」。「くがに」とは「黄金」の意味でしたよね。今までと同じ名前でしたが今考えるとすごい名前・・・^^;。でも船自体はいたってシンプルで、久高島へのフェリーと同じようなイメージかな?でも機能的にはかなり進化したらしいです(詳細はニュースを参照のこと)。昨今の原油高を見越して燃料節約のための装備を付けているようですし、あと船自体もバリアフリー設計になっていて、様々な人に対応できるようになったらしいです。今までのフェリーはかなり狭かった印象がありましたので、ちょっと期待したいですね。まぁフェリーなので島までかかる時間は今までと変わらないですけど^^ゞ

ちなみに高速艇は今までと同じかと思います。


でも個人的には安座真〜久高〜津堅〜平敷屋って感じの循環航路は実現できないものかな〜って思いますね。久高島と津堅島はお互いの島影がはっきり見える位置にありますからね。まぁそれはこの東海岸に始まった話じゃないですが、離島間の循環航路ってあると便利なんだけどな〜って常々思います。特に慶良間は・・・^^;(座間味〜渡嘉敷)

まぁ管轄する自治体(企業)が違ったりしますので、実際は簡単に実現できないとは思いますが、そういう循環航路ができれば新しい人の流れ、物の流れも出来そうな気がするんですけどね。まぁこの話はこのブログでも以前書きましたけどね^^ゞ

特に八重山の離島循環航路はあったら嬉しいんですけどね〜。特に黒島経由^^;


その前に有村産業の事実上倒産によって、本島〜宮古〜石垣航路を失った方が痛いので、この航路の実現(復活)の方が先なんですけどね。ちなみに有村産業の船は今まで那覇新港に停泊していて船ではストライキが行われていましたが、裁判所の下船要請に従って明け渡されたらしいです。今後は台風シーズンを考慮して台風の影響が少ない広島へ3隻ともに移動して保全されるらしいです。

果たしてこの有村海運が担っていた長距離離島間航路は復活するのでしょうか?正直なところ、この3隻を売却してもっと小規模で燃料効率のいい船で復活させるのが一番良いかと思いますが、果たして売却して損益を償却出来るか否かが問題になりそうですけどね。


まずは今回の津堅島への新フェリー。機会があればチェックしたいですね^^v。ちなみに夏休み期間中の津堅島は沖縄中部からの家族連れが結構多くてビーチはにぎわっていますよ。お店もビーチ近くにあるし、キャンプ場も隣接しているのでビーチパーティなどを行ったりしていますからね。でも島の北側へちょっと移動すると人がほとんど来ないので、穴場のビーチも見つかるかもしれません。機会があれば是非!


新フェリー「くがに」のニュース
有村産業のフェリー広島へ!のニュース
津堅島への船の時刻表

▼H:平敷屋港・T:津堅島・I:沖縄北IC
平敷屋港・津堅島・沖縄北ICマップ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/08/21-12:57 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2008年07月31日

昨日の夜、西表島の船浮で地震発生!

080731_0558~01.JPG夏場限定の朝日です。というのも東側に窓がないので、日が長い夏場しか朝日を望むことが出来ないんですよね〜。まぁちょっと移動すれば見に行くこともできますが、朝から外出して朝日を見に行く余裕はちょっと無いもので・・・^^;

今朝も綺麗な朝日でした(携帯の電波塔は邪魔ですが^^;)。

沖縄本島のみならず八重山や宮古などでも風もすっかり収まって、ようやく台風の影響が消えつつある感じですね。波はまだ2m前後ありますが、この程度の波なら船の運航にはそんない影響がないと思います。なので今週末はこのまま行けば離島日和になりそうですね。昨日の記事にも書いたように、この台風のおかげで海の透明度はかなり増しているみたいなので、今週末の泳ぎはかなり楽しめそうだな〜。

・・・でも私は防水デジカメの故障ということもあって、泳ぎには行かないと思いますが(;-;)。その前に先日到着した自転車の慣らし運転もしないといけませんからね。普段ランニングばかりしていて、本島では自転車には全く乗っていなかったので、これを機に自転車もいろいろ活用してみようと思います。ランニングや徒歩じゃ行けない場所も、自転車なら気軽に行けますからね。行動範囲が広がって、新しい見所などが発見できるといいな〜って思います^^v


それはさとえき、昨日の午後7時半頃。西表島の船浮で「震度1」ですが地震がありましたね。震源は網取周辺で、深さは20km。マグニチュードは「3.4」なのでそれほど大きな地震ではありませんが、昨今の日本各地で起こっている地震を考えると、大地震が少ないと言われている沖縄でも小さな震度でも気になりますね。

まぁ震度1ならちょっと動いていれば気づかないかもしれませんけどね。午後7時半という事で夕食時だったから、船浮の方は地震を感じたかもしれませんね。沖縄はもともと地震をあまり想定しないので、ちょっとの地震でも影響が気になりますね。

ちなみにこのブログで何度も書いていますが、沖縄は「地震がない」と勘違いされている方がいらっしゃいますがそれは間違いで、実際は「大地震が少ない」というだけなのです。中規模の地震(震度4以下)のものはそこそこありますからね。本土より面積が狭いので報告されないだけで実際はもっとあるのかもしれませんからね。


でも先日の震度4の地震は全く気づかなかった^^ゞ(移動中だったので)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/07/31-07:13 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2008年06月30日

久高島は変わらぬままの姿で・・・

2008年・久高島

週末に某離島(笑)へ行ってきました。途中スコールにも遭いましたが、まずまずの良い天気でちょっと焦げました(笑)。なので日焼けがちょっとだけ痛いです。

それはさておき、某離島(笑)。相変わらず変わらないだろうな〜・・・って思っていたら・・・なんと、島の玄関口「徳仁港」には山のような建材が積んであって、島の道には大型ダンプが走る始末(T_T)

なんでこの島で?

って思いましたが、その原因は久高小中の立て替えみたいです。今までの校舎は取り壊され、現在はプレファブで授業を行っているみたいでした。でもそのプレファブ、これだけ?ってくらい少なかったですけどね。まぁ生徒数を考えると致し方ないのかな?でも建設する学校はプレファブの何倍も何十倍も大きいものを作るんだろうな〜・・・土建国家「日本」だけに(T_T)。

なので運が悪いとサイクリング中に大型ダンプに迫られる場合もありますし、少なくとも徳仁港は建材の山なので早足で素通りしましょう。

でもその学校の改築部分以外は相変わらずの島でしたよ。北側の「ガー(井戸)」も今まで通り階段が崩落していたりしていましたし、ロマンスロードも相変わらずキレイでしたし、そしてその先のビーチもとてもキレイでしたよ。それと南側のビーチも砂浜までの道が崩落したままだったり、去年と変わらぬままの状態でした。

今回は時間の都合上、北端のカベールには行きませんでしたが、北側の各種「ガー」は一通り景色は見てきましたからね。ガーへと降りる階段の上から見る海ややっぱりいつ見てもキレイですからね。でもやっぱりロマンスロード下のビーチはキレイですね☆

ちなみに今回は日帰りで行きましたが、行きの船は朝の良い時間の船だったためか結構混んでいました。座席はほぼ全て埋まっていましたからね。まだ6月なのになんでこんなに?って感じもしましたが、どうやら交流館の団体さんとかがいたみたいです。なので実際島を回っているとさすがに南側のビーチには人が多めでしたが、北側のガーなどには人が少なめで良かったです。

南部に住んでいると奥武島の次に気軽に行ける離島ですからね〜(奥武島は橋で繋がっていますので)。

とりあえず某離島(笑)は、小中学校の工事以外はそんなに変わっていなかったので一安心でした。このままでいて欲しいと願うばかりです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/06/30-12:01 | Comment(3) | 沖縄離島情報

2008年06月23日

先週末の梅雨明け後の初泳ぎレポート

2008年・阿嘉島ニシ浜にて

先週末の某離島(正解が写真に書いてあるけど・・・)での水中写真です。たまたまスズメダイの大群がいる場所に遭遇して思わず写真を撮りまくっちゃいました。でもなかなか思うように動いてくれなくて、何枚もチャレンジした中でどうにかいい感じのこの写真を撮ることも出来ました。もちろん動画も今回はきちんと水中モードにして撮影しましたので、写真や動画の整理が終わり次第、また写真ブログやこのブログで紹介しますね。

それにしても土曜日を選択したのは正解でした。昨日の日曜日は1日雲が出ていましたし、今日も曇りがちの天気だったので、まさにベストなタイミングだったかもしれません。梅雨明け後の初泳ぎには。でもおかげで日焼けしちゃいましたけどね。きちんと日焼け対策はしていいたのですが、夏至の沖縄だけに紫外線はまぢで強烈だったみたいです。でもほのかに赤くなった程度で、対策をきちんとしていたのでほてったりはしてませんけどね。

でも島で真っ赤に日焼けしている人を何人も見て、ありゃ今夜は眠れそうにないだろうな〜って思って見ていました(笑)。


ちなみにその某離島(笑)の小レポート。まずビーチ内営業をしている業者は居なかったものの、デッキ下を相変わらず物置っていうかレンタルグッズを置いて占拠している業者はいましたね。あと気になるのはシーカヤック。シーカヤック自体は良いのですが、ビーチの傍らを勝手にシーカヤック置き場にしている業者が居ますね。まぁこの離島でシーカヤックと言えばあそこしかないのですが、それはビーチ内営業とあまり変わらない行為かと思います。ビーチの不法占拠に他ならないので、このシーカヤック業者もNGかと思います。


でもその他のいたって平和で、数年前のあの業者やマリンジェットがはびこっていた時期に比べると随分平和になりました。


あと阿嘉島交通(島の名前モロ^^;)というタクシーができていて、初乗り500円で港〜ビーチのみならず様々な場面で活用できるかと思います。有償送迎バスが無くなってから島での交通手段が問題になっていましたが、どうにかこのタクシーである程度は解決できそうですね。あとレンタサイクルもありますし。

ちなみに阿嘉島交通(笑)の連絡先は「098-987-3254(ペンションくば)」もしくは「090-5733-2627」らしいです。ビーチ上の売店小屋の前がタクシーのりばとなっていました(看板有り)。

それとレンタサイクル&レンタミニカーは「レンタルショップしょう」さんで連絡先はわかりませんが、港にスタッフがいるかもしれませんし、お店も辰登城の先のビーチ寄りにありますので、港周辺で自転車などを手配できることでしょう。


あとは港の待合いの中に「沖縄スウィーツ〜沖縄マンゴーカフェ 琉堂」なるお店ができていて、ぜんざいを売っていました。1つ380円というリーズナブルなものから580円のマンゴー果実ぜんざいなるものもありました。マンゴードリンクが350円でコーヒーもあって350円でした。船の待っている時間には良いかもしれませんね。

でも待合室ってあまり入らないですよね^^;私も滅多に入らないで、そのまま外で待っているかそのまま船に乗っちゃいますからね。なのでせめて船乗り場に「待合いにカフェ有り」的な看板ぐらいは欲しいな〜って思いました^^ゞ


ちなみに集落自体は多少の変化はありましたが、ここ数年ほどの変化は見あたりませんでした。相変わらずのどかな雰囲気が漂っていましたよ^^v


▼レンタルショップしょうの地図(シードルンの裏、TETSUの下あたり)
レンタルショップしょうの地図
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/06/23-19:09 | Comment(7) | 沖縄離島情報

2008年05月13日

奥武島のてんぷら。6/1より10円値上げ!

080512_1733~01.JPG確かちょうど1年前ぐらい(2007年5月1日)にも値上げがあったばかりでしたね。そのときは45円から50円に値上げでしたが、今回は一気に1個60円に値上げになる模様です。


2008年6月1日から奥武島の中本鮮魚店のてんぷらが1個60円(;o;)


まぁ昨今の原油高に加えててんぷらのメインでもある小麦の値段も大幅に上昇しているので、致し方なしですね。っていうかここまでよくがんばってきたなぁって思います。

・・・でも今までは2個で100円感覚で計算しやすかったんですけどね〜^^;1個60円だと端数がでるのでちょっとめんどくさいかも?今までは10円玉は必要なかったですからね〜^^ゞ

ちなみに他のものも一律10円の値上げになりそうなので、現在55円だったものも65円になるんでしょうね。残念ですがこればかりは仕方ないですね。沖縄には他にもてんぷら屋さんは多いのですが、他のお店も2008年は値上げラッシュになるのかな〜?1個30円というところもありますからね。そのお店なんかどうするんだろう?もともと利益優先で商売していないお店なのでそのままのような気がしますけどね^^;

ってことで今年の6月1日以降に奥武島にてんぷらを買いにいかれるみなさん。1個60円になっていますので、10円玉をもって行ってあまりおつりが出ないようにしてくださいね(笑)。お店の人がいつもおつりの計算が大変そうなので・・・^^;


でもガソリンが以前はリッター100円前後だったのが現在は150円前後という感じで1.5倍近くになっているのに比べれば、45円が60円になるのはまだマシですよね。なので10円値上がりしたからといって買いに行かなくなることはないと思いますからね。スーパーのものも1個60〜70円なのでようやくスーパーと同じ値段になったかな?ってくらいですからね(味は断然奥武島の方が美味しい)。


ちなみにこの記事。ホントは昨日アップしようと思っていたのですが、ついついうたた寝してしまい、気づけば真夜中。1日遅れでアップしています(昨日は奥武島のてんぷらを肴にビールでした^^;)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/05/13-13:49 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2008年04月28日

最南端のファストフード

080424_1439~01.JPG080424_1541~01.JPG天気がイマイチな離島での楽しみ方かもしれません。前回アップ明日メロンパン(笑)同様、「食」に走るのも楽しいものですよ。今日は場所柄、「日本最南端」を追求してみました。今日はファストフードです♪ちなみに写真でアップした「マクドナルド」と「ケンタ」以外にも「モス」もあったのですが、暴離島(笑)にはモスが2軒もあるので、今回アップ明日のは島に1軒しかないファストフードをご紹介します。


まずは日本最南端のマクドナルド(笑)。

空港近くのスーパー「サンエー」の一角に店舗がありました。以前はスーパーの駐車場だった部分を改装してマクドナルドにしたようです。店舗はそこそこの広さがありますが、店内からは幹線道路が見えるぐらいであまり景色は開けていません。でもたまに某離島空港(笑)に発着する飛行機を眺めることもできるかもしれませんね。

あとケンタに関しては空港からも離島桟橋からも遠い場所にありますので、一般的な宿からはちょっと遠い場所にあるかもしれませんね。市街地から西にちょっと離れたマックスバリュの1階にケンタはあります。こちらもスーパーと同じ建物内にある感じですが、入口にはきちんとカーネルサンダースの像が立っています。ちなみに店内はマクドナルドよりも狭くて、店内で食べると言うよりはテイクアウトをメインに考えた方が良いかもしれませんね。近くに港や防波堤もありますので、ここで買って外で食べるのもいいかもしれませんね。


ちなみにモスは、空港近くに独立店舗があって、あと市街地の中心にももう1店舗ありますね。あとはそのモスからちょっと離れた場所に沖縄にしかないA&Wもありますね。なのでこの某離島(笑)には、モスが2店、マックが1店、ケンタが1店、エンダーが1軒あるって感じのファストフード事情です。


でも沖縄のファストフードといえば「てんぷら」や「アンダギー」なんですけどね〜。これらを扱っているお店の方がハンバーガー系のファストフード店よりも多いと思いますしね^^ゞ


ってことで、今日1日で体重何キロ増えたかな〜って感じの離島の日々でした^^ゞ。まぁこういう過ごし方も良いものですよ^^v
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/04/28-20:09 | Comment(3) | 沖縄離島情報

2008年02月07日

とかしきチェック!!!

夜LSD 25.13km・117分54秒(12.8km/h・4:41/km)・1698kcal・高低差90m(総昇降541m)

とりあえず自宅までも無事に戻れましたし、そしてその後のトレーニングも無事に完了しました。正夢にはならなかったようです^^ゞ一安心。でも今日のトレーニングは風が強くてめっちゃ辛かったです。しかも気温がかなり低かったので、後半はかなり寒さを感じましたからね。そのまま展望風呂にでも行っていい湯に浸りたかったですよ〜(でも実際は自宅でシャワーのみ)。

ちなみに禁酒&プチ食事制限(禁○○)してから一週間が経ちました。さすがにお酒&おつまみが一切無くなったので、体重は一気に減りましたね。現在60.6kgですので、1月末よりも2kg減ですね。とりあえず60kgを切れば良いので、あとちょっとがんばって、58kg〜60kgぐらいをキープしたいと思います。ちなみに正月休み明けはなんとい64kg台まで増えていましたからね〜^^;


それはさておき、なんと渡嘉敷島で地域限定の電子マネーを導入するらしいです。その名は・・・

とかしきチェック

・・・っていうか渡嘉敷島で買い物ができるお店ってそんなに多くない気が^^;広報上は27店舗で利用可能とは言いますが、実際は阿波連の新垣商店、渡嘉敷(港)の新浜屋港のお土産屋さんぐらいなんでしょうね^^ゞ

今回の電子マネーの導入実験は、今週末の2月10日に開催される「第3回鯨海峡とかしき島一周マラソン大会」にあわせて行われるらしいです。ランナーが現金を持ち歩かなくて良いようにとのこととか。でもランナーの立場から言わせてもらうと、その電子マネーのカードを持ち歩くのも、現金を持ち歩くのも変わらないと思いますけどね^^;
私の場合はレースやトレーニング中でも最悪の状況を想定して最低限の現金は持ち歩くようにしています。千円札1枚、500円玉1枚、100円玉1枚、10円玉1枚って感じで。110円を持ち歩いているので、どこですぐに自販機で給水できるようにするためのもので(沖縄の自販機は110円がほとんどなので)、500円と千円については怪我や体調を崩した場合にバスやタクシーに乗るときに使う物って感じです。あとトレーニング途中に奥武島の近くを通る際にもこの500円は使いますね(笑)。

でも最近は携帯を持ったままトレーニングしているときは、給水などのコンビニ入る際におさいふケータイ(Edy)を使っていますけどね。Edyですので汎用性は高いですからね。

しかしこの「とかしきチェック」についてはもちろん渡嘉敷島のみ。マラソン大会でもその後もどれほどニーズがあるか微妙な所ですね。Edyにした方が汎用性があるので、島で使う人も少しは多いと思いますけどね。
しかもマラソン大会の時にチャージした電子マネーは半年しか使えないらしいです。半年以内にまた渡嘉敷島に来るのなら良いですが、そんなに高い頻度で来る人は多くないと思いますし、それ以前に期限がある電子マネーって・・・。これじゃせっかく導入しても多くのランナーは使わないような気がします。

税金の無駄遣いにならなきゃ良いけど・・・^^;

地域限定電子マネー「とかしきチェック」のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/02/07-20:00 | Comment(9) | 沖縄離島情報

2008年01月29日

2008年10月〜粟国島空路運休(予)

運休と言っても、廃止を意味する運休ではないのでご安心ください。

粟国島〜那覇を結ぶ飛行機便が使用機材の変更に対応するために滑走路を改修するために運休するらしいです。というのも今までの粟国空路は9人乗りの小さな飛行機で席数に限りがありますのでちょっと不便だったのですが、その改修工事後は39人乗りの機材に変更されるので、より乗りやすい飛行機になるかと思います。

もちろんフェリーは今まで通りありますが、いかんせん粟国航路は長いですからね。しかも揺れるし^^;
時間のロスおよび乗り継ぎを考えると飛行機の利用が望ましい場合もありますからね。

でも2008年10月以降、いつに粟国島空路が再開するかは明確に示されていないのが気になります。しかもこの運休のホントの理由は、粟国空路の機長さんが退職する予定で、それに伴う人員が居ないと言うことらしいですからね。拡張だけなら今まで使っていた小さい機材での運行は不可能じゃないのですが、いかんせん機長が居ないとなると運休もやむなしって感じなのでしょうか?

ですので滑走路拡張だけでなく、この空路を運行してくれる人材の確保も必要なんです。

どのくらいの期間、運休になるかちょっと心配ですが、それまでは毎日1往復運行しているフェリーで対応するしかないですね。10月以降は台風シーズンも終わって、粟国島あたりでも良い時期なんですけどね〜。ちょっと残念です。1日でも早い再開を期待しています(っていうかまだ運休していませんが^^;)。

RAC粟国島空路運休のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2008/01/29-11:18 | Comment(4) | 沖縄離島情報

2007年12月29日

波照間島への空路、復活!

昨日の話ですが、以前から懸念されていた12月以降の波照間島への空路。昨日の28日に無事に復活しましたね。エアードルフィンが週4回の1日2往復程度、不定期8人乗り合い便として復活させました。2007年11月いっぱいでJAL系のRAC便が廃止されてしまいましたが、停止期間が4週間で復活したので、これで島の人も一安心でしょう。

これからの冬シーズン。ただでさえ海が荒れる沖縄海域なのでこの空路復活は喜ばしい限りですね。以前と同様に八重山の島々の上空を遊覧飛行しながら飛んで欲しいと願うばかりです。

ってことで、このエアードルフィンの波照間便をこれからもずっと存続させるために、船が苦手な皆さん。飛行機で波照間島まで行きましょう(笑)。島の人もさることながら、観光客も継続的に利用すればまた「廃止」という問題に直面することもないかと思いますので、よろしくお願いします^^ゞ

波照間島への空路がエアードルフィンで復活!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/12/29-10:48 | Comment(4) | 沖縄離島情報

2007年12月17日

古宇利島リゾートホテル。瀬底島化か?

古宇利島北側に計画されているリゾートホテルの話は以前も書きましたが、今朝の新聞で正式に古宇利島の住民から「ホテル建設反対」の決議が出たらしいです。その理由はもちろん「島の環境を壊したくない」ということらしいです。

当然ですよね。

リゾートホテルができても島の人にはメリットはあまり無さそうだし、しかも488室という無茶苦茶な大規模ホテルなんて必要なのかも疑問ですし(ブセナテラスより大規模)。

まぁこのホテル計画はどのみち官民癒着がある可能性が高いので、止めるに止められないかと思いますが・・・。瀬底島の二の舞になりそうな気がしますね。また離島で火種が1つできたって感じです。

もともとこのホテル計画は、完璧に「ワルミ大橋」に合わせた日程なので(ともに2010年開業)、官民の癒着はの可能性が非常に高いでしょうね。ワルミ大橋もこのホテル計画があるから建設にこぎ着けたものじゃないのでしょうか?古宇利島(屋我地島)に橋が2本もいるのか未だに疑問ですし。

どっちにつけ、土建依存体質の沖縄なので、島の人がいくら反対しても役所や土建屋やそして政治家は推進したいんでしょうけどね。でも箱ものや道ばかり造って、それに伴うソフトの整備は一切しない(考えない)土建依存体質。このままじゃ失業率ナンバーワンから抜け出せないと思います。土建で落ちるお金は一過性のもので、根本的な失業率の改善には繋がりませんからね。むしろその施設や道路を管理するためにかかる経費で赤字が積み重なるだけ。そろそろ沖縄も目先のお金のみの土建行政から抜け出して、サスティナブルな(持続可能な)ソフトを考慮した発想に転換しないと経済の悪化はさらに続きそうですね。

まずは「沖縄県立博物館・美術館」ですね。完全な箱もの行政の象徴。果たして1年間で生まれる赤字はいくらになるんでしょう。その赤字を埋めるのは沖縄に住んでいる人たちの税金。その沖縄は失業率が高いばかりでなく収入面でも本土の格差が大きい現実。悪循環としか言いようが無いですね。

離島のホテル計画1つ見ても、沖縄の未来に「明るさ」を感じられないのは私だけでしょうか?

古宇利島のリゾートホテル計画のニュース

(政治的な話も絡むのでコメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/12/17-10:11 | 沖縄離島情報

2007年12月15日

日本最南端のマクドナルド

2007年12月14日。石垣島のサンエーにマクドナルドがオープンしましたね。22年ぶりに日本最南端を更新したらしいです^^;まぁこれ以上南は波照間島や黒島などの離島になっちゃうので、ここがマクドナルドの日本最南端になるんでしょうね。

・・・でもがんばってサザンゲートブリッジ近くにお店を開けば最南端更新になるかも(笑)。ちなみに離島桟橋周辺にお店を開いても、微妙に空港近くのサンエーより北の緯度になるので、最南端の更新はないでしょうね。どちらにしても微妙ですが^^;

ちなみに面白かったのが、このマクドナルドがオープンする前日に、石垣島で前夜祭が行われたらしいです(笑)。石垣市民会館の中ホールで(笑)。入場無料らしく、島出身のアーティストなどがライブを行ったらしいです。マクドナルドがオープンするだけなのに、無料ライブも行われる前夜祭をやるとはね・・・^^;

もし吉野家が石垣島にオープンすることになったら前夜祭をやるのかな〜?(笑)

ちなみに現在の石垣島には、KFC、モス、ミスドはあります。ロッテリア、ウェンディーズは本島にはありますが石垣島にはまだ無いみたいです(ウェンディーズは最近できたコザミュージックタウンにあるらしいです)。ファーストキッチンに至っては沖縄本島にも無いです。

個人的にはクリスピークリームドーナツが沖縄にできて欲しいな〜(無理だけど)。でもホントに一番沖縄に欲しいのは、洋服の「GAP」なんですけどね。東京に帰る目的の1つがこのGAPで服を買うことになっていますからね。
でもこのクリスピークリームドーナツもGAPももともとはアメリカ発祥だったと思うんですけどね〜。米軍関係者が多い沖縄なら馴染みやすいと思うのですが・・・^^;


完全に個人的な希望です^^;


日本最南端のマクドナルドのニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/12/15-15:46 | Comment(3) | 沖縄離島情報

2007年12月12日

ホエールウォッチングの季節

昨日、慶良間海域でザトウクジラが確認されたらしいです。渡嘉敷島の北東あたりで今シーズン初となるザトウクジラを2頭確認したらしいです。私もホエールウォッチングツアーで見たこともありますし、慶良間へのフェリーからも見たことがあります。昨日もフェリーざまみからも先の2頭に他に3頭も目撃されたらしいので、いよいよ今年もホエールウォッチングのシーズンがやってきたんだな〜って実感しました。

ちなみに今年のこの初観測は、去年より1週間ぐらい早いものだったようで、今年も沖縄の冬はこのホエールウオッチングで盛り上がりそうです。

やっぱり沖縄の冬のお楽しみはこのホエールウォッチングですよね。シーズンは1月〜2月なんですが、12月末でもこうして見れることもありますし、3月でもどうにか見ることも出来ると思います。まぁ個人で見に行くのはなかなか難しいので(フェリーから見れるか否かは「運」なので)、見に行くとしたらツアー頼りになると思いますけどね。

ツアーは那覇発のものや(HISは三重城港・シーサーなどのショップ系は那覇新港北岸)、中には恩納村発のものもあります。あと座間味島にホエールウォッチング協会がありますので、座間味島発のものもいろいろあるかもしれませんね。あと渡嘉敷島発のものもありますので、冬の沖縄ではやっぱり慶良間の離島が注目ですね。

ツアー開催時期などの詳細は各種ショップや協会に問い合わせしてみてください。

ホエールウォッチングのニュース
座間味村ホエールウォッチング協会
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/12/12-10:02 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2007年12月01日

瀬長島温泉2009年11月開業

瀬長島ホテル計画は以前書きましたが、その際も温泉の話しもでていて、その開業予定日が発表されました。約2年後の2009年11月に瀬長島温泉がオープンするらしいです。おそらく同時計画されているホテルも合わせての日程だと思います。

沖縄在住なので瀬長島ホテルに宿泊する機会は多分無いと思いますが、この瀬長島温泉には是非行ってみたいですね。

もともと沖縄にも温泉施設はあるにはあるものの、ホテルの中だったりロケーションがイマイチだったりしますので、今回の瀬長島温泉は利便性も景観もなかなか期待できると思いますので、楽しみにしたいと思います。でもやっぱり景色だったら湯処さしきの(通称・展望風呂)が最高ですけどね。でもあそこは温泉ではないけど^^;

離島の温泉と言えば宮古島の「宮古島温泉」や西表島の「西表島温泉」ですよね。どちらも最近できたものですので、それに続く離島の温泉施設として瀬長島温泉も期待したいものです(でも宮古も西表も温泉は良いのですが、施設がちょとイマイチ)。

果たして瀬長島温泉はどんな感じになるんでしょうね。湯処さしきのを越えるものになることを願いたいです(景色は勝てないと思うけど)。

瀬長島温泉&瀬長島ホテル計画のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/12/01-11:28 | Comment(0) | 沖縄離島情報

下地島「サシバリンクス伊良部」買収

宮古列島にある下地島。飛行練習場の沖の海がきれいなことで有名な島ですが、その島のあるゴルフ場が本土の大手不動産会社に買収されました(実際は落札)。実際はその大手不動産会社の子会社が買収したのですが、実質子会社も親会社もそんなに差はないと思いますので。

買収されたゴルフ場は下地島の「サシバリンクス伊良部」。買収した企業は「宮古島砂山リゾート」。その親会社はマンションデベロッパーで沖縄でも幅広い開発を手がけている「ゼファー」。

買収は2007年11月に発表されたのですが、早ければ2008年3月にも宮古島市と正式に契約するらしいです。先のトゥリバー地区の売却といい、宮古島市は財政の立て直しに躍起になっていますね。トゥリバー地区はまぁほったらかし状態だったので、今後は今よりマシになると思いますが、気になるのは下地島。もともとゴルフ場と飛行訓練場および関連施設しかなかった下地島なので、離島振興という意味では良い結果をもたらす可能性もありますが、いかんせん利益優先思考が強い本土のデベロッパー。景観や調和などはあまり考えない開発が多いので、その点が気になります。

まぁ瀬底島のTデザインシステムの開発よりはマシだと思いますけどね。

ここ最近、離島関連の開発話が多いですね。古き良き離島の雰囲気が今後どうなるかちょっと心配になりますね。瀬長島(ホワイトベアファミリー)、瀬底島(Tデザインシステム)、下地島(ゼファー)、与那国島(アイランドリゾート)、宮古島(Uマット)、石垣島(開発計画が多すぎ)などなど。他にもまだいろいろありますが、「昔は良かった」といわれないような開発に心がけて欲しいものです。いち建築家として。

サシバリンクス伊良部買収のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/12/01-11:27 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2007年11月26日

感動した民宿のクチコミ

離島の宿のクチコミ情報って宿の関係者によるサクラ的クチコミや、逆に競合他社からの嫌がらせ的なクチコミなど様々ありますが、ホムペではできるだけそういうものは排除するように努力しています。でもNGクチコミが投稿されたときも、その批判的なクチコミが投稿されると言うことは、投稿した人が誰であれその原因が宿側には少なからずあり、そのクチコミをもみ消そうとするよりもその投稿を真摯に受け止めて、それを打ち消すようないいクチコミを投稿してもらえるように努力していただきたいと常々思います。


クチコミ管理にはいろいろ苦労しています^^;


そんな中、久しぶりに感動的なクチコミが投稿されました。

久高島の民宿「にしめ」のクチコミ

じーんとしました(;o;)。

特に「来てくれてありがとう」という言葉は心に響きました。こういう一言を言える人こそ、本当にいい人なんでしょうね。とかく宿を経営している人の中には「泊めてやっている(横柄な態度)」とか「俺の話を聞け(自慢話ばかり)」のような自己中心的な人が多く見受けられますが、お客に対して「ありがとう」と言える人はなかなかいないと思います。

この「ありがとう」の一言だけで、この宿に泊まりたい!って思えますね。沖縄の離島の中でもマイナーで、しかも日帰り出来る離島「久高島」ですが、こういう話を聞くとこのおばぁに逢うためだけに泊まりに行きたくなっちゃいますね。沖縄に住んでいても。

宿泊客もそして宿のオーナーもお互いに「ありがとう」と言える宿こそ、理想的な宿なのではないでしょうか?簡単なことだけど実際にはなかなか言い合えないこの「ありがとう」の言葉。久しぶりに島のおばぁの温かさを実感したクチコミ情報でした。


投稿してくださった「おかまいんこ」さんにはホントに「ありがとう」と言いたいです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/11/26-05:40 | Comment(5) | 沖縄離島情報

2007年11月20日

瀬長島に温泉&ホテル?

まさに表題の通りらしいです。那覇空港のすぐ南にある瀬長島。確かに現在はスポーツ施設と地域物産施設があるだけで、実際にはほとんど施設がない島でしたからね。そんな瀬長島に温泉?(温浴?)施設とホテルを計画するらしいです。土地を所有する豊見城市がその事業内容を発表したらしいです。

まぁ瀬長島の場合は現在民家はないですし(戦前までは集落がありましたが)、特に計画の実現性に関しては問題はないと思いますが、気になるのは上空を飛び交う飛行機の騒音かな?特に冬シーズンの北風の時は、まさにこの瀬長島側から飛行機が降りてくるので、ホテルを計画するとしてはその騒音が心配ですね。あと自衛隊機などのジェット機の騒音もかなりのものなので、建設に際して客室の騒音対策がかなり必要になると思います。

あと温浴施設ですが、これはいいかもしれませんね。沖縄本島で泳いだ後にひと風呂浴びてから帰るってことができそうですからね。那覇市街にも多少温浴施設はありますが、利便性がイマイチでしたからね。ここからなら那覇空港までもすぐ近くなので、送迎バスを運行させればかなりのニーズはあるかと思います。

全体計画としてはホテルを2棟と温浴施設を計画するみたいです。ホテルについてはオーシャンビューホテルとありますが、確かに海が見える場所なのでオーシャンビューかもしれませんが、目の前の海は泳げる感じではあまりありませんので、リゾートライクというよりも多少ビジネスライクになるかもしれませんね(騒音のこともありますし)。

・・・でも瀬長島のみならず島周辺にはお店が皆無なのが気になるところ^^;まぁレンタカーやタクシーでの移動を考えれば問題ないんですけどね。あしびな〜までもタクシーですぐですし、豊見城のマックスバリュや国道331号線バイパス沿いのお店までも遠くないですからね。

ちなみにこのホテル&温泉計画が持ち上がるまでは、この場所で競輪などの公営ギャンブル施設を検討していたらしいですが、昨今の地方公共ギャンブル施設の不振などにより観光施設への転換を図ったらしいです。


とりあえずまだ構想段階なのでいつ完成&オープンするか、また本当に実現するかわかりませんが、瀬長島も徐々に変わっていきそうな感じがしますね。

瀬長島のホテル&温泉計画のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/11/20-11:19 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2007年11月16日

マックスバリュ平真店(石垣島)

石垣島にマックスバリュがまたオープンしますね。石垣島だけで4店舗目。ちょっと多すぎでは?って思うところもありますけどね^^;(宮古は2店舗しかないので)。

730交差点からは1.5kmありますので早歩きで徒歩15分、普通に歩くと徒歩20分かかっちゃいますけどね。実際同じ登野城にある石垣店(ミスドが併設されている店舗)までも730交差点からだと同じぐらいかかりますが^^;なので今回の平真店と今まであった石垣店はかなり近いのでは?って思います。まぁ石垣店はかなり北にありますので、今回の平間店は南寄りなのでエリアとしてはかぶらないのかもしれませんけどね。

ちょっと情報が定かじゃないですが、琉球ジャスコの資料からだと今回のマックスバリュ平真店は現在のタウンプラザかねひでがある場所になっているので、そのままここに入るのかもしれませんね。それなら客層としても今まであったスーパーのものを受け継ぐのでそんなに問題は無いのかもしれません。

・・・でもできればもう少し730交差点や離島桟橋に近い場所に欲しかった気もしますが^^;

沖縄の場合、マックスバリュの多くは24時間営業なので、実際はコンビニ感覚で使えるんですけどね。ちょっと規模の大きいコンビニと考えれば今回の出店もまぁ良いかな?って思います。なにせ本島でも場所によってはコンビニ行くよりもスーパー行った方が近かったりしますからね。多分沖縄は本土よりもスーパーの数だけ言えば多いんじゃないかな?って思うエリアもありますので。

ちなみに私はメインが「サンエー」で、対抗で「ジャスコ(マックスバリュ)」。大穴で「かねひで」です^^;「ジャスコ」と「サンエー」はほぼ同じくらい行きますね。「かねひで」は火水木の88円・99円市にたまに行く程度であまり行かないです。「ユニオン」は住んでいる場所の近くに無いので滅多に行きませんが、たまに仕事場から立ち寄る感じかな?あと「りうぼう」は店舗が那覇中心街に偏っているのでほとんど行かないです。逆に「Aコープ」はあまりに郊外すぎてあまり行かないです。

とりあえずサンエーとジャスコがあれば個人的には事足りるかな〜?なので慣れ親しんでいるジャスコ(マックスバリュ)ができるのは嬉しいところです。

ちなみにマックスバリュ平間店のオープンはまだ未定です。現在スタッフ求人中って感じです。

琉球ジャスコの発表したマックスバリュ平真店の場所
マックスバリュ平真店の求人情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/11/16-13:31 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2007年10月31日

与那国島情報(2007年10月末)

与那国島でした^^;まぁ半ば隠すつもりはなかったですけどね^^;でも今回は台風シーズンの前と後の2度訪れたのですが、その変わりようにはかなり驚かされました。特にお店や宿がめまぐるしい変化があって、文章にまとめるのが難しいぐらいでした。なので以下に箇条書きでまとめましたので、今後与那国島旅行を計画されている方は参考にしてみてください。

ちなみに以下に書いていない情報はそんなに変化がなかったので書いていないものもあります。あと未確認なものも書いていないので、もし追記事項があればコメントにて書いて頂けると嬉しいです。


【東牧場の風力発電】・・・東崎
2基のうち1基の羽根が破損。3枚の内1枚はもぎ取られ、1枚はへし折られ、最後の1枚だけ無事。しかし現在2基とも稼働していないようでした。
- 写真

【あぐの木ランド】・・・比川
台風の影響で被害があり、おそらく現在は閉店中。

【比川のおじぃーの家】・・・比川
台風の影響で比川の宿は閉じたが、祖内の波多橋の近くに再オープンしている。
- 写真(比川) - 写真(祖内)

【どんぐりと山猫】・・・祖内
閉店。ただし「女酋長」をやっていた方がこの店舗を活用して別のお店を再オープン予定。コトー出演者の写真などは全て剥がされていました。

【女酋長】・・・祖内
今まで女酋長をやっていた人が「どんぐりと山猫」へ移り、女酋長の店名はそのままで別の方の経営で10月29日に再オープン。11月4日までボトル1本頼むともう1本付いてくるサービス中。
- 写真

【国境】・・・祖内
10月いっぱいは臨時休業。11月より通常営業。

【焼肉コモ】・・・祖内
10月12日からランチ開始。11時半〜14時までで日曜定休。ランチ定食は1000円。ユッケジャンうどん定食、ナットジャンうどん定食、ピビンパッ定食があり。

【パネス】・・・祖内
「赤ちゃんのおしり」などの菓子パンは10時半に焼き上がり。従来の丸いカスタード版の他に、やや楕円形のイチゴヨーグルトクリーム版もあって、両方とももちもちのパン生地と甘いクリームが絶妙。
- 写真(カスタード) - 写真(イチゴヨーグルトクリーム)

【どなん地球遊人】・・・祖内
廃業。現在は普通の民家。

【素泊まりペンション磯】・・・祖内
「磯ラーメン」が宿も開設。料金などの詳しい情報は不明ですが宿の看板が店先に掲げられていた(0980-87-2711)。
- 写真

【アイランドリゾート】・・・祖内
与那国空港から祖内へ向かう途中のGSの前、比川へと抜ける道の交差点にて工事中。工事方法はプレファブみたいな部屋毎のユニットを積み木のように積み重ねている工法。内装、設備、仕上げなどを全て本土の工場で作って与那国まで船で持ってきて、与那国ではそれを積み上げる工事方法。なので久部良から工事現場までこの大きな固まりがトラックで運ばれる姿をよく見かけ、内装などを道路からも見ることが出来た。部屋は正直広くはなく、空調もルームエアコン。部屋を見る限りはどう見てもビジネスホテルレベルでリゾートというイメージはほとんど無い。
- 写真

【ホワイトハウス】・・・祖内
あくまで噂の段階ですが、アイランドリゾートが完成したら宿としては閉じて、寮として再利用されるらしい。

【ユキさんち】・・・久部良
10月いっぱいは臨時休業。昼の営業は11月2日より再開。夜の営業は12月中旬までお休み。
- 写真

【彦】・・・久部良
閉店。

【久部良荘】・・・久部良
廃業。現在は普通の民家。

【はいどなん】・・・久部良
10月末の時点で庭の部分にコンクリート造の増築工事を施工中。宿自体は営業しているが庭が無い状態かも?
- 写真
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/10/31-13:40 | Comment(5) | 沖縄離島情報

2007年10月16日

アトールエメラルドがルートイン?

ネットではまだ掲載されていないので詳細を表示しているページが無いのですが、今日の沖縄ローカル新聞「沖縄タイムス」「琉球新報」にも大きく掲載されていました。

宮古島のアトールエメラルドがルートイン?

っというのも、アトールエメラルドを運営している「漲水リゾート開発」が家賃を滞納しているのは前からあった話なのですが、この施設の所有者でもある宮古島マリンターミナルは売却も視野に入れて、現在ルートインとの交渉を行っているらしいのです。

まぁこの漲水リゾート開発はオープン2年目(多分1996年オープンなので1997年か1998年から)から家賃を滞納しているらしく、去年の3月時点で3億円強にふくれあがっているらしいです。これだけ滞納すれば普通は「即立ち退き」なんでしょうが、いかんせん施設が施設だけにここまで引きずっているようです。ちなみに滞納分の家賃は当初設定されたバブル期の家賃を不服として、漲水リゾート開発側が勝手に解釈した金額のみを払っていてこういう滞納になったのだと思います。

でも現在はルートインとの交渉がうまくいっているようなので、あとはこの滞納している張本人の「漲水リゾート開発」次第と言うところです。でもすぐには立ち退く気はないらしく、去年は民事調停も不発に終わったようです。

なので那覇のかりゆしアーバンは三井不動産に売却されるものの運営は変わらないので特に変化はないと思われますが、宮古島のアトールエメラルドについては運営会社がルートインになれば「ルートイン宮古島リゾート?」って感じになるのでしょうか^^;

どのみち滞納している現在の運営会社が悪いことは明白なので、今さら滞納分を全額支払えるだけの財力は無いと思いますので、ルートインと宮古島マリンターミナルとの間の交渉が決裂しない限りは、「アトールエメラルド」の名前は存続しないかな?って感じです。

とりあえず旅行者としてはよりよいサービスになってもらえれば良いことなんでしょうけどね。地元に関しても雇用が確保されれば運営会社が変わっても特に影響がないと思われますので、双方が話し合い適正賃料を設定して不足分を支払うか、それとも立ち退きしてルートインに売却ないし運営委託になるの3択かと思います。

どちらにつけ、アトールエメラルドの今後は注目かもしれません。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/10/16-12:21 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2007年10月02日

フサキリゾートヴィレッジ買収

石垣島の西海岸にあるリゾートホテル「フサキリゾートヴィレッジ」が買収されたそうです。またしても外資系です。まぁあのホテルはちょっと中途半端な感があるので、この買収はわからないでもないですが^^;

買収した外資系は同じ石垣島にある軽井沢倶楽部も傘下におさめているので、相互で何かできれば良いんですけどね。まぁ立地的に西の端(フサキ)と東の端(軽井沢倶楽部)になっちゃうのでなかなか難しいとは思いますが。

ちなみに買収後も「フサキリゾートヴィレッジ」の名称は変わらず、土地と建物の所有者と運営者が変わるだけらしいですので、従業員もそのままらしいです。


それはさておき、沖縄本島も含めて離島でもホテルは外資系によく買収されますね。それだけ将来的な可能性があると言うこともさることながら、現在の運営が上手くいっていない証拠なんでしょうね(出なきゃ売らないはず)。

買収されてもホテル名が変わらないのでなかなか分かりにくいですが、現在沖縄の中堅ホテルは外資系に買収、あるいは外資系の資本が入っているものが多いですね。

買収を期に施設の充実だけじゃなく、従業員の教育ももっとしっかりして、世界に誇れるホテルサービスを目指して欲しいものです。ある意味期待していますので。


といっても外資系ホテルにはまず泊まることは無いんですけどね^^;


フサキリゾートヴィレッジ買収のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/10/02-10:08 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2007年08月29日

昨日の阿嘉島・阿嘉ビーチ

2007年8月28日の阿嘉島の阿嘉ビーチ
昨日の写真です。デジカメ故障でニシ浜の海の中をチェックできなかったのは残念でしたが、阿嘉ビーチのクマノミたちは元気いっぱいで楽しかったです。昨日も書きましたが、阿嘉ビーチを泳ぐだけでも満足できるぐらいでしたよ。珊瑚礁もさることながら、これらのクマノミの数がとっても阿嘉ビーチに多くて、種類もハマクマノミを筆頭に、クマノミ、ハナビラクマノミなど何種類も見ることが出来ました。ある意味クマノミを見たいならニシ浜へ行くより阿嘉ビーチの方が断然見つけやすいと思います。ニシ浜のクマノミは正直激減していますので・・・。

ちなみに昨日仕事を休みにした反動で、今日はめっちゃ忙しくなる予定。まぁ写真のように楽しんでリフレッシュできたので

それはさておき今朝の沖縄。穏やかな良い感じの天気です。でもなんか本土はまた梅雨に逆戻りのような天気みたいですね。まぁこの時期だともう秋雨前線って感じなんでしょうか?東京出張の時の天気が気になります。まぁ東京だと地下鉄やJRなどの交通網が発達しているのに加えて、地下街とかを上手に使えばほとんど雨に濡れることなく移動できそうですからね。なので東京での雨はそんなに気にしていないのですが、問題は沖縄。自宅から那覇空港まではどうしてもバイク移動になるんですが、雨だとシャレにならないので^^;車で行くと異常に高い駐車場代を払わないといけないので、できればバイクで行きたひ・・・(バイクなら仕事場に停めておけるので)。

東京出張まであと少し。天気はそんなに期待していませんが、美味しい食べ物には期待しています(笑)。でもミスドのリッチドーナツを期待していたのに、沖縄でも9月17日から一般発売されるニュースを聞いてちょっとショックでした(涙)。でも先行して東京で食べてやる〜^^v。あとドーナツプラントは用事があって白金周辺に行くので食べに行ってみようと思っています。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/08/29-08:07 | Comment(6) | 沖縄離島情報

2007年08月27日

下地島の中の島問題。詳細情報です。

宮古島市に電話しました^^v「事実」を書きます。

・宮古島市には監視員を配置している正式なビーチは無い。
・その人に対して市は一切関知していないし、そのビーチに人を配置すること自体あり得ない。
・先週木曜日(8/23)に市からその人に対して警告を発し、月曜日(8/27)にその人から市に対して連絡があって今後は一切中の島でそのようなことはしないとのこと(「中の島では」ってのがミソ^^;)。
・このレンタルは事故のあとに突然出てきてもので、市としても事故を利用して商売していると市も判断している。
・子供を救ったという事実はないし聞いたこともない。
・事故に遭われた方を引き上げたという話は本人からあったもののそれも事実か疑わしい。
・もし今後も同じようなこと(レンタル)を他のビーチでやっていたらすぐに警察に電話をする方が良いとのこと。
・今回のことは完全に「脅迫」にあたるものなので、そのような事態になったら警察に電話するのが望ましい。

管理人は分からないことがあったらすぐに役所に電話しちゃいます^^;瀬底島のときも本部町にかなり根掘り葉掘り聞いちゃいましたし^^;


そう言うわけで、とりあえず中の島は元に戻ったみたいです。これから行かれる方はご安心ください。

そしてもし同じような神戸ナンバーの車を停めて営業行為をしているのを発見したらすぐに警察に「中の島で脅迫まがいのことをしていた業者がこのビーチにもいます!」的なことを伝えた方が良いかと思います。でも警察に電話するのってなかなか度胸が要りますので、もしそれができなさそうならとにかく「無視」につきます。できれば一言「ビーチや道路での営業は違法営業」と言ってあげてください(笑)。


(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/08/27-17:27 | 沖縄離島情報

2007年08月26日

中の島(カヤッファ)の業者に注意!

離島ドットコムの掲示板でも最近ちょっと問題になっていますが、宮古エリアの伊良部島・下地島のシュノーケリングポイントとしても有名な中の島(カヤッファビーチ)は注意が必要です。

もちろん海の危険性はさることながら、最近ここに詐欺まがいの業者が出没しているようなのでその「人」に対して注意して欲しいと思います。中の島で半強制的にマリングッズをレンタルしている神戸ナンバーの車で宮古島から来ている業者です。


まず海は公共の場所。ビーチも公共の場所。道路も公共の場所なので、基本的にその公共の場所での営業行為は基本的に違法営業ですので、その業者自体にも問題はありますが、深刻なのはその営業方法。


その業者は「この中の島はうちでマリングッズを借りないと泳げない」などと言うらしいですが、そんな海は沖縄のみならず日本中どこを探しても無いかと思います。そんな訳の分からない「民」からものを借りないと泳げない公共の海などあり得ません。

あとある程度泳ぐと「海からあがれ!」的なことも言うらしいですが、それも公共の海ですので自己責任で泳ぐわけで、そんなことを言われる筋合いはないかと思います。


ちなみにその業者は自分はライフセーバーで市や警察から依頼されていやっていると言うらしいですが、個人に対して公共の市や警察が依頼することなどあるわけもなく、依頼があれば団体などに対してとなると思いますので、この話も推測の域は越えませんがかなりうさんくさい話かと思います。

要は市役所や警察の名前を借りて営業行為に及んでいるだけの可能性があると思います。しかもライフセーバーは資格が必要かと思いますので、その資格を所持しているかを明確にしないで口先だけでそのようなことを言うのはさらに信用できないかと思います。しかもライフセーバーはチームで取り組むと思いますので、個人でふらってビーチに行ってするものではないと思いますし。


ですのでこれから宮古島、そしてその先の伊良部島や下地島へ行ってこの中の島で泳がれる予定の方は十二分に注意してください。この業者を使わないことはさることながら、関わることさえ避けた方が良いかと思います。

もししつこいようなら、「海は公共の場所」とか「ビーチでの営業行為は違法」とか「ライフセーバーなら資格証を見せてください」とか「役所や警察からの依頼なら担当者の名前を聞かせてください」とか言えば引き下がるかと思いますよ。

あとこれから中の島方面へ行かれる方がいらっしゃいましたら、出来ればその業者の写真や様子を撮影して頂いて、さらにその神戸ナンバーの車のナンバーを控えてもらえると助かります。


この詐欺まがいというか、半ば押し売りは法的にも抵触するおそれがありますので、公共の場所での違法営業(不法占拠)のみならず、この押し売りも含めると警察に相談した方がいいくらいの内容だと思います。

ですのでこれから宮古島および伊良部島や下地島へ行って中の島で泳がれる予定の方は十分注意してもらって、とにかく押し切られないようにがんばってください。あととにかく無視することが何よりです。そしてもし脅迫されそうになったらすぐに携帯で警察に連絡することです。その際はやっぱり車のナンバーが個人を特定するうえでは重要ですのでチェックして頂きたい次第です。


ちなみにこの業者は去年まで同じ宮古島エリアの来間島の長間浜を占拠していた業者と同じらしく、懲りずに今回は下地島の中の島に出没しているとの話です。ですが去年以上に今年は「脅迫」まがいの行為を繰り返して、苦情もかなり出ていますので、これから訪れる方は十二分に注意して頂きたいと思います。

悲しいですが、こういう輩は沖縄では少なくないので、注意してください。


最後にビーチや海は公共の場所であるということをお忘れ無く。公式に認められたビーチ以外では自己責任で過ごすのが基本です(公式に認められたビーチにはライフセーバーが複数常駐して、監視台が設置されています)。
なので監視台もないこの中の島でこの業者にとやかく言われる筋合いは無いと言うこと。自分の身は自分で守るようにしてください。


ナンバーの報告や写真送付方法についてはこちらから
・ナンバーについてはこの問い合わせに書いて送信してください。
・写真については送付したい旨をこの問い合わせに書いて送信してください。その問い合わせに返信する形で送付方法をお教えいたしますので。


(コメント不可)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/08/26-06:12 | 沖縄離島情報

2007年08月23日

アイランドリゾート与那国

与那国島にリゾートホテルが現実化しているらしいです。今日の新聞に大きく載っていました。もともとダンヌ浜のあたりに台湾のリゾート開発が来るとかの話はありましたが、そことは全く別の場所での別の計画らしいです。

アイランドリゾート与那国

という名前らしいです。資本は琉球日産。場所は潮原地区ってことですが、正確な場所は不明です。でも先日与那国島に行ったときに敷地を均す工事している場所があったので多分そこかな〜?あと料金は2万〜3万円(1室2名なので1人あたり1万円台)ということなのでまずまず良い設定かと思います。地上5階建ての予定なのでもしかしたら与那国島で一番高い建物になるかも?

ホテルのコンセプト自体は「循環型エコホテル」。個人的には好きなコンセプトですね〜(建築家時代の研究課題がサスティナブル建築、つまり持続可能な建築物、まぁ循環型に近いものでしたので)。まぁ実際にそのコンセプト通りになるか否かは分かりませんが、少なくとも西表島の某ホテルよりはマシかとは思います。

地鎮祭が2007年7月に行われて(7月初旬に与那国に行ったので多分場所はやっぱりあそこ?)正式着工。2008年2月にホテル棟が先行オープンして、2008年4月に全面オープンになるらしいです。

今回のホテルはホテル内で完結するいわゆるリゾートホテルではなく、与那国島の各所を楽しむためのものなので、島にも観光客にも良い効果をもたらしそうな気がしますけどね。まぁオープンしてみないと分かりませんが・・・。でも今まで与那国島にはホテル的な宿があまり無かったので、今回のこのクラスのホテルのニーズはとてもあると思います。
あとホテルの責任者の「不便さを魅力と感じて欲しい」ってのが良いですね。離島は確かに不便ですが、その不便さを魅力に感じる人が多いと思いますので、このスタンスは曲げないでいて欲しいですね。

・・・瀬底島のホテルも、石垣島の米原などのリゾート開発も、もう少しこんな感じで謙虚なものを考えて欲しかったです。

とりあえず泊まりに行かなくても、オープン前後に与那国島に行かなきゃ(笑)。

アイランドリゾート与那国のニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/08/23-11:47 | Comment(6) | 沖縄離島情報

2007年08月05日

中の島ビーチの業者には要注意

宮古列島の伊良部島とつながっている下地島にあるシュノーケリングスポット「中の島(通称カヤッファビーチ)」に怪しい業者が出現中!目撃情報からよると、去年来間島の長間浜で違法営業していた業者が今度は下地島の中ノ島に出現してるらしいです。

ビーチ内での営業は明らかな違法営業ですので、これから宮古島、そして下地島まで足を伸ばされる方はこの業者は絶対に利用しないでください。

目印はやたら声の大きい色黒・丸刈りのオッサンです。移動式のバス(お店)も持ち込んで毎日宮古島から下地島(伊良部島)へ渡ってきているとの話ですので、そんなオッサンのいる業者を見かけたら話しかけられても無視してください。

ちなみに往復の船で一緒になっても船内で営業行為を行うらしいので、これもまたNGだと思いますので。


ですので中の島ビーチへ行かれる方は、宮古島でシュノーケルやパラソルなどのセットを持ってくる、もしくは渡口の浜や集落で借りてから中の島ビーチへ移動することがおすすめです。そして食事や軽食などもこの違法業者は使わないで、渡口の浜のお店や渡口の浜食堂、伊良部集落内の食堂などを活用しましょう。

基本的に移動可能なものによる営業の多くは「違法」ですので、まさにこのオッサンはその典型的な例。しかも去年の長間浜と同じオッサンらしいので、来間島を追い出されて今度は下地島へ営業しにきているみたいです。ホント懲りないオッサンです。


こういう違法営業している輩を排除するのは行政に頼んでも動きが遅いので多分無理だと思いますので、あとは私たちユーザーがきちんと認識して、そういう業者は使わないこと。それにつきると思います。

今回まだ楽なのは宮古島から伊良部島へ毎回車を持ち込んで来ているみたいなので、輸送費がかかっているみたいなので、その輸送費を上回らない稼ぎなら必然的に居なくなると思いますので、これから宮古島や伊良部島・下地島へ行かれる方はご協力お願いいたします。

中の島(カヤッファビーチ)の怪しい業者口コミ情報
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/08/05-16:47 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2007年06月25日

瀬底島の現状

070624_0744~01.JPG070624_0745~01.JPG先日の日曜日、ブログの写真でもお分かりになった方もいらっしゃると思いますが、瀬底島を見に行ってきました。とりあえず混み合う?前の朝一に行ってきました。瀬底島に到着したのは午前8時前だったかな?きになるそのビーチの現状はというと、写真の通り本部町がこんな看板を立てていました。

「駐停車禁止・本部町長」

本部町に問い合わせしたところ、確かに道路管理をしている部署の方がこの看板を立てたとのこと。でもご察しの通り緊急車両が転回できないため、そしてもともと駐停車禁止という。でも駐停車禁止の標識ってありましたっけ?しかも転回できないといいますが、一番奥の転回スペースさえ空けておけばあとは駐車してもいいような気がしますが(本部町は一番奥のやや広めのスペースを転回スペースと明言していました)。

ちなみに気になる有料駐車場は確かに再オープンしていましたね。しかも1000円というかなりのぼったくり。確かにシャワーとか使うことを考えれば妥当かもしれませんが、何故にこの本部町の看板と同時期に再オープンするかな?どう考えても裏で本部町とこの有料駐車場の人間が繋がっているとしか思えません。本部町に勤務の職員の親族が経営しているとかね。タイミングがあまりに不自然なのでどうしてもその点、疑問に感じます。

結局本部町は「駐停車禁止」と「緊急車両が転回できない」の一点張りですが、前者は駐停車禁止の道路標示がない限り取り締まることができるの?って感じですし、後者についても道路の一番奥の転回スペースさえ空けておけば転回できると思うし、どうしてもつじつまが合わない気がします。


結果、なんかしがらみがありそうなので、瀬底ビーチで泳ぐことはしばらく考えない方が良いかと思います。見るだけならそんなぼったくりの有料駐車場には停めないで、その手前にあるカフェ(cafe fuu)でランチを取って、食後に徒歩5分の瀬底ビーチまで散歩すれば見に行けるとは思います。

cafe fuuの場所はこちら(3階建ての建物の向かいがカフェ)

今後は瀬底ビーチ近くまで行かないで、その手前のカフェかそのもうちょっと手前の食事処に車を停めて、散歩がてらにビーチまで行けばいいかと思いますね。見るだけで1000円取られるのはどうしても解せないですからね。

ですので、この問題が落ち着くまではしばらく瀬底ビーチで泳ぐことは考えないで、カフェに車を停めて見に行く程度で考えるといいかと思います。ちなみにこの日も地元の人らしき人は瀬底ビーチには皆無で、アンチ浜で遊んでいました。確かに瀬底島で泳ぎたければアンチ浜がしばらくは無難かと思います。それかまだ水納島に渡った方がいろいろ楽しめるかと思います。


またこの瀬底島の話で新しい情報がわかりましたら、適宜こちらにアップしていきます。でも将来的なホテル計画(平成19年6月13日付で準備工事の看板が立っていました)も含めて、正直「終わった?」って感じも否めません。悲しいけどこれが現実かもしれません。

(政治的要素もあるのでコメント禁止)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/06/25-11:47 | 沖縄離島情報

2007年02月28日

RAC石垣-波照間便は2007年11月末まで

決定なようです。当初は10月までと言うことでしたが、2007年の11月いっぱい。つまり2007年12月以降のRAC石垣-波照間便は廃止ということが決定したそうです。沖縄県や竹富町も合意したとのことでしたので、完全に決まりですね

残念ですが、赤字路線が故の結果ですのでやむなしかもしれません。

でも慶良間便のように民間や第三セクターの企業がまた再開してくれることを期待したいですね。あの遊覧飛行をしながら波照間島まで行ける楽しさを2008年以降には復活させて欲しいです。

RAC波照間便廃止のニュースはこちら
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/02/28-11:46 | Comment(7) | 沖縄離島情報

2007年01月04日

とぅもーるネットセンター石垣は有料

石垣島の新離島桟橋内にオープンする観光情報案内センター「とぅもーるネットセンター石垣」って有料なんだってさ。

観光案内所が有料???あんびりーばぶーです。ちなみに入場料は300円らしいです。

確かにネットカフェ風に数多くのパソコンを配置していますが、観光案内所に入るだけでお金取られるなんてあまり聞いたことがない気がします・・・(汗)。多分単なる観光案内所ではなく、八重山のテーマパーク的な位置づけにしているのだと思うのですが・・・

企画倒れにならなきゃ良いけど・・・運営は公社なのでつぶれることは無いかと思いますけど、なんか取らぬ狸の皮算用な気がしてなりません(涙)。

ちなみに管理人はお金払ってまで情報を仕入れる気はないので、この「とぅもーるネットセンター石垣」の様子はチェックすることが出来なさそう・・・なので、1月30日以降で新離島桟橋へ行かれる方、レポートお待ちしております(笑)。

とぅもーるネットセンター石垣の詳細はこちら
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/01/04-16:33 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2006年10月19日

いい天気が続いている沖縄の悩み

061019_0902~01.JPG最近はずっと天気がいい沖縄で、しかも今年も沖縄本島には1つも台風が来なくて、また今年も去年と同じ悩みをかかえそうです。

水不足。

それは沖縄のとかく離島では毎年避けられない問題で、去年の慶良間・座間味島の水不足は本当に深刻でしたからね。隔日断水までおきて、ダイビングショップとかでもシャワーを浴びることさえままならない状態でしたので。

そして今年も結局沖縄本島には恵みの雨をもたらす台風が結局1つも来ませんでしたし、梅雨時の集中豪雨もあって去年よりはましかもしれませんが、秋以降はほとんど雨が降らない状態が続いています。

座間味島では既にダムの貯水率が50%にまで低下していて、このまま雨が降らないとまた去年の二の舞に・・・
ちなみに同じ座間味村の阿嘉島では貯水率は90%以上、沖縄本島では75%強あるのでひとまずは大丈夫かと思いますが、やっぱり座間味島がとても心配です。

これから冬にかけて、まとまった雨はあまり期待できないかもしれませんので、今年から来年にかけてまた離島での水不足を心配しなければいけない状態に近づきつつあります。

ですので、離島では節水に心がけましょう!?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/10/19-09:08 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2006年10月16日

八重山商工やりましたね!

昨日の管理人は散々でしたが(涙)、八重山商工は沖縄県の大会を無事優勝で飾ったようですね。嬉しいですね〜。大嶺や金城が抜けても新しいチームで変わらぬ強さを見せたみたいです。加えて伊志嶺監督の報償金も+13万円もアップしそうですしね。
・・・っていうか今までそれしかもらってなかったんかい!ってくらい安い報奨金だったんですね。八重山商工をここまで強くして、そして石垣島の認知度のみならず石垣島へ来る人を増やすことにも貢献したと思われますので、もっとあげても良いと思うんですけどね。経済効果からすればこの監督への報償金はまだ安いと思いますね。

八重山商工、伊志嶺監督のニュース

それはさておきとりあえず沖縄県の大会を制しただけなので、あとは九州大会で上位に入ればセンバツへの出場が決まるので、まだまだ気が抜けないですが、八重山商工にの姿をまた甲子園で見たいと願うばかりです。


さて、10月も後半に入った沖縄。相変わらずの良い天気で過ごしやすい陽気が続いています。でも台風の影響でまだ波は残っていそうですけどね。とりあえず今日明日ぐらいまでは残りそうかな?でも昨日もしかりですが、慶良間も高速艇が欠航していないので、それほど気にしなくていいかもしれませんね。とかく台風から遠い八重山や宮古はそれほど気にしなくても良いかもしれませんね。

管理人も試験も終わったことだし、今シーズン最後の離島旅行へ行きたいな〜って思いつつあります。とりあえず10月中はまだ泳げるシーズンだと思っていますので、最後にどの離島へ以降か考え中です。まだ2週間強ありますので、どの時期に行くかは決まっていませんが、あと1回は今月中に離島旅行へ行きたいと思っている管理人なのでした。

期待して下さいね(笑)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/10/16-06:47 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2006年09月22日

RAC波照間便、2007年3月末で廃止?

またもRAC波照間便の廃止の話が持ち上がっています。もちろん今回も島の方々は反対していますが、竹富町からの補助などを受けているのに何故にまた?という感じも否めません。

ただでさえ船だと欠航しやすい波照間航路なので、この飛行機の存在価値はとても大きいと思います。赤字・黒字の話もありますが、八重山の中で交通の便が恵まれていない離島なだけに、この数少ない交通網の減少は、離島振興のみならず離島に生活する人にとっても大きな痛手となりそうです。

ですのでRAC波照間便はこのまま運行し続けて欲しいです。

八重山毎日新聞の波照間便の記事はこちら


しかしそれ以上に気になる内容がこの新聞記事にありました。波照間島にホテル建設???そんな話聞いたことないのですが・・・(この記事の中段あたり)

波照間島にホテル〜???

ちょっと待て!飛行機の廃止もさることながら、波照間島でのホテル建設の方が気になるぞ!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/09/22-11:35 | Comment(2) | 沖縄離島情報

2006年06月25日

石垣島の乱開発(怒)

一昨日(6/23)のニュースですが、石垣島の乱開発のニュースが立て続けに載っていました。管理人の土地も関係する米原の乱開発のニュースではありませんが、同じく石垣島北部の乱開発です。

まずは玉取近くに計画されている伊原間リゾートは景観条例に基づいているし、周辺の風景を見出さない配慮をしているので「多少」は賛同できます(完全に賛成ではないです)。この伊原間リゾートをうまく計画して、環境共生の開発のモデルケースになればと思います。

もう1つの久宇良リゾートは「アホか!」ってくらいの計画。っといっても、以前計画した会社は破綻して今後その計画がどうなるかわかりませんが、その破綻前の計画では10階建てホテルと8階建てリゾートマンション3棟に、ゴルフ場・・・アホか〜!!!
特にゴルフ場を作ることによってどれだけ環境破壊になるか知っているのか?農薬まき散らすし、森林伐採による赤土流出。それによる海洋汚染などなど。

ホテルとマンションの景観・環境無視の計画はもとよりこのゴルフ場計画。石垣島の自然をどこまで破壊しないと気が済まないんでしょう。
しかももっとアホらしいのが、石垣市長が石垣島にはゴルフ場があと2つ必要!って言ったらしい・・・もう何も言えませんわ。そんなに自然を破壊したいのでしょうか?この市長は。石垣島の自然を壊して、目先の利益を追求したいみたいですね。どうせどっかで業者との癒着があるんでしょうね。
パターゴルフでもやってろ!って感じです。内地でどれだけのゴルフ場が破綻して野ざらしになっているか市長は知っていますか?ゴルフ場を作れば人が来る、お金が落ちるって発想はもう過去の話です。

今後はサスティナブル(持続可能)な環境を整備していくべきで、そのためには何より自然と、そして周辺との環境調和が何より必要なのです。
目先の利益ばかり追求しては、失うものばかりで、残るものなので何もないんです。

今回は久しぶりに「怒」の気分になったニュースを発見してしまいました。市長がこれじゃ、石垣島の未来はかなり暗いです・・・
なんでもかんでもリゾート開発すれば人が来る、お金が落ちるって発想はもう古いです。失った環境はお金では買えません。もう少しその点、市長にも勉強していただきたいものです。

まぁまぁ!伊原間リゾートのニュース
最悪!久宇良リゾートのニュース
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/06/25-07:54 | Comment(4) | 沖縄離島情報

2006年06月16日

Dr.コトー続編!与那国島旅行には注意?

6月中旬〜7月末と9月中旬〜10月末の与那国島へ行くと、ロケ現場を見ることが出来るかも?

2006年10月からDr.コトー診療所がフジテレビ系列で始まるらしいですが、そのロケが上記の日程であるので、今年与那国島旅行される方は、自分の日程と照らし合わせてみましょう。

さすがに超繁忙期は避けての撮影なんですね。

個人的に野次馬根性まるで無いし、静かな離島が好きなので、もし与那国島旅行へ行くならこのロケの日程は避けていきたいな〜って思います。

その前に与那国島。一体何年行っていないんだろう〜?行きたい!行きたい!とは思っているものの、那覇からも与那国島はあまりに遠くてなかなか行けないでいます。
なので、離島ドットコムでの与那国島情報、古くて申し訳ないです(汗)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/06/16-12:52 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2006年04月25日

4月から鳩間島日帰りできるんですね

先週末、八重山に行っていたことはブログで隠しながらも公然の事実となっているとは思いますが(笑)、いろいろ足を使って調べてきました。

もちろん、全然完成の目処が立っていない新離島桟橋も見てきましたよ。本当は4月にできる予定だったらしいですが、これだといったい何時になったらできるのやら・・・

でもちょっと驚いたのが、安栄観光が4月から、鳩間島日帰りできる船を出していたんですね。安栄観光の人からいろいろ話を聞きました。石垣島〜鳩間島往復で2200円。行きは朝10時出港で、帰りは午後4時40分石垣着もできるので、ほぼ1日鳩間島で過ごせるみたいです。

以前は貨客船しかなかったし、日曜日は運行していなかったので、日帰りどころか行くのもままならなかった鳩間島ですが、2006年4月以降は石垣島から高速艇で鳩間島へ日帰りできるようになりました。
・・・でも今までその困難さの中、鳩間島まで渡った努力って・・・(汗)。

まぁそれはさておき、以下のような運行スケジュールで石垣島〜鳩間島の高速艇が出ていますので、このGWに八重山に行かれる方はご利用されてもいいかも!?

石垣島10:00→鳩間島10:40
鳩間島10:45→西表島上原港→石垣島
石垣島15:30→西表島上原港→鳩間島
鳩間島16:40→石垣島17:20
\2200(往復)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/04/25-21:24 | Comment(1) | 沖縄離島情報

2006年04月05日

宮古島エリア大神島の小学校が休校!

最後の在校生が転出してしまい、宮古島の沖にある大神島の小学校が休校になってしまうらしい。離島のさらなる離島なので仕方ないですが、寂しい限りです。
しかも残った大神中学校も生徒が後2人。しかも姉弟で姉が来年卒業してしまうらしいので、中学校も来年以降残るか否か微妙なところなのです。
あの芝生がキレイだった大神小中学校が両方とも休校になってしまうのは、かなり寂しいですね。

詳細ニュースはこちら
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/04/05-17:02 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2006年03月24日

今日14:30〜。石垣島の八重山商工初陣!

春のセンバツ高校野球。八重山商工です。石垣島です。離島です。離島ドットコムおよび離島ブログを活用して頂いている方にも是非!応援して頂きたいです。離島の夢、叶えられるように!?

ちなみに対戦相手は高岡商。富山県の代表です。どっちが強いのかは定かではありませんが、高岡商には申し訳ないですが、この離島ブログでは八重山商工を応援いたします。

がんばれ!八重山商工!

しかし試合は午後2時半。バリバリ仕事中です。yahooなどの速報を見ながら仕事すっかな〜☆

ちなみに↓のページでほぼリアルタイムで八重山商工の試合状況を確認できるかな?

八重山商工・春のセンバツ高校野球1回戦途中経過
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/03/24-08:44 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2006年03月21日

沖縄の海開き!

そーいや今日は小浜島のはいむるビーチで海開きでした。例年八重山の海開きは寒い日が多かったのですが、今年はなんと25度まで気温が上がり、晴れ間もあったようなので、まさに海開きには最適だったのでしょうね。行けなかったのがちょっと悔しい・・・

でもここ数年は海開きの日はむちゃくちゃ寒かったので、「八重山の海開き=寒い」って感覚有りましたから、もし行こうとしていたとしてもかなりギャンブルですからね。

まぁ気温的にも天気的にも海開きにはいい陽気だったようで、明日の新聞や今夜のニュースが楽しみです(沖縄ローカル)。

そして来週ぐらいから沖縄本島周辺でも徐々に海開きがスタートしますので楽しみにしたいと思います。っといっても、海開きしようとしまいと、海にはいつでも入れますけどね。

ちなみに沖縄本島や周辺離島の海開きはこんな感じ。

・あざまサンサンビーチ海びらき(沖縄本島) 3月25日(土)
・久米島海開き安全祈願祭(イーフビーチ) 4月1日(土)
・第28回宮古島の海開き(前浜)4月2日(日)
・座間味島海開き(阿真ビーチ)4月22日(土)
・渡嘉敷島海開き(阿波連ビーチ)4月23日(日)

その他沖縄本島各地の海開き情報はこちら
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/03/21-18:09 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2006年03月16日

瀬底島リゾート開発のレポート

sesoko_map.gif瀬底島リゾート開発の詳細を離島ドットコムの地図を使って紹介(携帯の方、多分見れないと思いますので申し訳ないです)。
離島ドットコムの瀬底島ページも近いうちに修正しないといけないかもしれませんね。期待して瀬底島行ったのにそれを裏切ってしまうような目には遭って欲しくないので。

ちなみにまさにゴルフ場の敷地全てをリゾートホテルにする計画みたいで、道路はそのまま残るみたいですね。
なのでもしかしたらビーチまでは今まで通り行けるかもしれませんね。

しかしホテルが造られると言うことは、海も開発されることを意味し、桟橋が造られたり、マリンジェットが飛び交ったり、そして魚たちへの餌付けによる生態系の破壊。
そして工事による排水の流出などなど、環境破壊は免れませんね。あの透明度の高かった瀬底島の海が失われる!そう思うだけで悲しくて悲しくて仕方有りません。

沖縄本島に住んでいて、唯一船に乗らずにまともに泳げる(潜れる)ビーチだったので、今回の瀬底島リゾート開発のニュースは本当に、本当にショックでした。

今年の夏以降、途方に暮れてしまう離島ドットコム管理人なのでした。去年瀬底島何回行っただろう?10回までいかなくてもそれに近い回数行ったと思います。まさに途方に暮れてしまいます。。。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/03/16-06:42 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2006年03月15日

瀬底島/瀬底ビーチの終焉の日

2007年春。つまり今年の夏をもって瀬底島のあのビーチが終わりになりそうです。
っというのも、今朝の朝刊で瀬底島でのリゾート開発が発表されていました。350室の大規模なホテルを、あのビーチに隣接しているゴルフ場に建設するらしいです(東京の会社)。よって快適に遊べていた瀬底ビーチは必然的にそのホテルのプライベートビーチになることは必至。今年の夏をもって自由に泳げなくなりそうです。
しかもそのホテル。ブセナテラスを手がけた人が担当するらしく、ブセナ同様高級リゾートらしいので、もはやあの透明度の高かった瀬底ビーチは無くなりそうですね。アンチビーチはまだありますが、どうやら瀬底島へは今年いっぱいしか行かなくなりそうです。残念です。

それにしても昨日のホテル情報も含めて、現在の沖縄ではホテルの乱開発の嵐。今は良いけど、結局数年後には外資系に買収されたり、譲渡されたり、廃業したりするところも多くなりそうな予感。ある意味現在の沖縄ホテルはバブル。バブルはいつかはじける。そしてはじけた後には大きなお荷物を沖縄が背負うだけ・・・

また離島の魅力が一つ消える・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/03/15-09:23 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2006年03月08日

座間味島給水制限13日解除!

長かった座間味島の給水制限が3月13日に解除になるらしいです。たしかに最近は雨が適度に降っていて、貯水率も上がったのでしょうね。ここ1ヶ月は夜間断水だったので、13日以降はどうにか夜間も給水されることでしょう。
それでも水不足は完全に解決したわけではないので、3月に座間味島に行かれる方は、水を大切にしてくださいね。ちなみに阿嘉島は座間味島ほどは水不足は深刻ではなく、軒並み7〜9割の貯水率です。

詳しいニュースはこちら
座間味島/阿嘉島の現在の貯水率はこちら
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/03/08-13:57 | Comment(0) | 沖縄離島情報

2006年02月27日

沖縄の離島がらみの笑えるニュース

腹筋でダイエット? 渡嘉敷で「人間紅イモ」話題

写真を見てもらえればかなり笑えます。っていうかこんなんYahooの沖縄ローカルだけどトピックスに掲載されるかな〜?って感じです(笑)。なんか離島っぽくて、のどかなニュースでいいですね〜☆
しかも渡嘉敷島ってのもなんか良い感じ。ホント、沖縄の離島ってのどかで良いですよね〜。


続きを読む
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/02/27-15:15 | Comment(3) | 沖縄離島情報

2006年02月04日

久米島シンリ浜のホテルが復活?

久米島のシンリ浜に2000年以降に言ったことがある方ならご存じかと思いますが、シンリ浜に隣接して建っている「サンリーフリゾートホテル」。2000年以降経営がうまくいかなくて閉鎖していて、ゴーストホテル状態になっていたのですが、なんと!内地のユニオンキャピタルという不動産会社に買収されました!
そういうわけで、久米島のこのホテルは2006年の年末までに復活するみたいです。ちょっと嬉しいですね。
正直、このホテル。シンリ浜に行くとかなり怖いイメージがあったので、また活気を取り戻せるといいな〜って思います。

楽天の久米島キャンプ、久米島マラソンと離島振興のイベントなど、久米島はいろいろ努力をしているので、よりいっそう観光集客できるといいな〜って願っています。

詳しいニュースはこちら


続きを読む
posted by 離島ドットコム管理人 at 2006/02/04-12:28 | Comment(0) | 沖縄離島情報
ページの先頭へ▲