ページの先頭へ△

2013年12月29日

冬だと気軽に行けない島?でも今日は行けそうかな?

昨日ぐらいからようやく天候も回復してきましたが、ここ数日の沖縄は風が強くて海も大時化。

その影響をもろに受けるのが離島への船。

その中でも冬の北風の時の影響が大きいのが八重山の西表島上原便と鳩間便で12月になってから欠航する機会が多かったですね。そしてそれに次いで欠航が多いのが同じ八重山の波照間便。

でも以前よりは欠航する数も減ったのですが、ここ数日はかなりの便が欠航していたようですからね。

天気がいくら良くても波が高ければ渡れない島。

しかも渡れたとしてもその途中の船は大揺れで、島に着いたときには体力も気力も使い果たしている人も多いですね〜^^ゞ

でも波照間島はそんな苦労をしてでも訪れたくなる不思議な島ですね〜。

私も冬シーズンに何度か渡りましたが、船酔いしない私でも島に到着したときは疲労困憊ですが、ただこの景色を見るとその疲れも一気にとれちゃいます。


「ニシ浜」


波照間島〜みんぴか前


波照間島〜ニシ浜への道




特に冬シーズンは波が高い反面、それが落ち着いたときには海の透明度は夏よりはるかに高くなり、天気に恵まれれば1年で最もきれいな海の色を望めるかもしれないんですよね〜。ダイバーも冬の方がシーズンというぐらいなので、外から見る海も冬の方がいいかもしれませんからね〜。

・・・まぁ島に渡れればの話ですが^^;

その前にここ数日の沖縄はとにかく天気が不安定で雨も多く、まっっっっっっっったく晴れませんでしたからね。青空が出ても長続きせずにすぐに雨。

昨日はほどほどな天気でしたが、スッキリした青空は冬シーズンはなかなか望めません。

でも先の話のように冬シーズンの海の透明度はとても高いので、ギャンブルをしてでも島に行きたくなりますね。

・・・出港時は晴れていても島に着いたとき曇ることも多いですが(/_;)


とりあえず「やらずして後悔するよりまずはやってみる」。

離島行きもさることながら人生もそうだと思います(笑)。

っていうか2013年もあと3日ですが、今年1年の座右の銘みたいなものでしたからね〜<やらずして・・・

まぁ2013年のみならず常に私の座右の銘のうちの1つですが、失敗はあってもまずは進んでみないと成功もないですからね。逆に失敗した方が学べるものは多く、また失敗した方が成功したときの喜びもひとしおだと思いますので、2014年もとにかくチャレンジ精神を忘れずに望もうと思います。

ちなみにこの波照間島の写真もこの前後はかなりの船が欠航していました^^ゞ

島にいる間も雨が多かったですが、それでもわずかな晴れ間も望め、こんな景色を見ることができましたからね。

島に行かなきゃ見ることはできませんでしたからね〜。

今年はあとわずかですが、来年も様々な島へ行くことをチャレンジし続けたいと思います^^v


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/12/29-05:21 | Comment(0) | 沖縄離島ドットコム
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲