2013年10月05日

台風23号は宮古方面へ。24号は本島経由後本土へ?



完全に台風モードの沖縄です。

沖縄本島および宮古エリアが台風の強風域に入ったようですが、あくまで机上の話で、強い風は昨日の夕方ぐらいから既に吹き荒れています。

強い雨も降り続いていますが、ただ思ったほどの猛烈な雨・風では無いかな?

っと言うのも台風は進路をやや宮古寄りに変えていますので、沖縄本島よりも宮古島へ最接近して通過するかもしれません。

その後は西北西に進みそうなので、台風の雨雲は宮古から八重山にかけて徐々にかかってくると思います。

朝の段階ではまだギリギリ宮古島には台風の雨雲がかかっていなかったみたいですが、一度雨雲がかかると延々に強い雨が降り突くと思います。そして徐々に風も強くなってきた最接近。その際に風向きが北風から吹き返しの西風に変わるタイミングが最も強い風になると思われますので、今日は沖縄本島は雨に警戒し、宮古や八重山は風に警戒した方が良いかな?

言うまでもなく今日は沖縄全域で船は欠航でしょうね。

那覇空港発着の飛行機もJALの午後便の欠航は決まっていて、午前も朝の段階では未定ですがおそらく厳しいでしょうね。その他のANAやスカイマークやLCCなどは沖縄県内を発着する全便の欠航を決めたようです。


今回の台風23号は思ったほど雨雲をともなっていないのですが、勢力はかなり強いので、おそらく「風台風」かな?

でも「風台風」って恵みの雨が少ないばかりか、風によって様々な影響が出てしまいます。ものが飛ばされることはさることながら、その飛ばされたものによって電線が切断されて停電になる可能性もあります。

正直「雨台風」より「風台風」は厄介なので、今日はできる限り外には出ずに室内にとどまることでしょうね。

外に出たらホント、何が飛んでくるか分かりませんので。

看板は平気で飛んできますし、下手すると倉庫などのプレファブが転がっている場合もありますからね。

興味本位で外に出ないこと。特に風台風の場合はなおさらのことです。


とりあえず台風は必ず通過しますので、あとは耐えるだけですが、問題は台風23号のあとに24号が来ていること。

なので23号が過ぎても台風一過になる前に台風24号が到来しそうです。

しかもこの24号は本島に最接近後、本土方面へ旋回して進む予想が出ています。

九州に上陸するか、日本海へそのまま抜けるか否かはまだ判断できませんが、どのみち本土に南から湿った空気が台風24号によって送り込まれるので週明けは本土全域で荒れた天気になる可能性もあります。

現在の本土も台風23号によって南から湿った空気が送られて荒れ気味だと思いますが、その後は台風24号による直接的な影響が出てくる可能性もありますので要注意です。

ただ台風23号と24号があまりに近いので、23号が雲のほとんどを持って行っているので、24号はそれほど発達しない気がします。発達しなければ足早に過ぎ去る可能性もありますので、現在沖縄に接近中の台風23号よりは影響は大きくならないかもしれません。

もちろん油断は禁物ですが、まずは台風23号が接近中の沖縄。

本島なのか宮古なのかわかりませんが、な〜んか停電しそうな予感がします。

沖縄に今日・明日居る方は停電対策を早めにしておいた方が良いと思いますが、時既に遅し(T_T)。既に台風の最接近モードに入っていますので、もう外には出ないで室内でやり過ごした方が良いと思います。強いて言えば室内でできること。停電時は水道が止まる可能性が高いので、湯船に水を貯めておくとかの対策はできると思います。

水の有無は大きいので、室内だけでも可能な限り台風に対する備えをしておきましょう。


さて、この土日の沖縄はどういう状態になるのやら・・・


(台風の進路や到達時期に関しては自然のことなので分かりません。ご自分の旅行はご自分でお決め下さい。コメントで相談されてもお答えしかねます^^;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2013/10/05-06:55 | Comment(0) | 沖縄台風/災害情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページの先頭へ▲