ページの先頭へ△

2012年12月08日

今年の漢字は地震や気象関連になるのかな〜?

昨日の地震は凄かったみたいですね。震度自体は「5弱」でしたが、マグニチュードは「7.3」とかなり規模が大きく、何よりその影響範囲が広いこと、広いこと。震源は三陸沖なのに遠い九州の佐賀県まで揺れを観測。東京ですが南のはての小笠原諸島でも揺れを観測していたようですからね。

さすがに沖縄までその揺れが来ることはありませんが、でも今回の地震で津波が発生したらしく、沖縄でも地震は他人事ではありませんからね。

2012年12月7日午後5時18分の地震情報
この広範囲に渡る地震のあとも余震が頻繁に続いているようで、地震速報ツイートの量はかなりのもの。

来年3月で震災から2年になるのに、まだ大きな地震は続くんですね(/o;)


「揺れない大地」


当たり前のことなのかもしれませんが、今の日本、いや東日本、いや東北では今一番望まれることかもしれませんね。地震そのものによる直接的な影響もさることながら、大きな地震が起きるたびにあの悪夢が蘇ってしまうかと思うと、早くその「揺れない大地」に戻ることを願うばかりです。


確かに沖縄には本土ほどの大きな地震はあまりありませんが、「沖縄=地震がない」という訳ではありませんからね。琉球海溝もすぐ近くにあるので、地震が起こる可能性は本土の太平洋側とそんなに変わらないと思いますが、あくまで本土のような「大地震」が起こる可能性が本土より低いと言うだけの話。

そういえば先日も宮古島で今回の本土ほどじゃないですが地震がありましたね。


しかし沖縄は大地震の可能性が低いだけで、遠方で大地震が起きれば津波の恐怖にさらされるわけで、加えて2012年が象徴されるように台風がよく来ます。しかも本土のように台風が来ても足早に通り過ぎることはなく、加えて勢力がマックスの段階で沖縄海域にやってくることが多いので、その被害は年々大きくなってきている気がします。

っていうか今年はホントに心身ともども台風によって疲れ果てましたからね。しかもことごとく沖縄本島に直撃するし・・・

ちなみに沖縄海域には接近しませんでしたが、フィリピンに上陸して多大な被害をもたらした台風24号。フィリピン西の海域に抜けたものの、その後何故か北上。現在、台湾方面へと向かっているようです。

でも米軍予想ではフィリピン北部のルソン島海域まで来るものの、その後はやや南下しつつ再び西へと進路を変えるとのこと。

なので台湾や沖縄海域まで来ることはないと思いますが、いかんせん今年の台風はしつこいし、進路も予測しにくいのでちょっとだけ気になります。まぁ今の日本およぎ沖縄海域は完全に「冬型」になってきていますので、ルソン島より北に台風が来ることはないと思いますが、今年の天変地異の多さからするとちょっと気になってしまいます。


先日の東北や北海道などの日本海側を襲った爆弾低気圧に昨日の大きな地震。そして未だに残る台風24号。


年の瀬にもかかわらずこの天変地異的な気象の状態にはちょっと困惑してしまいますね。師走の今。せめて気象ぐらいは落ち着いて欲しいものです(/o;)

そういう意味でも今年の1文字(漢字)は気象や地震関連になると思うんですけどね。


12月12日に発表らしいので、どんな漢字になるか期待しましょう。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2012/12/08-06:54 | Comment(0) | 沖縄台風/災害情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲