ページの先頭へ△

2011年12月02日

小旅行で気になったこと。島の野良猫の多さ。



離島というか沖縄の場合、野良猫はそんなに気になるレベルじゃなかったのですが、与論島の特にウドノスビーチ周辺は以前から気になっていましたが、この11月に訪れたときはとにかく多かったです。

しかも人間が来ると近寄ってくる、いわゆる「餌付けされた野良猫」。

島の人の話によるとこのウドノス周辺の野良猫は移住者が島を去る際にそのまま残した猫たちらしい。もともとウドノスは茶花市街に近いこともあって移住者も多かった結果、このような事態になっているとのこと。

確かに他の集落やビーチでは野良猫はほとんど見ませんからね。

このウドノスビーチだけやたら野良猫を多く見ます。

特にウドノスのギリシャ村側からの入口がとにかく多い。

以前も多かったですが、今年は特に多い気がします。

でも以前は人が来てもそんなに近寄ってこなかった気がしましたが、今年は何匹も寄ってきて餌をねだります。

野良猫もさることながら野生の生き物には無責任に餌を与えないで欲しいものです。特に旅行で一時期だけ訪れる人はそういうことはしないで欲しいものです。結局困るのは島の人。

そもそも移住する際に猫を連れてくるのはいいですが、連れてきたら責任を持って一緒に連れて帰って欲しいです。もし連れて帰れないならはなから島に連れてきて欲しくないものです。

与論島だけではなく、どこへ住むにしても飼っていたペットを飼い主の都合で野生に放すという無責任なことは止めて欲しいものです。その最たるものが本土の湖のブラックバスですからね。あの影響で生態系はめちゃくちゃになった現状があります。

この野良猫も今後どのような影響を島にもたらすかわかりませんが、少なくともいい影響より悪い影響の方が大きい気がします。


・飼い主は責任を持ってペットを連れて帰る。最後まで面倒を見る。
・野良猫を含めて野生の生き物にむやみに餌を与えない。


今回の野良猫の多さはかなり気になりましたので、与論島のみならず他の島、他の場所でもこのようなことは絶対にしないで欲しいものです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/12/02-10:00 | 小 旅行
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲