2011年10月25日

スカイマーク宮古便に乗ってきました^^v

2011年9月中旬から就航したスカイマーク宮古便。ついに乗ってきました!

そう!この週末に行っていた離島とは「宮古島」だったんです!!!

・・・でもその半分は伊良部島か下地島にいましたが^^ゞ

宮古島のお話はまた後々として、まずはスカイマーク宮古便そのものについてレポートしたいと思います。


まずチケットに関しては以前記事にもしましたが5日前割引を利用。最安の3週間前割引だと「2800円」ですが、この5日前割引でも「3800円」と1000円しか変わりません。しかも5日前予約なら購入期限が予約3日後までなので、実質2日前まで天気を読むことができます。さすがに3週間前割引だと天気のリスクが高いですが、この5日前割引なら2日前にもなればとかくアテにならない沖縄の天気予報でもかなり予測が立てられます。

今回もホントは別の日を設定していて5日前予約をしたのですが、その3日間の間に天気予報が180度変わってしまいました。スカイマークは決済しないでそのままにしておくと自動的にキャンセルになるので、その当初の予約便はそのままキャンセル。

そして今回の日曜日行って月曜日に帰るというスケジュールにした次第です。

おかげで天気にはめっちゃ恵まれてこの時期としては珍しく日焼けで肌が痛いです。でも現地での天気予報は曇り一色だったんですけどね。結局、離島の天気なんてこんなものですよ〜(実際は1日中快晴)。

ちなみに那覇ステイだとこのスカイマーク宮古便を利用すれば日帰りもできます。朝8時の飛行機に乗って午後5時台とか午後8時台の便で帰ればまるまる日滞在できますからね。5日前割引で「3800円」ですが、実を言うと前日予約でも「4800円」なんですよね。なので那覇ステイで現地で「そうだ、明日宮古島へ行こう!」というのも十分可能だと思いますよ。

2011年9月15日。スカイマーク那覇〜宮古島便就航!最安で片道2800円!


それはさておき、スカイマーク宮古便そのものの話。

宮古便の就航に合わせていろいろ那覇空港との折り合いがあわずに問題になっていたチケットカウンター。やっぱり1階にありましたね。1階の北ウィングの一番端。ANA側の到着ロビーのすぐ近くにありました。

でも宮古便だけじゃなく名古屋(中部)便もここでの受付となるようでしたね。

1階はいろいろ不便に感じますが、よくよく考えると那覇市街からタクシーで来た場合、本来のチケットカウンターがある3階ではなく1階へ行ってもらえば済む話ですし、モノレールで来た場合も2階から1階へ降りるだけなのでそんなに面倒じゃないかな?って思いました。特に私のように那覇市街から徒歩(笑)で来る人にとってはこの北ウィングの端はまさに歩いてきたときに最初に入る入口。めちゃくちゃスムーズにチェックインできちゃいました^^;

その後のエスカレーターを登ればすぐに搭乗入口にたどり着けるので正直なところ違和感すらありませんでした。確かに最初にあのスペースにチケットカウンターがあるのを見たときは面を食らいましたが、使ってみるともしかすると3階より便利に感じたかもしれませんね。

那覇空港1階のスカイマーク特別カウンター

ちなみにスカイマーク便は宮古のみならず他の便でもANA側の北ウィングかJAL側の南ウィングになるかは便によってまちまちなので、どっちになるかはチケットの番号でよく確認した方がいいですね(20番台ならJAL側・30番台ならANA側)。

でも驚いたのは当初は新規参入した便なのでブリッジからの搭乗は無理だと思っていましたが、なんとバスではなくブリッジ搭乗ができました。

これはちょっとうれしかったですね。

でも理由はおそらくこの那覇〜宮古便はピストン輸送なのでブリッジを使ってもそんなに長い時間利用しないので可能になったのかもしれませんね。始発は別としてもその他の便は前の便が来てから次の便が飛び立つまでの1時間弱しか那覇空港にはいませんからね。

てっきりバス搭乗だと思っていたのでちょっとうれしかったです。

ちなみに飛行機の中は他の羽田便などと一緒の機材なので特に変化はありませんでした。でも搭乗率が羽田便などに比べて少し悪いかな?そもそも1日5往復はちょっと多すぎると思っていたので、おそらくいつが減便になりそうですね。でも1日3往復でも十分日帰りできると思いますので、この料金のままなら減便しても気軽に利用できると思います。

那覇空港のスカイマーク宮古便

機内では1つ他の便と違っていたことは、航行中のトイレ利用ができないこと。航行時間が短いからだと思いますが、ちょっと気になりました。まぁ搭乗する前に搭乗ロビー内のトイレに行っておけばいいだけなんですけどね。

あと座席も空いている便は一部のエリアには一切座らせないようにしているようで、私が乗った便では最前列から3列ぐらいは全て空席でした。確かにまばらに座らせると次の便への準備にその分時間がかかりますからね。なので前の席ががら空きの中、3列シートに3人座っている状態でした。

まぁ航行時間が短いし、安いからこの程度は我慢できるかな?

ちなみに宮古空港からの搭乗もブリッジ搭乗でしたので快適に乗ることができました。まぁ宮古空港は那覇空港より便数が少ないのでこちらはまぁ当然でしょうか?でもこのスカイマーク宮古便の最終便はさすがに那覇に到着した際はバス移動かな?

宮古空港のスカイマーク宮古便

そんなこんなで1泊2日でしたがスカイマーク宮古便を利用して宮古へ行ってきました。

でも片道3800円で宮古島に行けるのはすごいですね。1日前でも4800円となると、その2日間も行きそびれたところがあっても「また来ればいいさ」と思うようになってきました。

なにせ最安の「2800円」なら那覇から座間味島へ行くより安いですからね。座間味島は片道3000円以上で移動にかかる時間も同じぐらいですからね。まぁスカイマーク宮古便の場合は搭乗手続きのロスなどもありますからもう少し時間が実質かかりますが、感覚的にはもはや那覇から座間味島へ行くのも宮古島へ行くのも同じかと思います。

あとはスカイマーク石垣便待ちかな?といってもこちらは現在の空港ではスカイマークの機材は発着できないので、新石垣空港待ちになっちゃいますけどね。

もし石垣便も就航すれば、宮古や八重山の離島観光も様変わりしそうですね。経済効果もかなりあるかと思いますが、反面宮古島でも目にしましたがどうしてもモラルやマナーの欠如した人も増えるのも事実。

足(翼)は整ったのなら、今度は自治体などが先導して来島者への教育というかガイダンス的なものを行って欲しいですね。宮古や八重山に限らず、沖縄としてそろそろ小笠原や外国のように環境保護に力を入れて欲しいものです。


それはさておき、スカイマーク宮古便。個人的には全く問題なく利用できましたので、今後も機会があれば積極的に活用したいですね^^v


スカイマーク宮古便の予約/空席確認はこちら
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/10/25-20:37 | 沖縄旅行/離島旅行
ページの先頭へ▲