ページの先頭へ△

2011年09月30日

この週末の沖縄の海は要注意!



台風19号は相変わらず西へ移動中。規模は小さいので天気的な影響範囲はそんなに大きくないですが、問題は勢力。小さいながらも950hPa台まで発達。暴風域が一般的な台風の規模に対して2倍ぐらい広そうです。

といっても台風自体が沖縄に接近しなそうなので、その直接的な影響は少ないと思いますが、問題は遠くの台風でも勢力が強いと波は思いっきり入ってくると言うこと。

南の海上を台風が通過するので、沖縄でも南向きないし東向きや西向きでも南に海が開けている場所は要注意。

泳がれる場合はできるだけ南向きの海は避けて、北向きや湾状で波が入り込まない海で泳ぎましょう。ちなみにリーフがあるから大丈夫というのは間違いで、リーフがあっても離岸流など流れが速い場所もありますので、台風時はさらに早くなるので要注意。石垣島の米原なんかは北向きでリーフもしっかりありますが、波は島を回り込んで入ってくる場合もありますので、見た目が平気そうでも要注意です。

基本、湾状や遠浅の海が無難かな?

竹富島のコンドイビーチ、西表島の星砂の浜、宮古島のインギャー、伊良部島・下地島の中の島、渡嘉敷島の阿波連とトカシク、阿嘉島の阿嘉ビーチ、座間味島の古座間味って感じかな?波照間島のニシ浜は北向きですが、湾状じゃないので流れがちょっとあると思いますので注意です。あと同じニシ浜の阿嘉島の方でもあそこはもともと左右の流れが速いので、この週末はさらに早くなっている可能性があると思いますので、できれば無難に阿嘉ビーチへ行かれる方が良いかな?

とにかくこの週末の沖縄の海では安全第一でお願いしますね。


あと船についても下手すると最大で5m近い波になるかもしれませんので、10/2前後には最も南の航路の波照間便は欠航の可能性があるかもしれません。もしこの週末に波照間島へ行かれる方は、船の運行状況をこまめにチェックしましょう。あと島の人の話を良く聞き、「帰って方が良いよ」と言われたらできるだけ石垣島に戻るようにしましょう。やっぱり現地(島)の人の意見はかなり正確ですからね。少なくとも天気予報よりも島の人の話の方が当たります(笑)。

北航路の西表島上原便も波照間便ほどの影響は受けないと思いますが、先の話のように回り込んでくる波もありますので、こちらも万が一のために大原経由での西表島への往来も検討しましょう。

慶良間についてはフェリーならどうにか運行するかもしれませんので、こちらも高速艇にこだわらずにフェリーでの往来も検討しておくと良いですよ。


とりあえず天気については予報のように雨ばかりじゃないとは思いますので、晴れ間も望めると思いますが、とにかく海は影響を受けそうなので、細心の注意をはかってくださいね。

無理して泳ぐ小さなちっぽけな勇気よりも、泳がない大きな勇気ある決断の方が大切です。

でもこの週末も沖縄は真夏の陽気になりそうなので、泳ぎたくなっちゃうかもしれませんけどね。その場合は先のような波が入り込みにくいポイントを選んで泳ぎましょう。あと泳ぐ際も最初に足だけ浸けてみて、流れを感じてから判断。少しでも足に流れを感じると言うことは深い場所ではさらに流れが速いという証拠なので要注意ですので。


安全第一でまだ真夏の沖縄を楽しんでくださいね。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/09/30-08:05 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲