ページの先頭へ△

2011年01月24日

昨日のマラソン大会、総括。

無事に完走しました。大会までの一週間、ホントに一度も走っていなかったので不安でしたが、その休養も相まって最初の一歩目から脚に力が入れられてどうにか走ることができました。といっても序盤の体が温まるまでは脚はかなり痛かったですが、それでも脚に力が入るだけでも全然マシ。

でも今回は給水に失敗して、給水所で口をゆすぐだけで全く飲まなかったので、終盤に両手両足がしびれてきてしまい、最後は1km2分ぐらい落ちてしまいました。けどそこまでの貯金でどうにかしのぎゴール!

タイムは・・・


どうにかサブスリー(フルマラソン3時間未満)は達成\^o^/
・・・サブスリー連続記録(今回で5連続)はどうにか保てました^^ゞ


もちろんベストタイムには遠く及びませんでしたが、あの脚の故障でここまで走れたのは自信になりますね。あと給水の失敗という単純ミスもいい経験になりましたし、今回はいろいろ学ぶべき点も多く見つかったので、収穫も多かったと思います。

でもその給水の失敗でとにかく終盤はひどかった。特に最後の3km。腕は二の腕から先がほとんど感覚がなくなっていましたし、脚も膝から下の感覚がほとんどなくんばっていてまさに「満身創痍」。

要は途中で水もさることならがスポーツドリンクを飲んで塩分補給していれば避けれた話なんですけどね〜。でも途中でとるのはうがいをしたいから水のみだったし、給水所にあるエイドステーションでもレーズンや黒糖ばかりとっていて、肝心の「塩」をとらなかったのが失敗でした。

正直、故障以上に塩分不足がタイムに影響しちゃいました^^ゞ


ちなみに故障の部分はやっぱりレース後はまた痛くなってきて、階段の上り下りも辛かったです。といってもレース前も階段の上り下りが厳しかったので、もちろんレースのコースには階段がないので無事に走り切れたんでしょうね。コースのアップダウンはほとんど影響なかったし、故障してもどうにか走りきる方法を見つけたような気がしました。


でも走り切れたホントの理由は「仲間」かな?といってもレース途中に知り合った赤の他人(笑)ですが、私の場合はレース中に他のランナー(赤の他人)に話しかけることが多いので、こうして走っている間に知り合う人も多いです(笑)。

だいたい1レースが終わると友達が何人か増えています(笑)。

でもその人は目指すタイムがほぼ一緒だったので、このままできるところまで一緒に走りましょう!という感じで走っていました。最終的には私は両手両足のしびれのために最後の3kmで置いて行かれましたが、結局8km地点ぐらいからかな?39km地点ぐらいまでなので30km以上も一緒に走ったことになります。もちろんその間にいろいろな話をしながら走っていたので、その会話が故障の痛みも和らげてくれたと思います。

もちろん相手方も私をペースメーカーにしてくれたようで、ベストタイムを大幅に上回るタイムを記録できたらしいです。私は私はベストタイムは更新できなかったものの、故障していたのにサブスリーを達成できたので、お互いに良い効果があったのかと思います。

マラソンって一人で走りきるイメージがありますが、こうして一緒に走る人がいたり、また沿道の応援などに応えたりすると疲れも軽減されていいタイムが出ることが多いんです。つまり一人よりも誰かと関わりながら走る方がいいタイムが出ると言うこと。

そういう意味でもレース中に話しかけたり話をするのはいい結果をもたらすと思います。

もちろんTPOや相性もあると思いますが、どっちにしても同じようなペースで走っていると言うことは、その心意気も近いものがありますし、何より同じ日同じ場所まで来て走っている「一体感」は必ずありますので、ほとんど間違いなく仲良くなれます^^v

私の場合、最近はマラソンを「走る」ことよりも「仲間」を見つけることに楽しみを見いだしていますね^^ゞ


そういうわけで、故障しているにも関わらずそれなりのタイムが出たのは全てその「仲間」のおかげかと思います。面と向かって言えなかったかもしれませんが、その方に「ありがとう」と言いたかったですね。

でもゴール後は一緒に写真を撮ったり、一緒に会場近くの出店で軽食をとったり、短い時間でしたが楽しめました。


結果、故障で脚は辛かったですが、相対的には「楽しい大会」だったと思います^^v


ちなみにレース後は大浴場で脚を伸ばして、普段は15分ぐらいしかいることができない大浴場に、なんと1時間も居ちゃいました(それでも少ない?)。もちろん湯船に浸かるだけじゃなく、脚のマッサージを入念にやったりしていたのでこれだけ時間がかかっちゃいましたが、そのおかげで脚の痛みはかなり軽減したと思います。

そしておもしろかったのはそのお風呂に入っている間、自分の脚を見たら右脚だけ血管がものすごいぼこっと出ていて驚きました。左足は血管が全然浮き出ていないのに、右脚だけ血管がくっきり浮き出ていました。

ある意味芸術(笑)。

でも裏を返せばいかに故障している右脚に負担をかけていたかというのが分かりますね。それだけ右脚に疲労が集中していたのでしょう。しばらくは脚を休養させて、少しでも早く故障を治すように今後は心がけたいと思います。そして1ヶ月半後のヨロンマラソンは全力で挑めるようにしたいと思います。


ちなみに走ったあとは温浴効果でそれほど気になりませんでしたが、やっぱり翌日はモロに来ましたね^^;;;

体全般はそんなに痛いところは無かったのですが、右脚に力を入れるとそのまま崩れそうになりました。体の他のところが全然痛くなかったことからすると、右脚に全ての負担がかかっていたのかもしれませんね。といっても立たなければ(座っていれば)全く痛くないので、筋肉痛ではなくやっぱり故障が癒えていない証拠でしょうね。

・・・っていうか癒えるどころは普通は悪化しますね^^ゞ(フルマラソンを走れば)

でも違和感はそんなに強くはないので、あくまでフルマラソンの疲労が残っているだけかもしれませんけどね。あとはマッサージやお風呂で血行促進すればまた元に戻りそうな気がします。

とはいうものの、しばらくは無理せず休養を十二分にとって、3月初旬のヨロンマラソンを目指したいと思います^^v
posted by 離島ドットコム管理人 at 2011/01/24-09:00 | Comment(5) | 沖縄マラソン情報
この記事へのコメント(承認されたもの)

無事にゴール&サブスリー達成おめでとうございます☆
日頃の努力の成果+無駄な抵抗(笑)
どんな状況でも、できるベストを尽くし、スタートしたら楽しむ
とても参考になります
というか、なんだか勇気づけられました
次の挑戦に向け、ゆっくり休養と栄養補給して下さいね
早く原因解明と回復 されますように!
Posted by よしばぁ at 2011年01月24日 11:20

管理人さん、サブスリー本当におめでとうございます!!

故障をおして よく走り切りましたね。
 いつもながら すごい!です。

ヨロンまで しっかり休んで、良いコンディションになりますように。

次のラン旅日記(ヨロン)も楽しみにしています☆
Posted by milly22someday at 2011年01月24日 12:27

管理人さん、お疲れ様でした。本調子でない中、それでもサブスリー。ホンモノですね〜(驚)わたしも初めてのフルでしたが、友人と喋りながら走っていたので、あっという間に30キロを過ぎ。何とか歩かず完走できました。仲間っていいですね♪生意気ですが、とっても楽しい42.195キロでした^^/
Posted by ちびすけ at 2011年01月24日 12:37

お疲れ様でした。
こういう大会はなんで日曜なんだろうかって考えますよ。
最近は土曜休みのところも多いわけですし、土曜にして日曜は休養にあてさせてもらいたいという心境でもあります。
私も30日は走る予定でいますし、土曜の朝はディズニーランドとディズニーシーの外をぐるっと走ってみました。
朝だったせいか車もほとんどなく、通行人もほとんどなく、快適に走れましたよ。
事故さえなければ完走できそうです。
その後は飲みに行くことになっていますし、休養にならないのではというのが不安材料ですw
Posted by か〜と at 2011年01月24日 16:47

無事に戻りました。でも脚はまだまだ痛いです。ホント、よくこの状態で完走ならびにあのタイムが出たとは信じられないです。

う〜ん、この故障ってなんなんだ〜?

問題は今後のこの故障との付き合い方ですね。ヨロンマラソンまで5週間あるのでどうしたものかと・・・

ちなみにお酒も暴飲暴食もまだしていません。次の与論に向けて生活はそのまま維持^^;

といいつつ、さすがにゴール直後はエネルギー補給の食べに結構食べましたが^^ゞ(今日の昼までは・・・)

詳しい大会レポートはまた別の機会で綴りますね。ご期待ください。
Posted by 離島ドットコム管理人 at 2011年01月24日 20:59

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲