ページの先頭へ△

2010年07月04日

7月最初の壁紙はやっぱり海!夏を先取り。

いよいよ7月。といっても沖縄は梅雨明けしたものの、天気が不安定な時期もあってまだ「真夏」という感じまでは至っていないかもしれません。でも海も既に夏モードに突入。海水温も十二分に上がってきていて、薄手のラッシュガードのみでも全然冷たさを感じません。っていうか気温は十二分に高いので水の中がちょうどいいくらいの冷たさで、とても気持ちいい時期かと思います。その「真夏」も本番になると海水温もややぬるく感じてしまうぐらいに上がってしまうこともありますので、今時期が泳ぐには最も気持ちいいかもしれません。

ただ、本土がまだ梅雨の間は先の話のように天気が不安定になることもあり、海の流れが速いこともありますので細心の注意が必要かもしれませんね。

でも8月ぐらいの夏本番になると流れは穏やかになる反面、海水温が上昇し、海の透明度がやや下がり、そしてクラゲも発生しやすくなってきます。特に台風が来ない時期はクラゲが多く滞留している場合もありますので、こちらはこちらで別の注意が必要になるかもしれません。もちろん本土が梅雨明けすれば沖縄は本格的な台風シーズン到来にもなるので、その点も注意しないといけない時期。

そういう意味では7月上旬の今現在が一番いい時期なのかもしれませんね。本土が梅雨の最中だと夏を先取りできるという意味でも。


そんな感じで今回の壁紙は夏を先取りできるもの?

1枚は来間島から見た宮古島との間の海。遠くに与那覇前浜も望めます。でも手前の来間島のビーチを見ると人がいるのに気づくと思います。男性が一人。まさに夏を先取りしている感じです。そういえばこの来間島のビーチは滅多に人が来ませんのでまさにプライベートビーチ感覚。仁王立ちしています(笑)。

そしてもう1枚は見れそうでなかなか見れないライフセーバーのボード。というのも沖縄では3月や4月に海開きされるものの、多くのビーチではライフセーバーが常駐するのは7月末から8月末にかけた夏休み期間のみ。なのでこの光景はなかなか望めないんです。この阿嘉島の写真も去年の真夏のものですので、今現在は望めないかもしれません。といっても週末だけライフセーバーが常駐する場合もありますけどね。


どっちにつけ、どちらもいよいよ「真夏」という感じの光景かと思います。本土は全国的に梅雨の真っ最中かと思いますので、壁紙だけでも梅雨明け後の真夏の気分を味わえればと思います。


来間島〜夏を先取り


阿嘉島〜夏シーズン到来


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2010/07/04-09:41 | Comment(2) | 沖縄離島ドットコム
この記事へのコメント(承認されたもの)

白い砂に青い海
南国っぽくていいですね
東京も昨日の夕方はスコールのような雨になりました
温暖化の影響でしょうかって思いますが
これが来月になったらどうなるのでしょうね
沖縄の海もクラゲで一杯になってしまうのでしょうか
Posted by か〜と at 2010年07月05日 07:04

なんか北海道まで30度近くまであがったり、本土は全体的におかしな感じですよね。今年の梅雨は。

このままじゃ梅雨明け以降の本土の暑さはどうなっちゃうんでしょうね。

ちなみに沖縄も暑いですが例年よりちょっとだけって感じで、本土のように激変はしていないような気がします。

なので正直なところ本土の気候がちょっと心配です。猛暑日を超えた40度以上の表現が必要になったりして・・・
Posted by 離島ドットコム管理人 at 2010年07月06日 04:43

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲