ページの先頭へ△

2010年07月02日

もしかしてプチ台風?

昨日からの大荒れの天気。今は落ち着いて北から徐々に青空が広がり始めています。なにせ昨日は竜巻注意報まで発令される荒れた天気でしたからね。今朝も10時ぐらいまでは雷こそ鳴らなくなったものの雨はかなり強く、南の空が真っ黒だったのでこりゃ長引きそうだな〜っという状況でした。

しかし今日の沖縄。強い南風なのに雲は北から南へ移動。風向きとは全く逆の雲の動き。今も那覇の北側は青空が多いのに対して、南側には雲が多い状態が続いています。

気圧配置図を見ても沖縄近海に低気圧があるわけでもなく、多少気圧配置は乱れているものの、そんなに特異な状態ではないんです。しかし気象衛星の写真や雨雲レーダーを見ると、こりゃ明らかに「アレ」でしょう?って感じの形になっていました。


プチ台風。


いわゆる熱帯低気圧なのかもしれませんが、数値上はその規定まで発達していないみたいで、気圧配置には載っていませんでしたが、雲の集まり方や雨雲の流れからしてもそう思えるほどでした。

まず12時の気象衛星の写真。沖縄の南のあるこの雲の固まり。そりゃ荒れるでしょう?って感じの雲の固まり。確かに渦こそ巻いていないので台風ではないですが、この雲の固まりを見る限りは熱帯低気圧レベルの雲であったと言えるかもしれません。

そして12時半の雨雲レーダー。完全に時計と反対回りに渦を巻いていますよね。気象衛星ではそう見えませんでしたが、実際は左回りに雨雲が流れているようです。

それを裏付けるかのように、沖縄の天気も北から徐々に回復していましたからね。


しかし本来そういう雲の流れをする場合は風も同じ反時計回りで北風になるんですが、結局南風。つまり空の高い部分では北風で地上部では南風という感じになっているんでしょうね。それで大気が不安定になってここまで荒れた天気になったのかな〜?

とりあえず今の沖縄はずいぶん落ち着きましたが、上空では台風のように雲がぐるぐる回っているとなると、今朝までの大荒れの天気ほどじゃないものの、またひと荒れあるかもしれませんね。


そーいえば、2010年は台風がまだ1個しか発生していないですね。しかも春先に1個のみ。去年も沖縄本島には台風が1個も接近しませんでしたが、その代わりに今日のような気圧配置に現れないような「プチ台風」的なものが多かったので、今朝のものもそのうちの1つなのかな?

そう考えるとやっぱり温暖化で沖縄周辺がより赤道に近い気候になってきているのかもしれませんね。通常は赤道近くで活発な雨雲が発生して、それが徐々に北上するにともない発達して台風になることが多いのですが、現在はその発生そのものが沖縄近海にまで北上しているのかもしれません。結果、気圧配置にも現れなかったのでしょうね。

つまり今後は沖縄周辺で台風のタマゴができて、本土へ接近するたびに発達して台風になるということ・・・

とりあえず台風シーズンは本土が梅雨明けした頃ぐらいから始まるので、あと3週間ほどありますが、今年のシーズンはちょっと怖いですね。沖縄よりも本土への影響が・・・。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2010/07/02-13:03 | Comment(0) | 沖縄の服装/天気
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲