ページの先頭へ△

2007年01月14日

沖縄のネット事情

昨日のニュースで今年の2月より西表島でいよいよADSL開通!ってものがありました。でも大原局からなので、西部の上原などへはちょっと距離的に難しいのかな?西表島の基地局状況がどうなっているかわからないので何とも言えませんが、とりあえず西表島自体にADSLが来たというのは大きいですね。あとは上原などへも島内で処理すればどうにかなるかと思いますので、将来的には上原や住吉でも開通して欲しいですね。

西表島へADSL開通のニュース


それはさておき、最近引越先探しで沖縄のネット事情がよくわかるようになってきました。

沖縄本島で、しかも那覇近郊でもブロードバンドの格差があるようなんです。もちろん那覇や那覇に隣接する市町村(豊見城市/南風原町/浦添市など)だとそんなに問題ないですが、那覇から車で30分しか離れていない沖縄本島南部の東側では結構ブロードバンドでのネット接続が出来ない場所が多いことが分かりました。

糸満市南城市八重瀬町などではかなりその格差がありますね。もちろんこの市町村でブロードバンド接続できるところもありますが、出来ないところもかなり多い現実を引越先探しで目の当たりにしています。
ホント、道路1本隔てただけで繋がったり繋がらなかったりするケースも有り、那覇などの那覇近郊以外で家探しをする場合は、このブロードバンドが来ているか否かをきちんと確認しないとあとで痛い目に遭いそうなんです。南部でこれなので中部や北部だともっと顕著な場所もあるんでしょうね。


調べ方は自分が住みたいと思う住所近くの商店などの電話番号を調べて、1つ1つADSLの範囲内か調べるしかないですね。その後、NTTの「116」に直接聞いてみるって感じの繰り返しでした。
良い物件を見つけても、ネット接続を調べた結果、ブロードバンド対象外ということでその物件は諦めるって感じで、現在試行錯誤の段階なんです。

ですので沖縄の那覇や宜野湾などの都市部以外で家探しをする場合は、物件を内覧する際に近くの商店やコンビニなどの電話番号を調べておくと便利でしょう(複数)。
その後、情報を持ち帰ってADSLの範囲内か否かネットで調べるのがおすすめかと思います。
まぁ検索エンジンなどで住所を検索して、近くの商店などの電話番号を探してそれを使うのもいいかもしれません。

ADSLの範囲内かを調べるツール


ということで、現在の引越奮闘記。家探しよりネット接続環境を調べる方でいろいろ苦労しております(汗)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2007/01/14-06:50 | Comment(0) | 沖縄引越奮闘記2007
この記事へのコメント(承認されたもの)

コメントを書く(管理人の承認が必要です)
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲