ページの先頭へ△

2024年02月10日

沖縄住むなら南風原が一番!那覇はホントに最悪なことばかり!!そろそろ…

昨日の朝ランの際は気温17度もあって風もほとんど無くかなり汗かきましたが、日中は正午で14.8度と朝より低気温。その気温差からなのか昨日は朝ラン中も終わった後もとにかくお腹の鈍痛に苦しめられました。特にお腹を下している訳では無く、お腹の上側が全般的に痛くてかなりキツかったです。あまりの辛さに自宅周辺の内科(消化器系)を調べるほど。なにせ内科に行くと言えば「風邪」だと思いますが、もう10年以上風邪をひいたことないので、内科が何処にあるかさっぱり分からず(もちろんコロナも未感染)。

ちなみに入院していた総合病院にはもちろん内科もありますが私が受診しているのは整形外科。内科だと初診扱いになってしまいます。その病院は基本的に紹介状無しでは初診できず、どうしてもという場合は診察費が100円でも+5000円とか初診料がかかかるんですよね。なので昨日はあまりに鈍痛が辛かったので、午前中はずっと医療情報ばかり見ていました。

ただ昨日は朝の段階で日中は朝より気温が低くなると予想し、予め厚着をしていたら徐々にその腹痛も治まってきた。もしかして・・・

お腹冷やしていただけ?(笑)

腹痛が酷い朝の段階では「虫垂炎」とか「胃がん」とかその前日にアジフライ食べたのでアジ寄生の「アニキサス」とかネガティブにばかり考えていましたが、まさかの子供レベルのことが原因だったりして。もちろん痛みが完全に治まった訳では無いので、まだ分かりませんがとりあえず今日診療してくれる内科をピックアップしたものの今のところ様子見で通院せず。基本「医者=ひたすら待たされる」の印象しかないのであまり行きたくないもので…(入院していた病院は予約制なので外来でも比較的待ち時間少なめ)

そういえば今年度は入院していたのもあって健康診断受けていない。その前もコロナで怖くて行っていないしかなり長期間健診受けていないな・・・

なにせ入院中は毎週血液検査していましたので、その時点で健康診断になっていると思っていましたからね。でも入院中の血液検査はあくまで手術後の経過観察ってことで健康診断している訳では無いんですよね。さすがに今年度内の健康診断は無理としても(3月の健康診断は超混雑時期でもう予約無理)、4月か5月の健診が落ち着いた時期に健康診断したいですね。そろそろ人間ドックも受けたいものの、残念ながら那覇市には補助制度が一切なし。お隣の南風原町なら補助制度あるのにな…(人間ドック費用の半分ぐらい補助出る)

沖縄唯一の海無し自治体の「南風原町」ですが、この手の補助など住みやすさは沖縄ナンバーワンであることは沖縄県内では周知の事実。一度南風原町に住んだらみんな他に引っ越しませんからね。友人も絶対に引っ越さないと明言していますしw

それに引き替え那覇市は沖縄で最も税収多いのに無駄な箱物と道路ばかりにつぎ込んで市民への還元ゼロ。空港と港がある以外で那覇に住んで良かったと思うことはほぼ皆無です。ただ私の場合はその空港と港へのアクセスが最重要なので那覇は住みにくくても今の段階では「我慢」の一言です。

でも今年は住処についていろいろ検討だけでもしようと思っています。引越はなくとも二点居住とか短期移住とかいろいろ考えようと思っています。

まぁ妄想で終わりそうですが・・・(結局、那覇で我慢)

そう言えば以前、南城市と那覇で二点居住していたな〜(南城市メインで那覇オマケの沖縄本島二点居住は悪くなかった)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2024/02/10-05:00 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲