ページの先頭へ△

2023年11月26日

島屈指の絶景ビーチで360度撮影!しかし身体が万全じゃなく水平保つのに苦労

先日の離島の光景。どこの離島かバレバレですが、この先も「某離島」としてご紹介。今回はその某離島の中でも屈指の絶景ビーチで360度撮影しまくってきました。しかし身体の状態がまだ万全ではなく、まっすぐに立てないからなのか水平を保つのに四苦八苦。360度画像って見る方角は調整できても、水平の調整はしにくいんですよね。目の前を水平にすると反対側が斜めになるだけなので、結果的に傾きの調整はできないんです。360度撮影はいかに水平・垂直を保たねばならぬか痛感します。

なので今回は水平がとれていない斜めの映像もありますがご理解願います。

<某離島の絶景ビーチ旧入口>



木製の趣がある階段があった旧入口。ここに立つとこのビーチに来たな〜って感じがいつもしていたのですが、近年の台風で木製が故に破損し現在はこの入口閉鎖。といっても昔の階段や手摺がわずかに残っているので、ここに立てばその雰囲気を思い出すことはできます。

<某離島の絶景ビーチ現在の入口>



以前からあったコンクリート製の入口。現在はここからビーチへ降りることになります。駐車場の中にあるのでわかりにくいですが、階段は2ヶ所あるので何とかなるでしょう。ちなみに初期映像が斜めになっているのは風が強くてバランスが取りにくかったからです。

<某離島の絶景ビーチの砂浜>



今度も映像が思いっきり斜めになっていますが、さすがに今の身体では砂浜で水平垂直を保って立つのは厳しいです。それでも海の透明度はわかると思いますので、某離島の海をお楽しみいただければと思います。

<某離島の絶景ビーチを岩場上から全景>



最後は岩場上から見たビーチ全景。しかし今の身体では岩場上でバランスが取れず超恐怖も、岩場につかまりながらの撮影がまさかの水平垂直キープ。多少の傾きはありますが、先の砂浜や階段よりは遥かに見やすいと思います。でも撮影している当の本人は恐怖で撮影どころの状態ではなく、撮影も超テキトー。まぁそういうときに限っていい映像になったりするんですよね。

ちなみに行った時期は夏模様も、身体の不自由な状態もあって泳ぎ無し。足すら海に浸けませんでした。しかしこの撮影直後、水着のみの観光客が来ていました。風も強く海水温も低いのに水着のみとはこれいかに!?観光客の温度感覚ってどうなっているか毎回不思議でなりません。

それにしても今回の離島旅行はいい天気ばかり。今回の某離島は完全に「撮影のみ」の滞在でしたので、天気が悪いと目も当てられませんが、今回はずっと良い天気だったので撮影しまくりで、むしろ忙しかったです。今回は離島旅行復帰第一弾となりましたが、第二弾以降はもう少しのんびりできるものにしたいものです。まぁ今回の島は大きい(広い)というのも、忙しかった原因かもしれませんね。次回はもう少し小さな島で過ごしたいものです。

<360度映像は魚眼アングルが楽しい>
20231101-R0011702_xmp_e_2023-11-26_13.44.46.jpg

20231101-R0011702_xmp_e_2023-11-26_15.20.03.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2023/11/26-13:47 | 沖縄旅行/離島旅行
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲