ページの先頭へ△

2022年09月24日

台風15号台風16号よりもヤバそうな96W!台風17号になれば台風14号の再現も?

typhoon20220924-no1516.jpg



台風15号「タラス」フィリピンの言葉で「鋭さ」
台風16号「ノルー」韓国の言葉で「のろじか(鹿)」

米軍情報の94W/TD17Wが台風15号、95W/TS18Wが台風16号に認定されましたね。でも本来ならTSが台風でTDが熱帯低気圧なので、認定される順番は逆なんですが、まぁもともと日本(気象庁)の台風情報はいい加減なものが多いので、どうでもいいですが・・・(そもそも沖縄では気象庁の情報はアテにしていません)。

どちらも米軍情報の初期予想通りに進んでいるので、沖縄には直接的な影響はほぼなし。ただ台風16号による間接的な影響が少しあって、海は八重山で3mの波、そして沖縄本島では今朝方スコール。海も陸も少し不安定って感じです。でもどっちも大崩れするほどではないので、この2度目の連休は比較的穏やかな陽気を沖縄では過ごせそうです。まぁその分暑いですけどね・・・(朝のスコールがあるまでは深夜でも那覇の気温28度)。

ただ台風15号は沖縄には影響皆無だけど、本土は雨台風だけあって記録的豪雨になっているようですね。でも雨台風も進路も豪雨のエリアも予想の範囲内。なのになんで本土は台風のたびにあんなにパニック状態になるのか謎。沖縄からすると「なんで台風対策しないの?」って毎回思います。

今回の台風15号は雨台風。雨台風は中心の北側に猛烈な雨雲群を伴い、雨雲群は東から西へと雨雲群は移動。風上となる東側に海がある地形の場所では猛烈な豪雨。さらに台風本体は西から東へと移動しているので、結果的に雨雲群はなかなか動かない。

案の定、今朝の段階で伊豆半島、京浜エリア、房総半島が豪雨になっていますね(どれも東に海がある)。

また雨台風は中心の北側の広範囲で雨になるので、台風が最接近している関東だけではなく、東北や北海道でも激しい雨になっているみたいです。でもこれも予測の範囲内なので、予め対策をしていれば過ぎ去らない台風は無いのでやり過ごせるはずなんですけどね・・・(それでも台風のたびに毎回パニック状態になる本土)。

とにもかくにも「過ぎ去らない台風は無い」ので、東日本の方々は雨が収まるまで室内で我慢して欲しいものです。決してバカな行為(様子見で水辺近くへ行く)はしませんように!


それはさておきその他の台風関連情報。


「96W」は相変わらずマリアナ諸島の東にありますし、さらに米軍情報にはまだ掲載されていないマリアナ諸島北東の雲はさらに発達していますし、もしかするとこの2つは1個にまとまって先の台風14号のような巨大化する可能性もありますね。台風15号と台風16号だけだったら、過ぎ去ればしばらく台風は無いと言えるものの、このマリアナ諸島近海の雲はホントに厄介です。

台風15号も台風16号も影響無い沖縄としては、この「96W」がとにかく気になります。っていうか台風14号の再現になる可能性もあったりして・・・(複数の台風が1個になるという意味で)。

今後もこのマリアナ諸島近海の雲には厳重に警戒が必要かと思います(気象予報士は96Wガン無視で台風15号しか語らないと思いますが・・・)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/09/24-05:52 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲