ページの先頭へ△

2022年09月19日

台風14号は予想通り台風15号のタマゴを落としていった…しかも複数?

typhoon20220919-no14.jpg



台風14号についてはマスゴミが大騒ぎしているので、ここでは最低限しか書きません。とりあえず屋久島直撃し、その後鹿児島の2つの岬を通過し桜島直撃。その後は鹿児島本土に上陸し、有明海に一度抜けて久留米あたりに再上陸。

今後は当初の米軍予想よりやや日本海側を進みそうですが、正直なところ予想進路のラインなんてどうでもいい話。台風の東側は広域に荒れるので、九州から東日本まで日本全国で大荒れになることでしょう。特に北ないし西に高い山があるエリアは、南から入ってくる湿った空気が山にぶつかり豪雨が延々続きます(宮崎・大分・高知・徳島・三重・静岡・神奈川などが顕著)。沖縄には山がないので特に気にすることはありませんが、本土はこの「北や西に山があって南や東に海があるエリア」は台風時に豪雨になりますのでご注意あれ。

そもそも台風の豪雨は予測できます。少なくとも沖縄は予測しますので、どんなに猛烈な台風でも大きな被害があまり出ません。しかし本土は・・・

とにもかくにも過ぎ去らない台風はないので、台風が完全に過ぎ去るまで「外に一歩も出ない」ことはもちろんのこと「窓やドアを1ミリも開けない」ことを必ずして欲しいものです。この2つが怪我や被害拡大の原因なので、よろしくお願いしたい次第です。


台風14号についてはここまでですが、台風14号は予想通り次なる台風のタマゴを残していきました。ここからは沖縄にも関係がある次なる台風についての考察。

フィリピン南部〜マリアナ諸島にかけて、広範囲に台風のタマゴを落としていった台風14号。あまりに雲が多すぎてどこが次なる台風になるか判断できないほど。1つの大きな台風にまとまる場合もありますし、個別に何個も台風になる場合もありますし、台風14号の影響がほぼない沖縄としては、この次なる台風が気が気でなりません。

個人的には3つ。マリアナ諸島西マリアナ諸島マリアナ諸島東で、特に沖縄に最も近いマリアナ諸島西のものがかなりヤバそうな雰囲気です。台風14号があれほどのパワーになると、それが落としていくタマゴもかなりのパワーになる傾向。特に台風に近いマリアナ諸島西のものはイヤ〜な感じがしてなりません。下手すればマリアナ諸島にあるもう1つの塊も取り込んで巨大化する可能性も…

っといってもまだ米軍情報にも警戒レベルに認定されていませんが、大きな台風は必ず次なる台風のタマゴを落としていきますので、今後もこのマリアナ諸島近海の雲には要注意です。

この台風が次なるタマゴを落としていくのが、台風シーズンの特徴。結果、10日〜2週間毎に台風が来るサイクルが生まれてしまうんですよね。このタマゴが残らなくなると台風シーズンも無事に終了という訳です。例年だと台風シーズンは10月の体育の日連休までで、10月後半になると落ち着く傾向。ただ近年は温暖化でどうなるかわかりませんが、少なくとも9月の毎週のような台風はいつものことです。


最後に備忘録的に昨日の地震情報。台湾台東でのM7.2の地震の際は沖縄にも津波注意報が出ましたが、実はその前に久米島西沖を震源とする地震あり。そして昨日だけで5回も久米島西沖の地震が発生し、午後7時には久米島で震度3。那覇でも何度か揺れを感じました。

今の沖縄は正直なところ台風14号はどうでもよく、次なる台風と地震が気が気でなりませんのでした。。。

<昨日の夕方の地震>
  • 15:44 M7.2台湾台東・ごく浅い震源(八重山震度1)
  • 15:04 M5.0久米島西沖・ごく浅い震源(久米島震度1)
  • 17:07 M5.4久米島西沖・ごく浅い震源(久米島震度1)
  • 17:10 M6.1久米島西沖・ごく浅い震源(久米島震度2)
  • 17:24 M4.8久米島西沖・ごく浅い震源(久米島震度1)
  • 19:05 M5.5久米島西沖・震源深さ10km(久米島震度3)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/09/19-07:10 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲