ページの先頭へ△

2022年09月18日

台風から離れても直撃のような感覚の沖縄!まさに伝説級の台風14号(になるかも?)

typhoon20220918-no14.jpg



台風14号の威力猛烈!

さほど接近していない沖縄・那覇でも今朝の風は、まるで台風直撃中かのような風切り音が常にしています。昨日の夜もそれなりに凄かったですが、今朝はまさに台風直撃って感じの音と空気感。もちろん台風の中心は沖縄・那覇から遥か離れた場所にありますが、遠く離れた場所でもこの状況ということは、いかに台風14号は猛烈なのかが沖縄でも伺えます。

朝の段階で台風14号の中心は奄美の喜界島近海。昨日の大東島より接近しているので、大東島では最大瞬間風速25m/sのところ、喜界島ではそれを上回る風が吹いているようです。それでも喜界島と台風中心は100km以上も離れていて、しかも台風の影響が少ない進路左側でこの状況。これが直撃したらと思うと・・・


米軍予想では「屋久島→甑島→天草→有明海→熊本/久留米」という予想進路が2日連続で出ています。米軍予想が2日間変わらない場合は、その通り進む可能性が大きいです。

そしてその後も「山口/広島→鳥取/舞鶴→金沢/富山→新潟→山形/仙台」と言った具合に列島縦断。しかも台風の進行方向右側は中心から離れていても猛烈に荒れるので、コースから離れているはずの太平洋側でも嵐になること必至。今回、沖縄・奄美では1ヶ所も台風右側にならなかったので、どこまで荒れるか予測できないところも怖いです。


ただ唯一の救い?は台風の目が今朝になってぼやけてきたこと。台風の威力のピークは超えたかもしれません。まぁここ近年の台風は本土接近するに従って発達する場合もあるので、本土接近時にまた台風の目が復活する可能性もありますが・・・


あと気になるのは有明海近辺で東へ旋回すること。

旋回するということはスピードダウンすることでもあるので、その間、暴風雨エリアはずっと豪雨と暴風にさらされることになります。つまりのところ有明海に面するエリア(長崎・佐賀・熊本)はかなりの影響がありそうです。さらに本土全域が台風進路の右側になるので、荒れた状態がどこまで広がることやら・・・


そして大変申し訳ないのですが、この先の台風14号は沖縄からは遠ざかるだけなので、台風を肌で感じることができずに詳細レポートはしにくいです。とにかく言えることは「台風実体験のない気象予報士の机上の空論を鵜呑みにせず自ら考え自ら行動すること」につきます。そして台風14号は「伝説級の大災害になりうる台風」という認識を持って欲しいものです。

東日本大震災を超える惨劇(光景)が毎日頭に浮かんでしまっています・・・

どうかこの連休はレジャーを一切せずに台風対策に尽力して欲しいものです。

台風対策の努力は必ず報われます!
逆に手抜きなど安易な対応は必ず痛い目に遭います!!


最後にツイッターでも書きましたが台風接近時はこれを絶対に守ってください。興味本位で1ミリでも開けると二度と閉められなくなるばかりか、それが原因で窓ガラスが割れたり、最悪の場合は家や建物が崩壊する可能性もあります。脅しでは無くリアルな話です。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/09/18-05:37 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲