ページの先頭へ△

2022年06月30日

離島のキャンプ場で星空を見たかった!2022年も無理かな…

sky202206301815.jpg

今朝は新月/闇夜。正確には昨日の夜からですが、もちろん今朝も同じ月なので新月という次第です。

なので今日は朝ラン休養日だったので、夜明け前に夜空を見てみた。といっても那覇中心街なので町明かりがあるから満点の星空とまではいきませんが、それでもそれなりに綺麗な星空を眺められましたね。できることなら離島のビーチで大の字になりながら見たかったものです・・・

ちなみに写真の下の黄色いものは「雲」で、星空撮影のためにシャッタースピードを長くしていたので流れる雲がこんな感じになってしまっています(20〜30秒間の動き)。また天の川は南西の空にでていたらしいですが、写真は北の空なので写っていません(そもそも天の川の撮影するシャッタースピードだと明るすぎる那覇市街での撮影は厳しい)。

離島ならこんな星空が望めるんですけどね。やや三脚ぶれも天の川もさることながら星の数も違いますよね〜(同じ新月時期)
↓↓↓
(2021年7月・奄美大島にて天の川を望む)
sky202207064306.jpg

とにもかくにも夜空が綺麗な今の沖縄。1週間後には七夕になりますが、今朝が新月だと七夕の日は半月で星空はイマイチなような気がしますけどね。まぁ半月でも満月でも、月の出前なら綺麗な星空が望めるとは思います。

ただ夏の沖縄は雲一つない星空ということはほとんどなく、どうしても今朝のような雲の映り込みが起きてしまうんですよね。夏の沖縄は高温多湿なので、常に雲が発生するのに加え、朝晩は大気が不安定でスコールも多い。むしろ今朝のあの程度の雲の方がマシなレベル。シャッタースピードが長い撮影だと動きがある雲はホントに厄介なんですよね(あと人工衛星も厄介な存在)。

まぁ那覇市街だと雲以前に町明かりが邪魔ですけどね・・・

できることなら離島でキャンプして星空を眺めていたいものですね。キャンプだと星空を見ること以外にやることないから、ホントに何も気にせず好きなだけ星空を眺めることができます。沖縄の離島で最後にキャンプしたのは、2年前の久米島だったかな・・・(あの頃は沖縄コロナ1日一桁、今の沖縄はキャンプすらできない1日1000人超コロナレベル)。

まぁ真夏の沖縄はあまりに暑いので、実はキャンプには不向き(風を通しても暑くて眠れません)。なので次にキャンプするとしたら暑さも和らぐ台風シーズン明けの10月後半以降かな?その頃までに悲惨な沖縄コロナが少しでも収まってくれていることを切に願う次第です。

ただ問題は鬼門の「海の日連休」。2020年も2021年も2年連続で海の日連休を境に沖縄コロナ激増しています。GWの感染者激増から高止まりしている沖縄コロナだけに、鬼門の海の日連休は恐怖の一言です。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/06/30-06:13 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲