ページの先頭へ△

2022年01月16日

津波情報にビックリ!満月間際で潮位が高い時期!!でも那覇の海は超ナギでした…

今朝の気象情報のみならず、ヤフーなどのポータルサイトにもでかでかと出ていましたね。

津波警報

今すぐ高い場所へ逃げて



中でも奄美大島東岸の小湊では、最大で「1.2m」の津波。津波の数値はあくまで基準水面からの高さなので、最大1.2mでもそれは最上部の「波の山」の話で、最下部の「波の谷」も-1.2mとなり、実際の波は「2.4m」レベル。つまり今朝の奄美到達の津波は人の身長を超えるレベルなんです。

でも奄美大島の小湊は、元々高波が入りやすい場所で、海には高い防波堤があります。先日の奄美滞在でもその上に登って朝日を眺めていました。なので津波でも集落への影響はおそらくないと思います。さらに小湊集落はその海と集落との間に緩衝帯となる公園があり、加えて集落は少し高台に設けられているので、波に対する強さはかなりのレベル。

<2021年夏の奄美大島小湊の様子>
amamikominato202107013800.jpg
amamikominato202107014318.jpg

むしろ小湊以外の場所の方が気になる次第です。特に奄美空港は津波が押し寄せてきている東岸を埋め立てたもので、巨大な防波堤もありませんので、波がモロに入ってきていたかもしれません。

ちなみに津波は、奄美群島とトカラ列島に「津波警報」が出ており、沖縄は「津波注意報」と、何故か奄美だけ警報レベル。最も東に位置する大東島は警報レベルじゃないの?って感じですが、そもそも大東島は島そのものが要塞のようになっているので、津波が来てもほぼ影響無し。でも今日は満月間際(明後日の火曜が満月)なので朝の潮位がとても高い時期。沖縄でも朝は注意が必要かと思います。でも今朝の那覇港。まぁ西岸と言うこともありますが、港から見た海はべた凪。潮位もまだ高くなかったのもありますが、目視した限りは沖縄本島西岸は今のところ心配無さそうです。


そもそも今回の津波の原因は地震ではなく火山活動とのこと。遠くの南半球にある「トンガ」の火山噴火によって世界中で津波が押し寄せているとのことです。まぁ同じ太平洋もあって日本にも津波が来ているってことでしょうね。ちなみにトンガは沖縄や奄美からすると「南東」方向にあるので、一次的な津波はその南東岸に到達するので、先の奄美大島の小湊はモロに南東岸にあって高めの津波が到達したみたいです。

ただ津波は二次的なものもあり、その場合は波が回り込んで西岸でも津波を観測する場合もあります。津波警報や津波注意報が解除されない限り、海には近づかないのが基本でしょうね。実は今朝もこの津波情報を聞いて急遽朝ランコースを変更。本来は海が望めるような海沿いのコースの予定でしたが、しっかりとした防波堤がある港周辺のコースにした次第です。

なので今日の沖縄は警報や注意報が解除されるまでは海に近づかないことですね。目に見えた津波が来なくても、引きが強くなっていることもあり、そのまま海に引っ張られることもあり得ます。まぁこの時期に海に入るのは観光客だけでしょうが・・・(しかもコロナで激減中なので絶対数は少ないでしょうが・・・)


posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/01/16-07:39 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲