ページの先頭へ△

2022年01月07日

実は1月に「おきなわ花と食のフェスティバル2022」がリアル開催予定でした…

公式には発表されていませんでしたが、那覇に住んでいると奥武山公園へ実際に行く機会(通過する機会)も多く、公園内にこの看板が設置されていることを発見。

「おきなわ花と食のフェスティバル2022」開催
hanashokufest2022IMGP3252.jpg

正確には「開催するので会場となる駐車場は使えません」との内容ですが、つまり従来通りの奥武山公園の屋外スペースでリアル開催するという意味となります。無意味なオンライン開催ではなく、リアル開催も分散とか一部とかではなく、従来通りの奥武山公園の広々としたスペースでの開催!・・・予定でした。

写真は去年の12月末のものです…

ちなみに2020年はコロナ前でしたが豚コレラで中止。2021年はコロナ禍でオンライン開催のみ(粗悪で最悪)。そして2022年はこの看板設置されるまでは沖縄コロナも「1日0人」の日もあるほどで、確かにその時点なら開催可能な状況でしたが・・・

今や沖縄コロナ1日1000人がアタリマエ!

公式サイト(インスタやFacebookページも含む)では未だに沈黙。開催するか否か明言をひたすら避けている感が否めません。ただしこの看板やポスターは設置済み。沖縄県観光協会でも開催との情報のまま。さらに奥武山公園のスケジュール表でも「1月17日〜25日」まで開催スケジュールとなっています。ちなみに実際の開催日は「2021年1月23日・24日」ですが、準備と後片付けで先のようなスケジュールになっていし次第です。しかし・・・

120%開催不可能…

まぁこうなることも想定して、公式サイトでは一切開催について明言していなかったのでしょうが、逆に開催情報を未だに掲載している沖縄県観光協会は「間抜け」の一言に尽きますねw

おきなわ花と食のフェスティバル2022
(沖縄観光情報WEBサイト おきなわ物語)
TOP>沖縄のイベント>おきなわ花と食のフェスティバル2022
https://www.okinawastory.jp/event/600009427
(クッキーをも常に求める悪質サイトが故にリンクはあえて未設定)



現在の奥武山公園へ行って看板の有無を確認すれば今後の展開も予測できるかもしれませんが、奥武山公園は危機感皆無の沖縄県民の巣窟。ジョギングする沖縄県民は100%マスクしていませんし、公園内には初詣で人が必要以上に集まる「沖宮」と「沖縄護国神社」があることから、今の奥武山公園には怖くて近づきたくもありません。

「おきなわ花と食のフェスティバル2022」の準備開始まであと1週間。イベントもあと2週間で開催。さすがの危機感皆無の沖縄でも、このイベント開催はあり得ないでしょう〜。2週間でコロナ沈静化どころか逆に超拡大しているのがオチの沖縄ですので。


ちなみに1週間後(花食フェスの1週間前)に開催予定だった「海洋博トリムマラソン」「宮古島100kmワイドーマラソン」は既に中止決定。花食フェスと同じ週末に開催予定の「名護さくらまつり」「NAGOハーフマラソン」は中止も、「八重岳さくらまつり」「石垣島マラソン2022」は開催予定。

まぁ桜祭りはイベントを止めれば済む話ですが、問題は石垣島マラソン。公式HPでは「ワクチンの普及や徹底した体調管理・運営により開催できる見込み」とありますが、昨日一昨日の石垣島コロナは2日連続で「14人=東京人口比2770人」(実際の東京コロナは600人と東京の4.5倍)。しかも沖縄コロナ全体としてはさらに増加傾向。

石垣島マラソン不可能では?

そもそも今の沖縄(石垣島を含む)へ好んで来る人はいないと思いますので、花食フェスも含めて「潔く中止発表」して欲しいものです。そして2月のプロ野球沖縄キャンプも、プロ野球側が率先して中止させて欲しいものです(既にサッカーの1月沖縄キャンプ中止決断)。

posted by 離島ドットコム管理人 at 2022/01/07-13:57 | 沖縄イベント情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲