ページの先頭へ△

2021年11月15日

サーターアンダギーは恋しいも商店街が超楽しい離那覇なう

離那覇(リナハ)して今日で半月。でも特に那覇や沖縄が恋しくなったりはしていませんが、ただ唯一「アレ」を食べることができないのがちょっと辛いです。

サーターアンダギー

sataandagy20211115.jpg

やっぱりこれが沖縄のリアルな県民食ですね。さすがに沖縄以外だと簡単に手に入りませんし、入ってもハッキリ言って「マズイ」。那覇なら呉屋のサーターアンダギーが何時でも手に入りますし(しかも朝早くでも購入可能)、最近は値上げで全く買わなくなったけど、沖縄のドンキホーテで売っているサーターアンダギーもコスパいいですからね。

その代わり、沖縄では食べることができないものをいろいろいただけますが、ほぼ毎日食べていたサーターアンダギーだけにちょっと恋しいw

やっぱり2年連続で「沖縄の産業まつり」と「離島フェア」が中止になったのが痛いな〜。なにせ産業まつりでは沖縄製粉ブースで「揚げたてサーターアンダギー」がいろいろいただけましたし、離島フェアでも各地のサーターアンダギーがありましたからね。しかも2年連続で中止ともなれば、那覇にいてもストレス溜まります。そういう意味でも那覇で気軽に購入できるサーターアンダギーは救いでしたが、今は戻那覇(レイナハ)までの我慢ですw

ちなみに離那覇中ならではの現地グルメ。いろいろ楽しめるはずなんですが、いろいろ慌ただしくてカフェすら一度も行くことができません。外食グルメはほとんど堪能していませんね。でも買い物グルメは少し堪能しつつあり、特に「商店街グルメ」は先週末に初めて行きましたが、超〜楽しいですね。那覇にはアノ手の商店街はありませんので、いろいろ見て回るだけでも楽しいです。

中でも「総菜が超安い!」
(コロッケ1個30円にビックリw)

あの那覇で激安のユニオンよりもはるかに安いですし美味しい(沖縄の総菜はどこで買っても油ぎっちょで美味しくない)。何より商店街に同じ総菜を扱う店舗いくつもあって選べる楽しさもいいですね。なにせ沖縄だと競合店舗を排除する傾向があり、基本的に選べません。沖縄には「切磋琢磨」という精神が皆無で「馴れ合い」だけなので、値段も高いですし、味もマズイままで商売しているお店が多いこと多いこと。そういう意味で今の環境では、お店での買い物は目利きもできて楽しいです。

ただし「超〜現金主義」で少し困っていますけどね。那覇だと現金は呉屋でサーターアンダギーを買うときしか使いませんが、今居る場所の近辺だと商店街では「現金のみ」しか使えませんからね。しかも1円単位がジャラジャラ出てくるので困ったものです(呉屋のサーターアンダギーは1個60円で毎回5個買うので小銭が出にくい)。まぁ那覇でも一昔前は同じ状況でしたので、支払時の「算数」を駆使して今のところどうにか小銭が出ないようにがんばれていますw

サーターアンダギーは恋しいですが、それ以上に商店街などでの買い物の楽しさはありますので、まぁプラマイゼロないし少しプラスかな?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/11/15-12:00 | 逃避行
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲