ページの先頭へ△

2021年10月21日

ついに「360動画」導入!無事にテスト撮影・WEB公開も成功!!

sddefault.jpg

VRを始めたのをきっかけに、今度は「360度カメラ」にチャレンジしたのは既にレポートしていますが、その360度カメラも動画に強みがある機種を選んだので、今度は「360度動画」にもチャレンジしてみました。



昨日の外出でちょっと遠回りし、360度映像にはぴったりの場所へ移動。360度カメラでの動画撮影は初めてでしたが、静止画でコツをある程度つかんだので、比較的うまく撮影できたと思います。ちなみに動画でも静止画同様に「自分の映り込み消去」も「映像全体の画質調整」もできたので、同じ感覚で公開できそうです。

しかし静止画は自前システムで配信できますが、動画は自前システムでやってできないこともないものの、動画を自前サーバに置くと容量もとるし負荷もかかるので、やっぱり動画は「Youtube」を活用して配信したいと思います。Youtube自体も360度動画対応してくれているので、問題なくアップロードも公開もできました。まぁ360度映像は静止画も動画も「コツ(技術)」が必要ですが、それも難なくクリアできた次第です。動画を360度グリグリ動かすことができます!


360度動画のみを見る


360度動画のみを見る


360度動画のみを見る

場所は「臨港道路浦添線」のカーミージー橋。まさに海の上を走るかのように撮影できそうでしたのでがんばって撮影してみました。1つ目と2つ目はカメラを頭に載せて撮影。3つ目は腕を伸ばして撮影で、視点の高さが少し違うと思います。

またどれも360度カメラの性能がとても良くて「手ぶれ補正」を完璧にしてくれています。とかく自転車移動となると細かい上下振動が多く、普通のカメラによる動画だと確実にブレブレになっちゃうところが、360度カメラだとそれを完璧に補正してくれていましたね。

でも公開するまでは結構作業が多かったですが・・・

  1. 360度カメラで撮影
  2. パソコンに動画取り込み(USB接続)
  3. 360度カメラアプリで天頂補正(THETA公式アプリ)
  4. 動画加工アプリで画質補正(AviUtl)
  5. 動画加工アプリで映り込み編集(AviUtl)
  6. メタデータツールで加工(Spatial Media Metadata Injector)
  7. Youtubeアップロード(処理は通常の10倍時間かかるw)


ちなみに静止画でもほぼ同じ工程で、6番目のメタデータツールが「Exif Fixer」というものに変わり、7番目の公開先が自前サーバ(pannellumシステム利用)するだけです。

とりあえず360度画像も360度動画も無事に成功。あとは離島へ行くだけですねw(それが今の沖縄コロナ禍では最も難題)。もう少し早く導入していれば2021年唯一?行けた離島エリアのものも撮影できたのにな〜(年内離島行きはほぼ確実に無し)。

ちょっと後悔(特に現在写真ブログで公開中のものは360度カメラなら最高だったのにな〜)




posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/10/21-10:14 | 沖縄離島ドットコム
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲