ページの先頭へ△

2021年10月16日

離島情報も新しいステージへ!360度カメラ導入します!!


実は過去に一度は導入しようと思い、新品で購入もスマホやPCとの相性が悪くて1枚撮影して諦めた「360度カメラ」。

最初は「insta360GO」でしたがこれが悲惨極まりなく、何をやってもAndroidスマホと連動できず設定も画像移動も何もできず、買って1時間後には無用の長物となってしまいました。でも発表直後に買ったので、そのまま「ほぼ未使用」でメルカリに出したら、購入額とほぼ同じ額で売却できたので良しとします。


なので「360度カメラ」には痛い目に遭っているので、その後は一切、手を出しませんでしたw

しかし最近「VRゴーグル」を買って、自分が撮影した360度画像をVR空間で見ることができると言うことがわかり、再び360度カメラにチャレンジ。今度は外れがないように、あの超定番シリーズを導入したのでありました。

「RICOH THETA」


といっても前回の失敗がトラウマになっていて新品を買う気にはならず、比較的安価な旧バージョンをメルカリで購入。まぁAmazonでも大して金額が変わりませんが、メルカリの方が目利き次第では状態のいいものが手に入るので、1ヶ月ぐらい粘ってようやく購入できた次第です。

ちなみに購入したのは「THETA S」でしたが、最新モデル「THETA SC」は「S」より安く手に入れることもできたのですが、動画撮影時間が「S」が最大25分に対し、「SC」はたったの5分。まぁ360度カメラで動画自体を撮るか否かってのもありますし、動画を撮ったとしても1分でも長いレベルなんですけどね。今回は大は小を兼ねるで長時間動画撮影できるタイプを選びました。

とりあえず最初にPCとの連動は、特に問題無く画像もすんなり取り込めましたのでInsta360GOのような最悪は免れました(笑)。ただスマホとの連動が超厄介で、常時GPSオフの私のスマホとは、連動も設定も一切できず。仕方ないので設定のためだけにGPSをオンにしてどうにか調整できたって感じです。そもそもスマホ経由で撮った360度画像をすぐにアップすることは私の場合はあり得ませんので、スマホ連動は最初の設定だけでもう必要ありませんけどね。

そして今日は本格的な撮影を外でテスト。まだ初めてなので要らない暗い物体が映り込んでしまいましたが、自分が映り込まないようにする加工方法が判ったので、個人情報保護はできました(影は残っていますが)w







ちなみに最新のTHETA(V/Z1のみ)なら、この自分を映り込まないようにするプラグインがあるらしいですが、正直そんなの必要ありません。Photoshopでもペイントでも、360度画像の下「1/3」ぐらいを黒塗りするだけでOK。文字を入れれば円状に文字が並びます。ただ画像を変更して書き出すと、Exifや位置情報のデータが消えてしまいますが、自前で配信する場合は特に問題ありません(上記360度画像も自前サーバで表示させています)。

20211016-R0010141base.jpg

とりあえず最初の段階でここまでできれば十分でしょう。今後はやっぱり離島の絶景スポットで使ってみたいですね。できればホムペでも「360度画像」なんかも表示できれば言うこと無しですが、なにせホムペの情報何千ヶ所もありますので全ては無理ですが・・・

あとは撮影慣れし、写り込みのコントロールも上手くできるようになりたいですね。

ちなみに水中撮影用のハウジングもあって、メルカリだと1万円前後とそれほど高くないものの、水中だと確実に自分が映り込んでしまいます(水中で海底にまっすぐ立っての撮影は素潜りには無理)。なので水中360度映像は今のところ配信する予定はありません(そもそも浸水リスクがあるのであまりやりたくない)。

とにもかくにも絶景をいろいろ撮りまくりたいですね。もちろん沖縄だけではなく、奄美も、そして本土でも活用できると思いますので、まずはいろいろな場所へ行って撮影しまくらねば!

離島情報も新しいステージへと進みそうです^^ゞ

posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/10/16-12:10 | 沖縄離島情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲