ページの先頭へ△

2021年10月10日

今の台風情報は予測不能!米軍情報もやや混乱中…(気象庁情報は論外)

typhoon20211010-no171819.jpg

現在の気象庁や米軍から出される台風情報。なんか実情(気象衛星画像から見る実際の雲)と違う気がする・・・

台風18号/台風19号?20号?(93W/94W)

気象庁の情報はハナからあてにしていませんが、米軍情報も昨日から今朝にかけて、突然「93Wと94Wの入れ替え」が起こってしまいました。今までは西(フィリピン海域)にあったのが「93W」で、東(パラオ海域)にあったのが「94W」でしたが、いきなり入れ替わっていました。

これじゃどっちが台風18号か分かりませんわ・・・

しかもそのパラオ近海の雲も、どう見ても中心は既に沖縄に近い位置にあるのに、米軍情報でも気象庁の情報でもまだフィリピン近海にあることになっているし、訳わかりません。結局のところ、この93Wと94Wは合体して台風18号になるってことなのかな?(それでも2つの雲は気象衛星画像では明確にわかれていますが・・・)

台風17号

あと既にベトナム近海まで西に進んでいる台風17号も、フィリピン西に次なる台風のタマゴのような雲を残していくし、もはやこのフィリピン近海の雲の状況は予測どころか現状分析も困難なレベル。そのエリアに最も近い沖縄は、今週どうなるんでしょうね?どっちにつけ、この時期は台風対策を常時万全にしておりますので、いつ来ても特に慌てることもありませんが、予測がまったくできないのはちょっとキツイ(特に物流停止)。

台風19号?20号?(95W)

それとこれらとは別のマリアナ諸島近海の「95W」。こちらもついにレッドゾーン(台風のタマゴ)に米軍情報でも認定されました。でもこちらは雲としてはまだまとまっていませんが、先走りの気象庁では半ば台風19号扱いで、進路は本土方面へ・・・(米軍情報ではそこまで警戒レベルあがっていません)

台風情報総括

本来なら今日の「10月10日(旧体育の日)」が、沖縄では1年で最も台風直撃する「台風特異日」なんですが、台風到来こそないものの、ここまで派手な雲の状態も珍しいものです。通常は複数の台風ないし台風のタマゴがあると、相互干渉してそれほど活発にはなりにくいのですが、今回は1個1個が活発なまま。

沖縄のみならず本土も今週どうなることやら・・・

でも95Wは本土方面には進みそうなものの、この時期の本土近海は偏西風が強まってきているので、本土に台風が接近しても一気に東へ旋回するはずなんですけどね。まぁここ最近の台風はいつも通りに進みませんので油断はできませんが、とにもかくにも今週の沖縄は少なからず台風モードになることは確実です。台風は接近しなくても間接的な影響もありますし、さらに沖縄の場合は「高波」という半ば直接的な影響もあるので、今週は物流停止を考慮した生活スタイルにせねば。

でもこの嵐モードが終われば、沖縄の真夏の空気感もようやく落ち着くと思いますけどね。今朝も夜明け前で28度近くも気温があるし(本来は24度台)、ある意味台風には過ごしやすい季節感にしてくれることを期待しています。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/10/10-06:06 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲