ページの先頭へ△

2021年09月29日

台風の強風域とか暴風域の「円」は超無意味!スルーして気象衛星画像を見よう


今朝は朝日の光景。っていうか台風の影響で最近の沖縄は乾いた北風なので、特に朝焼けは全く色づかないだけなんですけどね(なので空に変化がない)。今朝はたまたま朝日のタイミングで外に居たので写真を数枚だけ撮影。まっ、これはこれで朝焼けかもしれませんけどね〜。

それにしても今朝も相変わらず暑い沖縄。気温28度前後もさることながら、今朝は湿度が高くて90%前後。真夏の空気感で朝ラン時の汗が半端なく、ウェアのトップスからはもちろんのこと、ボトムスからも汗がポタポタしたたり落ちる状態。期待の風も地上部分ではかなり弱く、近海に台風がいるとは思えないほど穏やかでした。

ちなみに「机上」では大東島は台風16号強風域の円の中に完全に「入っているらしい」ですが、机上では風速15m/s以上なはずも南大東島では風速10m/sにすら届かず(北大東島でも11m/s程度)。本気であの強風域とか暴風域とかの「円」って無意味も甚だしい。そもそもあんな正円のラインなんて存在するわけもなく、なんであんな無意味な図を台風のたびに公開するのか本気で謎です。気象衛星のリアルな画像が一番判断しやすいと思うんですけどね〜。

ってことで気象衛星画像をベースに、雨雲レーダーと米軍情報を加味したいつもの台風情報図。

typhoon20210929-no16.jpg

台風の目がクッキリはしていないものの、その大きさはかなりのレベル。ただここ数日の台風16号の目は、大きさも形も不安定。不安定な台風は逆に「弱体化傾向」なので、今のところは一時期のような「恐怖レベル」ではない気がします。といっても台風慣れしている沖縄から見ての話で、本土だとこのレベルでもかなりの影響がありそうですけどね。

中でも伊豆諸島は南エリアは直撃レベルで影響は甚大っぽい。特に「八丈島」がかなりの危険域に入るので、これ以上の発達はせずに弱体化して足早に通過して欲しいものです。まぁ沖縄と同じ「島」なので、本土とは違ってきちんと対策も対応もしていると思うから大丈夫でしょうけどね。

あとは台風が来ているにもかかわらず、ろくな対策も対応も毎年行わない本土。台風はある程度予測できるのに、なんでこうも毎年毎年パニック状態になるんでしょうね(いい加減学習して欲しいものです)。今や、沖縄よりも本土の方が台風が来る数も多いのですから、そろそろ学習しましょうよ・・・

ちなみに気象衛星の画像をベースにチェックしていると、台風以外の雲の動きも見えてきます。まずは本土の日本海側。西から徐々にまとまった雲が東へ移動中。台風16号は太平洋側を中心に影響がありそうですが、日本海側も今後はこのまとまった雲次第では大荒れになる可能性もあるので警戒しておきましょう。

あと台風16号の落とし物が、米軍情報で正式に「91W」として警戒情報に入ってきました。でもこちらもこのエリアなら沖縄への影響はほとんどなく、むしろ本土の方が影響があるかもしれませんけどね。

ってことで2021年も台風来ない沖縄(特に沖縄本島)。台風16号も91Wも影響軽微で終わりそうです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/09/29-08:24 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲