ページの先頭へ△

2021年04月19日

台風2号は沖縄接近回避?冬の進路になりそうです

typhoon20210419-no02.jpg

既に昨日、ボソッと速報でレポートしましたが台風2号の進路。昨日の台風進路図で適当に書いた「冬の進路」のように進みそうです。なので今日の台風予想進路図は、予想ルートは色を「灰色→赤色」に変えただけです。

もちろんこの通り進むとは限りませんし、まだ北上して大東島に接近する可能性もありますが、昨日から沖縄に吹いている猛烈な北風がある限りは、台風の沖縄接近はまず無いと断言できると思います。台風前の南風は超危険ですが、台風前の北風は台風本体の風じゃなければ安心です。

<台風前の風向きで分かる台風進路>
・南風→台風が風に乗って一直線に北上する
・北風→向かい風で台風がまっすぐ進めず西か東へ逸れる

しかーーーし、今回の台風2号。4月の台風としてはあり得ないほど猛烈な勢力に発達。今朝の時点の中心気圧「915hPa」は、台風シーズンピークでも猛烈レベル。もちろん北上にともない、海水温が低いエリアを通るので、沖縄近海を通過時はパワーダウンしますが、それでも今の予測だと沖縄に最接近する「4月24日で975hPa」と、こちらも台風シーズン並みの勢力。

結果、進路的には逸れても、沖縄への特に「高波」の影響は不可避だと思います。特に台風に近い大東島への船は台風接近前後の便は欠航ないし延期は必至でしょうね・・・

っていうか既に沖縄全域に「3mの波」が入ってきていますし(既に高速艇の一部は欠航レベル)、明日はまだマシなものの、明後日(4/21)は「4mの波」、明明後日(4/22)には「5mの波」と、フェリーも欠航するレベル。5mを越える高波になると、本土と沖縄本島を結ぶフェリーにも影響が出てきますので、今週末以降の物資への影響も。

接近は回避できても、間接的な影響は不可避かな・・・

ただこの進路通りなら、台風2号は沖縄近海の雲を持って行ってくれ、天気的に崩れることはなさげ(大東島を除く)。さらに北風になるので気候的には過ごしやすい陽気になるかも。反面、海は大シケなので既に海開き済みのビーチでは「遊泳禁止」になるでしょうね(特に東岸)。まぁ沖縄のビーチは海開きをしないビーチも多く、そういうビーチは自己責任でいつでも泳げますけどね(地元から白い目で見られますがw)。

でも今週末の沖縄は本島でも宮古でも八重山、そして奄美でも海に入らないで欲しいものです。

まぁこの時期に海に入るのは観光客だけですし、今のご時世でわざわざ「コロナ日本最悪沖縄県」に来る人は居ないと思いたいですけどね。まだ東京や大阪なら、地元民が感染対策をしっかりしているので安心ですが、沖縄はハッキリ言って「感染対策皆無のコロナノーガード状態」。しかも沖縄で被感染しても、感染が発覚するのは本土での検査。沖縄での数値にはならないので、今の沖縄コロナの数値はかなり少なめ。それでも全国ワーストですからね・・・

昨日のバイク(自転車)での外出時に遭遇した沖縄県民のマスク着用率「1割以下」。さらに米軍関係者に至っては「0割」と1人もマスクをしている人を見ませんでした(@北谷で20人近く見るも…)。

沖縄コロナでは「感染経路不明が6〜7割」と、どう見ても屋外ないし不特定多数が集まり施設内での感染拡大。確かに屋内はマスク着用率は沖縄でも8割9割ありますが(それでも10割にはほど遠い)、屋外ではリアルに9割はマスク非着用ないし、顎マスクですからね。

むしろ台風直撃してもらった方が安心して沖縄生活を送ることができそうな現状です(涙)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/04/19-08:38 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲