ページの先頭へ△

2021年03月23日

鮮やかな花がいっぱい!梅雨入り前後の沖縄はカラフル

昨日・今日とやや冷え込んでいる沖縄も、それまでの気温は超高かったので、今日はがんばってこの時期ならではの白い花探し。もちろん「テッポウユリ」。しかし2時間ほどの外出も1輪も見つからず。その代わりに今日は「超カラフル」な花々をいろいろ見ることができました。

中でも先日も「ブーゲン第2開花時期」と明言しましたが、まさに今日の那覇市街は至る所でブーゲンビレアが咲き誇っていました。中でも超綺麗な「桃色グラデ」のブーゲンが最高。しかも2ヶ所もあって、ついつい足を止めて見とれてしまった。1ヶ所のブーゲンは歩道がトンネルのようになっていて、気分アゲアゲ。写真も撮りまくってしまいました。そのうち4枚だけ抜粋。残りはホムペでご覧いただければと思います。

ブーゲンビレア





さらに最近、赤く染まる街路樹が目立ってきている沖縄ですが、その正体が「キンポウジュ」こと「ブラシノキ」。まさに「真っ赤なハブラシ」がいっぱいぶら下がっています。先のブーゲンは1年中咲いていますが、このブラシノキなど赤系の花は、まさに梅雨前後に咲き誇りますね。でもブラシノキって開花しない限り何の木かわかりにくいものの、開花すると超目立ちます。沖縄の街路樹にも多いんだな〜。

キンポウジュ/ブラシノキ




あと梅雨入り前に咲き誇る「カエンボク」も、那覇市役所横以外でも徐々に色づいてきました。ただカエンボクは、同じオレンジ色の高木のホウオウボクより背が高いので、どうしても花の裏側しか写真に収めることができないのが悔しいです。でもこの鮮やかな色を見ると「間もなく梅雨入り」と毎年感じますね。

カエンボク




そしてお目当てのテッポウユリは、最後の最後まで見つからず。。。

まぁブラシノキもカエンボクも高木ですし、ブーゲンビレアも低木なものの、蔦で背が高い場所まで伸びますが、テッポウユリは地面から直に生えるものなので、もう少し日差しがてっぺんから入ってこないと開花しないんでしょうかね。となると、ビルの影が多い那覇市街ではまだ厳しいかな?やっぱり建物が少ない郊外に行かないと、まだテッポウユリは望めなさそうですね(残念)。

でも今の那覇市街がとにかく高木がカラフル。今日も視覚的には楽しい外出でした(精神的にはマスクしないバカが多くストレス多い那覇市街ですが・・・)。

flower20210323.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/03/23-14:22 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲