ページの先頭へ△

2021年03月22日

ブーゲンビリア開花ふたたび!次の週末こそは白い花が見たいな…

今朝の那覇。外の体感温度「5.4度」。さすがに半袖1枚で朝ランは無理。長袖着用も、走り終わった後は鼻水ズルズル。まぁこれまでの沖縄があまりに暑くてそれに慣れてしまっていたから、今朝の寒さも数値以上の感覚。でも室内はまだコンクリートに溜まった熱が残っているのでそれほど寒くは感じなく快適。ただ今日は風が強いので、その熱も徐々に冷えてしまい、寒さのピークは朝より日中や今夜かな?

とにかく昨日も1日そうでしたが、今朝も空一面の雲。日差しが全く期待できません。雨こそ無いものの、1日中外が暗い雰囲気で、気分的にもサゲサゲ。そういう意味で、予定を変更して土曜日に遠出しておいてホントによかったです。あの日は夏模様で、風も程よく穏やかでいい陽気だったな〜。

bougainvillea202103201614.jpg

ちなみに今の時期の花といえば「テッポウユリ」ですが、その土曜日もいろいろ探したものの1輪も見つからず。まぁ海の近くばかり通っていたので、塩害もあるのでなかなか難しいですけどね。けど塩害にも強い?ブーゲンビリアはふたたび開花時期になってきた感じ。

そもそもブーゲンは通年咲く花ですが、波が何度かあるんですよね。カンヒザクラ前の時期にかなりの満開で、その後あまり見かけなくなってきましたが、最近ふたたび各地で綺麗なブーゲンを見ることができるようになってきています。土曜日も海沿いの某所で、色鮮やかなブーゲンが咲き誇っていましたね。

でも何故か沖縄のブーゲンビリア。特に市街は「トイレ脇」で咲いているものが多い。今回のものもまさにトイレ脇でしたし、那覇市街の名所的なものも「松山公園のトイレ」ですからね。もちろんアレが栄養源ってことはありません(笑)。

なのでそのトイレ本体が映り込まないように撮影するのが結構大変w

まぁブーゲンなら庭がある民家の軒先なら、どこにでもありますけどね。中には民家の壁一面がブーゲンなんてものもあったりして、郊外よりも市街の方がブーゲンが綺麗な場所は多い沖縄です。その典型的なものが竹富島の集落ですからね〜(特にマキ荘の通り)




まぁ土曜日の忌々しい竹富島のあの話はスルーして、とにもかくにも今の沖縄生活は、本島から一歩も出ることができないことでストレス溜まりまくりなので、少しでも本島内でリフレッシュできればと思います。その本島内も防疫意識皆無のバカばかりなので、神経使いますけどね。まぁ自己防衛で行動時間を早め早めにすれば今のところなんとかなっていますけどね(沖縄県民は行動時間帯が基本的に遅い)。

結果、ここ最近(今年になってから?)、午後に外出したことほとんどないな・・・(たまには夕方のスーパーで総菜買いたいw)

ちなみに今週の沖縄は今日・明日は冬の空気感も、週末はまた夏模様に戻るとのこと。買い出しは土曜日で済ませたので、今週末は買い出し関係無く、いつもとは違う場所に遠出したいな〜。離島はまだ無理だけど本島内でも自然豊かな郊外まで足を伸ばしたいですね。といっても午前限定ですが・・・(午後は郊外でも怖いので・・・)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2021/03/22-07:45 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲