ページの先頭へ△

2020年10月31日

あれから1年。那覇市民は首里城焼失よりコロナ蔓延が気になる1年

2019/10/31の朝焼けと首里城火災の黒煙







首里城焼失。

最初はとんでもないことが起きたと思いましたが、その印象はたったの4ヶ月で消失(11月〜2月)。3月以降は首里城火災のことなんて忘れるほどの「コロナ禍」になりましたからね。

そもそも首里城(焼失した有料エリア)は那覇市民としては行くことはまず無く、興味もほとんどありません。東京在住の際に東京タワーへ上ったことが無いのと同じ感じかな(上ったのは小学校の遠足の時だけ@元港区民)。

そこに自らも実害があり得るコロナ禍が来たので、正直なところ首里城焼失はあくまで過去の出来事レベル。そもそも焼失したのは復元されたハリボテ部分がほとんど。また造れば良いだけでは?というのが那覇市民としてのリアルな印象です。そもそも首里城自体は世界遺産じゃありませんし、復元されたものですのであしからず!!!(世界遺産は@首里城跡の石垣のみ)

騒いでいるのは辺野古同様「よそ者」だけですw

焼失した首里城は無くても、那覇市民の生活には何一つ影響ありません。しかしこの1年。首里城焼失をネタとした売名や金集めが横行してうんざり。特にコロナ禍が始まるまでは、ホントに酷かったです。

そもそも首里城再建のために沖縄県や那覇市への寄付は無意味。首里城は「国」所有のものなので、沖縄県や那覇市に寄付しても、本体再建には1円も使われません。本気で首里城のことを思うなら、無意味な寄付は止めて、コロナ禍が落ち着いてから首里城へ実際に来て欲しいものです。首里城近辺はコロナ禍と首里城焼失のダブルパンチで瀕死の状態。首里城が再建されても、首里城周辺の町並みが死んでしまっては意味がありません。

そもそも首里城公園としては、焼失したハリボテ部分以外は残っていますし、自由に見て回ることができます。今の状態でも十分見る価値あると思いますよ。「金城の石畳」もありますし、個人的にお気に入りの「西のアザナ」も無問題。もちろん定番の「守礼門」もありますので、見所は十二分にあると思います。しかも全部無料w(有料部分のみ焼失したので)。

あとは早く「国」に現実的な再建計画を立てて欲しいですね。

以前も書きましたが、どうせなら日本初の「3Dプリンタで文化財復元」なんてやれば良いのにね。そもそも燃えたものも復元した形だけのものなので、再建も形だけで十分。しかも再度焼失や台風などで倒壊しても、データが残るので再復元も簡単。

しかし首里城焼失と再建を政治的に利用したい沖縄県知事を筆頭としたアホな輩があまりに多いので、再建すらなかなか進まない現実。C国なら1年もあればとっくに再建していますね〜w(あの国のスピード感は凄い)

利権が複雑に絡み合った首里城再建。生きている内に完全再建はもう諦めていますw

shurijoulost202010310202.jpg
※リアルに人生で1回だけ行ったときの首里城正殿写真!無料開放日に友人に無理矢理行かされたときのもの(興味無しだったのでテキトー写真で少しピンぼけw)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/10/31-10:55 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲