ページの先頭へ△

2020年10月21日

台風17号が正式認定も米軍情報では台風18号も?でも今の沖縄は…

typhoon20201021-no1718.jpg

台風17号が気象庁でも正式認定も、米軍情報ではさらに台風18号(米軍ナンバリングでは20号)認定。しかも18号は本土近海にあるも、偏西風が明確に吹いているようなので、北上しても偏西風に乗って一気に東に進みそうです。そもそも台風18号(未認定)は北上すればすぐに冬の空気エリアに入るので、あっという間に消滅する可能性あり。なので気象庁では認定されないまま消滅って感じになるかもしれません。といっても台風18号?は小笠原に影響はあるものの、本土への影響は無し。もちろん沖縄への影響もありません。

台風18号になったら名前は「モラヴェ」
フィリピンの言葉で「木の名前」



しかし沖縄は台風17号の影響がモロに来ています。中心は既にフィリピン西に抜けているものの、雲のサイズがあまりに巨大で宮古・八重山近海まで到達。沖縄本島も今朝は東風がかなり強く、夏の空気が運ばれ最低気温で「26.4度」と真夏の気温。そして宮古・八重山では時折激しい雨も降っていて、さらに東から猛烈な雨雲群が迫ってきていますので、突然の雨には要注意。

今日の沖縄は本島は風は強いものの雨無しで済むと思いますが、宮古・八重山はスコールも多そうですし、場合によっては雨雲群の通り道になるエリアもありそうで、激しい雨が長く続く可能性もあります。今日は雨雲レーダーと風向きをチェックして、突然の雨に備えて欲しいものです。

それ以前に宮古・八重山はコロナパンデミック状態で台風どころじゃないとは思いますが…(昨日も宮古島1人/石垣島5人の感染者確認)

今の宮古・八重山のコロナパンデミックは、本土由来のものではなく、確実に沖縄本島由来のもの。本土の空港に行ってみて本土の感染対策の徹底ぶりと、沖縄の対策の甘々さを目の当たりにしてきたので、まさに実感しています。逆に心配なのは宮古・八重山へ訪れた本土からの観光客が被感染し、発症前に本土に戻って本土で発症して感染拡大すること。数値的には本土の感染者にカウントされますが、確実に沖縄が元凶ですからね。

本土のためにも、今の沖縄へ旅行で来るのは止めて欲しい次第です。せっかくの沖縄旅行でコロナに被感染なんて、申し訳なくて仕方ありません。しかし無能沖縄県知事にはこの気持ちが皆無で、「コロナ感染しても良いから沖縄に来てお金落として」スタンスなので呆れるばかり。

なのでこのブログでは明確に訴えます!

今の沖縄はコロナ被感染する確率高し!沖縄旅行は止めて本土で完結する旅行を!

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/10/21-07:00 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲