ページの先頭へ△

2020年10月10日

紀伊半島で300mmレベルの豪雨!それが東海/関東方面へ…

typhoon20201010-no14.jpg


今朝7時の段階の24時間降水量

#和歌山県 350mm
#三重県 270mm
#徳島県 200mm
#奈良県 125mm
#高知県 120mm


台風14号は予想通り雨台風のようです。昨日、「高知/和歌山/三重/愛知/静岡/神奈川/千葉は水害に要警戒」というコメントを図にも落としましたが、まさにこのエリアの豪雨は猛烈。そして高知は明日(10/10)には雨も収まるとの話も、少し遅れたものの今朝にはほぼ雨雲群は抜けているようです。

しかし台風の動きが非常に遅く、さらに東に抜けてくれればスピードアップして影響も少なくなるものの、何故か南下してしまいスピードダウン。台風は中心から離れていても、その北側には猛烈な雨雲群が広域にかかるので、「上陸」とか「接近」とか、どうでも良い言葉にはとらわれずに、雨雲群の位置を常に雨雲レーダーなどで確認して欲しいものです。

台風の豪雨は中心の位置に関係無く広域に広がります(特に北側)!台風の実経験が無い気象予報士の無意味な言葉を鵜呑みにしませんように!!!

10/10朝の段階では、紀伊半島が豪雨のピークを越えようとしている段階で、その猛烈な雨雲群は徐々に東へ。今後は静岡県と神奈川県・千葉県は猛烈な豪雨や水害に警戒して欲しい次第です。紀伊半島の300mmレベルの豪雨がそのまま東海地方から関東南部を通過すると考えましょう。そして水害は、豪雨が収まった後に一気に来ますので、絶対に河川や土砂災害が起こりうる場所には近づかないで欲しいものです。

川の様子を見に行くという「アホな行動」は絶対に止めましょう!

ちなみに沖縄は台風の間接的な影響もほとんど無く、風も弱いです。むしろ大陸からの秋の空気による影響で天気が不安定。基本は晴れていても、突然雨になったりしています。でも気温は高めで、最低気温も25度とまだまだ夏模様です。

ただ海は大シケで、沖縄/奄美全域で3.5m〜4mの波。離島への船も多くが欠航。昨日も泊港にほとんどの船が1日停泊していましたしね。でも八重山の内海航路は強く、欠航便は外海航路のみ(西表島上原便/鳩間島便/波照間島の小型便)。

それでも海は大シケなので、良い天気でも離島行きは控えた方がよさげ(そもそも欠航で行けない島が多いですが)。台風14号の動きが遅いので、沖縄海域のシケも長引きそうです。嗚呼、物流が・・・(来週の物資不足は必至)

posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/10/10-08:11 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲