ページの先頭へ△

2020年09月25日

本土は台風以上の豪雨かも?そして沖縄の夏は終わり??

typhoon20200925-puti.jpg
本土の気象予報士や気象会社は、影響がほとんど無い「台風12」号の話ばかりで、九州の「プチ台風」についてはニュースにはほとんど出てきませんでしたが、個人的な予想通り猛烈な雨になったみたいです。

正直、雨だけをとれば、台風よりこのプチ台風の方が強烈!

沖縄ならそのまま雨水が海に流れるだけなので、プチ台風はあまり気にしませんが(むしろ水事情改善の恵みの雨)、本土の場合は水害に直結するので台風以上に注意した方がいいはずなんですけどね。それなのに無意味な台風12号の情報ばかりで、本土は大丈夫?って感じでした。

プチ台風は昨日1日九州南部に停滞し、徐々に東へ移動。今朝は四国・近畿が豪雨モードになっています。プチ台風は風がない代わりに動きが遅く、雨雲群が同じ場所に停滞するので、結果的にもの凄い降水量になります。台風なら長くても半日の豪雨も(実際は数時間)、プチ台風の場合は延々1日とか降り続きますからね。

でも昨日1日の九州南部の豪雨。多いところで1日170mmで済んでいますので、水害レベルはギリギリセーフかな。でも今朝はそれ以上の雨が四国で降っていて、高知では300mm近い雨の所もあるみたいです。

九州南部から四国南岸と移動しているプチ台風。このまま行けば猛烈な雨雲の中心は紀伊半島南部、そして東海地方へ移動しそうな感じ。もしかすると台風12号以上の豪雨が北海道を除く本土全域であるかも?

素人目にも分かるようなこの豪雨情報を、本土の気象予報士や気象会社はなんで出さないんでしょうね・・・。やっぱりどんな気象予報士より雨雲レーダー情報が役に立ちます!(沖縄では鉄則w)




ちなみに沖縄は台風12号とそのプチ台風が雲を全部持って行ってくれているので、ここ数日はまとまった雨無し。スコールも減ってきています(今朝はちょっとだけスコール)。

ただ気になるのは、ずっと北風。しかも時より強く吹いていること。

これって10月後半の夏シーズンの終わりを告げる「新北風(ミーニシ)」?って感じの空気感です。本土にプチ台風があれば、通常ならそこに向かって湿った南風が沖縄に入ってくるはずなのに、それが全くなく逆向きの北風。

真夏の暑さも1ヶ月早かった2020年でしたが、夏の終わりも1ヶ月早い?

もちろん台風12号とプチ台風の影響で、日本海域の気候が一時的に変わっているだけなのかもしれませんけどね。おかげで10月後半のような過ごしやすい気候なので助かっていますが、そうなると冬も1ヶ月早くなるのかな・・・(冬の沖縄は天気が不安定であまりいい季候ではないので・・・)。


とにもかくにも沖縄は比較的安定した気候ですが、本土は西から徐々に台風以上の豪雨モードになるエリアもありますので、気象予報士の戯言はスルーし、自ら雨雲レーダーをチェックして豪雨や水害に備えていただきたい次第です。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/25-06:24 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲