ページの先頭へ△

2020年09月13日

竹富島への漂流物騒動。沖縄マスゴミのバカさが露呈w

竹富島北岸への漂着物。沖縄のマスゴミ(新聞・テレビ)の過剰報道はホントに酷かったです。全て「絶対に在沖米軍のものだ!」的な報道がウザいったらありゃしませんでした。でも「冷静に」っていうか「常識的に」考えれば、日本海域の潮の流れは「竹富島から本島」なので、沖縄本島のものが竹富島へ流れ着くことは考えにくい(あったとしても何年もかけて太平洋を一周して石垣島東岸や南岸に流れ着く)。


その馬鹿騒ぎも、たった1本の親切な電話で全て終了w

台湾から自国のものではないかとの連絡あり。

台湾は律儀でホントにいい国ですね〜。


そもそも今回の漂流物。軍関連の標的機だったらしいですが、その本体に漢字で「右」「左」と書かれていたらしく、それを米軍のものと言うのは常軌を逸していますよね。明らかに漢字圏、つまり中国か台湾からのものを、どうしても在沖米軍のネタにしたかった沖縄のマスゴミ。まさに「ゴミ/塵」だったのでした。

でも竹富島って八重山の石西礁湖(巨大なリーフ)のど真ん中にあるので、外洋からの漂流物は到達しにくいはず。漂流しても軽いものぐらいなので、今夏の模擬機漂着には確かに驚き。おそらくこれも台風による高波で、リーフを超えたためだったんでしょうね(通常ならリーフで止まってそのまま外洋を流れる)。

ちなみに竹富島のビーチは、基本はどこも遠浅。強いて言えば東岸のアイヤル浜とナーラサ浜は石垣島との海峡に面しているので、沖は少し深くなっていますが、基本は遠浅です。中でもコンドイビーチは、何百メートル沖に行っても浅瀬で、沖までチャレンジするもまともに泳げる深さまで行くことはできませんでした。まぁ満潮時ならビーチ近くでも泳げますが、干潮時は本気でどこまでいっても泳げる深さにはなりませんでしたね。そのおかげで、幻の浜的な砂の大陸も望めるわけなんですが、この状況で何かが流れ着くのは通常では考えにくいですよね〜。

そして台湾からの一方が入るや否や、沖縄のマスゴミの報道がピタリと停止w

それと同時に、沖縄のマスゴミを笑うかのように、本土のメディアが多く取り上げ、そのギャップがある意味面白かったです。ホントに沖縄の新聞社とテレビ局は全てにおいて「偏向」していますね。「米軍=悪者」にならないと困るようですのでwww

とにもかくにも離島は平和ですw


StopTravel2020〜竹富島
taketomistand201707.jpg


GotoTravel2021〜竹富島
GotoTravel2021〜竹富島




posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/09/13-11:48 | 沖縄ニュース
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲