ページの先頭へ△

2020年05月24日

沖縄には「梅雨」は無い!もはや「雨季」ですね

それにしてもこの3日間の沖縄各地で降った雨は凄かった。いわゆる「梅雨」の長雨という印象は一切無く、赤道直下の猛烈な雨が続く「雨季」のような感覚の3日間でした。なんと沖縄各地で5月として観測史上最多の降水量を記録。那覇でももう雨は見たくない!というレベルでした。

3日間で降った雨の量

#南大東島 316mm
#北大東島 308mm(5月の記録更新)
#宮古島 234mm
#西表島 223mm(5月の記録更新)
#石垣島 214mm
#下地島 211mm
#多良間島 210mm
#渡嘉敷島 144mm
#南城市 115mm
#那覇市 87.5mm


ただ3日間ともに「1日中雨」ということはなく、何故か早朝と夕方以降は雨が降っていなかったんですよね。日中も午前か午後のどっちかが雨という感じで、実際に降っていた時間は1日の「1/4」程度。それでもこの降水量には驚きです。

その理由は雨雲が渦を巻いて中心付近で猛烈な豪雨になる「プチ台風」が連続して沖縄を縦断していったから。まさに八重山から宮古、本島南部を経由し大東島へ連日進んで行った感じ。結果、そのエリアの累積降水量は記録レベルでしたが、そのラインからわずかに外れたエリアでは雨は少なめ。宮古エリアはモロにそのライン上で全ての島で豪雨でしたが、八重山エリアでは宮古に近い石垣島や西表島では豪雨だったものの、与那国島や波照間島では3日間の累積で「60mm」前後と、まさに局地的豪雨。

もはや「梅雨」ではなく、「雨季」の印象が強かった3日間でした。

そもそも沖縄には本土で言う梅雨のような季節感は無いんですが、無理矢理、気象庁や気象台が「梅雨」と呼んでいるだけのような気がします。沖縄の梅雨時期は、スコールや集中豪雨が多くなるだけで、いわゆる梅雨のような長雨の印象はありません。むしろ長雨は冬の話で、夏は完全に「雨季」って感じです。

雨は激しいが降っている時間は限定されますので、その雨の降っている時間を読み切れば、意外と傘不要。なにせこの3日間、朝ランは毎日できましたし、夕時の外出も傘無しで移動できる時間もありましたからね(日中は外出自粛が功を奏した結果)。

そして今日は台風一過の沖縄になるか否か!?

<昨日の那覇。豪雨モード終了の瞬間>
sunset20200523w1594.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/24-06:00 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲