ページの先頭へ△

2020年05月13日

昨日の石垣島。梅雨末期によくある記録的豪雨!観測史上最多

それにしても昨日の石垣島の雨は凄かったですね。なにせ5月としてではなく、1年を通して観測史上最多の雨でしたからね。猛烈な台風よりも激しい雨が、昨日の石垣島では降ったらしいです。といっても「1時間あたりの降水量」ですが、たったの1時間に降った雨は・・・


「126mm」


降った雨のみで、1時間で島全部が足首までの水位になるってことですからね。さらに石垣島には「川」があるので、河川の水量はさらに猛烈なものになっていたのかと思います。でも昨日の豪雨は石垣市街のみで、川平では1時間に「63mm」、北部の伊原間で「29mm」と、石垣島でも豪雨になったのは南部限定のようです。でもそうなると石垣市街と近いエリアにある、竹富島とかはどうだったんでしょうね・・・(竹富島に降水量計/アメダス無し)

まぁ竹富島は集落が少し高台にありますし、舗装路も少ないのでそのまま地面に浸透しそうですし、川も無いですから大丈夫かな。ちなみに八重山の島だと、川が無い島は集落が高台にあるところがほとんどですし、川があったりしても集落は海の近くだったりして、水害は受けにくい構造だったと思います。逆に宮古は山も川もないので治水がかなり悪く、少しの大雨でもすぐに至るところで道路が冠水する傾向。まぁどっちにしても離島なので、本島に比べれば治水は良いとは思いますけどね。

昨日は那覇でも1時間に30mmの雨でしたし、本部では40mm近い雨だったので、本島でも猛烈な豪雨でしたけどね。まぁ机上の梅雨入り発表前の「5月3日」には、渡嘉敷島で5月の観測史上最多の雨がありましたけどね〜(24時間で198.5mm)。

昨日の1時間あたりの降水量(括弧は24時間)

#石垣島 126mm(170mm)
#渡名喜島 51mm(107mm)
#西表島 43mm(61mm)
#宮城島 43mm(82mm)
#久米島 41mm(74mm)
#本部 38mm(99mm)
#那覇 32mm(62mm)



ちなみに沖縄の梅雨末期にはこのような豪雨は毎年あります。逆に梅雨初期にはスコールは多いものの、昨日のような豪雨はあまりありません。その理由は、昨日のような豪雨は夏の空気が沖縄近海まで来ているときに起こるもので、その夏の空気が安定して沖縄にかかれば梅雨明けというわけです。

そしてその夏の空気がもう1つ影響するのが「台風の進路」。

さてさて台風1号の進路はどうなる?


posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/05/13-12:32 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲