ページの先頭へ△

2020年03月27日

昨日は奄美大島でも海開き!しかし八重山同様祭事のみ…

amamiumibiraki20200326.jpg

写真はリアルな「新暦2020年3月3日の用安海岸」

昨日は旧暦3月3日。沖縄・奄美では「浜下り」の日ですが、奄美大島では毎年その浜下りの日に「海開き」。ある意味、一番正しい海開きの日程だと思います。沖縄は完全に集客のために週末しか開催しませんが、奄美は伝統重視ですね。

昨日は奄美大島・用安海岸で、海開きが無事に開催されたようです。



しかし沖縄でもそうでしたが、奄美でも今年の海開きは式典のみで、地元の子供たちなどによる「初泳ぎ」は中止。人口密度も高くないし、屋外で風通しも良い場所なのに、海開きでの初泳ぎ中止は過剰反応な気がしてなりません。っていうかイベントとしての初泳ぎは中止でも、その横では個人で普通に泳げるんですよね。昨日もイベントとしての浜下りで海に入るのは中止でも、個人で浜下りする人もいましたからね。

この様子だと、今後の沖縄本島で開催される海開きも同じ傾向でしょうね。気になるのはホテル主催の「勝手海開き」。集客目的のみなので、勝手海開きは強行しそうですね。ちなみに4月最初の日曜日は各地で海開きが予定されていましたが、宮古島のものは中止決定。波の上ビーチのものは式典のみだそうです。でもどっちも泳ぐのは自由なので、あくまでイベントとしての海開きが中止になるだけです。

なにせ昨日は西表島で「28.5度」、石垣島で「27.8度」、宮古島で「27.2度」、そして那覇でも空港周辺で「26.5度」と、まさに夏シーズン到来。普通に泳げる気候です。まぁ観光客はとっくに海で泳いでいますけどね・・・(沖縄の海は海開きの有無に関係なく1年中泳げます)


ちなみに海の中でコロナウイルスはどうなるんでしょうね。水中を浮遊するのか、塩分で消毒されるのか?

コロナウイルスは塩素消毒が有効と言いますが、海の塩分と消毒の塩素ではものが違うので一概にはわかりませんね(これが未知のウイルスの怖さ)。でも塩素消毒されたプールは、まさにコロナ対策に有効な気がしますので、この夏はプールが無難なのかな?

まっ、明確な根拠がないですし、未知のウイルスなのでわかりませんけどね・・・

ホント、この夏がどうなるか心配でなりません。既にGWは諦めていますが、梅雨明け以降の本格的な夏の沖縄、どこまで自由度があるか否か。そもそも沖縄への渡航ができる状態なのか。先が見えないのが、一番のストレスですね。。。

まぁ今週末の東京在住の方に比べれば、沖縄はまだマシですが・・・
東京の方々のご苦労察します。がんばって乗り切りましょう!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/27-08:29 | 沖縄イベント情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲