ページの先頭へ△

2020年03月24日

連休明けの沖縄は意気消沈ですね・・・

「地震雷火事親父」

と言いますが、連休明けの沖縄は違った意味で怖いもの続き。

  • 4人目の感染者のスペイン旅行バカ家族(沖縄本島中部在住・3/21感染確認)

  • 5人目の感染者のベルギー渡航外国籍20代男性(那覇市内ホテルロイヤルオリオン勤務・3/23感染確認)

  • 沖縄本島で震度2の地震(3/23夜11時頃)

  • 宮古島で震度1の地震(3/24深夜2時頃と午前10時頃)


「地震コロナ馬鹿家族」

ですねw

正直なところ、新型コロナウイルスよりも、地震よりも、この「バカ(危機感欠如)家族」が一番怖い。あと未だに4人目の感染者の所在地を隠蔽する沖縄県の対応も恐怖しか感じません。何故に5人目の感染者は「那覇市内のホテルロイヤルオリオン勤務」と発表したのに、4人目のバカ家族の居住エリア(自治体名)すら発表しないんでしょうね。おかげで沖縄本島中部の方は全域で恐怖を感じて生活せざるを得ない事態かと思います。

ちなみに那覇も、そのホテル勤務の外国籍の人の行動パターンからすると、自転車で那覇市街をウイルスまき散らしながら爆走しているはずなので、かなりの恐怖です(3/14〜3/18は確実にウイルスまき散らし)。とかく朝ランする早朝にはその外国籍の人の集団が多いので、個人的にも気になります。まぁ自己防衛で、人とすれ違ったりする際は、最低でも1m、可能なら3m以上離れるようにしていますし、その外国籍の自転車集団走行は、もともと近づかないようにしていますけどね。

でもこのホテルロイヤルオリオンホテルの対応は素晴らしく、名前の公表も初期の段階で同意したらしいですし、既に感染者がフロント対応した客への連絡済み。

それに引き替え、スペイン旅行バカ家族は、未だに居住エリアも公表されていませんし、その後の行動もトレースしていない始末。中でも「感染者本人は外出していません」って、それは意味がありません。スペイン旅行バカ家族全員が、帰国後に一切外出していない訳ではないですよね・・・(外出しなければ飢えるw)

新型コロナは1回目の検査が陰性でも、2回目・3回目の検査で陽性と出ることがザラ。このスペイン旅行バカ家族全員、その危険因子なので、この家族全員の帰国後の行動を全てトレースし、全て発表して欲しいものです。無能な沖縄県では無理かもしれませんが・・・

そもそもこのスペイン旅行バカ家族。この時期に家族と親族で長期旅行へ行けるということは、一般公務員やサラリーマンではない可能性大。個人的には不動産で収益を得ている人の可能性が高いような気がしますが、もしかすると政治家の関係者なんて可能性があるかもしれません。それなら隠蔽する理由もわかります(県議会議員選挙近し)。

とにもかくにもこの「バカ家族」の情報公開を強く願う次第です。

2019nCoV-200130monos_niid.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/24-11:34 | 沖縄ニュース
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲