ページの先頭へ△

2020年03月10日

せっかくの夏模様の沖縄なのにね。

今朝は本土(西日本)の方が天気的には大荒れだとは思いますが、沖縄も確実に「夏の雨」の様相で、猛烈な豪雨だったみたいです。特に本島の南西部では猛烈で、久米島で1時間に43mm、那覇でも1時間で26mmという猛烈な雨だったみたいです。

昨日の夜から今朝までの1時間当たりの降水量

屋久島 60mm
久米島 43mm
那覇 26mm
奄美大島 26mm
喜界島 24mm
沖永良部島 23mm
渡嘉敷島 22mm


でも本島海域の雨雲群は既に東へ通過しており、気温も高い状態で空気感的には6月頃の夏模様。昨日はあまりに気温が高かったので、布団無しで寝ちゃいましたしね。このまま夏シーズンに入っちゃうかな?

もちろん雨のあとは北風に変わっているので、気温は深夜より日中の方が低くなるかと思います。それでも室内なら朝までの夏の空気が残っているので、今日は室内の方が快適な気候かもしれませんね〜(コンクリートに熱が残っているので)。

まぁ明日は冬の気候(最高気温20度未満)に戻るらしいですが、その翌日はまた夏模様と、日替わりで冬と夏がやってくる3月の沖縄らしい気候のようです。この冬の沖縄の気候はめちゃくちゃでしたが、この3月に関しては例年のような感じに戻っています。なので4月以降の夏シーズンも例年通りの感じになりそうですね。といってもここ数年の4月の沖縄は完璧に「梅雨」ですが(気象庁はかたくなに認めませんがw)、それでも気候的には確実に夏。

さてさて今年のGWはどんな気候になるんでしょうね。といっても今年のGWはコロナの影響が残っていると思いますので、とても静かな沖縄になりそうです。那覇ハーリーも中止かな・・・(まだ決まっていませんが今までも悪天候などで中止は何度もあります)。

ちなみにマラソン大会は、4月の「あやはし海中ロードレース」も「古宇利島マジックアワーRUN」も中止になり、今シーズンの主要な大会はこれで終了。5月以降は梅雨ですし、そもそも夏シーズンなのでマラソンには不向きな気候。はたして10月以降の来シーズン、どうなっているんでしょうね。まぁ10月の大会でも中止になるレベルなら、この夏の東京五輪も無理な状態でしょうけどね・・・

あと沖縄だと3月以降は海開きが開催されますが、これも気になるところ。でも海開きは人を集めて行う「イベント」ではなく、あくまで「祭事」扱い。また各地でハーリーが開催される旧暦5月4日の「ユッカヌヒー(ハーリー・海神祭)」は、2020年は「6月24日」なので、まだ時間はありますし、こちらも「祭事」なので問題無いかな?5月の那覇ハーリーだけは祭事ではなく人を集める「イベント」の感覚なので、中止になりそうですけどね。

沖縄は3人目のコロナ感染者が出た「2月20日」以降、もう20日も感染者が確認されていませんので、本土よりは確実に安心なんですけどね・・・

でも、ほーーーんとに1週間滞在した奄美群島は、コロナとは無縁で快適でしたよ〜。特にメンタル的に。那覇に戻ってからはニュースはコロナばかりですし、中止や自粛の嵐で気が滅入っちゃいますからね。本土の方も息が詰まりそうになったら、是非とも「奄美へ」お越しくださいませw(実体験済み)

豪雨の前触れ?昨日の夕焼けと暴風動画




posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/03/10-05:52 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲