ページの先頭へ△

2020年01月25日

さらに夏模様の旧正月。しかし気温以上に気になることが・・・

map20200125.jpg午前6時の段階で、那覇の最低気温は午前2時台に記録した「20.6度」。平年の日中の最高気温より2度近く高く、そして平年の最低気温と比べると6.5度も高い朝を迎えています。しかも午前2時以降はまだ夜明け前にもかかわらず徐々に気温上昇中。まぁ観測史上最も高い最低気温は「21.6度」なので、記録的な暑さとは言えないかもしれませんが、それでも1月としては観測史上トップ10に入る暑さ。


今朝は暑さで目が覚めましたよ。


ちなみに昨日からの装いは、半袖半ズボンのみ。それでも暑さを感じるのって、ホントこの冬の沖縄は異常です。なにせ昨日の日中は宮古島で1月にもかかわらず「27度台」。1月としては観測史上最高気温を記録してしまいました。この冬は本島と八重山の暑さは顕著だったものの、宮古島だけはギリギリ平年近くの気候だったのですが、昨日はまさかの記録更新となる暑さ。


この冬の沖縄はどうなっちゃうんでしょうか・・・


昨日(1/24)の沖縄・奄美の最高気温

#宮古島 27.1度(1月の観測史上最高)
#石垣島 26.9度
#西表島 26.6度
#多良間島 26.4度
#波照間島 26.2度
#南大東島 26.2度
#北大東島 26.1度
#下地島 26.1度
#那覇 25.8度
#奄美大島 25.5度
#南城市 25.0度(1月の観測史上最高)


さらに予報では今日が暑さのピークらしいので、もしかするとこれらの気温、今日はさらに更新されるかもしれませんね。真夏の陽気の旧正月ですか・・・(本来は1年で最も寒くなる時期)


その旧正月が大問題!


個人的には全く関係ないので普段通りの生活をしますが、今日の沖縄は少し雰囲気が違う町並みになっているかもしれませんね。「盛り上がる」という意味ではなく、逆に「盛り下がる」という意味で。特に那覇は沖縄各地から働きに来ている人が多い町なので、この旧正月はほとんどが地元に帰省。本土の正月休みのような雰囲気になっているかもしれませんね。

また地元系のお店は旧正月時期は休みになってしまいますので、お店も閉まっているところが多そうです。でも地元系ではない観光客相手のお店は通常営業しているので、国際通りなどはいつもいつも通りだと思いますが、逆にその手のお店にはC国からの人が多いので、別のことで気になります。


コロナウイルス。


C国から来た人を十把一絡げにすることは良いことは思いませんが、少なくとも他の国から来た人よりリスクが高いことは否めません。既にC国ではパンデミック状態に陥っているので、そのタイミングで春節休みで世界各地に人が移動することは、世界的なパンデミックにつながる可能性もあります。既に一部の国では、C国の発生源となっている街からの入国者を拒否しているとのこと。しかし日本は水際対策が甘く、さらに沖縄のクルーズ船は甘々。沖縄に直接感染者が入って来る可能性もあります。


そう考えるとゾッとします。


この春節休み時期は、できる限りC国人が来ない場所を選んで行きたいものですが、最近のC国人は平気で本来は地元しかこないお店にも来るから困ります。少なくとも、那覇だと「国際通り」とクルーズ船が発着する「若狭」には、正直なところ近づきたくない次第です。あと大型ショッピングモールもイヤですね〜(イオンモール沖縄ライカム、イオン那覇、サンエーパルコは特に危険)。

最も危険なのは、国際通りのドンキホーテかな・・・
次点でマックスバリュ若狭店・・・

あと小禄のイオン那覇も超危険。那覇空港からモノレールで2駅でしかも駅直結なので、C国からの人も多く来ます。しかもここはC国人が総菜コーナーで、総菜にツバを飛ばしながら大声でしゃべる始末。ここの総菜は那覇でも一番危険度高し。一番上にある総菜は避けます。

勝手に那覇市街でC国からのリスクが高いエリア


posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/01/25-06:00 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲