ページの先頭へ△

2020年01月15日

気温が高くて快適なのはいいけど、桜が・・・

昨日は那覇でも午後は半袖1枚でOK。しかも日向を歩くと汗ばむほどでした。なにせ昨日は那覇でも「22.9度」まで気温が上がり、そして宮古・八重山では25度以上の夏日になるところもありました。昨日は南風だったので、まさに夏の空気感。しかし冬場の南風は、確実に雨の前触れ。那覇でも夜中に雨が降ったみたいで、路面こそ乾いているものの、水たまりが多かったです。

<昨日の沖縄各地の気温>

#多良間島 25.2度
#波照間島 25.0度
#石垣島 25.0度
#下地島 24.9度
#宮古島 24.5度
#西表島 24.2度
#久米島 23.2度
#那覇 22.9度



そして雨の後は北風に変わり、今朝は気温も右肩下がり。でも北風がそれほど強くないので、気温もそれほど下がらず、比較的快適な朝を迎えています。日の出時間はどんより曇っていましたが、日が高くなるに伴い青空が広がってきて、今日もほどよい陽気になりそうです。

それにしてもこの冬の沖縄。未だ暖冬傾向。日中の気温も高く、3月頃の感覚です。そもそも冬の沖縄では、南風になることはほとんどなく、常に北風な「はず」なんですが、今年は風向きがコロコロ変わり、南風も多いです。確かに3月なら、夏シーズン直前もあって、夏の空気(南風)と冬の空気(北風)がせめぎ合うこともありますが、1月・2月はある意味「安定した北風」のはずなんですけどね・・・

全般的に気温が高いと、その1月・2月の風物詩「桜」の開花への影響が懸念されます。

桜は、気温が常に高いとつぼみが膨らまず、桜の開花も遅れますが、咲く数も減ります。桜は夜に気温が下がってつぼみが膨らみ、日中に気温が上昇すると開花するということらしいので、日中の気温夜も夜の冷え込みの方が重要。しかしこの冬の沖縄はあまり気温が下がらず、なかなかつぼみが膨らまない気がします。

今週末(1/18)から、本部半島の八重岳で「桜まつり」が開催されるので、もう少し冷え込んでくれると助かりますね。まぁ八重岳は那覇よりはるかに気温が低いので、つぼみが膨らむには十分な寒さなのかもしれませんけどね。

問題は那覇など市街地の桜か・・・

ちなみに去年も気温が高めで、さらに雨が多かったのも影響したのか、那覇市内の桜はイマイチ。開花こそしたものの、花の数は少なかったです。特に本島南部で最初に桜まつりが開催される八重瀬岳は、イベント当日でも全く咲いておらず。まぁ去年から八重瀬での桜まつり自体は、桜に関係ない役場前での開催でしたけどね。造花の桜が満開でした(笑)。

さてさて、今週末から本部の八重岳で桜まつり開催も、桜の開花状況はどうなんでしょうね・・・

去年2月初旬の那覇の桜

sakura20190208142417.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 2020/01/15-09:01 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲