ページの先頭へ△

2019年12月15日

冬の沖縄といえば「トックリキワタ」。桜のようなピンクの花が満開

冬の沖縄の花と言えば、一般的には鮮やかなピンク色の花を咲かせる桜「カンヒザクラ」ですが、ただ桜も冬後半に開花なのでまだまだ先の話(1月後半に山間部から開花し那覇市街は2月中旬開花)。

年末年始、冬前半の沖縄だと、断然「トックリキワタ」

那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ
那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ


那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ
那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ



桜同様に、冬に鮮やかなピンク色の花を咲かせる高木で、遠目で見ると「もう桜開花?」っと間違える人もいるほど。でもその幹を見ると、明らかに桜とは違う特徴があるので、ピンク色の花が咲く高木を見たら、まずは幹をチェック!

幹がまるで「とっくり(徳利)」!

那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ


上が細くて下がとっくりのように太くなっていれば、明らかにその木は「トックリキワタ」。さらに別名「ヨッパライノキ」とも呼ばれ、ピンク色の花より、とっくり型の幹に注目が行きます。12月の沖縄はトックリキワタが開花し始め、12月も中旬から1月にかけては満開モード。既に那覇市街でも満開のところもありますが、ただトックリキワタは桜ほど名所がありません。

でも個人的に知っている場所。ご紹介いたします^^ゞ

松山公園


桜の名所でもありますが、桜は公園西側(幹線道路側)のみ。公園奥の東側に、トックリキワタの並木があります。また公園内を経由しなくても、国道58号線のセブンイレブン脇の道をまっすぐ進めば、トックリキワタの並木がある公園入口にたどり着けます。まさに12月はここのトックリキワタは満開!本数は10数本程度ですが、周辺が広場になっていて、景色を邪魔するものはありません。トックリキワタを鑑賞するには那覇でも最適かも?

開南バス停


個人的には「那覇でトックリキワタといえばここ!」というほど、確実にトックリキワタが綺麗に望めるのが「開南バス停」。わかりやすく言うと、国際通りからアーケード街を抜けた終点。タコライスの名店“赤とんぼ”があるアーケード街「サンライズなは」の終点部分に、トックリキワタの銘木?があります。アーケードの先に見えていますので、ここを通れば一発でどこにトックリキワタがあるかわかります。またバス停部分が少し高くなっているので、高木の花でも花を近くで望めるメリットもあります。

トックリキワタ並木


穴場なのが、ハーバービューホテル脇の坂道にある、トックリキワタ並木。地元なら壺川方面と壺屋方面をショートカットする馴染みの道ですが、観光客にはまず縁が無い通り。那覇でおそらく唯一じゃないかな?トックリキワタが両側にあって並木を形成しているのは(他を知らないだけw)。でもトックリキワタって開花しないものもあるので、通り全体がピンク色になることはまずありません。でもこの並木は幹が見物。まさにトックリが道路に並んでいる感じです。


他にも那覇ではありませんが、浦添の国道330号線バイパスにも綺麗なトックリキワタがあるんですよね。でもここを通るのはいつも朝ランの時なので、暗くて未だ撮影できず。いつかここも撮影して紹介したいと思う次第です。っていうか桜同様に、旅行ガイドで「冬の沖縄」をテーマに、このトックリキワタのことも書きたいですね〜(でも今が開花時期なので来年まで持ち越しw)。


那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ


那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ那覇〜トックリキワタ/ヨッパライノキ



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/12/15-10:00 | 沖縄離島ドットコム
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲