ページの先頭へ△

2019年11月14日

空気感が台風が近海にいる感じ。生暖かく、予想外の雨も!?



朝ランすると、数値では表れないリアルな空気感を感じることができますね。

今朝の沖縄。走り始めた同時に、はだにまとわりつくような空気感。しばらく走ると、いつもと違う方角から感じる風。「台風の影響?」ってほどじゃないですが、台風が南の海域にあるときと同じような空気感なのは確かでした。アメダスの数値だけを見るとそんな感じでは無いのですが、体感的には台風が近海にいるときのような感じでした。

しかも走っている間に、台風の外側の雲がかかったときのような、粒の大きめな雨が少しだけ。降った時間は1分程度でしたが、な〜んかイヤな空気感でした。

でも走り終わった頃には綺麗な朝焼けも望め、あの雨はなんだったの?って感じで朝ラン終了。走った後にウェアなどを洗濯し、干してしばらくすると青空が望めるのに強めの雨。


オーマイガッ!(洗濯物が・・・)


こちらは10分程度。しかし10分も強めの雨が降ると洗濯物は全滅。まぁ今日は風が強めなので、朝の雨なら風で乾きそうですけどね。

しっかし、この雨の降り方、そして天気の展開。まさに台風が近海にいるときそのままの状態。台風26号は確かに沖縄の南の近海にいますが、沖縄へ直接的な影響がある距離ではなく、間接的にしてもあまりに遠いはずなんですが・・・

気象衛星で雲の状況を見ると、その台風26号の雲のサイズの大きさにビックリ。雨雲自体は沖縄までは届いていませんが、本土を通過中と思われる前線に向かって、台風から湿った空気が送り込まれているような感じでした。確かに、気温が高めで天気が不安定なのも、この台風26号と前線の干渉によるもなら頷けます。

台風26号自体は西に抜けそうですが、あまりに影響範囲が広いので、今後も沖縄海域への影響が気になります。そして直撃しそうなフィリピンもかなり気になります。どうしても11月の台風と言えば2013年の台風30号を思い出してしまいますからね(犠牲者6000人超)。

机上の中心気圧は「1000hPa」とギリギリ台風認定されるレベルですが、雲の密度があまりに高いので、数値以上の影響がありそうな気がしてなりません。今週末は沖縄への影響なしと読んでいただけに戸惑います。いろいろ予定がありますし、何より今週末の那覇は「離島フェア」開催!まぁメイン会場は屋内なので、雨だけなら問題ないですが(飲食ブースは屋外ですが)気になります。


ちなみに台風25号は、日本海域への直接的な影響は無いものの、米軍予想ではかなり迷走とのこと。まぁその迷走中に台風としては消滅する可能性もありますが、こちらもまだ安心とは言えないかもしれません。なにせ今年の台風は従来の進路通りに進まないものが多いので、日本海域からこの2つの台風(台風25号・台風26号)が消えるまで、しばらくは油断せずにチェックしていたいと思います。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/11/14-08:33 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲