ページの先頭へ△

2019年11月10日

今日は横浜?いやいや加計呂麻島!マラソン大会のお話

今年はまともに開催されそうですね。もはや“呪われたマラソン大会”とも称される「横浜マラソン」。私もまさにその被害者の1人で、第1回大会に参加し、生涯2番目の好タイムを記録も、なんと公認コース(予定)にもかかわらず「設定距離不足」で・・・


全ランナーの記録無効!


あり得ません!!(42.195kmのはずが42.0088kmしかなかった)

しかもその理由が、ランナーがみんな嫌がっている「首都高コース」を大会当日まで計測できなかったからだそーです。正直、あの首都高を走るコースは、まだ石だらけの悪路の方がマシ。なにせ10kmも間、左右のどちらかが下がっている横斜めの道。車なら良いでしょうが、ランナーであの斜めを延々10kmも走るのは苦痛でしかありません。っていうか首都高の下の一般道でいいのでは?だって首都高を走ったって景色は防音壁で一切見えないし、もちろん沿道の応援もないし、良いところ何一つありません。しかも距離不足なんてあり得ませんよね。

第2回は無事に開催されたものの(3月で気温が10度しかない極寒だったみたいだけど)、公認コースからは除外。そして第3回から、東京マラソンと日程がかぶらないように10月末に日程を変更も・・・


台風で中止!


まさに爆笑!!!

第3回までで1回中止、1回記録無効。ランナーとして絶対にエントリーしたくない大会ですよね(笑)。第4回の去年は、10月末になってまともに開催も、第5回の今年は今までの奇数回パターンからすると、またアクシデントがありそうな予感w


第1回距離不足・第3回台風で中止・第5回の今年は!?


今のところ天気的なアクシデントは無さそうですが、今回もまさかの大会当日に「天皇陛下の即位パレード」とモロかぶり(笑)。まぁ時間帯がずれていますが(マラソンは午前9時-午後3時・パレードは午後3時-3時半)、国民の興味は全て「パレード」に行っている日に開催とはね。2年後の第7回、さらなるアクシデントを期待していますwww

<第1回横浜マラソン参加時の旅ガイド>



前置きが長くなりましたが、今日は奄美の離島でもマラソン大会開催。こちらも過去に参加したことがある、超ローカルな大会です。


加計呂麻島ハーフマラソン


奄美空港からバスで2時間近くもかかて移動し、さらに船に乗らないと参加できない大会。マラソンにかかる時間よりスタート地点に行くまでに時間がかかっているのかもしれません。でも大会自体はとってもほのぼのしていて、楽しかったです。でもコースは半端なく、平らなところが一切ありません。ただそのほとんどが海沿いのコースで、景色は最高。さらに制限時間が緩いので、早めにゴールできれば島内観光もできました。

そのときもゴール後に、島南部をぐるりと一周(北部は大会で利用)。マラソン大会が開催中とは思えないほど、普段通りの島の雰囲気が良かったです。っていうか加計呂麻島はもともと好きなので、とにかくマラソン大会に参加して良かったと思いましたね。昨今の離島はどこも観光客だらけで、離島らしさは失われつつあるものの、この加計呂麻島は変わらず癒やされます。

今の南西諸島で、数少ない癒やしの島「加計呂麻島」。来年の大会をきっかけに、来年、島へ行ってみませんか?

ちなみに大会には加計呂麻島に泊まらなくても参加可能です。私もこのときは、奄美大島に宿泊して参加してきました。また加計呂麻島へのフェリーは、原付バイクを格安で載せて島に渡ることができますので、マラソンゴール後にバイクで気軽に観光。レースでかいた汗を乾かしながら島巡りした次第です。また参加したい、っていうか島でのんびり過ごしたいな〜。





加計呂麻島〜於斉の海
加計呂麻島〜於斉の海


加計呂麻島〜於斉の光景
加計呂麻島〜於斉の光景



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/11/10-07:15 | 沖縄マラソン情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲