ページの先頭へ△

2019年10月31日

同じオレンジ色でも空なら・・・夕焼け/朝焼けギャラリー

なんかオレンジ色に対する嫌悪感が出てきてしまった、今朝の沖縄県民。特に那覇市民はリアルにその状況にいたので、「オレンジ色」や「焼ける」という言葉に少々敏感気味。でも今朝はイヤなオレンジ色の間も、綺麗な朝焼けが望めた那覇の空。とてもとても陸上ではあんなことになっているとは想像できない空模様でした。

しかし朝焼けの光景の中にも、オレンジ色から出てきた黒い煙も伸びてきて、おそらく那覇市街の多くの場所からその煙は望めたと思います。なにせオレンジ色の元は那覇一番の高台なので、那覇市街の広範囲から望めてしまいます。逆にその黒煙が那覇市街の広範囲に及んでしまっていたかもしれませんので、風向き次第ではとても怖かった方もいらっしゃると思います。

10/31の朝焼けと首里城火災の黒煙








朝焼け自体はとてもキレイで、オレンジ色になるまで「紫色」「ピンク色」「赤色」もあって豊かでした。まるで真夏の朝のような空模様。でも空気は乾燥していて、オレンジ色の「火」を食い止めることができなかったようです。でも無いものは無い。過去を悔やんでいても何も始まりません。再建に向けて前へ進むべきです。どのみち27年前も再建できたのですから、今回もやる気になればきっとできるはずです。

首里城再建。

少なくとも無料エリアは全て無事のようなので、首里城公園だけはそのまま解放してほしいものですね。さすがに今日は無理としても、正殿以外に見所も多い首里城公園だけに、ネガティブにならずに前向きに未来へ進んで行けたらと思います。

明けない夜はありません。

10/31の朝焼け(首里城火災時)













10/29の彩雲(燃える雲/燃える雲/雲の上の笠雲)



10/29の夕焼け(大半が日没後)








posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/31-12:04 | 沖縄ライフ
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲