ページの先頭へ△

2019年10月13日

台風19号:台風15号。雨は2倍以上・風は2/3前後。やっぱり雨台風?



台風19号。まだ東北や北海道近海にありますが、急速のスピードアップしていますので、あと少しの辛抱かと思います。ただ今回の進路。当初の予想では関東を通過後、東に抜けるとのことでしたが、予想外の北上をしてしまい、関東から東北までほぼ縦断する形になってしまいました。

結果、東北エリアでも猛烈な暴風雨に見舞われ、特に西に山脈があるエリアでは猛烈な豪雨になったかと思います。今回の台風の、特に「雨」については、西に高い山があるエリアが顕著で、中でも箱根は24時間で「922mm」もの豪雨。しかも箱根は海に面していませんので、この豪雨が川や湖に流れるとなると、その影響が心配です。

他でも600mm前後の豪雨になったのは、東京でも檜原村、埼玉の秩父、神奈川の相模湖と、まさに西のエリアばかり。あと台風の上陸ポイントとされる伊豆半島の伊豆市でも、700mm近い豪雨になったようです。ちなみに台風15号の際は、箱根は「251mm」でしたので、今回はその4倍近い雨になったようです。

台風19号の24時間降水量

#箱根町 922.5mm/24h
#伊豆市 688.0mm/24h
#檜原村 600.5mm/24h
#相模原市緑区 594.0mm/24h
#秩父市 548.0mm/24h




あと風については最大瞬間風速で40mを超えるものが首都圏で観測されましたが、どうにか40m台でも前半のもので済み、甚大な被害につながる50m台は観測されませんでした。ちなみにゴルフ練習場の鉄塔が倒壊した台風15号の時の最大瞬間風速は、千葉市で「57.5m」、木更津市で「49.0m」、成田空港で「45.8m」と、今回はその2/3の風でしたので、いかに台風15号の暴風がすさまじかったかがうかがえます。停電に関しても、台風15号の時は最大「93万戸」でしたが、今回は朝の段階で「40万戸」でした。

また首都圏で観測された最大瞬間風速40m超のポイントも、そのほとんどが吹きさらしの埋立地や、高層ビルが建ち並ぶビル風によるもので、実質的な最大瞬間風速は30m台だったかもしれません。しかし東京や横浜は、そのビル風でさらに風が強かった場所もあったと思います。

台風19号の最大瞬間風速

#江戸川区 43.8m/s(吹きさらしの埋立地)
#横浜市中区 43.8m/s(ビル風)
#大田区 42.7m/s(吹きさらしの空港)
#千代田区 41.5m/s(ビル風)
#千葉市中央区 40.3m/s(台風15号時 57.5m)
#南伊豆町 36.7m/s
#舞鶴市 36.4m/s
#銚子市 36.1 m/s
#木更津市 35.9m/s(台風15号時 49.0m)
#藤沢市 35.3m/s
#韮崎市 35.0m/s
#日光市 34.1m/s
#館山市 33.9m/s
#三浦市 33.9m/s
#我孫子市 32.0m/s
#成田市 30.9m/s(台風15号時 45.8m)
#鹿嶋市 30.7 m/s
#仙台市宮城野区 30.4m/s




今回は台風15号に比べると「雨台風」のようだった台風19号。確かに風は15号よりはマシでしたが、雨台風の場合は台風後の方が被害が出やすいので要注意です。河川の増水や土砂災害は、台風通過後の方が顕著に表れます。既に関東の河川は各地で氾濫していますし、地盤も緩んでいると思いますので、水辺や崖は台風接近時以上の警戒が必要です。絶対に、台風通過後の川や海の様子を見に行くのは止めてください。鉄砲水などは後からやってくるので、絶対に水辺には近づかないでいただきたい次第です。

そして最後に台風後にやるべきこと。まとめておきます。沖縄では当たり前のようにやることですが、本土では慣れないので見落としがちなところもあると思いますので参考まで。特に洗車は、洗車機をかけるだけじゃダメです。最も重要なのは「車の裏」、腹の部分です。あそこは洗車機では洗浄できません。水道水をホースでかけるだけで構いませんので、必ず車の裏は洗浄しましょう。またエアコンの室外機も洗浄しないと、潮で錆びて故障しますので、いの一番に洗浄しましょう。

台風通過後にやるべきこと

  1. エアコン室外機洗浄(水をかけるだけでもOK)
  2. 洗車(特に車の腹/裏・バイクのエンジン部)
  3. 窓掃除
  4. 外壁掃除(できれば)
  5. 外回り掃除




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/13-06:39 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲