ページの先頭へ△

2019年10月04日

台風18号石川県沖を移動中。東北へ!でも豪雨は関東の方が要警戒



昨日のブログで、台風が通過する日本海側はもとより「四国・紀伊半島・東海エリア」で北に山があるところは要警戒と書きましたが、まさに昨日から今朝にかけてその通りでした。猛烈な豪雨をともなう雨雲群が徐々に東へ。今朝は静岡、そして関東の太平洋側まで移動しています。

なにせ昨日1日で高知では300mmもの雨が降る地点もありましたし、紀伊半島や東海でも100mm近い雨の地点もあったようです。そして今朝は神奈川県や千葉県で猛烈な豪雨。特に朝の段階では湘南界隈の雨が猛烈なようです。

台風18号自体は「机上」では消滅扱いですが、雨雲群や影響が消えるわけではありません。その証拠に今朝の関東で猛烈な豪雨になっている次第です。ホント、気象庁の机上の数値のみで、台風情報を停止するのは止めて欲しいものです。台風じゃなくてもその影響は継続しているので、「役立たず」の気象庁の台風情報に思えます。なので今日の関東、特に太平洋に近いエリアは猛烈な豪雨にご注意ください。

そして台風本体の雨雲群は北海道のほぼ全域に広がっており、北海道でも特に南側では猛烈な雨になっている地点もありそうです。台風情報をそのまま継続していれば注意喚起になるのに、何故に台風情報を止めるのか疑問でなりません。台風前の熱帯低気圧は表記するのに、台風後の温帯低気圧は一切の情報を提供しない、気象庁。役に立ちません・・・

しかも今回の台風は偏西風に乗っていないみたいで動きが遅いのが気になるところ。台風接近前で大雨の北海道、今後が心配です(水害レベル)。また関東/東海の豪雨も、いわゆる「台風のしっぽ」なのでなかなか移動しないのが特徴。関東の豪雨はすぐに収まらないと思いますので、今日は無理して外に出ないようにしていただければと思います。


ちなみに沖縄は昨日の午前は南風で猛烈な暑さでしたが、午後は一転北風になり、清々しい空気感になりました。おかげで昨日はエアコンなしで就寝。サーキュレーターは使いましたが、その風も寒く感じるほどでした。本来の10月らしいいい空気感に戻りましたね〜。北風になったということは、台風18号の影響範囲から抜けたってこと。それでも台風のしっぽは沖縄本島近海まで来ているのが怖いところです(それだけ勢力が強い証拠)。

また気になる雲も、台風18号の落とし物はまだ残っているものの消滅寸前。しかもそのまま西に抜けそうなので、それほど心配要りません。またマリアナ諸島近海の雲も、昨日の時点でかなりヤバかった雲も消滅傾向。こちらも今のところは安全圏のレベルです。


しかーーーし、マリアナ諸島のはるか東沖の雲が、米軍情報で要警戒の「93W」に認定。しかもこの位置で発生する台風は本土に行きやすいので、気になるところです。この海域ので台風は10日後〜14日後接近パターンがあるので、来週末の体育の日連休あたりが気になるところ。どのエリアへ接近するかはもちろんまだわかりませんし、台風になるか否かも分かりませんが、非常にいやなタイミングなのは確か。

93Wが消滅しない限り、台風ブログは続きそうです。。。

まずは今日・明日の東北/北海道、そして今日の関東地方の太平洋側は、豪雨に要警戒です。気象庁の台風情報なんてアテにせず、雨雲レーダーをチェックし自ら判断しましょう!




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/10/04-08:44 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲